Cisco Unity トラブルシューティング ガイド Microsoft Exchange版 Release 5.x
診断トレース ユーティリティとログ
診断トレース ユーティリティとログ
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

診断トレース ユーティリティとログ

の診断ユーティリティの使用方法

イベント ログ

Diagnostic Tool(UDT)のマクロ トレース ログ

使用可能なマクロ トレース

マクロ トレースを使用可能にする

Diagnostic Tool(UDT)のマイクロ トレース ログ

使用可能なマイクロ トレース

マイクロ トレースを使用可能にする

個々のマイクロ トレース ログの表示

Diagnostic Tool(UDT)のマイクロ トレース情報を解釈する方法

ファイルへのマイクロ トレース ログの収集

Dialogic TSP 診断トレース

Dr.Watson ログ

ボイス コネクタのログ

パフォーマンス ログ

ボイス コネクタ ログ プロパティの変更

発信 VPIM、Bridge、および SMTP メッセージの一時保存

コンポーネントをトラブルシューティングするためのトレース設定

Active Directory モニタの診断トレース

AMIS 診断トレース

Basic Incoming and Outgoing AMIS Message Trace

General Incoming AMIS Message Traces

Extensive Incoming AMIS Message Traces

General Outgoing AMIS Message Traces

Extensive Outgoing AMIS Message Traces

診断トレース ユーティリティとログ

この章では、問題をトラブルシュートし、Cisco Unity の保守を行うことができる診断ユーティリティに関する情報を説明します。この章の情報は、該当する診断ユーティリティの選択、使用、および設定に役立ちます。

この章には、次の項があります。

「Cisco Unity の診断ユーティリティの使用方法」

「Cisco Unity コンポーネントをトラブルシューティングするためのトレース設定」

Cisco Unity の診断ユーティリティの使用方法

表2-1 では、Cisco Unity の診断ユーティリティについて説明します。

 

表2-1 Cisco Unity の診断ユーティリティ

ユーティリティ
用途

イベント ログ

イベント ログは、問題をトラブルシューティングするときに、情報を検索する最初のリソースです。イベント ログは、情報イベント、警告、およびエラーをレポートするために Windows アプリケーションで使用されます。Cisco Unity イベントのイベント ログを確認することにより、システムが機能している状態の全体像を十分に参照できます。

詳細については、「イベント ログ」を参照してください。

UDT のマクロ トレース ログ

Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)では、個々のマイクロ トレース レベルの事前に選択されたグループを有効にして、複数の Cisco Unity コンポーネントの診断トレース出力を同時に取得できます。

詳細については、「Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)のマクロ トレース ログ」を参照してください。

UDT のマイクロ
トレース ログ

Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)では、ほとんどの Cisco Unity コンポーネントによるログへの診断トレースの書き込みを有効にできます。診断トレース出力は、個々のコンポーネントに関する問題のトラブルシューティングに不可欠です。

詳細については、「Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)のマイクロ トレース ログ」を参照してください。

Dialogic TSP トレース ログ

(ボイス カードによる回線交換電話システム連動のみ)

このユーティリティは、ボイス カードとともに使用するためにインストールされた Dialogic TSP に関する問題のトラブルシュートに使用します。たとえば、Cisco Unity とボイス カード間の通話が異常を示す場合、このユーティリティは、Dialogic TSP が通話を処理している状態についての情報を提供します。

詳細については、「Dialogic TSP 診断トレース」を参照してください。

Dr. Watson ログ

このユーティリティは、Cisco Unity では処理されない重大な問題が発生すると Windows 2000 によって呼び出されます。Dr.Watson ユーティリティが呼び出されると、ダイアログボックスが表示され、エラー メッセージ、たとえば「Dr.Watson encountering an error in the AvCsMgr.exe process.」が表示されます。Dr.Watson のエラーは、他の処理でも発生する場合があります。

詳細については、「Dr.Watson ログ」を参照してください。

ボイス コネクタの
トレース ログ

ボイス コネクタのログは、ボイス コネクタによって送受信されたメッセージの情報を提供します。これらのログは、デフォルトで、Exchange サーバに保存されます。

詳細については、「Cisco Unity ボイス コネクタのログ」を参照してください。

イベント ログ

イベント ログは、問題をトラブルシューティングするときに、情報を検索する最初のリソースです。Cisco Unity コンポーネントはイベント ログの、情報イベント、警告、およびエラーをレポートします。Cisco Unity イベントのイベント ログを確認することにより、システムが機能している状態の全体像を十分に参照できます。


) イベント ログ ファイル内の生データのタイムスタンプは、Cisco Unity サーバの現地時間ではなく、Greenwich Mean Time(GMT; グリニッジ標準時)で記録されます。ただし、イベント ログ ファイル自体のタイムスタンプは Cisco Unity サーバの現地時間になります。生データのタイムスタンプに GMT を使用することにより、Cisco Unity サーバがすべて同じタイム ゾーンにない場合でもイベントを正確に比較できます。Cisco Unity レポートは GMT のタイムスタンプを現地時間に変換します。


イベント ログ トレースを取得する


ステップ 1 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[管理ツール]>[イベント ビューア] をクリックします。

ステップ 2 [ツリー]領域で、 [アプリケーション ログ] をクリックします。

ステップ 3 Cisco Unity イベントを検索します。


) イベント ビューア機能の詳細な手順については、イベント ビューアのヘルプを参照してください。



 

Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)のマクロ トレース ログ

Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)では、問題のトラブルシューティング用の診断トレース ログを作成し、表示できます。発生している問題の診断トレース ログは、問題の原因を特定する際に重要な場合があります。

UDT のマクロ トレースでは、マイクロ トレースの事前に選択されたグループを有効にできます。マクロ トレースが使用するマイクロ トレースの表示、解釈、および収集の詳細については、「Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)のマイクロ トレース ログ」を参照してください。

Cisco Unity ソフトウェア アップグレードの前に設定される診断トレースは、保存されず、アップグレードの後に必ずリセットされます。

次の各項を参照してください。

「使用可能なマクロ トレース」

「マクロ トレースを使用可能にする」

使用可能なマクロ トレース

表2-2 に、使用可能なマクロ トレースと各マクロ トレースが分析する内容を示します。

 

表2-2 マクロ トレース

マクロ トレース名
トレースが分析する内容

AMIS Message Traces

着信および発信の AMIS メッセージ。Cisco Unity が AMIS メッセージを送受信できるかどうかを確認します。

Call Flow Diagnostics

Cisco Unity を経由するコールのフロー。

Conversation State Traces

発信者が聞く通話。

Bridge Directory Synchronization Traces

ユーザ情報に対する Cisco Unity Bridge ディレクトリの同期化。

VPIM Directory Synchronization Traces

VPIM ディレクトリの同期化。

Directory Monitor Traces

Cisco Unity とディレクトリの複製。

Call Control (Miu) Traces

コール制御機能。

Traces for MWI Problems

メッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)のオン/オフの切り替え。

Traces for Other Notification Problems

通知と発信の機能。

Skinny TSP Traces

Skinny ネットワーク層。Cisco Unity が Cisco Unified Communications Manager (CM)(旧称 Cisco Unified CallManager) と連動している場合に限り役立ちます。

Unity Startup

Cisco Unity スタートアップ機能。

Media (Wave) Traces 1 - High-Level

メディアと WAV ファイルの使用状況。

Media (Wave) Traces 2 - Medium-Level

メディアと WAV ファイルの使用状況。高レベルのトレースより多くの情報を記録します。

Media (Wave) Traces 3 - Low-Level

メディアと WAV ファイルの使用状況。詳細情報を記録します。ハード ドライブ領域に十分な空き領域がある場合にだけ使用します。

Secure Messaging Traces

保護されたメッセージに関する機能。

Text to Speech (TTS) Traces

テキスト/スピーチ(TTS)機能。TTS と相互対話する他の Cisco Unity コンポーネントのトレースも記録できます。

マクロ トレースを使用可能にする

Cisco Unity 機能の問題をトラブルシューティングするときに、マクロ トレース診断を使用可能にします。たとえば、MWI の問題がある場合は、Traces for MWI Problems マクロ トレースを使用可能にします。ただし、診断を実行すると、システムのパフォーマンスやハード ドライブ領域に影響を与える場合があることに留意してください。

マクロ トレース診断を使用可能にする


ステップ 1 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[Unity]>[Unity Diagnostic Tool] をクリックします。[Cisco Unity Diagnostic Viewer]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Macro Traces のコンフィギュレーション] アイコンをクリックします。Macro Traces のコンフィギュレーション ウィザードが表示されます。

ステップ 3 [ようこそ]ページで、 [次へ] をクリックします。

ステップ 4 [Macro Traces のコンフィギュレーション]ページで、該当するトレースのチェックボックスをオンにします。

ステップ 5 [次へ] をクリックします。

ステップ 6 [完了]ページで、 [完了] をクリックします。

ステップ 7 [Cisco Unity Diagnostic Viewer]画面で、 [新規ログ ファイル開始] アイコンをクリックします。

ステップ 8 問題を再現させます。


) 必要な診断トレース ログを取得したら、使用可能にしたトレースを使用不能にします。



 

Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)のマイクロ トレース ログ

Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)では、問題のトラブルシューティング用の診断トレース ログを作成し、表示できます。発生している問題の診断トレース ログは、問題の原因を特定する際に重要な場合があります。

UDT のマイクロ トレースでは、特定の Cisco Unity コンポーネントとトレース レベルを有効にすることができます。これを有効にすると、トレース ログが可能な限り、精密なものになります。問題の発生頻度が低く(1 日に 1 度など)、実際に発生した問題を診断トレース ログの中で探すのが難しい場合には、特に精密なトレース ログが重要になります。


注意 Cisco Unity ソフトウェア アップグレードの前に設定される診断トレースは、保存されず、アップグレードの後に必ずリセットされます。

次の各項を参照してください。

「使用可能なマイクロ トレース」

「マイクロ トレースを使用可能にする」

「個々のマイクロ トレース ログの表示」

「Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)のマイクロ トレース情報を解釈する方法」

「ファイルへのマイクロ トレース ログの収集」

使用可能なマイクロ トレース

表2-3 に、使用可能なマイクロ トレースの一覧を示し、各マイクロ トレースが分析する内容について説明します。

 

表2-3 マイクロ トレース

マイクロ トレース名
トレースが分析する内容

AlCommon

これは共有診断トレースです。Doh、MAL、DAL、SAL、および AvRdbSvr を診断する場合に使用します。

Arbiter

着信に使用されているカンバセーション、ポート、および着信サービス。

AuthenticationMgr

Cisco Unity 認証アクティビティ。

AuthorizationMgr

許可または拒否されているアクセス。

AvBAPExtSvr
(Exchange 専用)

Cisco Unity Mobile Message Access for Blackberry。

AvCsGateway

Cisco Unity の開始と停止。AvCsMgr へのアクセス。Cisco Unity コンポーネントへのアクセス。

AvCsMgr

Cisco Unity のメイン プロセス。Cisco Unity の開始と停止。

AvLic

Cisco Unity ライセンス ファイルの使用。

AvLogMgr

診断トレースとイベント ログの書き込み。

AvRdbSvr

Doh 内からの SQL へのアクセス。

AvSaDbConn

Cisco Unity システム管理の画面、および Cisco Unity が使用している Cisco Unity コンポーネントと他の製品への画面の接続。Windows 2000 の場合、イベントは diag_inetinfo ログに収集されます。Windows 2003 の場合、イベントは diag_w3wp ログに収集されます。

AvWm
(Exchange 専用)

ローカル Cisco Unity サーバ上のユーザのホーム Exchange サーバを監視するアクション。

AvXML

AvXML コンポーネントと Cisco Unity への Cisco Personal Communications Assistant(PCA)接続。

CDE

通話エンジンと通話イベント。ログはファイルに書き込まれます。

Conversation

通話、電話ハンドラ、コール ハンドラ、AMIS アクティビティ。

Conversation Utilities

Live Reply、ポーズ、および他のサポート機能。

CsBMsgConnector

着信システム ブロードキャスト メッセージ。

CSBridgeConnector

ユーザ情報に対する Cisco Unity Bridge ディレクトリの同期化。

CsVPIMConnector
(Exchange 専用)

VPIM メッセージが受信されたときに、ボイス コネクタによって処理された UVPIM メールボックスと情報。

DALDb

ユーザ、同報リスト、インタビュー ハンドラ、コール ハンドラなどのディレクトリ情報へのアクセス。

DALEx

(未使用)

DeliveryDialout

ポケットベルへの通知用およびメッセージ送信用に、ダイヤル後の番号を入力する機能。

Directory Change Queue

ディレクトリと Cisco Unity SQL データベース間における複製。

Directory Change Writer

ディレクトリと Cisco Unity SQL データベース間における複製。

Doh

ディレクトリ アクセスとメッセージ アクセス。

DSAD(Exchange 専用)

ドメイン名前付けコンテキストにおける Active Directory の作成、修正、削除、および変更。

DSGlobalCatalog
(Exchange 専用)

Active Directory グローバル カタログに対する変更。

ExchangeMonitor
(Exchange 専用)

変更されたメッセージ ステータスに対する Exchange メッセージ ストアの監視。

FailoverConfig

フェールオーバー コンフィギュレーション ウィザード。

FailureConv

フェールセーフ モード。

FaxSend Conversation

ファックス機へのファックスの送信、またはファックス機への電子メール メッセージのファックス送信。

MaestroTestComponent

(未使用)

MALEx(Exchange 専用)

メッセージの発信と取得。

MiuCall

Miu とカンバセーション間のプロセス。

MiuGeneral

電話ユーザ インターフェイス(TUI)を経由するコールのトラッキング。コール制御機能、メッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)のオン/オフの切り替え。通知と発信の機能。基本的なメディアまたは WAV ファイルの使用状況。

MiuIntegration

回線交換電話システムとの連動。回線交換電話システムとの連動におけるコール情報。回線交換電話システムとの連動におけるメッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)のオン/オフの切り替え。

MiuIO

TAPI(回線交換または Cisco Unified Communications Manager)連動におけるメディアまたは WAV ファイルの使用状況。

MiuMethods

着信の処理。コール制御。メッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)のオン/オフの切り替え。通知と発信の機能。メディアまたは WAV ファイルの使用状況。

MiuSa

Miu と Cisco Unity システム管理間の相互対話。

MiuSCBus

ファックス エンジンとファックス トーンの検出。

NodeMgr
Cisco Unity にフェールオーバーが設定されている場合のみ)

ステータスの監視、ファイルの複製、およびプライマリ サーバとセカンダリ サーバ間のフェールオーバー。

Notifier

メッセージと選択したイベントの通知。メッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)のオン/オフの切り替え。

NotifyQ

Notifier キュー。

PerfMonitor

Cisco Unity が使用するシステム オブジェクトのパフォーマンス。

PhraseServer

再生するプロンプトとユーザの DTMF 入力。ログはファイルに書き込まれます。

PhraseServer to Monitor

再生するプロンプトとユーザの DTMF 入力。ログはモニタに出力されます。

ReportCrunch

レポート データベース テーブルとレポート ローカリゼーションの処理。

ReportExtractor

データ ファイルからレポート データベースへのデータのコピー。

ReportPostprocess

レポートが生成された後のクリーンアップ。

ReportPreprocess

レポート生成に必要なレポート データベース テーブルの作成。

ReportPump

ログ ファイルへのデータの書き込み。

ReportRunrep

レポート データベース テーブルとレポート生成のフォーマット。

Resource Loader

GUI での選択された言語の使用。製品またはメッセージ情報によるストリングの入力。

Resource Manager

Arbiter に対する使用可能なリソースの監視と提供(必要に応じて)。

RulerDomain

着信サービス。

RulerSvr

着信サービス。

SalNt(Exchange 専用)

Active Directory のアカウントおよびグループの検索。

Scheduler

現在アクティブな Cisco Unity スケジュール(通常の業務時間中または業務時間外のいずれか)または休日。

SkinnyTSP

(回路交換または Cisco Unified Communications Manager 連動)メディアまたは WAV ファイルの使用状況。

Cisco Unified Communications Manager 連動のみ)Skinny ネットワーク層。

Sql Change Writer

Cisco Unity SQL データベースをディレクトリに同期化するための要求。

SystemConfig

Cisco Unity のインストール時に実行する設定マネージャ。

Tds Proxy

Microsoft Tabular Data Stream(TDS)プロトコルを使用する ADO、ODBC、JDBC、およびその他の標準 API による Cisco Unity データベース接続。

Text to Speech

テキスト/スピーチ機能。

TrapConnector

クライアントが電話を録音および再生デバイスとして使用することが可能な Telephone Record and Playback(TRAP)。

TUI Security

パスワードで保護されたログオン カンバセーション。

UMR

メッセージ ストアが使用不能の場合にメッセージを保持する Unity Messaging Repository(UMR)。

UnityDiagnostics

マイクロ トレースが使用可能に切り替えられた時間。マクロ トレースが使用可能/使用不能に切り替えられた時間。

VirtualQueue

コール キューイング。

マイクロ トレースを使用可能にする

特定の Cisco Unity コンポーネントの問題をトラブルシューティングするときに、マイクロ トレース診断を使用可能にします。たとえば、イベント ログに AvWav エラーがある場合は、AvWav 診断を使用可能にします。ただし、診断を実行すると、システムのパフォーマンスやハード ドライブ領域に影響を与える場合があることに留意してください。

マイクロ トレース診断を使用可能にする


ステップ 1 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[Unity]>[Unity Diagnostic Tool] をクリックします。[Cisco Unity Diagnostic Viewer]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Cisco Unity Diagnostic Viewer]ウィンドウの右側の領域で、 [Micro Traces のコンフィギュレーション] アイコンをクリックします。Micro Traces のコンフィギュレーション ウィザードが表示されます。

ステップ 3 [ようこそ]ページで、 [次へ] をクリックします。

ステップ 4 [Micro Traces のコンフィギュレーション]ページで、チェックボックスをオンにして、使用可能にするコンポーネント トレースとトレース レベルを選択します。

ステップ 5 [次へ] をクリックします。

ステップ 6 [完了]ページで、 [完了] をクリックします。

ステップ 7 [Cisco Unity Diagnostic Viewer]ウィンドウの右側の領域で、 [新規ログ ファイル開始] アイコンをクリックします。

ステップ 8 問題を再現させます。


) 必要な診断トレース ログを取得したら、使用可能にしたトレースを使用不能にします。



 

個々のマイクロ トレース ログの表示

UDT を使用して、個々のマイクロ トレース ログを表示するには、次の手順を実行します。UDT でのマイクロ トレース情報の解釈の方法については、「Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)のマイクロ トレース情報を解釈する方法」を参照してください。トレース ログの保存方法については、「ファイルにマイクロ トレース ログを収集する」を参照してください。

個々のマイクロ トレース ログを表示する


ステップ 1 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[Unity]>[Unity Diagnostic Tool] をクリックします。[Cisco Unity Diagnostic Viewer]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Cisco Unity Diagnostic Viewer]ウィンドウの左側の領域で、 [Processes] ノードを展開します。

ステップ 3 左側の領域で、トレースを使用可能にしたプロセス(またはコンポーネント)を展開し、表示するログ ファイルをクリックします。ログ ファイルがフォーマットされ、右側の領域に表示されます。


 

Cisco Unity Diagnostic Tool(UDT)のマイクロ トレース情報を解釈する方法

UDT のトレース ログを開くと、情報がフォーマットされ、右側の領域のカラムに表示されます。 表2-4 に、トレース ログの各カラムに含まれる情報を示します。

 

表2-4 トレース ログの情報

カラム名
カラムに含まれる情報

#

トレース ログの行番号。この番号は、UDT によって提供され、トレース ログには含まれません。

タイムスタンプ

トレース ログの日付と時刻。

ソース

トレース ログ テキストのソース。

トレース番号

[ソース]カラムで特定されたソースによって使用されたメッセージ ストリングの番号。

コンポーネント

Micro Traces のコンフィギュレーション ウィザードで選択されたマイクロ トレース コンポーネント。

レベル

Micro Traces のコンフィギュレーション ウィザードで選択されたトレース レベル。

スレッド

マイクロ トレース情報が取得されたプロセスのスレッド。

ポート

プロセスによって使用されたボイスメール ポートの番号。ボイスメール ポートが使用されていない場合、値は、-1 です。

応対 ID

プロセスによって処理されたコールの識別番号。

トレース

マイクロ トレースからのカンマ区切り形式の生データ。

ファイルへのマイクロ トレース ログの収集

調査のためにマイクロ トレース ログを送信するように求められた場合は、ファイルにログを収集する必要があります。ファイルにマイクロ トレース ログを収集するには、次の手順を実行します。

ファイルにマイクロ トレース ログを収集する


ステップ 1 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[Unity]>[Unity Diagnostic Tool] をクリックします。[Cisco Unity Diagnostic Viewer]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Cisco Unity Diagnostic Viewer]ウィンドウの右側領域で、 [ログ ファイルの収集] アイコンをクリックします。ログ収集ウィザードが表示されます。

ステップ 3 [ようこそ]ページで、 [ログの選択] をクリックします。

ステップ 4 ファイルを保存するディレクトリを変更する場合は、次のサブステップを実行します。それ以外の場合は、ステップ 5 に進みます。

a. [参照] をクリックして、ファイルの宛先を選択します。[フォルダの参照]ダイアログボックスが表示されます。

b. ファイルを保存する宛先ディレクトリをクリックして、 [OK] をクリックします。

ステップ 5 [ようこそ]ページで、 [次へ] をクリックします。

ステップ 6 [収集するログの選択]ページで、使用可能にしたマイクロ トレース プロセスを展開し、各マイクロ トレースの最新ログのチェックボックスをオンにします。

ステップ 7 [次へ] をクリックします。

ステップ 8 ログが収集されフォーマットされたら、[完了]ページで [ディレクトリの表示] をクリックして、ファイルが保存されたディレクトリを開きます。

ステップ 9 [完了]ページで、 [完了] をクリックして、ウィザードを終了します。

ステップ 10 [Cisco Unity Diagnostic Viewer]ウィンドウを閉じます。


 

Dialogic TSP 診断トレース

Cisco Unity がボイス カードにより回路交換電話システムと連動している場合は、Dialogic TSP 診断トレースを取得する必要があることがあります。次の手順を実行してください。

Dialogic TSP 診断トレースを取得する


ステップ 1 Cisco Unity ソフトウェアが動作中の場合は、それを終了します。

ステップ 2 コマンド プロンプト ウィンドウを開き、CommServer ディレクトリに移動します。

ステップ 3 コマンド プロンプトで kill tapisrv と入力して、 Enter キーを押します。

ステップ 4 WinNT/System32 ディレクトリに移動し、 D41mt.tsp(標準 TSP) ファイルを探します。

ステップ 5 安全な場所にファイルを保存して、後で標準 TSP ファイルを復元できるようにします。

ステップ 6 CommServer\DNA\Patch\Debug ディレクトリに移動し、 D41mt.tsp(デバッグ TSP) ファイルを探します。


注意 Dialogic TSP のデバッグ バージョンは、システム パフォーマンスに大きな影響を及ぼす場合があります。システムの使用率が小さい時間帯に問題をアクティブに再現する場合にだけ、このデバッグ TSP を使用することをお勧めします。

ステップ 7 ステップ 6 で見つけたファイルを WinNT\System32 ディレクトリにコピーします。

ステップ 8 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[管理ツール]>[サービス] をクリックします。

ステップ 9 [AvCsGateway] を右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

ステップ 10 [スタートアップの種類]フィールドで、 [手動] をクリックして [OK] をクリックします。

ステップ 11 Cisco Unity サーバを再起動します。

ステップ 12 ログオンしてコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

ステップ 13 CommServer\DNA\Patch\Debug ディレクトリに移動します。

ステップ 14 コマンド プロンプトで dbmon > dbmon.txt と入力して、TSP のトレースを開始します。トレース結果が dbmon.txt ファイルに出力されます。

ステップ 15 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[管理ツール]>[サービス] をクリックします。

ステップ 16 AvCsGateway を右クリックし、 [開始] をクリックします。

ステップ 17 問題を再現させます。

ステップ 18 問題が再現したら、 Ctrl+C キーを押して Dbmon を停止します。

ステップ 19 dbmon.txt ファイルを保管する場所にコピーします。

ステップ 20 System32 ディレクトリの TSP のデバッグ バージョンを、ステップ 5 の安全な場所に保存した標準 TSP ファイル(D41mt.tsp)と置換します。

ステップ 21 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[管理ツール]>[サービス] をクリックします。

ステップ 22 [AvCsGateway] を右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

ステップ 23 [スタートアップの種類]フィールドで、 [自動] をクリックして [OK] をクリックします。

ステップ 24 変更を有効にするため、Cisco Unity サーバを再起動します。


 

Dr.Watson ログ

Dr.Watson は、Cisco Unity では処理されない重大な問題が発生すると Windows 2000 によって呼び出されるプログラムです。Dr.Watson が呼び出されると、ダイアログボックスが現れ、そこにエラー メッセージ、たとえば「Dr.Watson encountering an error in the AvCsMgr.exe process.」が表示されます。Dr.Watson のエラーは、Tapisrv.exe や Dlgc_srv.exe など他の処理で発生する場合があります。

Dr.Watson ログを取得する


ステップ 1 Dr.Watson のエラーが発生した場合は、 Winnt\Drwtsn32.log ファイルのコピーを作成します。

ステップ 2 問題を再現させる前に、コマンド プロンプトから drwtsn32 と入力し、 Enter キーを押します。

ステップ 3 [インストラクションの数]フィールドに、 50 と入力します。

ステップ 4 [保存するエラー数]フィールドに、記録するエラー数を入力します。デフォルトは 10 です。

ステップ 5 [オプション]の下で、 [すべてのスレッド コンテキストをダンプ] [既存のログ ファイルに追加] [メッセージ ボックスによる通知] 、および [クラッシュ ダンプ ファイルの作成] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

ステップ 6 [OK] をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

ステップ 7 問題を再現させます。

ステップ 8 Winnt\Drwtsn32.log ファイルのコピーを作成します。


 

Cisco Unity ボイス コネクタのログ

ボイス コネクタ バージョン 10.0(1) 以降を使用すると、デフォルトで警告レベルのログの記録が可能になります。デフォルトでは、ログ ファイルは 14 日間保存されてから削除されます。ログ ファイルのデフォルトのロケーションは、ボイス コネクタがインストールされている Exchange サーバ上の <Exchange サーバ パス>\VoiceGateway\LogFiles ディレクトリ内です。

ボイス コネクタに用意されているいくつかのログ レベルを使用して、ファイルに記録する詳細のレベルを制御することができます。ログ レベルは次のとおりです。

機能(レベル 5)

情報(レベル 4)

警告(レベル 3)

エラー(レベル 2)

コア(レベル 1)

ログなし(レベル 0)

高いレベルほど詳細になります。各レベルには、それより低いレベルの内容がすべて含まれます。たとえば、情報レベルには警告、エラー、およびコアが含まれます。いずれかのレベルのログが使用可能になっている場合は、パフォーマンス データが別のファイルに記録されます(詳細については、「パフォーマンス ログ」を参照してください)。ログ レベルを変更しても、パフォーマンス ログに書き込まれるデータは変わりません。

ボイス コネクタを使用すると、ログ レベル、ログ ファイルを保存する日数、およびログ ファイルのロケーションを設定できます。

ボイス コネクタのログ プロパティは、Exchange システム マネージャで修正できます。「ボイス コネクタのログ設定を変更する」を参照してください。

ログの変更を有効にするには、ボイス コネクタ サービスを再起動する必要があります。

毎日 2 つのログ ファイルが作成されます。

ボイス コネクタ ログ ファイルには GwIvc_YyMmDd.log という名前が付けられます。ここで、Yy は年、Mm は月、Dd は日です。

ボイス コネクタ パフォーマンス ログ ファイルには GwIvc_perf_ YyMmDd.log という名前が付けられます。ここで、Yy は年、Mm は月、Dd は日です。

パフォーマンス ログ

パフォーマンス ログを調べる(またはデータを抽出するツールを記述する)ことによって、次の情報を取得できます。

受け取った受信メッセージの総数

送信した発信メッセージの総数

受信メッセージの受信速度(メッセージ/秒)

発信メッセージの送信速度(メッセージ/秒)

送信したバイトの総数

受け取ったバイトの総数

バイトの受信速度(バイト/秒)

バイトの送信速度(バイト/秒)

生成された NDR の数

ボイス コネクタのメッセージ送信所要時間

パフォーマンス ログの形式は次のとおりです。

Date Time ThreadId Address Type=<タイプ> Message Status=<ステータス> Size=<サイズ KB> Time In Queue=(秒単位)

表2-5 に、フィールドの定義を示します。

 

表2-5 パフォーマンス ログ ファイル

フィールド
説明

Type

メッセージ アドレスのタイプを示します。

AMIS

VOICE

VPIM

Bridge

Status

次のように、メッセージのステータスを示します。

Incoming

Outgoing

NDR for Incoming

NDR for Outgoing

Time in Queue

Time in Queue(秒単位で測定)の内容は、メッセージ ステータスによって異なります。

発信メッセージ:現在の時刻と、Telephone User Interface(TUI; 電話ユーザ インターフェイス)、ViewMail または Cisco Unity Inbox によってメッセージが送信された時刻との差。この差には、Exchange MTA がメッセージを処理してボイス コネクタのキューに送信するのにかかる時間が含まれています。

着信メッセージ:現在の時刻と、Exchange がメッセージを受信した時刻との差。

NDR メッセージ:現在の時刻と、元のメッセージが処理された(NDR が生成された)時刻との差。通常、これは 0 または 0 に近い数値になります。

ボイス コネクタ ログ プロパティの変更

ボイス コネクタのログ設定を変更する


ステップ 1 ボイス コネクタがインストールされている Exchange サーバにログオンします。

ステップ 2 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[Microsoft Exchange]>[システム マネージャ] をクリックします。

ステップ 3 左側領域の [コネクタ] コンテナを展開します。

ステップ 4 [Exchange 2000 ボイス コネクタ(<サーバ名>)] を右クリックし、 [プロパティ] を選択します。

ボイス コネクタを管理するプロパティのページは常に英語で表示されます。

ステップ 5 [Advanced] タブをクリックします。

ステップ 6 必要に応じて、ログ レベルおよびその他の設定を調整します。ログ ファイルを作成するディレクトリを変更する場合は、パスの最後にバックスラッシュ(「\」)を入れてください。

ログ レベル(デフォルトでは警告)を上げると、ログ ファイルのサイズが大きくなります。この操作は、ハード ディスク領域が足りない場合には、問題になる可能性があります。

ステップ 7 [OK] をクリックして、Exchange システム マネージャを終了します。

ステップ 8 Windows サービス アプレットを開きます。

ステップ 9 [Exchange 2000 - ボイス コネクタ] を右クリックして、 [再起動] を選択します。

ステップ 10 Windows サービス アプレットを終了します。


 

発信 VPIM、Bridge、および SMTP メッセージの一時保存

メッセージ送信の問題のトラブルシューティングに必要であれば、レジストリ設定を変更して、ボイス コネクタによって処理される発信 VPIM、Bridge、および SMTP メッセージを指定したディレクトリにテキスト ファイルとしてコピーすることができます。この設定は、発信 AMIS メッセージには適用されません。

ボイス コネクタによって処理された発信 VPIM、Bridge、および SMTP メッセージを保存する


ステップ 1 ボイス コネクタがインストールされている Exchange サーバにログオンして、Regedit を起動します。


注意 違うレジストリ キーを変更したり、誤った値を入力したりすると、サーバが機能不良を起こすことがあります。レジストリを編集する前に、問題が起きた場合の復元方法を確認してください(レジストリ エディタのヘルプの「復元」トピックを参照してください)。Cisco Unity フェールオーバーでは、一方の Cisco Unity サーバのレジストリを変更した場合、レジストリの変更は複製されないため、もう一方の Cisco Unity サーバのレジストリは手動で作成する必要があります。レジストリ キー設定の変更について質問があるときは、Cisco TAC に問い合せてください。

ステップ 2 レジストリの最新のバックアップがない場合は、 [レジストリ]>[レジストリ ファイルの書き出し] をクリックし、レジストリの設定をファイルに保存します。

ステップ 3 HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\ActiveVoice\AvIVC キーを展開します。

ステップ 4 [編集]>[新規]>[文字列] をクリックします。

ステップ 5 名前として StoreFiles と入力します。

ステップ 6 StoreFiles をダブルクリックして、[文字列の編集]ダイアログボックスを表示します。

ステップ 7 ログ ファイルの作成場所となるディレクトリのフル パスを入力します。パスの最後にはバックスラッシュ(「\」)を入れてください。

ステップ 8 [OK] をクリックして、Regedit を閉じます。

ステップ 9 Windows サービス アプレットを開きます。

ステップ 10 [Exchange 2000 - ボイス コネクタ] を右クリックして、 [再起動] を選択します。

ステップ 11 Windows サービス アプレットを閉じます。


) トラブルシューティングを終了したら、レジストリに作成した StoreFiles キーを削除してから、ボイス コネクタ サービスを再起動します。



 

Cisco Unity コンポーネントをトラブルシューティングするためのトレース設定

この項では、特定の Cisco Unity コンポーネントのトラブルシューティングに使用できるトレース設定について説明します。

「Active Directory モニタの診断トレース」

「AMIS 診断トレース」

メッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)のトラブルシュートに使用できるトレース設定については、 「メッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)」 の章を参照してください。

Active Directory モニタの診断トレース

UDT を使用して、Active Directory モニタのマイクロ トレースを設定します。DC モニタの診断は DSAD グループ内にあります。GC モニタの診断は DSGlobalCatalog グループ内にあります。使用可能にできるレベルは、どちらのモニタも同じです。

使用可能にする診断トレース レベル

Cisco Unity システム管理でユーザ アカウント、同報リスト、またはロケーション オブジェクトの作成、修正、または削除が失敗した場合は、レベル 00 および 10 を使用可能にします。Active Directory にアクセスしたときに診断にエラーが示された場合は、レベル 12 も使用可能にして詳細を取得します。

Active Directory で行った変更が Cisco Unity に反映されない場合は、レベル 10、11、および 17 を使用可能にします。同報リスト メンバーの不一致に関するエラーの場合は、レベル 16 も使用可能にします。

例外が発生したというエラーがディレクトリ モニタ サービスによって Windows イベント ログに記録される場合は、レベル 00、01、10 を使用可能にします。

表2-6 に、診断レベルの説明を示します。

 

表2-6 Active Directory モニタの診断トレース レベル

診断トレース レベル
説明

00:High Level, Method Entry and Exit, and Parameter Values

ユーザ、同報リスト、ロケーションを作成、修正、削除、検索するための Cisco Unity システム管理コールをトレースします。また、システム構成パラメータを取得および設定するコールもトレースします。

01:Low Level, Method Entry and Exit, and Parameter Values

内部メソッドへのコールをトレースします。

このレベルを使用可能にすると、非常に大きい診断ファイルが生成されるので注意してください。

02:Memory

メモリの割り当てと割り当て解除のトレース。このレベルを使用可能にする必要はほとんどありません。

10:General

メイン イベントとそれに関連するすべてのエラーをトレースします。診断ファイルが必要な場合は常にこのレベルを使用可能にしてください。

11:Changes Queued

検出され Cisco Unity に送られた全オブジェクトの変更または削除をトレースします。

12:ADSI Operations

このモニタは ADSI(Active Directory Services Interface)を使用して Active Directory にアクセスします。このレベルを使用可能にすると、すべての ADSI 操作がトレースされます。

このレベルを使用可能にすると、非常に大きい診断ファイルが生成されるので注意してください。

13:Initialization

ディレクトリ モニタ サービスに対する初期化アクティビティをすべてトレースします。

14:Shutdown

ディレクトリ モニタ サービスに対するシャットダウン アクティビティをすべてトレースします。

15:Configuration

レジストリの読み取りと書き込み、初期化時のデフォルト設定、実行時の内部構成へのアクセスなど、すべての構成アクティビティをトレースします。

16:Database Access

パフォーマンス上の理由から、このモニタは SQL データベース内に一部の情報を保持しています。保持される情報は、すべての同報リストとそのメンバーの名前、およびすべての Cisco Unity オブジェクトとそのドメインのリストです。この領域内のエラーを調査する場合は、このレベルを使用可能にします。

17:Synchronization Start and End

同期サイクルの開始と終了の時刻を記録します。また、各単一ドメインの同期の開始と終了の時刻も記録します(DSAD グループで使用可能な場合)。

18:Import Directory Connector

(DSGlobalCatalog のみ)

インポート ディレクトリ コネクタ(IDC)は、Cisco Unity システム管理および Cisco Unity Import ユーティリティが、Cisco Unity にインポートされていないディレクトリ ユーザ オブジェクトのリストを取得するために使用します。たとえば、Cisco Unity システム管理からユーザをインポートする場合、生成されるディレクトリ オブジェクトのリストは IDC から取得されます。

IDC は、インポートされていないユーザに関するプロパティとして、Cisco Unity システム管理および Cisco Unity Import ユーティリティが、名、姓、電話番号などを記録する方法を返します。レベル 18 を有効にすると、検出された属性の名前と値を示すトレースが得られます。

インポートの問題をトラブルシュートするには、このレベルを有効にします。たとえば、Cisco Unity システム管理のインポート リストにユーザの名が表示されない場合にこのレベルを有効にすると、インポート ディレクトリ コンポーネントが通話アプリケーションに値を正しく返しているかどうかを確認できます。

18:Input Property Lists

(DSAD のみ)

低レベルの診断トレース。Cisco TAC によって要求されない限り、使用可能にしないでください。

19:Output Property Lists

(DSAD のみ)

低レベルの診断トレース。Cisco TAC によって要求されない限り、使用可能にしないでください。

AMIS 診断トレース

UDT には、AMIS メッセージ送信の問題のトラブルシューティングに役立つマクロ トレースとマイクロ トレースが用意されています。Unity Diagnostic Tool を使用した、AMIS メッセージ送信の問題のトラブルシュートについては、「AMIS メッセージがまったく送信されない」を参照してください。状況に応じて適切な AMIS マクロ トレースを設定する方法の詳細については、次の各項を参照してください。

「Basic Incoming and Outgoing AMIS Message Trace」:これらのトレースは、Cisco Unity が AMIS メッセージを送受信できることを確認する上で役立ちます。これらのトレースを使用可能にしてテスト メッセージを送信すると、AMIS コンフィギュレーションが適切にセットアップされていることを確認できます。

「General Incoming AMIS Message Traces」:これらのトレースは、問題を特定の Cisco Unity コンポーネントに絞り込む上で役立ちます。着信メッセージの問題をトラブルシュートする場合は、まずこのトレースを設定します。

「Extensive Incoming AMIS Message Traces」:これらのトレースには、一般的なトレースより多くの Cisco Unity コンポーネントが含まれているので、広範なログの記録が可能になります。一般的なトレースのセットで問題を判別できない場合は、この項に指定されているトレースを使用可能にします。

「General Outgoing AMIS Message Traces」:これらのトレースは、問題を特定の Cisco Unity コンポーネントに絞り込む上で役立ちます。発信メッセージの問題をトラブルシュートする場合は、まずこのトレースを設定します。

「Extensive Outgoing AMIS Message Traces」:これらのトレースには追加の Cisco Unity コンポーネントが含まれているので、広範なログの記録が可能になります。一般的なトレースのセットで問題を判別できない場合は、この項に指定されているトレースを使用可能にします。

Basic Incoming and Outgoing AMIS Message Trace

Basic Incoming and Outgoing AMIS Message マクロ トレースは、次のマイクロ トレースを設定します。これらのマイクロ トレースは、Cisco Unity が AMIS メッセージを送受信できることを確認する上で役立ちます。

Conversation:19

Notifier:28

General Incoming AMIS Message Traces

General Incoming AMIS Message マクロ トレースは、次のマイクロ トレースを設定します。これらのマイクロ トレースは、問題を特定の Cisco Unity コンポーネントに絞り込む上で役立ちます。

CDE:10、14、18

AlCommon:10

DalDb:10

DalEx:10

Doh:10

MALEx:10

MALLn:10

Conversation:19

Extensive Incoming AMIS Message Traces

Extensive Incoming AMIS Message マクロ トレースは、次のマイクロ トレースを設定します。これらのマイクロ トレースには追加の Cisco Unity コンポーネントが含まれているので、広範なログの記録が可能になります。

CDE:10、11、12、13、14、18、19

AlCommon:10

DalDb:10

DalEx:10

Doh:10

MALEx:10

MALLn:10

FailureConv:11

PhraseServer:12

Conversation:19

Miu General:13、14

General Outgoing AMIS Message Traces

General Outgoing AMIS Message マクロ トレースは、次のマイクロ トレースを設定します。これらのマイクロ トレースは、問題を特定の Cisco Unity コンポーネントに絞り込む上で役立ちます。

CDE:10、14、18

AlCommon:10

DalDb:10

DalEx:10

Doh:10

MALEx:10

MALLn:10

Conversation:19

Notifier:13、19、24、26、28

ExchangeMonitor:13(Exchange モニタ 13 トレースからの情報のログがない場合は、問題があることを意味します)

Extensive Outgoing AMIS Message Traces

Extensive Outgoing AMIS Message マクロ トレースは、次のマイクロ トレースを設定します。これらのマイクロ トレースには追加の Cisco Unity コンポーネントが含まれているので、広範なログの記録が可能になります。

CDE:10、11、12、13、14、18、19

AlCommon:10

DalDb:10

DalEx:10

Doh:10

MALEx:10

MALLn:10

Conversation:19

FailureConv:11

PhraseServer:12

Notifier:13、19、20、21、24、26、28

ExchangeMonitor:13(Exchange モニタ 13 トレースからの情報のログがない場合は、問題があることを意味します)