Cisco Unity のネットワーク機能 (Microsoft Exchange版) Release 4.0(3)
VPIM Networking
VPIM Networking
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

VPIM Networking

概要:VPIM Networking

タスク リスト:VPIM Networking を使用するための Cisco Unity のセットアップ

VPIM Networking を使用するための Cisco Unity のセットアップ手順

設計の決定と必要な情報の収集

Exchange とリモート ボイス メッセージ システムとの間の接続の確認

名前と IP アドレスの解決

Active Directory スキーマの拡張

Voice Connector for VPIM Networking のセットアップ

プライマリ ロケーションのカスタマイズ

宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープの設定

宛先の検索スコープの設定

ディレクトリ ハンドラの検索スコープの設定

自動受付の検索スコープの設定

VPIM 発信ロケーションの作成

VPIM ユーザの作成

ユーザ アカウントの作成前に考慮する事項

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した複数のユーザ アカウントの作成

CSV インポート エラーの修正

Cisco Unity システム管理を使用した VPIM ユーザ アカウントの作成

ユーザ アカウントの作成後に考慮する事項

他のボイス メッセージ システムを VPIM 用に設定するための Cisco Unity についての情報の収集

VPIM の概念と定義

VPIM の概説

VPIM メッセージ

VPIM アドレス

ロケーションと VPIM Networking

ボイス コネクタと VPIM Networking

ボイス コネクタの発信 VPIM メッセージの処理方法

ボイス コネクタの着信 VPIM メッセージの処理方法

メッセージの宛先オプション

メッセージ処理の類似性と制限

ブラインド アドレスと VPIM Networking

ブラインド アドレスを使用するユーザの状況

VPIM ユーザ

VPIM ユーザを使用するユーザの状況

着信転送の設定とVPIM ユーザ

VPIM ユーザの削除

内線アドレス

Outlook アドレス帳における VPIM ユーザの表示方法の決定

Outlook アドレス帳で連絡先を非表示にする

Outlook アドレス帳における連絡先の表示方法の変更

別のボイス メッセージ システムから Cisco Unity へのユーザ移行

Bulk でのユーザ移行

ユーザを 1 つずつ移行

ネットワークを構成している Cisco Unity サーバでの注意事項

電話プレフィックス

サポートされるオーディオ形式

VPIM リファレンス

VPIM 発信ロケーション プロファイル設定

動作についての情報

受信の検索スコープ

メッセージを残す場合とメッセージを送信する場合

VPIM Networking

概要:VPIM Networking

Cisco Unity は、Voice Profile for Internet Messaging(VPIM)プロトコルをサポートしています。これによって、異なるボイス メッセージ システム間で、ボイス メッセージ、ファックス メッセージ、およびテキスト メッセージをインターネット経由または任意の TCP/IP ネットワーク経由で送受信できます。VPIM は、シンプル メール転送プロトコル(SMTP)と Multi-Purpose Internet Mail Extension (MIME)プロトコルに基づいています。

VPIM Networking はシステム ライセンスです。複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成している組織では、VPIM Networking 用にライセンスおよび設定される必要があるサーバは 1 台のみです。VPIM Networking 用に設定されている Cisco Unity サーバは、ブリッジヘッド サーバと呼ばれます。Cisco Unity の各機能におけるライセンス取得の詳細については、『 White Paper: Licensing for Cisco Unity 』を参照してください。
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/whitpapr/licenses.htm
で入手可能です。

VPIM Networking を利用する際に、Cisco Unity 自体について必要な権限以外の、特別な権限は不要です。Cisco Unity で必要とされる権限の詳細については、Permissions Wizard のヘルプ ファイルを参照してください。Cisco Unity サーバの Tools Depot で利用可能です。

この章では、VPIM Networking をセットアップする手順について説明します。次の各項を参照してください。

「タスク リスト:VPIM Networking を使用するための Cisco Unity のセットアップ」:このタスク リストでは、実施する必要があるすべてのタスクの全体の概要、および実施するための手順について説明します。

「VPIM Networking を使用するための Cisco Unity のセットアップ手順」:この項では、Cisco Unity を VPIM Networking 用にセットアップするのに必要なすべての手順について説明します。

「VPIM の概念と定義」:この項では、VPIM の概念について詳しく説明します。この項は、セットアップ手順を実施する前に必ず読んでください。

「VPIM リファレンス」:この項には、VPIM のセットアップに関連する Cisco Unity システム管理 Web ページのフィールドを定義し、フィールドに情報を正しく入力するためのオプションを簡略に示す表があります。

「動作についての情報」:この項では、VPIM Networking の動作に関する情報について説明しています。

Cisco Unity がサポートする VPIM 準拠ボイス メッセージ システムの一覧については、『 Cisco Unity システム要件およびサポートされるハードウェアとソフトウェア 』を参照してください。

タスク リスト:VPIM Networking を使用するための Cisco Unity のセットアップ

このタスク リストを使用して、Cisco Unity で VPIM Networking をセットアップします。このリストでは、Cisco Unity はサーバ上にすでにインストールされていて、ネットワークに接続されているものとします。次の参照先により、セットアップの手順の詳細を示します。

1. Cisco Unity Networking Options Requirements (With Microsoft Exchange) 』で、「 VPIM Networking Requirements」 の項の内容を確認します。 http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/sysreq/netrq.htm で入手可能です。

2. 番号計画について意思決定を行い、VPIM Networking をセットアップするために必要な情報を収集します。「設計の決定と必要な情報の収集」を参照してください。

3. Exchange とリモート ボイス メッセージ システムとの間のネットワーク接続および SMTP 接続を確認します。「Exchange とリモート ボイス メッセージ システムとの間の接続の確認」を参照してください。

4. VPIM Networking をサポートするように、Active Directory スキーマを拡張します。「Active Directory スキーマの拡張」を参照してください。

5. Cisco Unity ボイス コネクタを Exchange 2000 または Exchange 2003 サーバにインストールします。「Voice Connector for VPIM Networking のセットアップ」を参照してください。

VPIM Networking 用にセットアップする Cisco Unity サーバ上で、次の操作を行います。

1. プライマリ ロケーション プロファイル設定をカスタマイズします。「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」を参照してください。

2. ユーザの宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索の各オプションを設定します。「宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープの設定」を参照してください。

3. 各リモート ボイス メッセージ システム用に発信ロケーションを作成します。「VPIM 発信ロケーションの作成」を参照してください。

4. オプションで、VPIM ユーザを作成します。「VPIM ユーザの作成」を参照してください。

5. リモート ボイス メッセージ システムを VPIM 用にセットアップします。正確なセットアップ方法はボイス メッセージ システムによって異なります。Cisco Unity に関する情報をリモート システムに指定することが必要になる場合もあります。「他のボイス メッセージ システムを VPIM 用に設定するための Cisco Unity についての情報の収集」を参照してください。

6. セットアップをテストして、Cisco Unity が他のボイス メッセージ システムとメッセージを交換できることを確認します。

VPIM Networking を使用するための Cisco Unity のセットアップ手順

この項では、Cisco Unity を VPIM Networking 用にセットアップするのに必要なすべての手順について説明します。

設計の決定と必要な情報の収集

VPIM Networking 用に Cisco Unity をセットアップする前に、必ず、次に示す各項目について計画を立ててると共に、適切な情報を収集します。

番号計画の戦略を検討して、VPIM 発信ロケーションでプレフィックスを入力する必要があるかどうかを判別し、プライマリ ロケーションと VPIM 発信ロケーションのダイヤル ID として割り当てる番号を決定します。

Cisco Unity ユーザがブラインド アドレスを使用するか、または VPIM ユーザをメッセージの宛先にするかどうかを決定します。

リモート ボイス メッセージ システムに関して、メールボックス範囲、サーバ名、ドメイン名、IP アドレスなどの情報をメモしておきます。

ボイス コネクタと VPIM Transport Event Sink をインストールする Exchange サーバを決定します。Exchange サーバのサーバ名、ドメイン名、IP アドレスをメモしておきます。

Exchange とリモート ボイス メッセージ システムとの間の接続の確認

ボイス コネクタと VPIM Transport Event Sink がインストールされる Exchange サーバが、リモート ボイスメール サーバとの間でネットワーク接続と SMTP 接続を備えていることを確認します。

VPIM メッセージは、インターネット(または TCP/IP ネットワーク)を通して SMTP 経由で送信されます。Cisco Unity では、VPIM メッセージの処理は、ボイス コネクタと VPIM Transport Event Sink がインストールされている Exchange サーバ上で行われます。SMTP サービスは Exchange サーバ上で稼動していますが、リモート ボイスメール サーバについても同様であるとは限りません。したがって、作業を進める前に、SMTP サービスまたは SMTP ゲートウェイがリモート ボイスメール サーバにインストールされていることを確認してください。SMTP サービスまたは SMTP ゲートウェイのインストールの詳細については、リモート ボイス メッセージ システムのマニュアルを参照してください。

Exchange とリモート ボイスメール サーバとの間のネットワーク接続を確認する


ステップ 1 ボイス コネクタと VPIM Transport Event Sink をインストールする Exchange サーバで、コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

ステップ 2 ping <IP アドレス> と入力します。<IP アドレス> はリモート ボイスメール サーバの IP アドレスです。

応答がない場合、ネットワーク接続のトラブルシューティングを行い、問題を解決します。次に、ステップ 3 へ進みます。

ステップ 3 ping <ドメイン名> と入力します。<ドメイン名> はリモート ボイスメール サーバのドメイン名です。


) これは、VPIM Networking をセットアップするときにCisco Unity システム管理の VPIM 発信ロケーション ページに入力するドメイン名です。


次に、 ping <サーバ名> と入力します。<サーバ名> はリモート ボイスメール サーバの名前です。

ステップ 2 で IPアドレスを Ping すると応答があり、ドメイン名とサーバ名を Ping すると応答がない場合は、「名前と IP アドレスの解決」を参照してください。問題が解決したら、ステップ 4 に進みます。

ステップ 4 リモート ボイスメール サーバでステップ 2ステップ 3 を繰り返し、ボイス コネクタと VPIM Transport Event Sink をインストールする Exchange サーバの IP アドレス、ドメイン名、サーバ名を入力します。


) このステップで入力するドメイン名は、Cisco Unity システム管理のプライマリ ロケーション ページで入力し、ボイス コネクタのセットアップで Transport Event Sink のダイアログボックスに入力したドメイン名です。


この ping テストが失敗した場合は、基本的なネットワーク接続の問題があります。次の VPIM Networking のセットアップ手順に進む前に、これらの問題を解決してください。

基本的なネットワーク接続を確認できたら、次の Exchange とリモート ボイスメール サーバとの間の SMTP 接続を確認する の手順に進みます。


 

Exchange とリモート ボイスメール サーバとの間の SMTP 接続を確認する


ステップ 1 ボイス コネクタをインストールする Exchange サーバ(Server 1)のコマンド プロンプト ウィンドウで、 telnet <サーバ名> 25 と入力します。<サーバ名> は、リモート ボイス メッセージ システム上のサーバ(Server 2)の名前です。

ステップ 2 Server 2 からの応答があった場合は、 ehlo と入力します。Server 2 からの応答で、SMTP コマンドのリストが返されます。

ステップ 3 telnet テストが成功したら、 quit と入力して telnet セッションを終了します。

ステップ 4 ステップ 1ステップ 3 を繰り返して、SMTP 接続が逆方向で機能することを確認します。Server 2 のコマンド プロンプト ウィンドウで手順に従い、ボイス コネクタをインストールする Exchange サーバ(Server 1)の名前を入力します。

telnet テストが 1 つでも成功しなかった場合、基本的な SMTP 接続に問題があります。次の VPIM Networking のセットアップ手順に進む前に、これらの問題を解決してください。


 

名前と IP アドレスの解決

Exchange サーバとリモート ボイスメール サーバには、名前解決のためのメカニズムが必要です。名前解決にはいくつかの方法や方法の組み合わせがありますが、一般的なのは Domain Name System (DNS) を使用する方法と HOSTS ファイルを使用する方法の 2 つです。

Exchange サーバとリモート ボイスメール サーバがあるネットワークで DNS が使用されている場合、サーバの DNS にホスト アドレス リソース(「A」)レコードおよびメール交換(「MX」)レコードが存在する必要があります。サーバの A レコードおよび MX レコードが追加されていない場合、ここで追加してから次の手順に進みます。DNS に A レコードおよび MX レコードを追加する方法については、オペレーティング システムのマニュアルを参照してください。

HOSTS ファイルは、IP アドレスとホスト名およびドメイン名との対応を記述したテキスト ファイルです。Exchange サーバが DNS を使用しないネットワーク内にある場合は、HOSTS ファイルを編集してリモート ボイスメール サーバのホスト エントリとドメイン エントリを追加する必要があります。Exchange サーバでは、HOSTS ファイルは C:\Winnt\System32\Drivers\Etc フォルダにあります。リモート ボイスメール サーバが DNS を使用しないネットワーク内にある場合は、リモート ボイスメール サーバ上の HOSTS ファイルを編集して Exchange サーバのホスト エントリとドメイン エントリを追加する必要があります。リモート ボイスメール サーバの HOSTS ファイルのロケーションは、使用しているオペレーティング システムによって異なります。システムによっては、HOSTS ファイルを編集するためのユーザ インターフェイスを備えているものもあります。詳細については、リモート ボイス メッセージ システムのマニュアルを参照してください。

Active Directory スキーマの拡張

Cisco Unity をインストールする前に、Active Directory スキーマを拡張して、Cisco Unity 固有の情報を格納できるようにします。VPIM Networking をサポートするには、スキーマをさらに拡張して、属性を Cisco Unity ロケーション オブジェクト クラスに追加できるようにする必要があります。VPIM Networking をサポートするために必要なスキーマ変更を確認するには、Cisco Unity Disc 1 のディレクトリ Schema\LdifScripts を参照し、ファイル vpimgateway.ldf を表示してください。

VPIM Networking 用に Active Directory スキーマを拡張する

この手順は、Cisco Unity のインストール時に、VPIM Networking をサポートするように Active Directory スキーマを修正していない場合に限り実行してください。スキーマが更新されるたびに、ログ ファイルが生成されます。ログ ファイルがあるディレクトリへのショートカットが Windows デスクトップに作成されます。


ステップ 1 スキーマの更新を行う前に、すべてのドメイン コントローラがオンラインになっていることを確認します。スキーマの複製が行われるのは、すべてのドメイン コントローラがオンラインになっている場合だけです。

ステップ 2 スキーマ マスターであるドメイン コントローラ上で、Schema Administrators グループのメンバーであるアカウントを使用して、ログオンします。

ステップ 3 Cisco Unity DVD 1 または CD 1 で、あるいは Cisco Unity CD 1 イメージ ファイルをダウンロードして保存した場所で、フォルダ ADSchemaSetup を参照し、 ADSchemaSetup.exe をダブルクリックします。

ステップ 4 表示されるダイアログボックスをダブルクリックすると、インストールが開始されます。

ステップ 5 [Exchange 2000 VPIM コネクタ] チェックボックスをオンにし、他のチェックボックスをオフにして、 [OK] をクリックします。

ステップ 6 LDAP Data Interchange Format (LDIF)スクリプトの実行が終了したら、 [OK] をクリックします。

ステップ 7 スキーマ拡張が終了すると、Ldif.log ファイルおよび LDif.err ファイルがデスクトップに保存されます。各ファイルの内容を参照し、拡張が正常に完了したことを確認します。

ステップ 8 スキーマの変更がフォレスト全体に複製されるまで待ってから、情報をプライマリ ロケーションと発信ロケーションに追加します。スキーマの変更が複製されるまで、15 分以上かかることがあります。


) 変更が複製されたかどうかを判別し、必要に応じて複製を強制するには、Replication Monitor を使用します。Replication Monitor は、Windows 2000 の CD-ROM からサポート ツールをインストールすると利用可能になります。



 

Voice Connector for VPIM Networking のセットアップ

Cisco Unity Disc 1 には 2 つのボイス コネクタ インストール プログラムが格納されていますが、VPIM Networking でサポートされているのは Voice Connector for Exchange 2000 のみです。

ボイス コネクタのバージョン 11.0(1) 以降は、Exchange クラスタの要素でない Exchange 2000 または Exchange 2003 サーバにインストールしてください(Microsoft は、Exchange クラスタ サーバ上のサードパーティ コネクタはサポートしていません)。ボイス コネクタは Cisco Unity サーバにインストールすることもできますが(Exchange 2000 または Exchange 2003 もそのサーバにインストールされている場合)、パフォーマンス上の理由により推奨しません。

Cisco Unity ユーザ アカウントがある Exchange サーバのルーティング グループが、ボイス コネクタがインストールされているサーバのルーティング グループと異なる場合、ルーティング グループ コネクタを設定して、これらのルーティング グループ間のルーティングができるようにする必要があります。

Voice Connector for Exchange 2000 をインストールする

ボイス コネクタをインストールする前に、必ず Exchange サーバをバックアップします。


ステップ 1 ボイス コネクタをインストールする Exchange サーバにログオンします。

ステップ 2 Exchange サーバ上のすべてのウィルス スキャン サービスを無効にします。

ステップ 3 以前のバージョンのボイス コネクタをアンインストールします。「Cisco Unity ボイス コネクタのアンインストール」を参照してください。

ステップ 4 Cisco Unity Disc 1 を挿入し、 VoiceConnector-Ex2000 ディレクトリを参照します。

ステップ 5 Install.exe をダブルクリックし、 [Next] をクリックします。

ステップ 6 [Address Types] ダイアログボックスの[ VPIM] をオンにします。

ステップ 7 [Next] をクリックします。[VPIM Transport Sink] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 8 オプションで[ SMTP Transport Event Sink をインストールする] チェックボックスをオンにします。

ボイス コネクタを複数の Exchange サーバにインストールするときは、ほとんどの場合、VPIM Transport Event Sink のインストールは 1 回だけで済みます。VPIM Transport Event Sink をインストールする Exchange サーバは、着信 VPIM メッセージを受信する Exchange サーバでなければなりません。すべての VPIM メッセージが 1 つの Exchange サーバを通じてルーティングされる場合、必要な VPIM Transport Event Sink のインスタンスは 1 つだけです。着信 VPIM メッセージが複数の Exchange サーバを経由してルーティングされる場合は、ボイス コネクタと VPIM Transport Event Sink をそれぞれのサーバにインストールする必要があります。

ステップ 9 [SMTP Transport Event Sink をインストールする] チェックボックスをステップ 8 でオンにした場合、 [SMTP ドメイン] を入力します。このドメイン名は、電子メール アドレスや受信者ポリシーで使用されますが、SMTP Transport Event Sink がインストールされているサーバのドメインと同一である必要はありません。通常、ここで入力するドメインは、[プライマリ ロケーション] ページで入力するドメインと同じものになります。

ステップ 10 [Next] を 2 回クリックします。

ステップ 11 セットアップが完了したら、 [Finish] をクリックし、セットアップを終了してサーバを再起動します。

ステップ 12 サーバ上のウィルス スキャン サービスを有効にします。

ステップ 13 ボイス コネクタのプロパティを Exchange システム マネージャで表示するには、Microsoft Windows Script Host バージョン 5.6 以上を Exchange サーバにインストールする必要があります。次の手順、「 Microsoft Windows 2000 Script Host を更新するかどうかを判別する 」に進みます。


) Exchange サーバで以前のバージョンの Windows Script Host を使用している場合、ボイス コネクタは正常に動作しますが、Exchange システム マネージャでボイス コネクタのプロパティを表示できません。



 

Microsoft Windows 2000 Script Host を更新するかどうかを判別する


ステップ 1 ボイス コネクタがインストールされている Exchange サーバ上で、 \Winnt\System32 フォルダを参照します。

ステップ 2 wshom.ocx ファイルを右クリックし、 [プロパティ] を選択します。

ステップ 3 [バージョン] タブをクリックします。

ステップ 4 アイテム名リストから[ 製品バージョン] をクリックすると、[値] ボックスにバージョンが表示されます。

ステップ 5 バージョンが 5.6 以前の場合、Windows Script Host をアップデートすると ボイス コネクタのプロパティが Exchange システム マネージャで表示されるようになります。

Windows Script Host を更新するには、Microsoft Web サイトのダウンロード ページで Windows Script Host をキーワードとして検索します。インストール手順に従います。


 

プライマリ ロケーションのカスタマイズ

組織内で複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成している場合は特に、プライマリ ロケーションに割り当てるダイヤル ID を慎重に検討してください。ダイヤル ID の選択の詳細については、「ダイヤル ID および内線番号割り当てのガイドライン」を参照してください。


) 組織内の複数の Cisco Unity サーバがデジタル ネットワークを介してネットワークを構成している場合、これらのサーバ上でもプライマリ ロケーションを設定する必要があります。特に、他の Cisco Unity サーバ上のプライマリ ロケーションで、SMTP ドメイン名は必ず入力してください。設定しない場合、VPIM Networking は他の Cisco Unity サーバ上のユーザに対して正しく動作しません。


プライマリ ロケーションをカスタマイズする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク] >[プライマリ ロケーション] >[プロファイル] ページに移動します。

ステップ 2 ロケーションの有意な名前を入力します。

ステップ 3 ダイヤル ID を入力します。ダイヤル ID は、Cisco Unity に対して、このロケーションを識別するものです。

ステップ 4 ロケーションの名前を音声で録音します。

ステップ 5 ダイヤル ドメインについては、次のいずれかを行います。

このサーバを、ダイヤル ドメインに属さないように設定する場合、 [なし] をクリックします。

このサーバを、ダイヤル ドメインに属するように設定する場合、ダイヤル ドメイン名を入力するかリストから選択します。リストには、ネットワーク内の他の少なくとも 1 つの Cisco Unity サーバ上で設定済みの、ダイヤル ドメイン名が表示されます。

ダイヤル ドメイン名は、大文字と小文字が区別され、すべてのサーバで完全に同一の名前を入力する必要があります。すべてのサーバに同じダイヤル ドメインを確実に正しく追加するには、ダイヤル ドメイン名を 1 つの Cisco Unity サーバで入力し、そのドメイン名が他の Cisco Unity サーバへ複製されるのを待ちます。この作業により、サーバ間での複製が正しく動作することも確認できます。他の Cisco Unity サーバからのプライマリ ロケーション データがローカル サーバへ反映されまでに要する時間は、ネットワークのコンフィギュレーションおよび複製スケジュールにより異なります。

ステップ 6 [SMTP ドメイン名] を入力します。入力するのは、電子メール アドレスの右半分、@ 記号の後の部分です(たとえば、london.cisco.com)。@ 記号は入力しないでください。Cisco Unity が自動的に挿入します。

ステップ 7 [保存] アイコンをクリックします。


 

宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープの設定

複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成しているインストレーションでは、VPIM Networking をセットアップしたサーバだけでなく、すべての Cisco Unity サーバで検索スコープを設定します。

ディレクトリ ハンドラまたは自動受付の検索スコープを変更する前に、「着信転送設定を利用できない場合」を参照してください。


) 他のボイス メッセージ システムから送信された受信 VPIM メッセージについて一致するユーザの内線番号の検索スコープは、グローバル ディレクトリに設定されることに注意してください。この受信の検索スコープを、ダイヤル ドメインやローカル Cisco Unity サーバに制限することはできません。これは、主要内線番号がグローバル ディレクトリ内で一意である必要があることを意味します。


次の手順を実行して、宛先、ディレクトリ ハンドラおよび自動受付の検索スコープについて、セットアップを行います。

「宛先の検索スコープの設定」

「ディレクトリ ハンドラの検索スコープの設定」

「自動受付の検索スコープの設定」

自動受付の検索スコープは、ダイヤル ドメインを検索するように設定し、ネットワークで接続された Cisco Unity サーバ間で、認識されたユーザ メッセージが機能するようにします。

宛先の検索スコープの設定

宛先検索オプションの詳細については、「プライマリ ロケーションの宛先オプションの設定」を参照してください。

宛先の検索スコープを設定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク] >[プライマリ ロケーション] >[宛先オプション] ページに移動し、必要に応じて宛先オプションを設定します。

ローカル Cisco Unity サーバ上で作成されたユーザに、他の(同一のディレクトリにアクセスする) Cisco Unity サーバへのメッセージの宛先の指定を許可するには、 [ダイヤル ドメイン(リストから選択するか、ダイヤルドメイン名を入力)] または[ グローバル ディレクトリ] を必要に応じて選択します。

ブラインド アドレスを、別個のディレクトリ内の Cisco Unity サーバに使用している場合または別のボイス メッセージ システムに使用している場合は、[ブラインド アドレス:許可ロケーション] の設定を必要に応じて[なし] 以外に設定します。

ステップ 2 ロケーションをアドレス検索に含める必要がある場合は、 [検索にはロケーションを含みます。] チェックボックスをオンにします。一致するユーザに加えて、一致するロケーションが返されます。ロケーションの一致を確認することにより、そのロケーションに関連付けられたユーザの二次検索が可能です。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

ディレクトリ ハンドラの検索スコープの設定

詳細については、『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「ディレクトリ ハンドラの設定」の章の「ディレクトリ ハンドラ検索オプションの設定」の項を参照してください。

ディレクトリ ハンドラの検索スコープを設定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [通話管理] >[ディレクトリ ハンドラ] >[検索オプション] ページに移動し、既存のディレクトリ ハンドラの検索オプションを変更するか、または宛先検索サービスを使用している身元不明発信者の新規ディレクトリ ハンドラを作成します。

ステップ 2 ダイヤル ドメイン内の他の Cisco Unity サーバ上のユーザを宛先検索サービスで検索可能にするには、 [ダイヤル ドメイン] をクリックします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

 

自動受付の検索スコープの設定

デフォルトでは、組織の開始グリーティングにアクセスした外部からの発信者は、ローカル Cisco Unity サーバへ関連付けられたユーザだけに転送されます。同じダイヤル ドメインの他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザに発信者を転送できるように自動受付をセットアップするには、次の手順に従ってレジストリ設定を変更します。

自動受付の検索スコープは、ダイヤル ドメインを検索するように設定し、ネットワークで接続された Cisco Unity サーバ間で、認識されたユーザ メッセージが機能するようにします。


) Cisco Unity のフェールオーバーでは、一方の Cisco Unity サーバでレジストリを変更したときに、もう一方の Cisco Unity サーバでも手動で変更する必要があります。レジストリの変更は複製されません。


自動受付の検索スコープを設定する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のウィンドウで、[Administrative Tools] の下の[ Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Settings] ウィンドウで、 [Set Auto Attendant Search Scope] をクリックします。

ステップ 4 [New Value] リストで 1 をクリックし、 [Set] をクリックすると、Cisco Unity はダイヤル ドメイン内のユーザを検索します。

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更を有効にするために、Cisco Unity を再起動する必要はありません。

ステップ 6 [Exit] をクリックします。


 

VPIM 発信ロケーションの作成

VPIM 発信ロケーションは、ローカル Cisco Unity サーバ上で、ユーザのメッセージの送信先となるリモート ボイス メッセージ システムそれぞれに対して作成します。複数の Cisco Unity サーバで構成されるインストレーションでは、指定された VPIM ブリッジヘッド サーバだけに VPIM 発信ロケーションを作成します。

発信ロケーションには、慎重にダイヤル ID を割り当ててください。ダイヤル ID の選択の詳細については、「ダイヤル ID および内線番号割り当てのガイドライン」を参照してください。

VPIM 発信ロケーションを作成する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク] >[発信ロケーション] >[プロファイル] ページに移動します。

ステップ 2 [追加] アイコンをクリックします。

ステップ 3 わかりやすいロケーションの名前を入力します。

ステップ 4 ダイヤル ID を入力します。これは、Cisco Unity に対してロケーションを識別し、ユーザがブラインド アドレスでこのロケーションの受信者をメッセージの宛先に指定するために使用するものです。

ステップ 5 ロケーションの[宛先] として[ VPIM] を選択します。

ステップ 6 [追加] をクリックします。

ステップ 7 ロケーションの名前を音声で録音します。

ステップ 8 リモート ボイス メッセージ システムのメッセージを処理する TCP/IP ネットワーク上のシステムのインターネットで宛先指定が可能な SMTP ドメイン名を入力します。

ステップ 9 番号計画に対応する上で必要であれば、[VPIM ロケーション] セクションの[電話プレフィックス] フィールドに番号を入力します。この番号は、リモート ボイス メッセージ システム上のユーザの VPIM アドレスを作成するために使用されます。

ステップ 10 番号計画に対応する上で必要であれば、[Cisco Unity ロケーション] セクションの[電話プレフィックス] フィールドに番号を入力します。この番号は、Cisco Unity ユーザの VPIM アドレスを作成するために使用されます。

ステップ 11 この VPIM ロケーションからの着信メッセージを別のオーディオ形式に変換するかどうかを指定します。

ステップ 12 オプションで、 [発信者の録音名] と[ 発信者の vCard] の両方またはそのいずれかのチェックボックスをオンにします。

ステップ 13 [保存] アイコンをクリックします。


 

VPIM ユーザの作成

VPIM ユーザ アカウントは、Cisco Unity Bulk Import ウィザードまたは Cisco Unity システム管理を使用して作成できます。次の各項を参照してください。

「ユーザ アカウントの作成前に考慮する事項」

「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した複数のユーザ アカウントの作成」

「Cisco Unity システム管理を使用した VPIM ユーザ アカウントの作成」

「ユーザ アカウントの作成後に考慮する事項」

ユーザ アカウントの作成前に考慮する事項

この項では、ユーザ アカウントを作成する前に考慮する必要がある事項について順に示します。

1. Cisco Unity コンフィギュレーションおよび権限

使用しているアカウントに、ユーザを作成するための十分な権限と許可があるかどうかを確認する場合、または Cisco Unity が、メッセージ ストアを処理するよう正しく設定されているかどうかを確認する場合は、次の手順に従って SysCheck 診断ツールを実行します。

Cisco Unity SysCheck ツールを使用して、Cisco Unity の設定と権限を確認する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot] ウィンドウの左側領域にある[Diagnostic Tools] ディレクトリで、 [SysCheck] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Check Unity Configuration Wizard へようこそ] ページで、 [コンフィギュレーション テストの選択] をクリックし、 [次へ] をクリックします。

ステップ 4 Cisco Unity に接続されていないメッセージ ストアのチェックボックスをオフにします。

ステップ 5 [テスト] をクリックします。

ステップ 6 [テスト結果] ボックスで、リンクをクリックしテスト結果を表示します。

ステップ 7 エラーが報告されなければ、ステップ 8 へ進みます。エラーがあった場合、次のサブステップを実行します。

a. [解決法] カラムに表示されるアドバイスに従い、各コンフィギュレーション エラーまたは権限エラーを訂正します。

b. [Check Unity Configuration Wizard を完了しています] ページに戻り、 [終了] をクリックします。

c. エラーが報告されなくなるまで、ステップ 2ステップ 7 を繰り返します。

ステップ 8 [終了] をクリックします。


 

2. サービス クラス

サービス クラス(COS)は、Cisco Unity を使用するユーザの制限や権限を定義します。たとえば、COS はユーザのメッセージやグリーティングの最大長を指定します。ほとんどの COS 設定は VPIM ユーザには適用されませんが、VPIM ユーザも COS のメンバーである必要があります。Cisco Unity システム管理では、COS は各ユーザ テンプレートで指定されます。したがって、ユーザには、ユーザ アカウントの基となるテンプレートで指定された COS が割り当てられます。Cisco Unity には、定義済みサービス クラスがあり、これらは修正できます。また、サービス クラスを新規に作成できます。詳細については、『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「サービス クラスの設定」の章を参照してください。

3. 規制テーブル

各 COS は規制テーブルを指定します。1 つは着信転送用であり、もう 1 つは、メッセージ通知用であり、さらにもう 1 つはファックス転送用です。Cisco Unity はユーザの COS に関連付けられた規制テーブルを適用し、電話番号が許可されていない場合はエラー メッセージを表示します。Cisco Unity には定義済み規制テーブルがあり、これらは修正できます。

規制テーブルのほとんどの設定は、VPIM ユーザには適用されません。VPIM ユーザは Cisco Unity にログオンできないか、または、Cisco Personal Communications Assistant (PCA)を使用できないのがその理由です。ただし、管理者は VPIM ユーザの着信転送番号を入力することができます。セキュリティ上の理由から、VPIM ユーザが所属する COS 内で転送に使用する規制テーブルは修正する必要があります。詳細については、『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「規制テーブル」の章を参照してください。

4. パブリック同報リスト

パブリック同報リストは、ボイス メッセージを複数のユーザに一度に送信するときに使用します。Cisco Unity は、ユーザ アカウントの基となるテンプレートで指定したパブリック同報リストに、新しいユーザを割り当てます。詳細については、『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「パブリック同報リストの設定」の章を参照してください。

パブリック同報リストは、Active Directory 内の同報グループに対応します。同報リストは、明示的に非表示にしない限り、Microsoft Outlook (または他の電子メール クライアント)のアドレス帳に表示されます。電子メールが VPIM ユーザに送信されないようにするには、VPIM ユーザだけを含むリストを作成し、Outlook のアドレス帳でこれらの同報リストを非表示にします。同報リストの非表示オプションは、Cisco Unity システム管理の[ユーザ] >[パブリック同報リスト] >[プロファイル] ページで利用可能です。さらに、すべてのユーザの同報リストまたは通常のユーザを含む他の同報リストから VPIM ユーザを除外することもできます。

5. ユーザ テンプレート

Cisco Unity システム管理では、ユーザ テンプレートを使用することでユーザ グループの設定を指定できます。ユーザ テンプレートには、部門など特定の種類のユーザに適切な設定が含まれています。選択したテンプレートの設定は、ユーザ アカウント作成時にアカウントに適用されます。Cisco Unity には、修正可能なデフォルト ユーザ テンプレートが用意されており、また、新規テンプレートを数に制限なく作成できます。詳細については、『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「ユーザ テンプレートの設定」の章を参照してください。

VPIM ユーザは、Active Directory 内の連絡先に対応します。連絡先は、明示的に非表示にしない限り、Microsoft Outlook (または他の電子メール クライアント)のアドレス帳に表示されます。関連する連絡先を Outlook アドレス帳で非表示にしたり、Outlook アドレス帳における連絡先の表示方法を変更したりすることができます。詳細については、「Outlook アドレス帳における VPIM ユーザの表示方法の決定」を参照してください。

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した複数のユーザ アカウントの作成

Cisco Unity Bulk Import ウィザードでは、CSV ファイルからユーザ データをインポートすることによって、一度に複数のユーザ アカウントを作成できます。CSV は、1 つのデータ ストアから別のデータ ストアへデータを移動するための一般的なテキスト ファイルです。ユーザ データが正しい形式で CSV ファイルに格納されていれば、このデータを利用して、新しい Active Directory 連絡先をユーザ アカウントの作成と同時に作成できます。また、既存の Active Directory 連絡先データを使用したユーザ アカウントの作成も可能です。

既存の Active Directory 連絡先データを使用してユーザ アカウントを作成する場合の注意点として、インポートされる連絡先の電子メール アドレスは、リモート ボイス メッセージ システムに対するボイス メッセージの宛先指定に使用される内線アドレスで上書きされます。したがって、インポートされたオブジェクトは、リモート電子メール アドレスに対する発信メッセージの宛先指定には使用できなくなります。

次の手順で CSV ファイルを用意します。CSV ファイルに必要なカラム ヘッダーおよびオプションのカラム ヘッダーについてなど、Cisco Unity Bulk Import ウィザードで使用する CSV ファイルの準備の詳細については、Cisco Unity Bulk Import ウィザード オンライン ヘルプを参照してください。

VPIM ユーザ アカウント作成用の CSV ファイルを準備する


ステップ 1 Cisco Unity アカウントを作成するために使用するデータを、CSV ファイルとして保存します。

1 つの CSV ファイルに格納するレコード数は、必ず 7,500 件以下としてください。それ以上の数のレコードが存在すると、Cisco Unity Bulk Import ウィザードがデータをインポートするときに予期しない結果になることがあります。

ステップ 2 CSV ファイルを Cisco Unity サーバ、またはそのサーバから参照できるディレクトリにコピーします。

ステップ 3 表計算アプリケーションなどの、データの編集および再構成が可能なアプリケーションで CSV ファイルを開きます。次の手順を実行します。

ファイルのデータが、タブ、スペースまたはセミコロンではなく、コンマで区切られていることを確認します。

データにスペース、引用符、またはコンマが含まれている場合は、そのデータを引用符で囲みます。

ステップ 4 カラムがステップ 5 で追加するカラム ヘッダーと同じ順序になるように、データを並べ替えます。カラム ヘッダーの順序は重要ではありませんが、ここに示すように CSV ファイルを構成することをお勧めします。たとえば、このサンプル データのカラムは、ユーザの姓、名、内線番号、リモート メールボックス番号の順になるように並べ替えられています。

Abade,Alex,2001,3000
Bader,Kelly,2002,3100
Campbell,Terry,2003,3200
Cho,Li,2004,3300


) この手順のサンプルは、Cisco Unity Bulk Import ウィザードが、ユーザ アカウントと同時に新しい連絡先を作成する場合の、CSV ファイルのセットアップ方法を示しています。既存の連絡先データを使用して新しいユーザ アカウントを作成する場合は、ALIAS カラム ヘッダーおよびデータを、CSV ファイルに組み込む必要があります。


ステップ 5 データの先頭行の上に必須カラム ヘッダーを入力します。カラム ヘッダーは、大文字を使用し、カンマで区切り、次に示すとおりのスペルで入力します。

LAST_NAME,FIRST_NAME,DTMF_ACCESS_ID,REMOTE_USER_ID

ステップ 6 必要な場合は、先頭行にカラムを追加し、その下に続く行にインポートするデータを追加します。このとき、次のことを確認してください。

カラム ヘッダーとデータはカンマで区切られている。オプションのカラム ヘッダーの各行にデータが必要なのではないことに注意してください。

スペース、引用符またはカンマを含むデータは、引用符で囲まれている。

ステップ 7 CSV ファイル内のユーザを発信ロケーションで関連付けるには、インポート時に Cisco Unity Bulk Import ウィザードにより表示される、定義済み発信ロケーションのリストから選択します。または、DELIVERY_LOCATION_ID カラムを CSV ファイルに追加することもできます。

DELIVERY_LOCATION_ID カラムの内容は、発信ロケーションを外部ユーザに関連付けるために使用されるダイヤル ID です。この値は、Cisco Unity システム管理の[ネットワーク] >[配信ロケーション] >[プロファイル] ページの、[ダイヤル ID] フィールドに対応します。このカラム ヘッダーを省略した場合、あるいは行に値がない場合、Cisco Unity Import ウィザードがプロンプトに表示する発信ロケーションが、デフォルトとして使用されます。CSV ファイルの使用により、複数の発信ロケーションについて、外部ユーザをインポートできます。

ステップ 8 VPIM ユーザに対して電子メールを送信できないように、HIDE_IN_ADDRESS_BOOK カラム ヘッダーを組み込むことができます。ユーザ データの各行には、1 を入力します(1 は、電子メールのアドレス帳におけるユーザの非表示を意味し、0 は、表示を意味します)。

ステップ 9 CSV ファイルにインポートする必要のないデータがある場合は、そのカラムを削除してください。または、1 つのカラムに NOTES というタイトルを付けることができます。Cisco Unity Bulk Import ウィザードは、NOTES カラム ヘッダー以下のデータを無視します。ただし、CSV ファイル内の NOTES 数は 1 つだけサポートされています。

ステップ 10 すべての行に、各カラム ヘッダーに対応する適切なデータが含まれていることを確認します。

ステップ 11 ファイルを CSV ファイルとして保存します。

ステップ 12 次の手順、「 Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して VPIM ユーザ アカウントを作成する 」に進みます。


 


) Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行する前に、Cisco Unity サーバ上のウィルス スキャン サービスおよび侵入検知ソフトウェアを無効にします。これを行わないと、Cisco Unity Bulk Import ウィザードの動作が遅くなる可能性があります。手順については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのオンライン ヘルプを参照してください。


Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して VPIM ユーザ アカウントを作成する


ステップ 1 Cisco Unity サーバ上で、Windows の[スタート] メニューで[ プログラム] >[Unity] >[Cisco Unity Bulk Import ] をクリックします。

ステップ 2 画面上の指示に従います。

ウィザードの進行に伴ってダイアログボックスに表示されるオプションの詳細については、 [ヘルプ] をクリックしてください。

ステップ 3 作成するユーザの種類を選択するプロンプトが表示されたら、 [VPIM] をクリックします。

ステップ 4 [次へ] をクリックし、ウィザードを続行します。ウィザードでエラーが報告されたら、次のいずれかを実行します。

[OK] をクリックしてインポートを続行し、後でエラーを修正する。

エラーを修正する。詳細については、「CSV インポート エラーの修正」を参照してください。

ステップ 5 ユーザ アカウントを作成したら、 [完了] をクリックします。

ステップ 6 インポート エラーがあり、ステップ 4でエラーを後で修正することを選択した場合は、「CSV インポート エラーの修正」を参照してください。

インポート エラーがなかった場合、またはすべてのエラーが修正された場合は、「ユーザ アカウントの作成後に考慮する事項」を参照してください。


 

CSV インポート エラーの修正

エラー ログ ファイルには、Cisco Unity Bulk Import ウィザードでインポートされなかったデータが記録されます。このウィザードは、CSV ファイルの行から検出した最初のエラーをレポートします。そのエラーを修正後、データ インポートが再開すると、ウィザードはさらに同じ行からのエラーを検出します。このように、修正プロセス、つまり、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行しエラーを修正することを何回か繰り返し、すべてのエラーを修正します。

出力ログ ファイルには、インポートされなかったすべてのレコードが記録されます。これを CSV ファイルに保存し、再び Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行するときに使用できます。Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行するたびに、エラー ログ ファイルおよび出力ログ ファイルが上書きされることに注意してください(ファイルに新しい名前を指定した場合を除きます)。

インポート エラーを修正するには、次の手順「CSV ファイルからデータをインポートしているときに発生したエラーを修正する」に従います。

CSV ファイルからデータをインポートしているときに発生したエラーを修正する


ステップ 1 インポート中に指定した、エラー ログ ファイルが置かれるディレクトリへ移動します。デフォルトの場所およびファイル名は C:\Error.log です。

ステップ 2 テキスト エディタを使用し、エラー ログ ファイルを開きます。エラーを修正するために、エラー コードを使用します。

ステップ 3 インポート中に指定した、出力ログ ファイルが置かれるディレクトリへ移動します。デフォルトの場所およびファイル名は C:\Output.log です。

ステップ 4 テキスト エディタを使用し、出力ログ ファイルを開きます。

ステップ 5 エラー ログ ファイルにエラーとして記載された出力ファイルのレコードを修正します。

ステップ 6 出力ログ ファイルの編集が完了したら、新しい名前で CSV ファイルとして保存します。

ステップ 7 ステップ 6 で作成した CSV ファイルを使用して、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを再度実行します。

ステップ 8 すべてのユーザ アカウントがエラーがなく作成されるまでこの手順を繰り返し、次に、「ユーザ アカウントの作成後に考慮する事項」へ進みます。


 

Cisco Unity システム管理を使用した VPIM ユーザ アカウントの作成

Cisco Unity システム管理を使用すると、VPIM ユーザ アカウントを一度に 1 つずつ作成できます。新規 VPIM ユーザ アカウントを追加する場合は、Cisco Unity は連絡先を Active Directory に作成します。

VPIM ユーザ アカウントを作成するには、次の手順、 Cisco Unity システム管理を使用して新しい VPIM ユーザを追加する を実行します。

Cisco Unity システム管理を使用して新しい VPIM ユーザを追加する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ユーザ] >[ユーザ] >[プロファイル] ページに移動します。

ステップ 2 [追加] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [新規] をクリックし、リストから[ VPIM] を選択します。

ステップ 4 [姓] と[名] を入力します。

ステップ 5 Cisco Unity の VPIM ユーザの[内線番号] を入力します。これは、Cisco Unity ユーザが、この VPIM ユーザをメッセージの宛先に指定するときに使用する番号です。

ステップ 6 使用する[テンプレート] を選択します。

ステップ 7 この VPIM ユーザにメッセージをルーティングするときにリモート ボイス メッセージ システムが使用する[リモート メールボックス番号] を入力します。

この番号は、VPIM ユーザに対してメッセージの VPIM アドレスを作成するためにボイス コネクタが使用します。VPIM アドレスの作成時、関連付けられている VPIM 発信ロケーション ページでプレフィックスが定義されている場合には、ボイス コネクタはこの番号を修正します。

ステップ 8 ユーザを関連付ける[ロケーション] を選択します。

ステップ 9 [追加] をクリックします。

ステップ 10 ユーザ レコードの設定を必要に応じてカスタマイズし、 [保存] アイコンをクリックします。


 

ユーザ アカウントの作成後に考慮する事項

VPIM ユーザ アカウントを作成したら、次のことに注意します。

新しく作成したユーザがメッセージを受信できるまで、数分間かかります。

個別のアカウントのユーザ設定は、Cisco Unity システム管理で変更できます。詳細については、『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「ユーザ設定」の章を参照してください。

主要内線番号または代行内線番号などの、独自のユーザ設定を修正する場合は、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを(再度)実行できます。詳細については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのオンライン ヘルプを参照してください。

ユーザが組織から離れたなどの理由で Cisco Unity アカウントが不要になった場合、そのユーザ アカウントは削除できます。詳細については、「VPIM ユーザの削除」を参照してください。

他のボイス メッセージ システムを VPIM 用に設定するための Cisco Unity についての情報の収集

Cisco Unity と VPIM メッセージを交換するように別のボイス メッセージ システムを設定するには、次の情報が必要になります。

ボイス コネクタと VPIM Transport Event Sink がインストールされている Exchange サーバのサーバ名とドメイン名

対応する発信ロケーション ページに入力されている Cisco Unity 電話プレフィックスとリモート 電話プレフィックス(存在する場合)

Cisco Unity ユーザのメールボックス番号範囲

Cisco Unity 宛の VPIM メッセージは、ボイス コネクタと VPIM Transport Event Sink がインストールされている Exchange 2000 サーバまたは Exchange 2003 サーバに送信される必要があります。他のボイス メッセージ システム上の Cisco Unity のロケーションを定義する場合は、この Exchange サーバを指定する必要があります。

Cisco Unity は、着信 VPIM メッセージが
<UnityPhonePrefix+UnitySubscriberExtension@PrimaryLocationSMTPDomainName> の形式であることを予測しています。これらの特別なプロパティは、Cisco Unity で設定されますが、正常なメッセージのフローを確保するには、他のボイス メッセージ システムを設定する際に同様の情報を指定する必要があります。

VPIM の概念と定義

次の項では、VPIM の概念について詳しく説明します。

「VPIM の概説」

「ロケーションと VPIM Networking」

「ボイス コネクタと VPIM Networking」

「メッセージの宛先オプション」

「ブラインド アドレスと VPIM Networking」

「VPIM ユーザ」

「内線アドレス」

「Outlook アドレス帳における VPIM ユーザの表示方法の決定」

「別のボイス メッセージ システムから Cisco Unity へのユーザ移行」

「ネットワークを構成している Cisco Unity サーバでの注意事項」

「電話プレフィックス」

「サポートされるオーディオ形式」

VPIM の概説

VPIM により、ボイス メッセージ、テキスト メッセージおよびファックス メッセージを、異なるボイス メッセージ システム間で、インターネット経由または任意の TCP/IP ネットワーク経由で送受信できます。VPIM は、シンプル メール転送プロトコル(SMTP)と Multi-Purpose Internet Mail Extension (MIME)プロトコルに基づいた業界標準プロトコルです。

VPIM によって、組織は異なるボイス メッセージ システムをリンクして、それらのシステム間でボイス メッセージの送信、受信、転送、および応答をシームレスに行うことができます。VPIM Networking を使用すると、組織はネットワーク メッセージの長距離市外電話料金を節約できる場合があります。メッセージは、TCP/IP ベースのインターネットまたはインターネットを通じて、あるいはその 2 つの組み合わせによって交換できます。

VPIM 仕様は、メッセージの形式、メッセージ アドレス、メール サーバ間のメッセージの交換方法を定義します。VPIM は、メール サーバがクライアント アプリケーションと対話する方法、またはエンド ユーザとインターフェイスをとる方法は指定していません。そのため、多種多様な既存システムが VPIM をサポートできます。VPIM の詳細については、Open Group VPIM Web サイトを参照してください。

VPIM メッセージ

VPIM メッセージは、1 つまたは複数の MIME 符号化部分で構成されています。VPIM 仕様では、音声名に対するオプションの MIME 部分と、転送メッセージ、ファックス メッセージ、テキスト メッセージが許可されています。VPIM メッセージには vCard も付加できます。これは電子名刺の添付ファイルで、内容は電話番号、テキスト名、および電子メール アドレスです。Cisco Unity では、送信者のボイス名および vCard を発信メッセージと一緒に送信するかどうかを指定できます。着信メッセージにボイス名が含まれる場合は、メッセージの一部として再生されます。着信メッセージに vCard が添付されている場合、受信者は vCard のデータを ViewMail for Microsoft Outlook で参照できます。Cisco Unity は、着信メッセージのボイス名または vCard データを使用したディレクトリの更新は行いません。

VPIM ボイス メッセージ部分は、ITU G.726 32-kbps の ADPCM 規格を使用して符号化されます。VPIM ファックスの符号化は、TIFF-F 仕様に基づいたものです。vCard 形式は、Versit vCard 仕様のインターネット対応版に基づいています。

VPIM アドレス

VPIM アドレスは、localpart@hostpart のように、通常の SMTP 電子メール アドレスと同じ形式です。アドレスの右側は、メッセージを処理する、TCP/IP ネットワーク上のシステムのドメイン名です。アドレスの左側は、ユーザの固有の識別情報です。通常、左側はユーザのメールボックス番号またはプレフィックスを持つメールボックス番号です。

たとえば、リモート メールボックス番号 2233 を持つ Terry Campbell への発信 VPIM メッセージは次のようになります。

To: 2233@remotevoicemailsystem.com

組織の番号計画に対応する上で必要であれば、このアドレスにはプレフィックスを含めることもできます。

To: 8882233@remotevoicemailsystem.com

VPIM アドレスは、VPIM メッセージを送信するときにボイス コネクタによって作成されます。メッセージの宛先を指定するときにユーザが入力するものではありません。

ロケーションと VPIM Networking

VPIM Networking のセットアップの中心になる Cisco Unity オブジェクトをロケーションと呼びます。各 Cisco Unity サーバは、デフォルト ロケーションまたはプライマリ ロケーションと呼ばれる 1 つのロケーションに関連付けられています。プライマリ ロケーションは、インストール時に作成され、削除できません。VPIM Networking をセットアップするときに、Cisco Unity システム管理を使用してプライマリ ロケーションに新しい名前とダイヤル ID (Cisco Unity 内でのロケーションの識別情報)を付け、SMTP ドメイン名を入力し、必要に応じてその他のプロパティをカスタマイズします。詳細については、「プライマリ ロケーション プロファイルの設定」を参照してください。

Cisco Unity が通信するリモート ボイス メッセージ システムそれぞれに対応するようにCisco Unity システム管理で発信ロケーションを作成します。発信ロケーションには、Cisco Unity が他の VPIM 準拠ボイス メッセージ システムとメッセージを交換するために必要な情報が含まれています。VPIM 発信ロケーションには、リモート ボイス メッセージ システムのメッセージを処理する TCP/IP ネットワーク上のシステムの SMTP ドメイン名が含まれています。詳細については、「VPIM 発信ロケーション プロファイル設定」を参照してください。

ロケーション データは、Cisco Unity サーバ上の SQL データベースと Active Directory の両方に格納されます。複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成している組織では、ロケーション データはネットワーク内のすべての Cisco Unity サーバに複製されます。つまり、発信ロケーションはネットワーク内の 1 つの Cisco Unity サーバ上だけに作成する必要があります。発信ロケーションが作成される Cisco Unity サーバは、ブリッジヘッド サーバと呼ばれます。詳細については、「ネットワークを構成している Cisco Unity サーバでの注意事項」を参照してください。

ボイス コネクタと VPIM Networking

Cisco Unity は、Exchange 2000 または Exchange 2003 を使用して Cisco Unity と他の VPIM 準拠ボイス メッセージ システムとの間のメッセージ送受信を行います。 Exchange 2000 および Exchange 2003 は VPIM 転送に準拠し、SMTP をサポートするコンピュータとの間でインターネットまたは TCP/IP ネットワークを経由してメッセージを送受信する機能を備えています。

VPIM 準拠ボイス メッセージ システムへの発信メッセージは、送信される前に MIME メッセージとして符号化する必要があります。Cisco Unity Voice Connector for Exchange 2000 は、MIME 形式との間で変換を処理します。

ボイス コネクタは、Exchange 2000 または Exchange 2003 サーバにインストールする必要があります。Exchange サーバおよび Cisco Unity サーバが異なるルーティング グループにある場合、ルーティング グループ コネクタをインストールする必要があります。ボイス コネクタは Cisco Unity サーバにインストールすることもできますが(Exchange 2000 または Exchange 2003 もそのサーバにインストールされている場合)、パフォーマンス上の理由により推奨しません。

ボイス コネクタは、Exchange クラスタ内のサーバにインストールしないでください。Microsoft は、Exchange クラスタ サーバ上のサード パーティ コネクタはサポートしていません。

ボイス コネクタのインストールの詳細については、「Voice Connector for VPIM Networking のセットアップ」を参照してください。

ボイス コネクタの発信 VPIM メッセージの処理方法

ユーザが電話を使用して VPIM 受信者をメッセージの宛先に指定すると、Cisco Unity は、このメッセージ用に VPIM:<ロケーションのダイヤル ID>_<リモート メールボックス> という形式の To アドレスを構成します。他のメッセージの場合と同様に、Cisco Unity はこれを Exchange に転送して配信します。メッセージは VPIM アドレス タイプなので、最初にボイス コネクタに渡されて処理されます。

ボイス コネクタは次のタスクを実行します。

MAPI から MIME 形式にメッセージを変換する。

対応する VPIM 発信ロケーション ページで指定したドメイン名とプレフィックスを使用して To アドレスをフォーマットする。

対応する VPIM 発信ロケーション ページのプレフィックスとプライマリ ロケーション ページのドメイン名を使用して、From アドレスをフォーマットする。複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成している組織では、送信側ユーザが関連付けられている Cisco Unity サーバのプライマリ ロケーションのドメイン名を使用します。

ボイス添付ファイルを G.726 オーディオ形式に変換する。

対応する VPIM 発信ロケーション ページで指定されている場合は、名前の録音と vCard、またはそのいずれかを添付する。

新しくフォーマットされたメッセージは、VPIM 準拠ボイス メッセージ システムへの送信に備えて、Windows 2000 サーバの SMTP ピックアップ ディレクトリに置かれます。

ボイス コネクタの着信 VPIM メッセージの処理方法

ボイス コネクタがインストールされている場合、ボイス コネクタは Ttransport Event Sink を Windows 2000 SMTP サーバに登録します。Ttransport Event Sink は、新しいメッセージの着信確認のような、定義済みトリガーを通じてアクティブにされるコードです。

VPIM Ttransport Event Sink は、ボイス コネクタによって登録され、すべての着信メッセージを監視します。Multipart/Voice-Message のコンテンツ タイプで、ボイス コネクタのインストール時に定義された SMTP ドメインを宛先に指定しているメッセージは、VPIM Ttransport Event Sink によって宛先をボイス コネクタに再指定されます。

ボイス コネクタはメッセージを受信すると、メッセージが VPIM 発信ロケーションで指定されたドメインからのものであることを最初に確認します。一致するドメイン名を持つ VPIM 発信ロケーションが見つからない場合は、ボイス コネクタはメッセージを拒否して、送信者に配信不能メッセージ(NDR)を送信します。

一致するロケーションを持つ VPIM 発信ロケーションが見つかった場合は、ボイス コネクタは次の処理をします。

プレフィックスが対応する VPIM 発信ロケーション ページで指定されている場合、電話プレフィックスを To および From アドレスから削除する。

Active Directory で内線番号を検索してメッセージの受信者を検証し、アドレスをフォーマットする。

MIME から MAPI 形式にメッセージを変換する。

ボイス添付ファイルを、対応する VPIM 発信ロケーション ページで指定されているオーディオ形式に変換する。

Cisco Unity ユーザ メールボックスへの配信に備えてメッセージを Exchange に転送する。

メッセージの宛先オプション

Cisco Unity には、VPIM 準拠のボイス メッセージ システムを使用してユーザをメッセージの宛先に指定する次のような方法があります。

ブラインド アドレス:ブラインド アドレスを使用すると、Cisco Unity は、リモート ボイス メッセージ システムの受信者に関する固有の情報(名前やメールボックス番号など)を使用せずにメッセージを送信できます。別のボイス メッセージ システムのユーザをメッセージの宛先に指定するには、発信ロケーションのダイヤル ID と受信者のリモート メールボックス番号を入力します。詳細については、「ブラインド アドレスと VPIM Networking」を参照してください。

VPIM ユーザ:VPIM ユーザについて、Cisco Unity は、名前や内線番号などリモート ユーザに関する情報を持っています。ユーザは、通常の Cisco Unity ユーザのときと同様に、VPIM ユーザを、受信者の内線番号または名前のスペルで、メッセージの宛先に指定します。VPIM ユーザの録音名がある場合には、音声名による確認が利用できます。詳細については、「VPIM ユーザ」を参照してください。

メッセージ処理の類似性と制限

ほとんどの部分で、Cisco Unity ユーザと VPIM 準拠ボイス メッセージ システム上の個人との間のメッセージ処理は、Cisco Unity ユーザ間のメッセージ処理と同じです。例を示します。

送信時に緊急のマークが付いているメッセージは、受信者が取り出すときにも緊急のマークが付いています。

送信時にプライベートのマークが付いているメッセージは、受信者が取り出すときにもプライベートのマークが付いています。ただし、ViewMail for Microsoft Outlook および Cisco Unity Inbox で、プライベート メッセージについては、送信元が Cisco Unity ユーザと VPIM 準拠ボイス メッセージ システム上の個人のどちらであっても、転送は可能ですが、修正はできません。バージョン 3.1 以前では、Cisco Unity Inbox は Visual Messaging Interface または VMI と呼ばれていたことに注意してください。

ユーザは、VPIM ユーザを含む Cisco Unity 同報リストにメッセージを送信できます。

ユーザは、リモート ボイス メッセージ システムがサポートしている場合には、ファックス メッセージを送信できます。

次の例外に注意してください。

受信確認と配信確認の要求は、いずれも配信確認として返されます。

ボイス添付ファイルのない電子メール メッセージは、ViewMail が VPIM 受信者を宛先に指定することは許可していますが、VPIM 受信者には送信されません。VPIM 受信者に送信された電子メール メッセージは、配信する代わりに、NDR として送信者に返されます。

ViewMail で VPIM メッセージに応答するとき、ユーザが応答でテキストを送信する場合にはテキスト添付ファイルにテキストを含める必要があります。受信者がテキスト添付ファイルを受信するかどうかは、リモート ボイス メッセージ システムの機能によって異なります。

ViewMail で重要度が低いとマークが付けられたメッセージは、通常のメッセージと同様に扱われます。

リモート ボイス メッセージ システムのユーザから Cisco Unity 同報リストに送信されたメッセージは配信されず、NDR が送信者に返されます。

ブラインド アドレスと VPIM Networking

ブラインド アドレスは、Cisco Unity が VPIM メッセージの宛先に別のボイス メッセージ システムのユーザを指定できるようにする方法の 1 つです。ブラインド アドレスを使用すると、Cisco Unity は、リモート ボイス メッセージ システムの受信者に関する固有の情報(名前やメールボックス番号など)を使用せずにメッセージの宛先を指定できます。ブラインド アドレスをセットアップするステップの 1 つとして、[プライマリ ロケーション] >[宛先オプション] ページで[ブラインド アドレス] 設定を[なし] 以外のものに変更する方法があります。さらに、Cisco Unity が通信するボイス メッセージ システムそれぞれに対応する VPIM 発信ロケーションも作成します。

発信ロケーションそれぞれに、次の基本情報を指定します。

[ダイヤル ID]:Cisco Unity に対してロケーションを識別する独自の番号。ブラインド アドレスでリモート ボイス メッセージ システムを使用するユーザをメッセージの宛先に指定するときに、ユーザがダイヤルする番号です。

[SMTP ドメイン名]:インターネットで宛先指定が可能な SMTP ドメイン名。発信ロケーションに対応するボイス メッセージ システムを使用している個人のアドレスを構成するために使用します。

ブラインド アドレスでメッセージの宛先を指定するとき、ユーザは発信ロケーションのダイヤル ID と受信者のメールボックス番号で構成された番号をダイヤルします。メッセージの宛先を指定する前に、Cisco Unity はユーザが入力した番号を解析し、一致する発信ロケーションを検索します。Cisco Unity に一致するロケーションが見つからない場合は、送信者にエラーを報告し、メッセーの宛先は指定されません。一致する発信ロケーションが見つかった場合、Cisco Unity はリモート メールボックス番号が存在するかどうかを確認せずにメッセージの宛先を指定します。Cisco Unity は、メッセージの宛先を指定する前に、発信ロケーションが存在するというボイス名の確認結果を伝えます(発信ロケーションに対してボイス名が録音されているものとします)。

ブラインド アドレスを使用するユーザの状況

ユーザは、電話、ViewMail for Microsoft Outlook、または Cisco Unity Inbox を使用してメッセージの宛先を指定できます。ViewMail または Cisco Unity Inbox を使用してメッセージの宛先を指定するには、次の形式でアドレスを入力します。

[VPIM:<発信ロケーションのダイヤル ID>_<リモート メールボックス番号>]


) ViewMail では、アドレスに角カッコが必要です。


Cisco Unity サーバは、他のボイス メッセージ システムを使用している相手の名前、内線番号、録音済みボイス名にアクセスできないため、ブラインド アドレス機能に制限が生じます。

メッセージの宛先を指定したとき、送信者はボイス名で確認結果を知ることはできません。入力された番号が正しいかどうかを Cisco Unity で確認できないため、ユーザは不注意で間違った相手または存在しない内線番号をメッセージの宛先に指定することがあります。ただし、ユーザは、無効な内線番号を入力すると、NDR を受信します。

ユーザは、メッセージの宛先を指定するときにスペリング モードを使用できません。使用できるモードは、ナンバー モードだけです。そのため、発信ロケーションのダイヤル ID と受信者のメールボックス番号を知っている必要があります。

ブラインド アドレスは、同報リストに追加できません。

ユーザが電話を使用して VPIM ロケーションの相手からのメッセージを聞く場合、ガイダンス(電話ユーザ インターフェイスまたは TUI とも呼ばれる)が送信者を識別することはできません。

ユーザが ViewMail for Microsoft Outlook または Cisco Unity Inbox を使用して VPIM ロケーションの相手からのメッセージを聞く場合、From アドレスの形式は、[VPIM:<発信ロケーションのダイヤル ID>_<リモート メールボックス番号>] です。リモート システムにメッセージの送信者の名前の録音が含まれている場合には、送信者を識別できます。

VPIM ユーザ

VPIM ユーザは、別のボイス メッセージ システムを使用している個人を表す Cisco Unity での呼び名です。VPIM ユーザが Cisco Unity で作成されると、他のユーザの場合と同様に、Cisco Unity はユーザをディレクトリ内で見つけてメッセージを送信できます。VPIM ユーザが宛先に指定されているボイス メッセージは、そのユーザが使用しているボイス メッセージ システムに送信されます。

AMIS ユーザをセットアップするには、まず、Cisco Unity が通信するリモート ボイス メッセージ システムそれぞれに対応する VPIM 発信ロケーションを作成します。発信ロケーションを作成した後で、各リモート ユーザの VPIM ユーザを作成します。各 VPIM ユーザを作成するときに、他のボイス メッセージ システム上のユーザのメールボックス番号を指定し、ユーザを関連付ける VPIM 発信ロケーションを選択します。ボイス コネクタは、VPIM ユーザにメッセージを送信するときに、関連付けられている発信ロケーションに関する情報を使用します。VPIM ユーザを作成できるのは、関連付けられている VPIM 発信ロケーションが作成された VPIM ブリッジヘッド サーバ上だけであることに注意してください。

VPIM ユーザ アカウントは、通常のユーザ アカウントとほとんど同じ方法で作成および管理します。Cisco Unity システム管理を使用して、VPIM ユーザ アカウントを 1 つずつ、作成、修正および削除できます。また、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用すると、複数の VPIM ユーザ アカウントの作成および修正が可能です。

内線番号は、VPIM ユーザ アカウントに必須です。この内線番号は、VPIM ユーザをメッセージの宛先に指定するときに、ユーザがダイヤルする番号です。この番号は、リモート ボイス メッセージ システム上の VPIM ユーザのメールボックス番号と同じでも異なっていてもかまいません。組織の開始グリーティングにアクセスした発信者は、VPIM ユーザの内線番号をダイヤルすることも、宛先検索サービスで VPIM ユーザを検索してメッセージを残すこともできます。

Cisco Unity の VPIM ユーザは、Active Directory に連絡先として表されます。VPIM ユーザを Cisco Unity システム管理で削除する場合、アカウントを個別に削除するか、VPIM ユーザが関連付けられた発信ロケーションを削除します。基となる連絡先は、自動的に削除されます。

VPIM ユーザは、メッセージを受信する以外に、Cisco Unity の他の機能にアクセスすることはできません。また、Cisco Unity システム管理のいくつかのセクションが使用不能になります。VPIM ユーザは次の操作を行うことができません。

電話で Cisco Unity にログオンして、メッセージをチェックまたは送信すること。

電話で Cisco Unity にログオンして、または Cisco Unity Assistant を使用して、個人設定を調整すること。名前の録音とグリーティングは、Cisco Unity システム管理を使用して録音または変更のみが可能です。バージョン 3.1 以前では、Cisco Unity Assistant は ActiveAssistant または AA と呼ばれていたことに注意してください。

Cisco Unity Inbox を使用してメッセージをチェックすること。バージョン 3.1 以前では、
Cisco Unity Inbox は Visual Messaging Interface または VMI と呼ばれていたことに注意してください。

プライベート同報リストを所有すること。

メッセージ通知をセットアップまたは受信すること。

メッセージ ウェイティング インジケータを受信すること。

ブラインド アドレスのセットアップに比べて、VPIM ユーザのセットアップには、より大きな Cisco Unity の管理上のオーバーヘッドが発生します。ただし、VPIM ユーザ オプションを使用すると、他のユーザは、通常のユーザを指定するときと同じ方法で、VPIM ユーザをメッセージの宛先に指定できます。一般的に、VPIM ユーザ アカウントのセットアップは、次の場合に適したソリューションです。

他のボイス メッセージ システムに、こちらのロケーションからのメッセージを受信する必要があるユーザが、少数しかいない場合(ただし、多数の VPIM ユーザの作成に対して、技術的な制限はありません)。

身元不明発信者がローカル Cisco Unity サーバを呼び出し、別のボイス メッセージ システムのユーザにメッセージを残せるようにする必要がある場合。リモート VPIM ユーザにメッセージを残すときに、ローカル発信者が長距離電話料金を支払わなくて済むようにできます。

次の項、 VPIM ユーザを使用するユーザの状況 で説明する機能が要求される場合。

多数の VPIM ユーザ アカウントのセットアップおよびメンテナンスを行うと管理上のオーバーヘッドが発生するため、ブラインド アドレスと VPIM ユーザを組み合わせた方がよい場合もあります。たとえば、上級営業スタッフ用に VPIM ユーザ アカウントをセットアップし、その他の従業員にはセットアップしないようにできます。

VPIM ユーザを使用するユーザの状況

VPIM ユーザは、電話帳に掲載されていて、ボイス名とグリーティングが録音されているとします。

ユーザは、電話、ViewMail for Microsoft Outlook、または Cisco Unity Inbox を使用して VPIM ユーザへのメッセージの宛先を指定できます。

VPIM ユーザに対応する連絡先は、Exchange のアドレス リストに取り込まれ、Outlook アドレス帳(連絡先が明示的に非表示にされていない場合)および Cisco Unity Inbox のアドレス帳に表示されます。したがって、Outlook または Cisco Unity Inbox を使用して VPIM ユーザへのメッセージの宛先を指定した場合、通常のユーザと同様になります。

電話を使用する場合、ユーザは VPIM ユーザへのメッセージの宛先の指定を、名前のスペル モード(システムで有効になっている場合)または内線番号でできます。

ユーザは、VPIM ユーザにメッセージの宛先指定をする際、ボイス名の録音による確認ができます。

ユーザが電話を使用してメッセージを聞く場合は、ガイダンスが誰からのメッセージであるかを案内します。

VPIM ユーザは、同報リストに追加できます。


) VPIM を通じて送信されたメッセージ(返信が可能)と、ボイスメールへ通話が転送された際に残されたメッセージ(返信は不可)の違いについて、ユーザに対する説明が必要です。詳細については、「メッセージを残す場合とメッセージを送信する場合」を参照してください。


Cisco Unity が、VPIM ユーザについて身元不明発信者からのメッセージを記録した場合、VPIM 仕様の要求に従い、「non-mail-user@<ドメイン名>」がメッセージの送信者として使用されます。VPIM ユーザはこれらのメッセージに対して返信できますが、Unity Messaging System のメールボックスに NDR として返されます。

着信転送の設定とVPIM ユーザ

VPIM ユーザには着信転送の設定があり、電話帳に掲載が可能で、また録音済みボイス名とグリーティングが、通常の Cisco Unity ユーザと同様に存在します。VPIM ユーザが作成された Cisco Unity サーバを呼び出す発信者は、VPIM ユーザの内線番号を入力できますが、電話帳での検索も可能です。VPIM ユーザが Cisco Unity が連動している電話システム上に電話を持っていない場合、着信転送を設定して、通話をユーザのグリーティングに直接送信する必要があります。このような場合、Cisco Unity が VPIM ユーザのグリーティングを再生し、メッセージを録音して、VPIM を通じてリモート ボイス メッセージ システムへ送信します。

VPIM ユーザに対して着信転送を設定して、通話が Cisco Unity が連動している電話システムの内線番号、または他の番号に転送されるようにした場合、別の着信転送の設定によっては、VPIM ユーザに対して発信者が残したメッセージは、リモート ボイス メッセージ システムにより直接録音されるか、または Cisco Unity により録音されてからリモート ボイス メッセージ システムに送信されます。転送のタイプは、次のとおりです。

リリース では、Cisco Unity は、VPIM ユーザの着信転送の設定で指定された番号をダイヤルし、切断します。おそらく、この処理により VPIM ユーザの電話が鳴ります。この電話は、応答しない、または通話中の場合に、VPIM ユーザがメールボックスを持つボイス メッセージ システムに通話を転送するように設定されています。

相手先応答の検出 では、Cisco Unity は、VPIM ユーザの着信転送の設定で指定された番号をダイヤルし、電話を繋いだ状態で状況を監視します。呼び出し音に対して応答がない、または通話中の場合、Cisco Unity は呼び出しを中止し、VPIM ユーザのグリーティングを再生し、メッセージを録音して、リモート ボイス メッセージ システムに転送します。ただし、設定された呼び出し音の回数が、電話で設定されている、ボイスメールへの転送を行うまでの呼び出し音の回数より多い場合、通話は別のボイス メッセージ システムに転送されます。これは、Cisco Unity が、別のボイス メッセージ システムのプロンプトを接続として検出し、通話を送るためです。このような場合、メッセージはリモート ボイス メッセージ システムにより録音されます。

なお、複数の Cisco Unity サーバがあるインストレーションでは、着信転送の設定は Cisco Unity サーバ間で複製されません。詳細については、「着信転送設定を利用できない場合」を参照してください。

VPIM ユーザの削除

各 VPIM ユーザは、Active Directory の連絡先に関連付けられています。VPIM ユーザを Cisco Unity システム管理で削除する際に、ユーザ アカウントを個別に削除すると、基本の連絡先は自動的に削除されます。発信ロケーションに関連付けられたすべての VPIM ユーザ、ユーザに関連付けられた基本の連絡先、および発信ロケーション自体を削除するには、Global Subscriber Manager を使用します。Tools Depot で利用可能です。

内線アドレス

VPIM ユーザを作成すると、Cisco Unity は自動的に次の形式の電子メール アドレスを生成します。

VPIM:<発信ロケーションのダイヤル ID>_<リモート メールボックス番号>

この特別な電子メール アドレスを内線アドレスと呼びます。内線アドレスは、VPIM ユーザが関連付けられている発信ロケーションのダイヤル ID と VPIM ユーザのリモート メールボックス番号の組み合せです。VPIM ユーザに対応する Active Directory の連絡先にはそれぞれ内線アドレスが含まれています。

ユーザは、電話を使用して VPIM ユーザをメッセージの宛先に指定するときは、内線番号をダイヤルします。Cisco Unity は受信者を VPIM ユーザとして認識し、Cisco Unity サーバ上の SQL データベースから内線アドレスを取得します。

内線アドレスは、VPIM ユーザを作成する際に自動的に生成されます。また Cisco Unity 4.0(3) では、発信ロケーションのダイヤル ID を変更すると、内線アドレスは自動的に更新されます(内線アドレスが自動的に更新されるようになったため、Extension Address ユーティリティは Cisco Unity の付属ツール類に含まれなくなりました)。

Outlook アドレス帳における VPIM ユーザの表示方法の決定

インストレーションによっては、リモート ボイス メッセージ システムのユーザが、ローカル ネットワーク上ですでに Windows アカウントと Exchange メールボックスを持っていることがあります。したがって、そのユーザの インターネット ユーザ アカウントを作成すると、Exchange アドレス リストに既存のユーザ アカウントと連絡先(またはカスタム受信者)が重複して登録されます。どちらの登録も、Outlook アドレス帳に取り込まれます。これは、ボイス メッセージの宛先指定にしか使われない連絡先に、不注意で電子メール メッセージを送信してしまう可能性があることを意味します。

不注意に インターネット ユーザに対して電子メール メッセージを送信してしまう事態を避けるために、関連付けられた連絡先(またはカスタム受信者)を Outlook アドレス帳で非表示にできます。また別の方法として、Outlook アドレス帳における連絡先について、名前の表示方法を変更して、ユーザが連絡先をユーザ アカウントと区別できるようにすることも可能です。この方法では、連絡先に対して不注意に送信される電子メール メッセージの数を減らすことができ、また同時に、インターネット ユーザに送信するボイス メッセージについて、宛先の指定が容易になります。

ユーザに関連付けられた連絡先を Outlook アドレス帳にまったく表示しない方法をとる場合、「Outlook アドレス帳で連絡先を非表示にする」を参照してください。

また、Outlook アドレス帳における連絡先の表示方法を変更する場合は、「Outlook アドレス帳における連絡先の表示方法の変更」を参照してください。

Outlook アドレス帳で連絡先を非表示にする

インターネット ユーザ アカウントを作成する前でも後でも、Exchange アドレス リストで非表示にすることにより、関連付けられた連絡先(またはカスタム受信者)を、Outlook アドレス帳で非表示にできます。この設定を行っても Exchange は、既存のユーザ アカウント(存在する場合)および連絡先に対して、電子メール メッセージを配信します。ただし、電子メール メッセージの宛先を指定する際に、ユーザは不注意に連絡先を Outlook アドレス帳で選択できないため、連絡先に対して送信される電子メール メッセージの数は減ります。

Outlook アドレス帳でユーザを非表示にするには、Cisco Unity システム管理、Cisco Unity Bulk Import ウィザード、Bulk Edit、または Windows の Active Directory ユーザーとコンピュータを使用します。

Cisco Unity システム管理で設定を行うには、インターネット ユーザの作成時であれば、使用を予定するユーザ テンプレートの[プロファイル] ページで、あるいはユーザの作成後であれば、個々のユーザの[プロファイル] ページで、[電子メール サーバのアドレス帳でのユーザ表示] チェックボックスをオフにします。

Cisco Unity Bulk Import ウィザードまたは Bulk Edit ユーティリティを使用して設定する場合は、各ツールのオンライン ヘルプを参照してください。

Windows の Active Directory ユーザーとコンピュータで設定を行う場合、[表示] >[拡張機能] を選択して、ユーザの[Exchange の詳細設定] プロパティ ページを参照し、[Exchange の詳細設定] タブの[Exchange アドレス一覧に表示] チェックボックスをオンにします。

Outlook アドレス帳における連絡先の表示方法の変更

Outlook アドレス帳に連絡先(またはカスタム受信者)をまったく表示しない方法に代わる手段として、連絡先の表示名を変更することで、連絡先とユーザ アカウントとの区別を可能とする方法があります。たとえば、「 - Voice mail」を各 インターネット ユーザの表示名に付加できます。すると、Outlook アドレス帳では次のように表示されます。

Abade, Alex
Abade, Alex - Voice mail
Bader, Kelly
Bader, Kelly - Voice mail
Campbell, Terry
Campbell, Terry - Voice mail
Cho, Li
Cho, Li - Voice mail

この方法では、インターネット ユーザにボイス メッセージを送信する際に、ユーザは適切なアドレスを容易に判別できます。さらに、ユーザが Outlook アドレス帳を使用して、メッセージの宛先を連絡先に指定する際に、そのアドレスが正しい形式であることを確信できます。

別のボイス メッセージ システムから Cisco Unity へのユーザ移行

AMIS を使用して、別のボイス メッセージ システムから Cisco Unity に移行する場合、複数のツールを使用して、Cisco Unity ユーザを VPIM ユーザ情報から作成できます。詳細については、次の各項を参照してください。

「Bulk でのユーザ移行」

「ユーザを 1 つずつ移行」

Bulk でのユーザ移行

次に示すのは、VPM ユーザを Cisco Unity ユーザに Bulk で移行する、一般的なステップです。詳細については、各ツールのヘルプ ファイルを参照してください(Cisco Unity サーバで Tools Depot アイコンをクリックし、左側のウィンドウで適切なツールをクリックして、ヘルプ ファイルを参照します)。

1. Cisco Unity サーバのバックアップを必ず行ってください(データの削除を行うため、予防措置として)。

2. Subscriber Information Dump を Tools Depot から実行し、VPIM ユーザ情報を CSV ファイルに出力します。

3. 必要に応じて CSV ファイルを修正し、Cisco Unity ユーザを Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して作成する際の、入力として利用できるようにします。

4. Global Subscriber Manager を Tools Depot から実行し、VPIM 発信ロケーションおよび関連付けられた VPIM ユーザと基本の連絡先を削除します。

5. オプションとして、未作成であれば、Windows ドメイン アカウントを作成します。代わりに、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを利用して、アカウントを作成することもできます。

6. オプションとして、未作成であれば、Exchange メールボックスを作成します。代わりに、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを利用して、メールボックスを作成することもできます。

7. Cisco Unity Bulk Import ウィザードを、ステップ 3. で用意した入力ファイルを使用して実行します。

ユーザを 1 つずつ移行

別のボイス メッセージ システム上のユーザの VPIM ユーザ アカウントをセットアップしてあり、それらのユーザが既存の Exchange メールボックスを持っている場合は、Cisco Unity に移行するときには、ユーザ データの移行ユーティリティを使用できます。ユーザ データの移行ユーティリティは、既存の VPIM ユーザ アカウントからの Cisco Unity 固有のデータ(ボイス名など)を既存のメール ユーザと組み合わせて Cisco Unity ユーザアカウントを作成します。このユーティリティは次に、VPIM ユーザ アカウントを削除し、関連付けられている Active Directory 連絡先を削除します。

ユーザ データの移行ユーティリティは Tools Depot から利用できます([Tools Depot] アイコンが Cisco Unity サーバのデスクトップにインストールされます)。詳細については、ユーティリティに付属するヘルプ ファイルを参照してください。

ネットワークを構成している Cisco Unity サーバでの注意事項

ユーザおよび同報リストの小規模のサブセットは、他のすべてロケーション データと同様、Active Directory に格納されます。複数のサーバが共通のディレクトリへアクセスする場合など、組織が複数の Cisco Unity サーバでネットワークを構成している場合、Cisco Unity 固有のデータはネットワーク内のすべての Cisco Unity サーバに複製されます。したがって、ネットワーク上のすべての Cisco Unity サーバには、ユーザが VPIM ロケーションのユーザにメッセージの宛先を指定する必要があることについての情報があります。

ディレクトリ複製が行われるので、VPIM 発信ロケーションと VPIM ユーザを作成する必要があるのはネットワーク内の 1 つの Cisco Unity サーバのみです。各サーバのプライマリ ロケーションの宛先オプションで許可されていれば、関連付けられている Cisco Unity サーバに関係なく、すべてのユーザが VPIM 発信ロケーションまたは別のサーバに作成された VPIM ユーザにメッセージを送信できます。VPIM 用に設定されている Cisco Unity サーバは、ネットワーク上の他の Cisco Unity サーバへの VPIM 「ブリッジヘッド」サーバとして機能します。

電話プレフィックス

各 VPIM 発信ロケーションには、次のプレフィックスが用意されています。これらを使用して各種番号計画に対応します。

リモート電話プレフィックス:この番号は VPIM ロケーションのユーザのアドレスを作成するために使用されます。VPIM ロケーションへの発信メッセージでは、ボイス コネクタは受信者のメールボックス番号の先頭にプレフィックスを追加して To アドレスを形成します。VPIM ロケーションからの着信メッセージでは、ボイス コネクタは送信者のメールボックス番号の先頭からプレフィックスを削除して From アドレスを形成します。

Cisco Unity 電話プレフィックス:この番号は、Cisco Unity ユーザのアドレスを作成するために使用されます。VPIM ロケーションへの発信メッセージでは、ボイス コネクタは送信者のメールボックス番号の先頭にプレフィックスを追加して From アドレスを形成します。VPIM ロケーションからの着信メッセージでは、ボイス コネクタは受信者のメールボックス番号の先頭からプレフィックスを削除して To アドレスを形成します。

すべての VPIM 発信ロケーションが一意のドメイン名を持つ場合は、プレフィックスはオプションになります。同じドメイン名を持つ複数の発信ロケーションがある場合は、リモート電話プレフィックスが必要です。同じドメイン名を持つ発信ロケーションのセット内では、リモート電話プレフィックスは一意の番号である必要があります。

たとえば、組織で 10 桁の番号計画を実施したとします。Cisco Unity ユーザのメールボックス番号が 206 で始まり、VPIM ボイス メッセージ システム上のユーザのメールボックス番号が 425 で始まるものです。

VPIM 発信ロケーションで次のように設定されたとします。

ダイヤル ID = 425

リモート電話プレフィックス = 425

リモート電話プレフィックスとダイヤル ID を共に 425 に設定すると、VPIM ロケーションのユーザにブラインド アドレスでメッセージを送信するときに入力する番号が、通話のときにユーザが入力する番号と同じになります。

プレフィックスがあるので、VPIM ユーザには 7 桁のリモート メールボックス番号が割り当てられます。この例では、発信メッセージの場合には、ボイス コネクタがプレフィックス 425 をリモート メールボックス番号の先頭に追加して、10 桁の受信者メールボックス番号を作成します。

サポートされるオーディオ形式

ボイス コネクタは常に、G.726 形式で発信 VPIM メッセージを送信します。ボイス コネクタは、G.711、GSM 6.10、G.726 のオーディオ形式のボイス添付ファイル付き VPIM メッセージを受信できます。VPIM 発信ロケーション ページの[オーディオ形式への変換] の設定により、着信メッセージを別の形式に変換するか、または送信時と同じ形式で格納するかどうかを制御できます。[オーディオ形式への変換] 設定の詳細については、「VPIM 発信ロケーション プロファイル設定」を参照してください。

VPIM リファレンス

この項には、VPIM のセットアップに関連する Cisco Unity システム管理 Web ページのフィールドを定義し、フィールドに情報を正しく入力するためのオプションを簡略に示す表があります。

VPIM 発信ロケーション プロファイル設定

VPIM 発信ロケーションは、Cisco Unity が別のボイス メッセージ システムとの間でメッセージを送受信するために必要なアドレス情報を含む Cisco Unity オブジェクトです。Cisco Unity が通信するリモート ボイス メッセージ システムそれぞれに対応する VPIM 発信ロケーションを作成します。

次の表で、VPIM ロケーションの発信ロケーション プロファイル設定について詳しく説明します。

 

表6-1 すべての種類の発信ロケーションに適用できるプロファイル設定

フィールド
説明

名前

発信ロケーションの名前が表示されます。名前を変更するには、ここに新しい名前を入力し、[保存] アイコンをクリックします。

ダイヤル ID

Cisco Unity に対してロケーションを識別する ID を入力します。最大 10 桁で数字のみを入力します。デフォルトの最小長は 3 桁です。

ダイヤル ID の最小長は Advanced Settings Tool を使用して小さくできますが、1 桁および 2 桁のダイヤル ID は、アドレス検索中にプライベート同報リスト ID と競合することがあります。ユーザが 1 桁または 2 桁の数値を使用してメッセージの宛先を入力すると、Cisco Unity はまず一致するプライベート同報リストを検索します。一致するものが検出されると、検索は中止されます。したがって、ユーザがメッセージの宛先を(検索スコープを特定のロケーションに狭めるために)ロケーションのダイヤル ID の入力により指定する場合、入力した数値がプライベート同報リストの ID と一致すると、プライベート同報リストのみを宛先として変換を行います。ユーザが他のロケーションへのメッセージの宛先を指定するときに最初にダイヤル ID を入力しなければ、競合は起こらず、ダイヤル ID の最小値を小さくすることができ、複雑なダイヤル プランに対応できます。

リモート ロケーションにメッセージを送信する場合、ユーザは、ダイヤル ID と受信者の内線番号(またはリモート メールボックス番号)で構成される番号をダイヤルできます。

SMTP Networking を異なるディレクトリの Cisco Unity サーバにセットアップする場合、ここで入力する ID は対応するリモート Cisco Unity サーバのプライマリ ロケーションのダイヤル ID と一致する必要があります。

次の原則を推奨します。

ダイヤル ID は固定長で設定し、可能であれば内線番号も固定長で設定する。

独自のダイヤル ID を割り当てる。ロケーション ID は、他のダイヤル ID または内線番号と同じにはできません。

最低 3 桁の数字のダイヤル ID を割り当てる。

ダイヤル ID には内線番号とは異なる番号範囲を使用する。

可変長のダイヤル ID を使用する場合は、各 ID の最初の数字は他のダイヤル ID と重複しないようにする。

名前の録音

発信ロケーションの名前を録音します。[ネットワーク] >[プライマリ ロケーション] >[宛先オプション] ページの[検索にはロケーションを含みます。] の設定が有効になっている場合、この名前の録音がユーザのガイダンスで再生されます。ユーザがメッセージの宛先を指定するときに、この発信ロケーションの名前の録音が、ユーザ名と共にメッセージのアドレス検索結果で再生されます。たとえば、「2 つが一致しました。Chris Newton は 1、 New York は 2 を押してください」。さらに、ユーザがブラインド アドレスを使用してこの発信ロケーションをメッセージの宛先に指定したときに、この名前の録音がユーザのガイダンスで再生されます。

ここで名前を録音するには、Media Master コントロール バーを使用します(Media Master は、ファイアウォールを越えて使用できない点に注意してください)。Media Master コントロール バーの[オプション] メニューを使用して、録音デバイスと再生デバイスを設定(適用可能な場合)し、他のサウンド ファイルを使用します。

宛先

表示だけです。 発信ロケーションのタイプを示します。[宛先] は発信ロケーションを作成するときに指定され、変更はできません。[宛先] は、次のいずれかです。

SMTP:発信ロケーションが、ローカル Cisco Unity サーバとは異なるディレクトリへアクセスする、リモート Cisco Unity サーバに対応することを示します。ローカルおよびリモート Cisco Unity サーバ間で送受信されるメッセージは、固有の形式でエンコードされ、標準のシンプル メール転送プロトコル(SMTP)を使用してインターネットまたはプライベート TCP/IP ネットワークを経由して発信されます。

AMIS:発信ロケーションが AMIS 準拠のボイス メッセージ システムに対応することを示します。メッセージは、業界標準である Audio Messaging Interchange Specification アナログ(AMIS-a)プロトコルを使用して送信されます。

Bridge:発信ロケーションが Octel アナログ ネットワークの Octel ノードに対応することを示します。Cisco Unity Bridge を使用して、Cisco Unity と Octel システムとの間でメッセージが交換されます。Cisco Unity はメッセージを Bridge に対し、適切に拡張された Voice Profile for Internet Mail(VPIM)形式で送信します。Bridge は、メッセージ形式を変換し、適切な Octel サーバへ Octel アナログ ネットワーキング プロトコルを使用して送信します。

VPIM:発信ロケーションが VPIM 準拠のボイス メッセージ システムに対応することを示します。メッセージは業界標準の VPIM プロトコルを使用し、インターネットまたはプライベート TCP/IP ネットワークを経由して送信されます。

 

表6-2 VPIM 発信ロケーションに固有のプロファイル設定

フィールド
説明

VPIM ロケーション
SMTP ドメイン名

この発信ロケーションに対応するボイス メッセージ システムを使用している個人のアドレスを構成するために使用する、インターネット アドレスで宛先指定が可能な SMTP ドメイン名を入力します。入力するのは、電子メール アドレスの右半分、@ 記号の後の部分です(たとえば、london.cisco.com)。@ 記号は入力しないでください。Cisco Unity が自動的に挿入します。

ボイス コネクタは、VPIM 発信ロケーションの SMTP ドメイン名に対応するドメイン名を持つアドレスからの VPIM メッセージだけを受け付けます。したがって、ここで入力されるドメイン名は、リモート ボイス メッセージ システムがメッセージを Cisco Unity に送信するときに使用するドメイン名と正確に一致する必要があります。

VPIM ロケーション
リモート電話プレフィックス

この発信ロケーションに対応するボイス メッセージ システムを使用している個人のアドレスを構成するために使用する番号を入力します。プレフィックスの最大許容桁数は 64 です。

Cisco Unity からこの VPIM ロケーションへの発信メッセージでは、ボイス コネクタは受信者のメールボックス番号の先頭にプレフィックスを追加して To アドレスを形成します。

この VPIM ロケーションから Cisco Unity への着信メッセージでは、ボイス コネクタは送信者のメールボックス番号の先頭からプレフィックスを削除して From アドレスを形成します。

すべての発信ロケーションが一意のドメイン名を持つ場合は、このフィールドはオプションになります。同じドメイン名を持つ複数の発信ロケーションがある場合は、このフィールドは一意の番号にする必要があります。

Cisco Unity ロケーション
Unity 電話プレフィックス

この発信ロケーションに対応するボイス メッセージ システムを使用している個人にメッセージを送信する Cisco Unity ユーザのアドレスを構成するために使用する番号を入力します。プレフィックスの最大許容桁数は 64 です。

Cisco Unity ユーザからこの VPIM ロケーションのユーザへの発信メッセージでは、ボイス コネクタは送信者のメールボックス番号の先頭にプレフィックスを追加して From アドレスを形成します。

この VPIM ロケーションから Cisco Unity ユーザへの着信メッセージでは、ボイス コネクタは受信者のメールボックス番号の先頭からプレフィックスを削除して To アドレスを形成します。

すべての発信ロケーションが一意のドメイン名を持つ場合は、このフィールドはオプションになります。同じドメイン名を持つ複数の発信ロケーションがある場合は、このフィールドは一意の番号にする必要があります。

オーディオ形式への変換

この VPIM ロケーションからの着信メッセージを別のオーディオ形式に変換するかどうかを指定します。

ボイス コネクタは、G.711、GSM 6.10、G.726 のオーディオ形式のボイス添付ファイル付き VPIM メッセージを受信できます。メッセージを送信時と同じ形式で格納する場合は、[着信メッセージを変換しないでください。] を選択します。ヘッダーが見つからない場合、ボイス コネクタは G.726 形式でメッセージに RIFF ヘッダーを追加します。RIFF ヘッダーがないと Windows ベースのオーディオ プレーヤーはメッセージを再生できません。

着信メッセージが Cisco Unity でに完全にサポートされていない形式であれば、次のいずれかに変換する必要があります。

G.711 (mu-law)

G.729a

GSM 6.10

Cisco Unity は、この VPIM ロケーションからのメッセージを選択されたオーディオ形式で格納します。G.711 および GSM 6.10 コーデックは Windows によって自動的にインストールされます。G.729a コーデックは Cisco Unity によってインストールされます。

すべての Cisco Unity サーバと、メッセージにアクセスする他のコンピュータに適切なコーデックがインストールされていることを確認してください。特に、次のような場合は注意してください。

複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成している組織では、Cisco Unity サーバのすべてにコーデックをインストールする必要があります。

ユーザが ViewMail for Microsoft Outlook または Cisco Unity Inbox を使用してメッセージを聞く場合は、ユーザのワークステーションにそれぞれコーデックをインストールする必要があります。

Cisco Unity からメッセージを送信する際に追加する
発信者の録音名

送信側 Cisco Unity ユーザのボイス名が、この VPIM ロケーションに送信される各メッセージの先頭に追加されるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

Cisco Unity からメッセージを送信する際に追加する
発信者の vCard

ボイス コネクタが、送信側 Cisco Unity ユーザに関する情報を含む vCard をこの VPIM ロケーションへの各発信メッセージに添付するには、このチェックボックスをオンにします。vCard には、受信者に関する次の情報が含まれます。

名前

電話番号

電子メール アドレス

動作についての情報

この項では、VPIM Networking の動作について説明します。詳細については、次の各項を参照してください。

「受信の検索スコープ」

「メッセージを残す場合とメッセージを送信する場合」

受信の検索スコープ

複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成するインストレーションでは、他の VPIM 準拠ボイス メッセージ システムから送信された受信メッセージについて、一致するユーザの内線番号の検索スコープは、グローバル ディレクトリに設定されます。この受信の検索スコープを、ダイヤル ドメインやローカル Cisco Unity サーバに制限することはできません。

2 つ以上の Cisco Unity ユーザが同一の内線番号を持つ場合、リモート ボイス メッセージ システムからのメッセージは、重複する内線番号を持つ、いずれの Cisco Unity ユーザに対しても、ボイス コネクタにより発信されません。ボイス コネクタが内線番号の重複を検出した場合、Windows アプリケーション イベント ログに警告を記録します。Cisco Unity ユーザ間で内線番号が重複している可能性がある場合は、ボイス コネクタがインストールされている Exchange サーバのアプリケーション イベント ログで、Exchange 2000 ボイス コネクタからの警告をチェックします。

メッセージを残す場合とメッセージを送信する場合

対応する VPIM ユーザ アカウントを持つ、リモート ボイス メッセージ システムのユーザが、Cisco Unity ユーザを呼び出してメッセージを残した場合、Cisco Unity は、そのメッセージを VPIM ユーザからのメッセージと認識しません。このような場合、電話システムが着信を Cisco Unity に転送すると、このメッセージは身元不明発信者から送られたものとして処理されます。これは、次のようなことを意味します。

発信者がメッセージを残した場合、Cisco Unity はユーザの内線グリーティングを再生しません。

受信者がメッセージを聞く場合、Cisco Unity は、VPIM ユーザの録音済みボイス名を再生しません。

Cisco Unity で、受信者は応答を録音できません。

ただし、リモート ボイス メッセージ システム上のユーザが、メッセージを録音して Cisco Unity ユーザに送信した場合、Cisco Unity はそのメッセージを、対応する VPIM ユーザからのものとして認識できます。このような場合、電話システムは関与せず、受信者の電話は鳴りません。代わりに、直接リモート ボイスメール サーバから VPIM を通じて、メッセージが Cisco Unity に送信されます。その後メッセージは Exchange に送信されて、受信者に配信されます。したがって、受信者がメッセージを聞く際に、Cisco Unity により VPIM ユーザの録音された名前が再生され、また受信者は応答を録音することができます。