Cisco Unity トラブルシューティング ガイド
Cisco Unity 8.x の着信転送のトラブル シューティング
Cisco Unity 8.x の着信転送のトラブルシューティング
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x の着信転送のトラブルシューティング

8.x の着信転送の問題

8.x でコールが正しいグリーティングに転送されない

電話システムの転送タイマーが の [呼び出し音の回数(Rings To Wait For)] 設定と同期していることの確認

電話システムのプログラムで発信者にユーザの個人用グリーティングが流れるようになっていることの確認

通話中グリーティングがサポートされており、有効になっていることの確認

8.x がコールに応答するとユーザにリオーダー トーンが流れる

Cisco Unity 8.x の着信転送のトラブルシューティング

Cisco Unity 8.x の着信転送の問題

着信転送の問題は、次の 2 つのカテゴリに分けられます。

 

新しくインストールまたはアップグレードされたシステム上の問題

新しくインストールされたシステム、またはアップグレードされたばかりのシステムで発生する着信転送の問題については、ご使用のシステムの Cisco Unity 連動ガイドを参照してください。

既存のシステム上の問題

「Cisco Unity 8.x でコールが正しいグリーティングに転送されない」または「Cisco Unity 8.x がコールに応答するとユーザにリオーダー トーンが流れる」を参照してください。

この章に記載されていない着信転送の問題が発生した場合は、Cisco Technical Assistance Center(TAC)にお問い合せください。

Cisco Unity 8.x でコールが正しいグリーティングに転送されない

次の各項で、コールが正しいグリーティングに転送されない場合の考えられる理由を説明します。「コールが誤ったグリーティングに転送される問題を解決するためのタスク リスト」 を使用して、考えられる原因を解決します。

コールが誤ったグリーティングに転送される問題を解決するためのタスク リスト

1. 電話システムの転送タイマーが Cisco Unity の [呼び出し音の回数(Rings To Wait For)] 設定と同期していることを確認します。「電話システムの転送タイマーが Cisco Unity の [呼び出し音の回数(Rings To Wait For)] 設定と同期していることの確認」を参照してください。

2. 電話システムのプログラムで発信者にユーザの個人用グリーティングが流れるようになっていることを確認します。「電話システムのプログラムで発信者にユーザの個人用グリーティングが流れるようになっていることの確認」を参照してください。

3. 通話中グリーティングがサポートされており、有効になっていることを確認します。「通話中グリーティングがサポートされており、有効になっていることの確認」を参照してください。

電話システムの転送タイマーが Cisco Unity の [呼び出し音の回数(Rings To Wait For)] 設定と同期していることの確認

監視付き転送の場合は、コールをユーザの個人用グリーティング(または別の内線番号)に転送するまで Cisco Unity が待機する呼び出し音の回数を再設定できます。電話システムがコールを転送するようにプログラムされている場合は、Cisco Unity がメッセージを受信するまで待機する時間よりも長い時間、電話システムが待機してからコールを転送することを確認します。

Cisco Unity がメッセージを受信可能になる前に、電話システムがコールを別の内線番号に転送している間に、次の現象が起きる場合があります。

発信者にユーザの個人用グリーティングの冒頭部分が流れない(たとえば、ユーザのグリーティングが「マリア ラミレスです。トーンの後にメッセージをお願いします」であっても、発信者には「...トーンの後にメッセージをお願いします」だけが流れる)

コールが、ユーザの個人用グリーティングではなく、別の電話(たとえばオペレータ)に転送される。

コールが、オープニング グリーティングに転送される。

発信者に呼び出し音だけが流れる。

転送タイマーと [呼び出し音の回数(Rings To Wait For)] 設定を同期させるには


ステップ 1 電話システムのプログラミングで、転送タイマーの値を探します。

ステップ 2 Cisco Unity Administrator で、[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [着信転送(Call Transfer)] ページに移動します。

ステップ 3 [検索(Find)] をクリックして、コールが正しいグリーティングに転送されないユーザを探します。

ステップ 4 [着信呼び出しを電話へ転送しますか(Transfer Incoming Calls to a Phone)] セクションで、[はい、呼び出し内線番号:(Yes, Ring Extension For)] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

ステップ 5 [転送タイプ(Transfer Type)] セクションで、[相手先応答の検出(Supervise Transfer)] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

ステップ 6 [呼び出し音の回数(Rings to Wait For)] ボックスの値は、ステップ 1 で見つかった電話システムの転送タイマー値よりも 2 少なくする必要があります。この値は、4 以下が普通で、8 を超えることはありません。また、この値は、コールがユーザの個人用グリーティングに転送されるまで Cisco Unity が待機する呼び出し音の回数を示します。

値がパラメータと一致しない場合は、無応答コールを転送するまでの待ち時間が長くなるように電話システムのプログラムを変更するか、電話システムがコールを転送する前に Cisco Unity がコールを転送するように [呼び出し音の回数(Rings to Wait For)] ボックスの値を変更します。

ステップ 7 将来のユーザのために [呼び出し音の回数(Rings to Wait For)] のデフォルト値を変更するには、[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] > [着信転送(Call Transfer)] ページに移動します。


) ユーザ テンプレートの値を変更しても、そのテンプレートに基づいた既存のユーザアカウントの値は変更されません。テンプレートの変更は、テンプレートの変更後に作成されたユーザアカウントの値にだけ影響します。


ステップ 8 電話システムで、ある回数の呼び出し音の後にリングバックのリズムを変えるかどうかを決定します。変える場合は、Cisco Unity Administrator で、[呼び出し音の回数(Rings to Wait For )] の値を初期リズムでの呼び出し音の回数よりも少ない値に設定します。

ステップ 9 電話システムがコールを転送するまで待機する時間を Cisco Unity がメッセージを取得するまで待機する時間よりも長くしても、Cisco Unity がコールを正しいグリーティングに転送しない場合は、Cisco TAC に連絡してください。


 

電話システムのプログラムで発信者にユーザの個人用グリーティングが流れるようになっていることの確認

発信者にユーザの個人用グリーティングではなくオープニング グリーティングが流れる場合は、連動が有効になっており、電話システムの設定が正しいことを確認します。設定が正しくない場合は、個人用グリーティングへの着信転送と簡易メッセージ アクセスが有効になりません。次の手順を実行してください。

連動の電話システム設定を確認するには


ステップ 1 Cisco Unity サーバ上で、Windows の [スタート(Start)] メニューから、[プログラム(Programs)] > [Cisco Unity] > [連動の管理(Manage Integrations)] をクリックします。Cisco Unity Telephony Integration Manager(UTIM)が表示されます。

ステップ 2 設定が電話システムの連動ガイドに示されている設定と一致しているかどうかを確認します。

ステップ 3 電話システムに関する不正な値をすべて修正して、[保存(Save)] をクリックします。

ステップ 4 プロンプトが表示されたら、Cisco Unity サービスを再起動します。

ステップ 5 電話システムの設定が正しいことを確認しても、ユーザの内線番号をダイヤルした後に発信者にオープニング グリーティングが流れる場合は、Cisco TAC に連絡してください。


 

通話中グリーティングがサポートされており、有効になっていることの確認

コールが通話中の内線番号に到着し、Cisco Unity に転送された場合は、通常、電話システムからコールと一緒に転送理由(内線番号が通話中)が送られてきます。

Cisco Unity で発信者に対してユーザの通話中グリーティングが再生されない場合は、次のような原因が考えられます。

電話システムから通話中グリーティングのサポートに必要なコール情報が提供されない。 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_installation_and_configuration_guides_list.html で該当するCisco Unity 連動ガイドの「Integration Functionality」を参照してください。

ユーザが通話中グリーティングを有効にしていない。 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_user_guide_list.html で該当する『 Cisco Unity User Guide 』を参照してください。

ユーザのオプション グリーティングが有効になっており、通話中グリーティングが無効になっている。 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_user_guide_list.html で該当する『 Cisco Unity User Guide 』を参照してください。

Cisco Unity 8.x がコールに応答するとユーザにリオーダー トーンが流れる

この問題の原因として、[呼び出し音の回数(Rings to Wait For)] 設定が正しくないことが考えられます。

Cisco Unity では、コールを正しく転送するため、または、メッセージ通知コールを発信するために待機する呼び出し音を 3 回以上に設定する必要があります。待機する呼び出し音の回数が 3 回未満に設定されている場合は、ユーザに Cisco Unity カンバセーションの代わりに、リオーダー トーンが流れる可能性があります。

[呼び出し音の回数(Rings to Wait For)] 設定を修正するには


ステップ 1 Cisco Unity Administrator で、ユーザの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [メッセージの到着通知(Message Notification)] ページに移動します。

ステップ 2 使用されているデバイスごとの [通知オプション(Notification Options)] セクションで、[呼び出し音の回数(Wait For How Many Rings Before Hanging Up)] フィールドを 3 以上に設定します。

ステップ 3 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] > [メッセージの到着通知(Message Notification)] ページに移動します。

ステップ 4 使用されているデバイスごとの [通知オプション(Notification Options)] セクションで、[呼び出し音の回数(Wait For How Many Rings Before Hanging Up)] フィールドが 3 以上に設定され、将来のユーザアカウントが正しいデフォルト値を取得できるようになっていることを確認します。

ユーザ テンプレートのデフォルト設定が間違っている場合は、そのテンプレートに基づくすべてのユーザアカウントの値を変更する必要があります。

ステップ 5 [通話管理(Call Management)] > [コール ハンドラ(Call Handlers)] > [着信転送(Call Transfer)] ページに移動します。

ステップ 6 [標準(Standard)]、[オプション(Alternate)]、および [時間外(Closed)] のルールを表示します。[転送タイプ(Transfer Type)] セクションで、ルールのいずれかの [相手先応答の検出(Supervise Transfer)] が選択されている場合は、[呼び出し音の回数(Rings To Wait For)] フィールドが 3 以上に設定されていることを確認します。

[呼び出し音の回数(Rings To Wait For)] が正しく設定されており、Cisco Unity からのコールの応答時にユーザにリオーダー トーンが流れる場合は、Cisco TAC に連絡してください。