Cisco Unity ネットワーキング ガイド
Cisco Unity 8.x の Audio Messaging Interchange Specification(AMIS)ネット ワーク
Cisco Unity 8.x の Audio Messaging Interchange Specification(AMIS)ネットワーク
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2010/10/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x の Audio Messaging Interchange Specification(AMIS)ネットワーク

AMIS を使用するための 8.x の設定

前提条件

および Cisco ゲートウェイを使用した AMIS の展開に関する考慮事項

タスク リスト:AMIS を使用するための の設定

8.x を設定して AMIS を使用する手順

AMIS ネットワーク用の の設定

Exchange 2000 用 の設定

配信できないメッセージの処理の制御

UAmis アカウントの作成

発信 AMIS コールのボイス ポートの指定

AMIS 配信オプションの設定

AMIS 規制テーブルのカスタマイズ

AMIS スケジュールの設定

プライマリ ロケーションのカスタマイズ

AMIS 配信ロケーションの作成

を使用した AMIS 配信ロケーションの作成

ウィザードを使用した AMIS 配信ロケーションの作成

ウィザードを使用した既存の配信ロケーションの変更

AMIS ユーザの作成

AMIS ユーザ アカウントを作成する前に

ウィザードを使用した複数の AMIS ユーザ アカウントの作成

CSV インポート エラーの修正

を使用した AMIS ユーザ アカウントの作成

AMIS ユーザ アカウントを作成した後に

AMIS ユーザを含めるための認識されたユーザ メッセージの拡張

デジタル ネットワークで接続された複数の サーバがある環境

単一サーバ環境

ユーザのインポートで使用する Active Directory コンテナに対する権限の設定

認識されたユーザ メッセージの有効化

認識されたユーザ メッセージの拡張

AMIS ユーザのクロスサーバ転送の有効化

8.x での AMIS の概念と定義

AMIS の概要

ポートの使用状況およびスケジュール

UAmis アカウント

および AMIS ネットワーク

ロケーションおよび AMIS ネットワーク

メッセージの宛先指定オプション

メッセージ宛先指定の制限事項

ブラインド アドレッシングおよび AMIS ネットワーク

AMIS ユーザ

AMIS ユーザのユーザ体験

認識されたユーザ メッセージ

AMIS ユーザへの Live Reply

AMIS ユーザの削除

内線アドレス

Outlook アドレス帳における AMIS ユーザの表示方法の決定

連絡先を Outlook のアドレス帳に表示しない方法

連絡先を Outlook のアドレス帳に表示する方法の変更

によるプライベート同報リストへの個別ユーザの追加の禁止

別のボイス メッセージ システムから へのユーザ移行

ユーザの一括移行

1 人ずつユーザを移行

ユーザを移行する場合のプライベート同報リストに関する注意事項

ネットワーク接続された サーバの考慮事項

設計の考慮事項

8.x の AMIS ネットワークのメンテナンス

AMIS メッセージのトラフィックの監視

UAmis メールボックスの移動

8.x の AMIS ネットワークのトラブルシューティング

8.x の AMIS ネットワークの注意が必要な動作

受信メッセージがプライマリ内線番号だけに配信される

受信検索範囲

その他の言語での 設定プログラムの実行

Cisco Unity 8.x の Audio Messaging Interchange Specification(AMIS)ネットワーク

Cisco Unity は、さまざまなボイス メッセージ システム間でボイス メッセージを転送するメカニズムを提供する Audio Messaging Interchange Specification analog(AMIS-a)プロトコルをサポートします。

AMIS ネットワークはライセンスが必要な機能です。お客様の組織が Cisco Unity デジタル ネットワークを使用して(したがって、ユーザ データに同じディレクトリでアクセスして)複数の Cisco Unity サーバにネットワーク接続している場合、デジタル ネットワークの 1 つのサーバだけが AMIS ネットワーク用のライセンスが必要で、これに対して設定される必要があります。AMIS ネットワークに対して設定された Cisco Unity サーバは、ブリッジヘッド サーバと呼ばれます。Cisco Unity 機能のライセンスの入手方法については、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_white_papers_list.html にある該当する『 Licensing for Cisco Unity 』ホワイト ペーパーを参照してください。

AMIS ネットワークを使用するには、Cisco Unity Permissions ウィザードを実行するときに、該当するオプションを選択する必要があります。詳細については、Cisco Unity サーバの Tools Depot にある Permissions ウィザードのヘルプを参照してください。

この章では、AMIS ネットワークの設定の手順および理解する必要がある概念と用語の詳細について説明します。次の項を参照してください。

「AMIS を使用するための Cisco Unity 8.x の設定」:AMIS ネットワークの設定の前提条件および考慮事項について説明し、設定を完了するために必要なすべての作業の概要を含むタスク リスト、タスクを実行する順序について説明します。

「Cisco Unity 8.x を設定して AMIS を使用する手順」:Cisco Unity を設定して AMIS を使用するために必要なすべての手順を、順を追って説明します。

「Cisco Unity 8.x での AMIS の概念と定義」:AMIS の概念について詳しく説明します。設定手順を実行する前にこの項を読む必要があります。

「Cisco Unity 8.x の AMIS ネットワークのメンテナンス」:システム アクティビティの監視について説明します。

「Cisco Unity 8.x の AMIS ネットワークのトラブルシューティング」:トラブルシューティング情報へのリンクがあります。

「Cisco Unity 8.x の AMIS ネットワークの注意が必要な動作」:AMIS ネットワークに関する注意が必要な動作について説明します。

AMIS を使用するための Cisco Unity 8.x の設定

次の項を参照してください。

「前提条件」

「Cisco Unified Communications Manager および Cisco ゲートウェイを使用した AMIS の展開に関する考慮事項」

「タスク リスト:AMIS を使用するための Cisco Unity の設定」

前提条件

設定を開始する前に、次の前提条件を満たしていることを確認します。

Cisco Unity がすでにサーバにインストールされており、ネットワークに適切に接続されていること。

AMIS ライセンスを含むライセンス ファイルを入手済みで、これが Cisco Unity ブリッジヘッド サーバにインストールされていること。

Cisco Unity が、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_installation_guides_list.html にある『 Networking Options Requirements for Cisco Unity 』の「AMIS Networking Requirements」の項で説明されている要件を満たしていること。

Cisco Unity がネットワーク接続されるボイス メッセージ システムが、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_installation_guides_list.html にある『 Supported Hardware and Software, and Support Policies for Cisco Unity 』の「Support Policy for AMIS Voice Messaging Systems」の項にリストされている要件を満たしていること。

Cisco Unity 着信サービスによってガイダンスなどのコール ハンドラに通話が転送されることを確認する (これは、Cisco Unity が最初にインストールされる場合のデフォルトです)。

同じディレクトリにアクセスする複数の Cisco Unity サーバをインストールするには、AMIS ネットワークを設定する前に、 「Cisco Unity 8.x でのデジタル ネットワーク」 の章の説明に従って最初にこれらのサーバをデジタル ネットワーク用に設定する必要があります。Cisco Unity サーバをデジタル ネットワーク用に設定してから、次の設定を確認します。

ネットワークに接続されたすべてのサーバで、アドレッシング検索範囲が、ダイヤル ドメインまたはグローバル ディレクトリに設定されていることを確認します。これは、関連付けられているサーバに関係なく、Cisco Unity ユーザが、AMIS 配信ロケーションおよび AMIS ユーザ、またはそのいずれかにメッセージを宛先指定できるようにするためです。詳細については、「宛先の検索範囲の設定」を参照してください。

外部の発信者が、自動受付(たとえばガイダンスから)またはディレクトリ アシスタンスから AMIS ユーザにアクセスできるようにする場合は、次のことを確認します。

AMIS ユーザを作成する Cisco Unity サーバが、外部の発信者がコールする Cisco Unity サーバと同じダイヤル ドメインにあることを確認します。ダイヤル ドメイン作成の詳細については「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」、背景説明については「ダイヤル ドメイン」を参照してください。

自動受付とディレクトリ ハンドラの検索範囲が、ダイヤル ドメインの範囲に設定されていることを確認します。「ディレクトリ ハンドラの検索範囲の設定」および「自動受付の検索範囲の設定」を参照してください。

Cisco Unified Communications Manager および Cisco ゲートウェイを使用した AMIS の展開に関する考慮事項

AMIS コールが 1 つ以上の Cisco ゲートウェイまたはルータを横断する場合がある Cisco Unified Communications Manager(CM)(旧称 Cisco Unified CallManager) 環境では、製品を展開する前にお客様(またはお客様のシステムと連動するパートナー)がそのゲートウェイと Cisco Unity の相互運用性をテストすることを推奨します。AMIS を展開するとき、次の項目を検討します。

自動転送、コール ウェイティング、またはその他のトーンが DTMF シーケンスの送信を妨害することがあります。

Cisco Unified CM およびゲートウェイについて該当する場合は、DTMF 期間およびディジット間のタイミングを 100 ミリ秒に設定します。

タスク リスト:AMIS を使用するための Cisco Unity の設定

AMIS を使用するには、このタスク リストを使用して Cisco Unity を設定します。相互参照をクリックすると、設定のための詳細な手順にジャンプします。

1. Voice Connector を Exchange サーバにインストールします。「AMIS ネットワーク用の Voice Connector の設定」を参照してください。

次のタスクを AMIS 用のライセンスがある各 Cisco Unity サーバで実行します。

2. Cisco Unity のインストール中、Cisco Unity Permissions ウィザードを実行して必要な許可をインストールおよびサービス アカウントに与えたときに、[ボイス メッセージ相互運用性を有効にするかどうかの選択(Choose Whether to Enable Voice Messaging Interoperability)] ページで [AMIS、Cisco Unity Bridge、および VPIM で必要な権限の設定(Set Permissions Required by AMIS, Cisco Unity Bridge, and VPIM)] チェックボックスをオンにしなかった場合、次の手順を実行します。

a. AMIS 用のライセンスがある Cisco Unity サーバに次のアカウントを使用してログインします。

Cisco Unity サーバが属している、または Domain Admins グループのデフォルトの権限と同じ権限を持つドメインの Domain Admins グループのメンバー。

Exchange 完全管理者または Cisco Unity ユーザのインポート元のドメインすべてを含むドメインの Domain Admins グループのメンバーのいずれか。

b. Permissions ウィザードを再実行し、[ボイス メッセージ相互運用性を有効にするかどうかの選択(Choose Whether to Enable Voice Messaging Interoperability)] ページが表示されるまで、画面上のプロンプトに従います。

c. [AMIS、Cisco Unity Bridge、および VPIM で必要な権限の設定(Set Permissions Required by AMIS, Cisco Unity Bridge, and VPIM)] チェックボックスをオンにします。

d. 画面上のプロンプトに従い、Permissions ウィザードを完了します。

e. AMIS 用のライセンスがある Cisco Unity サーバが複数ある場合、手順 a. から手順 d. を AMIS 用のライセンスがある各サーバで繰り返します。

Permissions ウィザードの実行に関する詳細については、Permissions ウィザードがインストールされているディレクトリの PWHelp_<language>.htm の Permissions ウィザードのヘルプを参照してください。

チェックボックスをオンにしたかどうかが不明な場合は、Permissions ウィザードをレポート モードで実行します。詳細については、Permissions ウィザードがインストールされているディレクトリの PWReportHelp_<language>.htm のレポート モードのヘルプを参照してください。

3. UAmis アカウントを作成します。「UAmis アカウントの作成」を参照してください。

4. 発信 AMIS コールのボイス ポートを指定します。「発信 AMIS コールのボイス ポートの指定」を参照してください。

5. AMIS 配信オプションを設定します。「AMIS 配信オプションの設定」を参照してください。

6. 必要に応じて、AMIS 規制テーブルをカスタマイズします。「AMIS 規制テーブルのカスタマイズ」を参照してください。

7. AMIS スケジュールを設定します。「AMIS スケジュールの設定」を参照してください。

8. プライマリ ロケーション プロファイル設定をカスタマイズします。「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」を参照してください。

9. 各リモート ボイス メッセージ システムの配信ロケーションを作成します。「AMIS 配信ロケーションの作成」を参照してください。

10. (オプション)AMIS ユーザを作成します。「AMIS ユーザの作成」を参照してください。

11. (オプション)認識されたユーザ メッセージを拡張して AMIS ユーザを含めます。「AMIS ユーザを含めるための認識されたユーザ メッセージの拡張」を参照してください。

12. (オプション)AMIS ユーザのクロスサーバ転送機能を有効にします。「AMIS ユーザのクロスサーバ転送の有効化」を参照してください。

設定の終了

13. AMIS 用のその他のボイス メッセージ システムを設定します。その他のボイス メッセージ システムは、Cisco Unity にダイヤルする番号およびプライマリ ロケーションに入力されたノード ID が必要です。

14. 設定をテストして、Cisco Unity がメッセージをその他のボイス メッセージ システムと交換できることを確認します。(オプション)Unity 診断ツール(Windows の [スタート(Start)] メニューから、[すべてのプログラム(Programs)] > [Cisco Unity] > [Unity 診断ツール(Unity Diagnostic Tool)] をクリック)のマクロ トレースの「Basic Incoming and Outgoing AMIS Message」を設定して、Cisco Unity が AMIS メッセージの送受信をできるかどうか確認できます。

Cisco Unity 8.x を設定して AMIS を使用する手順

この項には、Cisco Unity を設定して AMIS を使用するために必要な手順がすべて含まれています。手順を完了する順序については、「タスク リスト:AMIS を使用するための Cisco Unity の設定」を参照してください。

AMIS ネットワーク用の Voice Connector の設定

Voice Connector のインストール プログラムは、Cisco Unity の DVD 1 および CD 1 に含まれています。Exchange 2000 バージョン 11.0(1) 以降の Voice Connector は、Exchange 2000 サーバまたは Exchange 2003 サーバのいずれかにインストールできます。

Voice Connector インストール プログラムでは、インストールで使用する言語の選択肢が表示されず、常に英語でインストールされます。英語の代わりにローカライズされたバージョン(フランス語、ドイツ語、または日本語)のいずれかを使用して Voice Connector インストール プログラムを実行するには、「その他の言語での Voice Connector 設定プログラムの実行」を参照してください。

Exchange 2000 用 Voice Connector の設定

Voice Connector を Exchange クラスタの一部ではない Exchange 2000 サーバまたは Exchange 2003 サーバにインストールします(Microsoft は Exchange クラスタ サーバに関してサードパーティ製のコネクタをサポートしていません)。Voice Connector は Cisco Unity サーバにインストールできますが(Exchange もそのサーバ上にある場合)、パフォーマンス上の理由から推奨しません。


注意 Exchange 2007 サーバへの Voice Connector のインストールはサポートされていません。

Voice Connector をインストールする Exchange サーバが、Cisco Unity ユーザのホームである Exchange サーバと異なるルーティング グループにある場合は、ルーティング グループ間でルーティング グループ コネクタを設定する必要があります。

Voice Connector サービスは、Voice Connector がインストールされている Exchange サーバに関連付けられているアカウント(「ローカル システム」アカウントとも呼びます)でログインするように自動的に設定されます。サービスがログインするアカウントは変更しないでください。


注意 ローカル システム アカウントのデフォルトの権限は変更しないでください。また、Exchange のインストール中に Exchange 管理グループに与えられた権限は変更しないでください。Voice Connector はそのアカウントを使用してログインするため、権限を変更した場合、Voice Connector が正しく機能しなくなるおそれがあります。

次の手順は、Voice Connector バージョン 15.0(1) をインストールするためのものです。これは、Cisco Unity 8.0(3) に付属しています。最初に Voice Connector の新しいバージョンを確認し、代わりに新しいバージョンをインストールすることを推奨します。該当するバージョンのリリース ノートのインストール手順に従ってください。新しいバージョンを確認するには、 http://www.cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/unity-voice-connector にある Cisco Unity Voice Connector for Microsoft Exchange ソフトウェア ダウンロード ページに移動します。

Exchange 2000 用の Voice Connector をインストールするには

Voice Connector をインストールする前に、Exchange サーバをバックアップすることを推奨します。


ステップ 1 以前のバージョンの Voice Connector をすべてアンインストールします。「Cisco Unity Voice Connector のアンインストール」を参照してください。

ステップ 2 Voice Connector をインストールする Exchange サーバにログインします。

ステップ 3 Exchange サーバのすべてのウイルス スキャン サービスを無効にします。

ステップ 4 Voice Connector をインストールするサーバに Cisco Unity もインストールされている場合は、Cisco Security Agent サービスを無効にします。

ステップ 5 Voice Connector を Cisco Unity の DVD 1 からインストールする場合、ディスクをコンピュータに挿入し、 VoiceConnector-Ex2000 ディレクトリを参照します。

Voice Connector ファイルを Software Center Web サイトからダウンロードした場合は、ファイルを展開したディレクトリを参照します。

ステップ 6 Install.exe をダブルクリックし、[次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 7 [Voice Connector 設定ウィザード選択コンポーネント(Voice Connector Setup Wizard Select Components)] ダイアログボックスで、[Exchange 用の Voice Connector(Voice Connector for Exchange)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 8 Secure Messaging を設定していて、Cisco Unity が Exchange サーバ上にない場合、[Cisco Secure Messaging Service] チェックボックスをオンにします。

ステップ 9 [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 10 [ようこそ(Welcome)] 画面で [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 11 [SMTP ピックアップ ディレクトリの確認(Confirm SMTP Pickup Directory)] 画面で、[次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 12 [アドレス タイプ(Address Types)] ダイアログで、[AMIS] チェックボックスをオンにします。

ステップ 13 他のネットワーク オプションを使用するようにシステムを設定する場合は、該当するアドレス タイプのチェックボックスをオンします。


) VPIM ネットワークを設定するには、Transport Event Sink もインストールする必要があります。


ステップ 14 [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 15 [ディレクトリの確認(Confirm Directory)] ダイアログボックスで、[次へ(Next)] をクリックして設定を開始します。

ステップ 16 ステップ 7 で [Cisco Secure Messaging Service] チェックボックスをオンにしなかった場合、ステップ 17 に進みます。オンにした場合は、Cisco Unity Secure Messaging Service Setup ウィザードで次の手順を実行します。

a. [ようこそ(Welcome)] 画面で [次へ(Next)] をクリックします。

b. [インストール先フォルダの選択(Choose Destination Folder)] ダイアログでインストール先を指定して [次へ(Next)] をクリックします。

c. 必要に応じて、[メッセージ セキュリティの設定(Message Security Settings)] 画面で、[メッセージ エージングを有効にする(Enable Message Aging)] チェックボックスをオンにし、暗号化されたメッセージを使用可能にする日数を入力します (チェックボックスがオンになっていないと、Cisco Unity では、暗号化されたメッセージが使用可能になる日数が制限されません)。

d. [次へ(Next)] をクリックします。

e. [ソフトウェアのインストール準備(Ready to Install Software)] 画面で、[インストール(Install)] をクリックします。

ステップ 17 設定が完了したら、[終了(Finish)] をクリックして設定を終了し、サーバを再起動します。

ステップ 18 必要に応じて、ウイルス スキャン サービスおよび Cisco Security Agent サービスを有効にします。


 

Exchange システム マネージャに Voice Connector プロパティを表示するには、Microsoft Windows Script Host バージョン 5.6 以降を Exchange サーバにインストールする必要があります。次の「Microsoft Windows Script Host を更新する必要があるかどうかを判別するには」の手順に進みます (Exchange サーバが Windows Script Host の以前のバージョンを使用している場合、Voice Connector は正常に機能しますが Exchange システム マネージャに Voice Connector プロパティを表示できません)。

Microsoft Windows Script Host を更新する必要があるかどうかを判別するには


ステップ 1 Voice Connector をインストールした Exchange サーバで、 Winnt¥System32 を参照します。

ステップ 2 ファイル Wshom.ocx を右クリックして、[プロパティ(Properties)] をクリックします。

ステップ 3 [バージョン(Version)] タブをクリックします。

ステップ 4 項目名リストで、[製品バージョン(Product Version)] をクリックして、[値(Value)] ボックスに表示されるバージョンを確認します。

バージョンが 5.6 よりも前なら、Windows Script Host を更新して、Voice Connector のプロパティを Exchange システム マネージャに表示できるようにします (Microsoft 社の Web サイトのダウンロード ページに移動して、Windows Script Host をキーワード検索します。インストールの指示に従います)。


 

Exchange 2000 用の Voice Connector のインストールを確認するには

Exchange 2000 用の Voice Connector が正しくインストールされていることを確認するには、Voice Connector サーバが動作していることと、Voice Connector メールボックスが作成されていることを確認します。


ステップ 1 Voice Connector がインストールされている Exchange サーバで [サービス(Services)] アプレットを開きます (Windows の [スタート(Start)] メニューから、[すべてのプログラム(Programs)] > [管理ツール(Administrative Tools)] > [サービス(Services)] をクリックします)。

ステップ 2 Exchange 2000 の Voice Connector (<Server name>)サービスの状態が [開始(Started)] になっており、[スタートアップの種類(Startup Type)] が [自動(Automatic)] に設定されていることを確認します。

ステップ 3 [サービス(Services)] アプレットを終了します。

ステップ 4 Voice Connector がインストールされている Exchange サーバで Exchange システム マネージャを開きます (Windows の [スタート(Start)] メニューから [すべてのプログラム(Programs)] > [Microsoft Exchange] > [Exchange システム マネージャ(Exchange System Manager)] をクリックします)。

ステップ 5 左側のペインのツリーで、[サーバ(Servers)] コンテナを展開します。ツリーの上部にある組織のプロパティが、管理グループがツリーに表示されるように設定されている場合は、[サーバ(Servers)] コンテナは管理グループ コンテナの中にネストされます。

ステップ 6 [サーバ(Servers)] コンテナの中で、Voice Connector がインストールされているサーバの [<Server name>¥<Storage group>¥メール ストア(<Server name>)(Mailbox Store (<Server name>))] コンテナを展開します。

ステップ 7 展開されたツリーで、[メールボックス(Mailboxes)] をクリックします。

右側のペインには、「Exchange 2000 Voice Connector (<Server name>)」または「AvExchangeIVC_<Server name>」のメールボックスが表示されます(クリーンアップ エージェントを実行した後は、名前が「AvExchangeIVC_<Server name>」から「Exchange 2000 Voice Connector (<Server name>)」に変化します)。

ステップ 8 Exchange システム マネージャ を終了します。


 

配信できないメッセージの処理の制御

Voice Connector が配信できないメッセージを検出し、メッセージの送信者の情報が不完全または正しくなく、NonDelivery Receipt(NDR; 不達確認)をこの送信者に送信できない場合、Voice Connector は、このメッセージを Voice Connector メールボックスのアーカイブ フォルダに保存します。アーカイブ フォルダには、Microsoft 社から提供されているツールを使用した場合にだけアクセスできます。アーカイブされるメッセージをより詳細に制御する必要がある場合は、レジストリに値 AliasToForwardBadMailsTo または DeleteArchiveFolderMessages のいずれかを追加します(両方は追加できません)。

AliasToForwardBadMailsTo レジストリ値を追加し、これをユーザ リストまたは同報リストの SMTP アドレスに設定したときに、Voice Connector が問題のあるメッセージを検出すると、メッセージに関する情報は、アーカイブ フォルダに保存されるのではなく、指定されたアドレスに送信されます。問題のある AMIS メッセージが見つかった場合、Voice Connector から指定のユーザ(または同報リスト)に送信される情報メッセージには、問題のあるメッセージの MIME ヘッダーが、テキストで添付されます。MIME ヘッダーには、送信元と送信先のアドレスが含まれており、問題のトラブルシューティングに役立ちます。

レジストリ値 DeleteArchiveFolderMessages を追加して 1 を設定すると、Voice Connector は問題のあるメッセージを引き続きアーカイブ フォルダに格納しますが、Voice Connector は、アーカイブ フォルダ内のメッセージを定期的に自動削除します。

メッセージがアーカイブ フォルダに保存されるときや、レジストリ値 AliasToForwardBadMailsTo で指定したアドレスに送信されるとき、Voice Connector ログ ファイルにエントリが作成されます (Voice Connector プロパティが、デフォルトのログ レベル以上に設定されている場合に情報が記録されます)。Voice Connectorログは、Voice Connector がインストールされている Exchange サーバの <ExchangeServerPath>¥VoiceGateway¥LogFiles ディレクトリにあります。ファイル名の形式は GwIvc_<YyMmDd >.log となります。ここで、Yy は年、Mm は月、Dd は日です。

レジストリ値を追加するには、次の手順を実行します。

配信できないメッセージの処理を制御するには


ステップ 1 Voice Connector がインストールされている Exchange サーバで、Regedit を起動します。


注意 間違ったレジストリ キーを変更したり、正しくない値を入力したりすると、サーバの誤動作の原因になる場合があります。レジストリを編集する前に、問題が発生した場合の復元方法を確認してください (レジストリ エディタのヘルプの「Restoring」のトピックを参照してください)。レジストリ キーの設定変更について質問がある場合は、Cisco TAC にお問い合せください。

ステップ 2 レジストリの最新のバックアップがない場合は、[レジストリ(Registry)] > [レジストリ ファイルのエクスポート(Export Registry File)] をクリックし、レジストリ設定をファイルに保存します。

ステップ 3 次のキーを展開します。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Active Voice¥AvIvc

ステップ 4 メッセージに関する情報をアーカイブ フォルダに保存するのではなく、ユーザ リストまたは同報リストに送信するには、次の手順を実行します。そうしない場合は、ステップ 5 に進みます。

a. [編集(Edit)] メニューで [新規(New)] > [文字列値(String Value)] をクリックします。

b. 値の名前として AliasToForwardBadMailsTo を入力します。

c. [AliasToForwardBadMailsTo] をダブルクリックします。

d. [文字列の編集(Edit String)] ダイアログボックスで、受信者の SMTP アドレス(たとえば、unityadministrator@company.com)を入力します。これは、Exchange のユーザ、連絡先、または同報リスト オブジェクトの SMTP アドレスである必要があります。失敗したメッセージを含む電子メールおよびメッセージの情報は、このアドレスに送信されます。

e. [OK] をクリックします。

f. Regedit を終了します。

g. ステップ 6 に進みます。

ステップ 5 アーカイブ フォルダに保存されたメッセージを自動的に削除するには、次の手順を実行します。

a. [編集(Edit)] メニューで [新規(New)] > [DWORD 値(DWORD Value)] をクリックします。

b. 値の名前として DeleteArchiveFolderMessages を入力します。

c. [DeleteArchiveFolderMessages] をダブルクリックします。

d. [DWORD の編集(Edit DWORD)] ダイアログボックスで、1 を入力します。

e. [OK] をクリックします。

f. Regedit を終了します。

ステップ 6 Voice Connector がインストールされている Exchange サーバで、[サービス(Services)] MMC を開きます(Windows の [スタート(Start)] メニューから、[すべてのプログラム(Programs)] > [管理ツール(Administrative Tools)] > [サービス(Services)] をクリックします)。

ステップ 7 [Exchange 2000 Voice Connector (<Server name>)] を展開し、[再起動(Restart)] をクリックします。

ステップ 8 サービス MMC を終了します。


 

UAmis アカウントの作成

デジタル ネットワークを介してネットワーク接続されている複数の Cisco Unity サーバでインストールする場合は、UAmis アカウントを作成するユーティリティである ConfigMgr.exe を AMIS 用のライセンスがある Cisco Unity サーバ上だけで実行する必要があります。

パートナー Exchange サーバで Exchange 2000/2003 が動作しているか、または Exchange 2007 が動作しているかに応じて、次の 2 つの手順のいずれかを実行します。

「パートナー Exchange サーバで Exchange 2000 または Exchange 2003 が動作している場合に UAmis アカウントを作成するには」

「パートナー Exchange サーバで Exchange 2007 が動作している場合に UAmis アカウントを作成するには」

パートナー Exchange サーバで Exchange 2000 または Exchange 2003 が動作している場合に UAmis アカウントを作成するには


ステップ 1 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity がインストールされているディレクトリ(デフォルトの位置は C:¥CommServer)を参照します。

ステップ 2 ConfigMgr.exe をダブルクリックします。[ConfigMgr] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 [AMIS アカウントおよびメールボックスの作成および設定(Create and Configure AMIS Account and Mailbox)] をクリックします。

ステップ 4 UAmis アカウントが正常に設定されたときに表示されるダイアログボックスで [OK] をクリックします。

ステップ 5 [終了(Exit)] をクリックして ConfigMgr を閉じます。

ステップ 6 Cisco Unity サーバで、[サービス(Services)] ツールを起動します(Windows の [スタート(Start)] メニューから、[すべてのプログラム(Programs)] > [管理ツール(Administrative Tools)] > [サービス(Services)] をクリックします)。

ステップ 7 [AvNotifierMgr] を右クリックして、[再起動(Restart)] を選択します。AvNotifierMgr がユーザ メールボックスとの接続を再初期化する間、Cisco Unity サーバの CPU 使用量が数分間増加します。

ステップ 8 [サービス(Services)] ツールを閉じます。


 

パートナー Exchange サーバで Exchange 2007 が動作している場合に UAmis アカウントを作成するには


ステップ 1 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity がインストールされているディレクトリ(デフォルトの位置は C:¥CommServer)を参照します。

ステップ 2 ConfigMgr.exe をダブルクリックします。[ConfigMgr] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 [AMIS アカウントおよびメールボックスの作成および設定(Create and Configure AMIS Account and Mailbox)] をクリックします。

ステップ 4 [UAmis アカウントおよびメールボックスを作成する PowerShell Script の作成(Create the PowerShell Script That Creates the UAmis Account and Mailbox)] ダイアログボックスで、UAmis アカウントを作成するスクリプトのパスおよびファイル名を選択します。

Exchange Management Shell がインストールされているパートナーのサーバまたは別のサーバでスクリプトを実行する必要があります。したがって、次の位置のいずれかを選択して、スクリプトを保存します。

スクリプトを実行するサーバ。

そのサーバでアクセス可能なネットワーク ロケーション。

リムーバブル ディスク。

ステップ 5 [スクリプトの作成(Create Script)] をクリックします。

ステップ 6 [OK] をクリックします。

ステップ 7 [終了(Exit)] をクリックして ConfigMgr を閉じます。

ステップ 8 PowerShell スクリプトを実行する権限を持つアカウントを使用して、スクリプトを実行する Exchange 2007 サーバにログインします。

ステップ 9 必要に応じて、スクリプトを Exchange サーバにコピーします。

ステップ 10 Exchange Management Shell を実行します ([スタート(Start)] メニューの [すべてのプログラム(All Program)] > [Microsoft Exchange Server 2007] > [Exchange Management Shell] をクリックします)。

ステップ 11 スクリプトを実行します。[Exchange Management Shell] ウィンドウで、スクリプトのフル パス名を入力します。次に例を示します。

d:¥scripts¥UAmis_<ServerName>.PS1

または、cd コマンドを使用してスクリプトがあるディレクトリに移動し、次のコマンドを入力してスクリプトを実行します。

.¥UAmis_<ServerName>.PS1

詳細については、Microsoft のドキュメントを参照してください。

ステップ 12 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity がインストールされているディレクトリ(デフォルトの位置は C:¥CommServer)を参照します。

ステップ 13 ConfigMgr.exe をダブルクリックします。[ConfigMgr] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 14 [AMIS アカウントおよびメールボックスの作成および設定(Create and Configure AMIS Account and Mailbox)] をクリックして、設定を完了します。

ステップ 15 [OK] をクリックします。

ステップ 16 [終了(Exit)] をクリックして ConfigMgr を閉じます。

ステップ 17 Cisco Unity サーバで、[サービス(Services)] ツールを起動します(Windows の [スタート(Start)] メニューから、[すべてのプログラム(Programs)] > [管理ツール(Administrative Tools)] > [サービス(Services)] をクリックします)。

ステップ 18 [AvNotifierMgr] を右クリックして、[再起動(Restart)] を選択します。AvNotifierMgr がユーザ メールボックスとの接続を再初期化する間、Cisco Unity サーバの CPU 使用量が数分間増加します。

ステップ 19 [サービス(Services)] ツールを閉じます。


 

パートナー Exchange サーバで Exchange 2000 または Exchange 2003 が動作している場合に UAmis アカウントが作成されたことを確認するには

パートナー Exchange サーバで Exchange 2007 が動作している場合、「パートナー Exchange サーバで Exchange 2007 が動作している場合に UAmis アカウントが作成されたことを確認するには」を実行します。

UAmis アカウントのメールボックスは、パートナー Exchange サーバにあります。これは、Cisco Unity の設定中に [メッセージ ストア コンフィギュレーション(Message Store Configuration)] ウィザードで選択された Exchange サーバです。


ステップ 1 パートナー Exchange サーバで [Exchange システム マネージャ(Exchange System Manager)] を開きます。

ステップ 2 左側のペインのツリー コントロールで、[サーバ(Servers)] > [<ExchangeServerName>] コンテナを展開します(ここで <ExchangeServerName> は、パートナー Exchange サーバの名前です)。

お客様のインストールに応じて、サーバ コンテナは、管理グループおよびサイト コンテナ内にネストされる場合があります。

ステップ 3 [<Storage Group>] > [メール ストア(<ExchangeServerName>)(Mailbox Store (<ExchangeServerName>))] > [メールボックス(Mailboxes)] を展開します。

ステップ 4 UAmis_<ServerName> が右側のペインのメールボックスのリストにあることを確認します。

ステップ 5 Exchange システム マネージャ を閉じます。


 

パートナー Exchange サーバで Exchange 2007 が動作している場合に UAmis アカウントが作成されたことを確認するには


ステップ 1 パートナー Exchange サーバで Exchange 管理コンソールを開きます。

ステップ 2 左側のペインのツリー コントロールで、[受信者設定(Recipient Configuration)] を展開し、[メールボックス(Mailbox)] をクリックします。

ステップ 3 UAmis_<ServerName> が右側のペインのメールボックスのリストにあることを確認します。

ステップ 4 Exchange 管理コンソール を終了します。


 

発信 AMIS コールのボイス ポートの指定

デジタル ネットワークを介してネットワーク接続されている複数の Cisco Unity サーバでインストールする場合は、AMIS コールのボイス ポートを AMIS 用のライセンスがある Cisco Unity サーバだけに指定します。ポートの設定に関するガイドラインについては、「ポートの使用状況およびスケジュール」を参照してください。

発信 AMIS コールのボイス ポートを指定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administrator で、[システム(Systems)] > [ポート(Ports)] ページに移動します。

ステップ 2 発信 AMIS コールに使用するポートを指定します。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

AMIS 配信オプションの設定

AMIS 配信オプション設定により、Cisco Unity サーバで発信 AMIS コールの属性が制御されます。

ネットワーク接続されている複数の Cisco Unity サーバでインストールする場合は、AMIS 配信オプションを AMIS 用のライセンスがある Cisco Unity サーバだけに設定します。

AMIS 配信オプションを設定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administrator で、[ネットワーク(Network)] > [AMIS オプション(AMIS Options)] > [発信オプション(Delivery Options)] ページに移動します。

ステップ 2 デフォルトの AMIS 規制テーブルまたは別の規制テーブルのいずれかを選択して、ローカル ダイヤル規制テーブルとして使用します。

このローカル ダイヤル規制テーブルと AMIS スケジュールが、発信 AMIS コールを行うタイミングを決定します。

ステップ 3 必要に応じて、その他の AMIS 配信オプションを設定します。

ステップ 4 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

AMIS 規制テーブルのカスタマイズ

デフォルトでは、AMIS 規制テーブルでは、すべての配信番号が許可されていますが、必要に応じて規制テーブルをカスタマイズできます。この AMIS 規制テーブルと AMIS スケジュールが、発信 AMIS コールを行うタイミングを決定します。発信 AMIS メッセージの配信番号が AMIS 規制テーブルで許可されている場合、メッセージはすぐに送信され、スケジュール設定は適用されません。配信番号が AMIS 規制テーブルで許可されていない場合、スケジュールによってメッセージが送信されるタイミングが決定されます。

ネットワーク接続されている複数の Cisco Unity サーバでインストールする場合は、AMIS 規制テーブルを AMIS 用のライセンスがある Cisco Unity サーバだけにカスタマイズします。

AMIS 規制テーブルをカスタマイズするには


ステップ 1 Cisco Unity Administrator で、任意の [通話管理(Call Management)] > [規制テーブル(Restriction Tables)] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [AMIS 規制(AMIS restriction)] をダブルクリックします。これはデフォルトでは {Default AMIS} という名前が付けられます。


) AMIS 規制テーブルは、[ローカル ダイヤル規制テーブル(Local Dial Restriction Table)] フィールドの [ネットワーク(Network)] > [AMIS オプション(AMIS Options)] > [発信オプション(Delivery Options)] ページで指定されます。


ステップ 4 インストールに合わせて、次の 1 つ以上の作業を実行します。

ダイヤル ストリングを追加するには、[ダイヤル ストリングの追加(Add Dial String)] をクリックして、適応する新規のダイヤル ストリングの設定を入力します。

ダイヤル ストリングを削除するには、[規制テーブル(Restriction Tables)] ページの最下部のテーブルのダイヤル ストリング番号をクリックして、[ダイヤル ストリングの削除(Remove Dial String)] をクリックします。

ダイヤル ストリングを変更するには、[規制テーブル(Restriction Tables)] ページの最下部のテーブルのダイヤル ストリング番号をクリックして、必要に応じて設定を変更します。

ステップ 5 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

AMIS スケジュールの設定

AMIS 規制テーブルで許可されていないメッセージに対して AMIS スケジュールを設定します。

ネットワーク接続されている複数の Cisco Unity サーバでインストールする場合は、AMIS スケジュールを AMIS 用のライセンスがある Cisco Unity サーバだけに設定します。

AMIS スケジュールを設定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administrator で、[ネットワーク(Network)] > [AMIS オプション(AMIS Options)] > [スケジュール(Schedule)] ページに移動します。

ステップ 2 スケジュール グリッドのボックスをクリックして、アクティブと非アクティブを 30 分ごとで設定します。同じブロックを複数日分クリックせずに済むようにするには、[スケジュール コピー(1 日あたり)(Copy Day's Schedule)] ボックスを使用して、設定をある日から別の複数の日にコピーします。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

プライマリ ロケーションのカスタマイズ

デジタル ネットワークで接続された複数の Cisco Unity サーバが環境に含まれている場合は、すでにプライマリ ロケーションをカスタマイズしてあることが考えられます。デジタル ネットワークで接続された複数の Cisco Unity サーバでインストールする場合は、プライマリ ロケーションの AMIS ノード ID を Cisco Unity ブリッジヘッド サーバだけに入力します(このフィールドは、AMIS 用のライセンスがある Cisco Unity サーバ上だけに表示されます)。

設定の詳細については、「Cisco Unity 8.x のプライマリ ロケーション プロファイルの設定」を参照してください。

プライマリ ロケーションをカスタマイズするには


ステップ 1 Cisco Unity Administrator で、[ネットワーク(Network)] > [プライマリ ロケーション(Primary Location)] > [プロファイル(Profile)] ページに移動します。

ステップ 2 ロケーションの意味のある名前を入力します。

ステップ 3 ダイヤル ID を入力します。Cisco Unity は、このロケーションをダイヤル ID で識別します。

ステップ 4 ロケーションのボイス名を録音します。

ステップ 5 ダイヤル ドメイン名に対し、次の手順を実行します。

インストールが 1 つの Cisco Unity サーバだけで構成されており、認識されたユーザ メッセージを有効にして AMIS ユーザを含むようにする場合、ダイヤル ドメイン名を入力します。

デジタル ネットワークで接続された複数の Cisco Unity サーバで環境が構成されており、このサーバが、ネットワークで接続された他の Cisco Unity サーバと同じ電話システムに組み込まれている場合、このサーバがダイヤル ドメインにすでに追加されている場合があります。そうでない場合は、ダイヤル ドメイン名を入力するか、リストから選択します。このリストには、ネットワーク内の少なくとも 1 つの別の Cisco Unity サーバにおいてすでに設定済みのダイヤル ドメイン名が含まれています。

ダイヤル ドメイン名では大文字小文字が区別されるため、すべてのサーバで正確に同じ名前を入力しなければならないことに注意してください。すべてのサーバを同じダイヤル ドメインに正しく追加するには、1 つの Cisco Unity サーバでダイヤル ドメイン名を入力して、その名前が他の Cisco Unity サーバに複製されるのを待機します。こうすることにより、レプリケーションがサーバ間で正しく動作することも確認できます。他の Cisco Unity サーバからのプライマリ ロケーション データがローカル サーバで反映されるのに要する時間は、ネットワーク設定とレプリケーション スケジュールによって異なります。

ステップ 6 ノード ID の番号を入力します。これは、Cisco Unity によって送信され、発信 AMIS コールの間、この番号を他のボイス メッセージ システムから識別します。国番号および市外局番のフィールドは、空白でもかまいませんが、電話番号のフィールドは必須です。

ステップ 7 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

AMIS 配信ロケーションの作成

ユーザがメッセージを送信する各リモート ボイス メッセージ システムに対して、ブリッジヘッド Cisco Unity サーバに AMIS 配信ロケーションを作成します。Cisco Unity が多数のボイス メッセージ システムを使用してメッセージを送信する場合、その時点では数箇所の配信ロケーションだけを設定し、残りの設定に進みたい場合があります。Cisco Unity と配信ロケーションを設定したボイス メッセージ システムの間でメッセージが正しく動作するのを確認してから、残りの配信ロケーションを作成できます。

配信ロケーションに割り当てるダイヤル ID を慎重に検討します。ダイヤル ID の選択に関する詳細については、「ダイヤル ID と内線番号の割り当てに関するガイドライン」を参照してください。

Cisco Unity Administrator または Cisco Unity Bulk Location Import ウィザードを使用して AMIS 配信ロケーションを作成できます。次の項を参照してください。

「Cisco Unity Administrator を使用した AMIS 配信ロケーションの作成」

「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した AMIS 配信ロケーションの作成」

「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した既存の配信ロケーションの変更」

Cisco Unity Administrator を使用した AMIS 配信ロケーションの作成

Cisco Unity Administrator を使用して、一度に 1 つずつ AMIS 配信ロケーションを作成できます。

Cisco Unity Administrator を使用して AMIS 配信ロケーションを作成するには


ステップ 1 Cisco Unity Administrator で、[ネットワーク(Network)] > [配信ロケーション(Delivery Locations)] > [プロファイル(Profile)] ページに移動します。

ステップ 2 [追加(Add)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 ロケーションの意味のある名前を入力します。

ステップ 4 ダイヤル ID を入力します。ダイヤル ID の選択に関する詳細については、「ダイヤル ID と内線番号の割り当てに関するガイドライン」を参照してください。

ステップ 5 ロケーションの宛先タイプとして [AMIS] を選択します。

ステップ 6 [追加(Add)] をクリックします。

ステップ 7 ロケーションのボイス名を録音します。

ステップ 8 送信先番号を入力します。これは、発信 AMIS メッセージのリモート ボイス メッセージ システムに接続するために Cisco Unity がダイヤルする番号です。

ステップ 9 ノード ID の番号を入力します。これは、この配信ロケーションに対応するリモート ボイス メッセージ システムを認識するために使用されます。このノード ID は、着信コールの間に、対応するリモート ボイス メッセージ システムが送信するノード ID と一致する必要があります。必要ならば、国番号および市外局番のフィールドは、空白でもかまいませんが、電話番号のフィールドは必須です。

ステップ 10 [ロケーションへの発信メッセージ(Outgoing Messages to This Location)] フィールドで、該当するオプションを選択します。

[メッセージの暗号を解除しない(Do Not Decrypt Messages)]:Voice Connector は、安全なメッセージの暗号を解除しない、またはこのメッセージを送信せず、NDR を送信者に戻します。

[プライベートでないメッセージの暗号化を解除する(Decrypt Non-Private Messages)]:Voice Connector は、プライベートのフラグが付いている安全なメッセージの暗号を解除しない、またはこのメッセージを送信しません。NDR が送信者に戻されます。その他すべてのメッセージは、暗号が解除され、リモート ロケーションに送信されます。

[すべてのメッセージの暗号を解除する(Decrypt All Messages)]:Voice Connector は、すべての安全なメッセージの暗号を解除し、リモート ロケーションに送信します。リモート ロケーションの設定に応じて、メッセージは再度暗号化されるか、または暗号化されずに受信者に配信されます。

ステップ 11 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した AMIS 配信ロケーションの作成

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用すると、データを Comma Separated Value(CSV; カンマ区切り形式)ファイルでインポートして、一度に複数の配信ロケーションを作成または変更できます。すでに配信ロケーションを作成済みの場合、Cisco Unity Bulk Import を実行して、配信ロケーションに関するデータを CSV ファイルにエクスポートできます。

次の手順を使用して、CSV ファイルを準備します。Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して CSV ファイルを準備する方法(CSV ファイルの必須のカラム ヘッダーおよびオプションのカラム ヘッダーに関する情報を含む)の詳細については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。

AMIS 配信ロケーションを作成するために CSV ファイルを準備するには


ステップ 1 スプレッドシート アプリケーション(または、その他の該当するアプリケーション)で CSV ファイルを Cisco Unity サーバ、またはこのサーバから参照できるディレクトリに作成します。

ステップ 2 先頭行に必要なカラム ヘッダーを入力します。カラム ヘッダーは大文字とし、カンマで区切り、次のとおり入力します。

DTMF_ACCESS_ID, DISPLAY_NAME, DELIVERY_PHONE_NUMBER

ステップ 3 必要に応じて、先頭行にオプションのカラム ヘッダーを追加します。カラム ヘッダーは必ずカンマで区切ってください。

Cisco Unity Bulk Import ウィザードでは、CSV ファイルに AMIS_NODE_ID カラムを作成する必要はありませんが、このカラムにノード ID データを入れて CSV ファイルに作成することを推奨します。

ステップ 4 以降の行に配信ロケーションのデータを追加します。終了したら、次の手順を実行します。

すべての行に各カラム ヘッダーに対応する適切なデータが含まれていることを確認します。

ファイル内のデータがカンマで区切られ、タブ、スペース、セミコロンで区切られていないことを確認します。

データにスペース、引用符、カンマが含まれている場合は、引用符で囲みます。


) オプションのカラムについては、すべての行にデータが含まれていなくてもかまいません。


ステップ 5 ファイルを CSV ファイルとして保存します。

ステップ 6 次の「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して AMIS 配信ロケーションを作成するには」の手順に進みます。


 

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して AMIS 配信ロケーションを作成するには


ステップ 1 Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行する前に、必要に応じて Cisco Unity サーバのウイルス スキャン サービスおよび侵入検知ソフトウェアを無効にします。そうしないと、Cisco Unity Bulk Import ウィザードの動作速度が低下することがあります。

ステップ 2 Cisco Unity サーバで、Windows の [スタート(Start)] メニューから [すべてのプログラム(Programs)] > [Cisco Unity] > [Cisco Unity Bulk Import] をクリックします。

ステップ 3 [ようこそ(Welcome)] ページで [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 4 [インポート操作の選択(Select Import Operation)] の [ロケーション(Locations)] セクションで [CSV ファイル(CSV File)] をクリックし、[次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 5 [ロケーション操作の選択(Select Location Operation)] ページで、[新規ロケーションの作成(Create New Locations)] をクリックし、[次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 6 [ロケーションの種類(Type of Locations)] ページで、[AMIS] をクリックし、[次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 7 [ファイル(Files)] ページで、入力ファイルの名前と場所を指定します。

ステップ 8 出力ファイルの名前および位置を指定するか、または入力ファイルに基づくデフォルトの位置およびファイル名を使用します。たとえば、入力ファイルが C:¥Temp¥AMIS_Locations.csv の場合、デフォルトの出力ファイルは、C:¥Temp¥AMIS_Locations.out.csv になります。

ステップ 9 [次へ(Next)] をクリックして [有効なロケーション データ(Valid Location Data)] ページに進みます。このページには、入力 CSV ファイルからの有効なデータ行を含む表が表示されます。特定のデータ行をインポートしない場合は、行の先頭カラムにあるチェックボックスをオフにします。

いずれかの行にエラーが見つかった場合、ページ下部の [エラー(Errors)] リンクをクリックすることで出力 CSV ファイルが開き、エラーを修正できます。また、エラーを無視してインポートを続行することもできます。

ステップ 10 [次へ(Next)] をクリックしてインポート プロセスを開始します。[ロケーションの作成(Creating Locations)] ページに、インポートのステータス情報が表示されます。

ステップ 11 配信ロケーションが作成されたら、[次へ(Next)] をクリックします。[Cisco Unity Bulk Import Wizard を完了しました。(Cisco Unity Bulk Import Wizard Finished)] ページに要約情報が表示されます。

ステップ 12 インポート エラーが発生した場合、次の「CSV ファイルからの配信ロケーション データのインポート時に発生したエラーを修正するには」の手順に進んでください。


 

CSV ファイルからの配信ロケーション データのインポート時に発生したエラーを修正するには


ステップ 1 インポート時に指定した出力ファイルのディレクトリを参照します (デフォルトの場所とファイル名は、入力ファイルで決まります。たとえば、入力ファイルが C:¥Temp¥AMIS_Locations.csv の場合、デフォルトの出力ファイルは、C:¥Temp¥AMIS_Locations.out.csv になります)。

このファイルには、インポートされなかったすべてのレコードが格納されます。

ステップ 2 テキスト エディタを使用して出力ファイルを開きます。

ステップ 3 ファイルの [結果(Results)] カラムのエラー情報を使用して、出力ファイル中のレコードを修正します。

ステップ 4 出力ファイルの修正が完了したら、新しい名前で CSV ファイルとして保存します。

ステップ 5 新しい CSV ファイルを使用して Cisco Unity Bulk Import ウィザードを再実行します。

ステップ 6 すべての配信ロケーションがエラーなく作成されるまでこの手順を繰り返します。


 

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した既存の配信ロケーションの変更

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して既存の配信ロケーションを変更するには、変更のための CSV ファイルを作成する必要があります。Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して既存の配信ロケーション データを CSV ファイルにエクスポートし、その CSV ファイルを編集して変更用に使用することを推奨します。

DTMF_ACCESS_ID カラムは既存の配信ロケーションを見つけるためのプライマリ キーとして使用されるため、Cisco Unity Bulk Import ウィザードで変更できないことに注意してください。

AMIS ユーザの作成

まずテスト用に AMIS ユーザを数個だけ作成し、Cisco Unity とリモート システムが正常にメッセージを交換できることを確認することができます。Cisco Unity とリモート システムの間でメッセージングが正常に動作することを確認した後で、AMIS ユーザの作成を完了できます。AMIS ユーザは、AMIS 配信ロケーションと同じ Cisco Unity サーバに作成する必要があります。

AMIS ユーザ アカウントを作成するには、Cisco Unity Bulk Import ウィザードまたは Cisco Unity Administrator を使用します。次の項を参照してください。

「AMIS ユーザ アカウントを作成する前に」

「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した複数の AMIS ユーザ アカウントの作成」

「Cisco Unity Administrator を使用した AMIS ユーザ アカウントの作成」

「AMIS ユーザ アカウントを作成した後に」

AMIS ユーザ アカウントを作成する前に

この項では、AMIS ユーザ アカウントを作成する前に検討する必要がある問題を順番にリストします。AMIS ユーザを作成できるのは、Cisco Unity ブリッジヘッド サーバ上だけです。次のタスクを AMIS ユーザを追加する Cisco Unity ブリッジヘッド サーバ上で実行します。

1. Cisco Unity の設定と権限

使用中のアカウントに AMIS ユーザを作成するための十分な権限があるかどうかわからない場合、または Cisco Unity が使用中のメッセージ ストアと連動するように正しく設定されているかどうかわからない場合、次の「Cisco Unity SysCheck ツールを使用して Cisco Unity の設定と権限を確認するには」の手順を実行します。

Cisco Unity SysCheck ツールを使用して Cisco Unity の設定と権限を確認するには


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、[Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot] ウィンドウの左側のペインで、[診断ツール(Diagnostic Tools)] のディレクトリ内の [SysCheck] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Cisco Unity コンフィギュレーション ウィザードへようこそ(Welcome to the Cisco Unity Configuration Wizard)] ページで、[コンフィギュレーション テストの選択(Select Configuration Tests)] をクリックし、[次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 4 Cisco Unity に接続されていないメッセージ ストアのチェックボックスをオフにします。

ステップ 5 [テスト(Test)] をクリックします。

ステップ 6 [テスト結果(Test Results)] ボックスで、テスト結果の表示用のリンクをクリックします。

ステップ 7 エラーがレポートされない場合は、ステップ 8 に進みます。エラーがレポートされた場合は、次の手順を実行します。

a. [解決法(Resolution)] カラムのアドバイスに従って、各設定または権限のエラーを修正します。

b. [Check Unity コンフィギュレーション ウィザードを完了しています。(Completing the Check Unity Configuration Wizard)] ページに戻り、[終了(Finish)] をクリックします。

c. エラーがレポートされなくなるまで、ステップ 2 からステップ 7 を繰り返します。

ステップ 8 [終了(Finish)] をクリックします。


 

2. サービス クラス(COS)

Class Of Service(COS; サービス クラス)は、Cisco Unity を使用するユーザの制限と権限を定義します。たとえば、COS により、ユーザ メッセージおよびグリーティングの最大長が決まります。ほとんどの COS 設定は、AMIS ユーザには適用されませんが、引き続き COS のメンバーである必要があります。Cisco Unity Administrator において、COS は各ユーザ テンプレートで指定されます。したがって、ユーザは、ユーザ アカウントがベースにしているテンプレートで指定された COS に割り当てられます。Cisco Unity には、事前に定義された変更可能なサービス クラスが含まれています。新しいサービス クラスを作成することもできます。詳細については、『 System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x 』の 「Managing Classes of Service in Cisco Unity 8.x」 の章を参照してください。

3. 規制テーブル

各 COS では、着信転送のための規制テーブルを、メッセージ通知用に 1 つと、ファックス配信用に 1 つ指定しています。Cisco Unity は、ユーザの COS に関連付けられた規制テーブルを適用し、電話番号が許可されていない場合、エラー メッセージを表示します。Cisco Unity には、変更可能な事前に定義された規制テーブルが付属しています。

AMIS ユーザは、Cisco Unity にログインできないか、またはCisco Personal Communications Assistant(PCA)を使用できないため、ほとんどの規制テーブルの設定は、AMIS ユーザに適用されませんが、管理者は、AMIS ユーザの着信転送番号を入力できます。セキュリティ上の理由から、必要に応じて、AMIS ユーザが属している COS で転送に使用される規制テーブルを変更する必要があります。詳細については、『 System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x 』の 「Managing Restriction Tables in Cisco Unity 8.x」 の章を参照してください。

4. パブリック同報リスト

パブリック同報リストは、ボイス メッセージを複数のユーザに同時に送信するために使用されます。Cisco Unity は、新しいユーザを、ユーザ アカウントのベースになっているテンプレートで指定されているパブリック同報リストに割り当てます。詳細については、『 System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x 』の 「Managing Distribution Lists in Cisco Unity 8.x」 の章を参照してください。

パブリック同報リストは、Active Directory の配信グループに相当します。同報リストは、明示的に非表示にされていない限り、Microsoft Outlook(またはその他の電子メール クライアント)のアドレス帳に表示されます。他者が AMIS ユーザに電子メールを送信しないようにするために、AMIS ユーザだけが含まれるリストを作成し、この同報リストを Outlook のアドレス帳で非表示にできます。同報リストを非表示にするためのオプションは、Cisco Unity Administrator の [ユーザ(Subscribers)] > [パブリック同報リスト(Public Distribution Lists)] > [プロファイル(Profile)] ページにあります。

5. ユーザ テンプレート

Cisco Unity Administrator では、ユーザ テンプレートを使用してユーザのグループに対する設定を指定できます。ユーザ テンプレートには、部門などの特定タイプのユーザに適用できる設定が含まれています。選択したテンプレートの設定は、アカウントの作成時にユーザ アカウントに適用されます。Cisco Unity には変更可能なデフォルト ユーザ テンプレートが付属しており、さらに無制限の数のテンプレートを作成できます。詳細については、『 System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x 』の 「Managing Subscriber Templates in Cisco Unity 8.x」 の章を参照してください。

AMIS ユーザは、Active Directory の連絡先に相当します。連絡先は、明示的に非表示にされていない限り、Microsoft Outlook(またはその他の電子メール クライアント)のアドレス帳に表示されます。関連付けられている連絡先を Outlook アドレス帳にまったく表示しないようにしたり、Outlook アドレス帳での連絡先の表示方法を変更したりできます。詳細については、「Outlook アドレス帳における AMIS ユーザの表示方法の決定」を参照してください。


) 『System Administration Guide for Cisco Unity Release 8.x』は、http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/administration/guide/8xcusagx.html にあります。


Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した複数の AMIS ユーザ アカウントの作成

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用すると、カンマ区切り形式(CSV)ファイルからユーザのデータをインポートして、一度に複数のユーザ アカウントを作成できます。CSV は、データ ストア間でデータを移動するための一般的なテキスト ファイル形式です。

CSV ファイルに含まれているユーザ データが正しくフォーマットされている限り、これを使用して、ユーザ アカウントを作成するのと同時に Active Directory に新しい連絡先を作成できます。または、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用すると、CSV ファイルを使用して、Active Directory の既存の連絡先データでユーザ アカウントを作成できます。

既存の連絡先データを使用してユーザ アカウントを作成することを選択すると、インポートされる連絡先の電子メール アドレスが、ボイス メッセージをリモート ボイス メッセージ システムに宛先指定するために使用される内線アドレスで上書きされる点に注意してください。そのため、インポートしたオブジェクトは、リモート電子メール アドレスへの発信メッセージの宛先指定で使用できなくなります。

次の「AMIS ユーザ アカウントを作成するために CSV ファイルを準備するには」の手順を使用して、CSV ファイルを準備します。

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して CSV ファイルを準備する方法(CSV ファイルの必須のカラム ヘッダーおよびオプションのカラム ヘッダーに関する情報を含む)の詳細については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。

AMIS ユーザ アカウントを作成するために CSV ファイルを準備するには


ステップ 1 Cisco Unity アカウントを作成するために使用するデータを、CSV ファイルとして保存します。

Cisco Unity Bulk Import ウィザードがデータをインポートするときに予期しない結果が発生する可能性があるため、1 つの CSV ファイルに 7,500 を超えるレコードを含めないことを推奨します。

ステップ 2 CSV ファイルを Cisco Unity ブリッジヘッド サーバまたはこのサーバから参照可能なディレクトリにコピーします。

ステップ 3 CSV ファイルを、スプレッドシート アプリケーション、またはデータの編集と再構成ができる別のアプリケーションで開きます。次の手順を実行します。

ファイル内のデータがカンマで区切られ、タブ、スペース、セミコロンで区切られていないことを確認します。

データにスペース、引用符、またはカンマが含まれている場合は、これらの文字を引用符で囲みます。

ステップ 4 データを再配置して、カラムが、ステップ 5 に追加するカラム ヘッダーと同じ順序になるようにします。カラム ヘッダーの順序は順不同ですが、CSV ファイルを次に示すように設定することを推奨します。たとえば、この例のデータのカラムは、ユーザの姓、名、内線番号(DTMF_ACCESS_ID)、リモート メールボックス番号(REMOTE_USER_ID)の順になるように並べ替えられています。

Abade,Alex,2001,3000
Bader,Kelly,2002,3100
Campbell,Terry,2003,3200
Cho,Li,2004,3300

ステップ 5 最初のデータ行の上に必要なカラム ヘッダーを入力します。カラム ヘッダーは大文字とし、カンマで区切り、次のとおり入力します。

LAST_NAME,FIRST_NAME,DTMF_ACCESS_ID,REMOTE_USER_ID


) この手順の例は、Cisco Unity Bulk Import ウィザードがユーザ アカウントと新しい連絡先を同時に作成するように CSV ファイルを設定する方法を示しています。既存の連絡先データを持つ新しいユーザ アカウントを作成する場合は、ALIAS カラム ヘッダーとデータを CSV ファイルに含める必要があります。


ステップ 6 必要に応じて、オプションのカラム ヘッダーを先頭行に追加し、それに対応するインポート対象のデータを以降の行に追加します。その際、次のことを確認してください。

カラム ヘッダーとデータがカンマで区切られていること。すべての行にオプションのカラム ヘッダーに対するデータが含まれている必要はありません。

スペース、引用符、カンマを含むデータが引用符で囲まれていること。

ステップ 7 CSV ファイル内の AMIS ユーザを配信ロケーションに関連付けるには、インポート中に Cisco Unity Bulk Import ウィザードで表示される定義済み配信ロケーションのリストから選択するか、または DELIVERY_LOCATION_ID カラムを CSV ファイルに追加します。

DELIVERY_LOCATION_ID カラムには、外部ユーザを関連付ける配信ロケーションのダイヤル ID が入ります。この値は、Cisco Unity Administrator の [ネットワーク(Network)] > [配信ロケーション(Delivery Locations)] > [プロファイル(Profile)] ページの [ダイヤル ID(Dial ID)] フィールドに対応します。このカラム ヘッダーを省略した場合や、行に値が含まれていない場合は、Cisco Unity Bulk Import ウィザードで表示される配信ロケーションがデフォルトとして使用されます。1 つの CSV ファイルを使用して、複数の配信ロケーションの外部ユーザをインポートできます。

ステップ 8 他の人が AMIS ユーザに電子メールを送信できないようにするには、HIDE_IN_ADDRESS_BOOK カラム ヘッダーを追加し、ユーザ データの各行に 1 を入力します。

値 1 は、ユーザを電子メールのアドレス帳に表示しないことを示します。値 0 は、ユーザが表示されることを示します。

ステップ 9 CSV ファイルに、インポートしないデータのカラムがある場合は、そのカラムを削除します。または、1 つのカラムを NOTES というタイトルにします。Cisco Unity Bulk Import ウィザードは、NOTES カラム ヘッダーの下のデータを無視しますが、このウィザードでは、CSV ファイル内で複数の NOTES カラム ヘッダーをサポートしません。

ステップ 10 すべての行に各カラム ヘッダーに対応する適切なデータが含まれていることを確認します。

ステップ 11 ファイルを CSV ファイルとして保存します。

ステップ 12 次の「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して AMIS ユーザ アカウントを作成するには」の手順に進みます。


 

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して AMIS ユーザ アカウントを作成するには


ステップ 1 ブリッジヘッド Cisco Unity サーバでウイルス スキャン サービスと侵入検知ソフトウェアが動作している場合は、それらを無効にします。そうしないと、Cisco Unity Bulk Import ウィザードの動作速度が低下することがあります。手順については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。

ステップ 2 ブリッジヘッド Cisco Unity サーバで、Windows の [スタート(Start)] メニューから [すべてのプログラム(Programs)] > [Cisco Unity] > [Cisco Unity Bulk Import] をクリックします。

ステップ 3 画面上の指示に従います。

ウィザードが進むにつれて表示されるダイアログボックスに示されるオプションの詳細については、[ヘルプ(Help)] をクリックしてください。

ステップ 4 作成するユーザのタイプを選択するプロンプトが表示されたら、[AMIS] をクリックします。

ステップ 5 [次へ(Next)] をクリックして、ウィザードを続行します。ウィザードでエラーが報告された場合は、次のいずれかを実行します。

[OK] をクリックしてインポートを続行し、後でエラーを修正する。

エラーを修正する。詳細については、「CSV インポート エラーの修正」を参照してください。

ステップ 6 ユーザ アカウントが作成されたら、[終了(Finish)] をクリックします。

ステップ 7 インポート エラーが発生したが、ステップ 5 で後で修正することを選択した場合は、「CSV インポート エラーの修正」を参照してください。

ステップ 8 インポート エラーがないか、すべてのエラーを修正し終えた場合は、「AMIS ユーザ アカウントを作成した後に」を参照してください。


 

CSV インポート エラーの修正

エラー ログ ファイルには、Cisco Unity Bulk Import ウィザードでインポートできなかったデータが含まれています。ウィザードでは、CSV ファイルの 1 つの行で検出された最初のエラーが報告されます。エラーを修正しても、データを再度インポートしたときに、同じ行で別のエラーが検出されることがあります。したがって、すべてのエラーを検出して修正するには、修正処理(Cisco Unity Bulk Import ウィザードの実行およびエラーの修正)を数回繰り返す必要がある場合があります。

出力ログ ファイルには、インポートされなかったレコードがすべて含まれています。これを CSV ファイルとして保存し、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを再実行するときに使用できます。Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行するたびにエラー ログ ファイルおよび出力ログ ファイルは上書きされます(これらのファイルに新しい名前を指定しない場合)。

インポート エラーを修正するには、次の「CSV ファイルからデータをインポートしたときに発生したエラーを修正するには」の手順を実行します。

CSV ファイルからデータをインポートしたときに発生したエラーを修正するには


ステップ 1 インポート時に指定したエラー ログ ファイルが格納されているディレクトリを参照します (デフォルトのロケーションとファイル名は C:¥Error.log です)。

ステップ 2 テキスト エディタを使用して、エラー ログ ファイルを開きます。ファイル内のエラー コードを使用して修正します。

ステップ 3 インポート中に指定した出力ログ ファイルのディレクトリの位置を参照します (デフォルトのロケーションとファイル名は C:¥Output.log です)。

ステップ 4 テキスト エディタを使用して、出力ログ ファイルを開きます。

ステップ 5 エラー ログ ファイルでエラーとしてリストされている出力ファイル内のレコードをすべて修正します。

ステップ 6 出力ログ ファイルの編集を終了したら、そのファイルを新しい名前の CSV ファイルとして保存します。

ステップ 7 ステップ 6 で保存した CSV ファイルを使用して Cisco Unity Bulk Import ウィザードを再実行します。

ステップ 8 すべてのユーザ アカウントがエラーなく作成されるまでこの手順を繰り返し、「AMIS ユーザ アカウントを作成した後に」に進みます。


 

Cisco Unity Administrator を使用した AMIS ユーザ アカウントの作成

Cisco Unity Administrator を使用して、AMIS ユーザ アカウントを 1 つずつ作成できます。新しい AMIS ユーザ アカウントを追加すると、Cisco Unity によって Active Directory に連絡先が作成されます。

AMIS ユーザ アカウントを作成するには、次の「新しい AMIS ユーザ アカウントを Cisco Unity Administrator を使用して追加するには」の手順を実行します。

新しい AMIS ユーザ アカウントを Cisco Unity Administrator を使用して追加するには


ステップ 1 Cisco Unity Administrator で、[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [プロファイル(Profile)] ページに移動します。

ステップ 2 [追加(Add)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [新規(New)] をクリックして、リストから [AMIS] を選択します。

ステップ 4 名前を名、姓の順番に入力します。

ステップ 5 AMIS ユーザの内線番号を Cisco Unity に入力します。これは、Cisco Unity ユーザがこの AMIS ユーザにメッセージの宛先を指定するときに使用する番号です。

ステップ 6 使用するユーザ テンプレートを選択します。

ステップ 7 リモート メールボックス番号を入力します。これは、メッセージをこの AMIS ユーザに転送するためにリモート ボイス メッセージ システムによって使用される番号です。

ステップ 8 ユーザが関連付けられている配信ロケーションを選択します。

ステップ 9 [追加(Add)] をクリックします。

ステップ 10 ユーザ レコードで、必要に応じて設定をカスタマイズし、[保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

AMIS ユーザ アカウントを作成した後に

AMIS ユーザ アカウントを作成した後、次の項目を検討します。

新たに作成したユーザ アカウントでメッセージを受信できるようになるには、数分かかります。

個々のアカウントのユーザ設定を変更するには、Cisco Unity Administrator を使用します。

一度に複数のユーザの一意のユーザ設定(プライマリ内線番号や代行内線番号など)を変更する場合、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを(再)実行できます。詳細については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。

ユーザが組織を去る場合、または Cisco Unity アカウントが不要になった場合、そのユーザ アカウントを削除できます。詳細については、「AMIS ユーザの削除」を参照してください。

AMIS ユーザを含めるための認識されたユーザ メッセージの拡張

対応する AMIS ユーザ アカウントを持つリモート ボイス メッセージ システム上の人物が Cisco Unity ユーザを呼び出し、メッセージを残した場合、デフォルトでは、Cisco Unity は、このメッセージを AMIS ユーザからのメッセージであると認識しません。発信者番号が AMIS ユーザの内線番号または代行内線番号と一致する発信者を Cisco Unity で認識させるには、Identified Subscriber Messaging(ISM; 認識されたユーザ メッセージ)を拡張して AMIS ユーザを含める必要があります。環境に応じて次のセクションを参照してください。

「デジタル ネットワークで接続された複数の Cisco Unity サーバがある環境」

「単一サーバ環境」

デジタル ネットワークで接続された複数の Cisco Unity サーバがある環境

デジタル ネットワークで接続された複数の Cisco Unity サーバがある環境で、ISM を有効にして AMIS ユーザを含めるには、次の要件を満たしている必要があります。

「ダイヤル ドメイン」に説明されているように、Cisco Unity サーバが、同じ電話システムまたは電話システム ネットワークに接続されている必要があります。

「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」に説明されているように、サーバが、同じダイヤル ドメイン内に存在するよう設定されている必要があります。

「自動受付の検索範囲の設定」に説明されているように、各サーバでの自動受付の検索範囲がダイヤル ドメインに設定されている必要があります。

「ユーザのインポートで使用する Active Directory コンテナに対する権限の設定」に説明されているように、各サーバに対する適切な権限が設定されている必要があります。

「認識されたユーザ メッセージの有効化」に説明されているように、各サーバ上の認識されたユーザ メッセージが有効になっている必要があります。

「認識されたユーザ メッセージの拡張」に説明されているように、各サーバ上の認識されたユーザ メッセージが、AMIS ユーザに対して拡張されている必要があります。

単一サーバ環境

Cisco Unity サーバが 1 台しかない環境で、ISM を有効にして AMIS ユーザを含めるには、次の要件を満たしている必要があります。

「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」に説明されているように、サーバがダイヤル ドメイン名を使用して設定されている必要があります。

「ユーザのインポートで使用する Active Directory コンテナに対する権限の設定」に説明されているように、適切な権限が設定されている必要があります。

「認識されたユーザ メッセージの有効化」に説明されているように、認識されたユーザ メッセージが有効になっている必要があります。

「認識されたユーザ メッセージの拡張」に説明されているように、認識されたユーザ メッセージが、AMIS ユーザに対して有効になっている必要があります。

ユーザのインポートで使用する Active Directory コンテナに対する権限の設定

(組み合わされたすべての Cisco Unity サーバに対し)複数のコンテナから連絡先をインポートする場合、各 Cisco Unity サーバ上の Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウントに対し、フォレスト内のすべての Cisco Unity サーバ上で、連絡先のインポート元のすべてのコンテナに対する SendAs 権限を付与する必要があります。そうしないと、認識されたユーザ メッセージが Cisco Unity サーバ間で機能しない可能性があります。たとえば、CiscoUnityServer1 が Container1 および Container2 から連絡先をインポートし、CiscoUnityServer2 が Container3 と Container4 から連絡先をインポートする場合、各 Cisco Unity サーバ上の Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウントは、4 つのコンテナすべてに対する SendAs 権限を持っている必要があります。

適切な権限を設定するには


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、[Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot] ウィンドウの左側のペインで、[管理ツール(Administration Tools)] を展開します。

ステップ 3 [Permissions ウィザード(Permissions Wizard)] をダブルクリックします。

ステップ 4 次の手順を実行します。

Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウントに同じ Active Directory アカウントを選択します。

[Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウントの選択(Choose the Cisco Unity Message Store Services Account)] ページが表示されるまで、どのオプションも変更せずに [次へ(Next)] をクリックします。

すべての Cisco Unity サーバで Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウントに同じ Active Directory アカウントを選択します。

適切なコンテナを選択します。

[インポート用 Active Directory コンテナの選択(Choose Active Directory Containers for Import)] ページが表示されるまで、どのオプションも変更せずに [次へ(Next)] をクリックします。

フォレスト内のすべての Cisco Unity サーバについてユーザのインポート元とするコンテナをすべて選択します。

ステップ 5 ウィザードが完了するまで、どのオプションも変更せずに [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 6 フォレスト内の各 Cisco Unity でステップ 1 からステップ 5 を繰り返します。


 

認識されたユーザ メッセージの有効化

システムがフェールオーバーを使用している場合、設定がレジストリに保存されるため、プライマリ サーバとセカンダリ サーバの両方でこの変更を行う必要があります。

認識されたユーザ メッセージを有効にするには


ステップ 1 Cisco Unity Administrator で、[システム(System)] > [コンフィギュレーション設定(Configuration Settings)] ページに移動します。

ステップ 2 [認識されたユーザ メッセージ(Identified Subscriber Messaging)] セクションで、[認識されたユーザ メッセージの無効化(Disable Identified Subscriber Messaging)] チェックボックスをオフにします。

このチェックボックスをオフにすると、同じ Cisco Unity サーバ上のユーザに対する認識されたユーザ メッセージが有効になります。デフォルトでは、ボックスはオフになっています。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

認識されたユーザ メッセージの拡張

認識されたユーザ メッセージを有効にした後、AMIS ユーザを含むように拡張する必要があります。

認識されたメッセージを拡張するには


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、[Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のペインで、[管理ツール(Administrative Tools)] の下の [詳細設定ツール(Advanced Settings Tool)] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity 設定(Unity Settings)] ペインで、[ネットワーク:AMIS、Bridge、および VPIM ユーザに対する認識されたユーザ メッセージ(ISM)を有効にする(Networking - Enable Identified Subscriber Messaging (ISM) for AMIS, Bridge, and VPIM Subscribers)] をクリックします。

ステップ 4 [項目の新しい値(New Value)] リストで、[1] をクリックし、[設定(Set)] をクリックします。

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、[OK] をクリックします。

ステップ 6 [終了(Exit)] をクリックします。

ステップ 7 レジストリ設定を有効にするため、Cisco Unity を再起動します。


 

AMIS ユーザのクロスサーバ転送の有効化

デフォルトでは、別の Cisco Unity サーバ上に作成された AMIS ユーザへの着信転送は、Cisco Unity によって(管理された転送)ではなく、常に電話システム(リリース)によって処理されます。ユーザが管理された転送用に設定されていても同様です。オプションとして、異なる Cisco Unity サーバをホームとする AMIS ユーザに着信転送する場合にクロスサーバ転送設定を使用するように Cisco Unity を設定できます。クロスサーバ転送の詳細については、「Cisco Unity 8.x での自動受付機能およびディレクトリ ハンドラからのクロスサーバ転送」を参照してください。クロスサーバ転送をすでに設定している場合、AMIS ユーザを追加するためのクロスサーバ転送機能の拡張については、「オプション:外部ユーザのクロスサーバ転送の無効化」を参照してください。

Cisco Unity 8.x での AMIS の概念と定義

次の項では、AMIS の概念を詳細に説明します。

「AMIS の概要」

「ポートの使用状況およびスケジュール」

「UAmis アカウント」

「Voice Connector および AMIS ネットワーク」

「ロケーションおよび AMIS ネットワーク」

「メッセージの宛先指定オプション」

「ブラインド アドレッシングおよび AMIS ネットワーク」

「AMIS ユーザ」

「認識されたユーザ メッセージ」

「AMIS ユーザへの Live Reply」

「AMIS ユーザの削除」

「内線アドレス」

「Outlook アドレス帳における AMIS ユーザの表示方法の決定」

「別のボイス メッセージ システムから Cisco Unity へのユーザ移行」

「ネットワーク接続された Cisco Unity サーバの考慮事項」

AMIS の概要

AMIS 用語では、Cisco Unity およびこれと通信するその他のボイス メッセージ システムはノードと呼ばれます。各ノードには、一意の ID が割り当てられており、これをノード ID と呼びます。AMIS コールを行い、メッセージを送信するノードは、発信元ノードと呼ばれます。AMIS コールに応答し、メッセージを受信するノードは、宛先ノードと呼ばれます。特定のシステムが発信元ノードと宛先ノードの両方として動作する場合、そのノード ID は、両方の機能で同じです。AMIS ノードは、Cisco Unity のロケーションに対応します。

Cisco Unity ユーザおよびその他のボイス メッセージ システムのユーザは、メールボックス番号で識別されます。Cisco Unity では、ユーザのメールボックス番号は、ユーザの内線番号と同じです。

ボイス メッセージは、通常の電話接続を使用してノード間で転送されます。指定された送信先番号を使用して、あるノードが別のノードを呼び出す場合、発信元ノードは、プッシュホンの順序を使用してそのノード ID を送信します。宛先ノードが呼び出しを受け入れると、発信元ノードは、アナログ再生を使用して各ボイス メッセージを送信し、宛先ノードは、各メッセージを録音し、これを該当するメールボックスに配信します。AMIS コール中に送信されるプッシュホンに関する詳細については、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_white_papers_list.html にある『 AMIS Analog Networking Definitions 』ホワイト ペーパーを参照してください。

AMIS プロトコルに準拠して、Cisco Unity は、発信メッセージをノードごとにバッチ処理します。バッチごとの最大メッセージ数は 9 メッセージです。特定のノードに 9 個を超えるメッセージがある場合、Cisco Unity は、9 個目のメッセージを送信した後に AMIS セッションを終了し、短時間切断した後にこのノードに再ダイヤルし、メッセージの次のバッチを送信します。

AMIS プロトコルは、メッセージは最長 8 分であることを指定しています。AMIS 送信中、メッセージの再生前に発信元ノードは、宛先ノードにメッセージの長さを送信します。メッセージが長すぎる場合、宛先ノードは、メッセージを拒否し、次のメッセージに進む場合があります。ただし、長いメッセージを受け入れるボイス メッセージ システムもあります。ボイス メッセージ システムがメッセージを拒否すると、不達確認(NDR)が送信者に戻されます。ユーザが 8 分よりも長いメッセージを送信すると、Cisco Unity は、これを転送しようとします。また、Cisco Unity は、8 分よりも長いメッセージを受け入れる場合があります。各着信メッセージに対して、Cisco Unity は、ユーザのメールボックスの使用可能領域および [ユーザ(Subscriber)] > [メッセージ(Messages)] ページの [最長メッセージ(Maximum Message Length)] 設定を確認し、メッセージを受け入れるかどうかを決定します。

Cisco Unity への AMIS 着信メッセージは、ユーザ メールボックスだけに配信され、パブリック同報リストには配信できません。また、着信メッセージは、ユーザのプライマリ内線番号に宛先指定する必要があります。代行内線番号に宛先指定されたメッセージは配信されません。詳細については、「受信メッセージがプライマリ内線番号だけに配信される」を参照してください。

着信メッセージ AMIS コールの場合、発信元システムと Cisco Unity の間の最初の「ハンドシェイク」は、コール ハンドラ(ガイダンス コール ハンドラなど)で行われる必要があります。AMIS ネットワークを正しく設定するには、すべての着信メッセージ AMIS コールがコール ハンドラに確実に転送されるようにする必要があります。Cisco Unity が最初にインストールされるとき、デフォルト設定では、コール ルーティング テーブルが通話をガイダンス コール ハンドラにルーティングします。したがって、AMIS ネットワーク用に正しく設定されています。コール ルーティング テーブルがインストール後に変更された場合、すべての着信メッセージ AMIS コールをコール ハンドラに転送するような規則がコール ルーティング テーブルにあることを確認する必要があります。

ポートの使用状況およびスケジュール

Cisco Unity Telephony Integration Manager(UTIM)および [システム(System)] > [ポート(Ports)] ページの Cisco Unity Administrator において、ご使用のシステムのどのポートを発信 AMIS コールに使用するかを指定できます。すべてのポートが着信メッセージ AMIS コールに使用されます。

AMIS 送信は長い場合があり、したがってご使用の Cisco Unity サーバのポートをふさぐ可能性があります。たとえば、10 時間の AMIS メッセージは、送信するために少なくとも 10 時間のポート時間がかかります。200 人の AMIS 受信者を含むパブリック同報リストに 2 分のメッセージを送信すると、200 個のメッセージが発信キューに入ることになり、転送するために少なくとも 6.5 時間のポート時間が必要になります。

複数のポートが発信 AMIS メッセージに指定されていると、Cisco Unity は、指定されたすべてのポートをメッセージ トラフィック保証に使用します。使用されるポートの合計数は、発信 AMIS コールに指定されたポートの可用性に制限されます。たとえば、発信 AMIS メッセージ用に 10 個のポートが使用可能で、配信するメッセージが 10 時間ある場合、メッセージの配信に 10 個のポートすべてが使用され、メッセージすべてを送信する時間は、呼び出しを行い、AMIS セッションを確立する時間に約 1 時間を加えた時間になります。

発信メッセージは、宛先に従って並べ替えられ、9 つのグループにバッチ処理されます。複数の宛先がある場合、複数のポートが使用され、メッセージが送信されます。1 つの宛先に非常に多くのメッセージがある場合、メッセージの各バッチ(バッチあたりの最大数は 9)は、異なるポートで送信されます(ポートが使用可能な場合)。言い換えると、AMIS メッセージ配信に複数のポートを指定した場合、必要に応じて、単一のノードへのメッセージの処理に複数のポートが使用されます。特定のノードへのメッセージ数が増加するにつれ、発信メッセージ数が 9 の倍数に到達したときにポートが追加されます。たとえば、あるノードへのメッセージが 9 個以下の場合、1 つのポートがメッセージ配信に使用されます。10 ~ 18 のメッセージでは、2 つのポートが使用されます。19 ~ 27 のメッセージでは、3 つのポートが使用され、以下同様になります。

ポートで AMIS セッションが開始されると、送信するメッセージがある限り、ポートはメッセージを送信し続けます。ポートが切断されるのは、発信メッセージがなくなったとき、または同じノードに 9 個目のメッセージを送信した後だけです。この場合、ポートは短時間切断され、その後、送信する必要があるメッセージがまだある場合、メッセージを送信し続けます。

発信 AMIS メッセージの転送によってボイス ポートが長時間ふさがれる可能性があるため、発信 AMIS コールを営業時間外、または Cisco Unity が多くの呼び出しを処理しない時間に行うようにスケジュールを調整できます。また、ご使用の AMIS 配信番号のほとんどまたはすべてが長距離の場合、発信 AMIS コールを長距離電話料金が安くなる時間にスケジューリングできます。ただし、発信メッセージは、UAmis メールボックスでキューに入るため、配信時間に制限を加える場合、使用可能なストレージが十分にある必要があります。

緊急のマークが付いているメッセージをすぐに送信するように AMIS スケジュールを上書きできます。また、規制テーブルを設定することにより、すぐに送信する配信番号と AMIS スケジュールがアクティブになるまで待機する番号を指定できます。

発信 AMIS コールを通常の営業時間後だけに行うように AMIS スケジュールを調整する場合、必ずユーザに通知してください。ユーザは、すぐに配信されないボイス メッセージを送信するのではなく、別のボイス メッセージ システム上のユーザに直接連絡するか、または電子メールを送信することを選択できます。

スケジュールで発信 AMIS コールが通常の営業時間中または呼び出し量が多いときに行われるようになっている場合、特定のポートを着信呼び出し専用に指定し、他のポートを TRAP 専用に指定できます。発信 AMIS コールをこれらのポートから除外することにより、時間に厳格な呼び出し用のポートを確保できます。Tools Depot にある Ports Usage Analyzer を使用して、数日間トラフィックを監視し、必要に応じてポートを調整します。

Cisco Unity で発信 AMIS コールを行う場合、使用するポートは後ろから検索されます。つまり、最後のポート(ポート番号が最大)から始めて、発信 AMIS コールに設定された使用可能なポートが見つかるまで検索されます。複数の電話システムと連動している場合、Cisco Unity は、使用可能なポートを最後の連動の最後のポート(この場合も、ポート番号が最大)で検索開始します。

複数の Cisco Unity サーバがネットワーク接続されている組織では、「ブリッジヘッド」 Cisco Unity サーバを設定し、ネットワーク内のすべての Cisco Unity サーバのすべての AMIS コール(受信と発信の両方)を処理できます。こうすることにより、たった 1 つだけの Cisco Unity サーバ上のポートが AMIS メッセージに使用されます。

UAmis アカウント

発信 AMIS メッセージは、UAmis_<サーバ名> と呼ばれる特別な Exchange 電子メールボックスに配置されます。AMIS メッセージを送信するには、その前に UAmis アカウントを作成する必要があります。

UAmis アカウントのメールボックスは、パートナー Exchange サーバにあります。これは、Cisco Unity の設定中に [メッセージ ストア コンフィギュレーション(Message Store Configuration)] ウィザードで選択された Exchange サーバです。

UAmis メールボックスのディスク空き領域の限界は、UAmis メールボックスが作成されるメールボックス ストア用に定義される制限に設定されます。Exchange 管理アプリケーションを使用して UAmis メールボックスのディスク空き領域の限界を変更することは可能ですが、注意して行ってください。UAmis メールボックスがいっぱいになると、その後の発信メッセージを配信できなくなり、送信者は NDR を受信します。

UAmis メールボックスに制限を設定する必要があるかどうかを判別する場合、次の項目を検討します。

AMIS メッセージが 1 日の指定の時間だけに配信されるように AMIS ダイヤル規制およびスケジュールが設定されている場合、メッセージは、UAmis メールボックスでキューに入ります。ストレージ制限は、配信しない時間内のすべての AMIS メッセージを保管するために十分な量が必要です。

AMIS メッセージ数が急増する時間が 1 日のうち数回ある可能性があります。ストレージ制限は、これを処理するために十分な量が必要です。

Exchange サーバのハードディスク領域に制限がある場合、使用可能な領域を超えない確実な制限を設定することもできます。

UAmis メールボックスに制限を設定する前に、AMIS 発信トラフィック レポートを実行して、発信 AMIS メッセージのトラフィックを監視できます。詳細については、『 Maintenance Guide for Cisco Unity 』の「Reports」の章の「AMIS Out Traffic Report」の項を参照してください。『 Maintenance Guide for Cisco Unity 』は、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html で入手できます。

UAmis メールボックスは、他の Exchange 電子メールボックスと同様に、標準の Microsoft ツールを使用して移動および削除できます。誤って UAmis アカウントを移動したり、削除したりしないように、Active Directory および Exchange の管理者全員に UAmis アカウントのことを通知してください。不注意に UAmis アカウントを移動したり削除したりすることを回避するために、ユーザや Exchange 管理者がこのアカウントを「特別」扱いする必要があるということをより明確に認識できるように Exchange 表示名を変更することを検討します。Outlook のアドレス帳で表示されないように、UAmis アカウントを非表示にすることもできます。

UAmis メールボックスの移動に関する詳細については、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html にある『 Maintenance Guide for Cisco Unity 』の「Cisco Unity Data and Log Files」の章の「UAmis Mailbox」の項を参照してください。

メッセージは、UAmis メールボックスから次の 1 つ以上のタイミングで送信されます。

メッセージに緊急のマークが付いていて、AMIS 配信オプション設定が、緊急メッセージがすぐに送信されることを許可している場合。

AMIS 規制テーブルがメッセージの配信番号を許可している場合。

AMIS スケジュールがアクティブになっている場合。

スケジュールが非アクティブになるときに送信されなかったメッセージは、スケジュールが再びアクティブになるまで UAmis メールボックスに留まります。メッセージが 24 時間を超えて UAmis メールボックスに留まっていると、Windows Application Event ログにエラーがログされます。UAmis メールボックスの監視に関する詳細については、「Cisco Unity 8.x の AMIS ネットワークのメンテナンス」を参照してください。

複数の Cisco Unity サーバがネットワーク接続されている組織では、UAmis アカウントは、AMIS コールを行い、受信する Cisco Unity サーバ上だけに作成する必要があります。詳細については、「ネットワーク接続された Cisco Unity サーバの考慮事項」を参照してください。

Voice Connector および AMIS ネットワーク

Voice Connector を使用すると、Cisco Unity で AMIS メッセージを送受信できます。ユーザが電話を使用してメッセージを AMIS 受信者に宛先指定すると、Cisco Unity は、そのメッセージに対して AMIS:<ロケーション ダイヤル ID>_<リモート メールボックス> の形式のアドレスを構築します。Voice Connector は、Exchange を使用して登録され、AMIS アドレス タイプのメッセージを処理します。AMIS 受信者への発信メッセージの場合、Voice Connector は、メッセージのプロパティを変換し、メッセージを UAmis メールボックスに配信します。AMIS 用のライセンスがある複数の Cisco Unity サーバでのインストールの場合、Voice Connector は、AMIS ロケーションまたは AMIS ユーザが作成された Cisco Unity サーバに関連付けられた UAmis メールボックスにメッセージを配信します。

Exchange 2000 用の Voice Connector をインストールします。Voice Connector の設定の詳細については、「AMIS ネットワーク用の Voice Connector の設定」を参照してください。

Exchange 2000 バージョン 11.0(1) 以降用の Voice Connector は、Exchange 2000 サーバまたは Exchange 2003 サーバのいずれかにインストールできます。

Exchange 2007 サーバへの Voice Connector のインストールはサポートされていません。

ロケーションおよび AMIS ネットワーク

AMIS の設定方法で重要なことは、ロケーションと呼ばれる Cisco Unity オブジェクトです。各 Cisco Unity サーバは、デフォルトまたはプライマリ ロケーションと呼ばれる 1 つのロケーションに関連付けられます。このロケーションはインストール中に作成され、削除できません。AMIS を設定するとき、プライマリ ロケーションに新しい名前およびダイヤル ID(Cisco Unity 内でのロケーションの ID)を指定し、AMIS ノード ID を入力し、必要に応じてその他のプロパティをカスタマイズします。プライマリ ロケーションの AMIS ノード ID は、すべての発信 AMIS コールに送信され、宛先ノードに対して使用する Cisco Unity システムを認識します。設定の詳細については、「Cisco Unity 8.x のプライマリ ロケーション プロファイルの設定」を参照してください。

Cisco Unity では、Cisco Unity が通信する各リモート ボイス メッセージ システムに対応する配信ロケーションを作成します。配信ロケーションには、その他のノード(送信先番号および AMIS ノード ID)とメッセージを交換するために Cisco Unity が必要とする情報が含まれています。

複数の Cisco Unity サーバがネットワーク接続されている組織では、AMIS のライセンスがある Cisco Unity サーバ上だけに配信ロケーションを作成する必要があります。詳細については、「ネットワーク接続された Cisco Unity サーバの考慮事項」を参照してください。

メッセージの宛先指定オプション

Cisco Unity には、次のメッセージ宛先指定オプションが提供されています。

ブラインド アドレッシング:Cisco Unity ユーザは、受信者のメールボックス番号、名前、および録音名がディレクトリになくても、リモート ボイス メッセージ システム上のユーザにメッセージを送信できます。Cisco Unity がボイス名の確認を提供できなくても(したがって、「ブラインド アドレッシング」という用語が使用される)、メッセージは宛先検索され送信されます。詳細については、「ブラインド アドレッシングおよび AMIS ネットワーク」を参照してください。

AMIS ユーザ:Cisco Unity ユーザは、リモート ボイス メッセージ システム上のユーザにメッセージを宛先指定したときに、ボイス名の確認を取得できます。AMIS ユーザは、リモート メッセージ システムのユーザの Cisco Unity 内の表現です。AMIS ユーザは、Cisco Unity で作成され、Cisco Unity ユーザがディレクトリ内で AMIS ユーザを検索し、他のすべてのユーザと同様に AMIS ユーザにメッセージを送信できるようになります。詳細については、「AMIS ユーザ」を参照してください。

メッセージ宛先指定の制限事項

ユーザは、Cisco Unity 電話での会話(電話ユーザ インターフェイス、つまり TUI とも呼ばれる)、Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook、または Cisco Unity Inbox を使用して、通常のボイス メッセージと同様に AMIS メッセージに応答したり、転送したりできます。ただし、AMIS メッセージを送信または取得するときに、ユーザには次の制限事項があります。

送信するときに緊急のマークが付いている AMIS メッセージは、受信者が取得するときには緊急のマークが付いていない。

送信するときにプライベートのマークが付いている AMIS メッセージは、受信者が取得するときにはプライベートのマークが付いていない。

AMIS メッセージについて受信確認の要求は応じられない。

ViewMail がユーザに宛先指定を許可しても、電子メール メッセージを AMIS 受信者に送信できない。配信される代わりに、AMIS 受信者に送信された電子メール メッセージは、送信者に NDR として戻されます。

AMIS ユーザから Cisco Unity ユーザに送信されたメッセージは、暗号化できず、したがって、Secure Messaging のメッセージ エージング機能の影響を受けない。

ブラインド アドレッシングおよび AMIS ネットワーク

AMIS ブラインド アドレッシングは、別のボイス メッセージ システムのユーザに AMIS メッセージを宛先指定するために Cisco Unity が提供する方法の 1 つです。ブラインド アドレッシングでは、Cisco Unity ユーザは、受信者のメールボックス番号、名前、および録音名がディレクトリになくても、リモート ボイス メッセージ システム上のユーザにメッセージを送信できます。Cisco Unity がボイス名の確認を提供できなくても(したがって、「ブラインド アドレッシング」という用語が使用される)、メッセージは宛先検索され送信されます。

ブラインド アドレッシングの設定の手順の 1 つは、[プライマリ ロケーション(Primary Location)] > [宛先オプション(Addressing Options)] ページの [ブラインド宛先検索(Blind Addressing)] 設定を調整することです。また、Cisco Unity と通信する各ボイス メッセージ システムに対応する配信ロケーションも作成します。

各配信ロケーションの次の情報を提供します。

送信先番号:他のボイス メッセージ システムに到達するために Cisco Unity がダイヤルする番号。

AMIS ノード ID:AMIS 送信中にリモート ボイス メッセージ システムを認識するために Cisco Unity が使用する番号。着信コールの場合、Cisco Unity は、発信元ノードによって送信される値と一致する AMIS ノード ID の AMIS 配信ロケーションを検索します。対応するロケーションが見つからない場合、Cisco Unity は、AMIS プロトコルに従い、呼び出しを拒否し、メッセージを録音しません。

ダイヤル ID:Cisco Unity へのロケーションを識別する一意の番号。これは、リモート ボイス メッセージ システムを使用している個人宛てにブランド アドレッシングを使用して宛先指定するときにユーザがダイヤルする番号です。

ブラインド アドレッシングを使用してメッセージを宛先指定するとき、ユーザは、配信ロケーションのダイヤル ID と、受信者のメールボックス番号からなる番号をダイヤルします。メッセージを宛先指定する前に、Cisco Unity はユーザが入力した番号を解析し、一致する配信ロケーションを探します。Cisco Unity で一致するロケーションが見つからない場合、送信者にエラーがレポートされ、メッセージは宛先指定されません。一致する配信ロケーションが見つかった場合、Cisco Unity は、リモート メールボックス番号が存在することを確認せずにメッセージを宛先指定します。Cisco Unity は、メッセージを宛先指定する前に配信ロケーションが存在することを確認するための、ボイス名の確認機能を備えています(その配信ロケーションに対するボイス名が録音されている場合)。

使用する Cisco Unity サーバに別のボイス メッセージ システム上のユーザの名前および内線番号へのアクセス権がないため、ユーザは、別のシステム上の人にメッセージをブラインド アドレッシングするときにスペリング モードを使用できません。

ユーザは、ViewMail for Outlook および Cisco Unity Inbox でも、[AMIS:<Location Dial ID>_<Remote Mailbox>] の形式を使用して、リモート ボイス メッセージ システム上の人に宛先指定できます。たとえば、メッセージをダイヤル ID 206、メールボックス 555 に送信するには、アドレスは [AMIS:206_555] になります。カッコをアドレスに含める必要があります。

Cisco Unity の管理者の場合、ブラインド アドレッシングは、設定作業量が最小になるオプションです。ただし、ユーザには、別のボイス メッセージ システム上のユーザへのメッセージをブラインド アドレッシングするときに制限事項があります。ユーザがメッセージを宛先指定できるのは、番号モードを使用する場合だけです。したがって、ユーザは、受信者の配信ロケーション ダイヤル ID およびメールボックス番号を知っている必要があります。また、Cisco Unity は、入力された番号が正しいかどうかを確認できません。したがって、ユーザは、不注意にメッセージを間違った人または存在しないメールボックスに宛先指定する可能性があります。

ユーザは Cisco Unity カンバセーションを使用して、ブラインド アドレスを自身のプライベート同報リストに追加および削除できます。対照的に、ユーザは、Cisco Unity Assistant を使用して、ブラインド アドレスをプライベート同報リストに追加できません。ただし、これを使用してリストのメンバーを表示し、電話によって追加されたブラインド アドレスを削除することはできます。Cisco Unity Administrator でも、ブラインド アドレスをプライベート同報リストに追加できませんが、これを使用してリストのメンバーの表示および削除はできます。

配信ロケーションを削除すると、そのロケーションのブラインド アドレスは、すべてのプライベート同報リストからも削除されます。ユーザのプライベート同報リストにこのような変更が生じる可能性があることをユーザに通知するよう考慮してください。

複数の Cisco Unity サーバがネットワーク接続されている組織では、ユーザがブラインド アドレッシングを使用してメッセージを AMIS ロケーションの人に宛先指定すると、AMIS 送信は、AMIS 配信ロケーションが作成された Cisco Unity サーバから発信されます。詳細については、「ネットワーク接続された Cisco Unity サーバの考慮事項」を参照してください。

AMIS ユーザ

AMIS ユーザは、リモート メッセージ システムのユーザの Cisco Unity 内の表現です。AMIS ユーザは、Cisco Unity で作成され、Cisco Unity ユーザがディレクトリ内で AMIS ユーザを検索し、他のすべてのユーザと同様に AMIS ユーザにメッセージを送信できるようになります。AMIS ユーザに宛先指定されたボイス メッセージは、AMIS ユーザが使用しているボイス メッセージ システムに送信されます。

AMIS ユーザは、追加の Exchange Client Access License(CAL)を必要とせず、Cisco Unity ユーザ ライセンスを使用しません。Cisco Unity ユーザ ライセンス カウントは、AMIS ユーザを作成しても変更されません。

AMIS ユーザを設定するには、最初に Cisco Unity と通信する各リモート ボイス メッセージ システムに対応する AMIS 配信ロケーションを作成します。配信ロケーションを作成した後、各リモート ユーザの AMIS ユーザ アカウントを作成します。各 AMIS ユーザ アカウントを作成するとき、その他のボイス メッセージ システムのユーザ メールボックス番号を指定し、AMIS ユーザが関連付けられている AMIS 配信ロケーションを選択します。Cisco Unity は、メッセージを AMIS ユーザに配信するときに、関連付けられた配信ロケーションの送信先番号および AMIS ノード ID を使用します。

AMIS 用のライセンスがある Cisco Unity サーバが複数ある組織では、AMIS ユーザが作成される同じ Cisco Unity サーバ上に作成された AMIS 配信ロケーションだけに AMIS ユーザを関連付けることができます。ユーザがメッセージを AMIS ユーザに宛先指定すると、AMIS 送信は、AMIS ユーザが作成された Cisco Unity サーバから発信されます。詳細については、「ネットワーク接続された Cisco Unity サーバの考慮事項」を参照してください。

Cisco Unity の AMIS ユーザは、Active Directory では連絡先として表現されます。Cisco Unity Administrator の AMIS ユーザを削除すると、基となる連絡先は自動的に削除されます。

AMIS ユーザ アカウントは、通常のユーザ アカウントを作成および管理する方法とほぼ同じ方法で作成および管理できます。Cisco Unity Administrator を使用して、AMIS ユーザ アカウントを一度に 1 つ作成、変更、および削除できます。また、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して、複数の AMIS ユーザ アカウントを作成および変更できます。

内線番号は、AMIS ユーザ アカウントでは必須です。ダイヤル ドメインで一意である必要がある内線番号は、メッセージを AMIS ユーザに宛先指定するときに Cisco Unity ユーザがダイヤルする番号です。この番号は、リモート ボイス メッセージ システム上のユーザのメールボックス番号と同じ場合もあり、同じでない場合もあります。組織のガイダンスを聞いた発信者は、AMIS ユーザの内線番号をダイヤルしたり、ディレクトリ アシスタンス内で AMIS ユーザを検索し、メッセージを残したりすることができます。

AMIS ユーザは、メッセージ受信する以外に Cisco Unity の他の機能にアクセスできず、Cisco Unity Administrator の一部のセクションは、AMIS ユーザに対しては無効になっています。AMIS ユーザは、

電話で Cisco Unity にログインして、メッセージを確認または送信できません。

電話で Cisco Unity にログインして(または Cisco Unity Assistant を使用して)個人設定を変更できません。録音された名前やグリーティングは、Cisco Unity Administrator でしか録音または変更できません。ただし、AMIS ユーザのボイス名は、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用してインポートできます。詳細については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。

Cisco Unity Inbox を使用してメッセージを確認できません。

プライベート同報リストを所有できません。

メッセージ通知を設定または受信できません。

メッセージ受信インジケータを受信できません。

AMIS ユーザを設定するには、AMIS ブラインド アドレッシングで必要な Cisco Unity の管理者のオーバーヘッドよりも多くのオーバーヘッドが必要です。ただし、AMIS ユーザ オプションを使用すると、メッセージを通常のユーザに宛先指定するのと同じ方法で、別のユーザがメッセージを AMIS ユーザに宛先指定できます。

AMIS ユーザのユーザ体験

AMIS ユーザが電話ディレクトリにリストされていて、ユーザに対してボイス名およびグリーティングが録音されている場合:

ユーザは、電話、ViewMail for Outlook、または Cisco Unity Inbox を使用して、AMIS ユーザにメッセージを宛先指定できます。

AMIS ユーザに対応する連絡先は、Exchange のアドレス リストに含まれています。つまり、これらは Outlook のアドレス帳(連絡先が明示的に非表示にされていない場合)および Cisco Unity Inbox のアドレス帳にリストされます。したがって、Outlook または Cisco Unity Inbox を使用した AMIS ユーザへのメッセージの宛先指定は、通常のユーザへの宛先指定と同じです。

ユーザは、電話を使用すると、名前入力モード(システムで有効になっている場合)または内線番号で AMIS ユーザにメッセージを宛先指定できます。

ユーザは、メッセージを AMIS ユーザに宛先指定するとき、ボイス名の確認を取得します。

ユーザが電話でメッセージを聞くとき、カンバセーションによりメッセージの送信元が通知されます。

AMIS ユーザは、パブリック同報リストおよびプライベート同報リストに追加できます。

Cisco Unity が AMIS ユーザへの身元不明発信者からのメッセージを録音すると、プライマリ ロケーションのダイヤル ID が送信メールボックスとして使用されます。AMIS ユーザは、これらのメッセージへの応答を防止されませんが、この応答は、Unity メッセージ システムのメールボックスに NDR として戻されます。

認識されたユーザ メッセージ

認識されたユーザ メッセージ(ISM)では、ユーザが自分のプライマリ内線番号または代行内線番号から他のユーザを呼び出したときに再生される内容や、呼び出し先のユーザのグリーティングに転送される内容が決まります。メッセージを残した場合は、ISM は、呼び出されたユーザが聞く内容と、メッセージを聞くときに何を行うことができるかに影響します。ISM が有効になっている場合は、Cisco Unity は、発信側の内線番号がユーザに関連付けられていることを認識するため、呼び出されたユーザの内線グリーティングを再生します。さらに、呼び出されたユーザが後でメッセージを聞くと、Cisco Unity は、メッセージを残したユーザの録音したボイス名を再生し、呼び出されたユーザは返信を録音できます。

Cisco Unity ユーザの呼び出しがユーザ グリーティングに転送され、ISM が有効な場合、Cisco Unity は、発信者番号(ANI または発信者 ID)をユーザのプライマリ内線番号および代行内線番号と照合します。一致するものが見つかると、その発信者を Cisco Unity のユーザとして認識します。デフォルトでは、Cisco Unity が発信者番号の照合先として使用する内線番号は、ローカル システムの「通常の」Cisco Unity ユーザの内線番号に限定されています。ISM は、ダイヤル ドメイン全体のすべての Cisco Unity ユーザを含むように拡張できます。

ISM を AMIS ユーザ、Bridge ユーザ、および VPIM ユーザ(まとめて外部ユーザと呼びます)に対して有効にできるため、Cisco Unity は発信者番号と内線番号を比較するときに、それらのユーザも比較対象に含めます。次のことに注意してください。

外部ユーザを ISM の適用対象にした後は、Cisco Unity を再起動する必要があります。

複数の Cisco Unity サーバをデジタル ネットワークでネットワーク構成している場合は、ブリッジヘッド サーバと同じダイヤル ドメイン内にある Cisco Unity サーバ上だけで、ISM 機能を有効にできます。

この機能を必要とするそれぞれの Cisco Unity サーバで、ISM を外部ユーザ用に有効にする必要があります。

使用している Cisco Unity サーバが 1 台の場合、この機能を使用するには、その Cisco Unity サーバがダイヤル ドメインのメンバーになっている必要があります。

メッセージを残すことと、メッセージを送信することの違いに注意してください。対応する外部ユーザ アカウントを持つリモート ボイス メッセージ システム上の人がメッセージを録音して Cisco Unity ユーザに送信する場合(メッセージを発信して残すことの逆)、Cisco Unity は、メッセージを対応する外部ユーザからであると認識します。

発信者番号は、電話システムから Cisco Unity に通知されます。その桁数は、ほとんどの電話システムで設定可能です。Cisco Unity が一致するユーザの内線番号を検出するためには、発信者番号に応じた桁数を通知する設定を、電話システムに対して行う必要があります。また、発信者番号を照合するために、ユーザ アカウントに代行内線番号を付加することが必要な場合もあります。さらに、電話システム固有の問題によって、Cisco Unity が発信者番号をユーザの内線番号と照合できない場合もあります。電話システムが提供する通話情報の詳細については、使用している電話システムのマニュアルと『Cisco Unity インテグレーション ガイド』を参照してください。

AMIS ユーザへの Live Reply

Live Reply では、電話でメッセージを聞くユーザは、他のユーザを呼び出すことにより、他のユーザからのメッセージに応答できます。Live Reply が有効になっているときに、電話でメッセージを聞いたユーザがユーザ メッセージに応答するには、[ユーザを呼び出す(call the subscriber)] オプションを選択し、Cisco Unity からユーザを直接呼び出します。Live Reply 機能へのユーザ アクセス権は、サービス クラス設定によって異なります (Live Reply を有効にするには、Cisco Unity Administrator の [ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] > [メッセージ(Messages)] ページを使用します)。

ユーザは、別のボイス メッセージ システムのユーザからのメッセージでも、そのユーザが Cisco Unity に対応する AMIS ユーザ アカウントを持っていれば、Live Reply で応答できます。Live Reply による呼び出しを正常に転送するには、AMIS ユーザの着信転送番号を設定する必要があります。

Live Reply による AMIS ユーザへの応答は、常に電話システムへのリリース転送によって行われます。これはメッセージに応答する Cisco Unity ユーザと、AMIS ユーザの両方のアカウントが、同じ Cisco Unity サーバのアカウントを持っていても同様です。リリース転送では、Cisco Unity が、AMIS ユーザ用に設定された着信転送番号をダイヤルして回線を切断し、その後の呼び出しの処理を電話システムに引き継ぎます。リリース転送では、次の制限事項に注意してください。

AMIS ユーザの通話スクリーニング、通話保留、および接続案内の機能は無視されます。

着信転送設定の [いいえ(ユーザのグリーティングに直接送信)(No (Send Directly to Subscriber's Greeting))] は無視されます。Cisco Unity は、AMIS ユーザの内線番号をダイヤルして電話を切ります。ユーザの内線番号が、Cisco Unity の統合されている電話システムで有効な内線番号である場合は、そのユーザの電話のベルが鳴ります。ユーザの内線番号が有効な内線番号でない場合、その後の通話に何が起きるかは、電話システムとその設定によって異なります。電話システムがユーザの内線番号への呼び出しを処理するように設定されていないと、発信者は接続を切断される場合があります。

次のことに注意してください。

AMIS ユーザへの Live Reply は自動的に有効になります。無効にすることはできません。

他の Cisco Unity サーバ上にアカウントを持つ AMIS ユーザへの Live Reply では、他の Cisco Unity サーバ上にアカウントを持つ Cisco Unity ユーザへの Live Reply に使用できるクロスサーバ Live Reply 機能は使用されません。ただし、Cisco Unity ユーザが、別の Cisco Unity サーバのユーザ アカウントを持つ AMIS ユーザからのメッセージに Live Reply で応答するには、両方のサーバが同じダイヤル ドメインに存在する必要があります。

AMIS ユーザの削除

各 AMIS ユーザは、Active Directory の連絡先に関連付けられています。ユーザ アカウントを個別に削除して Cisco Unity Administrator の AMIS ユーザを削除すると、基となるディレクトリ オブジェクトが自動的に削除されます。配信ロケーションに関連付けられている AMIS ユーザすべて、これらのユーザの基となる連絡先、および配信ロケーションそのものを削除するには、Tools Depot にある Global Subscriber Manager を使用します。

AMIS 配信ロケーションを削除すると、ブラインド アドレスがすべてのプライベート同報リストから削除されるので注意してください。ユーザのプライベート同報リストにこのような変更が生じる可能性があることをユーザに通知するよう考慮してください。

内線アドレス

AMIS ユーザを作成すると、Cisco Unity は自動的に次の形式の電子メール アドレスを生成します。

AMIS:<Location Dial ID>_<Remote Mailbox>

この特別な電子メール アドレスは、内線アドレス(またはリモート アドレス)と呼ばれます。内線アドレスは、AMIS ユーザが関連付けられている配信ロケーションのダイヤル ID と AMIS ユーザのリモート メールボックス番号の組み合わせです。AMIS ユーザに対応する Active Directory の各連絡先には、内線アドレスが含まれています。

ユーザは、電話を使用して、メッセージを AMIS ユーザに宛先指定するとき、内線をダイヤルします。Cisco Unity は、受信者を AMIS ユーザとして認識し、内線アドレスを Cisco Unity サーバの SQL Server データベースから取得します。

内線アドレスは、AMIS ユーザを作成するときに自動的に生成され、配信ロケーションのダイヤル ID またはリモート メールボックス番号を変更すると自動的に更新されます。

Outlook アドレス帳における AMIS ユーザの表示方法の決定

インストール環境によっては、リモート ボイス メッセージ システムのユーザが、ローカル ネットワーク上ですでに、電子メールに使用する Active Directory アカウントと Exchange 電子メールボックスを持っていることがあります。したがって、そのユーザの AMIS ユーザ アカウントを作成すると、Exchange アドレス リストに、電子メールに使用する既存のユーザ アカウントと、ボイスメールだけに使用する新規の連絡先が重複して登録されます。どちらの登録も、Outlook アドレス帳に取り込まれます。これは、ボイス メッセージの宛先指定にしか使われない連絡先に、不注意で電子メール メッセージを送信してしまう可能性があることを意味します。

不注意に AMIS ユーザに対して電子メール メッセージを送信してしまう事態を避けるために、関連付けられた連絡先を Outlook アドレス帳で非表示にできます。また別の方法として、Outlook アドレス帳における連絡先について、名前の表示方法を変更して、ユーザが連絡先をユーザ アカウントと区別できるようにすることも可能です。この方法では、連絡先に対して不注意に送信される電子メール メッセージの数を減らすことができ、また同時に、AMIS ユーザに送信するボイス メッセージについて、宛先の指定が容易になります。

ユーザの関連連絡先を Outlook のアドレス帳にまったく表示しないようにするには、「連絡先を Outlook のアドレス帳に表示しない方法」を参照してください。

または、連絡先を Outlook のアドレス帳に表示する方法を変更するには、「連絡先を Outlook のアドレス帳に表示する方法の変更」を参照してください。

連絡先を Outlook のアドレス帳に表示しない方法

AMIS ユーザ アカウントを作成する前または作成した後に、連絡先を Exchange のアドレス リストで非表示にすることにより、関連連絡先を Outlook のアドレス帳に表示しないようにできます。こうしても、Exchange は依然として既存のユーザ アカウント(存在する場合)および連絡先に宛先指定された電子メール メッセージを配信します。ただし、電子メール メッセージの宛先を指定する際に、ユーザは不注意に連絡先を Outlook アドレス帳で選択できないため、連絡先に対して送信される電子メール メッセージの数は減ります。

ユーザを Outlook のアドレス帳に表示されないようにするには、Cisco Unity Administrator、Cisco Unity Bulk Import ウィザード、一括編集、または Active Directory ユーザとコンピュータを使用できます。

Cisco Unity Administrator でこれを行うには、AMIS ユーザを作成するときに使用を計画しているユーザ テンプレートの [プロファイル(Profile)] ページで、またはユーザ アカウントを作成した後に個別のユーザの [プロファイル(Profile)] ページで、[電子メール サーバのアドレス帳にユーザを表示する(Show Subscriber In Email Server Address Book)] チェックボックスをオフにします。

Cisco Unity Bulk Import ウィザードまたは一括編集ユーティリティを使用してこれを行うには、各ツールのヘルプを参照してください。

Active Directory ユーザとコンピュータでこれを行うには、[表示(View)] > [詳細機能(Advanced Features)] をクリックして、ユーザ用の [Exchange の詳細(Exchange Advanced)] プロパティ ページを表示し、[Exchange の詳細(Exchange Advanced)] タブの [Exchange のアドレス リストから非表示(Hide From Exchange Address Lists)] チェックボックスをオンにします。

連絡先を Outlook のアドレス帳に表示する方法の変更

連絡先を Outlook のアドレス帳にまったく表示しない方法の代替方法として、ユーザが連絡先とユーザ アカウントを区別できるように、連絡先の表示名を変更できます。たとえば、各 AMIS ユーザの表示名に「 - Voice mail」を付加できます。そうすると、名前は、Outlook のアドレス帳に次のように表示されます。

Abade, Alex
Abade, Alex - Voice mail
Bader, Kelly
Bader, Kelly - Voice mail
Campbell, Terry
Campbell, Terry - Voice mail
Cho, Li
Cho, Li - Voice mail

この方法では、AMIS ユーザにボイス メッセージを送信する際に、ユーザは適切なアドレスを容易に判別できます。さらに、ユーザが Outlook アドレス帳を使用して、メッセージの宛先を連絡先に指定する際に、そのアドレスが正しい形式であることを確認できます。

Cisco Unity Assistant によるプライベート同報リストへの個別ユーザの追加の禁止

旧ボイス メッセージ システムから Cisco Unity に移行するときに、段階的にユーザを Cisco Unity に移行させることができます。この場合、Cisco Unity は通常のユーザと「外部」ユーザ(Bridge、AMIS、VPIM の連絡先)を同時にサポートします。移行中に、通常のユーザはメッセージを外部ユーザに送信し、外部ユーザをプライベート同報リストに追加できます。

ただし、外部ユーザが通常の Cisco Unity ユーザに変換されると、このユーザはすべてのプライベート同報リストから自動的に削除されます。このとき、プライベート同報リストの所有者には通知されません。この場合、目的の受信者が受信できなくなっていることを認識せずに、プライベート同報リストにメッセージを送信し続ける可能性があります。

必要に応じて、外部ユーザが通常のユーザに変換されたときに、新しく移行されたユーザを既存のプライベート同報リストに再追加するように、Cisco Unity Administrator 管理者がユーザに通知します。移行段階の途中では、Cisco Unity Assistant でユーザをプライベート同報リストに追加できないようにして、少なくとも移行プロセスが完了するまで Cisco Unity 電話メニューでも追加しないように依頼する方法もあります。

Cisco Unity サーバに関連付けられているすべてのユーザが、Cisco Unity Assistant で個別のユーザをプライベート同報リストに追加できないようにするには、次の「ユーザが個別ユーザを Cisco Unity Assistant のプライベート同報リストに追加することを防止するには」の手順に従います。変更が行われたとき、ユーザがメンバーを Cisco Unity Assistant のリストに追加すると、[名前検索(Find Names)] ダイアログボックスは、[ユーザ(Subscribers)] タブを表示しません (ユーザは、同報リストを [同報リスト(Distribution Lists)] タブからユーザのリストに追加し続けられます)。


) この手順では、Cisco Unity 電話メニューを使用して通常のユーザおよび外部ユーザをプライベート同報リストに追加することは禁止されません。また、メッセージの宛先を通常のユーザおよび外部ユーザに指定することも禁止されません。


ユーザが個別ユーザを Cisco Unity Assistant のプライベート同報リストに追加することを防止するには


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、[Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のペインで、[管理ツール(Administrative Tools)] の下の [詳細設定ツール(Advanced Settings Tool)] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity 設定(Unity Settings)] ペインで、[Unity Assistant:プライベート同報リストへのユーザの追加を禁止する(Unity Assistant--Do Not Allow Subscribers to Add Subscribers to Private Lists)] をクリックします。

ステップ 4 [項目の新しい値(New Value)] リストで、[1] をクリックし、[設定(Set)] をクリックします。

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、[OK] をクリックします。

ステップ 6 [終了(Exit)] をクリックします。

変更を有効にするために Cisco Unity を再起動する必要はありません。


 

別のボイス メッセージ システムから Cisco Unity へのユーザ移行

AMIS を使用して、別のボイス メッセージ システムから Cisco Unity に移行する場合、いくつかのツールを使用して、AMIS ユーザ情報から Cisco Unity ユーザを作成できます。

詳細については、次の各項を参照してください。

「ユーザの一括移行」

「1 人ずつユーザを移行」

「ユーザを移行する場合のプライベート同報リストに関する注意事項」

ユーザの一括移行

次に示すのは、一度に複数の AMIS ユーザを Cisco Unity ユーザに移行する、一般的な手順です。詳細については、ツールそれぞれのヘルプ ファイルを参照してください (Cisco Unity サーバの [Tools Depot] アイコンをクリックして、左側のペインで該当するツールをクリックしてヘルプ ファイルを表示します)。

1. 作業を進める前に Cisco Unity サーバのバックアップを作成することを推奨します。

2. リモート システム上のユーザのボイス名が Cisco Unity サーバ(G.711 や G.729a など)で再生可能な標準形式で録音されている場合、WAV ファイルを Cisco Unity サーバにコピーします。Cisco Unity Bulk Import ウィザードがボイス名をインポートします。

3. [Tools Depot] から [ユーザ情報のダンプ(Subscriber Information Dump)] を実行して、AMIS ユーザ情報を CSV ファイルに出力します。

4. Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して Cisco Unity ユーザを作成するときに出力 CSV ファイルを入力ファイルとして使用できるように、必要に応じてこの出力 CSV ファイルを変更します。

5. [Tools Depot] から [Global Subscriber Manager] を実行し、AMIS 配信ロケーションおよび関連付けられた AMIS ユーザと基本の連絡先を削除します。

6. 以前の AMIS ユーザに Active Directory アカウントがない場合、アカウントを作成します。また、以前の AMIS ユーザが電子メール用に Exchange を使用しなかった場合、ユーザ用に Exchange 電子メールボックスを作成します。または、Cisco Unity Bulk Import ウィザードにアカウントおよびメールボックスを作成させることもできます。

7. Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して Cisco Unity ユーザを作成するときに出力 CSV ファイルを入力ファイルとして使用できるように、必要に応じてこの出力 CSV ファイルを変更します。 で準備した入力ファイルを使用して、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行します。

1 人ずつユーザを移行

別のボイス メッセージ システム上のユーザの AMIS ユーザ アカウントをセットアップしてあり、それらのユーザが既存の Exchange 電子メールボックスを持っている場合は、ユーザを Cisco Unity へ移行するときに、ユーザ データの移行ユーティリティを使用できます。ユーザ データの移行ユーティリティは、既存の AMIS ユーザ アカウントからの Cisco Unity 固有のデータ(ボイス名など)を既存のメール ユーザと組み合わせて Cisco Unity ユーザ アカウントを作成します。このユーティリティは次に、AMIS ユーザ アカウントを削除し、関連付けられている Active Directory 連絡先を削除します。

ユーザ データの移行ユーティリティは、Cisco Unity サーバの Tools Depot にあります。詳細については、ユーティリティに付属するヘルプ ファイルを参照してください。

ユーザを移行する場合のプライベート同報リストに関する注意事項

AMIS ユーザを移行する場合は、プライベート同報リストのメンバーシップに次のような影響が発生する可能性があることを Cisco Unity ユーザに通知するよう考慮してください。

配信ロケーションを削除すると、ブラインド アドレスがすべてのプライベート同報リストから削除されます。

AMIS ユーザが通常のユーザになると、その AMIS ユーザはすべてのプライベート同報リストから削除されます。

ネットワーク接続された Cisco Unity サーバの考慮事項

複数の Cisco Unity サーバがネットワーク接続された組織では、ユーザが AMIS 配信ロケーション(ブラインド アドレッシングを使用)または AMIS ユーザにメッセージを宛先指定すると、AMIS 送信は、AMIS 配信ロケーションが作成された Cisco Unity サーバから発信されます (AMIS ユーザは、常に関連 AMIS 配信ロケーションと同じ Cisco Unity サーバに作成されます)。

ユーザがリモート ボイス メッセージ システム上の人にメッセージを宛先指定すると、Voice Connector は、宛先指定された AMIS 配信ロケーションが作成された Cisco Unity サーバに関連付けられた UAmis メールボックスにメッセージを送信します。関連する Cisco Unity サーバ上の AMIS スケジュールおよび AMIS 配信オプションが適用されます。

ネットワーク内の Cisco Unity サーバの 1 つだけに、AMIS 用のライセンスがあり、AMIS 用に設定されている必要があります。プライマリ ロケーション宛先オプションで許可されている場合、どの Cisco Unity サーバと関連付けられていようと、すべてのユーザは、AMIS 配信ロケーションまたは AMIS ユーザにメッセージを送信できます。AMIS 用に設定されている Cisco Unity サーバは、ネットワーク内の他の Cisco Unity サーバ用の AMIS「ブリッジヘッド」サーバとして動作します。たとえば、図 5-1 では、ネットワークに 3 つの Cisco Unity サーバがあるが、Unity 2 だけが AMIS 用のライセンスがあり、AMIS 用に設定されたサーバです。Unity 2 がすべての AMIS コールを行い、受信します。したがって、どの Cisco Unity サーバがユーザと関連付けられていようと、ユーザが他のボイス メッセージ システム上の人にメッセージを送信すると、メッセージは Unity 2 に関連付けられた UAmis メールボックスに転送されます。このメールボックスは、Unity 2 の設定中に [メッセージ ストア コンフィギュレーション(Message Store Configuration)] ウィザードで選択された Exchange サーバにあります。

図 5-1 AMIS ブリッジヘッド設定

 

設計の考慮事項

AMIS コールは、AMIS 配信ロケーションが作成された Cisco Unity サーバで行われ、応答されるため、必要に応じて、ご使用の Cisco Unity サーバを設定して AMIS トラフィックを処理できます。

ネットワーク内の 1 つの Cisco Unity サーバを指定することにより、ブリッジヘッド トポロジを設定して、AMIS コールの送受信を処理できます。図 5-1 を参照してください。

発信 AMIS メッセージは AMIS 配信ロケーションが作成された Cisco Unity サーバから発信されるということを思い出してください。1 つの Cisco Unity サーバで処理するには AMIS トラフィックが多すぎる場合、複数の AMIS ブリッジヘッド サーバを設定して、負荷を均等化できます この場合、どの AMIS 配信ロケーションおよび AMIS ユーザを 各 Cisco Unity サーバに作成し、マッピングの記録を保持するかを決定する必要があります。

たとえば、2 つの AMIS ブリッジヘッド サーバ(ブリッジヘッド A とブリッジヘッド B)があり、ロンドン、パリ、グースクリーク、モンクスコーナーと呼ばれる 4 つの AMIS 配信ロケーションがあると仮定します。ロンドンおよびパリの配信ロケーションへのメッセージ配信が多く、グースクリークおよびモンクスコーナーの配信ロケーションへのメッセージ配信はあまり多くないと予想しています。ブリッジヘッド A にロンドンとグースクリークの配信ロケーションを作成し、ブリッジヘッド B にパリとモンクスコーナーの配信ロケーションを作成して負荷を均等化できます。こうすることにより、1 つのブリッジヘッド サーバがメッセージのすべてを配信しようとするのではなく、トラフィックの多い 2 つの AMIS ロケーションの AMIS トラフィックが 2 つのブリッジヘッド サーバに分割されます。

Cisco Unity サーバが国または世界中のさまざまな地域に配置されている組織では、コストが最も安いルーティング トポロジを設定して、AMIS 送信に関する長距離電話料金を最小化または回避することが可能な場合があります。

たとえば、Cisco Unity サーバがシカゴとニューヨークにあり、さらに別のボイス メッセージ システムがニューヨークにあり、ここにシカゴのユーザがメッセージを送信することを想定します。シカゴのユーザがニューヨークのリモート ボイス メッセージ システムを使用している個人にメッセージを送信するときに長距離電話料金を回避するには、AMIS 配信ロケーション(およびオプションで AMIS ユーザ)をニューヨークの Cisco Unity サーバに作成します。シカゴの Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザがニューヨークの AMIS ユーザにメッセージを宛先指定すると、メッセージは、最初に Exchange および Voice Connector によってニューヨークの Cisco Unity サーバに関連付けられている UAmis メールボックスに配信されます。その後ニューヨークの Cisco Unity サーバが、ローカル番号にダイヤルして、このメッセージをリモート ボイス メッセージ システムに配信し、長距離電話料金が回避されます。

Cisco Unity 8.x の AMIS ネットワークのメンテナンス

この項では、AMIS ネットワーク設定を保持するために実行する必要があるさまざまなタスクに関して説明します。詳細については、次の各項を参照してください。

「AMIS メッセージのトラフィックの監視」

「UAmis メールボックスの移動」

AMIS メッセージのトラフィックの監視

Cisco Unity は、AMIS 送信および UAmis メールボックスを監視し、エラー イベントを Windows Application Event ログにログします。配信できない発信メッセージは、送信者に戻されるか、または Cisco Unity が送信者を判別できない場合、宛先不明メッセージのパブリック同報リストに送信されます。

AMIS コール中に送信されるプッシュホンに関する詳細については、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_white_papers_list.html にある『 AMIS Analog Networking Definitions 』ホワイト ペーパーを参照してください。AMIS コール中に転送される DTMF を表示するには、Cisco Unity 診断ツールを使用して、[micro trace 28 AMIS Frames in the Conv AMIS] セクションを有効にします。[Tools Depot] の [スイッチ連動ツール(Switch Integration Tools)] セクションにある [ポート ステータス モニタ(Port Status Monitor)] を使用して、呼び出しの進捗を観察し、[Tools Depot] の [レポート ツール(Reporting Tools)] セクションにある [Port Usage Analyzer] を使用して、ポートの使用状況を監視することも可能です。

Cisco Unity は、AMIS メッセージのトラフィックに関するレポートも提供します。詳細については、『 Maintenance Guide for Cisco Unity 』の「Reports」の章の「AMIS Out Traffic Report」の項および「AMIS In Traffic Report」の項を参照してください (『 Maintenance Guide for Cisco Unity 』は、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手できます)。

Cisco Unity は、UAmis メールボックスを監視しますが、UAmis メールボックスを定期的に確認して、メッセージがタイムリーに送信されていることを確認できます。たとえば、AMIS スケジュールが非アクティブになるとき送信されるメッセージがまだある場合、これらのメッセージは、AMIS スケジュールが再びアクティブになるまで UAmis メールボックスに留まります。メッセージが UAmis メールボックスに残されることが多い場合、AMIS スケジュールを調整するか、または発信 AMIS コールに指定するボイス ポートを増やす必要があります。発信メッセージの配信の問題をトラブルシューティングする場合、UAmis メールボックスにアクセスする必要もあります。

Microsoft Outlook を使用して UAmis メールボックスにアクセスするために、次の「UAmis メールボックスをユーザ プロファイルに追加するには」の手順を実行して、UAmis メールボックスを Exchange の管理権限を持つ人のユーザ プロファイルに追加します。詳細については、Outlook のドキュメントを参照してください。

UAmis メールボックスをユーザ プロファイルに追加するには


ステップ 1 [Microsoft Outlook] を起動します。

ステップ 2 [ツール(Tools)] メニューで [サービス(Services)] をクリックします。

ステップ 3 [サービス(Services)] タブの [次の情報サービスはこのプロファイルで設定されています(The Following Information Services Are Set Up in This Profile)] フィールドで、[Microsoft Exchange Server] をクリックします。

ステップ 4 [プロパティ(Properties)] をクリックします。

ステップ 5 [詳細(Advanced)] タブで、[追加(Add)] をクリックします。

ステップ 6 [メールボックスの追加(Add Mailbox)] ボックスに、 UAmis を入力します。

ステップ 7 [OK] を 3 回クリックして、ダイアログボックスを閉じます。


 

UAmis メールボックスの移動

UAmis メールボックスの移動に関する詳細については、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html にある『 Maintenance Guide for Cisco Unity 』の「Cisco Unity Data and Log Files」の章の「UAmis Mailbox」の項を参照してください。

Cisco Unity 8.x の AMIS ネットワークのトラブルシューティング

AMIS メッセージの問題のトラブルシューティングに関する詳細については、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/troubleshooting/guide/8xcutsgx.html にある『 Troubleshooting Guide for Cisco Unity Release 8.x 』の次の各項を参照してください。

「Diagnostic Trace Utilities and Logs in Cisco Unity 8.x」 の章:

「AMIS Diagnostic Traces」

「Cisco Unity Voice Connector Logs」

「Troubleshooting Networking in Cisco Unity 8.x」 の章:

「AMIS Networking in Cisco Unity 8.x」

AMIS コール中に送信されるプッシュホンに関する詳細については、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_white_papers_list.html にある『 AMIS Analog Networking Definitions 』ホワイト ペーパーを参照してください。

[Tools Depot] の [スイッチ連動ツール(Switch Integration Tools)] セクションにある [ポート ステータス モニタ(Port Status Monitor)] を使用して、呼び出しの進捗を観察し、[Tools Depot] の [レポート ツール(Reporting Tools)] セクションにある [Port Usage Analyzer] を使用して、ポートの使用状況を監視できます。

Cisco Unity 8.x の AMIS ネットワークの注意が必要な動作

この項では、AMIS ネットワークの注意が必要な動作について説明します。詳細については、次の各項を参照してください。

「受信メッセージがプライマリ内線番号だけに配信される」

「受信検索範囲」

「その他の言語での Voice Connector 設定プログラムの実行」

受信メッセージがプライマリ内線番号だけに配信される

メッセージを Cisco Unity ユーザに宛先指定するとき、リモート ボイス メッセージ システム上のユーザは、Cisco Unity ユーザのプライマリ内線番号を使用する必要があります。代行内線番号はサポートされません。Cisco Unity ユーザの代行内線番号を使用してメッセージを送信すると、発信者は NDR を受け取ります。

Cisco Unity は、リモート ボイスメール システムから Cisco Unity パブリック同報リスト、コール ハンドラ、インタビュー ハンドラに送信されたメッセージは受け取りません。Cisco Unity は、リモート ボイスメール システムからユーザのプライマリ内線番号に送信されたメッセージだけを受け取ります。

Cisco Unity ユーザの番号計画を設計するときは、リモート ボイスメール システムから内線番号を宛先に指定されるすべての Cisco Unity ユーザに対して、プライマリ内線番号を必ず設定してください。必要なその他の内線番号はすべて、代行内線番号として設定します。Cisco Unity のその他のすべての機能は、代行内線番号を使用できます。

受信検索範囲

ネットワーク接続されている複数の Cisco Unity サーバでインストールする場合、別の AMIS 準拠のボイス メッセージ システムから送信される受信メッセージの一致するユーザ内線番号の検索範囲は、Cisco Unity Administrator のプライマリ ロケーション宛先指定オプションで制御されます。受信 AMIS メッセージの検索範囲は、ローカル Cisco Unity サーバ、ローカル Cisco Unity サーバがメンバーであるダイヤル ドメイン、またはグローバル ディレクトリ全体に設定できます。ユーザ内線番号だけが検索されることに注意してください。AMIS 着信メッセージは、同報リストに配信できません。

その他の言語での Voice Connector 設定プログラムの実行

Voice Connector インストール プログラムでは、インストールで使用する言語の選択肢が表示されず、常に英語でインストールされます。英語の代わりにローカライズされたバージョン(フランス語、ドイツ語、または日本語)のいずれかを使用して Voice Connector インストール プログラムを実行するには、次の「その他の言語で Voice Connector 設定プログラムを実行するには」の手順を実行します。


注意 Exchange 2007 サーバへの Voice Connector のインストールはサポートされていません。

その他の言語で Voice Connector 設定プログラムを実行するには


ステップ 1 Cisco Unity のインストール DVD または CD 1 から、VoiceConnector-Ex2000 全体をハード ディスクにコピーします。

ステップ 2 このローカル ディレクトリの中で、 LocalizedFiles¥ENU ディレクトリを参照します。

ステップ 3 CiscoUnity_VoiceConnector.dll ファイルと SetupRes.dll ファイルの名前を変更します (たとえば、CiscoUnity_VoiceConnector_ENU.dll ファイルと SetupRes_ENU.dll ファイルに名前を変更します)。

ステップ 4 CiscoUnity_VoiceConnector.dll ファイルと SetupRes.dll ファイルを LocalizedFiles¥<XXX> ディレクトリから Localized¥ENU ディレクトリにコピーします。ここで、<XXX> は、選択した言語です。

ステップ 5 Install.exe を、ハード ディスク上の VoiceConnector-Ex2000 ディレクトリから実行します。選択した言語でインストール プログラムが表示されます。


) その言語で表示されるのは、インストール プログラムだけです。現時点では、イベント ログのメッセージ、ログ、プロパティ、およびコンフィギュレーション設定はローカライズされていません。