Cisco Unity のネットワーク機能(Microsoft Exchange版)Release 4.0(5)
Cisco Unity Express または他の Cisco Unity システムとのネットワーク での VPIM の使用
Cisco Unity Express または他の Cisco Unity システムとのネットワークでの VPIM の使用
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity Express または他の Cisco Unity システムとのネットワークでの VPIM の使用

異なるディレクトリにある Cisco Unity サーバ間でのメッセージの送受信

ロケーション間の対応

リモート Cisco Unity ユーザに対応する VPIM ユーザ

オーディオ形式への変換の設定

例 1:両方の Cisco Unity サーバが録音と格納に G.729a を使用する

例 2:両方の Cisco Unity サーバが録音と格納に G.711 を使用する

例 3:1 台の Cisco Unity サーバで G.711 を使用し、それ以外で G.729a を使用する

Exchange を使用する Cisco Unity と Cisco Unity Express サーバ間のメッセージ送受信

ロケーション間の対応

Cisco Unity Express ユーザに対応する VPIM ユーザ

追加機能

ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージ

システム ブロードキャスト メッセージの複数サーバへの宛先指定

ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージの Cisco Unity による処理方法

ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージの考慮事項

ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージの送信

ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージの宛先を指定するためのパブリック同報リストの設定

Cisco Unity Express または他の Cisco Unity システムとのネットワークでの VPIM の使用

Cisco Unity システム間、および Cisco Unity と Cisco Unity Express との間でメッセージを送受信する場合の VPIM ネットワークの設定のほとんどは、Cisco Unity とサードパーティ製ボイスメール システムとの間のメッセージ送受信の設定と同じです。たとえば、VPIM ネットワークは、次の場合のメッセージ送受信に使用できます。

パートナー Exchange サーバが異なる Active Directory フォレストにある Cisco Unity システム間

Exchange 2000 または Exchange 2003 を使用する Cisco Unity と Domino を使用する Cisco Unity 間

Exchange を使用する Cisco Unity と Cisco Unity Express 間

ただし、Cisco Unity システム間のメッセージ送受信用に VPIM ネットワーク間を設定する場合は、特別な考慮が必要です。

詳細については、次の各項を参照してください。

「異なるディレクトリにある Cisco Unity サーバ間でのメッセージの送受信」

「Exchange を使用する Cisco Unity と Cisco Unity Express サーバ間のメッセージ送受信」

「追加機能」

異なるディレクトリにある Cisco Unity サーバ間でのメッセージの送受信

一般的に、異なるディレクトリにある複数の Cisco Unity サーバ用に VPIM ネットワークをセットアップするときは、他のボイス メッセージ システムを持つ VPIM ネットワークの場合とまったく同じように Cisco Unity サーバを設定します。ただし、Cisco Unity サーバ間で調整を必要とするいくつかの設定があります。次の各項では、それらの設定について説明します。

「ロケーション間の対応」

「リモート Cisco Unity ユーザに対応する VPIM ユーザ」

「オーディオ形式への変換の設定」

ロケーション間の対応

図8-1 で示すとおり、VPIM 発信ロケーションを、各リモート Cisco Unity ブリッジヘッド サーバに対応するローカル Cisco Unity サーバに作成します。通常、発信ロケーションで入力するドメイン名と、リモート Cisco Unity サーバ上の対応するプライマリ ロケーションのドメイン名は、互いに一致している必要があります。ただし、入力するドメイン名は、入力する人の電子メール アドレスや受信者ポリシーによって異なります。また、ローカル発信ロケーション上のダイヤル ID および表示名と、リモート プライマリ ロケーション上のダイヤル ID および表示名は、通常、互いに同じものにします(これは単なる便宜上の処置であり、必須ではありません)。番号計画やユーザのダイヤル操作の慣習に対処するためにプレフィックスが必要となる場合は、ローカル、リモート、またはその両方の発信ロケーションで適切なプレフィックスを入力します。

図8-1 ロケーション間の対応

 

リモート Cisco Unity ユーザに対応する VPIM ユーザ

ブラインド アドレスを使用したくない場合は、リモート Cisco Unity サーバ上のユーザに対応するローカル サーバ上の VPIM ユーザ アカウントを作成できます。リモート Cisco Unity サーバ上に、ローカル サーバ上の Cisco Unity ユーザに対応する VPIM ユーザ アカウントを作成できます。図8-2 は、VPIM ユーザとリモート Cisco Unity ユーザの関係を示しています。

VPIM ユーザを作成することにより、リモート Cisco Unity サーバとローカル サーバとの間で、ユーザ ディレクトリを手動で複製できます。このようなセットアップによって、「VPIM ユーザを使用するユーザの状況」に挙げる利点が得られます。

手動で VPIM ユーザを作成するだけでなく、リモート Cisco Unity サーバから受信した VPIM メッセージに含まれる情報に基づいて、自動的に VPIM ユーザ ディレクトリを更新するように Cisco Unity を設定できます。リモート Cisco Unity サーバに対応する発信ロケーションで、ディレクトリの自動更新を設定します。発信メッセージに送信者の vCard を含めるようにリモート Cisco Unity サーバを設定すると、ディレクトリ更新の情報ソースとして vCard を使用するように指定できます。vCard を指定しない場合は、代わりにメッセージ ヘッダーを使用できます。デフォルトでは、ディレクトリの自動更新は行われません。自動更新の有効化とこれらの設定の詳細については、「VPIM ユーザ ディレクトリ更新設定のカスタマイズ」を参照してください。

図8-2 リモート Cisco Unity ユーザに対応する VPIM ユーザ

 

オーディオ形式への変換の設定

VPIM ネットワークを使用して異なるディレクトリにある複数の Cisco Unity サーバ間でメッセージを送受信するときは、発信および着信メッセージのオーディオ形式への変換の設定をそれらの Cisco Unity サーバ上で調整し、不要な変換を避ける必要があります。変換の設定を決定するときは、次のようにします。

ローカルおよびリモート Cisco Unity サーバ間のネットワーク帯域幅と、メッセージ トラフィックのボリュームを考慮します。

ローカルおよびリモート サイトのユーザ ワークステーションと Cisco Unity サーバにインストールされている、またはインストールする必要があるコーデックを確認します。

次の各例は、オプションのヒントとなるオーディオ形式への変換の設定に関するいくつかの組み合わせを示しています。

例 1:両方の Cisco Unity サーバが録音と格納に G.729a を使用する

図8-3 に示すように、ローカルおよびリモートの両方の Cisco Unity サーバは、G.729a コーデックを使用してメッセージを録音します。8 Kbps では、ネットワーク帯域幅を重視する場合、G.729a コーデックの使用が推奨されます。こうしたことから、サーバ間でメッセージを伝送する場合、オーディオ形式の変換は必要ありません。

図8-3 オーディオ形式の変換なし

 

例 2:両方の Cisco Unity サーバが録音と格納に G.711 を使用する

ローカルとリモートの両方の Cisco Unity サーバは G.711 コーデックでもメッセージを録音することができます。64 Kbps では、ネットワーク帯域幅を重視する場合、G.711 コーデックが非常に高い品質を備えていますが、メッセージのサイズが問題になる可能性があります。この場合は、次のような選択肢があります。

発信および着信 VPIM メッセージを変換せず、ネットワークに問題がないかどうかを監視します。VPIM メッセージを G.711 形式で送信しても、特にサイト間のメッセージ トラフィックが少なければ、問題が起きない場合があります。

送信メッセージを G.726 に変換し、着信メッセージを元の G.711 に変換するように、各サーバを設定します。32 Kbps では、G.726 コーデックを使用して符号化されたメッセージは、G.711 を使用して符号化した場合の半分のサイズになります。この方法の不利な点は、1 つの VPIM メッセージにつき 2 回のオーディオ形式の変換が必要になることです。これは、ボイス コネクタにとって余分な作業です。また、着信メッセージが元の G.711 に変換されるときに、音質がわずかに失われます。

送信メッセージを G.726 に変換し、着信メッセージを変換しないように、各サーバを設定します。この方法では、ネットワーク帯域幅に関する問題は解消し、1 つの VPIM メッセージにつき 1 回のオーディオ形式の変換で済みます。ただし、G.726 は Cisco CallManager 連動のリージョン(回線)形式としてサポートされていません。また、VPIM メッセージを G.726 で格納する場合は、すべての Cisco Unity サーバおよびユーザ ワークステーションに G.726 コーデックをインストールしておく必要があります(Cisco Unity 4.0(5) 以降では、G.726 コーデックはセットアップ時に Cisco Unity サーバにインストールされます)。

Cisco Unity サーバがメッセージの録音に使用するコーデックを G.711 から G.729a に変更し、VPIM メッセージのオーディオ形式を変換しません。

例 3:1 台の Cisco Unity サーバで G.711 を使用し、それ以外で G.729a を使用する

1 台の Cisco Unity サーバで録音と格納に G.711 を使用し、それ以外で G.729a を使用する場合を考えてみます。ネットワーク帯域幅を重視しなければ、次のようになります。

 

G.711 を使用する Cisco Unity サーバ

発信メッセージを変換しません。

着信メッセージを変換しません。

G.729a を使用する Cisco Unity サーバ

発信メッセージを変換しません。

着信メッセージを変換しません。

Cisco Unity では、複数の形式で録音および格納されたメッセージをコード変換できるので、最良の選択肢は、発信または着信 VPIM メッセージを変換しないことです。この方法では、オーディオ形式の変換によるオーバーヘッドを回避できます。

ネットワーク帯域幅を重視する場合、引き続き G.711 でメッセージを録音したければ、次のようにします。

 

G.711 を使用する Cisco Unity サーバ

発信メッセージを G.726 に変換します。この変換により、ネットワーク帯域幅の問題は解消します。なぜなら、発信メッセージは G.726 の 32Kbps 形式で送信され、G.711 メッセージの半分のサイズで済むからです。

着信メッセージを変換しません。一般的に、品質の低いコーデックでメッセージを録音および格納し、後で品質の高いコーデックに変換しても、音質は改善されません。したがって、着信する G.729a メッセージを G.711 に変換する利点はありません。

G.729a を使用する Cisco Unity サーバ

発信メッセージを変換しません。8Kbps では、ネットワーク帯域幅を重視する場合、G.729a が最も使用に適したコーデックです。

着信メッセージの場合、次の選択肢があります。

着信メッセージを G.729a に変換します。この変換により、追加のオーディオ形式の変換が必要になりますが、G.729a は Cisco Unity で使用するコーデックなので、すべてのユーザ ワークステーションは、すでに G.729a 用に設定済みであると考えられます。

着信メッセージを変換せず、G.726 のままで残します。G.726 のまま残すことで、別の変換は必要ありませんが、G.726 は Cisco CallManager 連動用のリージョン(回線)形式としてサポートされていません。また、VPIM メッセージを G.726 で格納する場合は、すべての Cisco Unity サーバおよびユーザ ワークステーションに G.726 コーデックをインストールしておく必要があります。

Exchange を使用する Cisco Unity と Cisco Unity Express サーバ間のメッセージ送受信

一般的に、Exchange を使用する Cisco Unity と Cisco Unity Express との間に VPIM ネットワークをセットアップするときは、他のボイス メッセージ システムを持つ VPIM ネットワークの場合とまったく同じように Cisco Unity サーバを設定します。ただし、Cisco Unity と Cisco Unity Express サーバとの間で調整を必要とするいくつかの設定があります。次の各項では、それらの設定について説明します。

「ロケーション間の対応」

「Cisco Unity Express ユーザに対応する VPIM ユーザ」


) Cisco Unity での VPIM ネットワークがサポートされる Cisco Unity Express のバージョンについては、『Cisco Unity システム要件およびサポートされるハードウェアとソフトウェア』を参照してください。このマニュアルは、
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/sysreq/40_sysrq.htm から入手可能です。


ロケーション間の対応

VPIM 発信ロケーションを、各リモート Cisco Unity Express サーバに対応するローカル Cisco Unity サーバに作成します。通常、Cisco Unity を設定する際に、発信ロケーションで入力するドメイン名と、Cisco Unity Express サーバ上のネットワーク ローカル ロケーションに設定されたドメイン名は、互いに一致している必要があります。同様に、Cisco Unity Express を設定する際に、Cisco Unity サーバに対応するネットワーク ロケーションに入力するドメイン名は、通常は Cisco Unity のプライマリ ロケーションに設定したドメイン名と一致します。便宜上、同様の方法で各発信ロケーションのダイヤル ID と表示名も一致させます。番号計画やユーザのダイヤル操作の慣習に対処するためにプレフィックスが必要となる場合は、ローカル、リモート、またはその両方の発信ロケーションで適切なプレフィックスを入力します。

Cisco Unity Express ユーザに対応する VPIM ユーザ

ブラインド アドレスを使用したくない場合は、リモート Cisco Unity Express サーバ上のユーザに対応するローカル サーバ上の VPIM ユーザ アカウントを作成できます。手動で VPIM ユーザを作成するだけでなく、Cisco Unity Express サーバから受信した VPIM メッセージに含まれる情報に基づいて、自動的に VPIM ユーザ ディレクトリを更新するように Cisco Unity を設定できます。Cisco Unity サーバでは、各 Cisco Unity Express サーバに対応する発信ロケーションで、ディレクトリの自動更新を設定します。発信メッセージに送信者の vCard を含めるように Cisco Unity Express システムを設定すると、ディレクトリ更新の情報ソースとして vCard を使用するように指定できます。vCard を指定しない場合は、代わりにメッセージ ヘッダーを使用できます。デフォルトでは、ディレクトリの自動更新は行われません。自動更新の有効化と Cisco Unity のこれらの設定の詳細については、「VPIM ユーザ ディレクトリ更新設定のカスタマイズ」を参照してください。

リモート Cisco Unity Express サーバでは、Release 2.1 以降から、管理者または他の権限を持つユーザは Administration via Telephone(AvT)機能を使用してリモート ユーザをローカル ディレクトリに追加できます。Cisco Unity Express システムの vCard 情報を有効にすると、着信 vCard 情報は、リモート ユーザ ディレクトリおよびリモート ユーザのダイナミック キャッシュを更新します。Cisco Unity Express で処理されるリモート ユーザのディレクトリ、キャッシュ サイズの制限およびその他の詳細については、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps5520/tsd_products_support_series_home.html から入手可能な Cisco Unity Express のドキュメントを参照してください。

追加機能

リモート ボイス メッセージ システムとボイス メッセージを交換するための VPIM プロトコルを使用している場合に利用可能な標準機能に加えて、Cisco Unity を VPIM 経由で他の Cisco Unity または Cisco Unity Express サーバと接続している場合は、特定の拡張機能を使用できます。この項では、詳細情報について説明します。

ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージ

システム ブロードキャスト メッセージは、組織内(または組織内の特定のロケーション)の全員に送信される録音済みの接続案内です。システム ブロードキャスト メッセージは、新しいメッセージや保存されたメッセージを聞く前であっても、ユーザが電話で Cisco Unity にログオンした直後に再生されます。ユーザは、Cisco Unity が新しいメッセージや保存されたメッセージの再生を許可する前、または設定オプションを変更する前に、各システム ブロードキャスト メッセージを聞く必要があります。ユーザは、システム ブロードキャスト メッセージを早送りしたりスキップしたりすることはできません。


) システム ブロードキャスト メッセージでは、ユーザの電話のメッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)は点灯しません。また、ユーザがデスクの電話の受話器を取り上げた際に、新しいメッセージがあることを通知する固有のダイヤル トーンも再生しません。また、システム ブロードキャスト メッセージは、ポケットベルや他の電話機などの代替デバイスのメッセージ通知もトリガーしません。


システム ブロードキャスト メッセージは、目的のサーバの発信ロケーションのダイヤル ID をメッセージの宛先に指定することにより、同じユーザ ディレクトリにアクセスする 1 台以上の Cisco Unity サーバのすべてのユーザに送信できます。詳細については、「ディレクトリ内の全ユーザへの送信用のシステム ブロードキャスト メッセージのセットアップ(オプション)」を参照してください。

異なるディレクトリにアクセスする複数の Cisco Unity サーバがある組織では、ユーザがメッセージを受信する各ロケーションを表す VPIM ユーザが含まれたパブリック同報リストを設定することにより、システム ブロードキャスト メッセージを組織内のすべてのユーザ(または特定のデジタル ネットワーク サーバのセットに関連付けられたすべてのユーザ)に送信できます。システム ブロードキャスト メッセージの配信に Cisco Unity Express サーバ上のすべてのユーザを含める場合にも、同様の方法を使用できます。


) 1 台以上の VPIM ロケーションに送信されたシステム ブロードキャスト メッセージには、メッセージがシステム ブロードキャストであることを示す特別な属性と、いつユーザがメッセージを読むことができるかを示す開始日と終了日が含まれます。この機能は、これらの属性をサポートするリモート Cisco Unity と Cisco Unity Express ロケーションでの使用を目的としています。External ユーザをこれらのロケーションからパブリック同報リストに追加することで、他のタイプのリモート ロケーションをメッセージの宛先に指定する場合、またはパブリック同報リストに Cisco Unity、インターネット、AMIS、または Bridge のユーザが含まれている場合、これらの属性はこの同報リスト メンバーによって無視され、通常のボイス メッセージとしてメッセージを受信します。


システム ブロードキャスト メッセージの複数サーバへの宛先指定

複数の Cisco Unity と Cisco Unity Express サーバの接続方法によって、システム ブロードキャスト メッセージは、すべてのサーバ上のすべてのユーザを宛先として指定できるか、または組織内の一部のサーバのすべてのユーザを宛先として指定できるかが異なります。図8-4 に、VPIM 経由で接続されたサーバによる複数のネットワークを持つ組織での宛先指定を示します。

図8-4 組織内の複数サーバのユーザに宛先指定できるシステム ブロードキャスト メッセージ

 

例 1:デジタル ネットワーク設定を使用して、ディレクトリ内のシステム ブロードキャスト メッセージを宛先指定する

複数のサーバのユーザにシステム ブロードキャスト メッセージを送信する権限のある
ChicagoUnity のユーザは、表8-1 に示されたオプションを使用して、Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者からメッセージの宛先を指定できます。この機能により、システム ブロードキャスト メッセージは、ローカル サーバのすべてのユーザまたはディレクトリ内(ADForest1)の複数のサーバのすべてのユーザに転送されます。これらのオプションは、既存のデジタル ネットワーク設定を使用するため、追加設定は必要ありません。

 

表8-1 Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を使用したディレクトリ内のサーバへのメッセージの宛先指定

選択した Cisco Unity ブロードキャスト
メッセージ管理者オプション
入力した
内線番号
システム ブロードキャスト メッセージの受信者

サーバのユーザに送信する

使用不可。

ChicagoUnity 上のすべてのユーザ

全てのロケーションのユーザに送信する

使用不可。

ADForest1(ChicagoUnity、NewYorkUnity、および AtlantaUnity)のすべての
Cisco Unity サーバのすべてのユーザ

1 つ以上のロケーション、または
パブリック同報リストに送信する

444

NewYorkUnity(ダイヤル ID 444)の
すべてのユーザ

1 つ以上のロケーション、または
パブリック同報リストに送信する

444、次に 544

NewYorkUnity(ダイヤル ID 444)および
AtlantaUnity(ダイヤル ID 544)の
すべてのユーザ

例 2:パブリック同報リストを使用して、VPIM ロケーションに到達するようにシステム ブロードキャスト メッセージの宛先を指定する

この例では、管理者は ADForest1 内の VPIM ブリッジヘッド サーバにある次のオブジェクトを設定します。

 

表8-2 Cisco Unity VPIM に対する VPIM ユーザの設定例

名前
リモート メールボックス番号
説明

SysBroadcast-HalifaxCUE

661

ロケーション HalifaxCUE の VPIM ユーザ

SysBroadcast-ADForest2

使用していない任意のリモート メールボックス番号

ADForest2 内の任意のロケーションの VPIM ユーザ

 

表8-3 Cisco Unity VPIM に対するパブリック同報リストの設定例

名前
内線番号
説明

SBM_DL1

111

パブリック同報リスト

メンバー:

SysBroadcast-HalifaxCUE

SBM_DL2

222

パブリック同報リスト

メンバー:

SysBroadcast-ADForest2

SBM_DL3

333

パブリック同報リスト

メンバー:

SysBroadcast-HalifaxCUE

SysBroadcast-ADForest2

USbms_ChicagoUnity

USbms_NewYorkUnity

USbms_AtlantaUnity

(ADForest1 の各 Cisco Unity サーバの USbms_<サーバ名> メールボックスは、Exchange ツールを使用してパブリック同報リストに手動で追加されています)。

表8-2 および 表8-3 の追加設定では、複数のサーバのユーザにシステム ブロードキャスト メッセージを送信する権限がある ChicagoUnity のユーザは、Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者から 表8-4 に示されたオプションを使用してメッセージの宛先を指定できます。この機能により、システム ブロードキャスト メッセージは、VPIM ネットワークを使用して複数のサーバのすべてのユーザに転送されます。

 

表8-4 Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を使用した同報リストへのメッセージの宛先指定

選択した Cisco Unity ブロードキャスト
メッセージ管理者オプション
入力した
内線番号
システム ブロードキャスト メッセージの受信者

1 つ以上のロケーション、またはパブリック同報リストに送信する

111

HalifaxCUE 上のすべてのユーザ

1 つ以上のロケーション、またはパブリック同報リストに送信する

222

ADForest2 のすべてのユーザ

1 つ以上のロケーション、またはパブリック同報リストに送信する

333

HalifaxCUE、ADForest2、および ADForest1 のすべてのユーザ

ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージの Cisco Unity による処理方法

Cisco Unity バージョン 4.0(5) がインストールされると、 CsBMsgConnector という名前の新しい Windows 2000 サービスが作成されるとともに、USbms_<サーバ名> という表示名を持つ特別なメールボックスが作成されます。USbms メールボックスは、Cisco Unity のデフォルトのディレクトリ コンテナに作成され、アドレス帳では非表示になります。CsBMsgConnector サービスは、USBms メールボックスに配置されたメッセージを処理します。フェールオーバーを使用するシステムの場合、CsBMsgConnector サービスはプライマリおよびセカンダリの両方のサーバで実行され、両方のサービスが同じ USbms メールボックスにアクセスしますが、メッセージを処理するのは、現在アクティブなサーバ上のサービスだけです。

システム ブロードキャスト メッセージであることを示す属性を持つ VPIM メッセージを受信すると、ボイス コネクタは、まずそのメッセージが VPIM 発信ロケーションで指定されたドメインからのものであることを確認します。一致するドメイン名を持つ VPIM 発信ロケーションが見つからない場合は、ボイス コネクタはメッセージを拒否して、送信者に不達確認(NDR)を送信します。

一致するドメインを持つ VPIM 発信ロケーションが見つかった場合は、ボイス コネクタは次の処理をします。

プレフィックスが対応する VPIM 発信ロケーション ページで指定されている場合、リモート電話プレフィックスを From アドレスから削除する(リモート電話プレフィックスが指定されている場合、送信者 ID の先頭の数値がプレフィックスに一致する必要があるか、またはメッセージが拒否されて NDR が送信されます)。

ボイス添付ファイルを、対応する VPIM 発信ロケーション ページで指定されているオーディオ形式に変換する。

ディレクトリ内のすべての USbms_<サーバ名> メールボックスを宛先として指定し、配信に備えてメッセージを Exchange に転送する。

次に、各 Cisco Unity サーバの CsBMsgConnector サービスは、メッセージに設定されている開始日と終了日に基づき、メッセージを処理してサーバ上のすべての Cisco Unity ユーザが受信できるようにします。


) システム ブロードキャスト メッセージを複数のロケーションに送信した後で、そのプロパティを更新するには、各サーバにあるメッセージのローカル コピーを直接サーバ上で更新する必要があります。各 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者へのアクセス権を持つユーザ、およびローカル サーバ上のシステム ブロードキャスト メッセージを更新する権限を持つユーザは、そのサーバのメッセージのプロパティを変更、またはメッセージを削除できます。各 Cisco Unity Express サーバでは、システム管理者はコマンドライン インターフェイスを使用して、そのサーバのメッセージのプロパティを変更、またはメッセージを削除できます。


ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージの考慮事項

システム ブロードキャスト メッセージの配信で 1 つ以上の VPIM ロケーションを含めるには、まず各ロケーションに External ユーザを作成し、次にパブリック同報リストに External ユーザを追加します。Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者では、パブリック同報リスト メンバーを指定することで、メッセージの宛先を指定します。ロケーションまたはパブリック同報リストの内線番号を入力するように求められた場合、Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者ではデジタル ネットワーク Cisco Unity サーバのダイヤル ID だけを入力、またはパブリック同報リストの内線番号を入力できますが、External ユーザまたは他のタイプのオブジェクトの内線番号は認識されません。

ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージの送信に使用する同報リストを設定する際は、次の考慮事項に注意してください。

送信の際、Domino を使用する Cisco Unity は、録音済みでローカル サーバのユーザを宛先として指定したシステム ブロードキャスト メッセージの送受信だけをサポートする。VPIM ネットワークは、Exchange を使用する Cisco Unity と Domino を使用する Cisco Unity との間のメッセージ送受信に使用できますが、Domino サーバを使用する Cisco Unity は、ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージ同報リストには含まれません。

VPIM ユーザ以外のパブリック同報リストのメンバーは、メッセージをシステム ブロードキャスト メッセージとしてではなく、通常のボイス メッセージとして受信し、開始日や終了日などのメッセージのプロパティは考慮されません。Cisco Unity ユーザの場合、メッセージがユーザのメールボックスに配信され、ユーザのメールボックスのサイズ全体に含まれることを意味します。これらの理由から、VPIM ユーザ以外のユーザを同報リストに追加することはお勧めしません。

パブリック同報リスト内のネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージをサポートするリモート Cisco Unity 発信ロケーションで VPIM ユーザを含めると、システム ブロードキャスト メッセージの宛先が、リモート VPIM ブリッジヘッド サーバにデジタル ネットワークで接続されたすべての Cisco Unity サーバのすべてのユーザに指定される。システム ブロードキャスト メッセージをリモート ネットワーク上の特定のサーバまたはサーバのセットに限定することはできません。

Cisco Unity Express 発信ロケーションの場合、VPIM ユーザは各 Cisco Unity Express サーバに固有の VPIM ユーザを作成する必要がある。Cisco Unity の VPIM ユーザ アカウントに設定されたリモート メールボックス番号は、Cisco Unity Express サーバのシステム ブロードキャスト メールボックスに設定された番号と一致する必要があります。

各リモート ロケーションへの VPIM ネットワーク メッセージとして、1 つのシステム ブロードキャスト メッセージだけを送信する必要がある。つまり、リモート Cisco Unity Express システムまたは Cisco Unity ドメインごとに 1 人の VPIM ユーザだけを、使用するパブリック同報リストに含める必要があります。受信システムは、すべてのローカル ユーザにメッセージを配信します。ただし、何らかの理由でリモート ロケーションが同じシステム ブロードキャスト メッセージのコピーを 1 つ以上受信した場合、最初の 1 通だけが処理され、同じメッセージ ID を持つ後続のメッセージは廃棄されます。

特定のデジタル ネットワーク Cisco Unity サーバを VPIM ロケーションとともに同報リストに含めるには、パブリック同報リスト内の目的の各サーバのシステム ブロードキャスト メールボックスを手動で追加する。Cisco Unity システム管理では、これらのメールボックスのユーザを選択できないため、Exchange ツールを使用してメールボックスを同報リストに追加する必要があります。システム ブロードキャスト メールボックスには、USBms_<サーバ名> という名前が付けられ、Cisco Unity バージョン 4.0(5) 以降がインストールされている場合は、デフォルトのディレクトリ コンテナ内に自動的に作成されます。

ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージの送信

1 人以上の Cisco Unity ユーザがネットワーク構成のブロードキャスト メッセージを送信できるようにするには、まず Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者にユーザがアクセスできるように設定し、次にネットワーク システム ブロードキャスト メッセージに使用可能な 1 つ以上のパブリック同報リストを作成する必要があります。作成した同報リストをメッセージの宛先として指定し、メッセージを送信できるように Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を設定する方法については、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「Cisco Unity ガイダンス」の章の「システム ブロードキャスト メッセージの送信」の項を参照してください。このマニュアルは、 http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity40/sag/sag405/ex/index.htm から入手可能です。

ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージを送信するユーザが、複数のサーバ上のユーザにブロードキャスト メッセージを送信できるように設定される必要があります。

ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージの宛先を指定するためのパブリック同報リストの設定

システム ブロードキャスト メッセージの送信に使用するパブリック同報リストを設定するには、次のタスクを実行します。

1. VPIM ユーザを 1 人作成して、各 Cisco Unity Express サーバまたは各リモート Cisco Unity ドメインを表します。リモート ロケーションのタイプに応じて、次のいずれかを行います。

Cisco Unity Express サーバを同報リストに含める場合は、各 Cisco Unity Express ロケーションのブロードキャスト メッセージの VPIM ID を見つける。各 Cisco Unity Express ブロードキャスト メールボックスに対して、ブロードキャスト メッセージの VPIM ID に一致するリモート メールボックス番号を持つ VPIM ユーザと、Cisco Unity Express サーバ用に設定された発信ロケーションに設定したユーザのロケーションを作成します。

リモート Cisco Unity ロケーションの場合、長さが 3 ~ 10 桁の未使用のリモート メールボックス番号を使用して、External ユーザを作成する。この場合、発信ロケーションの既存の External ユーザを使用できますが、管理が容易であることと、誤ってユーザを削除することを避けるため、この目的のためだけにユーザ アカウントを設定することを推奨します。

VPIM ユーザ アカウントは、Cisco Unity Bulk Import ウィザードまたは Cisco Unity システム管理を使用して作成できます。Exchange アドレス帳から特にブロードキャスト メールボックス用に作成した任意の VPIM ユーザを非表示にすることをお勧めします。非表示にすることにより、Outlook ユーザはこれらの VPIM ユーザにメッセージを送信しなくなります。また、VPIM ユーザ プロファイルの [ディレクトリのリスト] 設定をオフにすると、ユーザは誤ってメッセージの宛先を指定することはありません。「VPIM ユーザの作成」を参照してください。

2. パブリック同報リストを作成し、各リモート Cisco Unity ネットワークまたは Cisco Unity Express ブロードキャスト メールボックスに、ブロードキャストに含める VPIM ユーザを追加します。『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「パブリック同報リストの設定」の章の「パブリック同報リストの作成と修正」の項を参照してください。このマニュアルは、
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity40/sag/sag405/ex/index.htm から入手可能です。

3. 必要に応じて、システム ブロードキャスト メッセージ配信に含める任意のデジタル ネットワーク Cisco Unity サーバの USbms メールボックスを追加します(Exchange ツールを使用してメールボックスを同報リストに追加する必要があります)。