Cisco Unity リコンフィギュレーション アップグレード ガイド (IBM Lotus Domino 版)
Cisco Unity ソフトウェアとサーバの 終了および起動
Cisco Unity ソフトウェアとサーバの終了および起動
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity ソフトウェアとサーバの終了および起動

Cisco Unity ソフトウェアの終了

Cisco Unity サーバのシャットダウンまたは再起動

Cisco Unity ソフトウェアの起動

Cisco Unity ソフトウェアとサーバの終了および起動

この付録は、次の項で構成されています。

「Cisco Unity ソフトウェアの終了」

「Cisco Unity サーバのシャットダウンまたは再起動」

「Cisco Unity ソフトウェアの起動」

Cisco Unity ソフトウェアの終了

この項では、Cisco Unity ソフトウェアを Cisco Unity サーバから終了する場合と、別のコンピュータから終了する場合の 2 つの手順を説明します。


注意 Cisco Unity ソフトウェアの終了に、Kill av*.* を使用しないでください。Kill av*.* では、すべての Cisco Unity サービスが停止するとは限りません。

Cisco Unity ソフトウェアの終了方法として[サービス]ウィンドウまたは[コンポーネント サービス]画面を使用して AvCsMgr を停止しないでください。AvCsMgr を停止しても、すべての Cisco Unity サービスが停止するとは限らないため、予期しない結果になる可能性があります。

Cisco Unity サーバから Cisco Unity ソフトウェアを終了する


ステップ 1 システムで自動案内を使用している場合は、すべての電話がオペレータに転送されます。

ステップ 2 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity 管理アカウントまたは適切な Windows ドメイン アカウントを使用して Windows にログオンします。

ステップ 3 タスクバーのステータス領域にある [Cisco Unity] アイコンを右クリックします。

[Cisco Unity]アイコンがタスクバーにない場合は、 CommServer ディレクトリを参照し、 AvCsTrayStatus.exe をダブルクリックします。

ステップ 4 [Unity 停止] をクリックします。

ステップ 5 [OK]をクリックして、Cisco Unity ソフトウェアを終了することを確認します。すべての通話が終了すると、Cisco Unity が停止し、[Cisco Unity]アイコンに「X」が表示されます。

ステップ 6 Ctrl-Alt-Delete キーを押し、無許可のユーザによるアクセスを防止するために、Windows をロックまたはログオフします。


 

別のコンピュータから Cisco Unity ソフトウェアを終了する


ステップ 1 システムで自動案内を使用している場合は、すべての電話がオペレータに転送されます。

ステップ 2 Cisco Unity ステータス モニタが統合 Windows 認証を使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

Cisco Unity ステータス モニタが統合 Windows 認証を使用している場合は、次のサブステップを実行してステータス モニタにアクセスします。

a. Cisco Unity 管理アカウントまたは適切な Windows ドメイン アカウントを使用して、Windows にログオンします。

b. Internet Explorer を起動し http://<Cisco Unity サーバ名>/status に移動します。

c. Internet Explorer にユーザ名とパスワードの入力を求められたら、管理アカウントまたは Windows ドメイン アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力します。

d. ステップ 6 に進みます。

ステップ 3 Cisco Unity ステータス モニタが匿名認証を使用している場合は、次のサブステップを実行してステータス モニタにアクセスします。

a. ローカルにログオンする権限を持つドメイン アカウントを使用して、Windows にログオンします。

b. Internet Explorer を起動し http://<Cisco Unity サーバ名>/status に移動します。

ステップ 4 Cisco Unity の[ログオン]ページで、次のいずれかの操作を実行します。

適切な Cisco Unity ユーザ アカウントに関連付けられた Domino アカウントが存在する場合は、ログオン ユーザ名とインターネット パスワードを入力し、 [ログオン] をクリックしてから、ステップ 6 に進みます。

[ログオンに使用するアカウント:Windows アカウント] をクリックします。

ステップ 5 Cisco Unity の[ログオン]ページで、Cisco Unity 管理アカウントまたは Windows ドメイン アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力し、 [ログオン] をクリックします。

ステップ 6 [Unity ステータス モニタ]ページの[Unity 終了時オプション]で、次のいずれかの方法を選択します。

すべての通話が終了してから Cisco Unity を停止する。

ボイス メッセージを使用して行われている通話を中断し、すべての通話を切断して Cisco Unity を停止する。

ステップ 7 [終了] をクリックします。


 

Cisco Unity サーバのシャットダウンまたは再起動

Cisco Unity システムが、拡張シャーシを持つ場合、またはフェールオーバー用に設定されている場合は、Cisco Unity サーバのシャットダウンまたは再起動を行う前に、次の点を考慮します。

 

拡張シャーシが
Cisco Unity サーバに接続されている場合

拡張シャーシと Cisco Unity サーバの両方の電源がオフになっている場合は、拡張シャーシの電源をオンにしてからサーバの電源をオンにする。順序を逆にすると、拡張シャーシのボイス カードがサーバによって検出されない場合があります。

Cisco Unity フェールオーバーの場合

両方のサーバが動作中で、アクティブ サーバがシャットダウンされると、非アクティブ サーバがアクティブになる。

どちらのサーバも動作していないときには、最初に起動したサーバがアクティブ サーバになる。

セカンダリ サーバがアクティブで、自動フェールバック用に設定され、プライマリ サーバも動作しているときには、セカンダリ サーバは、フェールバック スケジュールに従って、フェールバックを試みる。

Cisco Unity サーバをシャットダウンまたは再起動する


ステップ 1 Cisco Unity ソフトウェアを実行中の場合は、「Cisco Unity ソフトウェアの終了」のいずれかの手順に従って終了します。

ステップ 2 Windows の[スタート]メニューで [シャットダウン] をクリックします。

ステップ 3 [シャットダウン] または [再起動] をクリックします。再起動時に Cisco Unity ソフトウェアが自動的に起動されます。

Cisco Unity の起動が成功すると、3 つのトーンが再生され、タスクバーのステータス領域にある[Cisco Unity]アイコンにチェック マークが表示されます。

Cisco Unity の起動が失敗すると、2 つのトーンが再生され、タスクバーのステータス領域にある[Cisco Unity]アイコンに「X」が表示されます。


 

Cisco Unity ソフトウェアの起動

この項では、Cisco Unity ソフトウェアを Cisco Unity サーバから起動する場合と、別のコンピュータから起動する場合の 2 つの手順を説明します。

Cisco Unity は、サーバの電源を入れるか、またはサーバを再起動すると自動的に起動する Windows サービスとして構成されています。Cisco Unity ソフトウェアを終了し、サーバを再起動しなかった場合のみ、この項の手順のうちの 1 つを行います。

Cisco Unity ソフトウェアを起動する前に、Cisco Unity が接続されているサーバ上で、Domino が稼動している必要があります。

Cisco Unity の稼動中に何らかの理由で Domino が停止した場合は、Cisco Unity によって継続してメッセージが受信されます。

Cisco Unity サーバから Cisco Unity ソフトウェアを起動する


ステップ 1 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity 管理アカウントまたは適切な Windows ドメイン アカウントを使用して Windows にログオンします。

ステップ 2 タスクバーのステータス領域にある [Cisco Unity] アイコンを右クリックします。

[Cisco Unity]アイコンがタスクバーにない場合は、 CommServer ディレクトリを参照し、 AvCsTrayStatus.exe をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity 起動] をクリックします。

Cisco Unity の起動が成功すると、3 つのトーンが再生され、[Cisco Unity]アイコンにチェック マークが表示されます。

Cisco Unity の起動が失敗すると、2 つのトーンが再生され、[Cisco Unity]アイコンに「X」が表示されます。

ステップ 4 Ctrl-Alt-Delete キーを押し、無許可のユーザによるアクセスを防止するために、Windows をロックまたはログオフします。

ステップ 5 自動案内を使用しているシステムで、Cisco Unity ソフトウェアを終了する前にすべての電話をオペレータに転送した場合は、電話を Cisco Unity に転送し直します。


 

別のコンピュータから Cisco Unity ソフトウェアを起動する


ステップ 1 Cisco Unity ステータス モニタが統合 Windows 認証方式を使用していない場合は、ステップ 2 に進みます。

Cisco Unity ステータス モニタが統合 Windows 認証を使用している場合は、次のサブステップを実行してステータス モニタにアクセスします。

a. Cisco Unity 管理アカウントまたは適切な Windows ドメイン アカウントを使用して、Windows にログオンします。

b. Internet Explorer を起動し http://<Cisco Unity サーバ名>/status に移動します。

c. Internet Explorer にユーザ名とパスワードの入力を求められたら、Cisco Unity 管理アカウントまたは Windows ドメイン アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力します。

d. ステップ 5 に進みます。

ステップ 2 Cisco Unity ステータス モニタが匿名認証を使用している場合は、次のサブステップを実行してステータス モニタにアクセスします。

a. ローカルにログオンする権限を持つドメイン アカウントを使用して、Windows にログオンします。

b. Internet Explorer を起動し http://<Cisco Unity サーバ名>/status に移動します。

ステップ 3 Cisco Unity の[ログオン]ページで、次のいずれかの操作を実行します。

適切な Cisco Unity ユーザ アカウントに関連付けられた Domino アカウントが存在する場合は、ログオン ユーザ名とインターネット パスワードを入力し、 [ログオン] をクリックしてから、ステップ 5 に進みます。

[ログオンに使用するアカウント:Windows アカウント] をクリックします。

ステップ 4 Cisco Unity の[ログオン]ページで、Cisco Unity 管理アカウントまたは Windows ドメイン アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力し、 [ログオン] をクリックします。

ステップ 5 [Unity ステータス モニタ]ページで、ページの上部にある [Unity スタートアップ/シャットダウン] アイコン(1 番目のアイコン)をクリックします。

ステップ 6 [起動] をクリックします。

ステップ 7 自動案内を使用しているシステムで、Cisco Unity ソフトウェアを終了する前にすべての電話をオペレータに転送した場合は、電話を Cisco Unity に転送し直します。