ボイス メッセージ コンフィギュレーションへの Cisco Unity インストレーション ガイド (フェールオーバーなし)
Cisco Unity 8.x ソフトウェアおよびサーバ の終了と起動
Cisco Unity 8.x ソフトウェアおよびサーバの終了と起動
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2010/02/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x ソフトウェアおよびサーバの終了と起動

8.x ソフトウェアの終了

8.x サーバのシャット ダウンまたは再起動

8.x ソフトウェアの起動

Cisco Unity 8.x ソフトウェアおよびサーバの終了と起動

この付録の構成は、次のとおりです。

「Cisco Unity 8.x ソフトウェアの終了」

「Cisco Unity 8.x サーバのシャット ダウンまたは再起動」

「Cisco Unity 8.x ソフトウェアの起動」

Cisco Unity 8.x ソフトウェアの終了

ここでは、Cisco Unity ソフトウェアを終了する 2 つの手順について説明します。Cisco Unity サーバから終了する方法と別のコンピュータから終了する方法です。


注意 Cisco Unity ソフトウェアを終了するときに、Kill av*.* は使用しないでください。Kill av*.* を実行しても、すべての Cisco Unity サービスは終了しません。

Cisco Unity ソフトウェアを終了する方法として、[サービス(Services)] ウィンドウまたは [コンポーネント サービス(Component Services)] ウィンドウを使用して AvCsMgr を終了しないでください。AvCsMgr を終了しても、すべての Cisco Unity サービスは終了しません。また、予期しない結果が発生する可能性があります。

Cisco Unity サーバから Cisco Unity ソフトウェアを終了するには


ステップ 1 システムに自動応答機能を使用する場合、すべてのコールはオペレータにルーティングされます。

ステップ 2 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity 管理アカウント、または別の Active Directory ドメイン アカウントを使用して、Windows にログインします。

ステップ 3 タスクバーのステータス領域にある Cisco Unity アイコンを右クリックします

(Cisco Unity アイコンがタスクバーにない場合、CommServer ディレクトリを参照し、AvCsTrayStatus.exe をダブルクリックします)。

ステップ 4 [Cisco Unity の終了(Stop Cisco Unity)] をクリックします。

ステップ 5 [OK] をクリックして、Cisco Unity ソフトウェアの終了を確認します。すべての通話が完了すると、Cisco Unity の実行は停止され、Cisco Unity アイコンに「×」が表示されます。

ステップ 6 Ctrl+Alt+Delete を押し、権限がないユーザからのアクセスを防ぐために、Windows をロックするか、ログオフします。


 

別のコンピュータから Cisco Unity ソフトウェアを終了するには


ステップ 1 システムに自動応答機能を使用する場合、すべてのコールはオペレータにルーティングされます。

ステップ 2 Cisco Unity Status Monitor が統合 Windows 認証を使用しない場合、ステップ 3 に進みます。

Cisco Unity Status Monitor が統合 Windows 認証を使用する場合、Status Monitor にアクセスするには次の手順を実行します。

a. Cisco Unity 管理アカウントまたは適切な Windows ドメイン アカウントを使用して、Windows にログインします。

b. Internet Explorer を起動し、 http://<Cisco Unity server name>/status にアクセスします。

c. Internet Explorer でユーザ名とパスワードの入力を求められたら、管理アカウントまたは Active Directory アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力します。

d. ステップ 5 に進みます。

ステップ 3 Cisco Unity Status Monitor が匿名認証を使用する場合、Status Monitor にアクセスするには次の手順を実行します。

a. ローカルでログインする権限を持つ Active Directory アカウントを使用して、Windows にログインします。

b. Internet Explorer を起動し、 http://<Cisco Unity server name>/status にアクセスします。

ステップ 4 [Cisco Unity ログイン(Cisco Unity Log On)] ページに、Cisco Unity 管理アカウントまたは Active Directory アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力し、[ログイン(Log On)] をクリックします。

ステップ 5 Cisco Unity Status Monitor の [Cisco Unity のシャット ダウン(Shutting Down Cisco Unity)] で、方法を選択します。

すべての通話が完了すると、Cisco Unity の実行は停止されます。

Cisco Unity は、音声メッセージを含む進行中の通話を中断し、すべての通話を切断し、実行を停止します。

ステップ 6 [シャット ダウン(Shut Down)] をクリックします。


 

Cisco Unity 8.x サーバのシャット ダウンまたは再起動


Cisco Unity サーバを再起動すると、すべての加入者メールボックスへの MAPI ログオンが完了するまで、メッセージ通知が遅延し、メッセージの待機が示されることがあります。加入者データベースのサイズによっては、MAPI のログインを完了するまでに数時間かかることもあります。


Cisco Unity システムにフェールオーバーが設定されている場合、Cisco Unity サーバのシャット ダウンまたは再起動前に、次の考慮事項に注意してください。

両方のサーバが実行中で、アクティブなサーバをシャット ダウンする場合、非アクティブなサーバがアクティブになります。

どちらのサーバも実行されていない場合、最初に起動したサーバがアクティブなサーバになります。

セカンダリ サーバがアクティブで自動フェイルバックに設定され、プライマリ サーバも実行中の場合、セカンダリ サーバはフェイルバック スケジュールに基づいてフェイルバックを試行します。

Cisco Unity サーバをシャットダウンまたは再起動するには


ステップ 1 Cisco Unity ソフトウェアが実行中の場合は終了します。このとき、「Cisco Unity 8.x ソフトウェアの終了」のいずれかの手順を使用します。

ステップ 2 Windows の [スタート(Start)] メニューで、[シャットダウン(Shut Down)] をクリックします。

ステップ 3 [シャットダウン(Shut Down)] または [再起動(Restart)] をクリックします。再起動時に、Cisco Unity ソフトウェアは自動的に起動します。

Cisco Unity が正常に起動すると、3 つのトーンが再生され、タスクバーのステータス領域の Cisco Unity アイコンにチェック マークが表示されます。

Cisco Unity が正常に起動すると、2 つのトーンが再生され、タスクバーのステータス領域の Cisco Unity アイコンに「×」が表示されます。


 

Cisco Unity 8.x ソフトウェアの起動

ここでは、Cisco Unity ソフトウェアを起動する 2 つの手順について説明します。Cisco Unity サーバから起動する方法と別のコンピュータから起動する方法です。

Cisco Unity は、サーバを起動または再起動したときに、自動的に開始するように設定された Windows サービスです。Cisco Unity ソフトウェアを終了し、サーバを再起動しない場合にだけ、この項の手順のいずれかを実行します。

Cisco Unity ソフトウェアを起動する前に、パートナー Exchange サーバで Exchange が実行されている必要があります。パートナー Exchange サーバは Cisco Unity サーバなど、設定によって異なります。

Cisco Unity の実行中に何らかの理由で Exchange が停止している場合、Cisco Unity はメッセージの受信を継続します。

Cisco Unity サーバから Cisco Unity ソフトウェアを起動するには


ステップ 1 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity 管理アカウント、または別の Active Directory ドメイン アカウントを使用して、Windows にログインします。

ステップ 2 タスクバーのステータス領域にある Cisco Unity アイコンを右クリックします

(Cisco Unity アイコンがタスクバーにない場合、CommServer ディレクトリを参照し、 AvCsTrayStatus.exe をダブルクリックします)。

ステップ 3 [Cisco Unity の開始(Start Cisco Unity)] をクリックします。

Cisco Unity が正常に起動すると、3 つのトーンが再生され、Cisco Unity アイコンにチェック マークが表示されます。

Cisco Unity が正常に起動すると、2 つのトーンが再生され、Cisco Unity アイコンに「×」が表示されます。

ステップ 4 Ctrl+Alt+Delete を押し、権限がないユーザからのアクセスを防ぐために、Windows をロックするか、ログオフします。

ステップ 5 システムに自動応答機能を使用し、コールをオペレータにルーティングしてから Cisco Unity ソフトウェアを終了する場合、コールを Cisco Unity に再ルーティングします。


 

別のコンピュータから Cisco Unity ソフトウェアを起動するには


ステップ 1 Cisco Unity Status Monitor が統合 Windows 認証を使用しない場合、ステップ 2 に進みます。

Cisco Unity Status Monitor が統合 Windows 認証を使用する場合、Status Monitor にアクセスするには次の手順を実行します。

a. Cisco Unity 管理アカウントまたは別の Active Directory ドメイン アカウントを使用して、Windows にログインします。

b. Internet Explorer を起動し、 http://<Cisco Unity server name>/status にアクセスします。

c. Internet Explorer でユーザ名とパスワードの入力を求められたら、Cisco Unity 管理アカウントまたは別の Active Directory アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力します。

d. ステップ 4 に進みます。

ステップ 2 Cisco Unity Status Monitor が匿名認証を使用する場合、Status Monitor にアクセスするには次の手順を実行します。

a. ローカルでログインする権限を持つドメイン アカウントを使用して、Windows にログインします。

b. Internet Explorer を起動し、 http://<Cisco Unity server name>/status にアクセスします。

ステップ 3 [Cisco Unity ログイン(Cisco Unity Log On)] ページに、Cisco Unity 管理アカウントまたは別の Active Directory アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力し、[ログイン(Log On)] をクリックします。

ステップ 4 Cisco Unity Status Monitor で、ページの上部にある [システム ステータス(System Status)] アイコン(最初のアイコン)をクリックします。

ステップ 5 [開始(Start)] をクリックします。

ステップ 6 システムに自動応答機能を使用し、コールをオペレータにルーティングしてから Cisco Unity ソフトウェアを終了する場合、コールを Cisco Unity に再ルーティングします。