Cisco Unity のネットワーク機能 (Microsoft Exchange版) Release 4.0(3)
デジタル ネットワーク
デジタル ネットワーク
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

デジタル ネットワーク

概要:デジタル ネットワーク

デジタル ネットワークのセットアップ要件

ライセンス

ネットワークを構成している Cisco Unity サーバ間の認識されたユーザ メッセージ

この章の構成

タスク リスト:デジタル ネットワークのセットアップ

デジタル ネットワークを使用するための Cisco Unity のセットアップ手順

異なる Exchange 5.5 サイトにある Cisco Unity サーバ間のメッセージ交換を可能にする

プライマリ ロケーションのカスタマイズ

宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープの設定

宛先の検索スコープの設定

ディレクトリ ハンドラの検索スコープの設定

自動受付の検索スコープの設定

ネットワークを構成している Cisco Unity サーバ間の認識されたユーザ メッセージを有効にする

デジタル ネットワークのセットアップのテスト

デジタル ネットワークの概念と定義

ロケーションとデジタル ネットワーク

ダイヤル ドメイン

番号計画の重複に対するダイヤル ドメイン シールド

自動受付の検索スコープおよびディレクトリ ハンドラの検索スコープ

ネットワーク構成の電話システムとダイヤル ドメイン

ネットワーク構成でない電話システム用の宛先オプション

番号計画が重複していない場合

番号計画が重複している場合

Cisco Unity システム管理のスコープ

ローカル Cisco Unity システム管理から他の Cisco Unity システム管理を参照する

別の Cisco Unity サーバ上で作成されたユーザ アカウントの検索

Global Subscriber Manager を使用して別の Cisco Unity システム管理を参照する

他の Cisco Unity サーバへの管理者権限の付与

同報リスト

Outlook アドレス帳でのユーザの非表示

動作についての情報

着信転送設定を利用できない場合

Exchange が混在した環境のデジタル ネットワーク

ユーザが遭遇する可能性のある制限

メッセージを残す場合とメッセージを送信する場合:前のバージョンの Cisco Unity での認識されたユーザ メッセージの制限

Live Reply を利用できない場合

Cisco Unity サーバへのユーザのマッピング

デジタル ネットワーク

概要:デジタル ネットワーク

複数の Cisco Unity サーバが単一のグローバル ディレクトリを持つネットワークに接続されている組織では、Cisco Unity のインストレーションごとに異なるユーザ グループが作成されます。Cisco Unity デジタル ネットワークは、ある Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザが、他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザとボイス メッセージを交換できるようにする機能です。デジタル ネットワークでは、ユーザは電話を使用して Cisco Unity にログオンしたり、他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザにメッセージを送信したりすることができます。

デジタル ネットワークは、自動受付または宛先検索サービスからローカル サーバに関連付けられていないユーザに電話を転送する手段も提供します(この機能には制限があります。詳細については、「動作についての情報」を参照してください)。組織が FaxMail ライセンス機能およびテキスト/スピーチ電子メール機能も備えている場合は、電話を使ってファックスや電子メール メッセージを組織内のどのユーザにも転送できます。

Cisco Unity ではユーザ情報(およびコール ハンドラなど他の Cisco Unity オブジェクト)を Cisco Unity サーバ上の SQL データベースに保存しますが、ユーザ、同報リストおよびロケーションなどの情報の小規模なサブセットはデジタル ネットワーク機能を利用するためにディレクトリにも保存されます。他の Cisco Unity サーバからのユーザ データおよびロケーション データをディレクトリに複製する場合、Cisco Unity はデータを検出し、SQL データベースを更新します。ディレクトリ複製によって、他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザをボイス メッセージの宛先に指定するために必要な情報を、各 Cisco Unity サーバに持たせることができます。

Cisco Unity がデータを格納するディレクトリは、Cisco Unity をセットアップするときに決まります。セットアップ時に、ネットワーク内で Cisco Unity が通信する他の Exchange サーバの中から、1 つの Exchange サーバ(パートナー Exchange サーバ)を指定します。パートナー サーバが Exchange 2000 または Exchange 2003 の場合、Cisco Unity は Active Directory を使用します。パートナー サーバが Exchange 5.5 の場合、Cisco Unity は Exchange 5.5 ディレクトリを使用します。

デジタル ネットワークのセットアップ要件

デジタル ネットワークの重要な点は、すべての Cisco Unity サーバが共通のディレクトリにアクセスすることです。デジタル ネットワークを使用するには、Cisco Unity サーバは次のいずれか 1 つのコンフィギュレーションにする必要があります。

同一の Active Directory フォレスト。

同一の Exchange 5.5 サイト。

同一の Exchange 5.5 組織内の異なるサイト。ただし、Exchange メッセージおよびディレクトリ複製コネクタがインストールされていること。メッセージおよびディレクトリ複製コネクタがないと、デジタル ネットワークは動作しません。

さらに、次のことが必要です。

ネットワークを構成している Cisco Unity サーバは、Cisco Unity サーバ バージョン 3.1(2) またはそれ以降のバージョンを組み合せることができます。既存の Cisco Unity サーバのバージョンが 2.4(6) ~ 3.1(1) であり、別の Cisco Unity サーバをデジタル ネットワークに追加する場合は、既存のサーバはアップグレードする必要があります。

デジタル ネットワークを混在した Exchange の環境で使用するには、すべての Cisco Unity サーバは Exchange 2000 または Exchange 2003 をパートナー サーバとして使用する必要があります。パートナーが Exchange 5.5 サーバである Cisco Unity サーバと、パートナーが Exchange 2000 サーバまたは Exchange 2003 サーバである Cisco Unity サーバとの間のデジタル ネットワークはサポートされていません。

ユニファイド メッセージ(UM)用にライセンスされている Cisco Unity サーバおよびボイス メッセージ(VM)用にライセンスされている Cisco Unity サーバでは、上記の用件が満たされている場合は、デジタル ネットワークを使用してメッセージを交換できることに注意してください。VM のユーザが、電話インターフェイスだけを通して、または別個にライセンスされている Cisco Personal Communications Assistant(PCA)で、ボイス メッセージおよびファックス メッセージにアクセスする場合は、同一の Exchange 組織または Active Directory フォレストに存在する VM および UM に関連するライセンス上の問題はありません。

デジタル ネットワークには、各 Cisco Unity サーバに必要な権限以外に特別な権限はありません。Cisco Unity に必要な権限の詳細については、Cisco Unity サーバ上の Tools Depot にある Permissions Wizard のヘルプ ファイルを参照してください。

ライセンス

デジタル ネットワークは、各 Cisco Unity サーバ上で有効です。デジタル ネットワークをセットアップするために追加のライセンスを取得する必要はありません。

ライセンス プール

デジタル ネットワークにはライセンスは必要ありませんが、ライセンス プールというシステム ライセンスを追加することが必要な場合があります。ライセンス プールによって、デジタル ネットワーク用にセットアップされている Cisco Unity サーバでユーザおよび Cisco Unity Inbox のライセンスをプールできます。バージョン 3.1 以前では、Cisco Unity Inbox は Visual Messaging Interface または VMI と呼ばれていたことに注意してください。ライセンス プールでは、すべての Cisco Unity サーバでの総利用数が、該当する機能の総ライセンス数以下であれば、その Cisco Unity サーバはライセンス制限内です。たとえば、2 つの Cisco Unity サーバにそれぞれ 500 人のユーザ ライセンスがあるとします。ライセンス プールでは、2 つのサーバ両方で使用されているライセンスの合計が 1,000 以下である場合は、一方のサーバで 501 以上のライセンスを使用できます。

各 Cisco Unity サーバに対して、そのサーバがライセンス プールに参加するかどうかを選択できます。Cisco Unity サーバをライセンス プールに配置するには、サーバ上に、ライセンス プール機能を含むライセンス ファイルをインストールします。ライセンス プール機能が Cisco Unity サーバにインストールされていない場合は、そのサーバはライセンス プールには参加せず、すべての機能のライセンス制限はマシン単位で計算されます。

ユーザ ライセンス以外のライセンスのあるすべての機能については、ライセンスの付与はマシン単位となります。ライセンス情報は、各 Cisco Unity サーバのプライマリ ロケーションに格納されます。ロケーション データはディレクトリに保存されるため、各 Cisco Unity サーバにはライセンス プール内のライセンス使用数を追跡するために必要な情報があります。

ライセンス プール情報を表示する


ステップ 1 ライセンス プールが有効になっている Cisco Unity サーバのデスクトップで[ Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot] ウィンドウの左側領域で、 [Administration Tools] を展開します。

ステップ 3 [License Info Viewer] をダブルクリックします。

ステップ 4 [Cisco Unity のライセンス] の下で、 [ライセンス プール] を展開します。

ステップ 5 [ライセンス プール] の下の[ ユーザ メールボックス] [最大ユニファイド メッセージ ユーザ数] 、または[ Cisco Unity Inbox ユーザ] をクリックします。

ステップ 6 右側のウィンドウに、ネットワークを構成している、ユーザ ライセンスを共有するサーバの名前が表示されます。


 

ライセンス プールおよび Cisco Unity 機能のライセンス取得の詳細については http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/whitpapr/licenses.htm から入手可能な『 White Paper: Licensing for Cisco Unity 』を参照してください。

ネットワークを構成している Cisco Unity サーバ間の認識されたユーザ メッセージ

ユーザが別の Cisco Unity サーバに関連付けられている別のユーザを呼び出し、その通話が(受信者の電話が使用中または応答がないため)ボイスメールに転送された場合、Cisco Unity がメッセージを残したユーザを識別する機能は、認識されたユーザ メッセージと呼ばれます。認識されたユーザ メッセージは、ネットワークを構成する Cisco Unity サーバ バージョン 3.1(6) および 4.0(3) 以降の間で十分に機能します。認識されたユーザ メッセージが機能するには、すべての Cisco Unity サーバを バージョン 3.1(6) および 4.0(3) 以降で実行する必要があります。Cisco Unity サーバ間の認識されたユーザ メッセージは、デフォルトでは有効でないことに注意してください。「ネットワークを構成している Cisco Unity サーバ間の認識されたユーザ メッセージを有効にする」を参照してください。

認識されたユーザ メッセージは、通常の Cisco Unity ユーザに対してだけ機能し、外部ユーザに対しては機能しません(つまり、正確には外部ユーザと呼ばれる AMIS ユーザ、Bridge ユーザ、インターネット ユーザ、または VPIM ユーザ に対しては機能しません)。対応する外部ユーザ アカウントを持つリモート ボイス メッセージ システムのユーザが Cisco Unity ユーザを呼び出してメッセージを残した場合、Cisco Unity では、そのメッセージは外部ユーザからのものであると認識されません。このような場合、電話システムが着信を Cisco Unity に転送すると、このメッセージは身元不明発信者から送られたものとして処理されます。これは、次のようなことを意味します。

発信者がメッセージを残した場合、Cisco Unity はユーザの内線グリーティングを再生しません。

受信者がメッセージを聞く場合、Cisco Unity は、外部ユーザの録音済みボイス名を再生しません。

Cisco Unity で、受信者は応答を録音できません。

ただし、リモート ボイス メッセージ システム上のユーザが、メッセージを録音して Cisco Unity ユーザに送信した場合、Cisco Unity はそのメッセージを、対応する外部ユーザからのものとして認識できます。このような場合、電話システムは関与せず、受信者の電話は鳴りません。代わりに、直接リモート ボイスメール サーバから、メッセージが Cisco Unity に送信されます。その後メッセージは Exchange に送信されて、受信者に配信されます。したがって、受信者がメッセージを聞く際に、Cisco Unity により外部ユーザの録音された名前が再生され、また受信者は応答を録音することができます。

認識されたユーザ メッセージが 1 つのサーバに制限されている場合にユーザが受ける制限の詳細については、「メッセージを残す場合とメッセージを送信する場合:前のバージョンの Cisco Unity での認識されたユーザ メッセージの制限」を参照してください。

この章の構成

この章では、デジタル ネットワークをセットアップする手順について、および理解しておく必要のある概念や用語について説明します。次の各項を参照してください。

「タスク リスト:デジタル ネットワークのセットアップ」:このタスク リストでは、実施する必要があるすべてのタスクの全体の概要、および実施するための手順について説明します。

「デジタル ネットワークを使用するための Cisco Unity のセットアップ手順」:この項では、Cisco Unity をデジタル ネットワーク用にセットアップするのに必要なすべての手順について説明します。

「デジタル ネットワークの概念と定義」:この項では、デジタル ネットワークの概念について詳細に説明します。この項は、セットアップ手順を実施する前に必ず読んでください。

「動作についての情報」:この項では、デジタル ネットワークに関連する、知っておくべき動作の情報について説明します。

関連ドキュメント

『Accessing Voice Mail in Multiple Unity Server Environments』: http://www.cisco.com/warp/public/788/AVVID/one_message_button_two_unity_servers.html から入手可能です。

White Paper: Cisco Unity Data and the Directory (With Microsoft Exchange) 』: http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/whitpapr/datadir.htm から入手可能です。

White Paper: Active Directory Capacity Planning, Cisco Unity 3.0(3) and Later (With Microsoft Exchange) 』: http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/whitpapr/adsizing.htm から入手可能です。

タスク リスト:デジタル ネットワークのセットアップ

このタスク リストを使用して、各 Cisco Unity サーバ上にデジタル ネットワークをセットアップします。このリストでは、Cisco Unity はサーバ上にすでにインストールされていて、ネットワークに接続されているものとします。次の参照先により、手順の詳細を示します。

1. 「デジタル ネットワークのセットアップ要件」を参照してください。

2. パートナー Exchange サーバが同一の Exchange 5.5 組織内の異なるサイトにある場合、各 Cisco Unity サーバのレジストリ キーを変更する必要があります。また、サイト コネクタがインストールされていて、正常に動作することも確認する必要があります。「異なる Exchange 5.5 サイトにある Cisco Unity サーバ間のメッセージ交換を可能にする」を参照してください。

3. プライマリ ロケーションをカスタマイズします。「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」を参照してください。

4. 宛先の指定、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープを設定します。「宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープの設定」を参照してください。自動受付検索オプションは、認識されたユーザ メッセージが機能するために、ダイヤル ドメインを検索するように設定する必要があります。

5. Cisco Unity 4.0(3) 以降では、認識されたユーザ メッセージを有効にします。「ネットワークを構成している Cisco Unity サーバ間の認識されたユーザ メッセージを有効にする」を参照してください。

6. オプションとして、各ユーザ アカウントに代行内線番号を追加します。手順については、『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「ユーザ設定」の章の「ユーザ代行内線番号の設定」の項を参照してください。

7. デジタル ネットワーク セットアップをテストします。「デジタル ネットワークのセットアップのテスト」を参照してください。


) 各 Cisco Unity サーバは、プライマリ ロケーション データ、およびユーザ アカウントと同報リストに関するデータのサブセットをディレクトリに保存します。他の Cisco Unity サーバからのデータがローカル サーバへ反映されるまでに要する時間は、Active Directory または Exchange 5.5 のネットワークのコンフィギュレーションおよび複製スケジュールによって異なります。必ず、Cisco Unity データが他のサーバに複製されるのを待ってから、デジタル ネットワークのセットアップをテストします。


デジタル ネットワークを使用するための Cisco Unity のセットアップ手順

この項では、Cisco Unity をデジタル ネットワーク用にセットアップするのに必要なすべての手順について説明します。

異なる Exchange 5.5 サイトにある Cisco Unity サーバ間のメッセージ交換を可能にする

パートナー Exchange サーバが同一の Exchange 5.5 組織内の異なるサイトにある場合、Exchange メッセージおよびディレクトリ複製コネクタ(サイト コネクタとも呼ばれます)をインストールする必要があります。サイト コネクタがまだインストールされていない場合は、この時点で Microsoft のマニュアルの手順に従ってインストールします。次へ進む前に、サイト コネクタが正常に動作することを確認します。

次の手順は、パートナー Exchange サーバが同一の Exchange 5.5 組織内の別個のサイトにある場合にだけ実行します。パートナー Exchange サーバが同一の Exchange 5.5 サイトにある場合、またはパートナー Exchange サーバで Exchange 2000 または Exchange 2003 を実行している場合は、この手順をスキップします。

Exchange 5.5 組織全体において Cisco Unity サーバ間でメッセージ処理を可能にする


ステップ 1 AvDSEx55 サービスを停止します(Windows の[スタート] メニューで、 [プログラム] >[管理ツール] >[サービス] をクリックします。次に[ AvDSEx55] を右クリックし、 [停止] を選択します)。

ステップ 2 Regedit を起動します。


注意 間違ったレジストリ キーの変更、または間違った値の入力によって、サーバが正しく動作しなくなることがあります。レジストリを編集する前に、問題が発生した場合にレジストリを復旧する方法を確認してください(レジストリ エディタのヘルプの「復元」トピックを参照してください)。Cisco Unity のフェールオーバーでは、一方の Cisco Unity サーバでレジストリを変更したときに、もう一方の Cisco Unity サーバでも手動で変更する必要があることに注意してください。レジストリの変更は複製されません。レジストリ キーの設定の変更について質問がある場合は、Cisco TAC に連絡してください。

ステップ 3 現在のレジストリのバックアップがない場合は、 [レジストリ] >[レジストリ ファイルの書き出し] をクリックして、レジストリ設定をファイルに保存します。

ステップ 4 次のキーを展開表示します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\ActiveVoice\Directory Connectors\DirSynchEx55\1.00\Locations

ステップ 5 [SearchRoot] をダブルクリックして[文字列の編集] ダイアログボックスを表示します。

ステップ 6 [値のデータ] ボックスのすべての文字列を次の文字列に置き換えます。

o=OrganizationName

OrganizationName は使用する Exchange 組織の名前です。

ステップ 7 [OK] をクリックします。

ステップ 8 次のキーを展開表示します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\ActiveVoice\Directory Connectors\DirSynchEx55\1.00\MailUsers

ステップ 9 [SearchRoot] をダブルクリックして[文字列の編集] ダイアログボックスを表示します。

ステップ 10 [値のデータ] ボックスのすべての文字列を次の文字列に置き換えます。

o=OrganizationName

OrganizationName は使用する Exchange 組織の名前です。ボックスの値が o=OrganizationName のみであることを確認してください。

ステップ 11 [OK] をクリックします。

ステップ 12 次のキーを展開表示します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\ActiveVoice\Directory Connectors\DirSynchEx55\1.00\DistributionLists

ステップ 13 [SearchRoot] をダブルクリックして[文字列の編集] ダイアログボックスを表示します。

ステップ 14 [値のデータ] ボックスのすべての文字列を次の文字列に置き換えます。

o=OrganizationName

OrganizationName は使用する Exchange 組織の名前です。ボックスの値が o=OrganizationName のみであることを確認してください。

ステップ 15 [OK] をクリックします。

ステップ 16 次のキーを展開表示します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\ActiveVoice\Directory Connectors\DirSynchEx55\1.00

ステップ 17 [LastUSN] をダブルクリックして[DWORD値の編集] ダイアログボックスを表示します。

ステップ 18 [値のデータ] ボックスの値を 0 に置き換えます。

ステップ 19 [OK] をクリックして Regedit を終了します。

ステップ 20 AvDSEx55 サービスを開始します(Windows の[スタート] メニューで、 [プログラム] >[管理ツール] >[サービス] をクリックします。次に[ AvDSEx55] を右クリックし、 [開始] を選択します)。


 

プライマリ ロケーションのカスタマイズ

プライマリ ロケーション プロファイル設定の詳細については、 を参照してください。

プライマリ ロケーションをカスタマイズする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク] >[プライマリ ロケーション] >[プロファイル] ページに移動します。

ステップ 2 ロケーションの有意な名前を入力します。

ステップ 3 ダイヤル ID を入力します。ダイヤル ID は、Cisco Unity に対して、このロケーションを識別するものです。

ステップ 4 ロケーションの名前を音声で録音します。

ステップ 5 ダイヤル ドメインについては、次のいずれかを行います。

このサーバを、ダイヤル ドメインに属さないように設定する場合、 [なし] をクリックします。

このサーバを、ダイヤル ドメインに属するように設定する場合、ダイヤル ドメイン名を入力するかリストから選択します。リストで表示されるダイヤル ドメイン名は、ネットワーク内の、少なくとも 1 つの他の Cisco Unity サーバで、設定済みの名前です。

ダイヤル ドメイン名は、大文字と小文字が区別され、すべてのサーバで完全に同一の名前を入力する必要があります。すべてのサーバに同じダイヤル ドメインを確実に正しく追加するには、ダイヤル ドメイン名を 1 つの Cisco Unity サーバで入力し、そのドメイン名が他の Cisco Unity サーバへ複製されるのを待ちます。この作業により、サーバ間での複製が正しく動作することも確認できます。他の Cisco Unity サーバからのプライマリ ロケーション データがローカル サーバへ反映されまでに要する時間は、ネットワークのコンフィギュレーションおよび複製スケジュールにより異なります。


 

宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープの設定

ディレクトリ ハンドラまたは自動受付の検索スコープを変更する前に、「着信転送設定を利用できない場合」を参照してください。

検索スコープをセットアップするには、次の各項の手順を実行します。

「宛先の検索スコープの設定」

「ディレクトリ ハンドラの検索スコープの設定」

「自動受付の検索スコープの設定」

宛先の検索スコープの設定

宛先検索オプションの詳細については、「プライマリ ロケーションの宛先オプションの設定」を参照してください。

宛先の検索スコープを設定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク] >[プライマリ ロケーション] >[宛先オプション] ページに移動し、必要に応じて宛先オプションを設定します。

ローカル Cisco Unity サーバ上で作成されたユーザに、他の(同一のディレクトリにアクセスする) Cisco Unity サーバへのメッセージの宛先の指定を許可するには、 [ダイヤル ドメイン(リストから選択するか、ダイヤルドメイン名を入力)] または[ グローバル ディレクトリ] を必要に応じて選択します。

ブラインド アドレスを、別個のディレクトリ内の Cisco Unity サーバに使用している場合または別のボイス メッセージ システムに使用している場合は、[ブラインド アドレス:許可ロケーション] の設定を必要に応じて[なし] 以外に設定します。

ステップ 2 ロケーションをアドレス検索に含める必要がある場合は、 [検索にはロケーションを含みます。] チェックボックスをオンにします。一致するユーザに加えて、一致するロケーションが返されます。ロケーションの一致を確認することにより、そのロケーションに関連付けられたユーザの二次検索が可能です。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

ディレクトリ ハンドラの検索スコープの設定

ディレクトリ ハンドラ検索オプションの詳細については、『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「ディレクトリ ハンドラの設定」の章の「ディレクトリ ハンドラ検索オプションの設定」の項を参照してください。

ディレクトリ ハンドラの検索スコープを設定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理内で、 [通話管理] >[ディレクトリ ハンドラ] >[検索オプション] ページに移動し、既存のディレクトリ ハンドラの検索オプションを変更するか、または宛先検索サービスを使用している身元不明発信者の新規ディレクトリ ハンドラを作成します。

ステップ 2 他の Cisco Unity サーバ上のユーザを宛先検索サービスで検索可能にするには、 [ダイヤル ドメイン] をクリックします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

自動受付の検索スコープの設定

デフォルトでは、組織の開始グリーティングにアクセスした外部からの発信者は、ローカル Cisco Unity サーバへ関連付けられたユーザだけに転送されます。同じダイヤル ドメインの他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザに発信者を転送できるように自動受付をセットアップするには、次の手順に従ってレジストリ設定を変更します。

自動受付の検索スコープは、ダイヤル ドメインを検索するように設定し、ネットワークで接続された Cisco Unity サーバ間で、認識されたユーザ メッセージが機能するようにします。


) Cisco Unity のフェールオーバーでは、一方の Cisco Unity サーバでレジストリを変更したときに、もう一方の Cisco Unity サーバでも手動で変更する必要があります。レジストリの変更は複製されません。


自動受付の検索スコープを設定する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のウィンドウで、[Administrative Tools] の下の[ Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Settings] ウィンドウで、 [Set Auto Attendant Search Scope] をクリックします。

ステップ 4 [New Value] リストで 1 をクリックし、 [Set] をクリックすると、Cisco Unity はダイヤル ドメイン内のユーザを検索します。

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更を有効にするために、Cisco Unity を再起動する必要はありません。

ステップ 6 [Exit] をクリックします。


 

ネットワークを構成している Cisco Unity サーバ間の認識されたユーザ メッセージを有効にする

認識されたユーザ メッセージがネットワークを構成する Cisco Unity サーバ間で有効であるかどうかは、2 つの異なる設定で制御されます。

各サーバの自動受付の検索スコープは、「自動受付の検索スコープの設定」の説明に従ってダイヤル ドメインに設定する必要があります。

各サーバの認識されたユーザ メッセージは、 認識されたユーザ メッセージを Cisco Unity システム管理で有効にする の手順に従って Cisco Unity システム管理で有効にする必要があります。

認識されたユーザ メッセージを Cisco Unity システム管理で有効にする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [システム] >[コンフィギュレーション設定] ページに移動します。

ステップ 2 [認識されたユーザ メッセージ] セクションで、 [ユーザはログオンした場合にのみ、メッセージ送信者として識別される] チェックボックスをオフにします。

認識されたユーザ メッセージは、このチェックボックスがオフの場合に有効です。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

デジタル ネットワークのセットアップのテスト

デジタル ネットワークのセットアップをテストするには、テスト ユーザ アカウントを作成するか、または各 Cisco Unity サーバ上の既存のユーザ アカウントを使用します。テストで使用する Cisco Unity システム管理のユーザ アカウントをセットアップするときは、必ず、次の操作を行います。

ボイス名を録音する。

内線グリーティングを録音し、有効にする。

ユーザ プロファイル ページの[電話ディレクトリに登録] チェックボックスをオンにする。

ユーザのメッセージの聞き取りページの[各メッセージの再生前にアナウンス - 送信者情報] チェックボックスをオンにする。

次のテストを行って、デジタル ネットワークが正しく動作することを確認します。

1. 異なる Cisco Unity サーバ上のユーザ間で、メッセージの送受信がどちらの側からも(たとえば、サーバ A からサーバ B へ、およびサーバ B からサーバ A へ)可能であることを確認します。Cisco Unity サーバにユーザとしてログオンし、他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザにメッセージを送信します。次のことを確認します。

受信者がメッセージを受信する。

受信者がメッセージを聞くと、ユーザのガイダンスで送信側ユーザの録音済みボイス名が再生され、メッセージの送信者が通知される。

受信者は、メッセージを聞いた後にユーザのガイダンスで返信をすることができる。

2. ディレクトリ ハンドラの検索スコープがダイヤル ドメインを検索するように設定されている場合、外部からの発信者が他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザを電話帳で検索できることを確認します。ユーザ以外の電話からは、Cisco Unity サーバの自動受付を呼び出し、ディレクトリ ハンドラに転送します。他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザを電話帳で検索できること、および通話がディレクトリ ハンドラによって適切なユーザの電話に転送されることを確認します。

3. 自動受付の検索スコープがダイヤル ドメインを検索するように設定されている場合、外部からの発信者が他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザに転送されることを確認します。ユーザ以外の電話からは、Cisco Unity サーバの自動受付を呼び出し、他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザの内線番号を入力します。該当するユーザの電話にアクセスすることを確認します。

認識されたユーザ メッセージのテスト

認識されたユーザ メッセージが Cisco Unity 4.0(3) 以降で適切に動作することをテストします。次の設定が正しく行われていることを確認します。

Cisco Unity システム管理の[システム] >[コンフィギュレーション設定] ページで、[ユーザはログオンした場合にのみ、メッセージ送信者として識別される] チェックボックスがオフになっている。

自動受付の検索スコープが、ダイヤル ドメインを検索するように設定されている。

次のテストを行って、認識されたユーザ メッセージが正しく動作することを確認します。

1. Cisco Unity が、メッセージを残すユーザに対して内線グリーティングを再生することを確認します。ユーザの電話から他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザを呼び出し、その通話をボイスメールに転送させます。メッセージを残す前に内線グリーティングが再生されることを確認します。

2. 受信者がメッセージを聞くときにユーザが認識されることを確認します。ユーザの電話から他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザを呼び出し、その通話をボイスメールに転送させます。そのユーザにメッセージを残します。受信者が電話でテスト メッセージを聞くときに次のことが行われることを確認します。

ユーザのガイダンスで送信側ユーザの録音済みボイス名が再生され、メッセージの送信者が通知される。

受信者は、メッセージを聞いた後にユーザのガイダンスで返信をすることができる。

デジタル ネットワークの概念と定義

次の各項では、デジタル ネットワークの概念について詳しく説明します。

「ロケーションとデジタル ネットワーク」

「ダイヤル ドメイン」

「ネットワーク構成の電話システムとダイヤル ドメイン」

「ネットワーク構成でない電話システム用の宛先オプション」

「Cisco Unity システム管理のスコープ」

「他の Cisco Unity サーバへの管理者権限の付与」

「同報リスト」

「Outlook アドレス帳でのユーザの非表示」

ロケーションとデジタル ネットワーク

デジタル ネットワークの動作の中心になる Cisco Unity オブジェクトをロケーションと呼びます。各 Cisco Unity サーバは、インストール時に作成されて削除できないロケーションに関連付けられています。このロケーションをデフォルト ロケーションまたはプライマリ ロケーションと呼びます。パブリック同報リストを除き、Cisco Unity サーバ上に作成されるユーザおよびその他の Cisco Unity オブジェクト(たとえば、コール ハンドラ)はすべて、プライマリ ロケーションに関連付けられます。

各プライマリ ロケーションには、Cisco Unity が Cisco Unity サーバ間でメッセージをルーティングするために必要なアドレス情報が含まれています。Cisco Unity はロケーションとユーザのアドレス情報をディレクトリに格納しているため、このアドレス情報は、ネットワーク上の他の Cisco Unity サーバに複製されます。

プライマリ ロケーションには、ダイヤル ID も含まれており、Cisco Unity がロケーションの識別情報として使用します。プライマリ ロケーション(および作成する発信ロケーションすべて)のダイヤル ID として選択する番号は、慎重に計画してください。慎重に計画しない場合、不適切に割り当てられたダイヤル ID が原因で、別のロケーションのメッセージ受信者を検索できなくなることがあります。詳細については、「ダイヤル ID の割り当て」および を参照してください。

ダイヤル ドメイン

ダイヤル ドメインは、同じ電話システムまたは電話システム ネットワークに連動している Cisco Unity サーバのコレクションで、重複する番号計画を Cisco Unity で処理できるようにするグループ化方式です。ダイヤル ドメインでは、Cisco Unity 内のユーザの内線番号は、電話システムの電話内線番号と同じように一意である必要があります(通常、ユーザの内線番号と電話内線番号は同じ番号です)。ネットワーク構成の電話システムでは、その電話ネットワーク上の別のロケーションのユーザを呼び出すときに、電話内線番号をダイヤルします。トランク アクセス コードまたはトランク アクセス プレフィックスをダイヤルする必要はありません。同様に、ダイヤル ドメインにグループ化されている場合、Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザは、別の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザにメッセージを送信するときに、ユーザの内線番号をダイヤルします。ダイヤル ドメインには、複数の Exchange 5.5 サイト、Exchange 2000、または Exchange 2003 ルーティング グループを含めることができます。

ネットワーク構成の電話システムに連動した Cisco Unity サーバをダイヤル ドメインにグループ化すると、ディレクトリ ハンドラの検索スコープと自動受付の検索スコープを設定して、外部からの発信者を同一のダイヤル ドメイン内にある他の Cisco Unity サーバに関連付けられたユーザへ転送することができます。

ダイヤル ドメインを使用して、次の場合に Cisco Unity が実行する検索に対してスコープを設定できます。

ユーザがメッセージの宛先を指定するとき

パブリック同報リストまたはプライベート同報リストにメンバーを追加するとき

発信者が会社の開始グリーティングにアクセスするとき

発信者が宛先検索サービスを使用するとき

たとえば、ユーザが数字を入力してメッセージの宛先を指定するとき、Cisco Unity は、まずローカル Cisco Unity サーバで一致する内線番号を検索します。一致する内線番号が見つからない場合、Cisco Unity は、ダイヤル ドメイン内で一致する内線番号を検索します。Cisco Unity で一致する内線番号が検索された場合、どのスコープ レベルであっても検索は停止し、ボイス名による確認結果がメッセージを送信しているユーザへ提供されます。Cisco Unity は、ローカル サーバ、ダイヤル ドメイン、グローバル ディレクトリの順に検索スコープを広げながら検索します。一致する内線番号が見つかった場合は Cisco Unity は次のスコープ レベルへの検索は続行しません。このため、ダイヤル ドメイン外の内線番号との競合は回避できます。

ユーザの内線番号はダイヤル ドメイン内で一意でなければなりませんが、ディレクトリ複製の遅延時間が原因で、誤って一意でない内線番号でユーザ アカウントを作成してしまうことがあります。Cisco Unity で複数の一致する内線番号が検出された場合(どのスコープ レベルであっても)、ユーザにリストが返され、メッセージが送信されます(たとえば、「2 つの一致する名前があります。内線番号 3047 の Terry Campbell の場合は、1 を押してください。内線番号 3047 の Kelly Bader の場合は、2 を押してください」)。詳細については、を参照してください。

番号計画の重複に対するダイヤル ドメイン シールド

ネットワーク構成の電話システムに連動している Cisco Unity サーバをダイヤル ドメインにグループ化することで、同じグローバル ディレクトリに別の電話システムと連動している他の Cisco Unity サーバがある場合の番号計画の重複を処理することができます。別個の電話システムが同じディレクトリを共有しているシナリオを図 2-1 に示します。このシナリオでは、ダイヤル ドメイン外の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザは、ダイヤル ドメイン内のサーバに関連付けられているユーザが使用している内線番号と同じ内線番号を使用できます。ダイヤル ドメインを使用すると、ダイヤル ドメイン内のユーザは、別の電話システム上のユーザの内線番号と競合することなく内線番号を使用してメッセージの宛先を指定できます。

図 2-1 ダイヤル ドメイン

 

図 2-1 の中の Unity 3 上のユーザの内線番号がダイヤル ドメイン A 内の内線番号と重複しているとします。Unity 3 に関連付けられているユーザとダイヤル ドメイン内のユーザのうち、いずれか一方のユーザが電話を使用して相手のユーザをメッセージの宛先に指定する場合、次のいずれかを実行します。

宛先の Cisco Unity サーバのプライマリ ロケーションのダイヤル ID と受信者の内線番号で構成される 1 つの番号を入力するようにユーザに指示する。

各ユーザ アカウントに代行内線番号をセットアップする。各ユーザに対し、そのユーザの電話番号全体と同じ番号を代行内線番号として入力する。この操作を行うと、ユーザが Cisco Unity にログオンしてメッセージを送信する場合、メッセージの宛先を指定するときに入力する番号は呼び出し時に使用する番号と同じになります。

[検索にはロケーションを含みます。] 設定を有効にする。この設定が有効の場合は、ユーザは 2 つのステップでメッセージの宛先を指定します。まず、ロケーションのダイヤル ID(またはロケーション名)を入力し、次に内線番号(または受信者名)を入力します。詳細については、 を参照してください。

自動受付の検索スコープおよびディレクトリ ハンドラの検索スコープ

自動受付の検索スコープおよびディレクトリ ハンドラの検索スコープには、ローカル サーバとダイヤル ドメインの 2 つの設定があります。グローバル ディレクトリの検索スコープの設定はありません。そのため、番号計画が重複していない場合であっても、ダイヤル ドメインを作成して自動受付の検索スコープおよびディレクトリ ハンドラの検索スコープをローカル サーバ以外に広げる必要があります。

ネットワークを構成する Cisco Unity サーバ間で認識されたユーザ メッセージを機能させるには、自動受付をダイヤル ドメイン スコープに設定する必要があります。「ネットワークを構成している Cisco Unity サーバ間の認識されたユーザ メッセージを有効にする」を参照してください。

ネットワーク構成の電話システムとダイヤル ドメイン

ネットワーク構成の電話システムでは、その電話ネットワーク上の別のロケーションのユーザを呼び出すときに、電話番号全体ではなく、内線番号をダイヤルします。Cisco Unity でこの機能を使用可能にするには、そのネットワーク構成の電話システムに連動した Cisco Unity サーバをダイヤル ドメインに追加する必要があります。詳細については、「ダイヤル ドメイン」を参照してください。ダイヤル ドメイン内で、ユーザの内線番号は一意である必要があります。図 2-2 に示すように、ダイヤル ドメインによってグローバル ディレクトリをセグメントに分割できます。

図 2-2 ダイヤル ドメインによるグローバル ディレクトリのセグメント分割

 

ダイヤル ドメインを使用すると、次のような処理ができます。

呼び出し時に使用する番号と同じ番号をダイヤルすることによって、ダイヤル ドメイン内の他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザをメッセージの宛先に指定できる。

Cisco Unity サーバ上の自動受付は、通話をダイヤル ドメイン内の任意の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザに転送できる。

発信者は、宛先検索サービスを使用してダイヤル ドメイン内の任意の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザを検索し、通話を転送できる(ただし、必要に応じて宛先検索サービスの検索範囲をローカル Cisco Unity サーバに制限できることに注意してください)。

「動作についての情報」で説明されている制限に注意してください。

ネットワーク構成でない電話システム用の宛先オプション

各ロケーションが個別の電話システムを使用している組織では、あるロケーションのユーザが別のロケーションのユーザを呼び出す場合、内線番号だけでなく電話番号全体をダイヤルします。ユーザが Cisco Unity にログオンして他の Cisco Unity サーバ上のユーザにメッセージを送信する場合、メッセージの宛先を指定するときに入力する番号は、次の項で説明するように、Cisco Unity の番号計画がロケーション上で重複しているかどうかによって異なります。

番号計画が重複していない場合

Cisco Unity の番号計画がロケーション上で重複していない場合(ユーザ内線番号がロケーション全体で一意である場合)は、別の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザをメッセージの宛先に指定するとき、内線番号を入力します。

ユーザにとって便利なように、代行内線番号を各ユーザ アカウントに追加することもできます。代行内線番号を使用すると、別のロケーションのユーザをメッセージの宛先に指定するときに入力する番号を、通話のときにユーザがダイヤルする番号と同じにできます。追加の代行内線番号をセットアップすると、ユーザは 2 つの異なる番号(ユーザを直接呼び出す番号とメッセージの宛先に指定する番号)を覚える必要がなくなります。

たとえば、ユーザ Kelly Bader のユーザ内線番号は 4060 です(図 2-3 を参照)。リモート ロケーションのユーザである Chris が 456-4060 をダイヤルし、Kelly に電話をかけるとします。Chris が Cisco Unity にログオンして Kelly にメッセージを送信する場合、メッセージの宛先を指定するには、Kelly を呼び出すときにダイヤルする番号と同じ番号ではなく、プレフィックス(456)なしの内線番号(4060)だけをダイヤルすることを覚えておく必要があります。ただし、Kelly に代行内線番号 4564060 を割り当てることができます。同じ代行内線番号がすでにセットアップされている場合は、Chris は、Kelly にメッセージの宛先を指定するときは、4060 または 4564060 のいずれかを入力することができます。

図 2-3 重複のない内線番号

 

各ロケーションの番号計画に重複がない場合、代行内線番号のセットアップは、単純にユーザの便宜を図るためのオプションです。しかし、代行内線番号をセットアップしない場合は、別のロケーションに関連付けられているユーザにメッセージを送信するときに電話番号全体ではなく内線番号を使用するようにユーザに指示する必要があります。

代行内線番号には、回線を複数のユーザ電話に表示する処理など、デジタル ネットワークでの用途以外の目的があることに注意してください。ユーザは、最大 9 つの代行内線番号を持つことができます。詳細については、『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「ユーザ設定」の章の「ユーザ代行内線番号設定」の項を参照してください。

番号計画が重複している場合

番号計画がロケーション上で重複している場合は、次のオプションがあります。

宛先の Cisco Unity サーバのプライマリ ロケーションのダイヤル ID とユーザの内線番号で構成される番号を入力するようにユーザに指示する。

各ユーザ アカウントに代行内線番号をセットアップする。各ユーザに対し、そのユーザの電話番号全体と同じ番号を代行内線番号として入力します。この操作を行うと、ユーザが Cisco Unity にログオンしてメッセージを送信する場合、メッセージの宛先を指定するときに入力する番号は呼び出し時に使用する番号と同じになります。

[検索にはロケーションを含みます。] 設定を有効にする。この設定が有効の場合、ユーザはプロンプトが表示されたときにロケーションのダイヤル ID をダイヤルしてから内線番号をダイヤルすることによって、メッセージの宛先を指定できます。詳細については、 を参照してください。

ユーザがメッセージの宛先を指定するとき、Cisco Unity は、まずローカル Cisco Unity サーバ上で一致する内線番号を検索します。一致する内線番号が見つかった場合、Cisco Unity は検索を終了し、別のロケーションで一致する内線番号は検索しません。そのため、ローカル ユーザの内線番号と別の Cisco Unity サーバ上のユーザの内線番号が同じ場合、Cisco Unity はローカル Cisco Unity サーバ上のユーザだけを検索します。ただし、上記のオプションのいずれかがセットアップされている場合は、ローカル サーバ上のユーザは他の Cisco Unity サーバ上のユーザをメッセージの宛先に指定できます。

Cisco Unity システム管理のスコープ

パブリック同報リストを除き、Cisco Unity サーバ上に作成されたユーザおよびその他の Cisco Unity オブジェクト(コール ハンドラなど)はすべて、サーバのプライマリ ロケーションに関連付けられます。この関連付けによって、別のサーバ上に作成されたユーザ アカウントおよびその他のオブジェクトにアクセスするには、そのオブジェクトが作成されたサーバの Cisco Unity システム管理を実行する必要があります。他のサーバのプライマリ ロケーションについての情報、および他のサーバ上で作成された発信ロケーションについての情報は表示できますが、修正したり削除したりすることはできないことに注意してください。

次の項で、他のサーバ上の Cisco Unity システム管理へのアクセスに関する情報について説明します。

「ローカル Cisco Unity システム管理から他の Cisco Unity システム管理を参照する」

「別の Cisco Unity サーバ上で作成されたユーザ アカウントの検索」

「Global Subscriber Manager を使用して別の Cisco Unity システム管理を参照する」

ローカル Cisco Unity システム管理から他の Cisco Unity システム管理を参照する

ローカル サーバ上の Cisco Unity システム管理には、他のサーバ上の Cisco Unity システム管理へのリンクが用意されています。他の Cisco Unity サーバ上に作成されたオブジェクトのデータにアクセスするには、オブジェクトが作成されたサーバの名前が必要です。

ネットワークを構成している Cisco Unity サーバ上の別の Cisco Unity システム管理を参照する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理インターフェイス左側のナビゲーション バーの下の近くにある[ Unity サーバ] をクリックします。[サーバの選択] ページが表示されます。

ステップ 2 リストで、アクセスするサーバをクリックします。

ステップ 3 プロンプトが表示されたら Cisco Unity システム管理にアクセスするための適切な資格を入力します。

Cisco Unity システム管理の別のインスタンスが、別のブラウザ ウィンドウに表示されます。これは、選択したサーバの Cisco Unity システム管理です。


 

別の Cisco Unity サーバ上で作成されたユーザ アカウントの検索

ローカル Cisco Unity システム管理内では、他の Cisco Unity サーバ上のユーザを検索できます。ユーザ アカウントを選択して設定を編集する場合は、適切な Cisco Unity システム管理が起動されます。ローカル Cisco Unity サーバ上の Cisco Unity システム管理を使用してネットワーク内の他の Cisco Unity サーバ上のユーザ アカウントを検索するには、次の手順に従います。

ローカル Cisco Unity サーバ以外の Cisco Unity サーバ上に作成されたユーザ アカウントを検索する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の[ ユーザ] >[ユーザ] ページに移動します。

ステップ 2 [検索] アイコンをクリックします。

ステップ 3 エイリアス、内線番号、名、姓のどれで検索するかを指定します。

ステップ 4 該当するエイリアス、内線番号、または名前を入力します。* を入力して、すべてのユーザのリストを表示することもできます。また、1 つ以上の文字または値の後ろに * を入力して、検索範囲を狭くすることもできます。

ステップ 5 [すべて検索(Cisco Unity サーバ)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 [検索] をクリックします。

ステップ 7 一致リストで、レコードを表示するユーザの名前をクリックします。

ステップ 8 プロンプトが表示されたら Cisco Unity システム管理にアクセスするための適切な資格を入力します。

Cisco Unity システム管理の別のインスタンスが、別のブラウザ ウィンドウに表示されます。これは、ユーザ アカウントが作成された Cisco Unity サーバの Cisco Unity システム管理 Web サイトです。新しいブラウザ ウィンドウにユーザ プロファイル ページが表示されます。


 

Global Subscriber Manager を使用して別の Cisco Unity システム管理を参照する

また、Tools Depot から Global Subscriber Manager(GSM)を使用して別のサーバ上の Cisco Unity システム管理を起動できます。GSM は Cisco Unity ネットワーク全体での切断状況を、ダイヤル ドメイン単位およびサーバ単位で表示します。GSM では、個人ユーザを素早く検索して、そのユーザの Cisco Unity システム管理を起動できます。これは、ユーザがどのサーバ上に存在しているかとは無関係です。任意の必要なスコープを選択でき、そのレベルのユーザをすべて表示できます。検索は、ダイヤル ドメイン単位またはサーバ単位で実行できます。また、Cisco Unity ネットワーク全体からもグローバルに実行できます。

GSM を使用する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、[ Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のウィンドウの、 [Global Subscriber Manager] をダブルクリックします。

編集するユーザ アカウントをダブルクリックします。ブラウザ ウィンドウに該当する Cisco Unity システム管理が表示されます。詳細については、GSM のヘルプ ファイルを参照してください。


 

他の Cisco Unity サーバへの管理者権限の付与

別のサーバの Cisco Unity システム管理にアクセスするには、ローカル Cisco Unity サーバの管理者に適切な権限が必要です。これを設定する最も簡単な方法は、GrantUnityAccess ユーティリティを実行することです。実行方法については、『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「Cisco Unityシステム管理へのアクセス」の章の「別の Cisco Unity サーバに対する管理者権限の付与」の項を参照してください。

同報リスト

パブリック同報リストは、特定のプライマリ ロケーションに関連付けられていません。名前の録音と内線番号の一方または両方がリストにあれば、そのリストが作成されたロケーションに関係なく、そのリストをメッセージの宛先に指定できます(サービス クラスで許可されている場合)。

新規リスト

パブリック同報リストを新規作成するときは、次の条件に注意してください。

リストの内線番号は、ディレクトリの全ロケーションにわたって一意である必要があります。そのため、他のロケーションで使用されている内線番号を調べてから、内線番号を新規リストに割り当てる必要があります。

Cisco Unity システム管理では、Cisco Unity サーバのデフォルト ロケーションの宛先オプション設定で許可されていれば、複数のロケーションからメンバーをリストに追加できます。詳細については、「プライマリ ロケーションの宛先オプションの設定」を参照してください。

Cisco Unity システム管理では、メンバーが関連付けられているロケーションに関係なく、リストのメンバーをすべて表示できます。

定義済みパブリック同報リスト

Cisco Unity には、定義済みパブリック同報リストとしてすべてのユーザ、宛先不明メッセージ、およびシステム イベント メッセージが用意されています。組織の各 Cisco Unity サーバには、これらのリストそれぞれの異なるバージョンがあります。これらのリストを Cisco Unity システム管理で表示すると、Cisco Unity サーバ名がリスト名に付加されます。


ヒント 同報リストは、ネストできます。つまり、同報リストには他のリストを含めることができます。必要に応じて、各 Cisco Unity サーバのすべてのユーザのリストを含む、すべてのユーザの同報リストのマスターを 1 つ作成できます。


プライベート同報リスト

デフォルト ロケーションの宛先オプション設定で許可されている場合は、プライベート同報リストを作成するときに、ユーザは他のロケーションからメンバーを追加できます。メンバーをプライベート同報リストに追加するとき、およびメッセージの宛先を指定するときに Cisco Unity が実行する検索は、ロケーションの宛先オプションによって制御できます。詳細については、「プライマリ ロケーションの宛先オプションの設定」を参照してください。

Outlook アドレス帳でのユーザの非表示

Cisco Unity のユーザ アカウントを作成する前、または作成した後に、ユーザを Outlook のアドレス帳に表示しないようにできます。特に、ボイスメールだけのユーザを表示しないことが必要になる場合があります。たとえば、インストレーションによっては、ボイスメールだけのユーザが、ローカル ネットワーク上ですでに Windows アカウントと Exchange メールボックスを持っていることがあります。したがって、そのユーザの Cisco Unity ユーザ アカウントを作成すると、Exchange アドレス リストに既存のユーザ アカウントと新しいユーザ アカウントが重複して登録されます。どちらの登録も、Outlook アドレス帳に取り込まれます。つまり、ユーザが、ボイス メッセージの宛先指定だけに使用されるボイス メッセージ専用のアカウントに、誤って電子メール メッセージを送信する可能性があります。

ユーザが、ボイス メッセージ専用のアカウントに誤って電子メールを送信しないように、ユーザを Outlook のアドレス帳に表示しないようにできます。Outlook のアドレス帳にユーザを表示しないようにしても、Exchange は指定された宛先に電子メール メッセージを配信します。しかし、他のユーザが Outlook のアドレス帳を使用してメッセージの宛先を指定できなくなるため、配信されるメッセージの数は減少します。この方法により、ボイス メッセージだけのユーザのメールボックスが、アクセスおよび削除ができないメッセージでいっぱいになるのを防ぐことができます。

ユーザを Outlook のアドレス帳に表示しないようにする方法は、Exchange のバージョンによって異なります。

Cisco Unity と Exchange 5.5 を使用する場合

ユーザを Outlook のアドレス帳に表示しないようにするには、Cisco Unity システム管理、Bulk Edit、または Microsoft Exchange 5.5 管理ツールを使用できます。

Cisco Unity システム管理を使用する場合は、ユーザの作成時に使用するユーザ テンプレートのプロファイル ページ上で、またはユーザの作成後は個人ユーザのプロファイル ページ上で、[電子メール サーバのアドレス帳でのユーザ表示] チェックボックスをオフにします。

Bulk Edit ユーティリティを使用する場合は、オンライン ヘルプを参照してください。

Microsoft Exchange 5.5 管理ツールを使用する場合は、受信者をダブルクリックしてから、[詳細設定] タブで[アドレス帳に表示しない] チェックボックスをオンにします。

Cisco Unity と Exchange 2000 および Exchange 2003 を使用する場合

ユーザを Outlook のアドレス帳に表示しないようにするには、Cisco Unity システム管理、Cisco Unity Bulk Import ウィザード、Bulk Edit、または Windows の Active Directory ユーザとコンピュータを使用できます。

Cisco Unity システム管理を使用する場合は、ユーザの作成時に使用するユーザ テンプレートのプロファイル ページ上で、またはユーザの作成後は個人ユーザのプロファイル ページ上で、[電子メール サーバのアドレス帳でのユーザ表示] チェックボックスをオフにします。

Cisco Unity Bulk Import ウィザードまたは Bulk Edit ユーティリティを使用して設定する場合は、各ツールのオンライン ヘルプを参照してください。

Windows の Active Directory ユーザとコンピュータを使用する場合、[表示] >[拡張機能] を選択し、受信者をダブルクリックしてから[詳細設定] タブで[アドレス帳に表示しない] チェックボックスをオンにします。

動作についての情報

この項では、デジタル ネットワークに関する動作について説明します。詳細については、次の各項を参照してください。

「着信転送設定を利用できない場合」

「Exchange が混在した環境のデジタル ネットワーク」

「メッセージを残す場合とメッセージを送信する場合:前のバージョンの Cisco Unity での認識されたユーザ メッセージの制限」

「Cisco Unity サーバへのユーザのマッピング」

着信転送設定を利用できない場合

複数の Cisco Unity サーバで構成されるインストレーションでは、着信転送設定は Cisco Unity サーバ間で複製されません。自動受付または宛先検索サービスからローカル サーバに関連付けられていないユーザに呼び出しを転送するときは、これらのユーザに相手先応答の検出がセットアップされていても、転送は Cisco Unity (相手先応答の検出)ではなく電話システム(リリース)で自動的に処理されます。次の制限に注意してください。

相手先応答の検出とともに利用できるユーザ通話スクリーニング、通話保留、および接続案内の機能は、リリース経由で転送された通話に対しては利用できません。

Cisco Unity は、Cisco Unity が連動している電話システムに電話を持たないユーザ(通常の Cisco Unity ユーザ、または AMIS ユーザ、Bridge ユーザ、インターネット ユーザまたは VPIM ユーザ)へのメッセージを処理できません。リリース転送では、Cisco Unity は、ユーザの内線番号をダイヤルし、電話を切ります。通話がその後どのように処理されるかは、電話システムの設定によって異なります。電話システムを設定していない場合は、通話が中止されることがあります。

開始グリーティングにアクセスした外部からの発信者が電話を持たないユーザにメッセージを残せるようにする場合は、発信者が相手のユーザが作成されている Cisco Unity サーバを呼び出し、着信転送の設定を利用可能にする必要があります。さらに、ローカル サーバのディレクトリ ハンドラの検索スコープおよび自動受付の検索スコープの制限を検討することが必要になる場合があります。

Exchange が混在した環境のデジタル ネットワーク

デジタル ネットワークを混在した Exchange の環境で使用するには、すべてのCisco Unity サーバは Exchange 2000 または Exchange 2003 をパートナー サーバとして使用する必要があります。Exchange 5.5 からExchange 2000 または Exchange 2003 へ段階的に移行する場合、すべての Cisco Unity サーバを Exchange 2000 または Exchange 2003 パートナー サーバを使用するように設定する必要があります。デジタル ネットワークは、パートナーが Exchange 5.5 サーバである Cisco Unity サーバとパートナーが Exchange 2000 サーバまたは Exchange 2003 サーバである Cisco Unity サーバの間ではサポートされていません。

ユーザが遭遇する可能性のある制限

Cisco Unity/Exchange 5.5 サーバが Cisco Unity/Exchange 2000 サーバまたは Exchange 2003 サーバにネットワーク接続されている場合、プライマリ ロケーション、発信ロケーション、およびメッセージの送受信に必要な他の Cisco Unity 固有の属性は、Microsoft Active Directory Connector(ADC)を介して正しく複製されません。そのため、Exchange 5.5 サーバにメールボックスを持つユーザと Exchange 2000 サーバまたは Exchange 2003 サーバにメールボックスを持つユーザとの間では、メッセージの送受信は行えません。ただし、すべての Cisco Unity サーバのパートナー サーバが Exchange 2000 または Exchange 2003 であれば、混在した Exchange の環境でユーザのメッセージの送受信は正しく機能します。

この制限は、デジタル ネットワークを AMIS Networking、Bridge Networking、SMTP Networking、および VPIM Networking と組合せてある場合にも生じます。これは、発信ロケーションが ADC を介して複製されないためです。たとえば、AMIS 発信ロケーションが Cisco Unity/Exchange 5.5 に作成されている場合、Cisco Unity/Exchange 5.5 のユーザだけが、AMIS 発信ロケーションによって表されるリモート ボイス メッセージ システムにメッセージを送信できます。同様に、AMIS 発信ロケーションが Cisco Unity/Exchange 2000 または Exchange 2003 に作成されている場合、Cisco Unity/Exchange 2000 または Exchange 2003 のユーザだけが、AMIS 発信ロケーションによって表されるリモート ボイス メッセージ システムにメッセージを送信できます。ただし、すべての Cisco Unity サーバのパートナー サーバが Exchange 2000 または Exchange 2003 であれば、混在した Exchange の環境で AMIS メッセージの送受信は正しく機能します。

メッセージを残す場合とメッセージを送信する場合:前のバージョンの Cisco Unity での認識されたユーザ メッセージの制限

この項で説明されている認識されたユーザ メッセージの制限は、Cisco Unity バージョン 3.0 ~ 3.1(5) および バージョン 4.0(1) と 4.0(2) のものです。認識されたユーザメッセージは、Cisco Unity 3.1(6) および 4.0(3) 以降で完全に機能します。異なるバージョンの Cisco Unity が存在するインストレーションでは、認識されたユーザメッセージを完全に機能させるには、すべての Cisco Unity サーバをバージョン 3.1(6) および 4.0(3) 以降で実行します。Cisco Unity サーバ間の認識されたユーザ メッセージは、デフォルトでは有効でないことに注意してください。詳細については、「ネットワークを構成している Cisco Unity サーバ間の認識されたユーザ メッセージを有効にする」を参照してください。

Cisco Unity サーバ上のユーザが異なる Cisco Unity サーバ上のユーザに電話をかけてメッセージを残す場合、Cisco Unity ではそのメッセージがユーザから送信されたものであるとは認識されません。つまり、認識されたユーザ メッセージは機能せず、その通話は身元不明発信者から送信されたものとして処理されます。これは、次のようなことを意味します。

Cisco Unity では、発信者がメッセージを残すときにユーザの内線グリーティングは再生されません。

Cisco Unity では、受信者がメッセージを聞くときに発信側ユーザの録音済みボイス名は再生されません。

Cisco Unity で、受信者は応答を録音できません。

ただし、ユーザが同じ Cisco Unity サーバ上の別のユーザに電話をかけてメッセージを残す場合は、Cisco Unity ではそのメッセージがユーザから送信されたものであると認識されます(この場合、上記の制限は適用されません)。このような動作の不統一がユーザにとって問題であるときは、各 Cisco Unity サーバ上で認識されたユーザ メッセージを無効にすることもできます。認識されたユーザ メッセージを無効にするには、Cisco Unity システム管理の[コンフィギュレーション] >[設定] ページで[ユーザはログオンした場合にのみ、メッセージ送信者として識別される] チェックボックスをオフにします。

ユーザが最初に Cisco Unity にログオンしたときにこの違いに注意し、メッセージを録音してから送信することが重要です(対象とする受信者が呼び出しに応答しないために、電話をかけてからメッセージを残す場合とは反対になります)。ユーザが Cisco Unity にログオンすると、Cisco Unity では、メッセージの受信者がどの Cisco Unity サーバ上に存在するかにかかわらず、メッセージがユーザから送信されたものであることが認識されます。このような場合、電話システムは関与せず、受信者の電話は鳴りません。その代わり、メッセージはデジタル ネットワーク経由で送信されます。したがって、Cisco Unity では、受信者がメッセージを聞くときに送信側ユーザの名前の録音が再生され、受信者は応答を録音できます。

Live Reply を利用できない場合

ある Cisco Unity サーバ上のユーザが異なる Cisco Unity サーバ上のユーザにメッセージを送信する、またはメッセージを残す場合、電話でメッセージを聞くユーザは Live Reply 機能を利用できません。Live reply は、メッセージを残したユーザが応答しようとしているユーザと同じ Cisco Unity サーバ上にいる場合にだけ利用できます。Live reply の詳細については、『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「サービス クラスの設定」の章の「サービス クラスのメッセージ設定」の項を参照してください。

Cisco Unity サーバへのユーザのマッピング

各 Cisco Unity サーバは、別個のユーザ グループを処理します。大規模な組織では、同じ物理ロケーションで複数の Cisco Unity サーバを使用することがあります。この場合、各 Cisco Unity サーバに関連付けるユーザを決定し、マッピングの記録を保持する必要があります。この記録は次のために必要です。

通話を内線番号から Cisco Unity に転送するときに、グリーティング転送試行は、転送元内線番号をローカル Cisco Unity サーバ上のユーザの内線番号(および代行内線番号)からのみ検索します。このため、各ユーザの電話は、そのユーザが関連付けられている Cisco Unity サーバに転送する必要があります。

メッセージをチェックするには、ユーザは自分が関連付けられている Cisco Unity サーバにダイヤルする必要があります。そのため、Cisco Unity を呼び出すときに、正しい番号をダイヤルするようにユーザに指示する必要があります。さらに、簡易メッセージ アクセスを使用する場合は、ユーザが関連付けられている Cisco Unity サーバを呼び出すように各ユーザの電話を設定する必要があります。

マッピングの記録を作成するには、各 Cisco Unity サーバ上でユーザ レポートを実行します。このレポートの情報には、ユーザ名とプライマリ ロケーションが含まれています。詳細については、『 Cisco Unity System Administration Guide 』の「レポート」の章の「ユーザ レポート」の項を参照してください。