Cisco Unity セキュリティ ガイド Microsoft Exchange版 Release 5.x
索引
Index
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

Index

A

ACE/Server の戻りコード  8-13

Anonymous 認証、Cisco Unity システム管理を使用する場合の動作  8-3

C

CA ルート証明書

エクスポート  10-10

ドメイン グループ ポリシーへの追加  10-10

CA ルート証明書のエクスポート  10-10

Cisco PCA

認証、動作  8-11

パスワード  8-11

パスワード、変更  9-7

不正アクセスの防止  8-12

Cisco Security Agent

詳細  4-2

ポリシー  4-2

Cisco Unified CM

Cisco Unity とのセキュリティ接続  6-1

Cisco Unity への接続に対する man-in-the-middle 攻撃  6-1

ID の盗用  6-1

コールシグナリングの改変  6-1

セキュリティ機能としてのシグナリングの暗号化  6-2

セキュリティ機能としてのシグナリングの認証  6-2

セキュリティ機能としてのデバイスの認証  6-2

セキュリティ機能としてのメディアの暗号化  6-3

セキュリティの問題  6-1

ネットワーク トラフィックのスニフィング(盗聴)  6-1

メディア(RTP)ストリームの改変  6-1

Cisco Unified CM 接続に対する man-in-the-middle 攻撃  6-1

Cisco Unified CM 接続の盗聴  6-1

Cisco Unified CM 接続のネットワーク トラフィックのスニフィング  6-1

Cisco Unity Inbox

ファイルにコピー オプションの使用不能化  11-22

プライベート メッセージの処理  11-2

Cisco Unity カンバセーション、不正アクセスの防止  9-6

Cisco Unity サーバ、保護  1-1

Cisco Unity システム管理

アクセス用アカウント  7-3

管理アカウントの使用の制限  7-3

サービス クラスを使用したアクセス制限  7-3

セキュリティ問題  7-3

適切なアカウントの使用  7-4

パスワード、変更  9-7

不正アクセスの防止  8-9

E

Exchange、保護  2-7

I

ID の盗用

Cisco Unified CM サーバ  6-1

Cisco Unity ボイスメール ポート  6-1

IIS

Cisco Unity システム管理およびステータス モニタで Anonymous 認証を使用するための設定  8-7

Cisco Unity システム管理およびステータス モニタで統合 Windows 認証を使用するための設定  8-5

Lockdown Wizard、Cisco Unity サーバのセキュリティの強化  2-5

統合 Windows 認証を使用するための設定  8-5

保護  2-5

Internet Explorer、保護  2-4

IP Phone

Cisco Unity との接続の保護  6-1

セキュリティの問題  6-1

ネットワーク トラフィックのスニフィング(盗聴)  6-1

M

Media Master、ファイルにコピーの使用不能化  11-22

Microsoft ソフトウェア、保護  2-1

MSDE 2000、保護  2-3

MSMQ、保護  2-7

N

NTLM 認証  8-2

R

RSA SecurID の概要  8-13

RTP ストリーム、改変の脅威  6-1

S

Secure Real Time Protocol(SRTP)  6-3

SQL Server 2000、保護  2-3

SSL

証明書、インストール  10-6

証明書、発行  10-5

証明書要求、送信  10-5

リダイレクション  10-12

T

TCP ポート、保護  1-7

Transport Layer Security(TLS)プロトコル  6-2

TUI

不正アクセスの防止  9-6

プライベート メッセージの処理  11-2

U

UDP ポート、保護  1-7

URLScan ツール、Cisco Unity サーバのセキュリティの強化  2-5

V

ViewMail、プライベート メッセージの処理  11-2

W

Windows

セキュリティ テンプレートの適用  1-2

セキュリティ ポリシーの適用  1-2

保護  1-2

Windows NT チャレンジ/レスポンス認証  8-2

アカウント、ログオン、パスワード、およびロックアウトの原則の定義  9-9

アカウントの原則

アカウント ロックアウト設定(電話アクセス)  9-11

電話パスワードの設定  9-10

暗号化

Cisco Unity での設定  6-4

シグナリングの保護のための使用  6-2

ベスト プラクティス  6-4

メディアの保護のための使用  6-3

安全なメッセージ機能

インストール  11-7

概要  11-3

制約  11-5

送信と受信  11-3

ユーザが期待できる内容の設定  11-5

イベント ログの設定、変更  1-4

オペレーティング システム、保護  1-2

拡張電話セキュリティ

ACE/Server の戻りコード  8-13

Cisco Unity グリーティング管理者、非互換性  8-14

サービス クラス設定  8-14

設定  8-14

監査ポリシー、変更  1-3

管理アカウント

Cisco Unity システム管理へのログオンに使用する  7-3

使用の制限  7-3

規制テーブル、使用上のベスト プラクティス  5-1

許可、CommServer ディレクトリにあるファイルの~の変更  1-4

原則

ログオン、パスワード、およびロックアウト  9-9

コールシグナリング、改変の脅威  6-1

サーバ

ID の盗用  6-1

保護  1-1

サービス、スタートアップの種類の変更  1-5

サービス パック、Microsoft ~のインストール  2-7

サービスのスタートアップの種類、変更  1-5

シスコ証明書信頼リスト(CTL)ファイル

シグナリングの認証での使用  6-2

デバイスの認証での使用  6-2

信頼されたルート ストア  10-9

セキュリティ アップデート、Microsoft ~のインストール  2-7

セキュリティ テンプレート、Windows、適用  1-2

セキュリティ ポリシー、Windows、適用  1-2

セキュリティ モードの設定

ベスト プラクティス  6-4

ボイスメール ポート  6-4

設定

Cisco Unity システム管理およびステータス モニタで Anonymous 認証を使用するための IIS の~  8-7

Cisco Unity システム管理およびステータス モニタで統合 Windows 認証を使用するための IIS の~  8-5

統合 Windows 認証を使用するための IIS の~  8-5

電話アクセス、アカウント ロックアウト原則  9-11

電話パスワード

デフォルト  9-6

電話不正利用  9-1

変更  9-8

保護  9-1

電話不正利用  9-1

アカウントの原則による防止  9-11

規制テーブルを使用した~の防止  5-1

統合 Windows 認証、Cisco Unity システム管理を使用する場合の動作  8-2

認証

Anonymous  8-3

Cisco Unity での設定  6-4

PCA のパスワード  8-11

概要  8-2

統合 Windows  8-2

ベスト プラクティス  6-4

パスワード

Cisco Unity システム管理にアクセスする場合の~の原則  9-9

TUI  9-2

Web アプリケーション  9-2

原則、Cisco Unity への電話アクセス  9-10

ファイアウォール、設定  3-1

ファイル許可、CommServer ディレクトリにあるファイルの~の変更  1-4

プライベート メッセージ、Cisco Unity による処理  11-2

変更

Cisco PCA のパスワード  9-7

Cisco Unity システム管理のパスワード  9-7

CommServer ディレクトリにあるファイルの許可  1-4

電話パスワード  9-8

ボイスメール ポート

セキュリティ モードの設定  6-4

Cisco Unified CM のセキュリティ機能  6-2

ID の盗用  6-1

ベスト プラクティス  6-4

ポート、ボイスメール

Cisco Unified CM のセキュリティ機能  6-2

ID の盗用  6-1

セキュリティ モードの設定  6-4

ベスト プラクティス  6-4

保護

Windows  1-2

パスワード  9-1

ポリシー

Cisco Security Agent  4-2

メディア ストリーム、改変の脅威  6-1

ユーザ権利、変更  1-3

ルート証明書、信頼されたルート ストアへの配布  10-9

ルート証明書の配布  10-9

ローカル セキュリティ ポリシー、変更  1-3, 1-4

ログオン、パスワード、およびロックアウトの原則の定義  9-9

ログオンの原則  9-9

ロックアウト

Cisco Unity システム管理にアクセスする場合の~の原則  9-9

原則、Cisco Unity への電話アクセス  9-11