ボイス メッセージング構成での Cisco Unity インストレーション ガイド (フェールオーバー構成)
Cisco Unity 8.x 音声認識サーバのインス トールおよび構成
Cisco Unity 8.x 音声認識サーバのインストールおよび構成
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x 音声認識サーバのインストールおよび構成

8.x 音声認識サーバでのソフトウェアのインストール

8.x 音声認識ソフトウェアの構成

Cisco Unity 8.x 音声認識サーバのインストールおよび構成

次のタスク リストを参照して、音声認識サーバに音声認識ソフトウェアをインストールし、構成します。

ここでは、Cisco Unity のライセンスに音声認識機能が含まれており、新しい Cisco Unity システム用に音声認識サーバをインストールし、構成することを前提としています。既存の Cisco Unity システムに音声認識サーバを追加する場合は、『 Reconfiguration and Upgrade Guide for Cisco Unity 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/upgrade/guide/8xcurugx.html )の「Adding Features to the Cisco Unity 8.x System」の章の「Adding Voice Recognition」の項を参照してください。

1. 音声認識サーバを、ネットワーク接続に近く、ほこりのない、乾燥して温度の高くない場所に設置します。

2. ネットワーク ケーブルを音声認識サーバに接続します。

サーバにデュアル NIC が搭載されており、そのデュアル NIC を AFT または NFT 用に構成した場合は、ケーブルを必ずプライマリ NIC に接続します。または、有効化されている NIC に接続します。

3. 音声認識サーバにソフトウェアをインストールします。「Cisco Unity 8.x 音声認識サーバでのソフトウェアのインストール」を参照してください。

4. 音声認識ソフトウェアを構成します。「Cisco Unity 8.x 音声認識ソフトウェアの構成」を参照してください。

Cisco Unity 8.x 音声認識サーバでのソフトウェアのインストール

音声認識サーバにソフトウェアをインストールするには


ステップ 1 インストール用 CD をトレイに挿入し、サーバを再起動して、サーバが CD から起動するようにします。

ステップ 2 音声認識サーバに別のオペレーティング システムがすでにインストールされている場合は、エラー メッセージが表示されます。既存のファイル システムを上書きするオプションを選択します。

インストール アプリケーションでハード ディスク、BIOS、および RAID のチェックが実行され、必要に応じてシステム構成が更新されます。更新によって、システムの再起動が必要になることがあります。

ステップ 3 [パスワードの設定(Set Password)] ページで、ルート ユーザ用および cuadmin ユーザ用のパスワードを入力します。

ルート ユーザのアカウントは、コンソールへのアクセスに使用します。

cuadmin ユーザのアカウントは、次の手順で、Cisco Unity Administrator で音声認識を構成するときに指定します。このアカウントではコンソールにアクセスできません。

ステップ 4 [ネットワーク構成(Network Configuration)] ページで、適切な値を入力します。詳細については、ネットワーク管理者に問い合わせてください。


) 音声認識サーバには固定 IP アドレスを指定することを推奨します。


ステップ 5 [タイム ゾーン(Time Zone)] ページで、マシンの設置された場所と最も近いタイム ゾーンを選択します。

ステップ 6 [日付と時刻(Date/Time)] ページで、音声認識サーバのシステム クロックとネットワーク上の NTP サーバを同期させない場合は、現在の日付と時刻を指定します。

音声認識サーバのシステム クロックとネットワーク上の NTP サーバを同期させる場合は、次の手順を実行します。

a. [ネットワーク タイム プロトコルを有効にする(Enable Network Time Protocol)] チェックボックスをオンにします。

b. [追加(Add)] をクリックし、画面に表示される指示に従って、1 台以上の NTP サーバを追加します。

ステップ 7 画面に表示される指示に従って、インストールを完了します。


 

Cisco Unity 8.x 音声認識ソフトウェアの構成


注意 次の手順は勤務時間後に実行することを推奨します。音声認識サーバの構成では、Cisco Unity の再起動が必要です。

Cisco Unity Administrator で音声認識サーバを構成するには


ステップ 1 プライマリ サーバの Cisco Unity Administrator で、[コンフィギュレーション(Configuration)] > [音声認識(Voice Recognition)] > [ASR サーバ(ASR Servers)] ページに移動します。

ステップ 2 [音声認識サーバ(Voice Recognition Servers)] ページで、[サーバの追加(Add Server)] をクリックします。

ステップ 3 テーブルの [サーバ 1(Server 1)] 列で、次の設定値を入力します。

a. [IP アドレス(IP Address)] フィールドに、音声認識サーバの IP アドレスを入力します。

b. [サーバ ポート(Server Port)] フィールドに、音声認識サーバがリッスンするポートを入力します。通常は 4900 ポートになります。

c. [セッション制限(Session Limit)] フィールドに、Cisco Unity サーバで作成可能な、同時音声認識セッションの数を入力します。Cisco Unity サーバで構成されているボイスメール ポートの総数と、サポートされるセッションの最大数のうち、低い方の値を入力します(サポートされるセッションの最大数が、一部の Cisco Unity プラットフォーム オーバーレイでサポートされるポート数よりも少ないことがあります)。サポートされるセッション数の制限については、該当する『 Release Notes for Cisco Unity 』( http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_release_notes_list.html )の「Limitations and Restrictions」の「Voice-Recognition Session Limit」の項を参照してください。

d. [ログイン名(Login Name)] フィールドおよび [パスワード(Password)] フィールドに、ログイン名 cuadmin と、音声認識サーバにソフトウェアをインストールしたときに cuadmin アカウント用に指定したパスワードを入力します。[ログイン名(Login Name)] フィールドでは大文字と小文字が区別されます。このフィールドに cuadmin を入力するときは、すべて小文字を使用してください。

ステップ 4 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


) Cisco Unity では、複数の音声認識サーバの構成はサポートされません。


ステップ 5 Cisco Unity サーバを再起動します。

a. タスクバーのステータス領域にある Cisco Unity アイコンを右クリックします

(タスクバーに Cisco Unity アイコンがない場合は、CommServer ディレクトリに移動し、AvCsTrayStatus.exe をダブルクリックします)。

b. [Cisco Unity の停止(Stop Cisco Unity)] をクリックします。

c. [OK] をクリックして、Cisco Unity ソフトウェアを終了することを確認します。すべてのコールが終了すると Cisco Unity が停止し、Cisco Unity アイコンに「X」が表示されます。

d. Cisco Unity アイコン(または AvCsTrayStatus.exe)をもう一度右クリックし、[Cisco Unity の起動(Start Cisco Unity)] をクリックします。

Cisco Unity で音声認識サーバに情報を転送するのに、最長で 15 分かかります。この処理が完了するまで、名前の認識は機能しません。

ステップ 6 セカンダリ サーバで、ステップ 1ステップ 5 を繰り返します。