ボイス メッセージ コンフィギュレーションへの Cisco Unity インストレーション ガイド (フェールオーバーなし)
Cisco Unity 8.x システムのハードウェアの 設定
Cisco Unity 8.x システムのハードウェアの設定
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2010/02/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x システムのハードウェアの設定

8.x サーバの接続と周辺装置の接続

Cisco Unity 8.x システムのハードウェアの設定

この章では、Cisco Unity サーバを設定し、周辺装置を接続します。

この章の操作を完了したら、「Cisco Unity 8.x のインストールに必要なタスクの概要」に戻り、Cisco Unity システムのインストールを継続してください。


) これらのタスクの詳細な手順については、『Cisco Unity インストレーション ガイド』および他の Cisco Unity ドキュメントを参照してください。適切なインストールのためには、ドキュメントの説明に従ってください。


Cisco Unity8.x サーバの接続と周辺装置の接続

専用の無停電電源に Cisco Unity サーバを接続することをお勧めします。

シスコから購入した Cisco Unity サーバは、特定のハードウェア設定の場合に設定します。メモリ、テープ ドライブ、外部モデム、またはレール キットの追加を除き、サーバにハードウェアを追加または変更しないでください。

サーバを設定し、周辺装置を接続するには


ステップ 1 ほこりがなく乾燥した低温のエリアにサーバを設置します。該当する場合、次の考慮事項に注意してください。

ネットワーク接続の近くに Cisco Unity サーバを設置します。

Cisco Unity システムが、PIMG ユニットを使用して回線交換電話システムと統合されている場合、電話システムおよびネットワーク接続の近くに PIMG ユニットを設置します。


注意 必ず Cisco Unity との併用が推奨されている Microsoft サービス パックおよび更新プログラムをインストールしてから、サーバにネットワーク ケーブルを接続してください。Cisco Unity インストレーション ガイドでは、サービス パックおよび更新プログラムをインストールする必要があるとき、および後のインストール プロセスでネットワークに接続する必要があるときに注記します。

ステップ 2 サポートされる周辺装置をサーバに接続します。製造元のインストールおよびテストに関する指示に従います。