電子メール クライアントでの Cisco Unity ボイス メッセージへのアクセス:ユーザ ガイド Microsoft Exchange版 Release 5.x
ViewMail for Outlook の Media Master の 使用方法
ViewMail for Outlook の Media Master の使用方法
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 189KB) | フィードバック

目次

ViewMail for Outlook の Media Master の使用方法

Media Master について

録音でのサウンド ファイルの使用方法

Media Master での録音デバイスおよび再生デバイスの変更

再生デバイスがコンピュータのスピーカである場合のメッセージ再生音量の変更

再生デバイスがコンピュータのスピーカである場合のメッセージ再生スピードの変更

Media Master のショートカット キー

Media Master について

Media Master は、Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook を使用して管理するボイス メッセージに表示されます。Media Master コントロールをクリックすることで、メッセージを録音および再生できます。

 

また、Media Master を使用して、ViewMail で使用する録音デバイスおよび再生デバイスを変更すること、および再生音量や再生スピードを変更することもできます。

Media Master 設定に対するアップデートは、コンピュータごとにユーザ単位で保存されます。別のコンピュータ(たとえば自宅のコンピュータ)を使用して Media Master にアクセスする場合、その 2 台目のコンピュータでも Media Master 設定をアップデートする必要があります。


) Media Master は、ファイアウォールを越えては機能しません。また、ブラウザが ActiveX コントロールをダウンロードして実行できることが必要になります。


録音でのサウンド ファイルの使用方法

オプション メニュー、つまり、Media Master の 1 つ目のボタン(下向き矢印)を使用すると、他のサウンド(WAV)ファイルを録音に使用できます。使用できるサウンド ファイルのオプションは次のとおりです。

 

[新規]

録音を消去して再録音します。

[貼り付け]

テキストをテキスト ファイルに貼り付けるのと同様に、サウンド録音を貼り付けます。

[ファイルからのコピー]

別のサウンド ファイルを録音に貼り付けます。

[コピー]

テキストをテキスト ファイルにコピーするのと同様に、サウンド録音をコピーします。

[ファイルにコピー]

新しく名前を付けたサウンド ファイルに録音をコピーします。

Cisco Unity の設定状態によっては、このオプションは使用できません。

Media Master での録音デバイスおよび再生デバイスの変更

ViewMail の使用時にボイス メッセージの録音および再生に使用するデバイスを選択できます。

 

録音デバイス

電話機:Cisco Unity から電話がかかってきたら、受話器またはスピーカーフォンのマイクロフォンに向かって話します。

コンピュータのマイクロフォン(使用可能な場合)。

再生デバイス

電話機:Cisco Unity から電話がかかってきたら、受話器またはスピーカーフォンのスピーカで聞き取ります。

コンピュータのスピーカ(使用可能な場合)。


) 低帯域幅環境で作業しているときにコンピュータのスピーカからメッセージを再生すると、音質が低下する場合があります。音質を向上させる方法については、Cisco Unity のシステム管理者に問い合せてください。



ヒント 電話機は、非常に高い録音音質を提供します。


Media Master で録音デバイスまたは再生デバイスを変更する


ステップ 1 Outlook の受信トレイで、ボイス メッセージを開きます。

ステップ 2 Media Master のオプション メニューで、 [再生デバイス] または [録音デバイス] をクリックし、使用するデバイスをリストから選択します。

ステップ 3 デバイスとして[電話]を選択した場合は、電話機の情報が正しいことを確認します。

a. オプション メニューで、 [オプション] をクリックします。

b. ダイアログボックスで、内線番号と Cisco Unity サーバ名が正しいことを確認します(サーバ名が不明な場合は、Cisco Unity の管理者に問い合せてください)。

c. [OK] をクリックします。

ステップ 4 [閉じる] をクリックしてボイス メッセージを閉じます。


 

再生デバイスがコンピュータのスピーカである場合のメッセージ再生音量の変更

この項の手順を実行すると、Media Master でコンピュータのスピーカが再生デバイスとして設定されている場合に ViewMail を使用して再生するすべてのメッセージの再生音量が変更されます。

メッセージ再生音量を変更する(再生デバイスがコンピュータのスピーカである場合)


ステップ 1 Outlook の受信トレイで、ボイス メッセージを開きます。

ステップ 2 Media Master の 音量調節 スライダをクリックし、ドラッグして再生音量を調節します。

ステップ 3 [再生] をクリックしてメッセージを再生します。この操作によって、コンピュータのスピーカで聞くメッセージの音量設定が保存されます。

ステップ 4 [閉じる] をクリックしてボイス メッセージを閉じます。


 

再生デバイスがコンピュータのスピーカである場合のメッセージ再生スピードの変更

この項の手順を実行すると、Media Master でコンピュータのスピーカが再生デバイスとして設定されている場合に ViewMail を使用して再生するすべてのメッセージの再生スピードが変更されます。

メッセージ再生スピードを変更する(再生デバイスがコンピュータのスピーカである場合)


ステップ 1 Outlook の受信トレイで、ボイス メッセージを開きます。

ステップ 2 Media Master の スピード調節 スライダをクリックし、ドラッグして再生スピードを調節します。

ステップ 3 [再生] をクリックしてメッセージを再生します。この操作によって、コンピュータのスピーカで聞くメッセージのスピード設定が保存されます。

ステップ 4 [閉じる] をクリックしてボイス メッセージを閉じます。


 

Media Master のショートカット キー

次の表に、ViewMail の Media Master で使用できるショートカット キーの一覧を示します。

 

表1 Media Master のショートカット キー

キー
タスク

Alt+Shift+P

再生/一時停止

Alt+Shift+S

停止

Alt+Shift+R

録音/一時停止

Alt+Shift+M

オプション メニューを開く

Alt+Shift+F3

スキップ バック

Alt+Shift+F4

スキップ フォワード

Alt+Shift+F7

音量を下げる

Alt+Shift+F8

音量を上げる

Alt+Shift+F11

より低速で再生

Alt+Shift+F12

より高速で再生

キーボードを使用して、オプション メニューで選択することもできます。オプション メニューで、選択するオプションの下線付き文字を押します。