Cisco Unity トラブルシューティング ガイド(Microsoft Exchange 版) Release 4.0(2)
ユーザおよび管理者アクセス
ユーザおよび管理者アクセス
発行日;2012/01/11 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ユーザおよび管理者アクセス

アクセスの問題

ユーザが Cisco Unity にログインすると、ユーザとの通話の代わりにオープニング グリーティングが聞こえる

Cisco Unity がタッチトーンに応答しない

タッチトーンに関する問題をトラブルシュートするためのタスク リスト

DTMF 信号が送信されていない(Cisco CallManager のみ)

DTMF 信号が送信されていない(回線交換電話システムのみ)

Cisco Unity の DTMF 値が電話システムの値に適合しない(回線交換電話システムのみ)

ユーザは ViewMail for Microsoft Outlook を利用できない

Cisco Personal Communications Assistant のページを開けない、またはページが損傷している

ユーザが Cisco Personal Communications Assistant ページにアクセスできない

ユーザが Cisco PCA から Cisco Unity Assistant または Cisco Unity Inbox にアクセスできない

Cisco CallManager ソフトウェアをインストールした後マルチメディア システムで音声が再生されない

ユーザが新規または更新されたディレクトリ ハンドラの中に見つからない

Cisco Unity トレイ アイコンがステータス バーから消えている

Cisco Unity システム管理またはステータス モニタのページを開けない、またはページが損傷している

ユーザおよび管理者アクセス

アクセスの問題

ユーザ アクセスの問題は、通常は電話システム連動による問題に関連しています。次のような問題が考えられます。

 

ユーザが Cisco Unity を使用できなくなる問題

次の各項を参照してください。

「ユーザが Cisco Unity にログインすると、ユーザとの通話の代わりにオープニング グリーティングが聞こえる」

「Cisco Unity がタッチトーンに応答しない」

ユーザが Cisco Unity と電話システムの機能を十分に利用できなくなるという問題

次の各項を参照してください。

「ユーザは ViewMail for Microsoft Outlook を利用できない」

「Cisco Personal Communications Assistant のページを開けない、またはページが損傷している」

「ユーザが Cisco Personal Communications Assistant ページにアクセスできない」

「ユーザが Cisco PCA から Cisco Unity Assistant または Cisco Unity Inbox にアクセスできない」

「Cisco CallManager ソフトウェアをインストールした後マルチメディア システムで音声が再生されない」

「ユーザが新規または更新されたディレクトリ ハンドラの中に見つからない」

管理者アクセスの問題は、トレイ アイコンの消失の問題、または Web ページの消失や損傷の問題を含んでいることがあります。「Cisco Unity トレイ アイコンがステータス バーから消えている」および 「Cisco Unity システム管理またはステータス モニタのページを開けない、またはページが損傷している」を参照してください。

これら 2 つの章に説明がないユーザ アクセスまたは管理者アクセスの問題が起きた場合は、Cisco TAC(Technical Assistance Center)に問い合せてください。

ユーザが Cisco Unity にログインすると、ユーザとの通話の代わりにオープニング グリーティングが聞こえる

連動が使用可能であり、電話システムの設定が正しいことを確認します。

Cisco Unity システム管理の電話システムの設定を確認する


ステップ 1 Cisco Unity サーバで、CommServer\Utilities\Utim ディレクトリに移動して、 Utim.exe をダブルクリックします。Cisco Unity Telephony Integration Manager(UTIM)が表示されます。

ステップ 2 設定が電話システムの Integration Guide で示されている設定と一致しているかどうか確認します。

ステップ 3 電話システムに対して間違っている値をすべて修正します。

ステップ 4 ステップ 3で値を変更した場合は、 [保存] をクリックします。

ステップ 5 プロンプトで要求された場合は、Cisco Unity サーバを再起動します。

ステップ 6 連動が使用可能で、電話システムの設定が正しいことを確認しても、ユーザは通話ができずオープニング グリーティングが聞こえる場合は、Cisco TAC に問い合せてください。


 

Cisco Unity がタッチトーンに応答しない

Cisco Unity がタッチトーンに応答しない場合には、いくつかの理由が考えられます。「タッチトーンに関する問題をトラブルシュートするためのタスク リスト」で、可能性のある原因をトラブルシュートします。

タッチトーンに関する問題をトラブルシュートするためのタスク リスト

1. (Cisco CallManager のみ)DTMF リレーが VoIP ダイヤルピア ゲートウェイを通して使用可能になっているかどうか確認します。「DTMF 信号が送信されていない(Cisco CallManager のみ)」を参照してください。

2. (回線交換電話システムのみ)DTMF 信号が発信されているかどうか確認します。「DTMF 信号が送信されていない(回線交換電話システムのみ)」を参照してください。

3. (回線交換電話システムのみ)DTMF の値が Cisco Unity と電話システムで一致しているかどうか確認します。「Cisco Unity の DTMF 値が電話システムの値に適合しない(回線交換電話システムのみ)」を参照してください。

DTMF 信号が送信されていない(Cisco CallManager のみ)

特定の状況では、DTMF 数字が、VoIP ダイヤルピア ゲートウェイを通して処理されるときに認識されません。この問題を回避するには、特定のゲートウェイを構成して DTMF リレーを使用可能にする必要があります。DTMF リレー機能は、Cisco IOS ソフトウェア バージョン 12.0(5) 以降で使用可能です。

H.245 アウトオブバンド シグナリングを使用する Cisco IOS ソフトウェアを基にしたゲートウェイは、DTMF リレーを使用可能にするように構成する必要があります。

Catalyst 6000 T1/PRI ゲートウェイと FXS ゲートウェイでは、デフォルトで DTMF リレーが使用可能になっており、この機能を使用可能にする追加の構成は不要です。

DTMF リレーを使用可能にする


ステップ 1 Cisco Unity が使用する VoIP ダイヤルピアで、次のコマンドを使用します。

dtmf-relay h245-alphanumeric
 

ステップ 2 Cisco CallManager のボイスメール ポート番号に一致する宛先パターンを作成します。たとえば、システムにボイスメール ポート 1001 ~ 1016 がある場合、ダイヤルピアの宛先パターン 10xx を入力します。

ステップ 3 Cisco Unity が使用する残りすべての VoIP ダイヤルピアで、ステップ 1およびステップ 2を繰り返します。


 

DTMF 信号が送信されていない(回線交換電話システムのみ)

この項の最初の手順は、機能設定電話のみに使用します。機能設定電話はタッチトーンを生成するのに電話システムに依存するためです。これに対してアナログ電話は、それ自体のタッチトーンを生成します。機能設定電話の場合は、電話システムでタッチトーンを使用可能にしなければならない場合があります。

トラブルがオペレータ コンソールだけの場合は、 「オペレータ コンソールで手動の DTMF 信号をテストする」 の手順にスキップします。

Cisco Unity にアクセスするのにアナログ電話だけを使用しており、タッチトーンへの応答でトラブルがある場合は、Cisco TAC に問い合わせてください。

機能設定電話で手動の DTMF 信号をテストする

Cisco Unity にアクセスするのに使用する機能設定電話の各種類に対して、この手順を実行してください。


ステップ 1 テスト用電話(Phone 1)を単一回線テスト用にセットアップします。詳細については、「電話システムのトラブルシューティングの準備」を参照してください。

ステップ 2 電話システムには接続されていても Cisco Unity には接続されていない機能設定電話(Phone 2)で、Phone 1 を呼び出します。Phone 2 には、ユーザが Cisco Unity にアクセスするために使用しているものと同じタイプの電話を使用してください。

ステップ 3 Phone 1 に応答します。

ステップ 4 Phone 2 で、タッチトーン キーを押します。

Phone 1 でタッチトーンが聞こえる場合は、Phone 2 に使用している種類の電話が DTMF 信号を Cisco Unity に送信しています。ステップ 5に進みます。

タッチトーンが聞こえない場合は、電話システムのプログラムを変更し、その回線上でステーション間の DTMF 信号を送信するようにし、テストを繰り返します。それでもタッチトーンが聞こえない場合は、電話システムのベンダーに問い合せてください。

ステップ 5 回線モニタ デバイス(ZiadLinemaster など)を Phone 1 に接続し、Phone 2 が生成しているタッチトーンの長さと音量をテストします。値を書きとめ、Cisco TAC に連絡し、電話システムのテンプレート ファイルにあるタッチトーンの長さを変更する必要があるかどうか決定します。回線モニタ デバイスをセットアップするための詳細については、製造者のドキュメントを参照してください。


 

オペレータ コンソールで手動の DTMF 信号をテストする


ステップ 1 「機能設定電話で手動の DTMF 信号をテストする」 の手順を実行します。ただし、Phone 2 にはオペレータ コンソールを使用してください。

ステップ 2 Phone 1 でタッチトーンが聞こえる場合は、オペレータ コンソールは Cisco Unity に DTMF 信号を送信しています。Cisco Unity がタッチトーンに応答しない理由は、おそらく Cisco Unity のセットアップに関連しています。Cisco TAC に問い合せてください。

Phone 1 でタッチトーンが聞こえない場合は、オペレータ コンソールはタッチトーンを生成していません。DTMF トーンを生成するトーン ダイアラを追加し、テストを繰り返してください。

それでもタッチトーンが聞こえない場合は、Cisco TAC に問い合せてください。


 

Cisco Unity の DTMF 値が電話システムの値に適合しない(回線交換電話システムのみ)

電話システムと Cisco Unity の値を、DTMF トーンの長さおよび数字間の遅延について比較する


ステップ 1 電話システムのドキュメントまたはプログラムで、電話システムが Cisco Unity に期待する DTMF トーンの長さと数字間の遅延を探します。

ステップ 2 Cisco Unity サーバで、Windows の[スタート]メニューから[ プログラム] >[Unity] >[Edit Switch ユーティリティ] をクリックします。[Switch Configuration Editor]ウィンドウが表示されます。


注意 Edit Switch ユーティリティを使用して値を変更するときは、必ず事前に Cisco TAC に連絡し、問い合せてください。

ステップ 3 電話システム Cisco Unity がフィールドに示されるとおり連動されているかどうか確認し、 [このスイッチ コンフィギュレーションの編集] をクリックします。

ステップ 4 [スイッチ構成]ダイアログボックスの中で、 [発信] タブをクリックします。

ステップ 5 [ダイヤルした DTMF の長さ]フィールドと[ダイヤルした DTMF 間の遅延時間]フィールドの値と、電話システムの値を比較します。値が一致しない場合は、Cisco TAC に問い合せてください。


 

ユーザは ViewMail for Microsoft Outlook を利用できない

問題が発生したとき、次の手順を使用して ViewMail を修復または復旧します。

ViewMail を修復または復旧する


ステップ 1 Windows の[スタート]メニューで、 [設定] >[コントロール パネル] >[アプリケーションの追加と削除] をクリックします。

ステップ 2 リストから、 [ViewMail] をクリックします。

ステップ 3 Windows 2000 または Windows XP を使用している場合は、 [変更] をクリックします。

Windows 98、ME または NT を使用している場合は、 [追加と削除] をクリックします。

ステップ 4 画面に表示される指示に従って、修復または復旧処理を完了します。


 

Cisco Personal Communications Assistant のページを開けない、またはページが損傷している

Cisco Personal Communications Assistant(PCA)のインストールが失敗した場合や、インストール後に Cisco Unity サーバから Cisco PCA ファイルの一部またはすべてを不注意に削除した場合は、Cisco PCA Web ページが損傷したり、使用不能になることがあります。ウイルスおよびハッカーによる攻撃によって、これと同じ問題が生じることもあります。

Cisco Unity インストール ディスクがある場合は、コマンド プロンプトでインストール スクリプトを実行すると、破損または消失した Cisco PCA ファイルおよびアプリケーションを復元できます。Cisco PCA を復元すると、インストール スクリプトによって、Tomcat サービスおよびその IIS サーバへの連動など、既存の Cisco PCA 関連のファイルおよびアプリケーションがすべて削除されます。また、cscoserv_script.log が作成(または更新)され、現在のユーザの一時ファイル ディレクトリに保存されます。ログ ファイルには、復元されたインストールに関する情報が保存されます。


注意 Cisco PCA のファイルおよびアプリケーションを削除または修復する際、[アプリケーションの追加と削除]は使用しないでください。

Cisco PCA のファイルおよびアプリケーションを修復する


ステップ 1 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity DVD または Cisco Unity CD を挿入します。これらの DVD または CD には、cscoserv ディレクトリが含まれています。たとえば、Cisco Unity 4.0(1) リリースでは、cscoserv ディレクトリは Disk 2 にあります。

ステップ 2 コマンド プロンプトを開き、DVD または CD-ROM ドライブへ移動します。

ステップ 3 cd cscoserv と入力します。

ステップ 4 setup.js source="<DVD または CD ドライブ>:\cscoserv\setup.msi" target="<Cisco Unity ドライブ>:\commserver" と入力します。

たとえば、使用している DVD または CD-ROM ドライブがドライブ D で、Cisco Unity がドライブ C にインストールされている場合は、次のように入力します。

setup.js source="d:\cscoserv\setup.msi" target="c:\commserver"

ステップ 5 スクリプトの実行が終了したら、Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム] >[管理ツール] >[サービス] をクリックします。

ステップ 6 Tomcat と World Wide Web Publishing Service が起動していることを確認します。起動していない場合は、再起動します。

Cisco Unity サーバを再起動しなくても、変更は実装されます。


 

ユーザが Cisco Personal Communications Assistant ページにアクセスできない

ユーザは、Cisco PCA Web サイトを使用して Cisco Unity Assistant および Cisco Unity Inbox にアクセスします(バージョン 3.1 以前のバージョンでは、Cisco Unity Assistant は ActiveAssistant または AA と、Cisco Unity Inbox は Visual Messaging Interface または VMI と呼ばれていました)。

ユーザが Cisco Personal Communications Assistant ページにアクセスできないときは、次の可能性のある原因を検討します。

URL では大文字と小文字が区別される

ユーザは、Cisco PCA(URL: http://<Cisco Unity サーバ>/ciscopca )にアクセスできます。URL では大文字と小文字が区別されるので注意が必要です。

ブラウザの設定が正しくない

ユーザがどの Cisco PCA ページにもアクセスできないときは、ユーザのブラウザが正しく設定されていない可能性があります。ユーザのブラウザの設定が次のように正しく設定されているかどうかを確認します。

アクティブ スクリプトを使用可能にする。

ActiveX コントロールをダウンロードして実行する。

Java スクリプトを使用可能にする。

すべてのクッキーを受け入れる。

Cisco Unity のサポートされているバージョンとクライアント ワークステーションのソフトウェアのサポートされているバージョンの組み合わせのリストについては、Cisco.com
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_pre_installation_guides_list.html )から入手可能な『 Compatibility Matrix: Cisco Unity and the Software on Subscriber Workstations 』を参照してください。

Cisco Unity は SSL を使用するが、証明書は信頼できるルート ストアには配布されない

Cisco Unity が SSL を使用するように設定したとき、ブラウザは、Cisco PCA サイトの認証性が確認されず、そのサイトのコンテンツが信頼できないことをユーザに警告するメッセージを表示します。このメッセージは、Cisco PCA Web サイトを信頼できるサイトとしてブラウザに登録したとしても、ユーザに対して表示されます。

ブラウザがセキュリティに関する警告を表示しないようにするには、次のような方法があります。

グループ ポリシーに追加することで、信頼できるルート ストアの証明書をドメイン内の全ユーザに配布する。『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「SSL を使用するための Cisco Unity の設定」の章を参照してください。

ユーザに、各自のコンピュータで証明書を信頼できるルート ストアに追加する方法を伝える。『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「クライアント アプリケーションの設定」の章を参照してください。

Cisco Unity System Administration Guide 』は Cisco.com
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_administration_guide_books_list.html )から入手可能です。

この 2 つのオプションについて、どちらの方法がこのサイトにとって最適なのか、ネットワーク管理者と話し合ってください。

ユーザが Cisco PCA から Cisco Unity Assistant または Cisco Unity Inbox にアクセスできない

ユーザが Cisco PCA にアクセスできるが、Cisco Unity Assistant または Cisco Unity Inbox にはアクセスできないときは、次の可能性のある原因を検討します。

Cisco Unity Assistant にアクセスするためには、ユーザは、Cisco Unity システム管理の[ユーザ] >[サービス クラス] >[機能]ページで、適切なサービス クラスの権限を持っている必要がある。

Cisco Unity Inbox はシステム ライセンスであり、これを購入した場合に限りアクセスできる。さらに、ユーザは、Cisco Unity システム管理の[ユーザ] >[サービス クラス] >[機能]ページで、適切なサービス クラスの権限を持っている必要がある。

最後に、Cisco Unity Assistant ページと Cisco Unity Inbox ページに表示される Media Master コントロール バーは、ファイアウォールを越えて使用できないことに注意してください。

Cisco CallManager ソフトウェアをインストールした後マルチメディア システムで音声が再生されない

Cisco Unity サーバにマルチメディア システムがインストールされている場合は、マルチメディア システムの Wave ドライバに対するレジストリ入力が、シスコの Wave ドライバをインストールしたときに上書きされている可能性があります。上書きされていると、マルチメディア システムは音声を再生しません。Cisco TAC に問い合せてください。

ユーザが新規または更新されたディレクトリ ハンドラの中に見つからない

ユーザまたは外部の発信者が、最近作成または更新されたディレクトリ ハンドラの中で、1 人または複数のユーザが見つからないことを報告することがあります。同報リストで検索するようにディレクトリ ハンドラが設定されている場合は、Active Directory または Exchange 5.5 ディレクトリから Cisco Unity SQL データベースへメンバーシップが同期化されます。ディレクトリ ハンドラが検索する同報リストを変更するには、同期化が必要です。この同期化は、Cisco Unity ディレクトリ サービス(AvDSAD と AvDSGlobalCatalog)がディレクトリをポーリングして SQL データベースに適用される変更をすべて求めるときに行われます。このポーリングは通常、Cisco Unity システム管理の[ディレクトリ ハンドラ]>[検索オプション]ページで変更が行われてから 15 ~ 20 分後に行われます。

すぐに同期化を開始するには、次の手順を実行します。

Cisco Unity データベースを手動で同期化する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [システム] >[コンフィギュレーション] >[設定] ページに移動します。

ステップ 2 [Cisco Unity ディレクトリ オブジェクトの複製]セクションで、 [変更済みオブジェクト] をクリックします。

[設定]ページが更新され、データベースへの変更がバックグラウンドで同期化されます。

ステップ 3 数分後、Cisco Unity を呼び出し、ユーザがディレクトリ ハンドラの中に見つかるかどうかを確認します。

ステップ 4 それでもユーザが見つからない場合は、名前が記録されているかどうかを確認します。ユーザは、ディレクトリ ハンドラを使用してアクセスするには、名前が記録されている必要があります。


 

ディレクトリ ハンドラを更新するもう 1 つの方法は、1 つまたは複数のディレクトリ ハンドラを調査する同報リストのメンバーシップを変更することです。Cisco Unity システム管理を使用して変更された同報リストのメンバーシップは、数分の間に Cisco Unity データベースの中で更新されます。しかし、複雑なネットワーク サイトでは、複製処理のためにかなり長い時間かかります。この時間は、ネットワークの複雑さの関数で、サイトごとに異なります。ネットワークの複製処理時間は、Cisco Unity ディレクトリの同期化サービスの関数ではありません。また、事前の処理によってこの時間を短縮することはできません。

Cisco Unity トレイ アイコンがステータス バーから消えている

Cisco Unity トレイ アイコンを手動で起動する


ステップ 1 CommServer ディレクトリを参照します。

ステップ 2 AvCsTrayStatus.exe を実行します。トレイ アイコンが復元されます。


 

Cisco Unity システム管理またはステータス モニタのページを開けない、またはページが損傷している

ウイルスおよびハッカーによる攻撃によって、Cisco Unity システム管理またはステータス モニタのページが損傷するか、使用不可能になることがあります。これらのページを復元するには、次のいずれかを実行します。

Cisco Unity のインストールを再度実行する。手順については、『 Cisco Unity Installation Guide 』を参照してください(このガイドは Cisco.com
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_installation_guides_books_list.html )から入手可能です)。

次の手順で、Cisco Unity ディスクから手動でファイルを復元する。

破損または使用不可能な Cisco Personal Communications Assistant(PCA)のページの復元に関する情報については、「ユーザが Cisco Personal Communications Assistant ページにアクセスできない」を参照してください。

手動で Cisco Unity システム管理またはステータス モニタのページを復元する


ステップ 1 Cisco Unity Disc 1 から、 Web ディレクトリを Cisco Unity サーバの CommServer ディレクトリにコピーします。[フォルダの上書きの確認]ウィンドウで、 [すべて上書き] をクリックします。

ステップ 2 _アメリカ英語の場合、Cisco Unity Disc 1 から、 Localize\Web ディレクトリを Cisco Unity サーバの CommServer ディレクトリにコピーします。[フォルダの上書きの確認]ウィンドウで、 [すべて上書き] をクリックします。

ステップ 3 追加の各言語については、その言語ファイルが保管されている Cisco Unity ディスクを検索します。ステップ 2を繰り返します。[フォルダの上書きの確認]ウィンドウで、 [すべて上書き] をクリックします。