ボイス メッセージ コンフィギュレーションへの Cisco Unity インストレーション ガイド (フェールオーバーなし)
Cisco Unity 8.x のインストール用アカウン トの作成および権限の付与
Cisco Unity 8.x のインストール用アカウントの作成および権限の付与
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2010/02/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x のインストール用アカウントの作成および権限の付与

8.x のインストールに必要なアカウント

8.x のインストールに使用するアカウント

8.x で へのアクセスに使用するアカウント

8.x サービスのログイン アカウント

8.x のインストールに必要なアカウントの作成

8.x 管理アカウントの Admins Group への追加

[権限(Permissions)] ウィザードによる 8.x の権限付与

8.x の Exchange 管理コントロールの委任

Cisco Unity 8.x のインストール用アカウントの作成および権限の付与

この章では、次のタスクを順番に実行します。

1. タスク 2. で作成するドメイン アカウントについて理解します。「Cisco Unity 8.x のインストールに必要なアカウント」を参照してください。

2. Cisco Unity のインストールに必須の該当するドメイン アカウントを作成します。「Cisco Unity 8.x のインストールに必要なアカウントの作成」を参照してください。

3. タスク 2. で Cisco Unity 管理アカウントを作成した場合 :ローカル Administrators グループ(Cisco Unity サーバがメンバ サーバの場合)、または Domain Admins グループ(Cisco Unity サーバがドメイン コントローラの場合)にアカウントを追加します。「Cisco Unity 8.x 管理アカウントの Admins Group への追加」を参照してください。

4. タスク 2. で作成したアカウントに権限を付与します。「[権限(Permissions)] ウィザードによる Cisco Unity 8.x の権限付与」を参照してください。

5. Exchange の管理コントロールを委任します。「Cisco Unity 8.x の Exchange 管理コントロールの委任」を参照してください。

この章の操作を完了したら、「Cisco Unity 8.x のインストールに必要なタスクの概要」に戻り、Cisco Unity システムのインストールを継続してください。


) これらのタスクの詳細な手順については、『Cisco Unity インストレーション ガイド』および他の Cisco Unity ドキュメントを参照してください。適切なインストールのためには、ドキュメントの説明に従ってください。


Cisco Unity 8.x のインストールに必要なアカウント

ここでは、Cisco Unity のインストールに必要な次のドメイン アカウントについて説明します。

「Cisco Unity 8.x のインストールに使用するアカウント」

「8.x で Cisco Unity Administrator へのアクセスに使用するアカウント」

「Cisco Unity 8.x サービスのログイン アカウント」


) 新しい Cisco Unity 8.x システムをインストールする操作、および以前のバージョンの Cisco Unity からアップグレードする操作には、同じアカウントが必要です。


Cisco Unity 8.x のインストールに使用するアカウント

インストール時に、Cisco Unity によって Active Directory および Exchange に複数の Cisco Unity オブジェクトが作成されます。そのため、Cisco Unity のインストールに使用する Windows のログイン アカウントには、必要な操作を実行できる権限が必要です。

1 つのサイトに複数の Cisco Unity サーバをインストールする場合、同じアカウントを使用して、すべてのサーバに Cisco Unity ソフトウェアをインストールすることをお勧めします。

8.x で Cisco Unity Administrator へのアクセスに使用するアカウント

Cisco Unity をインストールすると、Cisco Unity Administrator(ほとんどの管理タスクの実行に使用される Web サイト)へのアクセスに使用する Active Directory ドメイン アカウントを選択するように求められます。インストール時に、アカウントは、Cisco Unity Administrator にアクセスできるサービス クラスの Cisco Unity 加入者に自動的に関連付けられます(後で、Cisco Unity Administrator にもアクセスできる追加の Cisco Unity 加入者を作成できます)。

デフォルトで、Cisco Unity 管理アカウントはインストール アカウントです。インストール アカウント以外のアカウントを第 1 の Cisco Unity 管理アカウントに使用する場合、その用途のドメイン アカウントを新規に作成します。

Cisco Unity サーバがドメイン コントローラの場合、Cisco Unity 管理アカウントは Domain Admins グループのメンバである必要があります。Cisco Unity サーバがメンバ サーバの場合、Cisco Unity 管理アカウントはローカル Administrators グループのメンバである必要があります。この章の以降の手順で、該当するグループにアカウントを追加する方法について説明します。

Cisco Unity 8.x サービスのログイン アカウント

Cisco Unity のインストール時に、Cisco Unity サービスのログインに使用するドメイン アカウントを 3 つ選択するように求められます。

Cisco Unity ディレクトリ サービスのログイン アカウント。これらのサービスは、Cisco Unity SQL Server データベースの加入者データと同期しているディレクトリに、加入者データを維持します。

Cisco Unity メッセージ ストア サービスのログイン アカウント。このようなサービスの加入者は、電話ユーザ インターフェイスを使用して音声メッセージを送受信できます。

ローカル サービスのログイン アカウント。デフォルトで、ローカルの Cisco Unity サービスは、Local System アカウントとしてログインします。この設定は変更しないことをお勧めします。

ディレクトリ サービス アカウントに必要な権限は、メッセージ ストア サービス アカウントに必要な権限と競合するため、この 2 つのサービスに個別のアカウントを作成する必要があります。

1 つのサイトに複数の Cisco Unity サーバをインストールしている場合、すべてのサーバのディレクトリ サービスに 1 つのアカウント、およびすべてのサーバのメッセージ ストア サービスに別のアカウントを使用することをお勧めします。

Cisco Unity 8.x のインストールに必要なアカウントの作成

この項の手順には、Active Directory ユーザとコンピュータ(ADUC)が必要です。Cisco Unity サーバがドメイン コントローラの場合、ADUC はすでにインストールされています。ADUC がインストールされていない場合、次のいずれかを実行します。

Cisco Unity サーバに ADUC をインストールします。詳細については、Windows ヘルプを参照してください。

Cisco Unity サーバがあるドメインの場合、Active Directory ユーザとコンピュータがインストール済みのコンピュータ(ドメイン コントローラなど)を使用します。

Cisco Unity のインストール、管理、およびサービスのためにドメイン アカウントを作成するには


ステップ 1 Active Directory ユーザとコンピュータ がインストールされているサーバで、Domain Admins グループのメンバであるアカウントを使用して、Windows にログインします。

ステップ 2 Windows の [スタート(Start)] メニューで、[プログラム(Programs)] > [Microsoft Exchange] > [Active Directory ユーザとコンピュータ(Active Directory Users and Computers)] をクリックするか、[プログラム(Programs)] > [管理ツール(Administrative Tools)] > [Active Directory ユーザとコンピュータ(Active Directory Users and Computers)] をクリックします。

ステップ 3 左ペインで、ドメインを展開して、[ユーザ(Users)]、またはインストール アカウントを作成する組織ユニットを右クリックし、[新規作成(New)] > [ユーザ(User)] をクリックします。

ステップ 4 画面の指示に従い、インストール アカウントを作成します。Exchange メールボックスの作成はオプションです。


注意 これらのアカウントのセキュリティを改善するために、次のようにパスワードを指定することをお勧めします。
- 8 文字以上にします。
- 大文字、小文字、数字、および特殊文字(~ ! @ # $ % ^ * ' " , .: ; ? - _ ( ) [ ] { } + = / \ |)のうち、3 種類以上を 1 文字ずつ以上使用します。
- 1 つの文字を 4 回以上繰り返さないでください。
- アカウント名と前方一致または後方一致するパスワードを指定しないでください。
- 大文字または小文字の組み合わせにかかわらず、Cisco または Unity を含めないでください。

アカウントには次の名前を使用することをお勧めします。

 

インストール

UnityInstall

管理

UnityAdmin

Cisco Unity ディレクトリ サービスのログイン アカウント(ディレクトリ サービス アカウント)

UnityDirSvc

Cisco Unity メッセージ ストア サービスのログイン アカウント(メッセージ ストア サービス アカウント)

UnityMsgStoreSvc

ステップ 5 ステップ 3 およびステップ 4 を繰り返して、Cisco Unity 管理アカウント、ディレクトリ サービス アカウント、およびメッセージ ストア サービス アカウントを作成します。

Cisco Unity サービスのログイン アカウントの場合、パスワードが期限切れにならないようにします。パスワードが期限切れになると、次にサーバを再起動したときに Cisco Unity が動作しなくなります。

ステップ 6 Active Directory ユーザとコンピュータを閉じます。


 

Cisco Unity 8.x 管理アカウントの Admins Group への追加


Cisco Unity 管理アカウントを「Cisco Unity 8.x のインストールに必要なアカウントの作成」で作成しなかった場合、この項をスキップします。


ローカル Administrators グループ(Cisco Unity サーバがメンバ サーバの場合)、または Domain Admins グループ(Cisco Unity サーバがドメイン コントローラの場合)に、Cisco Unity 管理アカウントを追加する必要があります。

この項には 2 つの手順があります。実際のインストールに合わせていずれかを実行します。

Cisco Unity 管理アカウントをローカルの Administrators グループに追加するには(Cisco Unity サーバがメンバ サーバの場合に限定)


ステップ 1 Cisco Unity サーバの Windows の [スタート(Start)] メニューで、[プログラム(Programs)] > [管理ツール(Administrative Tools)] > [コンピュータの管理(Computer Management)] をクリックします。

ステップ 2 [コンピュータの管理 MMC(Computer Management MMC)] の左ペインで、[システム ツール(System Tools)] > [ローカル ユーザとグループ(Local Users and Groups)] を展開します。

ステップ 3 左ペインで、[グループ(Groups)] をクリックします。

ステップ 4 右ペインで、[管理者(Administrators)] をダブルクリックします。

ステップ 5 [管理者のプロパティ(Administrators Properties)] ダイアログ ボックスで、[追加(Add)] をクリックします。

ステップ 6 [ユーザまたはグループの選択(Select Users or Groups)] ダイアログ ボックスの [検索場所(Look In)] リストで、Cisco Unity サーバが属するドメイン名をクリックします。

ステップ 7 上部のリストにある Cisco Unity 管理アカウントの名前をダブルクリックします。名前は下部のリストに表示されます。

ステップ 8 [OK] をクリックして、[ユーザまたはグループの選択(Select Users or Groups)] ダイアログ ボックスを閉じます。

ステップ 9 [OK] をクリックして、[管理者のプロパティ( Administrators Properties)] ダイアログ ボックスを閉じます。

ステップ 10 [コンピュータ管理 MMC(Computer Management MMC)] をクリックします。


 

Cisco Unity 管理アカウントを Domain Admins グループに追加するには(Cisco Unity サーバがドメイン コントローラの場合に限定)


ステップ 1 Cisco Unity サーバで、Domain Admins グループのメンバであるアカウントを使用して、Windows にログインします。

ステップ 2 Windows の [スタート(Start)] メニューで、[プログラム(Programs)] > [Microsoft Exchange] > [Active Directory ユーザとコンピュータ(Active Directory Users and Computers)] をクリックするか、[プログラム(Programs)] > [管理ツール(Administrative Tools)] > [Active Directory ユーザとコンピュータ(Active Directory Users and Computers)] をクリックします。

ステップ 3 左ペインでドメインを展開し、[ユーザ(Users)] をクリックします。

ステップ 4 左ペインで、Cisco Unity 管理アカウントの名前をダブルクリックします。

ステップ 5 [メンバ(Member Of)] タブをクリックします。

ステップ 6 [追加(Add)] をクリックします。

ステップ 7 [グループの選択(Select Groups)] ダイアログ ボックスの上部のリストで、[Domain Admins] をダブルクリックします。名前は下部のリストに表示されます。

ステップ 8 [OK] をクリックして、[グループの選択(Select Groups)] ダイアログ ボックスを閉じます。

ステップ 9 [OK] をクリックして、[プロパティ(Properties)] ダイアログ ボックスを閉じます。


 

[権限(Permissions)] ウィザードによる Cisco Unity 8.x の権限付与

Cisco Unity の [権限(Permissions)] ウィザードは、Cisco Unity のリリースで頻繁に更新されます。ご使用のバージョンの Cisco Unity に該当する最新バージョンの [権限(Permissions)] ウィザードをダウンロードし、実行することをお勧めします。[権限(Permissions)] ウィザードは、 http://www.ciscounitytools.com/Applications/Unity/PermissionsWizard/Unity50/PW50.html で入手できます。

[権限(Permissions)] ウィザードを使用して権限を付与する方法については、使用している [権限(Permissions)] ウィザードのバージョンに含まれる [権限(Permissions)] ウィザードのヘルプ ファイル PWHelp_<language>.htm を参照してください。


注意 Windows ターミナル サービス(WTS)を使用して [権限(Permissions)] ウィザードを実行している場合、WTS セッションの終了時に PWDiag.Log ファイルは削除されます。保存するには、別の場所にコピーしてから、セッションを終了します。

[権限(Permissions)] ウィザードによって付与される権限のリストについては、[権限(Permissions)] ウィザードのヘルプ ファイル PWHelpPermissionsSet_<language>.htm を参照してください。

Cisco Unity 8.x の Exchange 管理コントロールの委任

Cisco Unity の [権限(Permissions)] ウィザードでは Exchange 管理コントロールを委任できないため、手動でコントロールを委任する必要があります。コントロールの委任については、[権限(Permissions)] ウィザードのヘルプ ファイル PWHelpExchange_<language>.htm を参照してください。