Cisco Unity のネットワーク機能 Microsoft Exchange版 Release 5.x
AMIS ネットワーク
AMIS ネットワーク
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

AMIS ネットワーク

概要:AMIS

AMIS を使用するための のセットアップ

前提条件

および Cisco ゲートウェイに対して AMIS を展開する場合の注意事項

タスクリスト:AMIS を使用するための のセットアップ

AMIS を使用するための のセットアップ手順

Voice Connector for AMIS ネットワークのセットアップ

Voice Connector for Exchange 2000 のセットアップ

送信できないメッセージに対する処理の制御

UAmis アカウントの作成

発信 AMIS 呼び出し用のボイス ポートの指定

AMIS 発信オプションの設定

AMIS 規制テーブルのカスタマイズ

AMIS スケジュールのセットアップ

プライマリ ロケーションのカスタマイズ

AMIS 配信ロケーションの作成

を使用した AMIS 配信ロケーションの作成

ウィザードを使用した AMIS 配信ロケーションの作成

ウィザードによる既存の配信ロケーションの変更

AMIS ユーザの作成

AMIS ユーザ アカウントの作成前に考慮する事項

ウィザードを使用した複数の AMIS ユーザ アカウントの作成

CSV インポート エラーの修正

を使用した AMIS ユーザ アカウントの作成

AMIS ユーザ アカウントの作成後に考慮する事項

認識されたユーザ メッセージの対象に AMIS ユーザを含めるための拡張

複数の サーバがデジタル ネットワークでネットワーク構成されているインストレーション

単一サーバのインストレーション

ユーザのインポートに使用する Active Directory コンテナに対する権限の設定

認識されたユーザ メッセージの有効化

認識されたユーザ メッセージの拡張

AMIS ユーザに対するクロスサーバ転送の有効化

AMIS の概念と定義

AMIS の概要

ポート使用状況とスケジュール

UAmis アカウント

ボイス コネクタと AMIS ネットワーク

ロケーションと AMIS ネットワーク

メッセージの宛先オプション

メッセージの宛先指定の制限

ブラインド アドレスと AMIS ネットワーク

AMIS ユーザ

AMIS ユーザを使用するユーザの状況

認識されたユーザ メッセージ

AMIS ユーザへの Live Reply

AMIS ユーザの削除

内線アドレス

Outlook アドレス帳における AMIS ユーザの表示方法の決定

Outlook アドレス帳で連絡先を非表示

Outlook アドレス帳における連絡先の表示方法の変更

でプライベート同報リストにユーザが個々のユーザを追加することの防止

別のボイス メッセージ システムから へのユーザ移行

一度に複数のユーザを移行

一人ずつユーザを移行

ユーザを移行する場合のプライベート同報リストに関する注意事項

ネットワークを構成している サーバでの注意事項

設計上の注意

メンテナンス

AMIS メッセージ トラフィックの監視

UAmis メールボックスの移動

トラブルシューティング

動作についての情報

着信メッセージが主要内線番号のみに着信

受信の検索スコープ

英語以外の言語によるボイス コネクタ セットアップ プログラムの実行

AMIS ネットワーク

概要:AMIS

Cisco Unity は、Audio Messaging Interchange Specification アナログ(AMIS-a)プロトコルをサポートしています。このプロトコルは、異なるボイス メッセージ システム間でボイス メッセージを転送するメカニズムです。

AMIS ネットワークはシステム ライセンスです。複数の Cisco Unity サーバが Cisco Unity デジタル ネットワークを使用してネットワークを構成している(したがって、各サーバは同じディレクトリ内のユーザ データにアクセスする)組織では、AMIS ネットワーク用にライセンスおよび設定される必要があるデジタル ネットワーク内のサーバは 1 台だけです。AMIS ネットワーク用に設定されている Cisco Unity サーバは、ブリッジヘッド サーバと呼ばれます。Cisco Unity の各機能におけるライセンス取得の詳細については、該当する White Paper『 Licensing for Cisco Unity 』を参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_white_papers_list.html から入手可能です。

AMIS ネットワークを使用するには、Cisco Unity Permissions ウィザードの実行時に適切なオプションを選択する必要があります。詳細については、Cisco Unity サーバ上の Tools Depot にある Permissions ウィザードのヘルプを参照してください。

この章では、AMIS ネットワークをセットアップする手順を紹介し、理解しておく必要のある概念と用語について引き続き詳しく説明します。次の各項を参照してください。

「AMIS を使用するための Cisco Unity のセットアップ」:この項では、AMIS ネットワークをセットアップするための前提条件と考慮事項について説明し、セットアップを完了するために必要なタスク全体の概要と、実施する順序について説明します。

「AMIS を使用するための Cisco Unity のセットアップ手順」:この項では、AMIS を使用するように Cisco Unity をセットアップするために必要なすべての手順をステップごとに説明します。

「AMIS の概念と定義」:この項では、AMIS の概念について詳しく説明します。この項は、セットアップ手順を実施する前に必ず読んでください。

「メンテナンス」:この項では、システム アクティビティの監視について説明します。

「トラブルシューティング」:この項には、トラブルシューティング情報へのリンクがあります。

「動作についての情報」:この項では、AMIS ネットワークに関連する、知っておくべき動作の情報について説明します。

AMIS を使用するための Cisco Unity のセットアップ

次の各項を参照してください。

「前提条件」

「Cisco Unified Communications Manager および Cisco ゲートウェイに対して AMIS を展開する場合の注意事項」

「タスクリスト:AMIS を使用するための Cisco Unity のセットアップ」

前提条件

セットアップを開始する前に、次の前提条件が満たされていることを確認してください。

Cisco Unity がすでにサーバにインストールされており、それらのサーバがインストレーションに合せてネットワーク接続されている。

AMIS ライセンスのライセンス ファイルを取得し、Cisco Unity ブリッジヘッド サーバにインストールしてある。

Cisco Unity が、『 Networking Options Requirements for Cisco Unity 』の「AMIS Networking Requirements」の項に記載されている要件を満たしている。このマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_installation_guides_list.html から入手可能です。

Cisco Unity とともにネットワークを構成するボイス メッセージ システムが、『 Cisco Unity サポートされるハードウェアとソフトウェアおよびサポート ポリシー 』の「AMIS ボイス メッセージ システムについてのサポート ポリシー」の項に記載されている要件を満たしている。このマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_installation_guides_list.html から入手可能です。

通話が、Cisco Unity 着信サービスによって開始グリーティングなどのコール ハンドラにルーティングされる(これは、Cisco Unity が最初にインストールされたときのデフォルトです)。

複数の Cisco Unity サーバが同じディレクトリにアクセスするインストレーションでは、最初に 「デジタル ネットワーク」 の章の説明に従って各サーバをデジタル ネットワーク用にセットアップしてから、AMIS ネットワークをセットアップする必要があります。Cisco Unity サーバをデジタル ネットワーク用にセットアップした後、次の設定を確認します。

ネットワークを構成しているすべてのサーバの宛先の検索スコープが、ダイヤル ドメインとグローバル ディレクトリのいずれかに設定されており、どのサーバに関連付けられている Cisco Unity ユーザも、AMIS 配信ロケーションか AMIS ユーザ、またはその両方にメッセージを送信できる状態になっていることを確認します。詳細については、「宛先の検索スコープの設定」を参照してください。

外部の発信者が自動受付(たとえば、開始グリーティング)または宛先検索サービスから AMIS ユーザに到達できるようにする場合は、次のようにします。

AMIS ユーザを作成する Cisco Unity サーバが、外部の発信者が呼び出す Cisco Unity サーバと同じダイヤル ドメインに存在することを確認します。ダイヤル ドメインの作成方法の詳細については、「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」を、また、背景情報については「ダイヤル ドメイン」を参照してください。

自動受付およびディレクトリ ハンドラの検索スコープが、ダイヤル ドメイン スコープに設定されていることを確認します。「ディレクトリ ハンドラの検索スコープの設定」、および 「自動受付の検索スコープの設定」を参照してください。

Cisco Unified Communications Manager および Cisco ゲートウェイに対して AMIS を展開する場合の注意事項

Cisco Unified Communications Manager(CM)(旧名称 Cisco Unified CallManager)の環境で AMIS コールが 1 つ以上の Cisco ゲートウェイまたはルータを通過する可能性がある場合、お客様(またはシステム連動を担当するパートナー)は、製品を展開する前に、そのゲートウェイと Cisco Unity との相互運用性をテストしておくことをお勧めします。AMIS を展開する場合は次の点を考慮してください。

自動転送、コール ウェイティング、またはその他のトーンは、DTMF シーケンスの転送を妨げる場合があります。

Cisco Unified CM およびゲートウェイに適用可能であれば、DTMF 期間と桁間タイミングを 100 ミリ秒に設定します。

タスクリスト:AMIS を使用するための Cisco Unity のセットアップ

このタスク リストを使用して、AMIS を使用するように Cisco Unity をセットアップします。次の参照先により、セットアップの手順の詳細を示します。

1. ボイス コネクタを Exchange サーバにインストールします。「Voice Connector for AMIS ネットワークのセットアップ」を参照してください。

AMIS 用にライセンスされた各 Cisco Unity サーバで、次のタスクを行います。

2. Cisco Unity のインストール中、Cisco Unity Permissions ウィザードを実行してインストール アカウントとサービス アカウントに必要な権限を付与したときに、[ボイス メッセージの相互接続使用の選択]ページの[AMIS、Cisco Unity Bridge、また VPIM に必要な許可を設定する。]チェックボックスをオンにしなかった場合は、次の手順を実行します。

a. 次のアカウントを使用して、AMIS 用にライセンスされた Cisco Unity サーバにログオンします。

Cisco Unity サーバが属するドメインの Domain Admins グループのメンバーであるアカウント、または Domain Admins グループのデフォルト権限と同等の権限を持つアカウント。

Exchange Full 管理者のアカウント、または Cisco Unity ユーザのインポート元となるドメインをすべて含むドメインの Domain Admins グループのメンバーであるアカウント。

b. Permissions ウィザードを再実行し、[ボイス メッセージの相互接続使用の選択]ページが表示されるまで、画面上のプロンプトに従います。

c. [AMIS、Cisco Unity Bridge、また VPIM に必要な許可を設定する。]チェックボックスをオンにします。

d. 画面上のプロンプトに従って Permissions ウィザードを完了します。

e. AMIS 用にライセンスされた Cisco Unity サーバが複数ある場合は、AMIS 用にライセンスされた各サーバで、ステップ a. ~ステップ d. を繰り返します。

Permissions ウィザードの実行に関する詳細については、Permissions ウィザードがインストールされたディレクトリにある Permissions ウィザードのヘルプ(PWHelp_<言語>.htm)を参照してください。

チェックボックスをオンにしたかどうかが不明な場合は、Permissions ウィザードをレポート モードで実行します。詳細については、Permissions ウィザードがインストールされたディレクトリにあるレポート モードのヘルプ(PWReportHelp_<言語>.htm)を参照してください。

3. UAmis アカウントを作成します。「UAmis アカウントの作成」を参照してください。

4. 発信 AMIS 呼び出し用のボイス ポートを指定します。「発信 AMIS 呼び出し用のボイス ポートの指定」を参照してください。

5. AMIS 発信オプションを設定します。「AMIS 発信オプションの設定」を参照してください。

6. 必要に応じて、AMIS 規制テーブルをカスタマイズします。「AMIS 規制テーブルのカスタマイズ」を参照してください。

7. AMIS スケジュールをセットアップします。「AMIS スケジュールのセットアップ」を参照してください。

8. プライマリ ロケーション プロファイル設定をカスタマイズします。「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」を参照してください。

9. 各リモート ボイス メッセージ システム用に配信ロケーションを作成します。「AMIS 配信ロケーションの作成」を参照してください。

10. オプションで、AMIS ユーザを作成します。「AMIS ユーザの作成」を参照してください。

11. オプションで、認識されたユーザ メッセージの対象に AMIS ユーザを含めます。「認識されたユーザ メッセージの対象に AMIS ユーザを含めるための拡張」を参照してください。

12. オプションで、AMIS ユーザに対してクロスサーバ転送を有効にします。「AMIS ユーザに対するクロスサーバ転送の有効化」を参照してください。

次の手順に従ってセットアップを終了します。

13. 他のボイス メッセージ システムを AMIS 用にセットアップします。他のボイス メッセージ システムには、Cisco Unity にダイヤルするための番号とプライマリ ロケーションに入力したノード ID が必要です。

14. セットアップをテストして、Cisco Unity が他のボイス メッセージ システムとメッセージを交換できることを確認します。オプションで、Unity Diagnostic Tool(Windows の[スタート]メニューで[プログラム]>[Unity] >[Unity Diagnostic Tool]をクリックします)の「Basic incoming and outgoing AMIS message」というマクロ トレースを設定すると、Cisco Unity が AMIS メッセージを送受信できることを確認できます。

AMIS を使用するための Cisco Unity のセットアップ手順

この項では、AMIS を使用するように Cisco Unity をセットアップするために必要なすべての手順について説明します。手順を実行する順序については、「タスクリスト:AMIS を使用するための Cisco Unity のセットアップ」を参照してください。

Voice Connector for AMIS ネットワークのセットアップ

Cisco Unity DVD 1 および CD 1 には、ボイス コネクタ インストール プログラムが格納されています。Voice Connector for Exchange 2000 バージョン 11.0(1) 以降は、Exchange 2000 サーバまたは Exchange 2003 サーバにインストールすることができます。

ボイス コネクタ インストール プログラムでは、インストレーション用の言語を選択するプロンプトは表示されず、常に英語でインストールが行われます。英語でなく、ローカライズされたバージョン(FRA、DEU、または JPN)のいずれかを使用してボイス コネクタ インストール プログラムを実行するには、「英語以外の言語によるボイス コネクタ セットアップ プログラムの実行」を参照してください。

Voice Connector for Exchange 2000 のセットアップ

ボイス コネクタは、Exchange クラスタの要素でない Exchange 2000 または Exchange 2003 のサーバにインストールしてください(Microsoft は、Exchange クラスタ サーバ上のサード パーティ コネクタをサポートしていません)。ボイス コネクタは Cisco Unity サーバにインストールすることもできますが(Exchange もそのサーバにインストールされている場合)、パフォーマンス上の理由により推奨しません。


注意 ボイス コネクタを Exchange 2007 サーバにインストールすることはサポートされていません。

ボイス コネクタをインストールする Exchange サーバが、Cisco Unity ユーザのホームである Exchange サーバと異なるルーティング グループに属している場合は、それらのルーティング グループ間にルーティング グループ コネクタを設定する必要があります。

ボイス コネクタ サービスは、ボイス コネクタがインストールされている Exchange サーバに関連付けられたアカウント(「ローカル システム」アカウントと呼ばれる場合があります)としてログオンするように自動的に設定されます。サービスがログオンするアカウントは変更しないでください。


注意 ローカル システム アカウントのデフォルト権限は変更しないでください。また、Exchange のインストール時に Exchange 管理グループに付与された権限は変更しないでください。ボイス コネクタはそのアカウントを使用してログオンします。権限を変更すると、ボイス コネクタが正常に機能しない場合があります。

次の手順は、Cisco Unity 5.0(1) に付属しているボイス コネクタ バージョン 12.0(1) のインストール手順です。最初に、ボイス コネクタの最新バージョンが存在するかどうかを確認し、存在する場合はそのバージョンをインストールすることをお勧めします。該当するバージョンのリリース ノートに記載されているインストール手順に従います。最新バージョンが存在するかどうかを確認するには、 http://www.cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/unity-voice-connector にある Cisco Unity Voice Connector for Exchange ソフトウェアのダウンロード ページに移動します。

Voice Connector for Exchange 2000 をインストールする

ボイス コネクタをインストールする前に、必ず Exchange サーバをバックアップします。


ステップ 1 以前のバージョンのボイス コネクタをアンインストールします。「Cisco Unity ボイス コネクタのアンインストール」を参照してください。

ステップ 2 ボイス コネクタをインストールする Exchange サーバにログオンします。

ステップ 3 Exchange サーバ上のすべてのウィルス スキャン サービスを無効にします。

ステップ 4 ボイス コネクタをインストールするサーバ上に Cisco Unity がインストールされている場合は、Cisco Security Agent サービスを無効にします。

ステップ 5 ボイス コネクタを Cisco Unity DVD 1 からインストールする場合は、コンピュータにディスクを挿入し、 VoiceConnector-Ex2000 ディレクトリを参照します。

ボイス コネクタのファイルを Software Center の Web サイトから ダウンロードした場合は、ファイルを抽出したディレクトリを参照してください。

ステップ 6 Install.exe をダブルクリックし、 [Next] をクリックします。

ステップ 7 [Voice Connector Setup Wizard Select Components]ダイアログボックスの [Voice Connector for Exchange] チェックボックスをオンにします。

ステップ 8 Secure Messaging をセットアップする場合、Cisco Unity が Exchange サーバにインストールされていないときは、 [Cisco Secure Messaging Service] チェックボックスをオンにします。

ステップ 9 [Next] をクリックします。

ステップ 10 [Welcome]画面で、 [Next] をクリックします。

ステップ 11 [Confirm SMTP Pickup Directory]画面で、 [Next] をクリックします。

ステップ 12 [Address Types]ダイアログボックスの [AMIS] チェックボックスをオンにします。

ステップ 13 他のネットワーク オプションを使用するようにシステムをセットアップする場合は、該当するアドレス タイプのチェックボックスをオンにします。


) VPIM ネットワークをセットアップする場合は、Transport Event Sink のインストールも必要です。


ステップ 14 [Next] をクリックします。

ステップ 15 [Confirm Directory]ダイアログボックスの [Next] をクリックして、セットアップを開始します。

ステップ 16 ステップ 8 で[Cisco Secure Messaging Service]チェックボックスをオンにしなかった場合は、ステップ 17 に進みます。そのチェックボックスをオンにした場合は、Cisco Unity Secure Messaging Service Setup ウィザードで次のサブステップを実行します。

a. [Welcome]画面で、 [Next] をクリックします。

b. [Choose Destination Folder]ダイアログボックスで、インストール先を指定し、 [Next] をクリックします。

c. オプションで、[Message Security Settings]画面で、 [Enable Message Aging] チェックボックスをオンにし、暗号化メッセージを使用可能にする日数を入力します(チェックボックスがオフの場合、Cisco Unity は、暗号化メッセージが使用可能になる日数を制限しません)。

d. [Next] をクリックします。

e. [Ready to Install Software]画面で、 [Install] をクリックします。

ステップ 17 セットアップが完了したら、 [Finish] をクリックし、セットアップを終了してサーバを再起動します。

ステップ 18 ウィルス スキャン サービスおよび Cisco Security Agent サービスがある場合は、それらを有効にします。


 

ボイス コネクタのプロパティを Exchange システム マネージャで表示するには、Microsoft Windows Script Host バージョン 5.6 以上を Exchange サーバにインストールする必要があります。「Microsoft Windows Script Host を更新するかどうかを判別する」の手順に進みます(また、Exchange サーバで以前のバージョンの Windows Script Host を使用している場合、ボイス コネクタは正常に動作しますが、Exchange システム マネージャでボイス コネクタのプロパティを表示できないことに注意してください)。

Microsoft Windows Script Host を更新するかどうかを判別する


ステップ 1 ボイス コネクタがインストールされている Exchange サーバ上で、 Winnt\system32 フォルダを参照します。

ステップ 2 Wshom.ocx ファイルを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

ステップ 3 [バージョン] タブをクリックします。

ステップ 4 アイテム名リストから [製品バージョン] をクリックすると、[値]ボックスにバージョンが表示されます。

5.6 より前のバージョンの場合、Windows Script Host を更新すると、ボイス コネクタのプロパティが Exchange システム マネージャで表示されるようになります(Microsoft Web サイトのダウンロード ページに移動し、Windows Script Host をキーワードとして検索します。インストール手順に従います)。


 

Voice Connector for Exchange 2000 のインストールを確認する

Voice Connector for Exchange 2000 が正しくインストールされたことを確認するには、ボイス コネクタ サービスが実行されていることと、ボイス コネクタのメールボックスが作成されていることを確認します。


ステップ 1 ボイス コネクタをインストールした Exchange サーバで[サービス]アプレットを開きます(Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[管理ツール]>[サービス] をクリックします)。

ステップ 2 Exchange 2000 Voice Connector (<サーバ名>) サービスの[状態]が [開始] に、[スタートアップの種類]が [自動] にそれぞれ設定されていることを確認します。

ステップ 3 [サービス] アプレットを終了します。

ステップ 4 ボイス コネクタをインストールした Exchange サーバで Exchange システム マネージャを開きます(Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[Microsoft Exchange]>[システム マネージャ] をクリックします)。

ステップ 5 左側のウィンドウのツリーで、 [サーバ] コンテナを展開します。ツリーの一番上にある組織のプロパティが、ツリーの中に管理グループを表示するように設定されている場合、[サーバ]コンテナは管理グループ コンテナの中でネストされています。

ステップ 6 [サーバ]コンテナ内で、ボイス コネクタをインストールしたサーバの <サーバ名>\<ストレージ グループ>\メールボックスストア(<サーバ名>) コンテナを展開します。

ステップ 7 展開されたツリー内にある [メールボックス] をクリックします。

右側のウィンドウに「Exchange 2000 Voice Connector(<サーバ名>)」または「AvExchangeIVC_<サーバ名>」のメールボックスが表示されます。この名前は、クリーンアップ エージェントを実行すると、「AvExchangeIVC_<サーバ名>」から「Exchange 2000 Voice Connector(<サーバ名>)」に変わります。

ステップ 8 Exchange システム マネージャを終了します。


 

送信できないメッセージに対する処理の制御

ボイス コネクタは、特定のメッセージを送信できない場合、その送信者情報が不完全または不正確であるためにメッセージの送信者に Nondelivery Receipt(NDR; 不達確認)を送信できないときは、メッセージをボイス コネクタのメールボックスにある Archive フォルダに保存します。Archive フォルダにアクセスするには、Microsoft から入手できるツールを使用する必要があります。アーカイブ保存されたメッセージに対する別の制御が必要な場合は、レジストリに AliasToForwardBadMailsTo の値または DeleteArchiveFolderMessages の値を追加します(どちらか一方のみ)。

AliasToForwardBadMailsTo レジストリ値を追加し、値をユーザまたは同報リストの SMTP アドレスに設定した場合、ボイス コネクタが問題のあるメッセージを検出すると、メッセージに関する情報が、Archive フォルダに保存されずに指定のアドレスに送信されます。問題のある AMIS メッセージが検出された場合、ボイス コネクタが指定のユーザ(または同報リスト)に送信する情報メッセージには、問題のあるメッセージの MIME ヘッダーがテキスト添付ファイルとして格納されます。MIME ヘッダーには「To」アドレスと「From」アドレスが含まれています。これらのアドレスは、問題のトラブルシューティングに役立ちます。

DeleteArchiveFolderMessages レジストリ値を追加し、値を 1 に設定した場合、ボイス コネクタは問題のあるメッセージを引き続き Archive フォルダに保存しますが、定期的に Archive フォルダ内のメッセージを自動的に削除します。

メッセージが Archive フォルダに保存された場合や、AliasToForwardBadMailsTo レジストリ値で指定されたアドレスに送信された場合は、ボイス コネクタのログ ファイルにエントリが作成されます(情報がログに記録されるのは、ボイス コネクタのプロパティがデフォルトまたはそれ以上のログレベルに設定されている場合です)。ボイス コネクタのログは、ボイス コネクタがインストールされている Exchange サーバの <ExchangeServerPath>\VoiceGateway\LogFiles ディレクトリにあります。ファイル名の形式は、GwIvc_<YyMmDd >.log(Yy は年、Mm は月、Dd は日)です。

レジストリ値を追加するには、次の手順を実行します。

送信できないメッセージに対する処理を制御する


ステップ 1 ボイス コネクタがインストールされている Exchange サーバで、Regedit を起動します。


注意 間違ったレジストリ キーの変更、または間違った値の入力によって、サーバが正しく動作しなくなることがあります。レジストリを編集する前に、問題が発生した場合にレジストリを復旧する方法を確認してください(レジストリ エディタのヘルプの「復元」トピックを参照してください)。レジストリ キーの設定の変更について質問がある場合は、Cisco TAC に連絡してください。

ステップ 2 現在のレジストリのバックアップがない場合は、[レジストリ]>[レジストリ ファイルの書き出し]をクリックして、レジストリ設定をファイルに保存します。

ステップ 3 次のキーを展開表示します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Active Voice\AvIvc

ステップ 4 メッセージに関する情報が、Archive フォルダに保存されずにユーザまたは同報リストに送信されるようにする場合は、次のサブステップを実行します。そのように設定しない場合は、ステップ 5 に進みます。

a. [編集]メニューで、[新規]>[文字列値]をクリックします。

b. 値の名前として AliasToForwardBadMailsTo を入力します。

c. [AliasToForwardBadMailsTo]をダブルクリックします。

d. [文字列の編集]ダイアログボックスで、受信者の SMTP アドレスを入力します(たとえば、unityadministrator@company.com)。このアドレスは、Exchange 内のユーザ、連絡先、または同報リスト オブジェクトの SMTP アドレスである必要があります。このアドレスには、障害が発生したメッセージとその情報を含む電子メールが送信されます。

e. [OK] をクリックします。

f. Regedit を終了します。

g. ステップ 6 に進みます。

ステップ 5 Archive フォルダに保存されているメッセージが自動的に削除されるようにする場合は、次のサブステップを実行します。

a. [編集]メニューで、[新規]>[DWORD 値]をクリックします。

b. 値の名前として DeleteArchiveFolderMessages を入力します。

c. [DeleteArchiveFolderMessages]をダブルクリックします。

d. [DWORD 値の編集]ダイアログボックスで、1 を入力します。

e. [OK]をクリックします。

f. Regedit を終了します。

ステップ 6 ボイス コネクタをインストールした Exchange サーバで[サービス]MMC を開きます(Windows の[スタート]メニューで、[プログラム]>[管理ツール]>[サービス]をクリックします)。

ステップ 7 [Exchange 2000 Voice Connector(<サーバ名>)] を右クリックし、[再起動]をクリックします。

ステップ 8 [サービス]MMC を終了します。


 

UAmis アカウントの作成

複数の Cisco Unity サーバがデジタル ネットワークを介してネットワークを構成しているインストレーションでは、AMIS 用にライセンスされている Cisco Unity サーバ上だけで、UAmis アカウントを作成するユーティリティ(ConfigMgr.exe)を実行する必要があります。

パートナー Exchange サーバが Exchange 2000 または 2003、および Exchange 2007 のどれを実行しているかに応じて、次のいずれかの手順を実行します。

「パートナー Exchange サーバが Exchange 2000 または Exchange 2003 を実行している場合に UAmis アカウントを作成する」

「パートナー Exchange サーバが Exchange 2007 を実行している場合に UAmis アカウントを作成する」

パートナー Exchange サーバが Exchange 2000 または Exchange 2003 を実行している場合に UAmis アカウントを作成する


ステップ 1 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity をインストールしたディレクトリ(デフォルトの場所は C:\CommServer)を参照します。

ステップ 2 ConfigMgr.exe をダブルクリックします。[ConfigMgr]ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 [AMIS アカウントとメールボックスの作成と設定] をクリックします。

ステップ 4 UAmis アカウントが正常に構成されると、ダイアログボックスが表示されるので、 [OK] をクリックします。

ステップ 5 [終了] をクリックして[ConfigMgr]ダイアログボックスを閉じます。

ステップ 6 Cisco Unity サーバ上でサービス ツールを開始します(Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[管理ツール]>[サービス] をクリックします)。

ステップ 7 [AvNotifierMgr] を右クリックし、 [再起動] を選択します。AvNotifierMgr がユーザのメールボックスとの接続を再初期化している間、Cisco Unity サーバ上の CPU の使用量が増大します。

ステップ 8 サービス ツールを終了します。


 

パートナー Exchange サーバが Exchange 2007 を実行している場合に UAmis アカウントを作成する


ステップ 1 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity をインストールしたディレクトリ(デフォルトの場所は C:\CommServer)を参照します。

ステップ 2 ConfigMgr.exe をダブルクリックします。[ConfigMgr]ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 [AMIS アカウントとメールボックスの作成と設定] をクリックします。

ステップ 4 [UAmis アカウントとメールボックスを作成する PowerShell スクリプトを作成します。]ダイアログボックスで、UAmis アカウントを作成するスクリプトのパスとファイル名を選択します。

スクリプトは、パートナー サーバまたは Exchange Management Shell がインストールされている別のサーバ上で実行する必要があります。そのため、スクリプトを保存するロケーションを次の中から選択します。

スクリプトを実行するサーバ

そのサーバにアクセスできるネットワーク ロケーション

リムーバブル ディスク

ステップ 5 [スクリプトの作成] をクリックします。

ステップ 6 [OK] をクリックします。

ステップ 7 [終了] をクリックして[ConfigMgr]ダイアログボックスを閉じます。

ステップ 8 PowerShell スクリプトの実行権限を持つアカウントを使用して、スクリプトを実行する Exchange 2007 サーバにログオンします。

ステップ 9 必要に応じて、スクリプトをその Exchange サーバにコピーします。

ステップ 10 Exchange Management Shell を実行します([スタート]メニューで、[すべてのプログラム]>[Microsoft Exchange Server 2007]>[Exchange Management Shell]をクリックします)。

ステップ 11 スクリプトを実行します。[Exchange Management Shell]ウィンドウで、スクリプトの完全なパス名を入力します。次の例を参考にしてください。

d:\scripts\UAmis_<サーバ名>.PS1

また、「cd」コマンドを使用して、スクリプトがある場所にディレクトリを変更し、次のように入力してスクリプトを実行することもできます。

.\UAmis_<サーバ名>.PS1

詳細については、Microsoft のマニュアルを参照してください。

ステップ 12 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity をインストールしたディレクトリ(デフォルトの場所は C:\CommServer)を参照します。

ステップ 13 ConfigMgr.exe をダブルクリックします。[ConfigMgr]ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 14 [AMIS アカウントとメールボックスの作成と設定] をクリックして、設定を実行します。

ステップ 15 [OK] をクリックします。

ステップ 16 [終了] をクリックして[ConfigMgr]ダイアログボックスを閉じます。

ステップ 17 Cisco Unity サーバ上でサービス ツールを開始します(Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[管理ツール]>[サービス] をクリックします)。

ステップ 18 [AvNotifierMgr] を右クリックし、 [再起動] を選択します。AvNotifierMgr がユーザのメールボックスとの接続を再初期化している間、Cisco Unity サーバ上の CPU の使用量が増大します。

ステップ 19 サービス ツールを終了します。


 

パートナー Exchange サーバが Exchange 2000 または Exchange 2003 を実行している場合に UAmis アカウントが作成されたことを確認する

パートナー Exchange サーバが Exchange 2007 を実行している場合は、「パートナー Exchange サーバが Exchange 2007 を実行している場合に UAmis アカウントが作成されたことを確認する」を参照してください。

UAmis アカウントのメールボックスは、パートナー Exchange サーバ上にあります。このサーバは、Cisco Unity のセットアップ中にメッセージ ストア コンフィギュレーション ウィザードで選択した Exchange サーバです。


ステップ 1 パートナー Exchange サーバで、 Exchange システム マネージャ を起動します。

ステップ 2 左側のウィンドウのツリー コントロールで、 [サーバ]>[<ExchangeServerName>] コンテナを展開します。ここで、<ExchangeServerName> は、パートナー Exchange サーバの名前です。

インストレーションによっては、[サーバ]コンテナは管理グループ コンテナおよびサイト コンテナの中でネストされます。

ステップ 3 [<ストレージ グループ>]>[Mailbox Store(<ExchangeServerName>)]>[Mailboxes] を展開します。

ステップ 4 右側のウィンドウのメールボックスのリストに、 UAmis_<サーバ名> があることを確認します。

ステップ 5 Exchange システム マネージャを終了します。


 

パートナー Exchange サーバが Exchange 2007 を実行している場合に UAmis アカウントが作成されたことを確認する


ステップ 1 パートナー Exchange サーバで、Exchange 管理コンソールを起動します。

ステップ 2 左側のウィンドウのツリー コントロールで、[受信者の構成]コンテナを展開し、[メールボックス]をクリックします。

ステップ 3 右側のウィンドウのメールボックスのリストに、 UAmis_<サーバ名> があることを確認します。

ステップ 4 Exchange 管理コンソールを終了します。


 

発信 AMIS 呼び出し用のボイス ポートの指定

複数の Cisco Unity サーバがデジタル ネットワークを介してネットワークを構成しているインストレーションでは、AMIS 呼び出し用のボイス ポートの指定は、AMIS 用にライセンスされた Cisco Unity サーバ上だけで行います。ポートの設定のガイドラインについては、「ポート使用状況とスケジュール」を参照してください。

発信 AMIS 呼び出し用のボイス ポートを指定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [システム]>[ポート] ページに移動します。

ステップ 2 AMIS 呼び出しの発信に使用するポートを指定します。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

AMIS 発信オプションの設定

AMIS 発信オプション設定によって、Cisco Unity サーバ上の発信 AMIS 呼び出しの属性を制御します。

複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成しているインストレーションでは、AMIS 用にライセンスされた Cisco Unity サーバ上だけで、AMIS 発信オプションを設定します。

AMIS 発信オプションを設定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク]>[AMIS オプション]>[発信オプション] ページに移動します。

ステップ 2 ローカル ダイヤル規制テーブルとしてデフォルト AMIS 規制テーブルを使用するか、別の規制テーブルを使用するかを選択します。

ローカル ダイヤル規制テーブルと AMIS スケジュールによって、発信 AMIS 呼び出しが行われる時間が決まります。

ステップ 3 必要に応じて、その他の AMIS 発信オプションを設定します。

ステップ 4 [保存] アイコンをクリックします。


 

AMIS 規制テーブルのカスタマイズ

デフォルトでは、AMIS 規制テーブルはすべての送信先番号を許可します。ただし、この規制テーブルは、必要に応じてカスタマイズすることができます。AMIS 規制テーブルと AMIS スケジュールによって、発信 AMIS 呼び出しが作成される時点が決まります。発信 AMIS メッセージの送信先番号が AMIS 規制テーブルで許可されている場合、このメッセージはすぐに送信されます。スケジュール設定は適用されません。送信先番号が AMIS 規制テーブルで許可されていない場合、スケジュールによってメッセージが送信される時間が決まります。

複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成しているインストレーションでは、AMIS 用にライセンスされた Cisco Unity サーバ上だけで、AMIS 規制テーブルをカスタマイズします。

AMIS 規制テーブルをカスタマイズする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の [通話管理]>[規制テーブル] ページに移動します。

ステップ 2 [検索] アイコンをクリックします。

ステップ 3 AMIS 制限をダブルクリックします。デフォルトでは Default AMIS です。


) AMIS 規制テーブルは、[ネットワーク]>[AMIS オプション]>[発信オプション]ページの[ローカル ダイヤル規制テーブル]フィールドで指定されます。


ステップ 4 インストレーションにおける必要性に応じて、次の作業のうち必要なものを実行します。

ダイヤル文字列を追加するには、 [追加] をクリックし、新しいダイヤル文字列に対して該当する設定を入力します。

ダイヤル文字列を削除するには、[規制テーブル]ページの下の表でダイヤル文字列番号をクリックし、 [削除] をクリックします。

ダイヤル文字列を修正するには、[規制テーブル]ページの下の表でダイヤル文字列番号をクリックし、設定に該当する変更を加えます。

ステップ 5 [保存] アイコンをクリックします。


 

AMIS スケジュールのセットアップ

AMIS 規制テーブルで許可されていないメッセージに適用する AMIS スケジュールをセットアップします。

複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成しているインストレーションでは、AMIS 用にライセンスされた Cisco Unity サーバ上だけで、AMIS スケジュールをセットアップします。

AMIS スケジュールをセットアップする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク]>[AMIS オプション]>[スケジュール] ページに移動します。

ステップ 2 スケジュール グリッドのボックスをクリックして、アクティブ時間と非アクティブ時間を半時間単位で設定します。複数の曜日で同じブロックをクリックする手間を省くには、[スケジュール コピー(1 日当たり)]ボックスを使用して、設定をある曜日から別の曜日にコピーします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

プライマリ ロケーションのカスタマイズ

複数の Cisco Unity サーバをデジタル ネットワークでネットワーク構成するインストレーションでは、プライマリ ロケーションがすでにカスタマイズされた状態になっている場合もあります。その場合は、プライマリ ロケーションの AMIS ノード ID を入力します。入力場所は Cisco Unity ブリッジヘッド サーバに限定されます(入力フィールドが表示されるのは、AMIS のライセンスを付与された Cisco Unity サーバのみです)。

設定の詳細については、「プライマリ ロケーション プロファイルの設定」を参照してください。

プライマリ ロケーションをカスタマイズする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク]>[プライマリ ロケーション]>[プロファイル] ページに移動します。

ステップ 2 ロケーションの有意な名前を入力します。

ステップ 3 ダイヤル ID を入力します。ダイヤル ID は、このロケーションを Cisco Unity に対して識別するものです。

ステップ 4 ロケーションの名前を音声で録音します。

ステップ 5 ダイヤル ドメイン名は、次のようにします。

インストレーションに含まれる Cisco Unity サーバが 1 台で、かつ認識されたユーザ メッセージを有効にして AMIS ユーザをその対象とする場合は、ダイヤル ドメイン名を入力します。

複数の Cisco Unity サーバをデジタル ネットワークでネットワーク構成し、そのサーバと別の Cisco Unity ネットワーク サーバを同じ電話システムに統合するインストレーションでは、そのサーバがすでにダイヤル ドメインに追加された状態になっている場合もあります。まだ追加されていない場合は、ダイヤル ドメイン名を入力するか、リストから選択します。リストには、ネットワーク内の他の少なくとも 1 つの Cisco Unity サーバ上で設定済みの、ダイヤル ドメイン名が表示されます。

ダイヤル ドメイン名は、大文字と小文字が区別され、すべてのサーバで完全に同一の名前を入力する必要があります。すべてのサーバに同じダイヤル ドメインを確実に正しく追加するには、ダイヤル ドメイン名を 1 つの Cisco Unity サーバで入力し、そのドメイン名が他の Cisco Unity サーバへ複製されるのを待ちます。この作業により、サーバ間での複製が正しく動作することも確認できます。他の Cisco Unity サーバからのプライマリ ロケーション データがローカル サーバへ反映されるまでに要する時間は、ネットワークのコンフィギュレーションおよび複製スケジュールにより異なります。

ステップ 6 AMIS 呼び出しの発信時に他のボイス メッセージ システムに認識させるために Cisco Unity が転送するノード ID の番号を入力します。[国コード]フィールドと[市外局番]フィールドは空白のままでもかまいませんが、[電話番号]フィールドは必須です。

ステップ 7 [保存] アイコンをクリックします。


 

AMIS 配信ロケーションの作成

AMIS 配信ロケーションは、ブリッジヘッド Cisco Unity サーバ上で、ユーザのメッセージの送信先となるリモート ボイス メッセージ システムそれぞれに対して作成します。Cisco Unity が多数のボイス メッセージ システムとメッセージの送受信を行う場合、この時点では少数の配信ロケーションを設定しただけで、セットアップの残りの作業を進めてもかまいません。配信ロケーションを設定したボイス メッセージ システムと Cisco Unity の間で、メッセージの送受信が正しく機能することを確認した後で、残りの配信ロケーションを作成できます。

配信ロケーションには、慎重にダイヤル ID を割り当ててください。ダイヤル ID の選択方法の詳細については、「ダイヤル ID および内線番号割り当てのガイドライン」を参照してください。

AMIS 配信ロケーションを作成するには、Cisco Unity システム管理または Cisco Unity Bulk Location Import ウィザードを使用します。次の各項を参照してください。

「Cisco Unity システム管理を使用した AMIS 配信ロケーションの作成」

「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した AMIS 配信ロケーションの作成」

「Cisco Unity Bulk Import ウィザードによる既存の配信ロケーションの変更」

Cisco Unity システム管理を使用した AMIS 配信ロケーションの作成

Cisco Unity システム管理を使用すると、AMIS 配信ロケーションを一度に 1 つずつ作成できます。

Cisco Unity システム管理を使用して AMIS 配信ロケーションを作成する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク]>[配信ロケーション]>[プロファイル] ページに移動します。

ステップ 2 [追加] アイコンをクリックします。

ステップ 3 ロケーションの有意な名前を入力します。

ステップ 4 ダイヤル ID を入力します。ダイヤル ID の選択方法の詳細については、「ダイヤル ID および内線番号割り当てのガイドライン」を参照してください。

ステップ 5 ロケーションの[宛先]として [AMIS] を選択します。

ステップ 6 [追加] をクリックします。

ステップ 7 ロケーションの名前を音声で録音します。

ステップ 8 [送信先番号]を入力します。この番号は、Cisco Unity がダイヤルして、発信 AMIS メッセージに対応するリモート ボイス メッセージ システムに接続します。

ステップ 9 この配信ロケーションに対応するリモート ボイス メッセージ システムを識別するために使用する番号を[ノード ID]に入力します。このノード ID は、対応するリモート ボイス メッセージ システムが着信呼び出し中に転送する ノード ID と一致している必要があります。希望によっては、[国コード]フィールドと[市外局番]フィールドは空白のままでもかまいませんが、[電話番号]フィールドは必須です。

ステップ 10 [ロケーションへの発信メッセージ]フィールドで、適切なオプションを選択します。

[メッセージの暗号を解除しない] :ボイス コネクタは、セキュア メッセージを暗号解除または送信しないで、送信者に NDR を返します。

[プライベートでないメッセージの暗号化を解除する] :ボイス コネクタは、プライベートのフラグが付いたセキュア メッセージを暗号解除または送信しません。送信者には NDR が返されます。他のメッセージはすべて、暗号解除されてからリモート ロケーションに送信されます。

[すべてのメッセージの暗号を解除する] :ボイス コネクタは、すべてのセキュア メッセージを暗号解除してからリモート ロケーションに送信します。リモート ロケーションでの設定によっては、メッセージを再度暗号化してから受信者に送信する場合もあります。

ステップ 11 [保存] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した AMIS 配信ロケーションの作成

Cisco Unity Bulk Import ウィザードで CSV ファイルのデータをインポートすると、一度に複数の配信ロケーションを作成または修正することができます。すでに配信ロケーションを作成してある場合は、Cisco Unity Bulk Import を実行して、配信ロケーションに関する情報を CSV ファイルにエクスポートすることができます。

次の手順で CSV ファイルを用意します。CSV ファイルに必要なカラム ヘッダーおよびオプションのカラム ヘッダーについてなど、Cisco Unity Bulk Import ウィザードで使用する CSV ファイルの準備の詳細については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。

AMIS 配信ロケーション作成用の CSV ファイルを作成する


ステップ 1 表計算アプリケーション(または同等のアプリケーション)で、Cisco Unity サーバ上、またはそのサーバから参照できるディレクトリ内に、CSV ファイルを作成します。

ステップ 2 必須のカラム ヘッダーを最初の行に入力します。カラム ヘッダーは、大文字を使用し、コンマで区切り、次に示すとおりのスペルで入力します。

DTMF_ACCESS_ID, DISPLAY_NAME, DELIVERY_PHONE_NUMBER

ステップ 3 必要に応じて、オプションのカラム ヘッダーを最初の行に追加します。各カラム ヘッダーは、必ずコンマで区切ります。

Cisco Unity Bulk Import ウィザードでは、CSV ファイルに AMIS_NODE_ID カラムを作成する必要はありませんが、ノード ID データを含むカラムを CSV ファイルに追加することをお勧めします。

ステップ 4 2 行目以降に、配信ロケーションに関するデータを追加します。終了後は、次のようにします。

すべての行に、各カラム ヘッダーに対応する適切なデータが含まれていることを確認します。

ファイルのデータが、タブ、スペースまたはセミコロンではなく、コンマで区切られていることを確認します。

データにスペース、引用符、またはコンマが含まれている場合は、そのデータを引用符で囲みます。


) 各行のオプションのカラムにはデータが入っていなくてもかまいません。


ステップ 5 ファイルを CSV ファイルとして保存します。

ステップ 6 「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して AMIS 配信ロケーションを作成する」の手順に進みます。


 

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して AMIS 配信ロケーションを作成する


ステップ 1 Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行する前に、Cisco Unity サーバ上のウィルス スキャン サービスおよび侵入検知ソフトウェアを無効にします。これを行わないと、Cisco Unity Bulk Import ウィザードの動作が遅くなる可能性があります。

ステップ 2 Cisco Unity サーバ上で、Windows の[スタート]メニューから [プログラム]>[Unity]>[Cisco Unity Bulk Import] をクリックします。

ステップ 3 [ようこそ]ページで、 [次へ] をクリックします。

ステップ 4 [インポート操作の選択]で、[ロケーション]セクションの [CSV ファイル] をクリックし、 [次へ] をクリックします。

ステップ 5 [ロケーション操作の選択]ページで、 [新しいロケーションの作成] をクリックし、 [次へ] をクリックします。

ステップ 6 [ロケーションのタイプ]ページで、 [AMIS] をクリックし、 [次へ] をクリックします。

ステップ 7 [ファイル]ページで、入力ファイルの名前と場所を指定します。

ステップ 8 出力ファイルの名前と場所を指定するか、入力ファイルを基準としたデフォルトの場所とファイル名を使用します。たとえば、入力ファイルが C:\Temp\AMIS_Locations.csv の場合、デフォルトの出力ファイルは C:\Temp\AMIS_Locations.out.csv になります。

ステップ 9 [次へ] をクリックして[有効なロケーション データ]ページへ進みます。このページには、入力 CSV ファイルからの有効なデータ行が入った表が表示されます。インポートしないデータ行がある場合は、行の最初のカラムにあるチェックボックスをオフにします。

いずれかの行でエラーが検出された場合は、ページの一番下にある[エラー]リンクをクリックすると、CSV ファイルが開かれてエラーを訂正できます。また、この時点ではエラーを無視してインポート作業を進めることもできます。

ステップ 10 [次へ] をクリックしてインポート プロセスを開始し、[ロケーションの作成中]ページを表示します。このページにはインポートに関するステータス情報が表示されます。

ステップ 11 配信ロケーションを作成したら、 [次へ] をクリックして[Cisco Unity Bulk Import Wizard を完了しました]ページを表示します。このページには、要約情報が表示されます。

ステップ 12 インポート エラーがあった場合は、「CSV ファイルから配信ロケーション データをインポートしているときに発生したエラーを修正する」へ進みます。


 

CSV ファイルから配信ロケーション データをインポートしているときに発生したエラーを修正する


ステップ 1 インポート中に指定した、出力ファイルの格納先ディレクトリへ移動します(デフォルトの場所とファイル名は、入力ファイルを基準としています。たとえば、入力ファイルが
C:\Temp\AMIS_Locations.csv の場合、デフォルトの出力ファイルは C:\Temp\AMIS_Locations.out.csv になります)。

出力ファイルには、インポートされなかったすべてのレコードが記録されています。

ステップ 2 テキスト エディタを使用して、この出力ファイルを開きます。

ステップ 3 ファイルの[結果]カラムに示されたエラー情報を使用して、出力ファイル内のレコードを訂正します。

ステップ 4 出力ファイルの編集が終了したら、新しい名前で CSV ファイルとして保存します。

ステップ 5 この新しい CSV ファイルを使用して、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを再び実行します。

ステップ 6 すべての配信ロケーションがエラーなく作成されるまで、この手順を繰り返します。


 

Cisco Unity Bulk Import ウィザードによる既存の配信ロケーションの変更

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して既存の配信ロケーションを変更する場合は、変更用の CSV ファイルを作成する必要があります。Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行して既存の配信ロケーション データを CSV ファイルへエクスポートしてから、CSV ファイルを編集して変更することをお勧めします。

DTMF_ACCESS_ID カラムは、既存の配信ロケーションを検索するためのプライマリ キーとして使用されるため、Cisco Unity Bulk Import ウィザードで変更できません。

AMIS ユーザの作成

最初に、Cisco Unity とリモート システムとの間で正常にメッセージが交換されるかどうかをテストするための AMIS ユーザを数人作成しておくことを推奨します。Cisco Unity とリモート システムとの間のメッセージ送受信が正常に実行されることが確認できれば、AMIS ユーザの作成は完了です。AMIS ユーザは、AMIS 配信ロケーションと同じ Cisco Unity サーバに作成する必要があります。

AMIS ユーザ アカウントは、Cisco Unity Bulk Import ウィザードまたは Cisco Unity システム管理を使用して作成できます。次の各項を参照してください。

「AMIS ユーザ アカウントの作成前に考慮する事項」

「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した複数の AMIS ユーザ アカウントの作成」

「Cisco Unity システム管理を使用した AMIS ユーザ アカウントの作成」

「AMIS ユーザ アカウントの作成後に考慮する事項」

AMIS ユーザ アカウントの作成前に考慮する事項

この項では、AMIS ユーザ アカウントを作成する前に考慮する必要がある事項を順に示します。AMIS ユーザは、Cisco Unity ブリッジヘッド サーバにのみ作成できます。AMIS ユーザを追加する Cisco Unity ブリッジヘッド サーバで、次のタスクを実行してください。

1. Cisco Unity のコンフィギュレーションおよび権限

使用しているアカウントに、AMIS ユーザを作成するための十分な権限と許可があるかどうかがよくわからない場合、または Cisco Unity が、メッセージ ストアを処理するよう正しく設定されているかどうかがよくわからない場合は、次の「Cisco Unity SysCheck ツールを使用して、Cisco Unity の設定と権限を確認する」の手順を実行します。

Cisco Unity SysCheck ツールを使用して、Cisco Unity の設定と権限を確認する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot]ウィンドウの左側領域にある[Diagnostic Tools]ディレクトリで、 [SysCheck] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Check Unity Configuration Wizard へようこそ]ページで、 [コンフィギュレーション テストの選択] をクリックし、 [次へ] をクリックします。

ステップ 4 Cisco Unity に接続されていないメッセージ ストアのチェックボックスをオフにします。

ステップ 5 [テスト] をクリックします。

ステップ 6 [テスト結果]ボックスで、リンクをクリックしテスト結果を表示します。

ステップ 7 エラーが報告されなければ、ステップ 8 へ進みます。エラーがあった場合、次のサブステップを実行します。

a. [解決法]カラムに表示されるアドバイスに従い、各コンフィギュレーション エラーまたは権限エラーを訂正します。

b. [Check Unity Configuration Wizard を完了しています]ページに戻り、 [終了] をクリックします。

c. エラーが報告されなくなるまで、ステップ 2ステップ 7 を繰り返します。

ステップ 8 [終了] をクリックします。


 

2. サービス クラス

サービス クラス(COS)は、Cisco Unity を使用するユーザの制限や権限を定義します。たとえば、COS はユーザのメッセージやグリーティングの最大長を指定します。AMIS ユーザは、COS のほとんどの設定の適用を受けませんが、少なくとも COS のメンバーである必要があります。Cisco Unity システム管理では、ユーザ テンプレートごとに COS が指定されます。つまり、ユーザに割り当てられる COS は、テンプレートに指定されており、そのテンプレートに準じてユーザ アカウントが作成されます。Cisco Unity には、定義済みサービス クラスがあり、これらは修正できます。また、サービス クラスを新規に作成できます。詳細については、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「サービス クラスの管理」の章を参照してください。

3. 規制テーブル

それぞれの COS ごとに、着信転送用に 1 つ、メッセージ通知用に 1 つ、およびファックス配信用に 1 つの規制テーブルが指定されます。Cisco Unity は、ユーザの COS に関連付けられている規制テーブルを適用し、電話番号が許可されなかった場合はエラー メッセージを表示します。Cisco Unity には、修正可能な定義済み規制テーブルが用意されています。

AMIS ユーザは、Cisco Unity にログインすることも、Cisco Personal Communications Assistant(PCA)を使用することもできないため、規制テーブルのほとんどの設定の適用を受けませんが、管理者が AMIS ユーザの着信転送番号を入力することは可能です。セキュリティ上の理由から、AMIS ユーザが所属する COS で転送に使用する規制テーブルは、必要に応じて変更してください。詳細については、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「規制テーブルの管理」の章を参照してください。

4. パブリック同報リスト

パブリック同報リストは、ボイス メッセージを複数のユーザへ一度に送信するときに使用します。Cisco Unity は、ユーザ アカウントの基となるテンプレートで指定したパブリック同報リストに、新しいユーザを割り当てます。詳細については、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「同報リストの管理」の章を参照してください。

パブリック同報リストは、Active Directory 内の同報グループに対応します。同報リストは、明示的に非表示にしない限り、Microsoft Outlook (または他の電子メール クライアント)のアドレス帳に表示されます。他の人が AMIS ユーザに電子メールを送信しないようにするには、AMIS ユーザだけを含むリストを作成し、Outlook のアドレス帳でこれらの同報リストを非表示にします。同報リストの非表示オプションは、Cisco Unity システム管理の[ユーザ]>[パブリック同報リスト]>[プロファイル]ページで利用可能です。

5. ユーザ テンプレート

Cisco Unity システム管理では、ユーザ テンプレートを使用することでユーザ グループの設定を指定できます。ユーザ テンプレートには、部門など特定の種類のユーザに適切な設定が含まれています。選択したテンプレートの設定は、ユーザ アカウント作成時に、そのアカウントに適用されます。Cisco Unity には、修正可能なデフォルト ユーザ テンプレートが用意されており、追加テンプレートを数に制限なく作成できます。詳細については、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「ユーザ テンプレートの管理」の章を参照してください。

AMIS ユーザは、Active Directory 内の連絡先に対応します。連絡先は、明示的に非表示にしない限り、Microsoft Outlook (または他の電子メール クライアント)のアドレス帳に表示されます。関連する連絡先を Outlook アドレス帳で非表示にしたり、Outlook アドレス帳における連絡先の表示方法を変更したりすることができます。詳細については、「Outlook アドレス帳における AMIS ユーザの表示方法の決定」を参照してください。


) 『Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド』は、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。


Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した複数の AMIS ユーザ アカウントの作成

Cisco Unity Bulk Import ウィザードで、CSV ファイルからユーザ データをインポートすることによって、一度に複数のユーザ アカウントを作成できます。CSV は、1 つのデータ ストアから別のデータ ストアへデータを移動するための一般的なテキスト ファイルです。

CSV ファイルに含まれているユーザ データが正しくフォーマットされている限り、ユーザ アカウント作成時にそのデータを使用して Active Directory の新規連絡先を作成できます。また、Cisco Unity Bulk Import ウィザードでは、CSV ファイルを使用して既存の Active Directory 連絡先のデータでユーザ アカウントを作成することができます。

ユーザ アカウントを既存の連絡先のデータで作成することを選択した場合は、インポートされた連絡先用の電子メール アドレスが、ボイス メッセージの宛先にリモート ボイス メッセージ システムを指定するときに使用する内線アドレスで上書きされることに注意してください。したがって、インポートされたオブジェクトは、リモート電子メール アドレスに対する発信メッセージの宛先指定には使用できなくなります。

次の「AMIS ユーザ アカウント作成用の CSV ファイルを作成する」の手順で CSV ファイルを用意します。

CSV ファイルに必要なカラム ヘッダーおよびオプションのカラム ヘッダーについてなど、Cisco Unity Bulk Import ウィザードで使用する CSV ファイルの準備の詳細については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。

AMIS ユーザ アカウント作成用の CSV ファイルを作成する


ステップ 1 Cisco Unity アカウントを作成するために使用するデータを、CSV ファイルとして保存します。

1 つの CSV ファイルに格納するレコード数は、必ず 7,500 件以下としてください。それ以上の数のレコードが存在すると、Cisco Unity Bulk Import ウィザードがデータをインポートするときに予期しない結果になることがあります。

ステップ 2 CSV ファイルを Cisco Unity ブリッジヘッド サーバ、またはそのサーバから参照できるディレクトリにコピーします。

ステップ 3 表計算アプリケーションなどの、データの編集および再構成が可能なアプリケーションで CSV ファイルを開きます。次の手順を実行します。

ファイルのデータが、タブ、スペースまたはセミコロンではなく、コンマで区切られていることを確認します。

データにスペース、引用符、またはコンマが含まれている場合は、それらの文字を引用符で囲みます。

ステップ 4 カラムがステップ 5 で追加するカラム ヘッダーと同じ順序になるように、データを並べ替えます。カラム ヘッダーの順序は重要ではありませんが、ここに示すように CSV ファイルを構成することをお勧めします。たとえば、このサンプル データのカラムは、ユーザの姓、名、内線番号(DTMF_ACCESS_ID)、リモート メールボックス番号(REMOTE_USER_ID)の順になるように並べ替えられています。

Abade,Alex,2001,3000
Bader,Kelly,2002,3100
Campbell,Terry,2003,3200
Cho,Li,2004,3300

ステップ 5 データの先頭行の上に必須カラム ヘッダーを入力します。カラム ヘッダーは、大文字を使用し、コンマで区切り、次に示すとおりのスペルで入力します。

LAST_NAME,FIRST_NAME,DTMF_ACCESS_ID,REMOTE_USER_ID


) この手順のサンプルは、Cisco Unity Bulk Import ウィザードが、ユーザ アカウントと同時に新しい連絡先を作成する場合の、CSV ファイルのセットアップ方法を示しています。既存の連絡先データを使用して新しいユーザ アカウントを作成する場合は、ALIAS カラム ヘッダーおよびデータを、CSV ファイルに組み込む必要があります。


ステップ 6 必要な場合は、先頭行にカラムを追加し、その下に続く行にインポートするデータを追加します。このとき、次のことを確認してください。

カラム ヘッダーとデータはコンマで区切られている。オプションのカラム ヘッダーは、必ずしもすべてがデータ入力の対象ではありません。

スペース、引用符またはコンマを含むデータは、引用符で囲まれている。

ステップ 7 CSV ファイル内の AMIS ユーザを配信ロケーションに関連付けるには、インポート時に Cisco Unity Bulk Import ウィザードにより表示される、定義済み配信ロケーションのリストから選択します。または、DELIVERY_LOCATION_ID カラムを CSV ファイルに追加することもできます。

DELIVERY_LOCATION_ID カラムの内容は、配信ロケーションを外部ユーザに関連付けるために使用されるダイヤル ID です。この値は、Cisco Unity システム管理の[ネットワーク] >[配信ロケーション]>[プロファイル]ページの、[ダイヤル ID]フィールドに対応します。このカラム ヘッダーを省略した場合、あるいは行に値がない場合、Cisco Unity Bulk Import ウィザードがプロンプトに表示する配信ロケーションが、デフォルトとして使用されます。CSV ファイルの使用により、複数の配信ロケーションについて、外部ユーザをインポートできます。

ステップ 8 他の人が AMIS ユーザに電子メールを送信しないようにするには、HIDE_IN_ADDRESS_BOOK カラム ヘッダーを加え、ユーザ データの各行に 1 を入力します。

値 1 は電子メールのアドレス帳のユーザが非表示になることを、値 0 はユーザが表示されることをそれぞれ表します。

ステップ 9 CSV ファイルにインポートする必要のないデータがある場合は、そのカラムを削除してください。または、1 つのカラムに NOTES というタイトルを付けることができます。Cisco Unity Bulk Import ウィザードは、NOTES カラム ヘッダー以下のデータを無視します。ただし、CSV ファイル内の NOTES 数は 1 つだけサポートされています。

ステップ 10 各行に、各カラム ヘッダーに対応する適切なデータが含まれていることを確認します。

ステップ 11 ファイルを CSV ファイルとして保存します。

ステップ 12 「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して AMIS ユーザ アカウントを作成する」の手順に進みます。


 

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して AMIS ユーザ アカウントを作成する


ステップ 1 ブリッジヘッド Cisco Unity サーバ上に、ウィルス スキャン サービスおよび侵入検出ソフトウェアがインストールされている場合は、それを無効にします。これを行わないと、Cisco Unity Bulk Import ウィザードの動作が遅くなる可能性があります。手順については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。

ステップ 2 ブリッジヘッド Cisco Unity サーバ上で、Windows の[スタート]メニューから [プログラム]>[Unity]>[Cisco Unity Bulk Import] をクリックします。

ステップ 3 画面上の指示に従います。

ウィザードの進行に伴ってダイアログボックスに表示されるオプションの詳細については、 [ヘルプ] をクリックしてください。

ステップ 4 作成するユーザの種類を選択するプロンプトが表示されたら、 [AMIS] をクリックします。

ステップ 5 [次へ] をクリックし、ウィザードを続行します。ウィザードでエラーが報告されたら、次のいずれかを実行します。

[OK] をクリックしてインポートを続行し、後でエラーを修正する。

エラーを修正する。詳細については、「CSV インポート エラーの修正」を参照してください。

ステップ 6 ユーザ アカウントを作成したら、 [完了] をクリックします。

ステップ 7 インポート エラーがあり、ステップ 5 でエラーを後で修正することを選択した場合は、「CSV インポート エラーの修正」を参照してください。

ステップ 8 インポート エラーがなかった場合、またはすべてのエラーが修正された場合は、「AMIS ユーザ アカウントの作成後に考慮する事項」を参照してください。


 

CSV インポート エラーの修正

エラー ログ ファイルには、Cisco Unity Bulk Import ウィザードでインポートされなかったデータが記録されます。このウィザードは、CSV ファイルの行から検出した最初のエラーをレポートします。そのエラーを修正後、データ インポートが再開すると、ウィザードはさらに同じ行からのエラーを検出する場合があります。このように、修正プロセス、つまり、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行しエラーを修正することを何回か繰り返し、すべてのエラーを修正します。

出力ログ ファイルには、インポートされなかったすべてのレコードが記録されます。これを CSV ファイルに保存し、再び Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行するときに使用できます。Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行するたびに、エラー ログ ファイルおよび出力ログ ファイルが上書きされることに注意してください(ファイルに新しい名前を指定した場合を除きます)。

インポート エラーを修正するには、次の「CSV ファイルからデータをインポートしているときに発生したエラーを修正する」の手順に従います。

CSV ファイルからデータをインポートしているときに発生したエラーを修正する


ステップ 1 インポート中に指定した、エラー ログ ファイルが置かれるディレクトリへ移動します。デフォルトの場所およびファイル名は C:\Error.log です。

ステップ 2 テキスト エディタを使用し、エラー ログ ファイルを開きます。エラーを修正するために、エラー コードを使用します。

ステップ 3 インポート中に指定した、出力ログ ファイルが置かれるディレクトリへ移動します。デフォルトの場所およびファイル名は C:\Output.log です。

ステップ 4 テキスト エディタを使用し、出力ログ ファイルを開きます。

ステップ 5 エラー ログ ファイルにエラーとして記載された出力ファイルのレコードを修正します。

ステップ 6 出力ログ ファイルの編集が完了したら、新しい名前で CSV ファイルとして保存します。

ステップ 7 ステップ 6 で保存した CSV ファイルを使用して、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを再度実行します。

ステップ 8 すべてのユーザ アカウントがエラーがなく作成されるまでこの手順を繰り返し、次に、「AMIS ユーザ アカウントの作成後に考慮する事項」へ進みます。


 

Cisco Unity システム管理を使用した AMIS ユーザ アカウントの作成

Cisco Unity システム管理を使用すると、AMIS ユーザ アカウントを一度に 1 つずつ作成できます。新規 AMIS ユーザ アカウントを追加する場合は、Cisco Unity が連絡先を Active Directory に作成します。

AMIS ユーザ アカウントを作成するには、次の「Cisco Unity システム管理を使用して新しい AMIS ユーザを追加する」の手順を実行します。

Cisco Unity システム管理を使用して新しい AMIS ユーザを追加する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ユーザ]>[ユーザ]>[プロファイル] ページに移動します。

ステップ 2 [追加] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [新規] をクリックし、リストから [AMIS] を選択します。

ステップ 4 [姓]と[名]を入力します。

ステップ 5 Cisco Unity の AMIS ユーザの内線番号を入力します。これは、Cisco Unity ユーザが、この AMIS ユーザをメッセージの宛先に指定するときに使用する番号です。

ステップ 6 使用する[テンプレート]を選択します。

ステップ 7 この AMIS ユーザにメッセージをルーティングするときにリモート ボイス メッセージ システムが使用する[リモート メールボックス番号]を入力します。

ステップ 8 ユーザを関連付ける[ロケーション]を選択します。

ステップ 9 [追加] をクリックします。

ステップ 10 ユーザ レコードの設定を必要に応じてカスタマイズし、 [保存] アイコンをクリックします。


 

AMIS ユーザ アカウントの作成後に考慮する事項

AMIS ユーザ アカウントを作成したら、次のことに注意します。

新しく作成したユーザ アカウントがメッセージを受信できるようになるまで、数分間かかります。

個別のアカウントのユーザ設定は、Cisco Unity システム管理で変更できます。

主要内線番号または代行内線番号などの、独自のユーザ設定を修正する場合は、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを(再度)実行できます。詳細については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。

ユーザが組織から離れたなどの理由で Cisco Unity アカウントが不要になった場合、そのユーザ アカウントは削除できます。詳細については、「AMIS ユーザの削除」を参照してください。

認識されたユーザ メッセージの対象に AMIS ユーザを含めるための拡張

対応する AMIS ユーザ アカウントを持つリモート ボイス メッセージ システムのユーザが Cisco Unity ユーザを呼び出してメッセージを残した場合、デフォルトでは、Cisco Unity はそのメッセージを AMIS ユーザからのものとは認識しません。AMIS ユーザの内線番号または代行内線番号に一致する呼び出し番号を持つ発信者が Cisco Unity で識別されるようにするには、Identified Subscriber Messaging(ISM; 認識されたユーザ メッセージ)の対象に AMIS ユーザを含める必要があります。使用しているインストレーションに合せて、次の各項を参照してください。

「複数の Cisco Unity サーバがデジタル ネットワークでネットワーク構成されているインストレーション」

「単一サーバのインストレーション」

複数の Cisco Unity サーバがデジタル ネットワークでネットワーク構成されているインストレーション

複数の Cisco Unity サーバがデジタル ネットワークでネットワーク構成されているインストレーションで、AMIS ユーザを ISM の対象に含めるには、次のことが必要です。

Cisco Unity サーバを、「ダイヤル ドメイン」の説明に従って、同じ電話システムまたは電話システム ネットワークに接続する必要があります。

各サーバを、「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」の説明に従って、同じダイヤル ドメインに属するよう設定する必要があります。

各サーバの自動受付の検索スコープは、「自動受付の検索スコープの設定」の説明に従ってダイヤル ドメインに設定する必要があります。

各サーバに、「ユーザのインポートに使用する Active Directory コンテナに対する権限の設定」の説明に従って、必要な権限を設定する必要があります。

各サーバの認識されたユーザ メッセージを、「認識されたユーザ メッセージの有効化」の説明に従って有効にする必要があります。

各サーバの認識されたユーザ メッセージの対象に AMIS ユーザを含める必要があります。「認識されたユーザ メッセージの拡張」を参照してください。

単一サーバのインストレーション

Cisco Unity サーバが 1 台だけのインストレーションで、AMIS ユーザを ISM の対象に含めるには、次のことが必要です。

「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」の説明に従って、そのサーバにダイヤル ドメイン名が設定されている必要があります。

「ユーザのインポートに使用する Active Directory コンテナに対する権限の設定」の説明に従って、必要な権限が設定されている必要があります。

「認識されたユーザ メッセージの有効化」の説明に従って、認識されたユーザ メッセージが有効になっている必要があります。

認識されたユーザ メッセージの対象に AMIS ユーザを含める必要があります。「認識されたユーザ メッセージの拡張」を参照してください。

ユーザのインポートに使用する Active Directory コンテナに対する権限の設定

(任意の Cisco Unity サーバの中から)複数のコンテナを選び、それらから連絡先をインポートする場合は、連絡先のインポート元となるフォレスト内の全 Cisco Unity サーバの全コンテナに対しての SendAs 権限を、各 Cisco Unity サーバの Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウントに付与する必要があります。このようにしないと、認識されたユーザ メッセージが Cisco Unity サーバ間で機能しない場合があります。たとえば、CiscoUnityServer1 が Container1 および Container2 から連絡先をインポートし、CiscoUnityServer2 が Container3 および Container4 から連絡先をインポートする場合、これら 4 つすべてのコンテナに対しての SendAs 権限を、各 Cisco Unity サーバの Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウントに付与する必要があります。

適切な権限を設定する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot]ウィンドウの左側領域で、 [Administration Tools] を展開します。

ステップ 3 [Permissions Wizard] をダブルクリックします。

ステップ 4 次の手順を実行します。

Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウント用に同じ Active Directory アカウントを選択します。

いっさいのオプションを変更せず、[Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウントの選択]ページに到達するまで、 [次へ] をクリックします。

すべての Cisco Unity サーバで、Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウント用に同じ Active Directory アカウントを選択します。

適切なコンテナを選択します。

いっさいのオプションを変更せず、[インポート用 Active Directory コンテナの設定]ページに到達するまで、 [次へ] をクリックします。

フォレスト内のすべての Cisco Unity サーバについて、ユーザのインポート元となるコンテナをすべて選択します。

ステップ 5 いっさいのオプションを変更せず、ウィザードが完了するまで [次へ] をクリックします。

ステップ 6 フォレスト内のすべての Cisco Unity サーバで、ステップ 1ステップ 5 を繰り返します。


 

認識されたユーザ メッセージの有効化

システムがフェールオーバーを使用している場合は、この変更をプライマリとセカンダリの両方のサーバ上で行う必要があります。設定がレジストリに格納されるからです。

認識されたユーザ メッセージを有効にする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [システム]>[コンフィギュレーション] ページに移動します。

ステップ 2 [認識されたユーザ メッセージ]セクションで、 [認識されたユーザ メッセージの無効化] チェックボックスをオフにします。

このチェックボックスがオフの場合、認識されたユーザ メッセージは同じ Cisco Unity サーバ上のユーザ用に有効になります。デフォルトでは、このチェックボックスはオフになっています。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

認識されたユーザ メッセージの拡張

認識されたユーザ メッセージを有効にした後、それを拡張して AMIS ユーザが含まれるようにする必要があります。

認識されたメッセージを拡張する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のウィンドウで、[Administrative Tools]の下の [Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Settings]ウィンドウで、 [Networking - Enable Identified Subscriber Messaging (ISM) for AMIS, Bridge, and VPIM Subscribers] をクリックします。

ステップ 4 [New Value]リストで [1] をクリックしてから、 [Set] をクリックします。

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 6 [Exit] をクリックします。

ステップ 7 Cisco Unity を再起動して、レジストリの設定を有効にします。


 

AMIS ユーザに対するクロスサーバ転送の有効化

デフォルトでは、他の Cisco Unity サーバ上で作成された AMIS ユーザへの着信転送は、常に電話システム(リリース)によって処理され、Cisco Unity(相手先応答の検出)では処理されません。これは、それらのユーザが相手先応答の検出用にセットアップされている場合でも変わりません。オプションで、別の Cisco Unity サーバをホームとする AMIS ユーザにコールを転送するときにクロスサーバ転送の設定を使用するように Cisco Unity を設定できます。クロスサーバ転送の詳細については、「自動受付およびディレクトリ ハンドラからのクロスサーバ転送」を参照してください。クロスサーバ転送がすでに設定されている場合、クロスサーバ転送機能の対象に AMIS ユーザを含める方法の詳細については、「オプション:外部ユーザに対するクロスサーバ転送の有効化」を参照してください。

AMIS の概念と定義

次の項では、AMIS の概念について詳しく説明します。

「AMIS の概要」

「ポート使用状況とスケジュール」

「UAmis アカウント」

「ボイス コネクタと AMIS ネットワーク」

「ロケーションと AMIS ネットワーク」

「メッセージの宛先オプション」

「ブラインド アドレスと AMIS ネットワーク」

「AMIS ユーザ」

「認識されたユーザ メッセージ」

「AMIS ユーザへの Live Reply」

「AMIS ユーザの削除」

「内線アドレス」

「Outlook アドレス帳における AMIS ユーザの表示方法の決定」

「別のボイス メッセージ システムから Cisco Unity へのユーザ移行」

「ネットワークを構成している Cisco Unity サーバでの注意事項」

AMIS の概要

AMIS の用語では、通信をする Cisco Unity およびその他のボイス メッセージ システムをノードと呼びます。各ノードには、一意の ID が割り当てられますが、これをノード ID と呼びます。AMIS 呼び出しを発信し、メッセージを送信するノードを発信ノードと呼びます。AMIS 呼び出しに応答し、メッセージを受信するノードを着信ノードと呼びます。特定のシステムが発信ノードとしても着信ノードとしても動作する場合、どちらの機能に対してもノード ID は同じです。AMIS ノードは、Cisco Unity のロケーションに対応します。

Cisco Unity ユーザと他のボイス メッセージ システムのユーザは、メールボックス番号で識別されます。Cisco Unity では、ユーザのメールボックス番号はユーザの内線番号と同じです。

ボイス メッセージは、通常の電話接続を使用して、ノード間で転送されます。1 つのノードが、指定された送信先電話番号をダイヤルして別のノードを呼び出すとき、発信ノードはタッチトーンのシーケンスを使用してノード ID を転送します。着信ノードが呼び出しを受け付ける場合、発信ノードは各ボイス メッセージをアナログ再生を使用して転送し、着信ノードは各ボイス メッセージを録音して該当するメールボックスに送信します。AMIS 呼び出しで送信されるタッチトーンの詳細については、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_white_papers_list.html から入手可能な White Paper『 AMIS Analog Networking Definitions 』を参照してください。

AMIS プロトコルに準拠して、Cisco Unity は発信メッセージをノードごとにバッチ処理します。バッチあたり最大 9 通のメッセージを送信できます。特定のノードに 9 通より多くのメッセージがある場合、Cisco Unity は、9 番目のメッセージを送信した後 AMIS セッションを終了し、しばらく電話を切っておいてからノードをリダイヤルし、次のメッセージのバッチを送信します。

AMIS プロトコルでは、メッセージの最長時間は 8 分と指定されています。AMIS 転送の過程で、発信ノードから着信ノードに、再生メッセージの長さが送信されます。メッセージが長すぎる場合、着信ノードはメッセージを拒否して次のメッセージにスキップすることがあります。しかし、ボイス メッセージ システムによっては、8 分より長いメッセージを受け付けるものもあります。ボイス メッセージ システムがメッセージを拒否した場合は、送信者に不達確認(NDR)が返されます。ユーザが 8 分を超えるメッセージを送信した場合、Cisco Unity は転送を試みます。さらに、Cisco Unity は 8 分を超えるメッセージを受け付けます。メッセージを着信するたびに、Cisco Unity はユーザのメールボックスで使用可能なスペースと[ユーザ] >[メッセージ]ページの[メッセージの最大録音時間(秒)]設定をチェックして、そのメッセージを受け付けるかどうかを決定します。

Cisco Unity への着信 AMIS メッセージは、ユーザのメールボックスにだけ送信されます。パブリック同報リストには送信できません。さらに、着信メッセージの宛先は、ユーザの主要内線番号とする必要があります。代行内線番号を宛先とするメッセージは送信されません。詳細については、「着信メッセージが主要内線番号のみに着信」を参照してください。

AMIS 呼び出しの着信では、発信システムと Cisco Unity との間の最初の「ハンドシェイク」が、開始グリーティングコール ハンドラなどのコール ハンドラで行われる必要があることに注意してください。AMIS ネットワークを正しく設定するには、AMIS 呼び出しの着信がすべてコール ハンドラにルーティングされることを確認する必要があります。Cisco Unity の最初のインストール時のデフォルト設定では、着信サービスが呼び出しを開始グリーティング コール ハンドラにルーティングします。この設定が AMIS ネットワークの正しい設定です。着信サービスがインストール後に修正されている場合は、着信サービスに着信 AMIS 呼び出しをすべてコール ハンドラにルーティングする規則があることを確認する必要があります。

ポート使用状況とスケジュール

Cisco Unity Telephony Integration Manager(UTIM)と Cisco Unity システム管理の[システム]>[ポート]ページでは、AMIS 呼び出しの発信に使用するシステム ポートを指定できます。AMIS 呼び出しの着信にはすべてのポートが使用されます。

AMIS 転送は長時間にわたることがあり、Cisco Unity サーバのポートを占有することがあります。たとえば、10 時間の AMIS メッセージを転送するには、ポートを 10 時間以上占有します。2 分間のボイス メッセージを 200 人の AMIS 受信者が含まれているパブリック同報リストに送信すると、200 通のボイス メッセージが発信キューに蓄積され、転送のためにポートを少なくとも 6.5 時間占有します。

複数のポートを AMIS メッセージの発信用に指定した場合、Cisco Unity は指定されたポート全部を使用して、メッセージ トラフィックを保証します。使用されるポートの総数は、AMIS 呼び出しの発信用に指定されたポートの数によって制限されます。たとえば、AMIS メッセージを発信するために 10 個のポートが使用可能で、送信するメッセージが 10 時間あり、10 個のポートすべてをメッセージの送信に使用する場合、全部のメッセージを転送するには、約 1 時間と、呼び出しを発信して AMIS セッションを確立する時間とを加算した時間が必要です。

発信メッセージは宛先に従って並べ替えられ、9 つのグループにまとめられます。複数の宛先がある場合、メッセージは複数のポートを使用して転送されます。1 つの宛先に対して大量のメッセージがある場合は、メッセージの各バッチ(バッチあたり最大 9 通のメッセージ)が異なるポートで転送されます(異なるポートが利用可能な場合)。つまり、AMIS メッセージの送信用に複数のポートが指定されている場合は、必要に応じて、1 つのノード宛てのメッセージの処理に複数のポートが使用されます。1 ノード宛ての発信メッセージ数が増加した場合は、9 通につき 1 つの単位で新たなポートが追加されていきます。つまり、ノードへのメッセージ数が 9 通以下の場合のメッセージ配信用ポートは 1 つで、10 ~ 18 通の場合は 2 つのポートが使用されます。19 ~ 27 通の場合は 3 つのポートが使用され、以下同様に続きます。

ポートは AMIS セッションの開始後、送信するメッセージがある限りメッセージの送信を継続します。ポートが切断されるのは、発信メッセージがなくなったときと、同一ノードへ 9 通目のメッセージを送信した後だけです。この場合ポートは短時間切断され、送信する必要のあるメッセージがさらにある場合は再びメッセージの送信を継続します。

発信 AMIS メッセージの転送によってボイス ポートが長時間占有されることがあるので、発信 AMIS 呼び出しは、休み時間または Cisco Unity が多くの呼び出しを処理していない時間に行うようにスケジュールを調整します。さらに、AMIS 送信先番号のほとんどが長距離の場合は、長距離電話料金が安い時間に発信 AMIS 呼び出しを行うようにスケジュールできます。ただし、発信メッセージは UAmis メールボックスで待機しているので、送信ウィンドウを制限する場合は十分なディスク領域が必要になることに注意してください。

AMIS スケジュールを無視して、緊急のマークが付いているメッセージをすぐに送信できます。さらに、規制テーブルをセットアップすることにより、すぐに送信される送信先番号と AMIS スケジュールがアクティブになるまで待機する番号を指定することができます。

通常の営業時間の終了後に限り AMIS 呼び出しを発信するように AMIS スケジュールを調整する場合は、必ずユーザに通知してください。ユーザは、すぐには発信されないボイス メッセージを送信するよりは、他のボイス メッセージ システムで直接ユーザに連絡する方法、または電子メールを送信する方法を選択することがあります。

発信 AMIS 呼び出しが通常の営業時間に行われるようにスケジューリングされている場合、または着信の本数が多い場合、特定のポートを着信呼び出し専用とし、他のポートを TRAP 専用とします。これらのポートから発信 AMIS 呼び出しを除外して、重要な着信に対して有効なポートがあることを確認します。Tools Depot の Ports Usage Analyzer を使用すると、数日間トラフィックを監視し、必要に応じてポートを調整できます。

Cisco Unity が発信 AMIS 呼び出しを行う場合、発信 AMIS 呼び出し用に設定された使用可能なポートが見つかるまで、使用するポートを最後のポート(数値が最も大きいポート)から逆方向に検索します。二重スイッチ連動の場合、Cisco Unity は最後の連動で最後の使用可能なポート(数値が最も大きいポート)の検索を開始します。

複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成している組織では、ネットワーク上のすべての Cisco Unity サーバの AMIS 呼び出し(着信と発信の両方)全部を処理する「ブリッジヘッド」Cisco Unity サーバをセットアップできます。このようにして、1 つの Cisco Unity サーバ上のポートだけが AMIS メッセージに使用されます。

UAmis アカウント

発信 AMIS メッセージは、UAmis_<サーバ名> という名前の特別な Exchange メールボックスに置かれます。AMIS メッセージを転送する前に、UAmis アカウントを作成する必要があります。

UAmis アカウントのメールボックスは、パートナー Exchange サーバに配置されます。このサーバは、Cisco Unity のセットアップ中にメッセージ ストア コンフィギュレーション ウィザードで選択された Exchange サーバです。

UAmis メールボックスのディスク空き領域の限界は、UAmis メールボックスが作成されるメールボックス ストアで定義されている限界に設定されます。UAmis メールボックスのディスク空き領域の限界は、Exchange 管理アプリケーションを使用して変更できますが、変更時は注意してください。UAmis メールボックスがいっぱいになると、それ以降の発信メッセージは送信できず、送信者は NDR を受信します。

UAmis メールボックスで制限を設定するかどうか判断する際には、次の事項を考慮します。

AMIS ダイヤル規制とスケジュールが、AMIS メッセージが 1 日の指定した時間帯にだけ送信されるように設定されている場合は、メッセージは UAmis メールボックスで待機します。ディスク空き領域の限界は、配信不能期間中にすべての AMIS メッセージを格納できる十分な大きさにする必要があります。

AMIS メッセージの数が急増する時間帯もあります。ディスク空き領域の限界は、これを処理できる十分な大きさにする必要があります。

Exchange サーバのハード ディスク容量が限られている場合は、使用可能領域を超えないように制限することもできます。

UAmis メールボックスに制限を設ける前に AMIS 発信トラフィック レポートを実行することにより、AMIS メッセージの発信を監視します。詳細については、『 Cisco Unity メンテナンス ガイド 』の「レポート」の章の「AMIS 発信トラフィック レポート」の項を参照してください。『 Cisco Unity メンテナンス ガイド 』は、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

UAmis メールボックスは、標準 Microsoft ツールを使用して、他の Exchange メールボックスと同じように移動および削除できます。UAmis アカウントを誤って移動または削除することがないように、このアカウントについて Active Directory および Exchange の管理者に必ず通知してください。UAmis アカウントを誤って移動しないように、UAmis アカウントの Exchange 表示名を変更しておくことを検討してください。変更しておくと、取り扱いに注意が必要なアカウントであることがすぐにわかります。また、UAmis アカウントを非表示にすると、Outlook のアドレス帳には表示されません。

UAmis メールボックスの移動については、『 Cisco Unity メンテナンス ガイド 』の「Cisco Unity データとログ ファイル、およびユーザ メールボックスとシステム メールボックス」の章の「UAmis メールボックス」の項を参照してください。このマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

UAmis メールボックスからメッセージが送信されるのは、次の場合(少なくとも 1 つが満たされたとき)です。

メッセージに緊急のマークが付いており、AMIS 発信オプションが緊急メッセージをすぐに送信するように設定されているとき。

AMIS 規制テーブルで、メッセージの送信先番号を許可したとき。

AMIS スケジュールがアクティブになったとき。

スケジュールが非アクティブになったときに送信されていないメッセージは、次にスケジュールがアクティブになるまで UAmis メールボックスに残ります。24 時間を超えてメッセージが UAmis メールボックスに残った場合は、Windows アプリケーション イベント ログにエラーが記録されます。UAmis メールボックスの監視の詳細については、「メンテナンス」を参照してください。

複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成している組織では、UAmis アカウントは、AMIS 呼び出しの発信と受信を行う Cisco Unity サーバだけに作成する必要があります。詳細については、「ネットワークを構成している Cisco Unity サーバでの注意事項」を参照してください。

ボイス コネクタと AMIS ネットワーク

ボイス コネクタを使用することによって、Cisco Unity は AMIS メッセージを送受信できます。ユーザが電話を使用して AMIS 受信者をメッセージの宛先に指定すると、Cisco Unity は、このメッセージ用に AMIS:<ロケーションのダイヤル ID>_<リモート メールボックス> という形式のアドレスを構成します。ボイス コネクタは、AMIS アドレス タイプのメッセージを処理するように、Exchange に登録されます。AMIS 受信者への発信メッセージの場合、ボイス コネクタはメッセージ プロパティを変換し、メッセージを UAmis メールボックスに送信します。AMIS 用にライセンスされた複数の Cisco Unity サーバが存在するインストレーションの場合、ボイス コネクタは、AMIS ロケーションまたは AMIS ユーザが作成された Cisco Unity サーバに関連付けられている UAmis メールボックスにメッセージを送信します。

Voice Connector for Exchange 2000 をインストールします。ボイス コネクタのセットアップについては、「Voice Connector for AMIS ネットワークのセットアップ」を参照してください。

Voice Connector for Exchange 2000 バージョン 11.0(1) 以降は、Exchange 2000 サーバまたは Exchange 2003 サーバにインストールすることができます。

ボイス コネクタを Exchange 2007 サーバにインストールすることはサポートされていません。

ロケーションと AMIS ネットワーク

AMIS のセットアップの中心になる Cisco Unity オブジェクトをロケーションと呼びます。各 Cisco Unity サーバは、デフォルト ロケーションまたはプライマリ ロケーションと呼ばれる 1 つのロケーションに関連付けられています。プライマリ ロケーションは、インストール時に作成され、削除できません。AMIS をセットアップするときに、プライマリ ロケーションに新しい名前とダイヤル ID (Cisco Unity 内でのロケーションの識別情報)を付け、AMIS ノード ID を入力し、必要に応じてその他のプロパティをカスタマイズします。プライマリ ロケーションの AMIS ノード ID は、すべての発信 AMIS 呼び出しの際に転送され、これによって Cisco Unity システムは宛先ノードを識別します。設定方法の詳細については、「プライマリ ロケーション プロファイルの設定」を参照してください。

Cisco Unity が通信するリモート ボイス メッセージ システムそれぞれに対応する Cisco Unity に、配信ロケーションを作成します。配信ロケーションには、Cisco Unity が他のノードとメッセージを交換するために必要な情報(送信先電話番号と AMIS ノード ID)が含まれます。

複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成している組織では、配信ロケーションは、AMIS 用にライセンスされた Cisco Unity サーバだけに作成します。詳細については、「ネットワークを構成している Cisco Unity サーバでの注意事項」を参照してください。

メッセージの宛先オプション

Cisco Unity には、次のメッセージの宛先オプションがあります。

ブラインド アドレス:Cisco Unity ユーザは、受信者のメールボックス番号、名前、および名前の録音がディレクトリにない場合にも、リモート ボイス メッセージ システムのユーザにメッセージを送信できます。Cisco Unity ではボイス名での確認はできません(そのため「ブラインド アドレス」と呼ばれます)が、メッセージは宛先に送信されます。詳細については、「ブラインド アドレスと AMIS ネットワーク」を参照してください。

AMIS ユーザ:Cisco Unity ユーザは、リモート ボイス メッセージ システムのユーザにメッセージの宛先指定をする際、ボイス名の録音による確認ができます。AMIS ユーザは、リモート ボイス メッセージ システムを使用しているユーザを表す Cisco Unity での呼び名です。AMIS ユーザは、Cisco Unity ユーザが他のユーザの場合と同様にディレクトリ内で AMIS ユーザを検索してメッセージを送信できるように、Cisco Unity 内に作成されます。詳細については、「AMIS ユーザ」を参照してください。

メッセージの宛先指定の制限

ユーザは、通常のボイス メッセージの場合と同様に、Cisco Unity の電話通話(電話ユーザ インターフェイスまたは TUI とも呼ばれる)、Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook、または Cisco Unity Inbox を使用して、AMIS メッセージへの応答および AMIS メッセージの転送ができます。ただし、AMIS メッセージを送受信するときは、次の制限があります。

AMIS メッセージに送信時に緊急のマークが付いていても、受信者が取得するときにはマークが付いていません。

AMIS メッセージに送信時にプライベートのマークが付いていても、受信者が取得するときにはマークが付いていません。

AMIS メッセージの着信確認要求には応じられません。

電子メール メッセージは AMIS 受信者へは送信できません。たとえ、ViewMail が AMIS 受信者を宛先に指定することを許容しても送信は行われません。AMIS 受信者に送信された電子メール メッセージは、配信する代わりに、NDR として送信者に返されます。

AMIS ユーザから Cisco Unity ユーザに送信されたメッセージは暗号化できません。したがって、このメッセージは Secure Messaging のメッセージ エージング機能の影響を受けません。

ブラインド アドレスと AMIS ネットワーク

AMIS ブラインド アドレスは、Cisco Unity が AMIS メッセージの宛先に別のボイス メッセージ システムのユーザを指定できるようにする方法の 1 つです。ブラインド アドレスを使用すると、Cisco Unity ユーザは、受信者のメールボックス番号、名前、および名前の録音がディレクトリにない場合にも、リモート ボイス メッセージ システムのユーザにメッセージを送信できます。Cisco Unity ではボイス名での確認はできません(そのため「ブラインド アドレス」と呼ばれます)が、メッセージは宛先に送信されます。

ブラインド アドレスをセットアップするステップの 1 つとして、[プライマリ ロケーション]>[宛先オプション]ページで[ブラインド アドレス]設定を調整する方法があります。さらに、Cisco Unity が通信するボイス メッセージ システムそれぞれに対応する配信ロケーションも作成します。

配信ロケーションそれぞれに、次の情報を指定します。

[送信先番号]:Cisco Unity が、他のボイス メッセージ システムにアクセスするためにダイヤルする番号。

[AMIS ノード ID]:Cisco Unity が、AMIS 転送時にリモート ボイス メッセージ システムを識別するために使用する番号。着信呼び出しの場合、Cisco Unity は、発信ノードから送信された値と一致する AMIS ノード ID を AMIS 配信ロケーションで検索します。対応するロケーションが見つからない場合、Cisco Unity は AMIS プロトコルに従い、メッセージを録音せずに呼び出しを拒否します。

[ダイヤル ID]:Cisco Unity に対してロケーションを識別する独自の番号。ブラインド アドレスでリモート ボイス メッセージ システムを使用するユーザをメッセージの宛先に指定するときに、ユーザがダイヤルする番号です。

ブラインド アドレスでメッセージの宛先を指定するとき、ユーザは配信ロケーションのダイヤル ID と受信者のメールボックス番号で構成された番号をダイヤルします。メッセージの宛先を指定する前に、Cisco Unity はユーザが入力した番号を解析し、一致する配信ロケーションを検索します。Cisco Unity に一致するロケーションが見つからない場合は、送信者にエラーを報告し、メッセージの宛先は指定されません。一致する配信ロケーションが見つかった場合、Cisco Unity はリモート メールボックス番号が存在するかどうかを確認せずにメッセージの宛先を指定します。Cisco Unity は、メッセージの宛先を指定する前に、配信ロケーションが存在することの確認としてボイス名の確認を行います(配信ロケーションのボイス名が録音されている場合)。

Cisco Unity サーバは、他のボイス メッセージ システム上のユーザの名前と内線番号にアクセスできないので、ブラインド アドレスで他のシステムのユーザをメッセージの宛先に指定するときは、スペリング モードを使用できません。

ユーザは、ViewMail for Outlook および Cisco Unity Inbox にあるボイス メッセージの宛先に、[AMIS:<ロケーションのダイヤル ID>_<リモート メールボックス>]という書式で、リモート ボイス メッセージ システム上のユーザを指定することもできます。たとえば、ダイヤル ID 206、メールボックス 555 にメッセージを送信する場合、アドレスは[AMIS:206_555]です(角カッコもアドレスの一部です)。

Cisco Unity の管理者にとって、ブラインド アドレスは、セットアップに必要な作業量が最も少ないオプションです。しかし、ユーザがブラインド アドレスで他のボイス メッセージ システムのユーザをメッセージの宛先に指定するときには、いくつかの制限があります。ユーザがメッセージの宛先を指定するときに使用できるモードは、ナンバー モードだけです。そのため、配信ロケーションのダイヤル ID と受信者のメールボックス番号を知っている必要があります。さらに、入力された番号が正しいかどうかを Cisco Unity で確認できないため、ユーザが不注意で間違った相手または存在しないメールボックスをメッセージの宛先に指定することがあります。

ユーザは Cisco Unity カンバセーションを使用して、プライベート同報リストでブラインド アドレスを追加および削除できます。一方、Cisco Unity Assistant を使用すると、ブラインド アドレスをプライベート同報リストに追加することはできませんが、リスト メンバーの表示や、電話で追加されたブラインド アドレスの削除を実行できます。また、Cisco Unity システム管理でも、ブラインド アドレスをプライベート同報リストに追加することはできませんが、リスト メンバーの表示や削除を実行できます。

配信ロケーションを削除すると、そのロケーションのブラインド アドレスもすべてのプライベート同報リストから削除されるので注意してください。ユーザのプライベート同報リストにこのような変更が生じる可能性があることをユーザに通知するよう考慮してください。

複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成している組織では、ユーザがブラインド アドレスを使用して、AMIS ロケーションのユーザをメッセージの宛先に指定すると、AMIS 転送は、AMIS 配信ロケーションが作成された Cisco Unity サーバから行われます。詳細については、「ネットワークを構成している Cisco Unity サーバでの注意事項」を参照してください。

AMIS ユーザ

AMIS ユーザは、リモート ボイス メッセージ システムを使用しているユーザを表す Cisco Unity での呼び名です。AMIS ユーザが Cisco Unity で作成されると、Cisco Unity ユーザは、他のユーザに対する場合と同様に、AMIS ユーザをディレクトリ内で検索してメッセージを送信できます。AMIS ユーザが宛先に指定されているボイス メッセージは、そのユーザが使用しているボイス メッセージ システムに送信されます。

AMIS ユーザは、追加の Exchange クライアント アクセス ライセンス(CAL)は必要ありません。また Cisco Unity ユーザ ライセンスを使用することはありません。Cisco Unity ユーザのライセンス カウントは、AMIS ユーザを作成する場合も変わりません。

AMIS ユーザをセットアップするには、まず、Cisco Unity が通信するリモート ボイス メッセージ システムそれぞれに対応する AMIS 配信ロケーションを作成します。配信ロケーションを作成した後で、各リモート ユーザの AMIS ユーザ アカウントを作成します。各 AMIS ユーザ アカウントを作成するときに、他のボイス メッセージ システムのユーザのメールボックス番号を指定し、AMIS ユーザが関連付けられている AMIS 配信ロケーションを選択します。Cisco Unity は、関連付けられている配信ロケーションから取得した送信先電話番号と AMIS ノード ID を使用して、AMIS ユーザにメッセージを送信します。

AMIS 用にライセンスされた Cisco Unity サーバが 1 台以上ある組織では、AMIS ユーザは、AMIS ユーザが作成される Cisco Unity サーバと同じサーバで作成された AMIS 配信ロケーションだけに関連付けることができます。ユーザが AMIS ユーザをメッセージの宛先に指定すると、AMIS 転送は、AMIS ユーザが作成された Cisco Unity サーバから行われます。詳細については、「ネットワークを構成している Cisco Unity サーバでの注意事項」を参照してください。

Cisco Unity の AMIS ユーザは、Active Directory では連絡先として表されます。Cisco Unity システム管理で AMIS ユーザを削除すると、基本の連絡先が自動的に削除されます。

AMIS ユーザ アカウントは、通常のユーザ アカウントとほとんど同じ方法で作成および管理します。Cisco Unity システム管理を使用して、AMIS ユーザ アカウントを一度に 1 つずつ作成、修正、および削除できます。また、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して複数の AMIS ユーザ アカウントを作成および修正できます。

内線番号は、AMIS ユーザ アカウントに必須です。内線番号は、AMIS ユーザをメッセージの宛先に指定するときに Cisco Unity ユーザがダイヤルする番号で、ダイヤル ドメイン全体で一意である必要があります。この番号は、リモート ボイス メッセージ システム上のユーザのメールボックス番号と同じでも異なっていてもかまいません。組織の開始グリーティングにアクセスした発信者は、AMIS ユーザの内線番号をダイヤルすることも、宛先検索サービスで AMIS ユーザを検索してメッセージを残すこともできます。

AMIS ユーザは、メッセージを受信する以外に、Cisco Unity の他の機能にアクセスすることはできません。また、Cisco Unity システム管理のいくつかのセクションが使用不能になります。AMIS ユーザは、次の操作はできません。

電話で Cisco Unity にログオンして、メッセージをチェックまたは送信すること。

電話で Cisco Unity にログオンして、または Cisco Unity Assistant を使用して、個人設定を調整すること。名前の録音とグリーティングは、Cisco Unity システム管理を使用して録音または変更のみが可能です。ただし、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用することで、AMIS ユーザのボイス名をインポートできます。詳細については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。

Cisco Unity Inbox を使用してメッセージをチェックすること。

プライベート同報リストを所有すること。

メッセージ通知をセットアップまたは受信すること。

メッセージ ウェイティング インジケータを受信すること。

AMIS ブラインド アドレスのセットアップに比べて、AMIS ユーザのセットアップには、より大きな Cisco Unity の管理上のオーバーヘッドが発生します。ただし、AMIS ユーザ オプションを使用すると、他のユーザは、通常のユーザを指定するときと同じ方法で、AMIS ユーザをメッセージの宛先に指定できます。

AMIS ユーザを使用するユーザの状況

AMIS ユーザは、電話帳に掲載されていて、ボイス名とグリーティングが録音されているとします。

ユーザは、電話、ViewMail for Outlook、または Cisco Unity Inbox を使用して AMIS ユーザへのメッセージの宛先を指定できます。

AMIS ユーザに対応する連絡先は、Exchange アドレス リストに含まれ、Outlook のアドレス帳(明確に連絡先を表示されないようにした場合を除く)、および Cisco Unity Inbox のアドレス帳に登録されます。したがって、Outlook または Cisco Unity Inbox を使用して AMIS ユーザへのメッセージの宛先を指定した場合、通常のユーザと同様になります。

電話を使用する場合、ユーザは AMIS ユーザへのメッセージの宛先の指定を、名前のスペル モード(システムで有効になっている場合)または内線番号でできます。

ユーザは、AMIS ユーザにメッセージの宛先指定をする際、ボイス名の録音による確認ができます。

ユーザが電話を使用してメッセージを聞く場合は、ガイダンスが誰からのメッセージであるかを案内します。

AMIS ユーザは、パブリックおよびプライベート同報リストに追加できます。

Cisco Unity が身元不明発信者からのメッセージを AMIS ユーザに記録する場合、プライマリ ロケーションの ダイヤル ID が送信側メールボックスとして使用されます。AMIS ユーザはこれらのメッセージに対して返信できますが、返信は Unity Messaging System のメールボックスに NDR として返されます。

認識されたユーザ メッセージ

Identified Subscriber Messaging(ISM; 認識されたユーザ メッセージ)では、ユーザが自分の主要内線番号または代行内線番号から他のユーザを呼び出したときに再生される内容や、呼び出し先のユーザのグリーティングに転送される内容が決まります。発信元のユーザがメッセージを残した場合は、発信先のユーザが聞く内容と、メッセージを聞いたときに可能な操作が決定されます。ISM を有効にすると、Cisco Unity は、発信元の内線番号にユーザが関連付けられていることを認識し、それに応じて発信先ユーザの内線グリーティングを再生します。さらに、Cisco Unity は残されたメッセージとともに、発信元ユーザの録音済みボイス名を再生するため、発信先ユーザはそれを聞いて応答を録音することができます。

Cisco Unity ユーザの呼び出しがユーザ グリーティングに転送され、ISM が有効な場合、Cisco Unity は、発信元の番号(ANI または発信者 ID)をユーザの主要内線番号および代行内線番号と照合します。一致するものが見つかると、その発信者を Cisco Unity のユーザとして認識します。デフォルトの Cisco Unity が発信元の番号の照合先として使用する内線番号は、ローカル システムの「通常の」Cisco Unity ユーザの内線番号に限定されています。ISM は、ダイヤル ドメイン全体のすべての Cisco Unity ユーザを含めるよう拡張できます。

ISM を AMIS ユーザ、Bridge ユーザ、および VPIM ユーザ(まとめて外部ユーザと呼びます)に対して有効にできるので、Cisco Unity は発信者番号と内線番号を比較するときに、それらのユーザも比較対象に含めます。次の点に注意してください。

外部ユーザを ISM の適用対象にした後は、Cisco Unity を再起動する必要があります。

複数の Cisco Unity サーバをデジタル ネットワークでネットワーク構成している場合は、ブリッジヘッド サーバと同じダイヤル ドメイン内にある Cisco Unity サーバ上でのみ、ISM 機能を有効にできます。

この機能を必要とするそれぞれの Cisco Unity サーバで、ISM を外部ユーザ用に有効にする必要があります。

使用している Cisco Unity サーバが 1 台の場合、この機能を使用するには、その Cisco Unity サーバがダイヤル ドメインのメンバーになっている必要があります。

メッセージを残すことと、メッセージを送信することの違いに注意してください。リモート ボイス メッセージ システムから、対応する外部ユーザ アカウントを使用して Cisco Unity ユーザへメッセージを録音して送信する(呼び出してメッセージを残すのではない)場合、そのメッセージは Cisco Unity で、対応する外部ユーザからのメッセージとして認識されます。

発信元の番号は、電話システムから Cisco Unity に通知されます。その桁数は、ほとんどの電話システムで設定可能です。Cisco Unity が一致するユーザの内線番号を検出するためには、発信者番号に応じた桁数を通知する設定を、電話システムに対して行う必要があります。また、発信者番号を照合するために、ユーザ アカウントに代行内線番号を付加することが必要な場合もあります。さらに、電話システム固有の問題によって、Cisco Unity が発信者番号をユーザの内線番号と照合できない場合もあります。電話システムが提供する通話情報の詳細については、使用している電話システムのマニュアルと適切な Cisco Unity インテグレーション ガイドを参照してください。

AMIS ユーザへの Live Reply

Live Reply では、電話でメッセージを聞くユーザは、他のユーザを呼び出すことにより、他のユーザからのメッセージに応答できます。この機能が有効になっているときに、電話でメッセージを聞いたユーザがユーザ メッセージに応答するには、「ユーザの呼び出し」オプションを選択して、Cisco Unity からユーザを直接呼び出します。ユーザが Live Reply 機能にアクセスできるかどうかは、そのユーザのサービス クラスの設定によって決まります(Live Reply を有効にするには、Cisco Unity システム管理の[ユーザ]>[サービス クラス]>[メッセージ]ページを使用します)。

ユーザは、別のボイス メッセージ システムのユーザからのメッセージでも、そのユーザが Cisco Unity に対応する AMIS ユーザ アカウントを持っていれば、Live Reply で応答できます。Live Reply による呼び出しを正常に転送するには、AMIS ユーザの着信転送番号を設定する必要があります。

Live Reply による AMIS ユーザへの応答は、常に電話システムへのリリース転送によって行われます。これはメッセージに応答する Cisco Unity ユーザと、AMIS ユーザの両方のアカウントが、同じ Cisco Unity サーバにある場合も同様です。リリース転送では、Cisco Unity が、AMIS ユーザ用に設定された着信転送番号をダイヤルして回線を切断し、その後の呼び出しの処理を電話システムに引き継ぎます。リリース転送では、次の制限事項に注意してください。

AMIS ユーザの通話スクリーニング、通話保留、および接続案内の機能は無視されます。

着信転送設定の[転送せずグリーティングを再生する]は無視されます。Cisco Unity は、AMIS ユーザの内線番号をダイヤルして電話を切ります。ユーザの内線番号が、Cisco Unity の統合されている電話システムで有効な内線番号である場合は、そのユーザの電話のベルが鳴ります。ユーザの内線番号が有効な電話内線番号でない場合、その後の通話に何が起きるかは、電話システムとその設定によって異なります。電話システムがユーザの内線番号への呼び出しを処理するように設定されていないと、発信者は接続を切断される場合があります。

次の点に注意してください。

Live Reply による AMIS ユーザへの応答は自動的に有効になります。無効にすることはできません。

他の Cisco Unity サーバ上にアカウントを持つ AMIS ユーザへの Live Reply では、他の Cisco Unity サーバ上にアカウントを持つ Cisco Unity ユーザへの Live Reply に使用できるクロスサーバ Live Reply 機能は使用されません。ただし、Cisco Unity ユーザが、別の Cisco Unity サーバのユーザ アカウントを持つ AMIS ユーザからのメッセージに Live Reply で応答するには、両方のサーバが同じダイヤル ドメインに存在する必要があります。

AMIS ユーザの削除

各 AMIS ユーザは、Active Directory の連絡先に関連付けられています。それぞれのユーザ アカウントを削除して Cisco Unity システム管理の AMIS ユーザを削除すると、基本のディレクトリ オブジェクトは自動的に削除されます。配信ロケーションに関連付けられたすべての AMIS ユーザ、それらのユーザに関連付けられた基本の連絡先、および配信ロケーション自体を削除するには、Tools Depot の Global Subscriber Manager を使用します。

AMIS 配信ロケーションを削除すると、ブラインド アドレスもすべてのプライベート同報リストから削除されるので注意してください。ユーザのプライベート同報リストにこのような変更が生じる可能性があることをユーザに通知するよう考慮してください。

内線アドレス

AMIS ユーザを作成すると、Cisco Unity は自動的に次の形式の電子メール アドレスを生成します。

AMIS:<ロケーションのダイヤル ID>_<リモート メールボックス>

この特別な電子メール アドレスを、内線アドレス(またはリモート アドレス)と呼びます。内線アドレスは、AMIS ユーザが関連付けられている配信ロケーションのダイヤル ID と AMIS ユーザのリモート メールボックス番号の組み合せです。AMIS ユーザに対応する Active Directory の連絡先にはそれぞれ内線アドレスが含まれています。

ユーザが電話で AMIS ユーザをメッセージの宛先に指定するときは、内線番号をダイヤルします。Cisco Unity は受信者を AMIS ユーザとして認識し、Cisco Unity サーバ上の SQL Server データベースから内線アドレスを取得します。

内線アドレスは AMIS ユーザを作成するときに自動的に生成され、配信ロケーションのダイヤル ID またはリモート メールボックス番号を変更した場合、自動的に更新されます。

Outlook アドレス帳における AMIS ユーザの表示方法の決定

インストレーションによっては、リモート ボイス メッセージ システムのユーザが、電子メールに使用するローカル ネットワーク上ですでに Active Directory アカウントと Exchange メールボックスを持っていることがあります。したがって、そのユーザの AMIS ユーザ アカウントを作成すると、Exchange アドレス リストには、電子メールに使用する既存のユーザ アカウントと、ボイスメールだけに使用する新規の連絡先が重複して登録されます。どちらの登録も、Outlook アドレス帳に取り込まれます。これは、ボイス メッセージの宛先指定にしか使われない連絡先に、不注意で電子メール メッセージを送信してしまう可能性があることを意味します。

ユーザが AMIS ユーザに誤って電子メールを送信しないように、関連付けられた連絡先を Outlook のアドレス帳で非表示にできます。また別の方法として、Outlook アドレス帳における連絡先について、名前の表示方法を変更して、ユーザが連絡先をユーザ アカウントと区別できるようにすることも可能です。この方法では、連絡先に対して不注意に送信される電子メール メッセージの数を減らすことができ、また同時に、AMIS ユーザに送信するボイス メッセージについて、宛先の指定が容易になります。

ユーザに関連付けられたすべての連絡先が Outlook アドレス帳に表示されないようにするには、「Outlook アドレス帳で連絡先を非表示」を参照してください。

また、Outlook アドレス帳における連絡先の表示方法を変更する場合は、「Outlook アドレス帳における連絡先の表示方法の変更」を参照してください。

Outlook アドレス帳で連絡先を非表示

AMIS ユーザ アカウントを作成する前、または作成した後に、関連付けられた連絡先を Exchange アドレス リストで非表示にして Outlook のアドレス帳に表示しないようにすることができます。この設定を行っても Exchange は、既存のユーザ アカウント(存在する場合)および連絡先に対して、電子メール メッセージを配信します。ただし、電子メール メッセージの宛先を指定する際に、ユーザは不注意に連絡先を Outlook アドレス帳で選択できないため、連絡先に対して送信される電子メール メッセージの数は減ります。

Outlook アドレス帳でユーザを非表示にするには、Cisco Unity システム管理、Cisco Unity Bulk Import ウィザード、Bulk Edit、または Active Directory ユーザーとコンピュータを使用します。

Cisco Unity システム管理で設定を行うには、AMIS ユーザの作成時であれば、使用を予定するユーザ テンプレートの[プロファイル]ページで、あるいはユーザ アカウントの作成後であれば、個々のユーザの[プロファイル]ページで、[電子メール サーバのアドレス帳でのユーザ表示]チェックボックスをオフにします。

Cisco Unity Bulk Import ウィザードまたは Bulk Edit ユーティリティを使用する場合は、各ツールのヘルプを参照してください。

Active Directory ユーザーとコンピュータを使用する場合、[表示]>[拡張機能]をクリックして[Exchange の詳細設定]プロパティ ページを表示し、[Exchange の詳細設定]タブで[Exchange アドレス一覧に表示しない]チェックボックスをオンにします。

Outlook アドレス帳における連絡先の表示方法の変更

Outlook アドレス帳に連絡先をまったく表示しない方法に代わる手段として、連絡先の表示名を変更することで、連絡先とユーザ アカウントとの区別を可能とする方法があります。たとえば、「- Voice mail」を各 AMIS ユーザの表示名に付加できます。すると、Outlook アドレス帳では次のように表示されます。

Abade, Alex
Abade, Alex - Voice mail
Bader, Kelly
Bader, Kelly - Voice mail
Campbell, Terry
Campbell, Terry - Voice mail
Cho, Li
Cho, Li - Voice mail

この方法では、AMIS ユーザにボイス メッセージを送信する際に、ユーザは適切なアドレスを容易に判別できます。さらに、ユーザが Outlook アドレス帳を使用して、メッセージの宛先を連絡先に指定する際に、そのアドレスが正しい形式であることを確認できます。

Cisco Unity Assistant でプライベート同報リストにユーザが個々のユーザを追加することの防止

従来型のボイス メッセージ システムから Cisco Unity への移行において、組織はユーザを段階的に Cisco Unity へ移行することを選択する場合があります。そのため、Cisco Unity は通常のユーザおよび「外部」ユーザ(必要に応じて、Bridge、AMIS、または VPIM の連絡先)の両方を同時にサポートすることがあります。移行期間中でも、通常のユーザは外部ユーザにメッセージを送信し、それらをプライベート同報リストに追加することができます。

ただし、外部ユーザが通常の Cisco Unity ユーザに変換されると、これらのユーザは、プライベート同報リストの所有者に通知することなく、自動的にすべてのプライベート同報リストから削除されます。削除されると、ユーザは対象の受信者がメッセージを受信しないことに気付かずに、プライベート同報リストへメッセージを送信し続ける場合があります。

必要に応じて、Cisco Unity の管理者は、外部ユーザが通常のユーザに変換されること、および新しく移行したユーザを既存のプライベート同報リストに再度追加する必要があることを、ユーザに知らせる必要があります。移行期間中は、ユーザが Cisco Unity Assistant でプライベート同報リストにユーザを追加できないようにして、少なくとも移行処理が完了するまでは Cisco Unity の電話メニューを使用してユーザを追加しないように依頼する必要があります。

Cisco Unity サーバに関連付けられているいずれのユーザも Cisco Unity Assistant でプライベート同報リストに個々のユーザを追加しないよう防止するには、次の「Cisco Unity Assistant でプライベート同報リストにユーザが個々のユーザを追加することを防止する」の手順を実行します。この変更を加えると、ユーザが Cisco Unity Assistant でリストにメンバーを追加するときに、[名前検索]ダイアログボックスに[ユーザ]タブが表示されません([同報リスト]タブから、自分のリストに同報リストを追加することはできます)。


) この手順では、ユーザが Cisco Unity の電話メニューを使用してプライベート同報リストに通常のユーザおよび外部ユーザを追加しないようにしたり、通常のユーザおよび外部ユーザをメッセージの宛先として指定しないようにすることはできません。


Cisco Unity Assistant でプライベート同報リストにユーザが個々のユーザを追加することを防止する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のウィンドウで、[Administrative Tools]の下の [Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Settings]ウィンドウで、 [Unity Assistant--Do Not Allow Subscribers to Add Subscribers to Private Lists] をクリックします。

ステップ 4 [New Value]リストで [1] をクリックしてから、 [Set] をクリックします。

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 6 [Exit] をクリックします。

変更を有効にするために、Cisco Unity を再起動する必要はありません。


 

別のボイス メッセージ システムから Cisco Unity へのユーザ移行

AMIS を使用して、別のボイス メッセージ システムから Cisco Unity に移行する場合、複数のツールを使用して、Cisco Unity ユーザを AMIS ユーザ情報から作成できます。

詳細については、次の各項を参照してください。

「一度に複数のユーザを移行」

「一人ずつユーザを移行」

「ユーザを移行する場合のプライベート同報リストに関する注意事項」

一度に複数のユーザを移行

次に示すのは、AMIS ユーザを Cisco Unity ユーザに Bulk で移行する、一般的なステップです。詳細については、各ツールのヘルプ ファイルを参照してください(Cisco Unity サーバで Tools Depot アイコンをクリックし、左側のウィンドウで適切なツールをクリックして、ヘルプ ファイルを参照します)。

1. 始める前に、必ず Cisco Unity サーバをバックアップします。

2. リモート システムのユーザのボイス名を、Cisco Unity サーバで再生可能な標準形式(G.711 または G.729a)で録音した場合は、WAV ファイルを Cisco Unity サーバにコピーします。Cisco Unity Bulk Import ウィザードでボイス名をインポートできます。

3. Subscriber Information Dump を Tools Depot から実行し、AMIS ユーザ情報を CSV ファイルに出力します。

4. 必要に応じて CSV ファイルを修正し、Cisco Unity ユーザを Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して作成する際の、入力ファイルとして利用できるようにします。

5. Global Subscriber Manager を Tools Depot から実行し、AMIS 配信ロケーションおよび関連付けられた AMIS ユーザと基本の連絡先を削除します。

6. 元 AMIS ユーザがまだ Active Directory のアカウントを持っていない場合は、アカウントを作成します。また、元 AMIS ユーザが電子メールに Exchange を使用していなかった場合は、そのユーザ用の Exchange メールボックスを作成します。代わりに、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを利用して、アカウントとメールボックスを作成することもできます。

7. Cisco Unity Bulk Import ウィザードを、手順 4. で作成した入力ファイルを使用して実行します。

一人ずつユーザを移行

別のボイス メッセージ システム上のユーザの AMIS ユーザ アカウントをセットアップしてあり、それらのユーザが既存の Exchange メールボックスを持っている場合は、Cisco Unity に移行するときには、ユーザ データの移行ユーティリティを使用できます。ユーザ データの移行ユーティリティは、既存の AMIS ユーザ アカウントからの Cisco Unity 固有のデータ(ボイス名など)を既存のメール ユーザと組み合せて Cisco Unity ユーザアカウントを作成します。このユーティリティは次に、AMIS ユーザ アカウントおよび関連付けられている Active Directory 連絡先を削除します。

ユーザ データの移行ユーティリティは、Cisco Unity サーバ上の Tools Depot にあります。詳細については、ユーティリティに付属するヘルプ ファイルを参照してください。

ユーザを移行する場合のプライベート同報リストに関する注意事項

AMIS ユーザを移行する場合は、プライベート同報リストのメンバシップに次のような影響が発生する可能性があることを Cisco Unity ユーザに通知するよう考慮してください。

配信ロケーションを削除すると、ブラインド アドレスがすべてのプライベート同報リストから削除されます。

AMIS ユーザが通常のユーザになると、その AMIS ユーザはすべてのプライベート同報リストから削除されます。

ネットワークを構成している Cisco Unity サーバでの注意事項

複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成している組織では、ユーザが AMIS 配信ロケーション(ブラインド アドレスを使用して)または AMIS ユーザをメッセージの宛先に指定すると、AMIS 転送は、AMIS 配信ロケーションが作成された Cisco Unity サーバから行われます。AMIS ユーザは、関連付けられた AMIS 配信ロケーションとして、常に同じ Cisco Unity サーバ上に作成されることに注意してください。

ユーザがリモート ボイス メッセージ システムのユーザをメッセージの宛先に指定したとき、ボイス コネクタは、送信先の AMIS 配信ロケーションが作成された Cisco Unity サーバに関連付けられた UAmis メールボックスにメッセージを送信します。AMIS スケジュールと AMIS 発信オプションは、該当する Cisco Unity サーバ上のものが適用されます。

ネットワーク上で AMIS 用にセットアップおよびライセンスされる必要がある Cisco Unity サーバは 1 台だけです。プライマリ ロケーションの宛先オプションで許可されていれば、関連付けられている Cisco Unity サーバに関係なく、すべてのユーザが AMIS 配信ロケーションまたは AMIS ユーザにメッセージを送信できます。AMIS 用に設定されている Cisco Unity サーバは、ネットワーク上の他の Cisco Unity サーバへの AMIS「ブリッジヘッド」サーバとして機能します。たとえば、図5-1 では、ネットワーク上に 3 台の Cisco Unity サーバがありますが、AMIS 用にライセンスおよび設定されているサーバは Unity 2 だけです。Unity 2 が、すべての AMIS 呼び出しの発信と受信を行います。そのため、関連付けられている Cisco Unity サーバに関係なく、ユーザが別のボイス メッセージ システムのユーザにメッセージを送信すると、そのメッセージは Unity 2 に関連付けられている UAmis メールボックスにルーティングされます。このメールボックスは、Unity 2 のセットアップ中にメッセージ ストア コンフィギュレーション ウィザードで選択した Exchange のサーバ上に設置されています。

図5-1 AMIS ブリッジヘッドの構成

 

設計上の注意

AMIS 呼び出しは、AMIS 配信ロケーションが作成された Cisco Unity サーバ上で発信および応答されるので、この Cisco Unity サーバは AMIS トラフィックの処理に必要なように設定します。

ネットワーク上で 1 台、AMIS 呼び出しの送受信を処理する Cisco Unity サーバを指定することによって、ブリッジヘッド トポロジをセットアップできます。図5-1 を参照してください。

発信 AMIS メッセージの発信は、AMIS 配信ロケーションが作成された Cisco Unity サーバから行われることを思い出してください。AMIS トラフィックが 1 台の Cisco Unity サーバで処理するには多すぎる場合は、複数の AMIS ブリッジヘッド サーバをセットアップして、負荷を分散できます。この場合、Cisco Unity サーバそれぞれに関して作成する AMIS 配信ロケーションと AMIS ユーザを決定し、マッピングの記録を保持する必要があります。

たとえば、ブリッジヘッド A とブリッジヘッド B の 2 台の AMIS ブリッジヘッド サーバがあり、ロンドン、パリ、グース クリーク、およびモンクス コーナーを呼び出した 4 つの AMIS 配信ロケーションがあるとします。ロンドンとパリの配信ロケーション向けのメッセージ配信は量が多く、グース クリークとモンクス コーナーの配信ロケーション向けのメッセージ配信はそれほど多くないと予想されます。ロンドンとグース クリークの配信ロケーションをブリッジヘッド A に作成し、パリとモンクス コーナーの配信ロケーションをブリッジヘッド B に作成して、負荷を分散できます。この方法によって、1 台のブリッジヘッド サーバだけですべてのメッセージを送信しようとするのではなく、量の多い 2 つの AMIS ロケーションの AMIS トラフィックを 2 台のブリッジヘッド サーバ間に分けることができます。

全国または世界中のさまざまな場所に Cisco Unity サーバが配置されている組織の場合は
、AMIS 転送に関連する長距離電話料金を最小またはゼロまで削減するために、最低料金回線自動選択(LCR)トポロジをセットアップできます。

たとえば、シカゴとニューヨークに Cisco Unity サーバがあり、ニューヨークには別のボイス メッセージ システムもあり、シカゴのユーザがこのボイス メッセージ システムにメッセージを送信するとします。シカゴのユーザがニューヨークのリモート ボイス メッセージ システムのユーザにメッセージを送信するときに、長距離電話料金がかからないようにするには、ニューヨークの Cisco Unity サーバに AMIS 配信ロケーション(および、オプションで AMIS ユーザ)を作成します。シカゴの Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザが、ニューヨークの AMIS ユーザをメッセージの宛先に指定すると、まず、メッセージは Exchange とボイス コネクタによって、ニューヨークの Cisco Unity サーバに関連付けられている UAmis メールボックスに送信されます。次に、ニューヨークの Cisco Unity サーバが市内番号をダイヤルして、そのメッセージをリモート ボイス メッセージ システムに送信し、長距離電話料金がかからないようにします。

メンテナンス

この項では、AMIS ネットワークのコンフィギュレーションの保守を行うためのタスクについて説明します。詳細については、次の各項を参照してください。

「AMIS メッセージ トラフィックの監視」

「UAmis メールボックスの移動」

AMIS メッセージ トラフィックの監視

Cisco Unity は AMIS 転送と UAmis メールボックスを監視して、エラー イベントを Windows アプリケーション イベント ログに記録します。配信できなかった発信メッセージは送信者に返されます。送信者を Cisco Unity が判別できない場合は、宛先不明パブリック同報リストに返されます。

AMIS 呼び出しで送信されるタッチトーンの詳細については、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_white_papers_list.html から入手可能な White Paper『 AMIS Analog Networking Definitions 』を参照してください。AMIS 呼び出しで送信される DTMF を表示するには、Cisco Unity Diagnostic Tool を使用して、[Conv AMIS]セクションで、マイクロ トレース 28 AMIS Frames を有効にします。また、Tools Depot の[Switch Integration Tools]セクションにある Port Status Monitor を使用すると、呼び出しの進行状況を監視、Tools Depot の[Reporting Tools]セクションにある Port Usage Analyzer を使用すると、ポート使用状況を監視できます。

Cisco Unity は AMIS メッセージ トラフィックのレポートも作成します。詳細については、『 Cisco Unity メンテナンス ガイド 』の「レポート」の章の「AMIS 発信トラフィック レポート」および「AMIS 着信トラフィック レポート」の項を参照してください(『 Cisco Unity メンテナンス ガイド 』は、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です)。

Cisco Unity が UAmis メールボックスを監視していますが、UAmis メールボックスを定期的にチェックして、メッセージが適切な時間に送信されていることを確認できます。たとえば、AMIS スケジュールが非アクティブになったときに送信するメッセージがまだ残っていた場合、そのメッセージは、次に AMIS スケジュールがアクティブになるまで UAmis メールボックスにそのまま残されます。UAmis メールボックスに頻繁にメッセージが残されている場合は、AMIS スケジュールを調整するか、発信 AMIS 呼び出し用に今より多くのボイス ポートを指定する必要があります。発信メッセージの配信上の問題をトラブルシューティングするときにも、UAmis メールボックスにアクセスする必要があります。

Microsoft Outlook を使用して UAmis メールボックスにアクセスするには、次の「ユーザ プロファイルに UAmis メールボックスを追加する」の手順に従って、Exchange の管理者権限を持っているユーザのユーザ プロファイルに UAmis メールボックスを追加します。詳細については、Outlook のマニュアルを参照してください。

ユーザ プロファイルに UAmis メールボックスを追加する


ステップ 1 Microsoft Outlook を起動します。

ステップ 2 [ツール]メニューの [サービス] をクリックします。

ステップ 3 [サービス]タブの[プロファイルにセットアップされたインフォメーション サービス]フィールドで [Microsoft Exchange Server] をクリックします。

ステップ 4 [プロパティ] をクリックします。

ステップ 5 [詳細設定]タブで [追加] をクリックします。

ステップ 6 [メールボックスの追加]ボックスに UAmis と入力します。

ステップ 7 [OK] を 3 回クリックして、ダイアログボックスを閉じます。


 

UAmis メールボックスの移動

UAmis メールボックスの移動については、『 Cisco Unity メンテナンス ガイド 』の「Cisco Unity データとログ ファイル、およびユーザ メールボックスとシステム メールボックス」の章の「UAmis メールボックス」の項を参照してください。このマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

トラブルシューティング

AMIS メッセージの問題のトラブルシューティングについては、『 Cisco Unity トラブルシューティング ガイド 』の次の各項を参照してください。このマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_troubleshooting_guides_list.html から入手可能です。

「診断トレース ユーティリティとログ」の章

「AMIS 診断トレース」

「Cisco Unity ボイス コネクタのログ」

「ネットワーク」の章

「発信 AMIS メッセージ フローの追跡」

「受信 AMIS メッセージ フローの追跡」

AMIS 呼び出しで送信されるタッチトーンの詳細については、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_white_papers_list.html から入手可能な White Paper『 AMIS Analog Networking Definitions 』を参照してください。

Tools Depot の[Switch Integration Tools]セクションにある Port Status Monitor を使用すると、呼び出しの進行状況を監視、Tools Depot の[Reporting Tools]セクションにある Port Usage Analyzer を使用すると、ポート使用状況を監視できます。

動作についての情報

この項では、AMIS ネットワークの動作について説明します。詳細については、次の各項を参照してください。

「着信メッセージが主要内線番号のみに着信」

「受信の検索スコープ」

「英語以外の言語によるボイス コネクタ セットアップ プログラムの実行」

着信メッセージが主要内線番号のみに着信

メッセージの宛先に Cisco Unity ユーザを指定する場合、リモート ボイス メッセージ システムのユーザは Cisco Unity ユーザの主要内線番号を使用する必要があります。代行内線番号はサポートされていません。Cisco Unity ユーザの代行内線番号を使用してメッセージを送信すると、発信者は NDR を受け取ります。

また、Cisco Unity は Cisco Unity パブリック同報リスト、コール ハンドラ、およびインタビュー ハンドラに送信されたリモート ボイスメール システムからのメッセージは受信しません。Cisco Unity がリモート ボイスメール システムからのメッセージを受け付けるのは、メッセージがユーザの主要内線番号へ送信された場合だけです。

Cisco Unity ユーザの番号計画を立てる場合は、すべての Cisco Unity ユーザの主要内線番号に、リモート ボイスメール システムからの宛先指定に使用される内線番号を設定します。Cisco Unity の他の機能がすべて代行内線番号を使用できるように、他の必要な内線番号をすべて代行内線番号として設定します。

受信の検索スコープ

複数の Cisco Unity サーバがネットワークを構成しているインストレーションでは、別の AMIS 準拠のボイス メッセージ システムから送信された受信メッセージに対して一致するユーザの内線番号を検索するスコープは、Cisco Unity システム管理のプライマリ ロケーションの宛先オプションによって制御されます。受信 AMIS メッセージの検索スコープは、ローカル Cisco Unity サーバ、ローカル Cisco Unity サーバがメンバーになっているダイヤル ドメイン、またはグローバル ディレクトリ全体に設定できます。ユーザの内線番号だけが検索されることに注意してください。着信 AMIS メッセージは、同報リストには送信できません。

英語以外の言語によるボイス コネクタ セットアップ プログラムの実行

ボイス コネクタ インストール プログラムでは、インストレーション用の言語を選択するプロンプトは表示されず、常に英語でインストールが行われます。英語でなく、ローカライズされたバージョン(FRA、DEU、または JPN)のいずれかを使用してボイス コネクタ インストール プログラムを実行するには、次の「英語以外の言語でボイス コネクタ セットアップ プログラムを実行する」の手順に従います。


注意 ボイス コネクタを Exchange 2007 サーバにインストールすることはサポートされていません。

英語以外の言語でボイス コネクタ セットアップ プログラムを実行する


ステップ 1 Cisco Unity のインストール DVD または CD 1 から、VoiceConnector-Ex2000 全体をハード ディスクにコピーします。

ステップ 2 このローカル ディレクトリの中で、 LocalizedFiles\ENU ディレクトリを参照します。

ステップ 3 CiscoUnity_VoiceConnector.dll ファイルと SetupRes.dll ファイルの名前を変更します(たとえば、CiscoUnity_VoiceConnector_ENU.dll ファイルと SetupRes_ENU.dll ファイルに名前を変更します)。

ステップ 4 CiscoUnity_VoiceConnector.dll ファイルと SetupRes.dll ファイルを LocalizedFiles\<XXX> ディレクトリから Localized\ENU ディレクトリへコピーします。ここで、<XXX> は選択した言語です。

ステップ 5 Install.exe を、ハード ディスク上の VoiceConnector-Ex2000 ディレクトリから実行します。選択した言語でインストール プログラムが表示されます。


) その言語で表示されるのは、インストール プログラムだけです。現時点では、イベント ログのメッセージ、ログ、プロパティ、およびコンフィギュレーション設定はローカライズされていません。