Cisco Unity インストレーションガイド (Lotus Domino版) Release 4.0(2)
メッセージ ストア クライアン トの設定
メッセージ ストア クライアントの設定
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

メッセージ ストア クライアントの設定

サーバに Lotus Notes をインストール

メッセージ ストア クライアントの設定

この章では、次のタスクを実行します。

1. Cisco Unity サーバに Lotus Notes をインストールし、設定します。「Cisco Unity サーバに Lotus Notes をインストール」を参照してください。

この章の作業が完了したら、ご使用のプラットフォーム タイプに応じたタスク リストに戻って、正しい手順で Cisco Unity システムのインストールを継続してください。

「Cisco Unity を適合サーバ上にインストールするためのタスク リスト」

「Cisco ICS 7750 に Cisco Unity をインストールするためのタスク リスト」


) リスト内のタスクでは、『Cisco Unity インストレーション ガイド』およびその他の Cisco Unity マニュアルに記載されている詳細な手順を参照します。これらのドキュメントに従って、正しくインストールを完了してください。


Cisco Unity サーバに Lotus Notes をインストール


) ここでは、Cisco Unity システムがインストールされる前に、メッセージ ストア環境が設定されて動作していることを前提にしています。


次の 2 つの手順を順番に実行します。

Lotus Notes を Cisco Unity サーバにインストールする


ステップ 1 Cisco Unity サーバ上で、IBM Lotus Notes の CD を CD-ROM ドライブに挿入します。

ステップ 2 Lotus Notes ディレクトリを参照し、 Setup.exe をダブルクリックします。

ステップ 3 画面の指示に従います。

ステップ 4 プログラムとデータの両方のフォルダについて、配置先フォルダを指定するように求められたら、「Cisco Unity システム ファイルの配置先ドライブの決定」で書き留めておいたバイナリ ファイル用の配置先ドライブを使用します。

ステップ 5 [次へ]をクリックします。

ステップ 6 ノーツ クライアント ]を選択し、[次へ]をクリックします。

ステップ 7 画面の指示に従います。

ステップ 8 置き換えられるファイルが読み取り専用であることを警告するメッセージが表示された場合、[次から表示しない]チェックボックスをオンにし、[いいえ]をクリックします。

ステップ 9 [完了]をクリックします。


 

Cisco Unity アカウントを使用するように Lotus Notes を設定する


ステップ 1 Cisco Unity サーバの Windows の[スタート メニュー]で、[ プログラム >[ロータス アプリケーション >[ ノーツ クライアント ]をクリックします。

ステップ 2 [接続の設定]画面で、[次へ]をクリックします。

ステップ 3 [ドミノ サーバーへ接続する]をクリックし、[次へ]をクリックします。

ステップ 4 [ローカルエリアネットワーク(LAN)への接続を設定]をクリックし、[次へ]をクリックします。

ステップ 5 Cisco Unity アカウントを作成した Domino サーバの名前を入力し、[次へ]をクリックします。

ステップ 6 [ファイルで供給されたノーツユーザーID を使用]をクリックします。

ステップ 7 Cisco Unity アカウント ファイルが保存されているディレクトリ(Domino サーバまたはフロッピー ディスク ドライブに挿入されているフロッピー ディスク上にあるディレクトリ)を参照し、Unity ID ファイルをダブルクリックします。

ステップ 8 ローカルにコピーするには[はい]をクリックし、[次へ]をクリックします。

ステップ 9 画面の指示に従い、設定を完了します。

ステップ 10 [完了]をクリックします。

ステップ 11 [パスワードの入力]ダイアログボックスが表示された場合、Cisco Unity アカウントのパスワードを入力します。

ステップ 12 [セットアップ終了]ダイアログボックスで、 [OK]をクリックします。

ステップ 13 Lotus Notes を終了します。