ボイス メッセージ コンフィギュレーションへの Cisco Unity インストレーション ガイド (フェールオーバーなし)
Cisco Unity 8.x のインストールの準備
Cisco Unity 8.x のインストールの準備
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2010/02/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x のインストールの準備

8.x のインストールに必要なドキュメントとツールの収集

8.x のインストールに必要なソフトウェアのダウンロード

8.x ソフトウェア

IBM ServerGuide ソフトウェア(IBM サーバおよび IBM 製の MCS サーバの場合だけ)

最新の PIMG ファームウェア

最新の Microsoft サービス パックおよび Server Updates ウィザード

8.x サーバ上のファイル場所の決定

Platform Overlay1 または Overlay2 サーバのファイルの場所

ドライブ サイズが 300 GB 未満である Platform Overlay3 サーバのファイルの場所

ドライブ サイズが 300 GB を超える Platform Overlay3 サーバのファイルの場所

Cisco Unity 8.x のインストールの準備

この章では、次のタスクを順番に実行します。

1. インストールに必要なドキュメントとツールを集めます。「Cisco Unity 8.x のインストールに必要なドキュメントとツールの収集」を参照してください。

2. インストールに必要なソフトウェアをダウンロードします。「Cisco Unity 8.x のインストールに必要なソフトウェアのダウンロード」を参照してください。

3. Cisco Unity システムのアプリケーション、ログ、およびデータベース ファイルの保存場所を決定し、記録します。「Cisco Unity 8.x サーバ上のファイル場所の決定」を参照してください。

この章の操作を完了したら、「Cisco Unity 8.x のインストールに必要なタスクの概要」に戻り、Cisco Unity システムのインストールを継続してください。


) これらのタスクの詳細な手順については、『Cisco Unity インストレーション ガイド』および他の Cisco Unity ドキュメントを参照してください。適切なインストールのためには、ドキュメントの説明に従ってください。


Cisco Unity 8.x のインストールに必要なドキュメントとツールの収集

Cisco Unity システムのインストールおよび設定には、次のアイテムが必要です。

次の Cisco Unity ドキュメントにアクセスします。

該当するバージョンの Cisco Unity のリリース ノート。

該当するバージョンの Cisco Security Agent for Cisco Unity のリリース ノート(該当する場合)。

実際の構成に適したバージョンの『 Installation Guide for Cisco Unity 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/correct_ig/8xcuigcrct.html のドキュメント『 Use the Installation Guide That Matches the Cisco Unity 8.x Configuration 』を参照してください)。

最新バージョンの 『 Software Installed by the Cisco Unity Server Updates Wizard 』。

Cisco Unity をインストールしているサーバの仕様( http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_data_sheets_list.html の『 Cisco Unity Supported Platforms List 』を参照してください)。

使用している電話システムの Cisco Unity 統合ガイド。

Cisco Unity を Cisco Unified Communications Manager と統合する場合、該当するバージョンの Cisco Unity-CM TSP のリリース ノート。

System Administration Guide for Cisco Unity 』。

Cisco Unity Digital Networking、AMIS または VPIM ネットワーキング、インターネット加入者、または信頼できるインターネット加入者(セキュア メッセージング用)を設定する場合、『 Networking Guide for Cisco Unity 』。

AMIS、Bridge、または VPIM Networking を設定する場合、該当するバージョンの Cisco Unity Voice Connector for Microsoft Exchange のリリース ノート。

Bridge Networking を設定する場合、該当するバージョンの Cisco Unity Bridge のリリース ノート、 『Installation Guide for Cisco Unity Bridge および『 Networking Guide for Cisco Unity Bridge 』。

Cisco Unity ドキュメントは、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/tsd_products_support_series_home.html で入手できます。

2 台のテスト電話機。

Cisco Unity 8.x のインストールに必要なソフトウェアのダウンロード

ここでは、Cisco Unity のインストールに必要なソフトウェアを示します。お使いの Cisco Unity DVD が、現在の出荷バージョンよりも古いバージョンの場合、この項に記載されているすべてのソフトウェアをダウンロードします。

次の考慮事項に注意してください。

ダウンロードには、合計で数 GB かかる可能性があります。高速インターネット接続が可能なコンピュータを使用し、コンピュータに十分なディスク空き容量があることを確認します。また、十分なディスク空き容量があるネットワーク ドライブにアクセス権があることを確認します。

ほとんどのダウンロード ファイルは、自己解凍式の実行可能ファイルです。ダウンロードが完了したら、更新プログラムを展開し、展開したファイルを保存した DVD を作成します。次に、ディスク空き容量を増やすために、ダウンロードした .exe ファイルを削除します。

ソフトウェアをダウンロードし、DVD を作成する手順の詳細については、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_release_notes_list.html の該当するリリース ノートの「Installation and Upgrade Information」の項を参照してください。


注意 推奨されるサービス パックおよび更新プログラムをすべてインストールし、オプションで Cisco Security Agent for Cisco Unity およびアンチウイルス ソフトウェアをインストールし終わるまで、Cisco Unity サーバにインストールされているサードパーティ コンポーネントはセキュリティが非常に脆弱な状態です。ソフトウェアをインストールするときに、Cisco Unity サーバをネットワークに接続しないでください。代わりに、ダウンロードしたソフトウェアを含む DVD を作成し、その DVD からソフトウェアをインストールします。

Cisco Unity ドキュメントには、ダウンロードしたソフトウェアをインストールするタイミングが記載されています。


) ソフトウェアのダウンロード ページにアクセスするには、登録ユーザとして Cisco.com にログインする必要があります。


どのようなインストール方法でも、次のソフトウェアをダウンロードします。最新出荷バージョンの Cisco Unity DVD を持っている場合でも、ソフトウェアをダウンロードすることをお勧めします。ディスクの作成後に、リリースまたは更新されている可能性があります。

Cisco Unity 8.x ソフトウェア


) すべてのインストールに必要な Cisco Unity Data Store ディスクはダウンロードできません。また、Cisco Unity Message Store 2003 ディスクもダウンロードできません。このディスクは、Exchange Server 2003 をメッセージ ストアとして使用するボイス メッセージ コンフィギュレーションに Cisco Unity をインストールするときに必要です。


次のように、最新出荷 Cisco Unity バージョンのディスク イメージをダウンロードします。

Cisco Unity インストール ディスク。

サーバにインストールする Cisco Unity 言語のディスク(米国英語以外)。米国英語は、すべてのシステムに自動インストールされます。

インストールしている Cisco Unity のバージョンに適した Cisco Unity 必須コンポーネント ディスク。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_release_notes_list.html の該当する 『Release Notes for Cisco Unity の「Downloading Software for Cisco Unity <Version>」の項を参照してください。

IBM ServerGuide ソフトウェア(IBM サーバおよび IBM 製の MCS サーバの場合だけ)

IBM サーバおよび IBM 製の Cisco MCS サーバにソフトウェアをインストールする場合、IBM ServerGuide ソフトウェアをダウンロードすることをお勧めします。IBM ServerGuide を使用すると、サーバ モデルと、インストールされているハードウェア デバイス(オプション)が検出されます。また、更新されたデバイス ドライバが提示されたり、場合によってはドライバが自動インストールされたりします。

IBM ServerGuide ソフトウェアをダウンロードするには


ステップ 1 Cisco MCS サーバにソフトウェアをインストールする場合、『 Cisco Unity Supported Platforms List 』を参照すると対応する IBM の型番を判断できます。また、ダウンロードする IBM ServerGuide のバージョンがわかります。『 Cisco Unity Supported Platforms List 』は、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_data_sheets_list.html にあります。

IBM ブランドのサーバにソフトウェアをインストールする場合、IBM の型番を確認します。

ステップ 2 http://www.ibm.com/systems/management/serverguide/sub.html を参照してください。

ステップ 3 [IBM Service and Support Site] をクリックします。

ステップ 4 画面の指示に従って、使用している IBM サーバの ServerGuide Setup and Installation CD のイメージをダウンロードします。


 

最新の PIMG ファームウェア

電話システムの統合に PIMG ユニットが含まれる場合、最新の PIMG ファームウェアをダウンロードします。最新ファームウェアをダウンロードする手順については、該当するCisco Unity インテグレーション ガイドの「Setting up the PIMG Units」の項を参照してください。統合ガイドは、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_installation_and_configuration_guides_list.html で入手できます。

最新の Microsoft サービス パックおよび Cisco Unity Server Updates ウィザード

次のソフトウェアをダウンロードします。

Cisco Unity サーバに Microsoft ソフトウェアをインストールしている場合、最新のサービス パックよりも後に Cisco Unity が出荷されている場合は、そのサービス パックを Cisco Unity と併用することをお勧めします。サービス パックをダウンロードし、Microsoft Web サイトのインストール手順をダウンロードまたは印刷します。

推奨されるサービス パックのリストについては、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/requirements/8xcusysreq.html の『 System Requirements for Cisco Unity 』の「Recommended Service Packs--Cisco Unity Server」の項を参照してください。

最新の Cisco Unity Server Updates ウィザードでは、Windows、Exchange、および Cisco Unity との併用が推奨される SQL Server、SQL Server Express、または MSDE の最新更新プログラムが自動インストールされます。また、オプションで最新バージョンの Cisco Security Agent for Cisco Unity も自動インストールされます。

Microsoft 更新プログラムのダウンロード手順と情報、および Server Updates ウィザードでインストールされる Cisco Security Agent for Cisco Unityのバージョンについては、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_installation_guides_list.html の「 Software Installed by the Cisco Unity Server Updates Wizard 」を参照してください。

Cisco Unity 8.x サーバ上のファイル場所の決定

Cisco Unity サーバのプラットフォーム オーバーレイおよび RAID 設定、および Exchange を個別のサーバにインストールするか Cisco Unity サーバにインストールするかによって、次のように後で Cisco Unity インストール ガイドで行う選択肢が決まります。

市販の Windows ディスクを使用して Windows をインストールする場合、手動でパーティションを設定します(Cisco Unity Platform Configuration ディスクを使用して Windows をインストールした場合、パーティションは自動的に設定されます)。

アプリケーション、ログ、およびデータベース ファイルのインストールに選択した場所。

アプリケーション セクションを使用して、インストールしている Cisco Unity サーバのファイルの場所を書き留めます。

「Platform Overlay 1 または Overlay 2 サーバのファイルの場所」

「ドライブ サイズが 300 GB 未満である Platform Overlay 3 サーバのファイルの場所」

「ドライブ サイズが 300 GB を超える Platform Overlay 3 サーバのファイルの場所」

これらの推奨事項に従うと、次の利点があります。

パフォーマンス、データ整合性、および Cisco Unity、Microsoft Exchange、および SQL Server、SQL Server Express、または MSDE のトランザクション ログの信頼性が最大になります。

Cisco Unity データのパフォーマンス、データ ストレージ、およびアクセス容量が最大になります。

Platform Overlay、RAID 構成、Cisco Unity 加入者の最大数、および Cisco Unity をインストールするサーバのその他の情報については、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_data_sheets_list.html の「 Cisco Unity Supported Platforms List 」を参照してください。

Cisco Unity インストレーション ガイド 』では、後のインストール プロセスでファイルの場所を確認する必要があるときに注記します。

Platform Overlay 1 または Overlay 2 サーバのファイルの場所

表 2-1 に、Cisco Unity Platform Overlay 1 サーバのファイルの場所を示します。


) システム パーティションであるドライブ C: を除き、パーティションへのラベルに異なる文字が使用されることがあります。


 

表 2-1 Platform Overlay 1 または Overlay 2 サーバのファイルの場所

パーティション
Cisco Unity サーバ上の Exchange とともにあるファイル
別のサーバ上の Exchange とともにあるファイル

C

オペレーティング システム

ページファイル

ポート数が 32 以下のシステムの場合:SQL Server 2005 Express または MSDE 2000 プログラム ファイル(SQL Server 2005 Express および MSDE 2000 プログラム ファイルのデフォルト パーティションはドライブ C: であり、変更できません)

オペレーティング システム

ページファイル

ポート数が 32 以下のシステムの場合:SQL Server 2005 Express または MSDE 2000 プログラム ファイル(SQL Server 2005 Express および MSDE 2000 プログラム ファイルのデフォルト パーティションはドライブ C: であり、変更できません)

D

Cisco Unity、Exchange を含むプログラム ファイル、およびポート数が 32 を超えるシステムの場合は SQL Server 2005 または SQL Server 2000

Exchange データベースおよびトランザクション ログ

SQL Server 2005、SQL Server 2000、SQL Server 2005 Express、または MSDE 2000 データベースおよびトランザクション ログ

Unity Message Repository(UMR)

Cisco Unity トレース ログ

Cisco Unity を含むプログラム ファイル、およびポート数が 32 を超えるシステムの場合は SQL Server 2005 または SQL Server 2000

SQL Server 2005、SQL Server 2000、SQL Server 2005 Express、または MSDE 2000 データベースおよびトランザクション ログ

Unity Message Repository(UMR)

Cisco Unity トレース ログ

ドライブ サイズが 300 GB 未満である Platform Overlay 3 サーバのファイルの場所

表 2-2 に、Exchange を別のサーバにインストールする場合で、各ドライブのサイズが 300 GB 未満の Cisco Unity Platform Overlay 3 サーバについて、ファイルの場所を示します。 表 2-3 に、Exchange を Cisco Unity サーバにインストールする場合で、各ドライブのサイズが 300 GB 未満の Cisco Unity Platform Overlay 3 サーバについて、ファイルの場所を示します。


) システム パーティションであるドライブ C: を除き、パーティションへのラベルに異なる文字が使用されることがあります。


 

表 2-2 ドライブ サイズが 300 GB 未満である Platform Overlay 3 サーバのファイルの場所(別のサーバに Exchange)

ディスク アレイ
パーティション
ファイル

第 1

C

オペレーティング システム

ページファイル

ポート数が 32 以下のシステムの場合:SQL Server 2005 Express または MSDE 2000 プログラム ファイル(SQL Server 2005 Express および MSDE 2000 プログラム ファイルのデフォルト パーティションはドライブ C: であり、変更できません)

第 1

D

Cisco Unity を含むプログラム ファイル、およびポート数が 32 を超えるシステムの場合は SQL Server 2005 または SQL Server 2000

SQL Server 2005、SQL Server 2000、SQL Server 2005 Express、または MSDE 2000 トランザクション ログ

Cisco Unity トレース ログ

第 2

E

SQL Server 2005 または SQL Server 2000 データベース

Unity Message Repository(UMR)

 

表 2-3 Platform Overlay 3 サーバのファイルの場所(Cisco Unity サーバ上に Exchange)

ディスク アレイ
パーティション
ファイル

第 1

C

オペレーティング システム

ページファイル

ポート数が 32 以下のシステムの場合:SQL Server 2005 Express または MSDE 2000 プログラム ファイル(SQL Server 2005 Express および MSDE 2000 プログラム ファイルのデフォルト パーティションはドライブ C: であり、変更できません)

第 1

D

Cisco Unity、Exchange を含むプログラム ファイル、およびポート数が 32 を超えるシステムの場合は SQL Server 2005 または SQL Server 2000

Cisco Unity トレース ログ

第 2

E

Exchange トランザクション ログ

SQL Server 2005、SQL Server 2000、SQL Server 2005 Express、または MSDE 2000 トランザクション ログ

第 3

F

Exchange データベース

SQL Server 2005、SQL Server 2000、SQL Server 2005 Express、または MSDE 2000 データベース

Unity Message Repository(UMR)

ドライブ サイズが 300 GB を超える Platform Overlay 3 サーバのファイルの場所

表 2-4 に、Exchange を別のサーバにインストールする場合で、各ドライブのサイズが 300 GB を超える Cisco Unity Platform Overlay 3 サーバについて、ファイルの場所を示します。 表 2-5 に、Exchange を Cisco Unity サーバにインストールする場合で、各ドライブのサイズが 300 GB を超える Cisco Unity Platform Overlay 3 サーバについて、ファイルの場所を示します。


) システム パーティションであるドライブ C: を除き、パーティションへのラベルに異なる文字が使用されることがあります。


 

表 2-4 ドライブ サイズが 300 GB 未満を超える Platform Overlay 3 サーバのファイルの場所(別のサーバに Exchange)

ディスク アレイ
パーティション
ファイル

第 1

C

オペレーティング システム

ページファイル

ポート数が 32 以下のシステムの場合:SQL Server 2005 Express または MSDE 2000 プログラム ファイル(SQL Server 2005 Express および MSDE 2000 プログラム ファイルのデフォルト パーティションはドライブ C: であり、変更できません)

第 1

D

Cisco Unity を含むプログラム ファイル、およびポート数が 32 を超えるシステムの場合は SQL Server 2005 または SQL Server 2000

Cisco Unity トレース ログ

第 1

E

SQL Server 2005、SQL Server 2000、SQL Server 2005 Express、または MSDE 2000 トランザクション ログ

第 2

F

SQL Server 2005、SQL Server 2000、SQL Server 2005 Express、または MSDE 2000 データベース

Unity Message Repository(UMR)

 

表 2-5 ドライブ サイズが 300 GB 未満を超える Platform Overlay 3 サーバのファイルの場所(Cisco Unity サーバに Exchange)

ディスク アレイ
パーティション
ファイル

第 1

C

オペレーティング システム

ページファイル

ポート数が 32 以下のシステムの場合:SQL Server 2005 Express または MSDE 2000 プログラム ファイル(SQL Server 2005 Express および MSDE 2000 プログラム ファイルのデフォルト パーティションはドライブ C: であり、変更できません)

第 1

D

Cisco Unity、Exchange を含むプログラム ファイル、およびポート数が 32 を超えるシステムの場合は SQL Server 2005 または SQL Server 2000

Cisco Unity トレース ログ

第 1

E

Exchange トランザクション ログ

SQL Server 2005、SQL Server 2000、SQL Server 2005 Express、または MSDE 2000 トランザクション ログ

第 3

F

Exchange データベース

SQL Server 2005、SQL Server 2000、SQL Server 2005 Express、または MSDE 2000 データベース

Unity Message Repository(UMR)