Cisco Unity トラブルシューティング ガイド(Microsoft Exchange 版) Release 4.0(2)
はじめに
はじめに
発行日;2012/01/11 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

はじめに

電話システムのトラブルシューティングの準備

診断テストのセットアップ(Cisco CallManager 連動または SIP 連動のみ)

単一回線テスト用のセットアップ(回線交換電話システム連動のみ)

Cisco TAC への問題のレポート

システム情報

問題の説明

はじめに

この章では、Cisco Unity のトラブルシューティングの準備に役立つ基本的な情報を説明します。次の各項を参照してください。

「電話システムのトラブルシューティングの準備」:診断テストのセットアップについて説明します。

「Cisco TAC への問題のレポート」:Cisco TAC(Technical Assistance Center)に問い合せる際に必要な情報について説明します。ログとトレースの取得方法、および Miu 診断を使用可能にする方法についての説明も含まれます。

電話システムのトラブルシューティングの準備

外線および内線通話、メッセージの到着通知発信、およびメッセージ ウェイティング インジケータに関する問題の原因には、電話システムか Cisco Unity のどちらか一方、またはその両方が考えられるので、診断が困難です。問題解決のための手順のうちで、単一回線テストを使用するものがあります。このテストでは、Cisco Unity に接続された電話回線を 1 本ずつテストします。

ほとんどの電話システムには、転送、再発信、およびその他のコール プログレス機能を実行するコードのドキュメントがあります。この項の手順を実行するときは、電話システム ドキュメントを用意しておいてください。

使用している電話システムに応じて次のいずれかを実行し、トラブルシューティングをセットアップします。

「診断テストのセットアップ(Cisco CallManager 連動または SIP 連動のみ)」

「単一回線テスト用のセットアップ(回線交換電話システム連動のみ)」

診断テストのセットアップ(Cisco CallManager 連動または SIP 連動のみ)

診断テストを実行するときは、3 本のテスト用内線が必要です。Phone 1 は、Unity サンプル ユーザに割り当てます。Phone 2 および 3 は Cisco CallManager でのみセットアップします。これに対して Cisco Unity ユーザを割り当てる必要はありません。3 本の内線は、すべて Cisco Unity と同じ通話検索領域に存在する必要があります。

テスト コンフィギュレーションをセットアップする


ステップ 1 2 本のテスト用内線(Phone 1 および Phone 2)を、Cisco Unity が接続されているのと同じ電話システムでセットアップします。

ステップ 2 Phone 1 は、着信に応答がない場合や呼び出された内線が通話中である場合にその着信を Cisco Unity の代表番号に転送するように設定します。

ステップ 3 Cisco Unity システム管理で、サンプル ユーザの[ ユーザ] > [ユーザ] > [プロファイル] ページに移動します。

ステップ 4 [内線番号]フィールドに Phone 1 の内線番号を入力します。

ステップ 5 [保存] アイコンをクリックします。

ステップ 6 ナビゲーション バーで[ 着信転送] をクリックし、サンプル ユーザの[ユーザ] > [ユーザ] > 着信転送]ページに移動します。

ステップ 7 [電話の転送先]で[ 内線番号に転送する] をクリックし、その内線番号が Phone 1 用であることを確認します。

ステップ 8 [転送のタイプ]で、 [リリース] をクリックします。

ステップ 9 [保存] アイコンをクリックします。

ステップ 10 サンプル ユーザに対して[ メッセージ] をクリックします。

ステップ 11 [メッセージ ウェイティング インジケータ (MWI)]で、 [MWI 使用] をオンにします。

ステップ 12 [内線番号]フィールドに x と入力します。

ステップ 13 [保存] アイコンをクリックします。


 

単一回線テスト用のセットアップ(回線交換電話システム連動のみ)

診断テストを実行するときは、ラインマン テスト セット、または呼び出し音機能付きアナログ電話が必要です。単一回線テスト用にセットアップするときに使用する追加の装置や方法は、Cisco Unity サーバのボイス カードの種類によって異なります。

T1 デジタル ケーブルから単一回線を分離することはできないので、T1 ケーブルを使用する連動に対しては単一回線テストはセットアップできません。

単一回線テスト用に Dialogic D/120 カードをセットアップする

このボイス カードはジャックあたり 2 回線をサポートするので、個々の回線をテストする場合は回線スプリッタが必要です。


ステップ 1 トラブルが発生している回線を確認し、ボイス カードから抜きます。

.

ステップ 2 その回線を回線スプリッタに接続します。

ステップ 3 テスト用電話をトラブルがあるポートに対応する回線スプリッタのジャックに接続します。電線の中央のペア(3 番と 4 番)が最初のポートに対応し、その隣のペア(2 番と 5 番)が 2 番目のポートに対応しています。電線の外側のペア(1 番と 6 番)は使用しません。

 


 

単一回線テスト用に Dialogic D/41 カードをセットアップする

このボイス カードは、ジャックあたり 1 回線だけをサポートします。


ステップ 1 トラブルが発生している回線を確認し、ボイス カードから抜きます。

 

ステップ 2 その回線をテスト用電話に接続します。


 

Cisco TAC への問題のレポート

問題を Cisco TAC にレポートするときは、使用中のシステムと問題に関する情報を提供するように求められます。この項では、要求される可能性のあるシステム情報と問題の説明を収集するための手順を説明します。

システム情報

電話をするときには、次のシステム情報を準備しておいてください。

現在使用中の Cisco Unity のバージョン。次のいずれかの手順を参照してください。 「Cisco Unity システム管理を使用して、使用中の Cisco Unity のバージョンを確かめる」 、または 「AvCsMgr.exe ファイルを使用して、使用中の Cisco Unity のバージョンを確かめる」

現在使用中の Cisco Unity-CM TSP のバージョン。 「Avskinny.tsp ファイルを使用して、使用中の Cisco Unity-CM TSP のバージョンを確かめる」 の手順を参照してください。


) 3.1(1) より前のバージョンでは、Cisco Unity-CM TSP は AV-Cisco TSP と呼ばれていました。


現在使用中の RealSpeak TTS のバージョン。 「使用中の RealSpeak ENU 言語エンジンを確認する」 の手順を参照してください。

インストールされているすべてのソフトウェアのリリース版またはアップグレード版のビルド ナンバー。

プロセッサの数、種類、および速度。

メモリおよびページファイルのサイズ。

ハード ディスクのサイズと使用可能な空き領域。

インストールされているボイス ポートの数と種類。

製造者、型式、およびバージョン(該当すれば)を含む電話システム連動。

現在使用中の Cisco Unity の switch.ini ファイルのバージョン。 「使用中の Switch.ini ファイルのバージョンを確認する」 の手順を参照してください。

ファックスや UniModem など、インストールされているその他の電話関連ソフトウェアまたはハードウェア。

インストールされている Microsoft Windows 2000 のサービス パック。

インストールされている Exchange のサービス パック。

Cisco Unity データベース内のユーザ数。

Exchange データベース内のユーザ数。

Exchange データベース ファイルのサイズ。

Cisco Unity サーバの CPU のおおよその通常使用率(たとえば、Windows のタスク マネージャは 100 % の CPU 使用率を示すことが多いか、通常は 80 % 未満か、など)。

Cisco Unity システム管理を使用して、使用中の Cisco Unity のバージョンを確かめる


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [システム]>[コンフィギュレーション] >[ソフトウェア バージョン] ページに移動します。バージョンが、[Unity バージョン]フィールドに表示されます。


 

AvCsMgr.exe ファイルを使用して、使用中の Cisco Unity のバージョンを確かめる


ステップ 1 CommServer ディレクトリを参照します。

ステップ 2 AvCsMgr.exe を右クリックして、 [プロパティ] をクリックします。

ステップ 3 [プロパティ]ウィンドウで、 [バージョン情報] タブをクリックします。

ステップ 4 [項目]リストで、 [製品バージョン] をクリックします。Cisco Unity のバージョンが、[値]ウィンドウに表示されます。


 

Cisco Unity Telephony Integration Manager を使用して、使用中の Cisco Unity-CM TSP のバージョンを確かめる


ステップ 1 Cisco Unity Telephony Integration Manager で、 [Cisco CallManager] >[プロパティ] ページに移動します。Cisco Unity-CM TSP のバージョンが、[TSP バージョン]フィールドに表示されます。


 

Avskinny.tsp ファイルを使用して、使用中の Cisco Unity-CM TSP のバージョンを確かめる


ステップ 1 WinNT\System32 ディレクトリを参照します。

ステップ 2 Avskinny.tsp ファイルを右クリックし、 [プロパティ] を選択します。

ステップ 3 [プロパティ]ウィンドウで、 [バージョン情報] タブをクリックします。

ステップ 4 [ファイル バージョン]の値が現在使用中の Cisco Unity-CM TSP のバージョンです。


 

使用中の Switch.ini ファイルのバージョンを確認する


ステップ 1 CommServer ディレクトリを参照します。

ステップ 2 Editswitch.exe をダブルクリックします。

ステップ 3 [このスイッチ コンフィギュレーションの編集] をクリックします。

ステップ 4 Switch.ini ファイルのバージョンが、ウィンドウのタイトル バーに表示されます。


 

使用中の RealSpeak ENU 言語エンジンを確認する


ステップ 1 CommServer\RealSpeak\Engine ディレクトリを参照します。

ステップ 2 ファイル Enu_g2p.dll を右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

ステップ 3 [バージョン情報] タブをクリックします。

ステップ 4 表示されている[ファイル バージョン]の値が DLL のバージョンです。DLL バージョンは次の RealSpeak バージョンに対応しています。

2.1.0.0 = RealSpeak ENU 言語エンジン バージョン 2.0(1)

2.11.0.0 = RealSpeak ENU 言語エンジン バージョン 2.1(1)

3.6.0.0 = RealSpeak ENU 言語エンジン バージョン 3.0(1)


 

使用中の RealSpeak 基本エンジンのバージョンを確認する


ステップ 1 CommServer\RealSpeak\Api\Lib ディレクトリを参照します。

ステップ 2 ファイル Lhstts.dll を右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

ステップ 3 [バージョン情報] タブをクリックします。

ステップ 4 表示されている[ファイル バージョン]が DLL のバージョンです。DLL バージョンは次の RealSpeak バージョンに対応しています。

2.1.0.0 = RealSpeak ベース エンジン バージョン 2.0(1)

2.11.0.0 = RealSpeak ベース エンジン バージョン 2.1(1)

2.12.0.0 = RealSpeak ベース エンジン バージョン 3.0(0)

2.13.0.0 = RealSpeak ベース エンジン バージョン 3.0(1)


 

問題の説明

次のような問題の内容をすべて説明できるようにしてください。

ポート破損、イベント ログ エラー、Dr.Watson エラーなどの症状。

通常負荷状態での問題発生頻度(着信ごと、1 時間ごと、一度だけなど)。

再現するために試行したときの問題発生頻度。

問題を再現するときの詳しい一連の手順。

最後に問題が発生した日時。

わかる場合は、発信者が入力した数字(たとえば、メニュー選択またはユーザ内線番号、あるいは、発信者の内線番号や着信ポート)。

わかる場合は、その問題の影響を受けたポート。

該当するログとトレース(ログおよびトレース ファイルを取得する方法については、 第 2 章「ログとトレース」 を参照してください)。