Cisco Unity のネットワーク機能 Microsoft Exchange版 Release 5.x
クロスサーバ ログオン、クロスサーバ での転送、およびクロスサーバ Live Reply
クロスサーバ ログオン、クロスサーバでの転送、およびクロスサーバ Live Reply
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

クロスサーバ ログオン、クロスサーバでの転送、およびクロスサーバ Live Reply

クロスサーバ ログオン、クロスサーバでの転送、およびクロスサーバ Live Reply の概要

クロスサーバ機能に関する電話システムの注意事項

高いポート使用状況に備えた計画

のデータ アーキテクチャの概要

クロスサーバ ログオンが必要な理由

クロスサーバ転送が必要な理由

クロスサーバ Live Reply が必要な理由

クロスサーバ ログオン

前提条件:クロスサーバ ログオンの有効化

タスク リスト:クロスサーバ ログオンの有効化

手順:クロスサーバ ログオンの有効化

着信サービスが通話を開始グリーティングにルーティングするように設定されていることの確認

クロスサーバ ログオンの有効化と宛先 サーバのパイロット番号の入力

クロスサーバ ログオンのテスト

自動受付およびディレクトリ ハンドラからのクロスサーバ転送

前提条件:クロスサーバ転送の有効化

タスク リスト:クロスサーバ転送の有効化

手順:クロスサーバ転送の有効化

着信サービスが通話を開始グリーティングにルーティングするように設定されていることの確認

クロスサーバ転送の有効化と宛先 サーバのパイロット番号の入力

オプション:外部ユーザに対するクロスサーバ転送の有効化

オプション:クロスサーバ転送のハンドオフにおける転送オーバーライドの有効化

クロスサーバ転送のテスト

クロスサーバ Live Reply

前提条件:クロスサーバ Live Reply の有効化

タスク リスト:クロスサーバ Live Reply の有効化

手順:クロスサーバ Live Reply の有効化

着信サービスが通話を開始グリーティングにルーティングするように設定されていることの確認

クロスサーバ Live Reply の有効化と宛先 サーバのパイロット番号の入力

クロスサーバ Live Reply のテスト

トラブルシューティング

ダイヤル ドメイン オプション設定ページのリファレンス

クロスサーバ ログオン、クロスサーバでの転送、およびクロスサーバ Live Reply

この章では、デジタル ネットワークを介してネットワークを構成する Cisco Unity サーバでの、クロスサーバ ログオン、クロスサーバでの転送、およびクロスサーバ Live Reply の機能を説明します。クロスサーバ機能の展開に関する電話システムおよびネットワークの注意事項を示します。クロスサーバ機能の基盤となるアーキテクチャの説明のほか、設計と監視に関する推奨事項も示します。また、この章では、クロスサーバ機能をアクティブにする手順についても説明します。

次の各項を参照してください。

「クロスサーバ ログオン、クロスサーバでの転送、およびクロスサーバ Live Reply の概要」

「クロスサーバ ログオン」

「自動受付およびディレクトリ ハンドラからのクロスサーバ転送」

「クロスサーバ Live Reply」

「トラブルシューティング」

「ダイヤル ドメイン オプション設定ページのリファレンス」

クロスサーバ ログオン、クロスサーバでの転送、およびクロスサーバ Live Reply の概要

クロスサーバ機能は、既存のデジタル ネットワーク機能を拡張したものです。デジタル ネットワークは、同じグローバル ディレクトリにアクセスする異なる Cisco Unity サーバ上に存在するユーザに、基本的なメッセージ送受信機能を提供します。ネットワークを構成する Cisco Unity サーバが同じ電話システムで統合されている場合、それらのサーバを 1 つのダイヤル ドメインにグループ化し、通話を 1 つの Cisco Unity サーバ上の自動受付(開始グリーティングなど)やディレクトリ ハンドラから別のサーバ上のユーザにリリース経由で転送することができます。デジタル ネットワークとダイヤル ドメインにより、異なる Cisco Unity サーバ上のユーザに基本的なメッセージ送受信と通話転送の機能が提供されますが、ネットワーク内にインストールされた各 Cisco Unity サーバがそのサーバで作成されたアカウントを持つユーザだけにサービスを提供する状態は変わりません。クロスサーバ機能の目的は、 表3-1 に示すように、単一の Cisco Unity サーバ環境内とほとんど同じような使い勝手をデジタル ネットワーク環境内で提供することです。

 

表3-1 クロスサーバ機能

機能
説明

クロスサーバ ログオン

クロスサーバ ログオンを使用すると、管理者は、同じダイヤル ドメイン内の異なる Cisco Unity サーバ上の複数のユーザに、Cisco Unity にログオンするために呼び出すことのできる 1 つの電話番号を提供できます。組織外からの呼び出しで Cisco Unity にログオンする場合、ユーザはホーム Cisco Unity サーバがどれであるかに関係なく、同じ番号を呼び出せば、ログオン対象の適切なホーム Cisco Unity サーバに転送されます。

クロスサーバでの転送

クロスサーバ転送では、1 つの Cisco Unity サーバの自動受付またはディレクトリ ハンドラからの通話を、呼び出されたユーザの着信転送およびスクリーニング設定に従って、ダイヤル ドメイン内の別の Cisco Unity サーバに転送できます。

クロスサーバ Live Reply

クロスサーバ Live Reply を使用すると、電話でメッセージを聞いたユーザは、同じダイヤル ドメイン内の別の Cisco Unity サーバ上のユーザからのメッセージに対し、そのユーザを呼び出して、(呼び出されたユーザの着信転送およびスクリーニング設定に従って)応答することができます。

各クロスサーバ機能は別個の機能ですが、どれも次の拡張相手先応答検出という同じ基本機能を使用しています。

1. ログオン、転送、または Live Reply の発信元となる Cisco Unity サーバは、発信者を保留にして、ホーム Cisco Unity サーバを呼び出します。

2. 宛先の Cisco Unity サーバが応答すると、発信元の Cisco Unity サーバは、その呼び出しがクロスサーバのログオン、転送、または Live Reply であることを示す DTMF トーンのシーケンスを送信します。

3. 宛先の Cisco Unity サーバが DTMF トーンのシーケンスで応答すると、発信元の Cisco Unity サーバは処理のために通話を宛先サーバに転送します。

4. この時点で、この機能は通話がホーム Cisco Unity サーバで発信された場合と同じように動作しています。

この章では、他の Cisco Unity サーバを呼び出すサーバを発信元 Cisco Unity サーバと定義します。また、クロスサーバ呼び出しに応答するサーバを宛先 Cisco Unity サーバと定義します。

クロスサーバ機能に関する電話システムの注意事項

クロスサーバ機能は、Cisco Unified Communications Manager(CM)(旧名称 Cisco Unified CallManager)との連動、PIMG/TIMG ユニットを介した電話システムとの連動、および Cisco SIP Proxy Server(CSPS)との連動でサポートされています。ボイス カードを介した電話システムとの連動はサポートされていません。

次の事項は、クロスサーバ呼び出しのハンドオフが遅延する大きな要因となる場合があります。

ユーザの内線番号が長い。4 桁の内線番号であれば、10 桁の内線番号の場合よりも、Cisco Unity がダイヤルするのにかかる時間は短くなります。

宛先 Cisco Unity サーバに到達するためのダイヤル文字列が長い。4 桁のダイヤル文字列であれば、10 桁のダイヤル文字列の場合よりも、Cisco Unity がダイヤルするのにかかる時間は短くなります。

発信元 Cisco Unity サーバと宛先 Cisco Unity サーバ間のコール パスに、複数の要素(PIMG/TIMG ユニット、Voice Gateway、TDM トランク、および PSTN インターフェイスなど)が含まれている。コール パスに含まれる要素が増えるほど、クロスサーバ呼び出しのハンドオフにかかる処理時間は長くなります。

環境によっては、これらの要因によって遅延が発生した結果、発信者がクロスサーバ機能を使用または実行できなくなる場合があります。使用する環境の代表的なコール パスでクロスサーバ設定をテストし、発信者が受ける遅延が許容範囲内にあるかどうかを確認する必要があります。

高いポート使用状況に備えた計画

クロスサーバ機能では、発信元と宛先の両方の Cisco Unity サーバでポートを使用する必要があります。Cisco Unity サーバの使用状況によっては、これらの機能を有効にする前に、ポートを追加したり、Cisco Unity サーバを追加しなければならない場合があります。また、ポートの設定の調整が必要になる場合もあります。たとえば、着信呼び出しを受信するポートを増やす必要がある場合があります。

クロスサーバ機能を有効にしたら、Cisco Unity サーバで増加した負荷を処理できることがわかるまで、該当のサーバ上のアクティビティを詳細に監視することをお勧めします。この作業には、Port Usage Analyzer を使用できます。Port Usage Analyzer は、Tools Depot の[Reporting Tools]セクションで利用できます。詳細な手順については、Port Usage Analyzer のヘルプを参照してください。発信元と宛先の両方の Cisco Unity サーバの Windows イベント ビューアで、ポートの問題に関するイベント ログ メッセージがないか必ず監視してください。

Cisco Unity のデータ アーキテクチャの概要

クロスサーバ機能が必要な理由を理解するためには、Cisco Unity のデータ アーキテクチャの基本を知っておくと役立ちます。Cisco Unity では、ユーザ(およびコール ハンドラなどの Cisco Unity オブジェクト)に関する情報は Cisco Unity サーバ上の SQL Server データベースに保存されます。また、ユーザ、同報リスト、およびロケーション オブジェクトの情報の小規模なサブセットが、Active Directory に保存されます。すべての Cisco Unity サーバは同じグローバル ディレクトリにアクセスするため、各 Cisco Unity サーバは他の Cisco Unity サーバによって保存された情報にもアクセスできます。他の Cisco Unity サーバからのユーザ データ、同報リスト データ、およびロケーション データがディレクトリに複製されるときに、各 Cisco Unity サーバはそのデータを検出し、ローカルの SQL Server データベースを更新します。

ディレクトリに保存されるデータは、次の基本的なデジタル ネットワーク機能を提供するために必要なものだけに限られます。

異なる Cisco Unity サーバ上のユーザとのメッセージの送受信

自動受付またはディレクトリ ハンドラからダイヤル ドメイン内の異なる Cisco Unity サーバ上のユーザへの通話のリリース転送

クロスサーバ ログオンが必要な理由

クロスサーバ ログオンがない場合、ユーザは電話で自分のメールボックスにログオンするために、ホームである特定の Cisco Unity サーバを呼び出す必要があります。この制限には、次のような理由があります。

ユーザのガイダンスでは、ユーザのグリーティングとユーザのコール ハンドラ、着信転送、および通話スクリーニングの情報にアクセスする必要があります。しかし、ユーザのグリーティングとその他の大部分のユーザ情報は、そのユーザ アカウントが作成された Cisco Unity サーバにのみ保存されます。サイズ上の考慮から、このデータはディレクトリをまたいでは複製されません。

各 Cisco Unity サーバ上のメッセージ ストア サービスは、ローカル ユーザ メールボックスへのアクセスに必要な権限を持ったドメイン アカウントでログオンします。他の Cisco Unity サーバのメッセージ ストア サービスに別のドメイン アカウントが割り当てられている場合は、特定の Cisco Unity サーバのメッセージ ストア サービスが他の Cisco Unity サーバ上のユーザのメールボックスにログオンできない場合があります。

クロスサーバ転送が必要な理由

複数の Cisco Unity サーバがデジタル ネットワークを介してネットワークを構成しているインストレーションでは、Cisco Unity がユーザへの着信転送に使用する番号だけが Cisco Unity サーバ間で複製されます。その他の着信転送設定やスクリーニング設定は、どれも複製されません。たとえば、図3-1 では、着信転送は番号が 9,5551212 のユーザの呼び出し音を鳴らすように設定されています。他の Cisco Unity サーバへ複製される着信転送の設定は、着信転送番号 9,5551212 だけです。この設定が[内線番号に転送する]だった場合は、番号 3047 が複製されます。

図3-1 着信転送番号だけが複製される

 

着信転送の設定が[転送せずグリーティングを再生する]に設定されている場合、着信転送番号は自動的にユーザの内線番号(図3-1 の例では 3047)に設定されます。この内線番号が、ネットワークを構成するその他の Cisco Unity サーバへ複製されます。

クロスサーバでの転送がない場合、他の Cisco Unity サーバ上でアカウントが作成されたユーザへの着信転送は、常に電話システム(リリース)で処理され、Cisco Unity(相手先応答の検出)では処理されません。これは、それらのユーザに相手先応答の検出が設定されている場合でも同じです(図3-1 の例を参照)。リリース転送では、Cisco Unity がユーザ用に設定された着信転送番号をダイヤルして回線を切断し、その後の呼び出しの処理を電話システムに引き継ぎます。リリース転送では、次の制限事項に注意してください。

ユーザの通話スクリーニング、通話保留、および接続案内の機能は無視されます。

着信転送設定の[転送せずグリーティングを再生する]は無視されます。Cisco Unity は、ユーザの内線番号をダイヤルして電話を切ります。ユーザの内線番号が、Cisco Unity の統合されている電話システムで有効な内線番号である場合は、そのユーザの電話のベルが鳴ります。ユーザの内線番号が有効な電話内線番号でない場合、その後の通話に何が起きるかは、電話システムとその設定によって異なります。電話システムがユーザの内線番号への呼び出しを処理するように設定されていないと、発信者は接続を切断される場合があります。

クロスサーバ Live Reply が必要な理由

クロスサーバ Live Reply が必要な理由は、「クロスサーバ転送が必要な理由」で説明されている理由と同じです。

ネットワークを構成する Cisco Unity サーバには、ユーザの着信転送番号だけが複製されます。

ユーザの着信転送、通話スクリーニング、通話保留、および接続案内の機能は無視されます。

クロスサーバ ログオン

クロスサーバ ログオンがない場合、ユーザは自分のメッセージにアクセスするために、自分のアカウントが作成された Cisco Unity サーバを呼び出してログオンする必要があります。このことは、ロード バランシングのために Cisco Unity サーバ間でユーザを移動するサイトでは特に問題になります。それは、ユーザ アカウントを別の Cisco Unity サーバに移動するたびに、そのユーザに対して、組織外からの呼び出しでそれまでとは異なる Cisco Unity サーバにアクセスするように通知しなければならないからです。

クロスサーバ ログオンは、ネットワークを構成する Cisco Unity サーバが同じ電話システムで統合され、1 つのダイヤル ドメインにグループ化されている場合に、この問題を解決します。クロスサーバ ログオンが有効な場合は、組織の外部から複数のユーザが Cisco Unity へログオンできる 1 つの電話番号をユーザに提供できます。クロスサーバ ログオンを設定すると、ユーザは 1 つの Cisco Unity サーバのパイロット番号を呼び出すことにより、ログオンするホーム Cisco Unity サーバへ正しく転送されます。呼び出しは、次のように処理されます。

1. ユーザが、クロスサーバ ログオンが設定された Cisco Unity サーバを呼び出し、Cisco Unity にログオンします。

2. ガイダンスは SQL Server データベースで発信者の ID を検索し、そのユーザ アカウントのホームがローカル Cisco Unity サーバであるか、ダイヤル ドメイン内の別の Cisco Unity サーバであるかを確認します。

ユーザ アカウントのホームがそのローカル サーバである場合、ログオンは通常どおりに進行します。

ユーザ アカウントのホームが別のサーバである場合は、Cisco Unity は「しばらくお待ちください。」というプロンプトを再生して(そのように設定されている場合)ユーザを保留し、ユーザが呼び出しに使用したのと同じポートを介してユーザのホーム Cisco Unity サーバを呼び出します。主要内線番号または代行内線番号と一致する番号から呼び出しを行っている場合、ユーザが聞く最初のプロンプトが「しばらくお待ちください。」プロンプトになることに注意してください。

宛先 Cisco Unity サーバが応答すると、発信元 Cisco Unity サーバは、その呼び出しがクロスサーバ ログオンであることを示す DTMF トーンのシーケンスを送信します。

3. 宛先 Cisco Unity サーバが DTMF トーンのシーケンスで応答します。

4. 発信元サーバが処理のために宛先 Cisco Unity サーバに通話を転送します。宛先 Cisco Unity サーバのガイダンスで、ユーザのパスワードが求められます。この時点で、動作はユーザが直接宛先 Cisco Unity サーバを呼び出したかのようになっています。

この機能の用途は、ユーザが組織の外部から呼び出しを行う場合に限定されます。また、次の点にも注意してください。

この機能を使用する場合も、ユーザの電話は通話をそのユーザのホーム Cisco Unity サーバに転送するようになっている必要があります。

この機能を使用する場合も、ユーザの電話で、Cisco Unity にアクセスするための番号をダイヤルする「メッセージ」ボタンまたは短縮ダイヤル ボタンが、そのユーザのホーム Cisco Unity サーバを呼び出すように設定されている必要があります。

クロスサーバ ログオンでは、上記の場合に通話がホーム サーバに転送されますが、多数のユーザの転送を行うと、Cisco Unity サーバの負荷が高くなります。そのため、ユーザ アカウントを別の Cisco Unity サーバに移動するときには、ユーザの電話はそれまでのようにホーム サーバを呼び出すように設定しておく必要があります。

前提条件:クロスサーバ ログオンの有効化

すべての Cisco Unity サーバがデジタル ネットワーク用に設定されている必要があります。これについては、「デジタル ネットワークのセットアップ」に説明があります。

クロスサーバ機能は、Cisco Unified Communications Manager(CM)(旧名称 Cisco Unified CallManager)との連動、PIMG/TIMG ユニットを介した電話システムとの連動、および Cisco SIP Proxy Server(CSPS)との連動でサポートされています。ボイス カードを介した電話システムとの連動はサポートされていません。詳細については、「クロスサーバ機能に関する電話システムの注意事項」を参照してください。

タスク リスト:クロスサーバ ログオンの有効化

次のタスク リストを使用して、クロスサーバ ログオンを有効にします。次の参照先により、手順の詳細を示します。

1. ネットワークを構成するすべての Cisco Unity サーバが同じダイヤル ドメインに属するように設定されていることを確認します。これについては、「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」に説明があります。

2. 宛先 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity の着信サービスが、通話を開始グリーティング コール ハンドラにルーティングするように設定されていることを確認します(これは、Cisco Unity が最初にインストールされたときのデフォルトです)。「着信サービスが通話を開始グリーティングにルーティングするように設定されていることの確認」を参照してください。

3. クロスサーバ ログオンを処理するように指定した Cisco Unity サーバ(ユーザが呼び出すサーバ)でクロスサーバ ログオンを有効にし、宛先 Cisco Unity サーバのパイロット番号を入力します。「クロスサーバ ログオンの有効化と宛先 Cisco Unity サーバのパイロット番号の入力」を参照してください。

4. クロスサーバ ログオン機能をテストします。「クロスサーバ ログオンのテスト」を参照してください。


) その後、新しい Cisco Unity サーバがダイヤル ドメインに追加された場合は、[ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定]ページに新しいサーバのパイロット番号を追加する必要があります。


手順:クロスサーバ ログオンの有効化

着信サービスが通話を開始グリーティングにルーティングするように設定されていることの確認

各宛先サーバで、次の手順を実行します。フェールオーバー システムの場合は、プライマリとセカンダリの両方のサーバで手順を実行します。

着信サービスが通話を開始グリーティングにルーティングするように設定されていることを確認する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [着信サービス]>[一般の着信] ページに移動します。

ステップ 2 サーバのパイロット番号への通話が開始グリーティングにルーティングされることを確認します。

デフォルト コールハンドラの着信サービス(削除も修正もできない)は、通話を開始グリーティングに送信します。したがって、着信サービスを追加していない場合、サーバはすでにクロスサーバ呼び出しを処理するように正しく設定された状態です。


 

クロスサーバ ログオンの有効化と宛先 Cisco Unity サーバのパイロット番号の入力

[ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定]ページのほとんどの設定はレジストリに保存されるため、システムでフェールオーバーを使用している場合は、プライマリとセカンダリの両方のサーバで次の手順を実行します(レジストリ設定はセカンダリ サーバに複製されません)。

クロスサーバ ログオンを有効にし、宛先 Cisco Unity サーバのパイロット番号を入力する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定] ページに移動します。

ステップ 2 [クロスサーバ ログオン]セクションで、 [ユーザは Cisco Unity にログオンするときと同じ番号をダイヤルする] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [クロスサーバでのログオン、転送、Live Reply用パイロット番号]セクションで、テーブルに表示された各 Cisco Unity サーバの[パターン番号]フィールドに、パイロット番号を入力します(入力するパイロット番号は、Cisco Unity サーバの SQL Server データベース UnityDb に保存されることに注意してください。そのため、システムでフェールオーバーを使用している場合は、パイロット番号がセカンダリ サーバに複製されます)。

ステップ 4 [呼び出しを行っている方に処理していることがわかるように、クロスサーバでのログオン、転送、Live Reply中には、プロンプトを再生する] チェックボックスをオンにします。「しばらくお待ちください。」プロンプトの再生はオプションですが、宛先 Cisco Unity がユーザにパスワードの入力を求めるまでにクロスサーバの処理が数秒かかるため、このチェックボックスをオンにすることをお勧めします。


) ユーザが主要内線番号または代替内線番号として設定されている電話番号から呼び出しを行っている場合は、発信元 Cisco Unity サーバがユーザ ID の入力を求めないため、「しばらくお待ちください。」プロンプトの再生が特に重要です。「しばらくお待ちください。」プロンプトが再生されない場合、ユーザが最初にプロンプトを聞くタイミングは宛先サーバがパスワードの入力を求めるときになり、それまでに数秒かかる場合があります。


ステップ 5 [保存] アイコンをクリックします。


 

クロスサーバ ログオンのテスト

ユーザにクロスサーバ ログオンの使用を許可する前に、この機能をテストすることをお勧めします。

フェールオーバー システムの場合は、最初にプライマリ宛先サーバがクロスサーバ呼び出しに応答することを確認します。次に、宛先サーバを手動でフェールオーバーして、セカンダリ サーバがクロスサーバ呼び出しに応答することを確認します。宛先サーバに正しくフェールオーバーが設定されていれば、プライマリ サーバが利用できないときにセカンダリ サーバがクロスサーバ呼び出しに応答します。

クロスサーバ ログオンをテストする


ステップ 1 [ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定]ページの[パイロット番号]セクションに表示された各番号について、電話を使用してその番号を呼び出し、通話が宛先 Cisco Unity サーバの開始グリーティングにルーティングされることを確認します。

ステップ 2 各宛先サーバでテスト用の新しいユーザ アカウントを作成します(既存のアカウントを使用してもかまいません)。テストするすべての Cisco Unity サーバにユーザ アカウント情報が複製されていることを必ず確認してください。ユーザ データの複製にかかる時間は、ネットワーク コンフィギュレーションや複製スケジュールによって異なります。

ステップ 3 ユーザ アカウントごとに、クロスサーバ ログオン用に設定されたサーバのパイロット番号を呼び出し、ログオンを試行します。次のことを確認します。

「しばらくお待ちください。」プロンプトが再生される(このように設定されている場合)。

正常にログオンできる。


 

自動受付およびディレクトリ ハンドラからのクロスサーバ転送

クロスサーバ転送は、特殊な相手先応答の検出で、自動受付またはディレクトリ ハンドラからの通話のコントロールを、呼び出されたユーザのホーム Cisco Unity サーバに渡します。

1. 発信者が、オーディオ テキスト アプリケーションの設定された Cisco Unity サーバを呼び出します。

2. 発信者は、次のいずれかを実行します。

コール ハンドラ(開始グリーティングなど)で、ダイヤル ドメイン内の別の Cisco Unity サーバ上のユーザの内線番号を入力する。または、

ディレクトリ ハンドラで、ダイヤル ドメイン内の別の Cisco Unity サーバ上のユーザ名を入力する。

3. 呼び出しを処理する Cisco Unity サーバは発信者を保留にして、ユーザのホーム Cisco Unity サーバを呼び出します。

4. 宛先 Cisco Unity サーバが応答すると、発信元 Cisco Unity サーバは、その呼び出しがクロスサーバ転送であることを示す DTMF トーンのシーケンスを送信します。

5. 宛先サーバが DTMF トーンのシーケンスで応答します。

6. 発信元サーバが処理のために宛先 Cisco Unity サーバに通話を転送します。この時点で、動作は発信者が宛先 Cisco Unity サーバの自動受付またはディレクトリ ハンドラを直接呼び出したかのようになっています。

クロスサーバ転送が設定されている場合は、ユーザの着信転送、通話スクリーニング、通話保留、および接続案内の機能を利用できます。

前提条件:クロスサーバ転送の有効化

すべての Cisco Unity サーバがデジタル ネットワーク用に設定されている必要があります。これについては、「デジタル ネットワークのセットアップ」に説明があります。

クロスサーバ機能は、Cisco Unified Communications Manager(CM)(旧名称 Cisco Unified CallManager)との連動、PIMG/TIMG ユニットを介した電話システムとの連動、および Cisco SIP Proxy Server(CSPS)との連動でサポートされています。ボイス カードを介した電話システムとの連動はサポートされていません。詳細については、「クロスサーバ機能に関する電話システムの注意事項」を参照してください。

タスク リスト:クロスサーバ転送の有効化

次のタスク リストを使用して、クロスサーバ転送を有効にします。次の参照先により、手順の詳細を示します。

1. ネットワークを構成するすべての Cisco Unity サーバが同じダイヤル ドメインに属するように設定されていることを確認します。これについては、「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」に説明があります。

2. ディレクトリ ハンドラと自動受付の検索スコープが、ダイヤル ドメインに設定されていることを確認します。これについては、「宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープの設定」に説明があります。

3. 宛先 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity の着信サービスが、通話を開始グリーティング コール ハンドラにルーティングするように設定されていることを確認します(これは、Cisco Unity が最初にインストールされたときのデフォルトです)。「着信サービスが通話を開始グリーティングにルーティングするように設定されていることの確認」を参照してください。

4. 外部発信者からの呼び出しを処理するオーディオ テキスト アプリケーションを備えた
Cisco Unity サーバでクロスサーバ転送を有効にして、宛先 Cisco Unity サーバのパイロット番号を入力します。「クロスサーバ転送の有効化と宛先 Cisco Unity サーバのパイロット番号の入力」を参照してください。

5. オプションで、外部ユーザへのクロスサーバ転送を有効にする場合は、Advanced Settings Tool で「Networking--Cross-Server Transfer Behavior for External Subscribers」設定を変更します。この機能を有効にするには、発信元と宛先の両方の Cisco Unity サーバがバージョン 5.0(1) 以降を実行している必要があります。「オプション:外部ユーザに対するクロスサーバ転送の有効化」を参照してください。

6. オプションで、他の Cisco Unity サーバをホームとするユーザに対して転送オーバーライド数字列を有効にする場合は、Advanced Settings Tool で「Networking--Allow Transfer Override on Cross-Server Transfer Handoff」設定を変更します。この機能を有効にするには、発信元と宛先の両方の Cisco Unity サーバがバージョン 5.0(1) 以降を実行している必要があります。「オプション:クロスサーバ転送のハンドオフにおける転送オーバーライドの有効化」を参照してください。

7. クロスサーバ転送機能をテストします。「クロスサーバ転送のテスト」を参照してください。


) その後、新しい Cisco Unity サーバがダイヤル ドメインに追加された場合は、[ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定]ページに新しいサーバのパイロット番号を追加する必要があります。


手順:クロスサーバ転送の有効化

着信サービスが通話を開始グリーティングにルーティングするように設定されていることの確認

各宛先サーバで、次の手順を実行します。フェールオーバー システムの場合は、プライマリとセカンダリの両方のサーバで手順を実行します。

着信サービスが通話を開始グリーティングにルーティングするように設定されていることを確認する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [着信サービス]>[一般の着信] ページに移動します。

ステップ 2 サーバのパイロット番号への通話が開始グリーティングにルーティングされることを確認します。

デフォルト コールハンドラの着信サービス(削除も修正もできない)は、通話を開始グリーティングに送信します。したがって、着信サービスを追加していない場合、サーバはすでにクロスサーバ呼び出しを処理するように正しく設定された状態です。


 

クロスサーバ転送の有効化と宛先 Cisco Unity サーバのパイロット番号の入力

[ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定]ページのほとんどの設定はレジストリに保存されるため、システムでフェールオーバーを使用している場合は、プライマリとセカンダリの両方のサーバで次の手順を実行します(レジストリ設定はセカンダリ サーバに複製されません)。

クロスサーバ転送を有効にし、宛先 Cisco Unity サーバのパイロット番号を入力する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定] ページに移動します。

ステップ 2 [呼び出されたユーザの Cisco Unity サーバへコントロールの送付] をクリックします。

ステップ 3 [クロスサーバでのログオン、転送、Live Reply用パイロット番号]セクションで、テーブルに表示された各 Cisco Unity サーバの[パターン番号]フィールドに、パイロット番号を入力します(入力するパイロット番号は、Cisco Unity サーバの SQL Server データベース UnityDb に保存されることに注意してください。そのため、システムでフェールオーバーを使用している場合は、パイロット番号がセカンダリ サーバに複製されます)。

ステップ 4 [呼び出しを行っている方に処理していることがわかるように、クロスサーバでのログオン、転送、Live Reply中には、プロンプトを再生する] チェックボックスをオンにします。「しばらくお待ちください。」プロンプトの再生はオプションですが、発信者が転送されるまでにクロスサーバの処理が最大で 5 秒かかるため、このチェックボックスをオンにすることをお勧めします。

[保存] アイコンをクリックします。


 

オプション:外部ユーザに対するクロスサーバ転送の有効化

デフォルトでは、転送の開始側のサーバとは異なるダイヤル ドメイン内のサーバをホームとする外部ユーザ(AMIS、Bridge、VPIM、インターネット、信頼できるインターネット ユーザ)への転送は、リリース転送として実行されます。別の Cisco Unity サーバをホームとする外部ユーザへの転送が、クロスサーバ転送を介して実行されるようにする場合は、次の手順を実行します。この機能を有効にするには、発信元と宛先の両方の Cisco Unity サーバが Cisco Unity バージョン 5.0(1) 以降を実行している必要があることに注意してください。

外部ユーザに対してクロスサーバ転送を有効にする


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のウィンドウで、[Administrative Tools]の下の [Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Settings]ウィンドウで、[Networking--Cross-Server Transfer Behavior for External Subscribers]をクリックします。

ステップ 4 [New Value]リストで [0] をクリックしてから、 [Set] をクリックします。

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更を加えた場合に Cisco Unity ソフトウェアまたはサーバを再起動する必要はありません。


) Cisco Unity のフェールオーバーでは、一方の Cisco Unity サーバでレジストリを変更したときに、もう一方の Cisco Unity サーバでも手動で変更する必要があります。レジストリの変更は複製されません。



 

オプション:クロスサーバ転送のハンドオフにおける転送オーバーライドの有効化

発信者が自動受付で内線番号を入力してから「#2」を入力すると、発信者は転送されずに、入力した内線番号のグリーティングに直接ルーティングされます。これは、転送オーバーライド数字列と呼ばれます。デフォルトでは、「#2」の前に入力した内線番号に関連付けられているユーザがダイヤル ドメイン内の別の Cisco Unity サーバをホームとしている場合、転送オーバーライド数字列は無視されます。他の Cisco Unity サーバをホームとするユーザに対して転送オーバーライド数字列を有効にする場合は、次の手順を実行します。この機能を有効にするには、発信元と宛先の両方の Cisco Unity サーバがバージョン 5.0(1) 以降を実行している必要があります。

クロスサーバ転送における転送オーバーライドを有効にする


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のウィンドウで、[Administrative Tools]の下の [Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Settings]ウィンドウで、[Networking--Allow Transfer Override on Cross-Server Transfer Handoff]をクリックします。

ステップ 4 [New Value]リストで [1] をクリックしてから、 [Set] をクリックします。

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更を加えた場合に Cisco Unity ソフトウェアまたはサーバを再起動する必要はありません。


) Cisco Unity のフェールオーバーでは、一方の Cisco Unity サーバでレジストリを変更したときに、もう一方の Cisco Unity サーバでも手動で変更する必要があります。レジストリの変更は複製されません。



 

クロスサーバ転送のテスト

ユーザにクロスサーバ転送のテストを実施してから、ユーザにこの機能の使用を許可することをお勧めします。

フェールオーバー システムの場合は、最初にプライマリ宛先サーバがクロスサーバ呼び出しに応答することを確認します。次に、宛先サーバを手動でフェールオーバーして、セカンダリ サーバがクロスサーバ呼び出しに応答することを確認します。宛先サーバに正しくフェールオーバーが設定されていれば、プライマリ サーバが利用できないときにセカンダリ サーバがクロスサーバ呼び出しに応答します。

クロスサーバ転送をテストする


ステップ 1 [ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定]ページの[パイロット番号]セクションに表示された各番号について、電話を使用してその番号を呼び出し、通話が宛先 Cisco Unity サーバの開始グリーティングにルーティングされることを確認します。

ステップ 2 各宛先サーバでテスト用の新しいユーザ アカウントを作成します(既存のアカウントを使用してもかまいません)。

ステップ 3 ユーザ アカウントごとに、クロスサーバ転送用に設定されたサーバのパイロット番号を呼び出し、開始グリーティングでユーザの内線番号を入力します。次のことを確認します。

「しばらくお待ちください。」プロンプトが再生される。

呼び出されたユーザの着信転送設定に従って、ユーザの電話かグリーティングに通話が転送される。


 

クロスサーバ Live Reply

Live Reply が有効な場合、電話でメッセージを聞いたユーザは、別のユーザを直接呼び出して、メッセージに応答することができます。ユーザが Live Reply 機能にアクセスできるかどうかは、そのユーザのサービス クラスによって決まります。

ダイヤル ドメイン内の別の Cisco Unity サーバ上のユーザが残したメッセージを聞いたときに、ユーザが Live Reply オプションを使用できるようにするには、クロスサーバ Live Reply を有効にする必要があります。さらに、メッセージが録音された Cisco Unity サーバが、メッセージの送信者をユーザとして識別する必要もあります。デフォルトでは、異なる Cisco Unity サーバをホームとするユーザ間の Live Reply は無効になっています。

Live Reply とクロスオーバ Live Reply が有効な場合は、次のようになります。

1. ダイヤル ドメイン内の別の Cisco Unity サーバ上のユーザが残したメッセージを聞いた後、ユーザは、メッセージを残したそのユーザを呼び出します。

ネットワークを構成するサーバ間で、認識されたユーザ メッセージ(ISM)がセットアップされていない場合、またはメッセージが録音された Cisco Unity サーバで ISM が無効になっている場合、Live Reply オプションの使用は、Cisco Unity にログオンしたユーザが、メールボックスから宛先を指定して送信するメッセージに限られるので注意してください。

2. Cisco Unity は、ユーザを保留し、SQL Server データベースでその内線番号を検索して、応答されているユーザが同じサーバ上に存在するか、ダイヤル ドメイン内の別の Cisco Unity サーバ上に存在するかを確認します。そのユーザが同じサーバ上に存在する場合、処理は通常どおりに進行します。

一方、応答されているユーザが別の Cisco Unity サーバ上に存在する場合は、ローカル Cisco Unity サーバは適切なホーム Cisco Unity サーバを呼び出します。

3. 宛先 Cisco Unity サーバが応答すると、発信元 Cisco Unity サーバは、その呼び出しがクロスサーバ Live Reply であることを示す DTMF トーンのシーケンスを送信します。

4. 宛先サーバが DTMF トーンのシーケンスで応答します。

5. 発信元サーバが処理のために宛先 Cisco Unity サーバに通話を転送します。ただし、宛先サーバのユーザ アカウントで着信転送が無効に設定されている(着信転送オプションが、通話をユーザ グリーティングに送信するように設定されている)場合、Live Reply 呼び出しが失敗することに注意してください。このような場合は、発信元 Cisco Unity のユーザのガイダンスで、Live Reply が利用できないため、目的のユーザを直接呼び出さずにメッセージに応答するように求めるプロンプトが発信者に対して再生されます。

前提条件:クロスサーバ Live Reply の有効化

すべての Cisco Unity サーバがデジタル ネットワーク用に設定されている必要があります。これについては、「デジタル ネットワークのセットアップ」に説明があります。

クロスサーバ機能は、Cisco Unified Communications Manager(CM)(旧名称 Cisco Unified CallManager)との連動、PIMG/TIMG ユニットを介した電話システムとの連動、および Cisco SIP Proxy Server(CSPS)との連動でサポートされています。ボイス カードを介した電話システムとの連動はサポートされていません。詳細については、「クロスサーバ機能に関する電話システムの注意事項」を参照してください。

ユーザが、Live Reply が有効になるサービス クラスに属している必要があります。Live Reply は、Cisco Unity システム管理の[ユーザ]>[サービス クラス]>[メッセージ]ページで、[別のユーザからのメッセージに対してユーザは電話から直接返信できる]チェックボックスをオンにして有効にします。

各 Cisco Unity ユーザに転送番号が設定されている必要があります。

認識された電話番号から送信者が受信者を呼び出したときに送信され、Cisco Unity に転送されたメッセージに対して Live Reply を使用可能にするには、ネットワークを構成する Cisco Unity サーバ間で、認識されたユーザ メッセージをセットアップする必要があります。「ネットワークで接続された Cisco Unity ユーザ間の認識されたユーザ メッセージのセットアップ(オプション)」を参照してください。

タスク リスト:クロスサーバ Live Reply の有効化

次のタスク リストを使用して、クロスサーバ Live Reply を有効にします。次の参照先により、手順の詳細を示します。

1. ネットワークを構成するすべての Cisco Unity サーバが同じダイヤル ドメインに属するように設定されていることを確認します。これについては、「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」に説明があります。

2. ディレクトリ ハンドラと自動受付の検索スコープが、ダイヤル ドメインに設定されていることを確認します。これについては、「宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープの設定」に説明があります。

3. 宛先 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity の着信サービスが、通話を開始グリーティング コール ハンドラにルーティングするように設定されていることを確認します(これは、Cisco Unity が最初にインストールされたときのデフォルトです)。「着信サービスが通話を開始グリーティングにルーティングするように設定されていることの確認」を参照してください。

4. ダイヤル ドメイン内の各 Cisco Unity サーバで、クロスサーバ Live Reply を有効にして、宛先 Cisco Unity サーバのパイロット番号を入力します。「クロスサーバ Live Reply の有効化と宛先 Cisco Unity サーバのパイロット番号の入力」を参照してください。

5. クロスサーバ Live Reply 機能をテストします。「クロスサーバ Live Reply のテスト」を参照してください。


) その後、新しい Cisco Unity サーバがダイヤル ドメインに追加された場合は、ダイヤル ドメイン内の各 Cisco Unity サーバの[ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定]ページに新しいサーバのパイロット番号を追加する必要があります。


手順:クロスサーバ Live Reply の有効化

着信サービスが通話を開始グリーティングにルーティングするように設定されていることの確認

ダイヤル ドメイン内の各 Cisco Unity サーバで、次の手順を実行します。フェールオーバー システムの場合は、プライマリとセカンダリの両方のサーバで手順を実行します。

着信サービスが通話を開始グリーティングにルーティングするように設定されていることを確認する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [着信サービス]>[一般の着信] ページに移動します。

ステップ 2 サーバのパイロット番号への通話が開始グリーティングにルーティングされることを確認します。

デフォルト コールハンドラの着信サービス(削除も修正もできない)は、通話を開始グリーティングに送信します。したがって、着信サービスを追加していない場合、サーバはすでにクロスサーバ呼び出しを処理するように正しく設定された状態です。


 

クロスサーバ Live Reply の有効化と宛先 Cisco Unity サーバのパイロット番号の入力

ダイヤル ドメイン内の各 Cisco Unity サーバで、次の手順を実行します。[ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定]ページのほとんどの設定はレジストリに保存されるため、システムでフェールオーバーを使用している場合は、プライマリとセカンダリの両方のサーバで次の手順を実行します(レジストリ設定はセカンダリ サーバに複製されません)。

クロスサーバ Live Reply を有効にし、宛先 Cisco Unity サーバのパイロット番号を入力する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定] ページに移動します。

ステップ 2 [Live Reply]セクションで、 [サービスクラス権限を持つユーザは、他の Cisco Unity サーバに登録されたユーザからのメッセージにコールして返信することができます。] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [クロスサーバでのログオン、転送、Live Reply用パイロット番号]セクションで、テーブルに表示された各 Cisco Unity サーバの[パターン番号]フィールドに、パイロット番号を入力します(入力するパイロット番号は、Cisco Unity サーバの SQL Server データベース UnityDb に保存されることに注意してください。そのため、システムでフェールオーバーを使用している場合は、パイロット番号がセカンダリ サーバに複製されます)。

ステップ 4 [呼び出しを行っている方に処理していることがわかるように、クロスサーバでのログオン、転送、Live Reply中には、プロンプトを再生する] チェックボックスをオンにします。「しばらくお待ちください。」プロンプトの再生はオプションですが、発信者が転送されるまでにクロスサーバの処理が最大で 5 秒かかるため、このチェックボックスをオンにすることをお勧めします。

ステップ 5 [保存] アイコンをクリックします。


 

クロスサーバ Live Reply のテスト

ユーザにクロスサーバ Live Reply のテストを実施してから、ユーザにこの機能の使用を許可することをお勧めします。

フェールオーバー システムの場合は、最初にプライマリ宛先サーバがクロスサーバ呼び出しに応答することを確認します。次に、宛先サーバを手動でフェールオーバーして、セカンダリ サーバがクロスサーバ呼び出しに応答することを確認します。宛先サーバに正しくフェールオーバーが設定されていれば、プライマリ サーバが利用できないときにセカンダリ サーバがクロスサーバ呼び出しに応答します。

クロスサーバ Live Reply をテストする


ステップ 1 [ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定]ページの[パイロット番号]セクションに表示された各番号について、電話を使用してその番号を呼び出し、通話が宛先 Cisco Unity サーバの開始グリーティングにルーティングされることを確認します。

ステップ 2 ダイヤル ドメイン内の各 Cisco Unity サーバで、テスト用の新しいユーザ アカウントを作成します(既存のアカウントを使用してもかまいません)。テスト ユーザは Live Reply が有効になるサービス クラスに属するようにし、ユーザ アカウントで着信転送を有効にしてください。

ステップ 3 1 つの Cisco Unity サーバにユーザとしてログオンし、別の Cisco Unity サーバ上のテスト ユーザにメッセージを送信します。

ステップ 4 テスト メッセージを受信する各ユーザとしてログオンし、メッセージを聞いてから、ユーザを呼び出します。次のことを確認します。

「しばらくお待ちください。」プロンプトが再生される(このように設定されている場合)。

通話が、メッセージを残したユーザの電話に転送される。


 

トラブルシューティング

次のツールを使用して、発信元と宛先の Cisco Unity サーバにおけるクロスサーバのログオン、転送、Live Reply の問題を解決することができます。

Windows アプリケーション イベント ログ。

Tools Depot から利用可能な Port Status Monitor。

Tools Depot から利用可能な Unity Diagnostic Tool。Unity Diagnostic Tool で、次のマイクロ トレースを有効にします。

CDE:10 State Machine Trace

Conversation:10 Call Progress

MiuCall:All traces

MiuGeneral:12、13、14、16
(12 Tapi Events、13 Tone Generation/Detection、14 Digit Generation/Detection、16 Event Wait Result)
SIP または PIMG 連動の場合は、20、21、22 も有効にする
(20 Sip Media、21 Sip Call Control State Machine、および 22 Sip Media State Machine)

MiuMethods:All traces

SCCP(skinny)連動の場合:All Skinny TSP traces

Unity Diagnostic Tool でログ ファイルを収集する場合は、適切な AvCsMgr ログ ファイルを選択します。SCCP(skinny)連動の場合は、適切な svchost ログ ファイルを収集します。

ダイヤル ドメイン オプション設定ページのリファレンス

ダイヤル ドメイン オプション設定については、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能な『 Cisco Unity Administrator インターフェイス リファレンス ガイド 』の「ネットワークの設定」の章の「ダイヤル ドメイン オプション設定ページ」の項を参照してください。