ボイス メッセージング構成での Cisco Unity インストレーション ガイド (フェールオーバー構成)
Exchange のインストールと Cisco Unity 8.x の Active Directory スキーマの拡張
Exchange のインストールと Cisco Unity 8.x の Active Directory スキーマの拡張
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2010/02/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Exchange のインストールと Cisco Unity 8.x の Active Directory スキーマの拡張

Exchange2003 のセカンダリ 8.x サーバへのインストール

8.x の Active Directory スキーマの拡張

8.x の組織単位およびメールボックス ストアの作成

Exchange のインストールと Cisco Unity 8.x の Active Directory スキーマの拡張

この章では、記載されている順序で次のタスクを実行します。

1. 必要に応じて Exchange を Cisco Unity サーバにインストールします。「Exchange 2003 のセカンダリ Cisco Unity 8.x サーバへのインストール」を参照してください。


タスク 2. は、フェールオーバー ペアにインストールする最初のサーバについてのみ実行します。


2. Cisco Unity の Active Directory スキーマを拡張します。「Cisco Unity 8.x の Active Directory スキーマの拡張」を参照してください。


) タスク 3. は、フェールオーバー ペアにインストールする最初のサーバについてのみ実行します。


3. ユーザと同報リストの Active Directory 組織単位、および必要に応じてメールボックス ストアを作成します。「Cisco Unity 8.x の組織単位およびメールボックス ストアの作成」を参照してください。

この章に記載されているタスクが完了したら、「Cisco Unity 8.x をインストールする際の必須タスクの概要」に戻り、Cisco Unity システムのインストールを続行します。


) ここに挙げられているタスクは、『Installation Guide for Cisco Unity』および Cisco Unity のその他の資料に記載されている詳細な手順を参照しています。資料に記載されている指示に従って、正しくインストールしてください。


Exchange 2003 のセカンダリ Cisco Unity 8.x サーバへのインストール

この項は 6 つの手順で構成されています。必要に応じて、これらの手順を記載されている順序で実行します。インストールの後半で、Cisco Unity と接続するパートナー Exchange サーバを指定します。

必要なサービスがインストールされ、有効になっていることを確認するには


ステップ 1 セカンダリ Cisco Unity サーバで、適切なアカウントを使用して Windows にログオンします。

セカンダリ Cisco Unity サーバがフォレストの最初の Exchange サーバの場合は、Schema Admins グループのメンバーのアカウントを使用してログオンします。

セカンダリ Cisco Unity サーバがフォレストの最初の Exchange サーバでない場合は、Domain Admins グループのメンバーのアカウントを使用してログオンします。

ステップ 2 Cisco Unity Message Store 2003 ディスクを DVD ドライブに挿入し、ルート ディレクトリに移動します。

Cisco Unity Message Store 2003 ディスクがネットワーク共有に置かれている場合は、次の考慮事項に注意してください。

他のサーバで認証してから操作を続行します。たとえば、Windows エクスプローラを起動してネットワーク共有に移動し、その場所にアクセスできる Active Directory アカウントのユーザ名およびパスワードを入力します。

Cisco Unity サーバで Internet Explorer セキュリティ強化が有効になっている場合は、Internet Explorer で、ネットワーク共有をローカルのイントラネット サイトとして追加します。

ステップ 3 Setup.exe を実行します。

ステップ 4 [Exchange Server 2003 セットアップへようこそ(Welcome to Exchange Server 2003 Setup)] ページで [Exchange デプロイメント ツール(Exchange Deployment Tools)] をクリックします。

ステップ 5 [Exchange Server デプロイメント ツールへようこそ(Welcome to the Exchange Server Deployment Tools)] ページで [最初の Exchange 2003 サーバの展開(Deploy the First Exchange 2003 Server)] をクリックします。

ステップ 6 [最初の Exchange 2003 サーバの展開(Deploy the First Exchange 2003 Server)] ページで [新しい Exchange 2003 のインストール(New Exchange 2003 Installation)] をクリックします。

ステップ 7 [新しい Exchange 2003 のインストール(New Exchange 2003 Installation)] ページで [Windows サービスの有効化(Enabling Windows Services)] をクリックします。

ステップ 8 「Windows Server 2003 でサービスを有効にするには」の手順を実行します。

ステップ 9 ステップ 8 の手順で Windows ディスクの挿入を求められた場合は、Windows ディスクを DVD ドライブから取り出して、Cisco Unity Message Store 2003 ディスクを挿入します。

ステップ 10 [Windows サービスの有効化(Enabling Windows Services)] ページで [戻る(Back)] をクリックし、[新しい Exchange 2003 のインストール(New Exchange 2003 Installation)] ページに戻ります。


 

次の手順、Exchange 2003 ForestPrep をセカンダリ Cisco Unity サーバで実行するにはは、セカンダリ Cisco Unity サーバがフォレストの最初の Exchange 2003 サーバである場合にのみ実行します。

Exchange 2003 ForestPrep をセカンダリ Cisco Unity サーバで実行するには


ステップ 1 すべてのドメイン コントローラがオンラインになっていることを確認します(Forestprep スキーマ更新は、ドメイン コントローラがオンラインになっている場合にのみレプリケートされます)。

ステップ 2 [新しい Exchange 2003 のインストール(New Exchange 2003 Installation)] ページで [今すぐ ForestPrep を実行(Run ForestPrep Now)] をクリックします。

Cisco Unity のマニュアルに従って Windows をインストールしているときに、現在のバージョンの Windows との互換性の問題を示すメッセージ ボックスが表示された場合は、[このメッセージを再び表示しない(Don't Display This Message Again)] チェックボックスをオンにして、[続行(Continue)] をクリックします。

ステップ 3 [Microsoft Exchange インストール ウィザードへようこそ(Welcome to the Microsoft Exchange Installation Wizard)] ページで [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 4 [使用許諾契約書(License Agreement)] ページで [同意します(I Agree)] をクリックし、[次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 5 [コンポーネントの選択(Component Selection)] ページで [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 6 画面に表示される指示に従って、ForestPrep を完了します。


 

次の手順、Exchange 2003 DomainPrep をセカンダリ Cisco Unity サーバで実行するにはは、Cisco Unity サーバがドメインの最初の Exchange 2003 サーバの場合にのみ実行します。

Exchange 2003 DomainPrep をセカンダリ Cisco Unity サーバで実行するには


ステップ 1 [新しい Exchange 2003 のインストール(New Exchange 2003 Installation)] ページで [今すぐ DomainPrep を実行(Run DomainPrep Now)] をクリックします。

ステップ 2 [Microsoft Exchange インストール ウィザードへようこそ(Welcome to the Microsoft Exchange Installation Wizard)] ページで [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 3 [使用許諾契約書(License Agreement)] ページで [同意します(I Agree)] をクリックし、[次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 4 [コンポーネントの選択(Component Selection)] ページで [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 5 画面に表示される指示に従って、DomainPrep を完了します。


 

Forestprep の実行により Active Directory スキーマに加えた変更がフォレスト全体にレプリケートされるまで、15 分間以上かかる場合があります。変更内容のレプリケートが完了してから Exchange をインストールする必要があります。

Exchange Server 2003 をセカンダリ Cisco Unity サーバにインストールするには


ステップ 1 [新しい Exchange 2003 のインストール(New Exchange 2003 Installation)] ページで [今すぐセットアップ プログラムを実行(Run Setup Now)] をクリックします。

ステップ 2 [Microsoft Exchange インストール ウィザードへようこそ(Welcome to the Microsoft Exchange Installation Wizard)] ページで [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 3 [使用許諾契約書(License Agreement)] ページで [同意します(I Agree)] をクリックし、[次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 4 [コンポーネントの選択(Component Selection)] ページで次の手順を実行します。

a. Microsoft Exchange メッセージングおよびコラボレーション サービス と、Microsoft Exchange システム管理ツールのインストールを選択します。

b. 必要に応じて、Exchange 2003 アプリケーション ファイルをインストールする場所にドライブとパスを変更します。「ファイルを置く Cisco Unity 8.x サーバ上の場所の決定」で書き留めたドライブの場所を指定します。

ステップ 5 [インストールの種類(Installation Type)] ページで [次へ(Next)] をクリックし、デフォルト値 [新しい Exchange 組織を作成する(Create a New Exchange Organization] を受け入れます。


注意 既存の Exchange 5.5 組織を結合またはアップグレードするオプションは選択しないでください。Exchange 5.5 はサポートされません。

ステップ 6 画面に表示される指示に従って、インストールを完了します。


 

次の手順を実行して、「Cisco Unity 8.x のインストールに必要なソフトウェアのダウンロード」を実行したときにダウンロードした Exchange Server 2003 サービス パックをインストールします。

最新の Exchange Server 2003 サービス パックをインストールするには


ステップ 1 現在のバージョンの Cisco Unity がリリースされた後に Exchange Server 2003 サービス パックの使用が認定された場合は、サービス パックをインストールしたときに印刷またはダウンロードした指示に従って操作します。次にステップ 7 に進みます。

Exchange Server 2003 サービス パックを Cisco Unity サービス パック ディスクからインストールしている場合は、ステップ 4 に進みます。

ステップ 2 Cisco Unity サービス パック ディスクがネットワーク共有に置かれている場合は、他のサーバで認証してから操作を続行します。たとえば、Windows エクスプローラを起動してネットワーク共有に移動し、その場所にアクセスできる Active Directory アカウントのユーザ名およびパスワードを入力します。

ステップ 3 Cisco Unity サーバで Internet Explorer セキュリティ強化が有効になっている場合は、ネットワーク共有をローカルのイントラネット サイトとして追加します。

ステップ 4 Cisco Unity サービス パック ディスクでディレクトリ Exchange_2003_SP<n>¥Setup¥I386 に移動し、 Update.exe をダブルクリックします。

ステップ 5 画面に表示される指示に従って、インストールを完了します。

ステップ 6 サーバを再起動します。

ステップ 7 まだ再起動していない場合は、パートナー Exchange サーバと、Cisco Unity ユーザのメールボックスが置かれているすべての Exchange 2003 でこの手順を繰り返します。


 

Exchange の最新の Microsoft 更新プログラムをインストールするには


ステップ 1 最新版の Cisco Unity Server Updates ウィザードで焼いたディスクを DVD ドライブに挿入します。

ステップ 2 ServerUpdatesWizard.exe を実行します。

ステップ 3 画面に表示される指示に従って、Exchange 更新プログラムのインストールを完了します。

ステップ 4 Cisco Unity サーバを再起動します。


 

Cisco Unity 8.x の Active Directory スキーマの拡張

Cisco Unity が適切に機能するためには、Active Directory スキーマにいくつかの変更を加える必要があります。スキーマ更新プログラムで実行される変更を確認するには、Cisco Unity DVD 1 のディレクトリ Schema¥LdifScripts に移動し、Avdirmonex2k.ldf ファイルを表示します。

Active Directory スキーマに加えた変更がフォレスト全体にレプリケートされるまで、15 分以上かかる場合があります。変更内容のレプリケートが完了してから Cisco Unity をインストールする必要があります。

Cisco Unity の Active Directory スキーマを拡張するには


ステップ 1 すべてのドメイン コントローラがオンラインになっていることを確認します(Active Directory スキーマ拡張は、ドメイン コントローラがオンラインになっている場合にのみレプリケートされます)。

ステップ 2 スキーマのマスター ロールを持つコンピュータ(通常は、フォレスト内の最初の DC/GC)で、Schema Admins グループのメンバーであるユーザとして Windows にログオンします。

ステップ 3 Cisco Unity DVD 1 でディレクトリ ADSchemaSetup に移動し、 ADSchemaSetup.exe をダブルクリックします。

ステップ 4 [アクティブ ディレクトリ スキーマ セットアップ(Active Directory Schema Setup)] ダイアログボックスで、[Exchange Directory Monitor] チェックボックスをオンにします。

ステップ 5 VPIM ネットワークまたは Cisco Unity Bridge ネットワークの使用を計画している場合は、該当するチェックボックスをオンにします。

ステップ 6 [OK] をクリックします。

ステップ 7 スキーマが拡張されると、Ldif.log ファイルと Ldif.err ファイルがデスクトップに保存されます。これらのファイルの内容を表示して、スキーマの拡張が適切に完了したことを確認します。


 

Cisco Unity 8.x の組織単位およびメールボックス ストアの作成

ユーザおよび同報リストは、指定した場所に作成されます。ユーザおよび同報リストをカスタム Organizational Units(OU; 組織単位)に作成する場合は、ここで OU を作成します。両方の OU が同じドメイン内にある必要がありますが、Cisco Unity サーバと同じドメイン内でなくてもかまいません。OU の作成については、Active Directory ユーザとコンピュータのヘルプを参照してください。

Cisco Unity Administrator で追加されたか、または CSV ファイルからインポートされた加入者用のデフォルトとして、カスタム メールボックス ストアを作成することもできます。カスタム メールボックス ストアの作成については、Exchange のヘルプを参照してください(インストールの後半で、メールボックス ストアを使用するように Cisco Unity を構成します)。

プライマリとセカンダリの両方の Cisco Unity サーバで、同じカスタム OU およびメールボックス ストアを使用する必要があります。