Cisco Unity メンテナンス ガイド
Cisco Unity 8.x サーバでスケジューリング された定期的な保守
Cisco Unity 8.x サーバでスケジューリングされた定期的な保守
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x サーバでスケジューリングされた定期的な保守

8.x での正しい受信者への宛先不明メッセージの転送

宛先不明メッセージ同報リスト

オペレータ コール ハンドラ、オープニング グリーティング コール ハンドラ、および終了案内コール ハンドラに録音されたメッセージ

Example Interview に録音されたメッセージ

8.x でのウイルスのスキャン

アンチウイルス ソフトウェアの選択

スキャンからの ディレクトリの除外

ウイルス スキャンのスケジューリング

ウイルス スキャン定義の更新

8.x での ユーティリティの実行

8.x でのシステム クロックの更新

スケジュールに従った定期的な 8.x サーバの再起動

8.x でのメッセージ転送エージェントの監視

Cisco Unity 8.x での正しい受信者への宛先不明メッセージの転送

Cisco Unity に録音されたメッセージが特定の受信者に関連付けられていない場合もあるため、メッセージを選別して適切なユーザやコール ハンドラに転送する必要があります。このようなメッセージを頻繁に確認して適切な受信者に転送する作業は、最低でも 1 人のユーザに担当させる必要があります。次の各項では、これらのメッセージの管理について説明します。

「宛先不明メッセージ同報リスト」

「オペレータ コール ハンドラ、オープニング グリーティング コール ハンドラ、および終了案内コール ハンドラに録音されたメッセージ」

「Example Interview に録音されたメッセージ」

宛先不明メッセージ同報リスト

ユーザに割り当てられたネットワークまたはサーバがオフラインになっているか、Cisco Unity サーバで使用できなくなっているため、あるいはユーザ メールボックスのサイズが Exchange で指定するメールボックス送受信禁止制限値を超えているために送信できないメッセージは、宛先不明メッセージ同報リストに転送されます。デフォルトでは、この同報リストにはサンプル管理者が唯一のメンバーとして登録されています。

このようなメッセージを正しく転送するには、宛先不明メッセージ同報リストに少なくとも 1 名のメンバー(たとえばオペレータ)を入れておき、そのメンバーがメールボックスを監視して、送信できないメッセージを処理することを確認します。同報リストにユーザを追加するには、「ユーザを宛先不明メッセージ同報リストに追加する」の手順を実行します。パブリック同報リストについては、『 System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x の「 Managing Distribution Lists 」の章を参照してください。このマニュアルは、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/administration/guide/8xcusagx.html から入手できます。

宛先不明メッセージ リストの確認を担当するユーザのメールボックスが、Exchange で指定する送受信禁止の格納域制限を超えている場合、宛先不明メッセージ同報リストに送信されたメッセージはすべて失われます。この問題を回避するには、宛先不明メッセージ リストのメンバーになっている少なくとも 1 人のユーザのメールボックスについて、送受信禁止の格納域制限に大きめの値を指定し、ユーザに対しては、Exchange メールボックスが一杯になる前にメッセージをこまめに配布することを推奨します (メールボックスが一杯になったユーザを Cisco Unity が処理する方法の詳細については、『 System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x の「 Messaging and Default Accounts Overview 」の章にある「How Cisco Unity Handles Full Mailboxes」の項を参照してください。このマニュアルは、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/administration/guide/8xcusagx.html から入手できます。

ユーザを宛先不明メッセージ同報リストに追加する


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、任意の [ユーザ(Subscribers)] > [パブリック同報リスト([パブリック同報リスト(Public Distribution Lists)])] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [宛先不明メッセージ(Unaddressed Messages)] 同報リストをダブルクリックします。

ステップ 4 適切な設定に変更した後、[保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

オペレータ コール ハンドラ、オープニング グリーティング コール ハンドラ、および終了案内コール ハンドラに録音されたメッセージ

Cisco Unity へ発信してオペレータにダイヤルしたときに、応対できるオペレータがいない場合は、オペレータ コール ハンドラの通話転送設定によってはメッセージを録音することができます。オープニング グリーティング コール ハンドラと終了案内コール ハンドラについても、それぞれの通話転送設定によっては発信者がメッセージを録音できます。コール ハンドラのメッセージ受信者設定の詳細については、『 System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x の「 Managing Call Handlers 」の章を参照してください。このマニュアルは、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/administration/guide/8xcusagx.html から入手できます。

Example Interview に録音されたメッセージ

通話が Example Interview に転送されると、質問に対する回答は指定した受信者へ転送されます(Example Interview では、発信者の名前や転送しようとしている相手に関する基本的な情報が収集されます)。ユーザ(たとえばオペレータ)または同報リストを受信者として選択します。インタビュー応答の受信者を選択する方法については、『 System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x の「 Managing Interview Handlers 」の章を参照してください。このマニュアルは、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/administration/guide/8xcusagx.html から入手できます。

Cisco Unity 8.x でのウイルスのスキャン

アンチウイルス ソフトウェアの選択

アンチウイルス ソフトウェアのサポート ポリシーについては、『 Supported Hardware and Software, and Support Policies for Cisco Unity Release 8.x を参照してください。このマニュアルは、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/support/8xcusupp.html から入手できます。

スキャンからの Cisco Unity ディレクトリの除外

Cisco Unity のパフォーマンスを大幅に向上させるために、次のディレクトリをウイルス スキャンから除外します。

Cisco Unity がインストールされているディレクトリ(デフォルトのディレクトリは Commserver)とすべてのサブディレクトリ。

Unity Message Repository(UMR)が Cisco Unity プログラム ファイルを格納するパーティション以外のパーティションに格納されている場合は、UMR を格納しているディレクトリ(デフォルトでは Commserver)。

UnityDB.mdf および UnityDb_log.ldf ファイルを含むディレクトリ。

メッセージ ストア サービス アカウントの Temp システム変数で指定されたディレクトリ (このディレクトリを検索するには、メッセージ ストア サービス アカウントとしてログオンします。コマンド プロンプト ウィンドウを開き、 set temp コマンドを実行します)。

サポート技術情報の記事 309422「 Guidelines for Choosing Antivirus Software to Run on the Computers That Are Running SQL Server 」で Microsoft 社によって推奨されているディレクトリおよびファイル。

Exchange Server 2003 が Cisco Unity サーバにインストールされている場合は、次のディレクトリをウィルス検出の対象から除外します。

Cisco Unity Voice Connector for Microsoft Exchange が Cisco Unity サーバにインストールされている場合は、Cisco Unity Voice Gateway がインストールされているディレクトリ(デフォルトでは Voicegateway)とすべてのサブディレクトリ。

サポート技術情報の記事 823166「 Overview of Exchange Server 2003 and Antivirus Software 」で Microsoft 社によって推奨されているディレクトリおよびファイル。

ディレクトリをスキャンから除外する方法については、アンチウイルス ソフトウェアのヘルプを参照してください。

ウイルス スキャンのスケジューリング

ウイルス スキャンは、毎日実行されるようにスケジューリングします。理想的には、ウイルス スキャンが Cisco Unity のボイス メッセージ機能の妨げにならないように、サーバの使用率が最も低いときにウイルス スキャンを実行することを推奨します。

ウイルス スキャン定義の更新

新しいウイルス スキャン定義を製造元の Web サイトで確認するように求める警告を毎週または 2 週間に 1 回出すように、アンチウイルス ソフトウェアを設定する必要があります。このような定義の更新に関するポリシーがすでにネットワーク上の他のコンピュータに存在する場合は、Cisco Unity サーバでも同じポリシーに従います。ポリシーがまだ存在しない場合は、アンチウイルス ソフトウェアから要求されたときに、Cisco Unity サーバに新しい定義をダウンロードしてインストールすることを推奨します。

Cisco Unity 8.x での DbWalker ユーティリティの実行

Cisco Unity Directory Walker(DbWalker)ユーティリティ は、Cisco Unity データベースのコール ハンドラ、ユーザ、ユーザ テンプレート、インタビュー ハンドラ、ロケーション オブジェクト、およびディレクトリ オブジェクトのそれぞれについて、値の欠落、リンク切れ、およびその他の問題がないかどうかを確認します。DbWalker は、Cisco Unity サーバ上で実行する必要があります。オフボックスでは実行できません。

このユーティリティは、スケジュール モードとマニュアル モードという 2 つのモードで実行されます。スケジュール モードでは、データベースが読み取り専用になります。マニュアル モードでは、サイト固有の情報を使用してデータベースを自動的に修正できます。

スケジュール モードとマニュアル モードのどちらでも、出力ログ ファイルが作成されます。ログ ファイルには、見つかったすべてのエラー、および欠落している値とリンク切れに対して行われた自動修正が表示されます。また、調査が必要な項目と手動修正が必要となる可能性のある項目に関する警告メッセージも表示されます。ログ ファイルは、システム管理者または特定のユーザに電子メールで送信できます。ただし、この送信がサイトのセキュリティ設定で許可されている場合に限ります。DbWalker ユーティリティでは、ログ ファイルの出力内容を選択することもできます。データベース全体の完全なリストではなく、エラーと警告だけを報告するようにこのユーティリティを設定することを推奨します。このように設定しないと、出力ファイルが管理不能なほど大きくなる可能性があります。

DbWalker ユーティリティを毎月読み取り専用モードで実行するようにスケジューリングします。毎月のスケジューリングされた実行の後、次の 2 つのデータベース保守タスクを実行する必要があります。

出力ログ ファイルを確認します。

すべてのエラーをただちに解決します。DbWalker ユーティリティをマニュアル モードでもう一度実行します。このユーティリティは、提供されたサイト固有情報を利用して、解決可能なエラーを修正します。このユーティリティで解決できないエラーが残っている場合は、Cisco Unity Administratorで修正することによりエラーを解決できます。

DbWalker ユーティリティを毎月(読み取り専用で)実行するようにスケジューリングする


ステップ 1 Cisco Unity のデスクトップで、Cisco Unity が動作していることを確認し、[Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左ペインで、[診断ツール(Diagnostic Tool)] の [DbWalker] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Directory Walker] ページの[オプション(Options)] リストで、すべてのチェックボックスがオフになっていることを確認します。

ステップ 4 [ログ(Logging)] セクションで、出力ログ ファイルを格納する場所を入力します。

ステップ 5 [ログの詳細(Logging Detail)] の方法を選択します。[1 つもしくは複数のエラーを持つオブジェクトに関する情報にのみログする(Log Only Information About Objects with One or More Errors)] を選択することを推奨します。

ステップ 6 毎月の出力ログ ファイルをシステム管理者または特定のユーザに送信するには、[スケジュール(Schedule)] > [電子メール 通知(E-Mail Notification)] をクリックします。

ステップ 7 ユーザの有効な電子メール アドレスを入力し、[テストメッセージの送信(Send Test Message)] をクリックします。

ステップ 8 テスト用の電子メール メッセージが受信されたことを確認します。

ファイアウォールやその他のサイト セキュリティ対策により、電子メール メッセージが受信されない可能性があることに注意してください。

ステップ 9 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 10 [Directory Walker] ページで、[スケジュール(Schedule)] > [DbWalker 実行のスケジュール(Schedule DbWalker to Run)] をクリックします。

ステップ 11 [DbWalker スケジューラ(DbWalker Scheduler)] ウィンドウで、[Walk のスケジュール(Schedule Walk)] をクリックします。

ステップ 12 [OK] をクリックしてデフォルトのタスク名を受け入れるか、タスク名を入力します。

ステップ 13 [DbWalker] ウィンドウの [タスク(Tasks)] タブで、[実行する(Enabled)] チェックボックスをオンにし、サイトの必要性に応じて残りのフィールドに値を入力します。

ステップ 14 [スケジュール(Schedule)] タブをクリックして、[タスクのスケジュール:月単位(Schedule Tasks Monthly)] を選択し、サイトの必要性に応じて残りのフィールドに値を入力します。

ステップ 15 [設定(Settings)] タブをクリックし、サイトの必要性に応じてフィールドに値を入力します。

ステップ 16 [適用(Apply)] をクリックし、[OK] をクリックして、[閉じる(Close)] をクリックします。

DbWalker ユーティリティがスケジュールに従って実行されます。

ステップ 17 DbWalker ユーティリティが実行されたら、DbWalker の出力ログ ファイルを確認します。エラーと警告メッセージをすべて調べます。次の「DbWalker ユーティリティを(データベース修正のために)手動で実行する」の手順を実行し、さらに Cisco Unity Administratorを使用して、データベース内の情報の欠落や誤りをすべて解決します。


 

DbWalker ユーティリティを(データベース修正のために)手動で実行する


ステップ 1 Cisco Unity のデスクトップで、Cisco Unity が動作していることを確認し、[Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左ペインで、[診断ツール(Diagnostic Tool)] の [DbWalker] をダブルクリックします。

ステップ 3 [オプション(Options)] リストで、このユーティリティで実行する自動修正を選択します。

ステップ 4 [ログ(Logging)] セクションで、出力ログ ファイルについて格納場所と[ログの詳細(Logging Detail)] の方法を確認します。[1 つもしくは複数のエラーを持つオブジェクトに関する情報にのみログする(Log Only Information About Objects with One or More Errors)] を選択することを推奨します。

ステップ 5 [データベース レビュー(Walk Database)] をクリックします。

DbWalker ユーティリティが実行され、選択した自動修正がすべて行われます。

ステップ 6 DbWalker ユーティリティが実行されたら、出力ログ ファイルを確認します。エラーと警告メッセージをすべて調べます。Cisco Unity Administratorを使用して、データベース内の情報の欠落や誤りをすべて解決します。


 

Cisco Unity 8.x でのシステム クロックの更新

Cisco Unity サーバがネットワークに接続されている場合は、信頼できるタイム サーバを設定して、組織内のすべてのコンピュータが共通の時刻を使用するようにすることを推奨します。Microsoft 社のサポート Web サイトで、Microsoft サポート技術情報の記事 816042「How to Configure an Authoritative Time Server in Windows Server 2003」を参照してください。Cisco Unity サーバのシステム クロックが大幅に遅れている場合、ユーザは Cisco Unity によるメッセージ送信が遅延していると判断する可能性があります。さらに、Cisco Unity サーバのシステム クロックが、Cisco Unity サーバがディレクトリ更新を監視するドメイン コントローラのシステム クロックと同期化されていない場合、認証に失敗する可能性があります。このような状況では、一見無関係に思われるさまざまな現象が発生することがあります。たとえば、Cisco Unity サービス コンフィギュレーション ウィザード(Cisco Unity Services Configuration Wizard)が失敗する場合があります。

Cisco Unity サーバがネットワークに接続されていない場合は、毎月システム クロックを調べて、時刻のずれが 1 分以内であることを確認します。時刻を変更するには、[日付と時刻(Date/Time)] コントロール パネル(Windows の [スタート(Start)] メニューで、[設定(Settings)] > [コントロール パネル(Control Panel)] > [日付と時刻(Date/Time)] をクリック)を使用します。

システム クロックの時刻を変更した場合は、Cisco Unity サーバを再起動します。再起動しないと、Cisco Unity が正常に機能しない可能性があります。


) システム クロックが Windows によって自動的に夏時間にリセットされた場合、サーバを再起動する必要はありません。


Cisco Unity Administratorの使用中に、システム クロックの時刻を変更しないでください。変更すると、データの不一致が生じる可能性があります。これは、IIS のキャッシングに問題があるためです。この場合、新しい値が SQL Server データベースに書き込まれていますが、古い値がまだ IIS のキャッシュに残っています。そのため、Cisco Unity Administratorでは、実際は変更済みの値が変更されていないように見えます。

スケジュールに従った定期的な Cisco Unity 8.x サーバの再起動

ネットワークの構成によっては、Cisco Unity サービスが、ネットワーク上にある次のような他のいくつかのサーバの可用性に依存することがあります。

Unity システム メールボックスのホームとなるサーバ

Cisco Unity ユーザ メールボックスのホームとなるサーバ

Exchange パートナー サーバ

Cisco Unity サーバが所属しているドメインのドメイン コントローラ

Active Directory グローバル カタログ サーバ

Cisco Unified CM サーバ(Cisco Unity が Cisco Unified CM と連動している場合)

Cisco Unity セカンダリ サーバ(Cisco Unity がフェールオーバー用に設定されている場合)

ボイス コネクタがインストールされている Exchange サーバ

これらの各サーバの可用性、これらのサーバへのネットワーク接続、および Cisco Unity サーバ上の対応するコンポーネントがそれぞれ、Cisco Unity のサービスに影響を及ぼす可能性があります。

サーバまたはネットワーク デバイスをスケジュールに従って定期的に再起動する場合は、そのスケジュールに Cisco Unity サーバを含めてください。

Tools Depot から利用可能な Unity Schedule Restart ツールでは、Cisco Unity サーバの自動再起動、または Cisco Unity サービスだけの自動再起動をスケジューリングできます。Unity Schedule Restart ツールを使用して、Cisco Unity サーバの自動再起動をスケジューリングすることを推奨します。このツールを使用して、Cisco Unity の再起動に関連するアプリケーション イベント ログ エントリを表示することもできます。

Cisco Unity サーバの定期的な再起動をスケジューリングする

新しいスケジュールを作成するのではなく、既存のスケジュールを変更する場合は、タスクを削除してから、次の手順に示すように新しいタスクをスケジューリングしてください。


ステップ 1 Cisco Unity のデスクトップで、[Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左ペインで、[管理ツール(Administrative Tools)] の [Unity 再起動のスケジュール(Schedule Unity Restart)] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Scheduled Restart オプションの構成(Configure Scheduled Restart Options)] ウィンドウで、Cisco Unity サーバを再起動するか、Cisco Unity サービスだけを再起動するかを選択します。

個々のサービスを再起動するのではなく、Cisco Unity サーバを再起動することを推奨します。

ステップ 4 [再起動のスケジュール(Schedule Restart)] をクリックし、サイトの必要性に応じてフィールドに値を入力します。

ステップ 5 [保存して終了(Save and Exit)] をクリックします。


 

Cisco Unity 8.x でのメッセージ転送エージェントの監視

MTA(UnityMTA ディレクトリおよび UnityMTA¥Failed ディレクトリ)を定期的に監視して、メッセージが適切なユーザのホーム サーバに送信されていることを確認します。MTA のキューには、ネットワーク接続の切断、Exchange サーバのオフライン移行、または DNS の問題(送信元サーバまたはホーム サーバの名前を解決できない場合、メッセージをホーム サーバに送信できない)が原因で、ユーザのホーム サーバに送信されなかったメッセージが含まれることがあります。

Cisco Unity が MTA キューからメッセージを送信しようとするときに、ユーザのホーム サーバにアクセスはできても、何らかの原因(たとえば、メール サーバのディレクトリに RecipientAlias が存在しないなど)でメッセージの送信に失敗した場合、Cisco Unity はメッセージを UnityMTA¥Failed ディレクトリに移動し、再送信を試行しません。Failed ディレクトリにメッセージがある場合は、各メッセージのルーティング ファイル(拡張子 .txt)を調べて、失敗の原因を確認します。問題が修正されたと思われる場合は、メッセージ(TXT ルーティング ファイルと、対応する WAV オーディオ ファイルの両方)を手動で UnityMTA フォルダに戻すことができるため、Cisco Unity はメッセージの再送信を試行します。