Cisco Unity トラブルシューティング ガイド
Cisco Unity 8.x でのサードパーティの ファックス連動に関するトラブルシューティ ング
Cisco Unity 8.x でのサードパーティのファックス連動に関するトラブルシューティング
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x でのサードパーティのファックス連動に関するトラブルシューティング

8.x でのサードパーティのファックス連動に関するトラブルシューティングについて

ユーザがファックスを送受信できない

ユーザがファックス機に送信された添付ファイルを受け取れない

ファックスが宛先に届かない

Cisco Unity 8.x でのサードパーティのファックス連動に関するトラブルシューティング

Cisco Unity 8.x でのサードパーティのファックス連動に関するトラブルシューティングについて

この項では、ファックス連動に固有の問題とトラブルシューティングの手順を説明します。

次の項を参照してください。

「ユーザがファックスを送受信できない」

「ユーザがファックス機に送信された添付ファイルを受け取れない」

「ファックスが宛先に届かない」

ユーザがファックスを送受信できない

ユーザのファックス設定を確認する


ステップ 1 Cisco Unity Administrator でユーザの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [プロファイル(Profile)] ページを開きます。

ステップ 2 [サービス クラス(Class of Service)] フィールドの右にある、[表示(View)] をクリックします。

ステップ 3 サービス クラスの機能に FaxMail が含まれていることを確認します。電話でファックスにアクセスするユーザの場合、サービス クラス(COS)で FaxMail 機能が選択されている必要があります。また、ファックス機に電子メール メッセージを送るユーザは、COS でテキスト/スピーチ機能が選択されている必要があります。

ステップ 4 ユーザが、ファックス ユーザとしてファックス サーバのデータベースにリストされていることを確認します。

ステップ 5 ユーザが、FaxMail にアクセスできるサービス クラスに入っており、ファックス サーバ データベースにファックス ユーザとしてリストされていても、ファックスを送受信できない場合は、「ユーザがファックス機に送信された添付ファイルを受け取れない」の手順を続けてください。


 

ユーザがファックス機に送信された添付ファイルを受け取れない

Cisco Unity ユーザは、ファックス機に電子メール メッセージを送信できますが、電子メール メッセージに添付ファイルがある場合、Cisco Unity のセットアップ中に指定した拡張子の添付ファイルだけが処理されます。指定されていない種類のファイルは削除され、Cisco Unity にファックス メッセージの末尾にファイル名がリストされます。ファックス サーバとメッセージ クラスは、Cisco Unity において正確に識別されている必要もあります。

ファックスのメッセージ クラスとファイル名の拡張子を表示および更新する


ステップ 1 Cisco Unity のデスクトップで、[Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot] ウィンドウの左側ペインで、[管理ツール(Administration Tools)] の下の [サード パーティ ファックス管理(Third Party Fax Administration)] をダブルクリックします。

ステップ 3 [ファックス サーバの選択(Select Fax Server)] からファックス サーバを選択します。

ステップ 4 [メッセージ クラス(Message Classes)] でメッセージ クラスを確定します。

ステップ 5 [許可のあるファイル拡張子(Allowed File Extensions)] で、ファイル拡張子を確定します。

ステップ 6 [適用(Apply)] をクリックします。

ステップ 7 Cisco Unity サーバを再起動します。


 

ファックスが宛先に届かない

不明のファックスを調べる


ステップ 1 ファックスの電話番号を確認します。ファックスを再送信するようにユーザに依頼し、問題が受信局または間違ったファックス電話番号によるものでないことを確認します。

ステップ 2 ファックス サーバ管理プログラムで、発信キューにあるファックスを探します。

ファックスがキューにある場合は、ステップ 3 を続けます。

ファックスがキューにない場合は、ファックス ゲートウェイの構成を確認し、必要に応じて変更して、ファックスを再送信します。それでもファックスがキューにない場合は、Cisco TAC に問い合せてください。

ステップ 3 インストールされたファックス カードに対してファックス サーバが正しく構成されていることを確認します。

正しく構成されていない場合は、必要に応じて変更し、ファックスを再送信します。

正しく構成されている場合は、ファックス カードに問題がある場合がほとんどです。Cisco TAC に問い合せてください。