Cisco Unity トラブルシューティング ガイド IBM Lotus Domino版 Release 5.x
メッセージの到着通知
メッセージの到着通知
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

メッセージの到着通知

メッセージの到着通知に関する問題

複数のユーザに対してメッセージの到着通知が遅い

ポートが混雑して通知をすぐに発信できない

メッセージの到着通知専用に設定されたポートが不十分

電話システムが、着信に応答するように設定されているポートにコールを送信していることの確認

Cisco Unity の Domino サーバが停止しているか切断されている

1 人のユーザに対してメッセージの到着通知が遅い

メッセージの到着通知のセットアップが適切でない

通知が見逃されている

繰り返し通知オプションが誤解されている

どの外線番号にもメッセージの到着通知が発信されない

1 人のユーザに対してメッセージの到着通知がまったく動作しない

SMS の到着通知がまったく動作しない

特定の種類のメッセージだけが通知のトリガーになるように設定されている

外線に対するアクセス コードがない

通知番号が間違っているか、通知デバイスが使用不能かまたは動作していない

通知デバイスの電話システムの割り当てが適切でない(デュアル電話システム連動のみ)

ユーザ メールボックスにメッセージの到着通知が表示される

メッセージの到着通知

メッセージの到着通知に関する問題

ユーザのポケットベルや、職場、家庭、または予備の電話などのデバイスに対するメッセージの到着通知に関する問題は、次の 2 つのカテゴリに分けられます。

 

メッセージの到着通知が遅い

複数のユーザからメッセージの到着通知が遅いという報告がある場合、ほとんどはポートのセットアップの問題が原因です。「複数のユーザに対してメッセージの到着通知が遅い」を参照してください。メッセージの到着通知が遅いという苦情を切り分けると、ほとんどはユーザのメッセージ到着通知の設定に関連しています。「1 人のユーザに対してメッセージの到着通知が遅い」を参照してください。

メッセージの到着通知がまったく動作しない

システムの問題によっては、Cisco Unity が通知をまったく発信できない場合があります。「どの外線番号にもメッセージの到着通知が発信されない」を参照してください。ユーザがメッセージの到着通知を正しくセットアップしないと、Cisco Unity が通知をそのユーザにまったく発信できなくなる場合があります。「1 人のユーザに対してメッセージの到着通知がまったく動作しない」を参照してください。

ユーザ メールボックスがメッセージの到着通知でいっぱいである

「ユーザ メールボックスにメッセージの到着通知が表示される」を参照してください。

複数のユーザに対してメッセージの到着通知が遅い

複数のユーザに対してメッセージの到着通知が遅延しているように思われる場合には、いくつかの理由が考えられます。「複数のユーザに対するメッセージの到達通知が遅い問題をトラブルシュートするためのタスク リスト」を参照して、予想される原因をトラブルシュートします。

複数のユーザに対するメッセージの到達通知が遅い問題をトラブルシュートするためのタスク リスト

1. ポートがメッセージの到達通知の処理で混雑していないことを確認します。「ポートが混雑して通知をすぐに発信できない」を参照してください。

2. メッセージの到達通知を処理するのに十分な数のポートが割り当てられていることを確認します。「メッセージの到着通知専用に設定されたポートが不十分」を参照してください。

3. 電話システムがコールを送信しているポートが着信応答に設定されていることを確認します。「電話システムが、着信に応答するように設定されているポートにコールを送信していることの確認」を参照してください。

4. Domino サーバが停止または切断されていないことを確認します。「Cisco Unity の Domino サーバが停止しているか切断されている」を参照してください。

ポートが混雑して通知をすぐに発信できない

通知を発信するポートが他の操作も実行するように設定されていると、混雑しすぎて通知をすぐに発信できない場合があります。少数のポートを通知発信専用にすれば、通知のパフォーマンスが改善できます。

大量の通話を処理するシステムでは、通知のパフォーマンスを改善するために追加のポートが必要な場合があります。

メッセージの到着通知用のポート設定を検討する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [システム]>[ポート] ページに移動します。

ステップ 2 既存のポート設定を検討して、1 つまたは複数のポートがメッセージの到着通知をダイヤル アウトするために専用に設定できるかどうかを決定します。


 

メッセージの到着通知専用に設定されたポートが不十分

通知を発信するために設定されているポートが少数の場合、Cisco Unity が大量のメッセージを受けたとき、通知ポートはいつでもすぐにダイヤル アウトできるとは限りません。

メッセージの到着通知をダイヤル アウトするために使用されているポートの占有率がピーク時に 70% を超える場合は、現在のポートの設定を再調査して、現在より多くのポートをメッセージの到着通知専用のダイヤル アウトに設定できるかどうかを確認します。

メッセージの到着通知をダイヤル アウトするために使用されているポートの占有率がピーク時に 70% を超えなければ、通知ポートの数は適切です。Cisco TAC(Technical Assistance Center)に問い合せて問題を解決してください。

メッセージの到着通知のポートの数が適切かどうかを確認する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップ上で、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側領域で、[Reporting Tools]の下で [Port Usage Analyzer] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Port Usage Analyzer]ウィンドウで、 [Port Availability] タブをクリックします。

ステップ 4 [Data Logs Folder]フィールドで、データ ログへのパスを入力します。data_AVCsMgr_<date>.log ファイルのデフォルトのロケーションは CommServer\Logs ディレクトリです。

ステップ 5 [Select Day]フィールドで、ポートの占有率を分析する日をクリックします。

ステップ 6 [Load Data] をクリックします。ダイアログボックスにポート占有率情報の要約が表示されます。

ステップ 7 (オプション)レポートを生成するには、[Port Availability]タブの [Run Report] をクリックします。

ステップ 8 ポート占有率がピーク時に 70 パーセントを超える場合は、Cisco Unity システム管理で [システム]>[ポート] ページをクリックし、次にステップ 9 に進みます。

ポート占有率がピーク時に 70 パーセントを超えなければ、メッセージ ウェイティング インジケータ ポートの数は適切です。

ステップ 9 既存のポート設定を検討して、今より多くのポートをメッセージの到着通知のダイヤル アウト専用に設定するかどうかを決定します。


 

電話システムが、着信に応答するように設定されているポートにコールを送信していることの確認

電話システムが、着信に応答するように設定されていない Cisco Unity のポートにコールを送るようにプログラムされている場合、Cisco Unity は着信に応答しません。

着信が正しい Cisco Unity ポートに送信されていることを確認する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [システム]>[ポート] ページに移動します。

ステップ 2 どのポートが着信に応答するように設定されているのかを記録します。

ステップ 3 電話システムのプログラムで、着信に応答するように設定されたポートにだけコールが送信されていることを確認します。必要に応じて、電話システムのプログラムを変更します。

ステップ 4 電話システムのプログラムを変更する場合は、Cisco Unity サーバを再起動し、ハングしているポートをすべてクリアします。


 

Cisco Unity の Domino サーバが停止しているか切断されている

Domino サーバ(メッセージ ストア)が停止または切断されていた間に記録されたメッセージは、サーバが復旧するまで Unity Messaging Repository(UMR)に保存されます。メッセージが実際にユーザに送信されるまでメッセージの到着通知は発信されないので、メッセージが記録されてから送信され、通知が送信されるまでの遅延時間は、メッセージ ストアが停止または切断されていた時間の長さだけで決まります。

1 人のユーザに対してメッセージの到着通知が遅い

1 人のユーザに対してメッセージの到着通知が遅いような場合には、いくつかの理由が考えられます。「1 人のユーザに対するメッセージの到達通知が遅い問題をトラブルシュートするためのタスク リスト」を参照して、予想される原因をトラブルシュートします。

1 人のユーザに対するメッセージの到達通知が遅い問題をトラブルシュートするためのタスク リスト

1. ユーザの設定がユーザの要求に適切ではない。「メッセージの到着通知のセットアップが適切でない」を参照してください。

2. ユーザの仕事のスケジュールにもっとよく一致するように、ユーザの設定を調整する。「通知が見逃されている」を参照してください。

3. ユーザが、繰り返し通知を Cisco Unity が処理する方法を明確には理解していない。「繰り返し通知オプションが誤解されている」を参照してください。

メッセージの到着通知のセットアップが適切でない

期待したときに通知発信が受信されないというユーザの苦情があるときは、通知の設定に問題がある場合があります。

通知のセットアップが適切かどうかを確認する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、そのユーザに対して [ユーザ]>[ユーザ]>[メッセージの到着通知] ページに移動します。

ステップ 2 [通知先]リストで、正しい通知デバイスをクリックします。

ステップ 3 通知デバイスがユーザの要求に対して適切であることをユーザに確認します。ユーザが、Cisco Unity の発信用に混雑のひどい電話を選択している場合は、代わりの電話またはポケットベルをメッセージの到着通知に使用できないか確認します。

ステップ 4 通知スケジュールが、ユーザが通知の発信を受信できる日時と合っているかどうかをユーザに確認します。


 

通知が見逃されている

通知デバイスからよく離れたり、通知デバイスを頻繁に使用するユーザは、通知を見逃している可能性があります。ユーザには、Cisco Unity がメッセージの到着通知を遅らせているように思われます。

通知の見逃しを解決する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、そのユーザに対して [ユーザ]>[ユーザ]>[メッセージの到着通知] ページに移動します。

ステップ 2 [通知先]リストで、正しい通知デバイスをクリックします。

ステップ 3 [通知オプション]セクションで、 [新しいメッセージが到着するたびに通知する] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [リトライ回数]フィールドで、デバイスが応答していないときや混雑しているときに Cisco Unity がもっと多くの通知を発信するように、数を大きくします。

ステップ 5 [リトライ間隔(分)]フィールドで、デバイスが応答していないときや混雑しているときに Cisco Unity がもっと頻繁に到着通知を発信するように、数を小さくします。

ステップ 6 [通知失敗時の通知先]フィールドで、ユーザが使用可能なポケットベルを持っているときのバックアップ デバイスとして [ポケットベル] を選択します。ポケットベルの設定とスケジュールも入力してください。

ステップ 7 ユーザがいないときでも通知発信を受信できるように、通知電話に応答装置をセットアップしておくことを推奨します。

応答装置がある電話を呼び出すように Cisco Unity を設定するときは、通知のメッセージが繰り返される前に録音が始まるように、応答装置のグリーティングが十分に短いことをユーザに確認してください。


 

繰り返し通知オプションが誤解されている

まだ新規メッセージがあるときに特定の間隔で通知を繰り返すように Cisco Unity を設定すると、受信するメッセージは多いが通知をすぐには必要としないユーザには便利な場合があります。しかし、新しいメッセージが到着するたびに Cisco Unity が通知を再開しないようにユーザが選択しているときは、通知発信の間隔を長く設定すると、Cisco Unity が通知を遅らせているようにユーザに思われる場合があります。

繰り返し通知の問題を解決する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、そのユーザに対して [ユーザ]>[ユーザ]>[メッセージの到着通知] ページに移動します。

ステップ 2 [通知先]リストで、正しい通知デバイスをクリックします。

ステップ 3 [通知オプション]セクションの、[メッセージ到着後時間が経過してもそのメッセージが開封されない場合に通知を繰り返す-間隔設定(分)]チェックボックスの横のフィールドに、もっと短い間隔、たとえば 15 分を設定します。


 

どの外線番号にもメッセージの到着通知が発信されない

この問題の原因としては、Cisco Unity が外線にアクセスできないことが考えられます。次の手順を実行してください。

外線アクセスを確認する(回線交換電話システムのみ)


ステップ 1 テスト用電話(Phone 1)を単一回線テスト用にセットアップします。メッセージの到着通知をダイヤル アウトするように設定されたポートに接続された回線を使用します。詳細については、「電話システムのトラブルシューティングの準備」を参照してください。

ステップ 2 Phone 1 で、外線に接続するのに必要なアクセス コードをダイヤルします。

ステップ 3 外線電話番号をダイヤルします。

外線番号につながらない場合は、ステップ 4 に進みます。

番号につながる場合は、Cisco Unity はメッセージ到着通知用の外線にアクセスできます。ユーザ テンプレートにあるメッセージの到着通知の設定によって、Cisco Unity が通知を発信できない場合があります。テンプレートのメッセージ タイプとアクセス コードを確認し、必要に応じて、値を変更してください。テンプレートのメッセージ タイプまたはアクセス コードを変更した場合は、ユーザ テンプレートに基づいて既存のすべてのユーザ アカウントで同じ変更をします。

ステップ 4 電話システムのプログラムに、外線アクセスの制限がないか確認します。必要に応じて電話システムのプログラムを変更し、テストを繰り返します。

ステップ 5 それでもテストが失敗する場合は、Cisco TAC に問い合せてください。


 

1 人のユーザに対してメッセージの到着通知がまったく動作しない


) 日本の通信キャリアは SMS(SMPP)に対応していないため、SMS(SMPP)通知機能を使用することはできません。「テキスト用ポケットベル」オプションを利用してください。


1 人のユーザに対してメッセージの到着通知がまったく動作しないような場合には、いくつかの理由が考えられます。SMS の到着通知が動作しない場合は、「SMS の到着通知がまったく動作しない」を参照してください。その他のメッセージの到着通知については、「1 人のユーザに対するメッセージの到達通知がまったく動作しない問題をトラブルシュートするためのタスク リスト」を参照して、予想される原因をトラブルシュートします。

1 人のユーザに対するメッセージの到達通知がまったく動作しない問題をトラブルシュートするためのタスク リスト

1. メッセージの到達通知が正しいタイプのメッセージに対して使用可能になっていることを確認します。「特定の種類のメッセージだけが通知のトリガーになるように設定されている」を参照してください。

2. メッセージの到達通知が外線に対するものの場合、外線へのアクセス コードを含む到達通知の電話番号を確認します。「外線に対するアクセス コードがない」を参照してください。

3. 通知デバイスが使用可能になっていることを確認します。「通知番号が間違っているか、通知デバイスが使用不能かまたは動作していない」を参照してください。

4. 到達通知用デバイスが正しい電話システムに割り当てられていることを確認します(デュアル連動のみ)。「通知デバイスの電話システムの割り当てが適切でない(デュアル電話システム連動のみ)」を参照してください。

SMS の到着通知がまったく動作しない

この問題の原因としては、Cisco Unity システム管理の[SMSC 設定]ページの[システム タイプ]フィールドの情報に大文字が正しく使用されていないことが考えられます。これが原因であるかどうかを確認するには、Notifier のログを調べます。SMS のトレースがオンになっている場合、ログ ファイルに「SmppBindTransmitter failed.」と表示されます。

この場合は、SMS プロバイダーから提供される SMPP 設定の詳細を調べて、正しい大文字使用について確認します。次に、Cisco Unity システム管理の[システム タイプ]フィールドに、SMS プロバイダーから指定された情報を正確に入力します。

特定の種類のメッセージだけが通知のトリガーになるように設定されている

Cisco Unity は、特定の種類のメッセージだけをユーザに通知するように設定できます。たとえば、ユーザへの通知がファックスと緊急ボイス メッセージに対してだけ設定されている場合、電子メールと通常のボイス メッセージでは Cisco Unity は通知を発信しません。

通知発信のトリガーになるメッセージの種類を変更する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、そのユーザに対して [ユーザ]>[ユーザ]>[メッセージの到着通知] ページに移動します。

ステップ 2 [通知先]リストで、正しい通知デバイスをクリックします。

ステップ 3 [通知メッセージの対象]セクションで、選択したメッセージの種類をユーザに確認します。


 

外線に対するアクセス コードがない

外線に発信するには、通常は外線に接続するためのアクセス コード(たとえば 9)をダイヤルします。電話システムがアクセス コードを要求するときは、Cisco Unity に設定した外線のメッセージ到着通知電話番号にアクセス コードが入っている必要があります。

さらに、電話システムによっては、アクセス コードをダイヤルしてから外線に接続されるまでの間に短いポーズが必要な場合があります。

アクセス コードを確認する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、そのユーザに対して [ユーザ]>[ユーザ]>[メッセージの到着通知] ページに移動します。

ステップ 2 [通知先]リストで、正しい通知デバイスをクリックします。

ステップ 3 [電話番号]ボックスで、正しいアクセス コードが電話番号の前にあることを確認します。電話システムでポーズが必要な場合は、アクセス コードと電話番号との間にカンマを 2 個入れてください(たとえば、9,,5551234)。


 

通知番号が間違っているか、通知デバイスが使用不能かまたは動作していない

そのユーザが、Cisco Unity が発信するための電話番号を間違って入力している場合があります。また、ユーザが電話またはポケットベルへの通知を使用不能にしていると、Cisco Unity は、その他の通知設定には関係なく、そのデバイスに対して通知を発信しません。

デバイスの電話番号と状態を確認する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、そのユーザに対して [ユーザ]>[ユーザ]>[メッセージの到着通知] ページに移動します。

ステップ 2 [通知先]リストで、正しい通知デバイスをクリックします。

ステップ 3 [電話番号]ボックスで、正しいアクセス コードと電話番号がデバイスに対して入力されていることを確認します。

ステップ 4 [状況]セクションで、デバイスが [通知する] に設定されていることを確認します。


 

通知デバイスをテストする


ステップ 1 通知デバイスが携帯電話またはポケットベルの場合は、テストのために使用可能にしておくようにユーザに依頼してください。

通知デバイスが家庭用電話またはオフィスから離れた別の電話の場合は、テストの間誰かが応答できるようにユーザに依頼します。

ステップ 2 通知デバイスがオンになっていることを確認します。

ステップ 3 テスト用電話(Phone 1)を単一回線テスト用にセットアップします。メッセージの到着通知をダイヤル アウトするように設定されたポートに接続された回線を使用します。詳細については、「電話システムのトラブルシューティングの準備」を参照してください。

ステップ 4 Phone 1 で、そのデバイスに対して Cisco Unity で設定された通知先番号をダイヤルします。

ポケットベルが動作するか電話の呼び出し音が鳴る場合は、Cisco Unity がデバイスに発信できることが確認されます。

ポケットベルが動作しないか、電話の呼び出し音が鳴らない場合は、デバイスに問題がある可能性があります。デバイス製造者のドキュメントを調べるか、別の通知デバイスを手に入れてテストをやり直すようにユーザに依頼します。


 

通知デバイスの電話システムの割り当てが適切でない(デュアル電話システム連動のみ)

通知デバイスの電話システムの割り当てを確認する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、そのユーザに対して [ユーザ]>[ユーザ]>[メッセージの到着通知] ページに移動します。

ステップ 2 [通知オプション]セクションで、ページの最下部の[スイッチ]フィールドでデバイスに割り当てられている電話システムを書きとめておきます。

ステップ 3 デバイスに割り当てられた電話システムに対して [システム]>[ポート] ページに移動します。

ステップ 4 到達通知デバイスに割り当てられている電話システムに、少なくとも 1 つのポートがメッセージ到達通知に指定されていることを確認します。必要に応じてポートの設定を修正します。

ステップ 5 [保存] アイコンをクリックします。


 

ユーザ メールボックスにメッセージの到着通知が表示される

Cisco Unity が、転送されたメッセージの到着通知を拒否しない場合、ユーザ メールボックスがメッセージの到着通知でいっぱいになります。転送されたメッセージの到着通知の拒否を使用可能にするには、次の手順を実行します。

Cisco Unity で、転送されたメッセージの到着通知の拒否を使用可能にする


ステップ 1 Cisco Unity デスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot]ウィンドウの左側領域で、[Diagnostic Tools]の下にある [Administration Tools] をクリックします。

ステップ 3 [Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 4 [Unity Settings]ボックスで、 [System--Reject Forwarded Notification DTMF Tone] をクリックします。

ステップ 5 [New Value]フィールドに A と入力します。


) この設定に対するその他の有効な値および制限については[Description]ボックスを参照してください。


ステップ 6 [Set] をクリックします。

ステップ 7 値が設定されたことを示すプロンプトが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 8 [Exit] をクリックします。

ステップ 9 [Tools Depot]ウィンドウを閉じます。

ステップ 10 Cisco Unity のフェールオーバーが設定されている場合は、フェールオーバー ペアのセカンダリ サーバでステップ 1 からステップ 9 を繰り返します。