Cisco Unity インストレーションガイド (Microsoft Exchange版) Release 4.0(3)
オプションのソフトウェアのインス トール
オプションのソフトウェアのインストール
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

オプションのソフトウェアのインストール

推奨されるサービス パックおよびアップデートのインストール

RSA SecurID のインストール

Symantec pcAnywhere のインストール

pcAnywhere に推奨されるコンフィギュレーション

その他のオプション ソフトウェアのインストール

オプションのソフトウェアのインストール

この章では、次のタスクを順序どおりに実行します。

1. 必要に応じて、推奨するサービス パックをインストールします。「推奨されるサービス パックおよびアップデートのインストール」を参照してください。

2. 必要に応じて、RSA SecurID をインストールします。「RSA SecurID のインストール」を参照してください。

3. 必要に応じて、Symantec pcAnywhere をインストールします。「Symantec pcAnywhere のインストール」を参照してください。

4. 必要に応じて、その他のオプションのソフトウェアをインストールします。「その他のオプション ソフトウェアのインストール」を参照してください。


注意 Outlook を Cisco Unity サーバ上にインストールしないでください。Cisco Unity サーバ上にインストールすると、Cisco Unity は、ユーザに新しいメッセージの到着を通知できません。

この章が完了したら、 第 1 章「Cisco Unity インストールに必要なタスクの概要」 に戻り、引き続き Cisco Unity システムを正しくインストールしてください。


) リスト内のタスクでは、『Cisco Unity インストレーション ガイド』およびその他の Cisco Unity マニュアルに記載されている詳細な手順を参照します。これらのドキュメントに従って、正しくインストールを完了してください。


推奨されるサービス パックおよびアップデートのインストール

サポートされているサービス パックとアップデートの詳細については、『 互換性マトリクス:必須および推奨のサードパーティ サービス パックとアップデート 』を参照してください。

Cisco Unity との使用を推奨されているオプションのサービス パックやアップデートをすべてインストールするように推奨します。まだこれらのサービス パックおよびアップデートをインストールしていない場合は、ここでインストールしてください。


) Cisco Unity が起動したら、インストール済みのサードパーティ製ソフトウェアとサービス パックのバージョン番号を使用して、Event ログ エントリが作成されます。Cisco Unity は、Event ログ エントリにバージョン番号を補足する製品名を提供します。ただし、Cisco Unity をリリースする間に製品の新しいバージョン(たとえば、サービス パック)がサポートされた場合は、Event ログ エントリにはそのソフトウェアの製品名は加えられません。サードパーティ製ソフトウェアの新しいバージョンに対する情報は、データベースに存在しないため、Cisco Unity は Event ログ エントリにその製品名を追加できません。


RSA SecurID のインストール

RSA SecurID のサポートされるバージョンについては、『 Cisco Unity 4.0 システム要件およびサポートされるハードウェアとソフトウェア 』を参照してください。

RSA SecurID のインストール手順については、製造元のマニュアルに従ってください。

では、RSA SecurID の設定のタイミングについて、以降のインストール手順の中で説明しています。

Symantec pcAnywhere のインストール

Symantec pcAnywhere のサポートされるバージョンについては、『 Cisco Unity 4.0 システム要件およびサポートされるハードウェアとソフトウェア 』を参照してください。

pcAnywhere のインストール手順については、製造元のマニュアルに従ってください。次の項、「 pcAnywhere に推奨されるコンフィギュレーション 」も参照してください。

Cisco Unity サーバには、Windows Terminal Services に加えて、このリモートアクセス ソフトウェアもインストールできます。Windows Terminal Services は、Windows 2000 に同梱されている、Cisco Unity サーバのデフォルトのリモートアクセス ソフトウェアです。pcAnywhere には外部モデムを使用してください。

pcAnywhere に推奨されるコンフィギュレーション

pcAnywhere を設定する際は、ビデオの問題、画面更新の問題、および pcAnywhere 切断後に起こりうるサーバ不応答の問題を防ぐために、次の 3 つの手順を順序どおりに実行することを推奨します。

サーバを再起動したときに、自動的に起動しないように pcAnywhere を設定する


ステップ 1 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム] >[Symantec pcAnywhere] をクリックします。

ステップ 2 pcAnywhere のツールバーの[ ホスト] をクリックします。

ステップ 3 [MODEM] アイコンまたはモデムとして構成されているホストを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

ステップ 4 [pcAnywhere ホスト のプロパティ]ダイアログボックスで[ 設定] タブをクリックします。

ステップ 5 [ホストの起動]セクションで、 [Windows の起動時に起動] チェックボックスをオフにします。

ステップ 6 [OK] をクリックし、[pcAnywhere ホスト のプロパティ]ダイアログボックスを閉じます。


 

pcAnywhere のビデオの問題を防ぐため、pcAnywhere のビデオ モードを変更することを推奨します(この問題については、Symantec Knowledge Base 記事 2001040615242112 に説明があります)。

pcAnywhere のビデオ モードを[互換性]に変更する


ステップ 1 pcAnywhere の[ツール]メニューで、 [オプション] をクリックします。

ステップ 2 [ホスト操作]タブで、[ビデオモードの選択]の[ 互換性] をクリックします。

ステップ 3 [OK] をクリックします。

ステップ 4 pcAnywhere を終了します。


 

マルチプロセッサのホスト コンピュータでの画面更新の遅延または不完全な更新を防ぐため、また、pcAnywhere 切断後に起こりうるサーバ不応答の問題を防ぐため、pcAnywhere を 1 つ以上の特定のプロセッサで動作するように設定するためのレジストリ エントリを追加することを推奨します(この問題については、Symantec Knowledge Base 記事 199861984643 に説明があります)。

pcAnywhere を特定のプロセッサ上で動作するように設定する場合、サーバへのアクセス者数が最も多い時間帯にユーザが pcAnywhere を使用すると、Cisco Unity サーバ上のパフォーマンスに影響が出ることがありますので、注意してください。

1 つまたは複数の特定のプロセッサで動作するように pcAnywhere を設定する


ステップ 1 Regedit を起動します。


注意 不正なレジストリ キーの変更や、不正な値の入力によって、サーバが起動しなくなることがあります。レジストリを編集する前に、問題発生時のレジストリの復元方法を確認してください(レジストリ エディタ ヘルプの「復元」項目を参照してください)。Cisco Unity フェールオーバーの場合、レジストリ変更は複製されないため、一方の Cisco Unity サーバで行ったレジストリ変更は、他方の Cisco Unity サーバに対して手動で行う必要があることに注意してください。レジストリ キー設定の変更に関するご質問は、Cisco TAC にお問い合せください。

ステップ 2 レジストリの現在のバックアップがない場合は、 [レジストリ] >[レジストリ ファイルの書き出し] をクリックしてから、ファイルにレジストリ設定を保存します。

ステップ 3 次のキーを展開します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Symantec\pcANYWHERE\CurrentVersion\Host

ステップ 4 ProcessorMask という名前の DWORD 値を追加し、使用するプロセッサに従って値を設定します(たとえば、2 番目のプロセッサ上で pcAnywhere を実行するには、ProcessorMask を 2 にします)。

 

0

すべてのプロセッサ

1

最初のプロセッサ

2

2 番目のプロセッサ

4

3 番目のプロセッサ

8

4 番目のプロセッサ

pcAnywhere を複数のプロセッサ上で実行するには、ProcessorMask の値を、対応する値の合計値になるように設定します(たとえば、pcAnywhere を 3 番目および 4 番目のプロセッサで動作するようにするには、ProcessorMask の値を 12[4 + 8]に設定します)。

ステップ 5 pcAnywhere ホスト サービスを停止して再起動するか、または Cisco Unity サーバを再起動します。


 

その他のオプション ソフトウェアのインストール

サポートされるソフトウェアについては、『 Cisco Unity 4.0 システム要件およびサポートされるハードウェアとソフトウェア 』を参照してください。

その他のオプション ソフトウェアのインストール手順については、製造元のマニュアルに従ってください。


注意 Outlook を Cisco Unity サーバ上にインストールしないでください。Cisco Unity サーバ上にインストールすると、Cisco Unity は、ユーザに新しいメッセージの到着を通知できません。