Cisco Unity トラブルシューティング ガイド
Cisco Unity 8.x での音声認識のトラブル シューティング
Cisco Unity 8.x での音声認識のトラブルシューティング
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x での音声認識のトラブルシューティング

8.x でボイス コマンドが認識されない

8.x Diagnostic Tool のトレース ログの使用

Cisco Unity 8.x での音声認識のトラブルシューティング

この章には、次の項があります。

「Cisco Unity 8.x でボイス コマンドが認識されない」

「8.x Cisco Unity Diagnostic Tool のトレース ログの使用」

Cisco Unity 8.x でボイス コマンドが認識されない

電話入力のコマンドまたは音声入力したユーザ名、あるいはその両方を音声認識システムが認識しない場合は、次のヒントを参考にしてください。

雑音のある状況で音声認識を使用した場合、ユーザは精度が低いと感じることがあります。たとえば、スピーカ フォンや携帯電話を使用している場合です。このような状況の場合、ユーザはキーを押してコマンドを入力するか、そのコールの間電話入力機能をオフにすることができます。電話入力機能を無効にする方法については、『 System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x 』の 「Managing Voice-Recognition Features in Cisco Unity 8.x」 の章を参照してください。

ユーザはエントリを音声入力した後、そのエントリの音声入力が終わったことを Cisco Unity が検出できるように、ポーズを置く必要があります。このポーズが原因で、オプションを音声入力しているときは、オプションをキーで入力しているときよりシステムの反応が遅く感じられることがあります。

複数桁の番号を入力する場合は、各桁を個別に音声入力することが重要です。たとえば、内線番号 3200 を入力するには、「Three-two-zero-zero」と音声入力します。「Thirty-two hundred」または「Three thousand, two hundred」と音声入力した場合は、Cisco Unity で認識されません。長い内線番号や電話番号の場合、番号全体を音声入力してから一時停止できますが、番号の各桁を音声入力する必要があります。

複数桁のショートカットを音声入力して先のメニューにジャンプできません。たとえば、「Four-one-two」と音声入力してオプション グリーティングをオンにはできません。その代わりに、最初のメニュー オプションの単一のキー番号を音声入力し、システムがエントリを認識できるようにポーズを置いてから、次のメニューでオプションのキー番号を音声入力する必要があります(メニュー ショートカットはキーを押すことで入力できます)。

ユーザ名が認識されない場合は、名前のグラマー ファイルを更新します。グラマー ファイルが更新されていない場合、新規 Cisco Unity ユーザの名前と代行名は音声認識システムに対してすぐには使用可能になりません。名前のグラマー ファイルは、Cisco Unity のインストールと設定の直後に更新し、Cisco Unityディレクトリに Cisco Unity ユーザの作成、追加、またはインポートを行うたびに定期的に更新されます。

あるユーザの音声名が頻繁に認識されない場合は、代行名を使用して、発音が難しい名前の発音から類推されるスペルを追加することを検討してください。たとえば、「Goulet」という姓の代行名として「Goolay」を追加できます。代行名の管理については、『 System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x 』の 「Managing Voice-Recognition Features in Cisco Unity 8.x」 の章を参照してください。

音声認識システムの応答が遅い場合、または名前の発音のしかたを認識する際に常に問題がある場合は、頻繁にタイムアウトすることでパフォーマンス問題が示されることがあります。グローバル ディレクトリのサイズによっては、検索を制限して、音声認識サーバによって処理される名前の数を減らすとよい場合があります。詳細については、『 System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x 』の 「Managing Voice-Recognition Features in Cisco Unity 8.x」 の章を参照してください。

System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x 』は、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/administration/guide/8xcusagx.html から入手可能です。

8.x Cisco Unity Diagnostic Tool のトレース ログの使用

Cisco Unity Tools Depot にある Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)は、音声認識に関する問題のトラブルシューティングに役立つ診断マイクロ トレースを提供します。次のマイクロ トレースをすべて使用可能にして、Cisco Unity のカンバセーションおよびメニューのコンテキスト内の音声認識および電話入力の応答を確認してください。

PhraseServer

00 High level, method entry/exit & parameter values

01 Low level, method entry/exit & parameter values

02 New, alloc, delete, free, sysallocstring, etc

10 Phrase IDs

11 Phrase IDs, prompt file names, and audio stream info

12 DTMF input

13 General

14 Language Map


) マイクロ トレースの使用に関する詳細については、Cisco Unity Diagnostic Tool のヘルプを参照してください。