Cisco Unity のネットワーク機能 Microsoft Exchange版 Release 5.x
インターネット ユーザ
インターネット ユーザ
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

インターネット ユーザ

概要:インターネット ユーザ

インターネット ユーザ アカウントをセットアップするための前提条件

インターネット ユーザ アカウントの作成

インターネット ユーザ アカウントの作成前の考慮事項

信頼できるインターネット ユーザ アカウントの作成前の考慮事項

ウィザードを使用した複数のインターネット ユーザ アカウントの作成

インポート エラーの修正

を使用したインターネット ユーザ アカウントの作成

インターネット ユーザに対するクロスサーバ転送の有効化

インターネット ユーザ アカウントの作成後の注意事項

インターネット ユーザの概念と定義

インターネット ユーザを使用するユーザの状況

インターネット ユーザの削除

概要:インターネット ユーザ

インターネット ユーザ アカウントを作成すると、Cisco Unity ユーザからコンピュータがインターネットに接続されている受信者にボイス メッセージを送信できます。メッセージは、インターネットまたは TCP/IP ネットワークを経由して、シンプル メール転送プロトコル(SMTP)によって送信されます。受信者は、WAV 添付ファイル付き電子メールとしてボイス メッセージを受信します。

この章では、インターネット ユーザ アカウントを作成する手順について、および理解しておく必要のある概念や用語について詳しく説明します。

インターネット ユーザ アカウントをセットアップするための前提条件

インターネット ユーザ アカウントを作成する前に、次の前提条件が満たされていることを確認してください。

Cisco Unity がすでにサーバにインストールされており、それらのサーバがインストレーションに合せてネットワークに接続されている。

Exchange サーバがインストレーションに合せて設定されており、Cisco Unity ユーザは、インターネット ユーザ アカウントを持つことになる人々へ電子メールを送信できる。Cisco Unity は、メッセージを配信のために Exchange へ引き渡します。したがって、電子メールが正常に配信される場合、ボイス メッセージの配信に問題はありません。

信頼できるインターネット ユーザを作成する場合は、最初に、信頼できるインターネット ロケーションを 1 つ以上作成してから、信頼できるインターネット ロケーション用の Voice Connector for Exchange 2000 をインストールする。

デジタル ネットワークを介して複数の Cisco Unity サーバがネットワークで接続されているインストレーションでは、任意の Cisco Unity サーバ上にインターネット ユーザ アカウントを作成できます。 「デジタル ネットワーク」 の章の説明に従って Cisco Unity サーバをデジタル ネットワーク用にセットアップした後、次の設定を確認してください。

宛先の検索スコープが、ネットワークを構成するすべてのサーバ上でダイヤル ドメインまたはグローバル ディレクトリに設定されていることを確認します。この設定により、Cisco Unity ユーザは、どのサーバに関連付けられているかに関係なく、インターネット ユーザへメッセージを送信できます。詳細については、「宛先の検索スコープの設定」を参照してください。

外部の発信者が自動受付(たとえば、開始グリーティング)または宛先検索サービスからインターネット ユーザに到達できるようにする場合は、次のようにします。

インターネット ユーザを作成する Cisco Unity サーバが、外部の発信者が呼び出す
Cisco Unity サーバと同じダイヤル ドメインに存在することを確認します。ダイヤル ドメインの作成方法の詳細については、「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」を、また、背景情報については、「ダイヤル ドメイン」を参照してください。

自動受付およびディレクトリ ハンドラの検索スコープが、ダイヤル ドメイン スコープに設定されていることを確認します。「ディレクトリ ハンドラの検索スコープの設定」、および 「自動受付の検索スコープの設定」を参照してください。

インターネット ユーザ アカウントの作成

インターネット ユーザ アカウントは、Cisco Unity Bulk Import ウィザードまたは Cisco Unity システム管理を使用して作成できます。次の各項を参照してください。

「インターネット ユーザ アカウントの作成前の考慮事項」

「信頼できるインターネット ユーザ アカウントの作成前の考慮事項」

「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した複数のインターネット ユーザ アカウントの作成」

「インポート エラーの修正」

「Cisco Unity システム管理を使用したインターネット ユーザ アカウントの作成」

「インターネット ユーザに対するクロスサーバ転送の有効化」

「インターネット ユーザ アカウントの作成後の注意事項」

インターネット ユーザ アカウントの作成前の考慮事項

この項では、インターネット ユーザ アカウントを作成する前に考慮する必要がある事項について順に示します。

1. Cisco Unity のコンフィギュレーションおよび権限

使用しているアカウントに、インターネット ユーザを作成するための十分な権限と許可があるかどうかを確認する場合、または Cisco Unity が、メッセージ ストアを処理するよう正しく設定されているかどうかを確認する場合は、次の手順に従って SysCheck 診断ツールを実行します。

Cisco Unity SysCheck ツールを使用して、Cisco Unity の設定と権限を確認する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot]ウィンドウの左側領域にある[Diagnostic Tools]ディレクトリで、 [SysCheck] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Check Unity Configuration Wizard へようこそ]ページで、 [コンフィギュレーション テストの選択] をクリックし、 [次へ] をクリックします。

ステップ 4 Cisco Unity に接続されていないメッセージ ストアのチェックボックスをオフにします。

ステップ 5 [テスト] をクリックします。

ステップ 6 [テスト結果]ボックスで、リンクをクリックしテスト結果を表示します。

ステップ 7 エラーが報告されなければ、ステップ 8 へ進みます。エラーがあった場合、次のサブステップを実行します。

a. [解決法]カラムに表示されるアドバイスに従い、各コンフィギュレーション エラーまたは権限エラーを訂正します。

b. [Check Unity Configuration Wizard を完了しています。]ページに戻り、 [終了] をクリックします。

c. エラーが報告されなくなるまで、ステップ 2ステップ 7 を繰り返します。

ステップ 8 [終了] をクリックします。


 

2. サービス クラス

サービス クラス(COS)は、Cisco Unity を使用するユーザの制限や権限を定義します。たとえば、COS はユーザのメッセージやグリーティングの最大長を指定します。ほとんどの COS 設定は適用されませんが、インターネット ユーザも COS のメンバーである必要があります。Cisco Unity システム管理では、COS は各ユーザ テンプレートで指定されます。したがって、ユーザには、インターネット ユーザ アカウントの基となるテンプレートで指定された COS が割り当てられます。Cisco Unity には、定義済みサービス クラスがあり、これらは修正できます。また、サービス クラスを新規に作成できます。詳細については、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「サービス クラスの管理」の章を参照してください。

3. 規制テーブル

各 COS では、着信転送用、メッセージ通知用、およびファックス配信用に、それぞれ 1 つずつ規制テーブルが指定されます。Cisco Unity は、ユーザの COS に関連付けられている規制テーブルを適用し、電話番号が許可されなかった場合はエラー メッセージを表示します。Cisco Unity には、修正可能な定義済み規制テーブルが用意されています。

インターネット ユーザは、Cisco Unity にログインすることも、Cisco Personal Communications Assistant(PCA)を使用することもできないため、規制テーブルのほとんどの設定の適用を受けませんが、管理者がインターネット ユーザの着信転送番号を入力することは可能です。セキュリティ上の理由から、インターネット ユーザが所属する COS で転送に使用する規制テーブルは、必要に応じて変更してください。詳細については、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「規制テーブルの管理」の章を参照してください。

4. パブリック同報リスト

パブリック同報リストは、ボイス メッセージを複数のユーザへ一度に送信するときに使用します。Cisco Unity は、インターネット ユーザ アカウントの基となるテンプレートで指定したパブリック同報リストに、新しいユーザを割り当てます。詳細については、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「同報リストの管理」の章を参照してください。

5. ユーザ テンプレート

Cisco Unity システム管理では、ユーザ テンプレートを使用することでインターネット ユーザ グループの設定を指定できます。ユーザ テンプレートには、部門など特定の種類のユーザに適切な設定が含まれています。選択したテンプレートの設定は、インターネット ユーザ アカウント作成時に、そのアカウントに適用されます。Cisco Unity には、修正可能なデフォルト ユーザ テンプレートが用意されており、追加テンプレートを数に制限なく作成できます。詳細については、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「ユーザ テンプレートの管理」の章を参照してください。

インターネット ユーザは、Active Directory 内の連絡先に対応します。連絡先は、明示的に非表示にしない限り、Microsoft Outlook (または他の電子メール クライアント)のアドレス帳に表示されます。関連する連絡先を Outlook アドレス帳で非表示にしたり、Outlook アドレス帳における連絡先の表示方法を変更したりすることができます。


) 『Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド』は、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。


信頼できるインターネット ユーザ アカウントの作成前の考慮事項

信頼できるインターネット ユーザ アカウントを作成する前に、「インターネット ユーザ アカウントの作成前の考慮事項」に記載されている事項のほか、次の 2 つの事項も考慮する必要があります。

1. 信頼できるインターネット ロケーション

最初に、信頼できるインターネット ロケーションを 1 つ以上作成する必要があります。

信頼できるインターネット配信ロケーションを作成するには、Cisco Unity システム管理または Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用します。

Cisco Unity システム管理を使用して、信頼できるインターネット配信ロケーションを作成する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク]>[配信ロケーション]>[プロファイル] ページに移動します。

ステップ 2 [追加] アイコンをクリックします。

ステップ 3 ロケーションの有意な名前を入力します。

ステップ 4 ダイヤル ID を入力します。これは、Cisco Unity に対してロケーションを識別し、ユーザがブラインド アドレスでこのロケーションの受信者をメッセージの宛先に指定するために使用するものです。

ステップ 5 ロケーションの[宛先]として [信頼できるインターネット] を選択します。

ステップ 6 [追加] をクリックします。

ステップ 7 ロケーションの名前を音声で録音します。

ステップ 8 Secure Messaging を使用している場合は、発信メッセージを暗号解除するかどうかを指定します。

ステップ 9 [保存] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用して信頼できるインターネット配信ロケーションを作成する場合、手順については Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。

2. Voice Connector for Exchange 2000

信頼できるインターネット ロケーション用のボイス コネクタをインストールする必要があります。


注意 Voice Connector for Exchange 2000 は、Exchange 2000 サーバまたは Exchange 2003 サーバにインストールできますが、Exchange 2007 サーバにはインストールできません。

次の 2 つの手順を、このリストの順序で実行してください。

次の手順は、Cisco Unity 5.0(1) に付属しているボイス コネクタ バージョン 12.0(1) のインストール手順です。最初に、ボイス コネクタの最新バージョンが存在するかどうかを確認し、存在する場合はそのバージョンをインストールすることをお勧めします。該当するバージョンのリリース ノートに記載されているインストール手順に従います。最新バージョンが存在するかどうかを確認するには、 http://www.cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/unity-voice-connector にある Cisco Unity Voice Connector for Exchange ソフトウェアのダウンロード ページに移動します。

Voice Connector for Exchange 2000 をインストールする


ステップ 1 ボイス コネクタをインストールする Exchange サーバにログオンします。

ステップ 2 Exchange サーバ上のすべてのウィルス スキャン サービスを無効にします。

ステップ 3 ボイス コネクタをインストールするサーバ上に Cisco Unity がインストールされている場合は、Cisco Security Agent サービスを無効にします。

ステップ 4 ボイス コネクタを Cisco Unity DVD または CD からインストールする場合は、コンピュータにディスクを挿入し、 VoiceConnector-Ex2000 ディレクトリを参照します。

ボイス コネクタのファイルを Software Center の Web サイトから ダウンロードした場合は、ファイルを抽出したディレクトリを参照してください。

ステップ 5 Install.exe をダブルクリックし、 [Next] をクリックします。

ステップ 6 [Voice Connector Setup Wizard Select Components]ダイアログボックスの [Voice Connector for Exchange] チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Secure Messaging をセットアップする場合、Cisco Unity が Exchange サーバにインストールされていないときは、 [Cisco Secure Messaging Service] チェックボックスをオンにします。

ステップ 8 [Next] をクリックします。

ステップ 9 [Welcome]画面で、 [Next] をクリックします。

ステップ 10 [Confirm SMTP Pickup Directory]画面で、 [Next] をクリックします。

ステップ 11 [Address Types]ダイアログボックスの [Trusted Internet Location] チェックボックスをオンにします。

ステップ 12 他のネットワーク オプションを使用するようにシステムをセットアップする場合は、該当するアドレス タイプのチェックボックスをオンにします。


) VPIM ネットワークをセットアップする場合は、Transport Event Sink のインストールも必要です。


ステップ 13 [Next] をクリックします。

ステップ 14 [Confirm Directory]ダイアログボックスの [Next] をクリックして、セットアップを開始します。

ステップ 15 ステップ 7 で[Cisco Secure Messaging Service]チェックボックスをオンにしなかった場合は、ステップ 16 に進みます。そのチェックボックスをオンにした場合は、Cisco Unity Secure Messaging Service Setup ウィザードで次のサブステップを実行します。

a. [Welcome]画面で、 [Next] をクリックします。

b. [Choose Destination Folder]ダイアログボックスで、インストール先を指定し、 [Next] をクリックします。

c. オプションで、[Message Security Settings]画面で、 [Enable Message Aging] チェックボックスをオンにし、暗号化メッセージを使用可能にする日数を入力します(チェックボックスがオフの場合、Cisco Unity は、暗号化メッセージが使用可能になる日数を制限しません)。

d. [Next] をクリックします。

e. [Ready to Install Software]画面で、 [Install] をクリックします。

ステップ 16 セットアップが完了したら、 [Finish] をクリックし、セットアップを終了してサーバを再起動します。

ステップ 17 ウィルス スキャン サービスおよび Cisco Security Agent サービスがある場合は、それらを有効にします。


 

ボイス コネクタのプロパティを Exchange システム マネージャで表示するには、Windows Script Host バージョン 5.6 以上を Exchange サーバにインストールする必要があります(Exchange サーバで以前のバージョンの Windows Script Host を使用している場合、ボイス コネクタは正常に動作しますが、Exchange システム マネージャでボイス コネクタのプロパティを表示できないことに注意してください)。

Windows 2000 Script Host を更新するかどうかを判別する


ステップ 1 ボイス コネクタがインストールされている Exchange サーバ上で、 Winnt\system32 フォルダを参照します。

ステップ 2 Wshom.ocx ファイルを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

ステップ 3 [バージョン] タブをクリックします。

ステップ 4 アイテム名リストから [製品バージョン] をクリックすると、[値]ボックスにバージョンが表示されます。

ステップ 5 5.6 より前のバージョンの場合、Windows Script Host を更新すると、ボイス コネクタのプロパティが Exchange システム マネージャで表示されるようになります(Microsoft Web サイトのダウンロード ページで、Windows Script Host をキーワードとして検索します。インストール手順に従います)。


 

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した複数のインターネット ユーザ アカウントの作成

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用すると一度に複数のインターネット ユーザ アカウントを作成できます。その方法としては、Active Directory から直接ユーザ データをインポートする方法と、CSV ファイルからユーザ データをインポートする方法があります。CSV は、1 つのデータ ストアから別のデータ ストアへデータを移動するための一般的なテキスト ファイルです。

CSV ファイルに格納されたユーザ データが正しい形式であれば、このデータを使用して、新しい Active Directory 連絡先を、インターネット ユーザ アカウントと同時に作成できます。また、Cisco Unity Bulk Import ウィザードでは CSV ファイルの使用により、既存の Active Directory 連絡先データを利用したインターネット ユーザ アカウントの作成も可能です。

Active Directory から直接ユーザ データをインポートすることでインターネット ユーザ アカウントを作成するには、「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用してインターネット ユーザ アカウントを作成する」を参照してください。または、次の「インターネット ユーザ アカウント作成用の CSV ファイルを作成する」の手順に従って CSV ファイルを作成します。Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用してインターネット ユーザ アカウントを作成する方法や、CSV ファイルの必須カラム ヘッダーおよびオプション カラム ヘッダーの詳細については、このウィザードのヘルプを参照してください。

インターネット ユーザ アカウント作成用の CSV ファイルを作成する


ステップ 1 Cisco Unity アカウントを作成するために使用するデータを、CSV ファイルとして保存します。

1 つの CSV ファイルに格納するレコード数は、必ず 7,500 件以下としてください。それ以上の数のレコードが存在すると、Cisco Unity Bulk Import ウィザードがデータをインポートするときに予期しない結果になることがあります。

ステップ 2 CSV ファイルを Cisco Unity サーバ、またはそのサーバから参照できるディレクトリにコピーします。

ステップ 3 表計算アプリケーションなどの、データの編集および再構成が可能なアプリケーションで CSV ファイルを開きます。次の手順を実行します。

ファイルのデータが、タブ、スペースまたはセミコロンではなく、コンマで区切られていることを確認します。

データにスペース、引用符、またはコンマが含まれている場合は、そのデータを引用符で囲みます。

ステップ 4 カラムがステップ 5 で追加するカラム ヘッダーと同じ順序になるように、データを並べ替えます。カラム ヘッダーの順序は重要ではありませんが、ここに示すように CSV ファイルを構成することをお勧めします。

たとえば、このサンプル データのカラムは、ユーザの姓、名、リモート アドレスの順になるように並べ替えられています。

Abade,Alex,aabade@cisco.com
Bader,Kelly,kbader@cisco.com
Campbell,Terry,tcampbell@cisco.com
Cho,Li,lcho@cisco.com


) この手順のサンプルは、Cisco Unity Bulk Import ウィザードで、インターネット ユーザ アカウントと同時に新しい Active Directory 連絡先を作成する場合の、CSV ファイルのセットアップ方法を示しています。既存の Active Directory 連絡先のデータを使用して新しいインターネット ユーザ アカウントを作成する場合は、ALIAS カラム ヘッダーおよびデータを、CSV ファイルに組み込む必要があります。また、信頼できるインターネット ユーザ アカウントを作成するには、姓、名、DTMF アクセス ID、およびリモート アドレスのフィールドが必要であることにも注意してください。


ステップ 5 データの先頭行の上に必須カラム ヘッダーを入力します。カラム ヘッダーは、大文字を使用し、コンマで区切り、次に示すとおりのスペルで入力します。

LAST_NAME,FIRST_NAME,REMOTE_ADDRESS

信頼できるインターネット ユーザについては、ヘッダーは次に示すとおりのスペルで入力する必要があります。

LAST_NAME,FIRST_NAME,DTMF_ACCESS_ID,REMOTE_ADDRESS

ステップ 6 必要な場合は、先頭行にカラムを追加し、その下に続く行にインポートするデータを追加します。このとき、次のことを確認してください。

カラム ヘッダーとデータはコンマで区切られている。オプションのカラム ヘッダーの各行にデータが必要とは限らないことに注意してください。

スペース、引用符またはコンマを含むデータは、引用符で囲まれている。

ステップ 7 CSV ファイルにインポートする必要のないデータがある場合は、そのカラムを削除してください。または、1 つのカラムに NOTES というタイトルを付けることができます。Cisco Unity Bulk Import ウィザードは、NOTES カラム ヘッダー以下のデータを無視します。ただし、CSV ファイル内でサポートされる NOTES カラムは 1 つだけです。

ステップ 8 すべての行に、各カラム ヘッダーに対応する適切なデータが含まれていることを確認します。

ステップ 9 ファイルを CSV ファイルとして保存します。

ステップ 10 「Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用してインターネット ユーザ アカウントを作成する」の手順に進みます。


 

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用してインターネット ユーザ アカウントを作成する

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行する前に、Cisco Unity サーバ上のウィルス スキャン サービスおよび侵入検知ソフトウェアを無効にします。これを行わないと、Cisco Unity Bulk Import ウィザードの動作が遅くなる可能性があります。手順については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。


ステップ 1 Cisco Unity サーバ上で、Windows の[スタート]メニューから [プログラム]>[Unity]>[Cisco Unity Bulk Import] をクリックします。

ステップ 2 画面上の指示に従います。

ウィザードの進行に伴ってダイアログボックスに表示されるオプションの詳細については、 [ヘルプ] をクリックしてください。

ステップ 3 作成するユーザの種類を選択するプロンプトが表示されたら、 [インターネット] または [信頼できるインターネット] のいずれか適切なものをクリックします。

ステップ 4 [次へ] をクリックし、ウィザードを続行します。ウィザードでエラーが報告されたら、次のいずれかを実行します。

[OK] をクリックしてインポートを続行し、後でエラーを修正する。

エラーを修正する。詳細については、「インポート エラーの修正」を参照してください。

ステップ 5 インターネット ユーザ アカウントを作成したら、 [完了] をクリックします。

ステップ 6 インポート エラーがあり、ステップ 4 でエラーを後で修正することを選択した場合は、「インポート エラーの修正」を参照してください。

ステップ 7 インポート エラーがなかった場合、またはすべてのエラーが修正された場合は、「インターネット ユーザ アカウントの作成後の注意事項」を参照してください。


 

インポート エラーの修正

エラー ログ ファイルには、Cisco Unity Bulk Import ウィザードでインポートされなかったデータが記録されます。Cisco Unity Bulk Import ウィザードは、ユーザ メールボックスまたは CSV ファイルの行から検出した最初のエラーをレポートします。そのエラーを修正後、データ インポートが再開すると、ウィザードはさらに同じメールボックスまたは同じ行からのエラーを検出します。このように、修正プロセス、つまり、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行しエラーを修正することを何回か繰り返し、すべてのエラーを修正します。

出力ログ ファイルには、インポートされなかったすべてのレコードが記録されます。これを CSV ファイルに保存し、再び Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行するときに使用できます。Cisco Unity Bulk Import ウィザードを実行するたびに、エラー ログ ファイルおよび出力ログ ファイルが上書きされることに注意してください(ファイルに新しい名前を指定した場合を除きます)。

インポート エラーを修正するには、次のいずれかの手順に従います。

「CSV ファイルからデータをインポートしているときに発生したエラーを修正する」

「ディレクトリからデータをインポートしているときに発生したエラーを修正する」

CSV ファイルからデータをインポートしているときに発生したエラーを修正する


ステップ 1 インポート中に指定した、エラー ログ ファイルが置かれるディレクトリへ移動します。デフォルトの場所およびファイル名は C:\Error.log です。

ステップ 2 テキスト エディタを使用し、エラー ログ ファイルを開きます。エラーを修正するために、エラー コードを使用します。

ステップ 3 インポート中に指定した、出力ログ ファイルが置かれるディレクトリへ移動します。デフォルトの場所およびファイル名は C:\Output.log です。

ステップ 4 テキスト エディタを使用し、出力ログ ファイルを開きます。

ステップ 5 エラー ログ ファイルにエラーとして記載された出力ファイルのレコードを修正します。

ステップ 6 出力ログ ファイルの編集が完了したら、新しい名前で CSV ファイルとして保存します。

ステップ 7 ステップ 6 で保存した CSV ファイルを使用して、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを再度実行します。

ステップ 8 すべてのインターネット ユーザ アカウントがエラーがなく作成されるまでこの手順を繰り返し、次に、「インターネット ユーザ アカウントの作成後の注意事項」へ進みます。


 

ディレクトリからデータをインポートしているときに発生したエラーを修正する


ステップ 1 インポート中に指定した、エラー ログ ファイルが置かれるディレクトリへ移動します。デフォルトの場所およびファイル名は C:\Error.log です。

ステップ 2 テキスト エディタを使用し、エラー ログ ファイルを開きます。エラーを修正するために、エラー コードを使用します。

ステップ 3 Active Directory ユーザーとコンピュータを開きます。

ステップ 4 エラーのある連絡先をダブルクリックし、プロパティを表示します。

ステップ 5 連絡先の該当するボックスに、エラーの修正を入力します。

ステップ 6 [OK] をクリックします。

ステップ 7 エラー ログ ファイルに記載されているすべての連絡先について、ステップ 4ステップ 6 を繰り返します。

ステップ 8 Cisco Unity Bulk Import ウィザードを再度実行します。

ステップ 9 すべてのインターネット ユーザ アカウントがエラーがなく作成されるまでこの手順を繰り返し、次に、「インターネット ユーザ アカウントの作成後の注意事項」へ進みます。


 

Cisco Unity システム管理を使用したインターネット ユーザ アカウントの作成

Cisco Unity システム管理を使用すると、新規アカウントの追加、または既存の Active Directory 連絡先データのインポートにより、インターネット ユーザ アカウントを作成できます。新規のインターネット ユーザ アカウントを追加する場合は、Cisco Unity は Active Directory 内に連絡先を作成します。

インターネット ユーザ アカウントを作成するには、次のいずれかの手順を実行します。

「新規連絡先を追加してインターネット ユーザ アカウントを作成する」

「インターネット ユーザ アカウントを既存のユーザ データのインポートにより作成する」

新規連絡先を追加してインターネット ユーザ アカウントを作成する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ユーザ]>[ユーザ]>[プロファイル] ページに移動します。

ステップ 2 [追加] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [新規ユーザ] をクリックし、リストから [インターネット] または [信頼できるインターネット] を選択します。

ステップ 4 [姓]と[名]を入力します。

ステップ 5 Cisco Unity のインターネット ユーザの内線番号を入力します。この番号は、他の Cisco Unity ユーザが、これから作成するインターネット ユーザをメッセージの宛先に指定するときに使用する番号です。

ステップ 6 使用する[テンプレート]を選択します。

ステップ 7 [SMTP アドレス]を適切な形式で入力します。

ステップ 8 信頼できるインターネット ユーザを作成する場合は、信頼できるインターネット ロケーションを選択します。

ステップ 9 [追加] をクリックします。

ステップ 10 ユーザ レコードの設定を必要に応じてカスタマイズし、 [保存] アイコンをクリックします。


 

インターネット ユーザ アカウントを既存のユーザ データのインポートにより作成する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ユーザ]>[ユーザ]>[プロファイル] ページに移動します。

ステップ 2 [追加] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [既存の Exchange ユーザをインポート] を選択します。

ステップ 4 [選択] をクリックします。

ステップ 5 [インターネット] を選択します。

ステップ 6 [検索基準]リストで、名、姓、または Exchange エイリアスのうちどれを使用して検索するかを指定します。ドメインを指定して検索することもできます。

ステップ 7 該当する名前またはエイリアスを入力します。 * を入力して、すべてのユーザのリストを表示することもできます。また、1 つ以上の文字の後ろに * を入力して、検索範囲を狭くすることもできます。

ステップ 8 [検索] をクリックします。

ステップ 9 一致リストで、インポートするユーザの名前をクリックします。

ステップ 10 情報を、[ユーザの追加]ページに適切に入力します。

ステップ 11 [追加] をクリックします。

ステップ 12 ユーザ レコードの設定を必要に応じてカスタマイズし、 [保存] アイコンをクリックします。


 

インターネット ユーザに対するクロスサーバ転送の有効化

デフォルトでは、他の Cisco Unity サーバ上で作成されたインターネット ユーザへの着信転送は、常に電話システム(リリース)によって処理され、Cisco Unity(相手先応答の検出)では処理されません。これは、それらのユーザが相手先応答の検出用にセットアップされている場合でも変わりません。オプションで、別の Cisco Unity サーバをホームとするインターネット ユーザにコールを転送するときにクロスサーバ転送の設定を使用するように Cisco Unity を設定できます。クロスサーバ転送の詳細については、「自動受付およびディレクトリ ハンドラからのクロスサーバ転送」を参照してください。クロスサーバ転送がすでに設定されている場合、クロスサーバ転送機能の対象にインターネット ユーザを含める方法の詳細については、「オプション:外部ユーザに対するクロスサーバ転送の有効化」を参照してください。

インターネット ユーザ アカウントの作成後の注意事項

インターネット ユーザ アカウントを作成したら、次のことに注意します。

新しく作成したインターネット ユーザがメッセージを受信できるまで、数分間かかります。

個別のインターネット ユーザ アカウントの設定は、Cisco Unity システム管理で変更できます。

複数のユーザについて一度に設定を修正する場合は、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを(再度)実行できます。詳細については、Cisco Unity Bulk Import ウィザードのヘルプを参照してください。

ユーザが組織を離れるなどの理由で Cisco Unity アカウントが不要になった場合、そのインターネット ユーザ アカウントは削除できます。詳細については、「インターネット ユーザの削除」を参照してください。

インターネット ユーザの概念と定義

インターネット ユーザは、ローカル Exchange ネットワーク上にメールボックスを持たないユーザの、Cisco Unity における一つの形態です。その代わり、インターネット ユーザへのメッセージは、インターネット ユーザのアカウントを作成したときに指定した電子メール アドレスに送信されます。受信者は、WAV ファイルが添付された電子メールとしてボイス メッセージを受信します。

信頼できるインターネット ユーザとは、暗号解除されたセキュア メッセージを預けることのできるインターネット ユーザのことです。信頼できるインターネット ユーザは、信頼できるインターネット ロケーションに関連付けられている必要があります。信頼できるインターネット ロケーションのセキュリティ設定に基づき、信頼できるインターネット ユーザへのセキュア メッセージは、Cisco Unity Voice Connector for Microsoft Exchange によって暗号解除されてから Exchange サーバによって送信されます(通常のインターネット ユーザへのメッセージは、Exchange サーバによって直接送信され、暗号解除できません。したがって、受信者がメッセージを再生することはできません)。

信頼できるインターネット ユーザは、次の相違点を除き、インターネット ユーザと同じです。

信頼できるインターネット ユーザは、信頼できるインターネット ロケーションに関連付けられています。

信頼できるインターネット ユーザへのメッセージは、ボイス コネクタによって処理されます。

信頼できるインターネット ユーザには DTMF 内線番号が割り当てられている必要があります。一方、インターネット ユーザの内線番号はオプションです。

この項に記載されている概念は、上記の事項を除き、通常のインターネット ユーザと信頼できるインターネット ユーザの両方に適用されます。

インターネット ユーザは、Active Directory ではメールを使用できる連絡先として表されます。インターネット ユーザ アカウントは、通常のユーザ アカウントとほとんど同じ方法で作成および管理します。たとえば、ユーザ テンプレートはインターネット ユーザ アカウントが作成されるときに使用されます。また、インターネット ユーザ アカウントに対して着信転送の設定を調整できます。

内線番号は、通常のユーザと信頼できるインターネット ユーザの場合は必須ですが、通常のインターネット ユーザの場合はオプションです。インターネット ユーザに内線番号が割り当てられていない場合、そのインターネット ユーザへのメッセージの宛先は、名前のスペル モードだけで指定できます(インターネット ユーザがボイス名を持っている場合)。また、ユーザは、Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook または Cisco Unity Inbox を使用することで、内線番号を指定せずにインターネット ユーザへのメッセージの宛先を指定することもできます。

インターネット ユーザの内線番号を指定した場合は、そのインターネット ユーザ用に着信転送の設定を行い、外部の発信者がそれらのユーザにアクセスできるようにすることができます。

インターネット ユーザは、追加の Exchange クライアント アクセス ライセンス(CAL)を必要とせず、Cisco Unity ユーザ ライセンスも不要です。インターネット ユーザを作成しても、Cisco Unity のユーザ ライセンス数は変わりません。

インターネット ユーザは、メッセージ(および通話)を受信する以外に、Cisco Unity の他の機能にアクセスすることはできません。また、Cisco Unity システム管理のいくつかのセクションが使用不能になります。インターネット ユーザは、次の操作はできません。

電話で Cisco Unity にログオンして、メッセージをチェックまたは送信すること。

電話で Cisco Unity にログオンして、または Cisco Unity Assistant を使用して、個人設定を調整すること。名前の録音とグリーティングは、Cisco Unity システム管理を使用して録音または変更のみが可能です。

Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook または Cisco Unity Inbox を使用すること。

プライベート同報リストを所有すること。

メッセージ通知をセットアップまたは受信すること。

メッセージ ウェイティング インジケータを受信すること。

インターネット ユーザを使用するユーザの状況

インターネット ユーザには、内線番号があり、電話帳に掲載されていて、ボイス名とグリーティングが録音されているとします。この場合、次のようになります。

ユーザは、電話、ViewMail、または Cisco Unity Inbox を使用してインターネット ユーザへのメッセージの宛先を指定できる。

インターネット ユーザに対応する連絡先は、Exchange アドレス リストに含まれ、Outlook のアドレス帳(明示的に連絡先が表示されないようにした場合を除く)、および Cisco Unity Inbox のアドレス帳に登録される。したがって、Outlook または Cisco Unity Inbox を使用してインターネット ユーザへのメッセージの宛先を指定した場合、通常のユーザと同様になります。

電話を使用する場合、ユーザはインターネット ユーザへのメッセージの宛先を、名前のスペル モード(システムで有効になっている場合)または内線番号、あるいは代行内線番号で指定できる。

ユーザは、インターネット ユーザにメッセージの宛先指定をする際、ボイス名の録音による確認ができる。

インターネット ユーザは、同報リストに追加できる。

インターネット ユーザについての着信転送の設定を、Cisco Unity ユーザの場合とまったく同様に設定できるので、身元不明の発信者とユーザは、インターネット ユーザを呼び出してメッセージを残すことができる。

内線番号は、通常のユーザの場合は必須ですが、インターネット ユーザの場合はオプションです。インターネット ユーザに内線番号が割り当てられていない場合は、次のようになります。

インターネット ユーザは、電話帳に掲載されない。

身元不明発信者は、インターネット ユーザにメッセージを残すことができない。

インターネット ユーザにメッセージを宛先指定するとき、インターネット ユーザが名前の録音をしていれば、ユーザは名前のスペル モードのみ使用できる。内線番号とボイス名いずれも設定されていない場合、インターネット ユーザに宛ててメッセージを送信できません。

インターネット ユーザの削除

各インターネット ユーザは、Active Directory の連絡先に関連付けられています。インターネット ユーザを Cisco Unity システム管理で削除する際に、関連付けられたディレクトリ オブジェクトを削除するオプションがあります。