Cisco Unity のネットワーク機能 Microsoft Exchange版 Release 5.x
デジタル ネットワーク
デジタル ネットワーク
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

デジタル ネットワーク

概要:デジタル ネットワーク

デジタル ネットワークのセットアップ要件

ライセンスとライセンス プール

この章の構成

デジタル ネットワークのセットアップ

前提条件

タスク リスト:デジタル ネットワークのセットアップ

デジタル ネットワークを使用するための のセットアップ手順

ライセンス プールの有効化(オプション)

プライマリ ロケーションのカスタマイズ

宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープの設定

宛先の検索スコープの設定

ディレクトリ ハンドラの検索スコープの設定

自動受付の検索スコープの設定

ネットワークで接続された ユーザ間の認識されたユーザ メッセージのセットアップ(オプション)

ユーザのインポートに使用する Active Directory コンテナに対する権限の設定

各 サーバ上で認識されたユーザ メッセージの有効化

すべてのユーザのパブリック同報リストの修正

ディレクトリ内の全ユーザへの送信用のシステム ブロードキャスト メッセージのセットアップ(オプション)

のデフォルト検索スコープの変更(オプション)

同一ダイヤル ドメイン内の サーバ間での Live Reply の有効化(オプション)

デジタル ネットワークのセットアップのテスト

デジタル ネットワークの概念と定義

ロケーションとデジタル ネットワーク

ダイヤル ドメイン

自動受付またはディレクトリ ハンドラから他の サーバ上のユーザへのリリース転送

ネットワークで接続された ユーザ間の認識されたユーザ メッセージ

宛先の検索スコープ

ダイヤル ドメイン内のユーザの宛先オプション

番号計画の重複に対するダイヤル ドメイン シールド

ネットワーク構成でない電話システム用の宛先オプション

番号計画が重複していない場合

番号計画が重複している場合

のスコープ

ローカル からの他の の参照

別の サーバ上で作成されたユーザ アカウントの検索

Global Subscriber Manager を使用した他の の参照

他の サーバへの管理者権限の付与

同報リスト

システム ブロードキャスト メッセージ

デジタル ネットワークを構成しているサーバへのシステム ブロードキャスト メッセージの宛先指定

でのネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージ処理方法

動作についての情報

サーバへのユーザのマッピング

デジタル ネットワーク

概要:デジタル ネットワーク

それぞれの Cisco Unity サーバには、サービスを提供できるユーザの最大数があります。組織がボイス メッセージ処理のために複数の Cisco Unity サーバを必要とする場合は、それらのサーバをネットワークで相互に接続し、単一のグローバル ディレクトリにアクセスできるようにする一方で、そのネットワーク内の Cisco Unity インストレーションごとに、引き続きそのサーバ上で作成されたユーザに対してのみサービスを提供できるようにすることができます。デジタル ネットワークは、1 つの Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザが、他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザとメッセージを交換できるようにする Cisco Unity 機能です。デジタル ネットワークでは、ユーザは電話を使用して Cisco Unity にログオンしたり、他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザにボイス メッセージを送信したりすることができます(「メッセージを送るには 2 を押してください」)。メッセージを聞いた後、ユーザは他の Cisco Unity サーバ上のユーザから送信されたメッセージに応答できます。

ネットワークで接続した複数の Cisco Unity サーバが同じ電話システムで統合されている場合、サーバをダイヤル ドメインにグループ化して次のことができるように設定できます。

通話を自動受付または宛先検索サービスからローカル サーバに関連付けられていないユーザへ転送する。

Identified Subscriber Messaging(ISM; 認識されたユーザ メッセージ)が、ネットワークで接続されたユーザに対して機能するようにする(ダイヤル ドメイン内の他の Cisco Unity サーバ上のユーザを呼び出してメッセージを残すユーザをユーザとして識別する)。

ユーザは、ネットワークで接続した別の Cisco Unity サーバ上のユーザとのメッセージの送受信に、同じサーバ上のユーザとのメッセージの送受信に使用するのと同じ Cisco Unity ツールを使用します。組織が FaxMail ライセンス機能およびテキスト/スピーチ電子メール機能も備えている場合は、電話を使ってファックスや電子メール メッセージを組織内のどのユーザにも転送できます。

Cisco Unity ではユーザ情報(およびコール ハンドラなど他の Cisco Unity オブジェクト)を Cisco Unity サーバ上の SQL Server データベースに保存しますが、ユーザ、同報リスト、およびロケーションなどの情報の小規模なサブセットは、デジタル ネットワーク機能を有効にするために Active Directory にも保存されます。他の Cisco Unity サーバからのユーザ データおよびロケーション データを Active Directory に複製する場合、Cisco Unity はデータを検出し、SQL Server データベースを更新します。ディレクトリ複製によって、他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザをボイス メッセージの宛先に指定するために必要な情報を、各 Cisco Unity サーバに持たせることができます。

デジタル ネットワークのセットアップ要件

デジタル ネットワークの重要な点は、すべての Cisco Unity サーバが共通のディレクトリにアクセスすることです。デジタル ネットワークを使用するには、Cisco Unity サーバは、同じ Active Directory フォレスト内にある必要があります。

Unified Messaging(UM; ユニファイド メッセージ)用にライセンスされている Cisco Unity サーバと Voice Messaging(VM; ボイス メッセージ)用にライセンスされている Cisco Unity サーバでは、デジタル ネットワークを使用してメッセージを交換できることに注意してください。VM のユーザが、電話インターフェイスだけを通して、または別個にライセンスされている Cisco Personal Communications Assistant(PCA)で、ボイス メッセージおよびファックス メッセージにアクセスする場合は、同一の Exchange 組織または Active Directory フォレストに存在する VM および UM に関連するライセンス上の問題はありません

要件およびサポートの詳細については、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_installation_guides_list.html から入手可能な『 Cisco Unity Networking Options Requirements 』マニュアルを参照してください。

ライセンスとライセンス プール

デジタル ネットワークは、各 Cisco Unity サーバ上で有効です。デジタル ネットワークをセットアップするために追加のライセンスを取得する必要はありません。

デジタル ネットワークにはライセンスは必要ありませんが、ライセンス プールというシステム ライセンスを追加することが必要な場合があります。ライセンス プールを使用すると、デジタル ネットワーク用にセットアップされた Cisco Unity サーバで、ユーザ用および Cisco Unity Inbox 用にライセンスをプールできます。ライセンス プールでは、すべての Cisco Unity サーバでの総利用数が、該当する機能の総ライセンス数以下であれば、その Cisco Unity サーバはライセンス制限内です。たとえば、2 つの Cisco Unity サーバにそれぞれ 500 人のユーザ ライセンスがあるとします。ライセンス プールでは、2 つのサーバ両方で使用されているライセンスの合計が 1,000 以下である場合は、一方のサーバで 501 以上のライセンスを使用できます。

ユーザ ライセンス以外のライセンスのあるすべての機能については、ライセンスの付与はマシン単位となります。ライセンス情報は、各 Cisco Unity サーバのプライマリ ロケーションと一緒に格納されます。ロケーション データはディレクトリに保存されるため、各 Cisco Unity サーバにはライセンス プール内のライセンス使用数を追跡するために必要な情報があります。

ライセンス プールと Cisco Unity の各機能のライセンスを取得する方法の詳細については、該当する White Paper『 Licensing for Cisco Unity 』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_white_papers_list.html から入手可能です。

この章の構成

この章では、デジタル ネットワークのセットアップとアップグレードの手順について説明し、その後、理解しておく必要のある概念や用語について説明します。次の各項を参照してください。

「デジタル ネットワークのセットアップ」:この項では、デジタル ネットワークをセットアップするための前提条件について説明し、セットアップを完了するために必要なタスク全体の概要と、実施する順序について説明します。

「デジタル ネットワークを使用するための Cisco Unity のセットアップ手順」:この項では、Cisco Unity をデジタル ネットワーク用にセットアップするために必要なすべての手順について説明します。

「デジタル ネットワークの概念と定義」:この項では、デジタル ネットワークの概念について詳細に説明します。デジタル ネットワークについてあまり詳しくない場合は、セットアップ手順を実行する前に、この項を読むことをお勧めします。

「動作についての情報」:この項では、デジタル ネットワークに関連する、知っておくべき動作について説明します。

関連マニュアル

Accessing Voice Mail in Multiple Unity Server Environments 』:
http://www.cisco.com/warp/public/788/AVVID/one_message_button_two_unity_servers.html から入手可能です。

White Paper『 Cisco Unity Data and Active Directory (Cisco Unity 5.x and Later with Microsoft Exchange) 』: http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_white_papers_list.html から入手可能です。

White Paper『 Active Directory Capacity Planning (Cisco Unity Version 5.x and Later with Microsoft Exchange) 』: http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_white_papers_list.html から入手可能です。

デジタル ネットワークのセットアップ

前提条件

Cisco Unity が、Cisco Unity インストレーション ガイドの要件および説明に従って各サーバにインストールされていること。

Cisco Unity が、「デジタル ネットワークのセットアップ要件」に記されている要件を満たしていること。

タスク リスト:デジタル ネットワークのセットアップ

このタスク リストを使用して、各 Cisco Unity サーバ上にデジタル ネットワークをセットアップします。参照先には、手順の詳細が示されています。システムがフェールオーバーを使用している場合は、これらのタスクをプライマリ サーバでのみ実行してください。ただし、タスクがレジストリの変更を必要とし、それをプライマリとセカンダリの両方のサーバで実行する必要がある場合は除きます(このことは説明の中に書かれています)。

1. オプションとして、ライセンス プール用のライセンス ファイルを入手し、有効にします。「ライセンス プールの有効化(オプション)」を参照してください。

2. プライマリ ロケーションをカスタマイズします。「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」を参照してください。

3. 宛先の指定、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープを設定します。「宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープの設定」を参照してください。自動受付検索オプションは、認識されたユーザ メッセージが機能するために、ダイヤル ドメインを検索するように設定する必要があります。

4. オプションとして、認識されたユーザ メッセージ(ISM)を有効にします。「ネットワークで接続された Cisco Unity ユーザ間の認識されたユーザ メッセージのセットアップ(オプション)」を参照してください。

5. すべてのユーザのパブリック同報リストを修正します。「すべてのユーザのパブリック同報リストの修正」を参照してください。

6. オプションとして、各ユーザ アカウントに代行内線番号を追加します。手順については、
Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「ユーザまたはユーザ テンプレート設定によって制御される機能の設定」の章の「代行内線番号の設定」の項を参照してください。このマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

7. オプションとして、システム ブロードキャストをディレクトリ内のすべてのユーザに送信するために、システム ブロードキャスト メッセージをセットアップします。「ディレクトリ内の全ユーザへの送信用のシステム ブロードキャスト メッセージのセットアップ(オプション)」を参照してください。

8. オプションとして、Cisco Personal Communications Assistant のデフォルト検索スコープをグローバル ディレクトリに変更します。「Cisco PCA のデフォルト検索スコープの変更(オプション)」を参照してください。

9. オプションとして、異なる Cisco Unity サーバ上のユーザ間の Live Reply を有効にします。「同一ダイヤル ドメイン内の Cisco Unity サーバ間での Live Reply の有効化(オプション)」を参照してください。

10. デジタル ネットワークのセットアップをテストします。「デジタル ネットワークのセットアップのテスト」を参照してください。

11. Cisco Unified Communications Manager(CM)(旧名称 Cisco Unified CallManager)連動のみ:オプションでクロスサーバ機能を有効にします。詳細については、 「クロスサーバ ログオン、クロスサーバでの転送、およびクロスサーバ Live Reply」 を参照してください。

デジタル ネットワークを使用するための Cisco Unity のセットアップ手順

この項では、各 Cisco Unity サーバをデジタル ネットワーク用にセットアップするために必要なすべての手順について説明します。手順を実施する順序については、「タスク リスト:デジタル ネットワークのセットアップ」を参照してください。

ライセンス プールの有効化(オプション)

各 Cisco Unity サーバに対して、そのサーバがライセンス プールに参加するかどうかを選択できます。Cisco Unity サーバをプールに入れるには、ライセンス プール機能が有効になっているライセンス ファイルを入手し、そのライセンス ファイルを Cisco Unity サーバにインストールします。Cisco Unity サーバ上のライセンス ファイルのライセンス プール機能が有効にされていない場合、そのサーバはプールに参加せず、そのサーバ上でライセンスが順守されているかどうかは、マシン単位で測定されます。

ライセンス ファイルを入手するには、Cisco.com で登録情報を入力します。登録後まもなく、シスコからライセンス ファイルが電子メールで送られてきます。シスコからの電子メールには、ライセンス ファイルの保存と格納の方法に関する説明が含まれています。


) システムがフェールオーバーを使用している場合は、ライセンス ファイルをプライマリ サーバにのみインストールします。


登録時には、次の情報が必要です。

Cisco Unity コンピュータ内の Network Interface Card(NIC; ネットワーク インターフェイス カード)の MAC アドレス(物理アドレス)。

Product Authorization Key(PAK)。Cisco Unity DVD 1 または CD 1 のジャケットの前面に貼り付けられているステッカーに表示されています。

次の手順を、このリストの順序で実行してください。

Cisco Unity コンピュータの MAC アドレスを取得する


ステップ 1 Cisco Unity サーバ上で、次のいずれかを行います。

耐障害性用に設定されたデュアル NIC がサーバに含まれている場合は、製造業者から提供された NIC 設定ユーティリティを実行し、2 つの NIC で共有されている MAC アドレス(ハイフンは除く)を書き留めます。この手順の残りの部分はスキップします。

サーバにデュアル NIC が含まれていない場合や、サーバに含まれているデュアル NIC が耐障害性用に設定されていない場合は、Windows の[スタート]メニューから [プログラム]>[アクセサリ]>[コマンド プロンプト] をクリックします。

ステップ 2 [コマンド プロンプト]ウィンドウで、 ipconfig /all と入力し、 Enter キーを押します。

ステップ 3 物理アドレスの値(ハイフンは除く)を書き留めるか、オンライン登録時にアクセスできるファイルに保存します(たとえば、物理アドレスが 00-A1-B2-C3-D4-E5 ならば、00A1B2C3D4E5 と記録します)。

サーバに複数の NIC が含まれている場合は、NIC ごとに 1 つずつ値が表示されます。Cisco Unity サーバをネットワークに接続するために使用する NIC の値を書き留めます。

ステップ 4 [コマンド プロンプト]ウィンドウを閉じます。


 

ライセンス ファイルを登録し、入手する


ステップ 1 http://www.cisco.com/go/license の登録 Web サイトを参照します(URL には大文字と小文字の区別があります)。

ライセンス ファイルを入手するには、Cisco.com の登録ユーザとなる必要があります。

ステップ 2 PAK またはソフトウェア シリアル番号を入力し、 [Submit] をクリックします。

ステップ 3 画面上のプロンプトに従います。

ステップ 4 登録後まもなく、Cisco Unity ライセンス ファイルが入った電子メールを受け取ります。

ライセンス ファイルをなくした場合は、別のコピーを取得するのに最大 1 営業日かかる場合があります。


 

1 時間以内にライセンス ファイルまたはライセンス ファイルの別のコピーが届かない場合は、次の Cisco Technical Assistance Center (TAC) に電話して Licensing Team に問い合せてください。

 

米国内

800 553-2447

米国以外

最寄りの Cisco TAC の電話番号については、Cisco Worldwide Contacts ページ( http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtml )を参照してください。

または、TAC Service Request Tool( http://tools.cisco.com/ServiceRequestTool/create/DefineProblem.do )を使用してサービス リクエストをオープンします。

Cisco Unity の所有権を確認するためには、発注番号または PAK(Cisco Unity DVD 1 または CD 1 のジャケットの前面に貼り付けられているステッカーに表示されています)などの情報を提供する必要があります。

ライセンス プール情報を表示する


ステップ 1 ライセンス プール機能が有効になっているライセンス ファイルを持つ Cisco Unity サーバ上で、デスクトップの [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot]ウィンドウの左側領域で、 [Administration Tools] を展開します。

ステップ 3 [License Info Viewer] をダブルクリックします。

ステップ 4 [Cisco Unity のライセンス]の下で、 [ライセンス プール] を展開します。

ステップ 5 [ライセンス プール]の下の [ユーザ メールボックス] [最大ユニファイド メッセージ ユーザ数] 、または [Cisco Unity Inbox ユーザ] をクリックします。

ステップ 6 右側のウィンドウに、ネットワークを構成している、ユーザ ライセンスを共有するサーバの名前が表示されます。


 

プライマリ ロケーションのカスタマイズ

プライマリ ロケーションをカスタマイズする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク]>[プライマリ ロケーション]>[プロファイル] ページに移動します。

ステップ 2 ロケーションの有意な名前を入力します。

ステップ 3 ダイヤル ID を入力します。ダイヤル ID は、このロケーションを Cisco Unity に対して識別するものです。

ステップ 4 ロケーションの名前を音声で録音します。

ステップ 5 ダイヤル ドメインについては、次のいずれかを行います。

このサーバが、ネットワークで接続された他の Cisco Unity サーバと同じ電話システムで統合されていない場合は、 [なし] をクリックします。

このサーバが、ネットワークで接続された他の Cisco Unity サーバと同じ電話システムで統合されている場合は、ダイヤル ドメイン名を入力するか、利用可能なリストからダイヤル ドメイン名を選択します。リストには、ネットワーク内の他の少なくとも 1 つの Cisco Unity サーバ上で設定済みの、ダイヤル ドメイン名が表示されます。

ダイヤル ドメイン名は、大文字と小文字が区別され、すべてのサーバで完全に同一の名前を入力する必要があります。すべてのサーバに同じダイヤル ドメインを確実に正しく追加するには、ダイヤル ドメイン名を 1 つの Cisco Unity サーバで入力し、そのドメイン名が他の Cisco Unity サーバへ複製されるのを待ちます。この作業により、サーバ間での複製が正しく動作することも確認できます。他の Cisco Unity サーバからのプライマリ ロケーション データがローカル サーバへ反映されるまでに要する時間は、ネットワークのコンフィギュレーションおよび複製スケジュールにより異なります。

ステップ 6 VPIM ネットワークをセットアップする場合は、SMTP ドメイン名を入力します。

ステップ 7 [保存] をクリックします。


 

プライマリ ロケーションの設定の詳細については、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能な『 Cisco Unity Administrator インターフェイス リファレンス ガイド 』の「ネットワークの設定」の章の「プライマリ ロケーションのプロファイル ページ」の項を参照してください。

宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープの設定

検索スコープをセットアップするには、次の各項の手順を実行します。

「宛先の検索スコープの設定」

「ディレクトリ ハンドラの検索スコープの設定」

「自動受付の検索スコープの設定」

宛先の検索スコープの設定

宛先検索オプションの詳細については、「プライマリ ロケーションの宛先オプションの設定」を参照してください。

宛先の検索スコープを設定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク]>[プライマリ ロケーション]>[宛先オプション] ページに移動し、次の方法で宛先オプションを設定します。

ローカル Cisco Unity サーバ上で作成されたユーザに、他の(同一のディレクトリにアクセスする)Cisco Unity サーバ上のユーザへのメッセージの宛先指定を許可するには、 [ダイヤル ドメイン(リストから選択するか、ダイヤルドメイン名を入力)] または [グローバル ディレクトリ] を必要に応じて選択します。

ブラインド アドレスを、別個のディレクトリ内の Cisco Unity サーバに使用している場合または別のボイス メッセージ システムに使用している場合は、[ブラインド アドレス:許可ロケーション]の設定を必要に応じて[なし]以外に設定します。

ステップ 2 ユーザが特定のロケーションに限定して名前入力による検索を実行できるようにする場合は、 [検索にはロケーションを含みます。] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

ディレクトリ ハンドラの検索スコープの設定

ディレクトリ ハンドラの検索スコープを設定する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [通話管理]>[ディレクトリ ハンドラ]>[プロファイル] ページに移動します。デフォルトのディレクトリ ハンドラのみを使用する場合は、ステップ 3 へ進みます。

ステップ 2 [検索] アイコンをクリックし、変更するディレクトリ ハンドラを検索して表示します。

ステップ 3 [検索オプション]ページに移動して、 [ダイヤル ドメイン] をクリックします。

ステップ 4 [保存] アイコンをクリックします。

ステップ 5 変更する各ディレクトリ ハンドラについて、ステップ 2ステップ 4 を繰り返します。


 

自動受付の検索スコープの設定

デフォルトでは、組織の開始グリーティングにアクセスした発信者は、ローカル Cisco Unity サーバに関連付けられたユーザだけに転送されます。同じダイヤル ドメインの他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザに発信者を転送できるように自動受付をセットアップするには、次の手順に従ってレジストリ設定を変更します。

次の機能を使用するには、ダイヤル ドメイン内を検索するように、自動受付の検索スコープを設定する必要があります。

ダイヤルドメイン内にある Cisco Unity サーバ間での認識されたユーザ メッセージ。

Cisco Unity サーバの自動受付からダイヤル ドメイン内にある別の Cisco Unity サーバへのサーバ間転送。


) システムにフェールオーバーが設定されている場合は、レジストリ変更をプライマリとセカンダリの両方の Cisco Unity サーバ上で行う必要があります。


自動受付の検索スコープを設定する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のウィンドウで、[Administrative Tools]の下の [Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Settings]ウィンドウで、 [Networking--Set Auto Attendant Search Scope] をクリックします。

ステップ 4 [New Value]リストで [1] をクリックし、 [Set] をクリックすると、Cisco Unity はダイヤル ドメイン内のユーザを検索します。

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、 [OK] をクリックします。

変更を有効にするために、Cisco Unity を再起動する必要はありません。

ステップ 6 [Exit] をクリックします。


 

ネットワークで接続された Cisco Unity ユーザ間の認識されたユーザ メッセージのセットアップ(オプション)

ネットワークで接続された Cisco Unity ユーザ間の認識されたユーザ メッセージ(ISM)を有効にするには、次のことが必要です。

各 Cisco Unity サーバを、「ダイヤル ドメイン」の説明に従って、同じ電話システムまたは電話システム ネットワークに接続する必要があります。

各サーバを、「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」の説明に従って、同じダイヤル ドメインに属するよう設定する必要があります。

各サーバの自動受付の検索スコープは、「自動受付の検索スコープの設定」の説明に従ってダイヤル ドメインに設定する必要があります。

「ユーザのインポートに使用する Active Directory コンテナに対する権限の設定」の説明に従って、必要な権限が設定されている必要があります。

認識されたユーザ メッセージを、「各 Cisco Unity サーバ上で認識されたユーザ メッセージの有効化」の説明に従って、各サーバの Cisco Unity システム管理で有効にする必要があります。

ユーザのインポートに使用する Active Directory コンテナに対する権限の設定

Permissions ウィザードの[インポート用 Active Directory コンテナの設定]ページで、Cisco Unity ユーザおよびパブリック同報リストにするユーザ、連絡先、およびグループのインポート元となる Active Directory コンテナを選択します。次の点に注意してください。

Cisco Unity サーバを含むドメインのコンテナを選択する必要があります。

すべての Cisco Unity サーバについて、同一のコンテナからユーザをインポートする場合は、そのコンテナを選択します。たとえば、CiscoUnityServer1 と CiscoUnityServer2 の両方が Container1 だけからユーザをインポートする場合は、Container1 を選択します。

結合されたすべての Cisco Unity サーバについて、複数のコンテナからユーザをインポートする場合は、ユーザのインポート元となるフォレスト内の全 Cisco Unity サーバの全コンテナに対しての SendAs 権限を、各 Cisco Unity サーバの Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウントに付与する必要があります。たとえば、CiscoUnityServer1 が Container1 および Container2 からユーザをインポートし、CiscoUnityServer2 が Container3 および Container4 からユーザをインポートする場合、これら 4 つすべてのコンテナに対しての SendAs 権限を、各 Cisco Unity サーバの Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウントに付与する必要があります。

各 Cisco Unity サーバ上で異なるメッセージ ストア サービス アカウントを使用し、Active Directory ユーザーとコンピュータを使用して SendAs 権限を設定することは可能ですが、必要な権限を最も簡単に設定するには、各 Cisco Unity サーバ上で Permissions ウィザードを実行します。次の点に注意してください。

各 Cisco Unity サーバ上で同じメッセージ ストア サービス アカウントを使用してください。

すべての Cisco Unity サーバによって使用されるインポート コンテナをすべて指定してください。

すべての Cisco Unity サーバは、同じインストレーション、ディレクトリ サービス、およびメッセージ ストア サービス アカウントを使用できることに注意してください。

適切な権限を設定する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot]ウィンドウの左側領域で、 [Administration Tools] を展開します。

ステップ 3 [Permissions Wizard] をダブルクリックします。

ステップ 4 次の手順を実行します。

Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウント用に同じ Active Directory アカウントを選択します。

いっさいのオプションを変更せず、[Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウントの選択]ページに到達するまで、 [次へ] をクリックします。

すべての Cisco Unity サーバで、Cisco Unity メッセージ ストア サービス アカウント用に同じ Active Directory アカウントを選択します。

適切なコンテナを選択します。

いっさいのオプションを変更せず、[インポート用 Active Directory コンテナの設定]ページに到達するまで、 [次へ] をクリックします。

フォレスト内のすべての Cisco Unity サーバについて、ユーザのインポート元となるコンテナをすべて選択します。

ステップ 5 いっさいのオプションを変更せず、ウィザードが完了するまで [次へ] をクリックします。

ステップ 6 フォレスト内のすべての Cisco Unity サーバで、ステップ 1ステップ 5 を繰り返します。


 

各 Cisco Unity サーバ上で認識されたユーザ メッセージの有効化


) システムがフェールオーバーを使用している場合は、この変更をプライマリとセカンダリの両方のサーバ上で行う必要があります。設定がレジストリに格納されるからです。


各 Cisco Unity サーバ上で認識されたユーザ メッセージを有効にする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [システム]>[コンフィギュレーション] ページに移動します。

ステップ 2 [認識されたユーザ メッセージ]セクションで、 [認識されたユーザ メッセージの無効化] チェックボックスをオフにします。

このチェックボックスがオフの場合、認識されたユーザ メッセージは同じ Cisco Unity サーバ上のユーザ用に有効になります。デフォルトでは、このチェックボックスはオフになっています。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。


 

すべてのユーザのパブリック同報リストの修正

デフォルトでは、各 Cisco Unity サーバ上にある定義済みのすべてのユーザのパブリック同報リストには、同じ録音済みボイス名と内線番号が入っています。それらの録音済みボイス名と内線番号を修正しなかった場合、ユーザはメッセージの宛先にすべてのユーザの同報リストを指定したときに、紛らわしい選択リストを聞くことになり、Cisco Unity サーバ上の Windows イベント ビューアのログにエラーが記録されます。

すべてのユーザのパブリック同報リストを修正する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [パブリック同報リスト]>[プロファイル] ページに移動します。

ステップ 2 [検索] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [検索基準]リストで、同報リストの検索方法を指定し、 [検索] をクリックします。

ステップ 4 [名前]リストで、 [All-すべてのユーザ -<サーバ名>] をクリックしてリストのプロファイル設定を表示します。

ステップ 5 リスト用に独自のボイス名を録音します。

ステップ 6 独自の内線番号をリストに割り当てます。

ステップ 7 オプションとして、リストの表示名を録音済みボイス名と一致するように変更します。デフォルトでは、Cisco Unity サーバ名が表示名に付加されるので、表示名はディレクトリ内で独自のものになります。

ステップ 8 [保存] アイコンをクリックします。


 

ディレクトリ内の全ユーザへの送信用のシステム ブロードキャスト メッセージのセットアップ(オプション)

システム ブロードキャスト メッセージは、組織内(または組織内の特定のロケーション)の全員に送信される録音された通知です。各サーバがデジタル ネットワーク用に設定されている場合は、同じディレクトリを共有するすべての Cisco Unity サーバ上のすべてのユーザにシステム ブロードキャスト メッセージを送信できます。また、メッセージの宛先を特定のサーバの配信ロケーション ダイヤル ID にすることで、同じユーザ ディレクトリにアクセスする 1 つ以上の特定の Cisco Unity サーバ上のすべてのユーザにシステム ブロードキャスト メッセージを送信することもできます。

システム ブロードキャスト メッセージでは、ユーザの電話のメッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)は点灯せず、ユーザが席で受話器を取ったときに新しいメッセージをユーザに通知する特有のダイヤル トーンもありません。また、システム ブロードキャスト メッセージでは、ポケットベルや別の電話などの代替デバイスに対するメッセージ通知も発生しません。

1 人以上の Cisco Unity ユーザが複数の Cisco Unity サーバ上のユーザにシステム ブロードキャスト メッセージを送信できるようにするには、まず Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を設定し、ユーザがアクセスできるようにします。Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者の設定については、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「ブロードキャスト メッセージの設定」の章の「Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者の設定」の項を参照してください。このマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

個々のユーザに対して、システム ブロードキャスト メッセージをローカル Cisco Unity サーバのみに送信する権限か、複数のサーバのユーザに送信する権限を付与できることに注意してください。

異なるディレクトリにアクセスする複数の Cisco Unity または Cisco Unity Express サーバが存在する組織では、これらのサーバ上のユーザをシステム ブロードキャスト メッセージの配信対象に含めるために、VPIM ネットワーク オプションを使用する必要があります。システム ブロードキャスト メッセージのセットアップと VPIM ロケーションへの配信については、「ネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージ」を参照してください。

Cisco PCA のデフォルト検索スコープの変更(オプション)

デフォルトでは、Cisco Personal Communications Assistant(PCA)のアドレス帳の検索スコープは、ローカル ディレクトリに設定されています。組織内のユーザの便宜を図るために、デフォルトの検索スコープをグローバル ディレクトリに変更することが必要になる場合があります。デフォルトの検索スコープをグローバル ディレクトリに設定すると、ユーザは自分で検索スコープを変更しなくても別のロケーションのユーザを検索できるようになります。また、ユーザは、ローカル ディレクトリとグローバル ディレクトリの Cisco Unity ユーザを区別して覚えておく必要がなくなります。

ユーザは、Cisco Unity Inbox および Cisco Unity Assistant で Cisco PCA のアドレス帳を使用する際に、ここで指定するデフォルトの検索スコープと関係なく、ローカル ディレクトリとグローバル ディレクトリを切り替えることができます。

Cisco PCA のアドレス帳のデフォルト検索スコープとしてグローバル ディレクトリを設定するには、次の手順を実行します。この変更は、該当する Cisco Unity サーバに関連付けられたすべてのユーザに影響します。

Cisco PCA のアドレス帳のデフォルト検索スコープをグローバル ディレクトリに設定する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のウィンドウで、[Administrative Tools]の下の [Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Settings]ウィンドウで、 [Unity Inbox and Assistant--Set Default Address Book Search Scope] をクリックします。

ステップ 4 [New Value]リストで [1] をクリックし、 [Set] をクリックすると、アドレス帳は、デフォルトでグローバル ディレクトリ内のユーザを検索します。

ステップ 5 プロンプトが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 6 [Exit] をクリックします。

変更を有効にするために、Cisco Unity を再起動する必要はありません。


 

同一ダイヤル ドメイン内の Cisco Unity サーバ間での Live Reply の有効化(オプション)

Live Reply を使用すると、電話でメッセージを聞いたユーザは、別のユーザからのメッセージに対し、そのユーザを呼び出して応答することができます。Live Reply を機能させるには、次のことが必要です。

ユーザは、Live Reply が有効になるサービス クラスに属している必要があります。Live Reply は、Cisco Unity システム管理の[ユーザ]>[サービス クラス]>[メッセージ]ページで、[別のユーザからのメッセージに対してユーザは電話から直接返信できる]チェックボックスをオンにして有効にします。

各 Cisco Unity ユーザに転送番号を設定する必要があります。

Cisco Unity は、メッセージの送信者をユーザとして識別する必要があります。このことが必要になるのは、送信者が自分のメールボックスにログインしてメッセージを送信する場合か、または認識されたユーザ メッセージが有効のときに、認識されたユーザの電話番号から送信者が受信者を呼び出し、その通話が Cisco Unity に転送された場合です(認識されたユーザ メッセージをセットアップするには、「ネットワークで接続された Cisco Unity ユーザ間の認識されたユーザ メッセージのセットアップ(オプション)」を参照してください)。

デフォルトでは、Live Reply は同一の Cisco Unity サーバ上のユーザに制限されています。同一ダイヤル ドメイン内の異なる Cisco Unity サーバ上のユーザ間で電話システムへのリリース転送による Live Reply を有効にするには、次の手順を実行します。

同一ダイヤル ドメイン内の Cisco Unity サーバ間で Live Reply を有効にする


ステップ 1 宛先の検索スコープが、「宛先、ディレクトリ ハンドラ、および自動受付の検索スコープの設定」の説明に従って、ダイヤル ドメインに設定されていることを確認します。

ステップ 2 Cisco Unity システム管理で、 [ネットワーク]>[ダイヤル ドメイン オプション設定] ページに移動します(リンクがアクティブでない場合、その Cisco Unity サーバはダイヤル ドメインに属するように設定されていません)。

ステップ 3 [Live Reply]セクションで、 [サービスクラス権限を持つユーザは、他の Cisco Unity サーバに登録されたユーザからのメッセージにコールして返信することができます。] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [電話システムへリリース転送] ボタンは選択したままにします(これがデフォルトです)。


注意 [クロスサーバのlive reply: 呼び出されたユーザの Cisco Unity サーバへコントロールの送付]オプションを選択する場合は、その前に必ず「クロスサーバ ログオン、クロスサーバでの転送、およびクロスサーバ Live Reply」の章で説明されている制限と要件をお読みください。

ステップ 5 [保存] アイコンをクリックします。


 

デジタル ネットワークのセットアップのテスト

各 Cisco Unity サーバは、プライマリ ロケーション データ、およびユーザ アカウントと同報リストに関するデータのサブセットをディレクトリに保存します。他の Cisco Unity サーバからのデータがローカル サーバに反映されるまでに要する時間は、Active Directory のネットワークのコンフィギュレーションおよび複製スケジュールによって異なります。必ず、Cisco Unity データが他のサーバに複製されるのを待ってから、デジタル ネットワークのセットアップをテストします。

デジタル ネットワークのセットアップをテストするには、テスト ユーザ アカウントを作成するか、または各 Cisco Unity サーバ上の既存のユーザ アカウントを使用します。テストで使用する Cisco Unity システム管理のユーザ アカウントをセットアップするときは、必ず、次の操作を行います。

ボイス名を録音する。

内線グリーティングを録音し、有効にする。

ユーザ プロファイル ページの[電話ディレクトリに登録]チェックボックスをオンにする。

ユーザのメッセージの聞き取りページの[各メッセージの再生前にアナウンス - 送信者情報]チェックボックスをオンにする。

次のテストを行って、デジタル ネットワークが正しく動作することを確認します。

「異なる Cisco Unity サーバ上のユーザ間でメッセージの送受信を確認する」

「自動受付から他の Cisco Unity サーバ上のユーザへの通話の転送を確認する」

「ディレクトリ ハンドラから他の Cisco Unity サーバ上のユーザへの通話の転送を確認する」

「ネットワークで接続されたユーザ間での認識されたユーザ メッセージを確認する」

「ダイヤル ドメイン内の異なる Cisco Unity サーバ上のユーザ間で Live Reply を確認する」

異なる Cisco Unity サーバ上のユーザ間でメッセージの送受信を確認する

異なる Cisco Unity サーバ上のユーザ間で、メッセージの送受信がどちらの側からも(たとえば、サーバ A からサーバ B へ、およびサーバ B からサーバ A へ)可能であることを確認します。


ステップ 1 Cisco Unity サーバにユーザとしてログオンします。

ステップ 2 2 を押して、他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザへのメッセージを録音し、送信します。

ステップ 3 該当する Cisco Unity サーバに受信ユーザとしてログオンし、メッセージを受信したことを確認します。

ステップ 4 方向を変えて、ステップ 1 からステップ 3 までを繰り返します。


 

自動受付から他の Cisco Unity サーバ上のユーザへの通話の転送を確認する

自動受付の検索スコープがダイヤル ドメインを検索するように設定されている場合、外部からの発信者が他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザに転送されることを確認します。


ステップ 1 ユーザ以外の電話から、外部からの発信者を処理するよう設定されている Cisco Unity サーバを呼び出し、別の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザの内線番号を入力します。

ステップ 2 正しいユーザの電話にアクセスできることを確認します。


 

ディレクトリ ハンドラから他の Cisco Unity サーバ上のユーザへの通話の転送を確認する

ディレクトリ ハンドラの検索スコープがダイヤル ドメインを検索するように設定されている場合、外部からの発信者が他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザを電話帳で検索できることを確認します。


ステップ 1 ユーザ以外の電話から、外部からの発信者を処理するよう設定されている Cisco Unity サーバを呼び出し、ディレクトリ ハンドラへ転送します。

ステップ 2 他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザを電話帳で検索できること、および通話がディレクトリ ハンドラによって正しいユーザの電話に転送されることを確認します。


 

ネットワークで接続されたユーザ間での認識されたユーザ メッセージを確認する

Cisco Unity サーバが、ネットワークで接続されたユーザ間の認識されたユーザ メッセージ用に設定されている場合は、このテストを行ってください。


ステップ 1 次のサブステップを実行することにより、Cisco Unity がメッセージを残したユーザ用に内線グリーティングを再生することを確認します。

a. ユーザの電話から他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザを呼び出し、その通話をボイスメールに転送できるようにします。

b. 内線グリーティングが再生されることを確認します。

c. テスト メッセージを残します。

ステップ 2 次のサブステップを実行することにより、受信者がメッセージを聞いたときにユーザを識別できることを確認します。

a. 該当する Cisco Unity サーバへ受信ユーザとしてログオンし、ステップ 1 で録音したテスト メッセージを聞きます。

b. ユーザのガイダンスで送信側ユーザの録音済みボイス名が再生され、メッセージの送信者が通知されることを確認します。

c. メッセージを聞いた後、ユーザのガイダンスでメッセージに応答できることを確認します。


 

ダイヤル ドメイン内の異なる Cisco Unity サーバ上のユーザ間で Live Reply を確認する

Cisco Unity サーバを、同一ダイヤル ドメイン内の異なる Cisco Unity サーバ上のユーザ間の(電話システムへのリリース転送による)Live Reply 用に設定している場合は、このテストを実行します。


ステップ 1 ユーザの電話から他の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザを呼び出し、その通話をボイスメールに転送できるようにします。

ステップ 2 メッセージを残します。

ステップ 3 該当する Cisco Unity サーバへ受信ユーザとしてログオンし、ステップ 2 で録音したテスト メッセージを聞きます。

ステップ 4 メッセージを聞いた後、ユーザのガイダンスで 4、4(オプション カンバセーション 1 が使用されている場合は 8、8)を押して、メッセージに Live Reply できることを確認します。

ステップ 5 メッセージを残したユーザの電話に Live Reply 呼び出しが正しく転送されることを確認します。


 

デジタル ネットワークの概念と定義

次の各項では、デジタル ネットワークの概念について詳しく説明します。

「ロケーションとデジタル ネットワーク」

「ダイヤル ドメイン」

「ネットワーク構成でない電話システム用の宛先オプション」

「Cisco Unity システム管理のスコープ」

「他の Cisco Unity サーバへの管理者権限の付与」

「同報リスト」

「システム ブロードキャスト メッセージ」

ロケーションとデジタル ネットワーク

デジタル ネットワークの動作の中心になる Cisco Unity オブジェクトをロケーションと呼びます。各 Cisco Unity サーバは、デフォルト ロケーションまたはプライマリ ロケーションと呼ばれる 1 つのロケーションに関連付けられています。プライマリ ロケーションは、インストール時に作成され、削除できません。パブリック同報リストを除き、Cisco Unity サーバ上に作成されるユーザおよびその他の Cisco Unity オブジェクト(たとえば、コール ハンドラ)はすべて、プライマリ ロケーションに関連付けられます。

各プライマリ ロケーションには、Cisco Unity が Cisco Unity サーバ間でメッセージをルーティングするために必要なアドレス情報が含まれています。Cisco Unity はロケーションとユーザのアドレス情報をディレクトリに格納しているため、このアドレス情報は、ネットワーク上の他の Cisco Unity サーバに複製されます。

プライマリ ロケーションには、ダイヤル ID も含まれており、Cisco Unity がロケーションの識別情報として使用します。プライマリ ロケーション(および作成するすべての配信ロケーション)のダイヤル ID として選択する番号は、慎重に計画してください。慎重に計画しない場合、不適切に割り当てられたダイヤル ID が原因で、別のロケーションのメッセージ受信者を検索できなくなることがあります。詳細については、「ダイヤル ID の割り当て」および 「ロケーションの宛先オプション」を参照してください。

ダイヤル ドメイン

ダイヤル ドメインとは、同じディレクトリにアクセスし、同じ電話システムまたは電話システム ネットワークに統合されている Cisco Unity サーバのコレクションのことです(これには、二重連動用に設定されている Cisco Unity サーバが含まれます)。ダイヤル ドメインは一種のグループ化スキーマで、Cisco Unity は、Cisco Unity サーバ間での通話の転送を処理できます。ダイヤル ドメインでは、Cisco Unity 内のユーザの内線番号は、電話システムの電話内線番号と同じように一意である必要があります(通常、ユーザの内線番号と電話内線番号は同じ番号です)。ネットワーク構成の電話システムでは、その電話ネットワーク上の別のロケーションのユーザを呼び出すときに、電話内線番号をダイヤルします。トランク アクセス コードまたはトランク アクセス プレフィックスをダイヤルする必要はありません。同様に、ダイヤル ドメインにグループ化されている場合、ある Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザは、別の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザにメッセージを送信するときに、ユーザの内線番号を入力します。

ダイヤル ドメインのメンバーであるためには、すべての Cisco Unity サーバが同じディレクトリにアクセスする必要があります。ダイヤル ドメインは、複数ディレクトリにまたがって存在することはできません。ダイヤル ドメインは、Exchange ルーティング グループや Active Directory サイトとは無関係です。

複数の Cisco Unity サーバを 1 つのダイヤル ドメインにグループ化するためには、それぞれの Cisco Unity サーバのプライマリ ロケーション ページに情報を入力します。これについては、「プライマリ ロケーションのカスタマイズ」に説明があります。

次の各項では、Cisco Unity サーバを同じダイヤル ドメイン内に置いた場合に使用できる機能について説明します。

「自動受付またはディレクトリ ハンドラから他の Cisco Unity サーバ上のユーザへのリリース転送」

「ネットワークで接続された Cisco Unity ユーザ間の認識されたユーザ メッセージ」

「宛先の検索スコープ」

「ダイヤル ドメイン内のユーザの宛先オプション」

「番号計画の重複に対するダイヤル ドメイン シールド」

自動受付またはディレクトリ ハンドラから他の Cisco Unity サーバ上のユーザへのリリース転送

デフォルトでは、発信者が自動受付(たとえば、開始グリーティング)からユーザの内線番号を入力した場合、または発信者がディレクトリ ハンドラからユーザの名前を入力した場合、Cisco Unity は一致するユーザを見つけるためにローカル サーバの中だけを検索します。ある Cisco Unity サーバ上の自動受付またはディレクトリ ハンドラから、別の Cisco Unity サーバ上のユーザへ通話を転送するには、それらのサーバが同じダイヤル ドメインに属するように設定されている必要があります。

この機能を有効にするには、Cisco Unity が、一致する内線番号または名前を見つけるためにダイヤル ドメイン内にある別の Cisco Unity サーバ上のユーザを検索するよう、検索スコープを設定します。検索スコープは、自動受付用に 1 つと各ディレクトリ ハンドラごとに 1 つずつ、別々なものが存在します。検索スコープの設定方法の詳細については、「ディレクトリ ハンドラの検索スコープの設定」、および 「自動受付の検索スコープの設定」を参照してください。

ユーザの着信転送の設定は、ディレクトリに格納されません。ディレクトリは Cisco Unity サーバ同士がユーザ データを共有する手段なので、Cisco Unity サーバは他の Cisco Unity サーバ上のユーザの着信転送の設定にアクセスできません。デフォルトでは、自動受付またはディレクトリ ハンドラからローカル サーバに関連付けられていないユーザに呼び出しを転送するときは、これらのユーザに相手先応答の検出がセットアップされていても、転送は Cisco Unity(相手先応答の検出)ではなく電話システム(リリース)で自動的に処理されます。次の制限に注意してください。

相手先応答の検出とともに利用できるユーザ通話スクリーニング、通話保留、および接続案内の機能は、リリース経由で転送された通話に対しては利用できません。

呼び出されたユーザのグリーティングへ通話を直接送信する着信転送の設定は、利用できません。つまり、Cisco Unity は、Cisco Unity が統合されている電話システムに電話を持たないユーザ(通常の Cisco Unity ユーザ、および AMIS ユーザ、Bridge ユーザ、インターネット ユーザ、VPIM ユーザ)へのメッセージを処理できません。リリース転送では、Cisco Unity は、ユーザの内線番号をダイヤルし、電話を切ります。通話がその後どのように処理されるかは、電話システムの設定によって異なります。この状況を処理するように電話システムを設定していない場合は、通話が中止されることがあります。

ネットワークで接続された Cisco Unity ユーザ間の認識されたユーザ メッセージ

ユーザが別のユーザを呼び出し、その通話が呼び出されたユーザのグリーティングへ転送された場合、メッセージを残そうとしているのがユーザであることを識別する Cisco Unity の機能は、「認識されたユーザ メッセージ」と呼ばれます。Cisco Unity は発信者をユーザとして識別できるので、次のようになります。

発信者がメッセージを残した場合、Cisco Unity は呼び出されたユーザの内線グリーティングを再生します。

Cisco Unity は、受信者がメッセージを聞くときに、メッセージを残したユーザの録音済みボイス名を再生します。

Cisco Unity は、受信者が応答を録音できるようにします。

ある Cisco Unity サーバ上のユーザが、ネットワークで接続された別の Cisco Unity サーバ上のユーザを呼び出したときに、認識されたユーザ メッセージが機能するためには、それらのサーバが同じダイヤル ドメインに属している必要があります。Cisco Unity サーバ間の認識されたユーザ メッセージは、デフォルトでは有効でないことに注意してください。詳細については、「ネットワークで接続された Cisco Unity ユーザ間の認識されたユーザ メッセージのセットアップ(オプション)」を参照してください。

次の 2 つの状況における相違点に注意することが重要です。

あるユーザが Cisco Unity にログオンした後、メッセージ(「メッセージを送るには 2 を押してください」)を録音して送信する

ユーザが別のユーザへ電話を発信した後、メッセージを残す

ユーザが Cisco Unity にログオンすると、Cisco Unity では、メッセージの受信者がどの Cisco Unity サーバ上に存在するかにかかわらず、メッセージがユーザから送信されたものであることが認識されます。このような場合、電話システムは関与せず、受信者の電話は鳴りません。その代わり、メッセージはデジタル ネットワーク経由で送信されます。

宛先の検索スコープ

上に述べた自動受付とディレクトリ ハンドラの検索スコープのほかに、ダイヤル ドメインでは次の場合に Cisco Unity が行う検索のスコープも設定できます。

ユーザがメッセージの宛先を指定するとき

パブリック同報リストまたはプライベート同報リストにメンバーを追加するとき

デフォルトでは、上記の検索に使用される宛先の検索スコープは、ローカル Cisco Unity サーバ上のユーザ間だけを検索するように設定されます。異なる Cisco Unity サーバ上のユーザ間でメッセージの送受信を有効にするには、各 Cisco Unity サーバ上で宛先の検索スコープをダイヤル ドメインまたはグローバル ディレクトリまで拡張する必要があります。宛先の検索スコープを拡張する方法については、「宛先の検索スコープの設定」を参照してください。

ダイヤル ドメイン内のユーザの宛先オプション

宛先の検索スコープをダイヤル ドメインまたはグローバル ディレクトリまで拡張した後、ユーザはメッセージを他の Cisco Unity サーバ上のユーザへ宛先指定するときに、同じ Cisco Unity サーバ上のユーザへメッセージを宛先指定するのと同じ方法を使用できます。つまり内線番号を使用するか名前を入力します。

番号計画の重複に対するダイヤル ドメイン シールド

複数の Cisco Unity サーバを 1 つのダイヤル ドメインにグループ化するための 2 つの要件は、それらのサーバが同じグローバル ディレクトリにアクセスすることと、同じ電話システムで統合されていることです。しかし、デジタル ネットワークが提供する基本的なメッセージ送受信機能の最小要件は、図2-1 に示すように、すべての Cisco Unity サーバが同じグローバル ディレクトリにアクセスすることです。

図2-1 複数の電話システムと 1 つのグローバル ディレクトリ

 

このダイヤル ドメイン内の Cisco Unity サーバ上のユーザは、電話を使用して Unity 3 のユーザとの間でメッセージの送信やメッセージへの応答ができます。しかし、Unity 3 のユーザとダイヤル ドメイン A の Cisco Unity サーバ上のユーザとの間で認識されたユーザ メッセージを利用することはできません。

ユーザの内線番号は、ダイヤル ドメイン内では一意のものであることが必要ですが、ダイヤル ドメインの外部にいて Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザが、ダイヤル ドメイン内のサーバに関連付けられているユーザが使用しているのと同じ外線番号を持っていることもありえます。つまり、異なる電話システムに統合されている複数の Cisco Unity サーバが存在するときは、グローバル ディレクトリ内で内線番号が重複する可能性があります。

複数の Cisco Unity サーバを 1 つのダイヤル ドメインにグループ化することにより、Cisco Unity で、重複する番号計画に対応できます。ダイヤル ドメインを使用すると、ダイヤル ドメイン内のユーザは、別の電話システム上のユーザの内線番号と競合することなく内線番号を使用してメッセージの宛先を指定できます。重複する番号計画にダイヤル ドメインで対応する方法の詳細については、「一致する名前を検索する Cisco Unity の動作」、および 「一致する番号を検索する Cisco Unity の動作」を参照してください。

ネットワーク構成でない電話システム用の宛先オプション

各ロケーションが個別の電話システムを使用している組織では、あるロケーションのユーザが別のロケーションのユーザを呼び出す場合に、内線番号だけでなく電話番号全体をダイヤルします。ユーザが Cisco Unity にログオンして他の Cisco Unity サーバ上のユーザにメッセージを送信する場合、メッセージの宛先を指定するときに入力する番号は、次の項で説明するように、Cisco Unity の番号計画がロケーション上で重複しているかどうかによって異なります。

番号計画が重複していない場合

Cisco Unity の番号計画がロケーション上で重複していない場合(ユーザ内線番号がロケーション全体で一意である場合)は、別の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザをメッセージの宛先に指定するとき、内線番号を入力します。

ユーザにとって便利なように、代行内線番号を各ユーザ アカウントに追加することもできます。代行内線番号を使用すると、別のロケーションのユーザをメッセージの宛先に指定するときに入力する番号を、通話のときにユーザがダイヤルする番号と同じにできます。追加の代行内線番号をセットアップすると、ユーザは 2 つの異なる番号(ユーザを直接呼び出す番号とメッセージの宛先に指定する番号)を覚える必要がなくなります。

たとえば、ユーザ Kelly Bader のユーザ内線番号は 4060 です(図2-2 を参照)。リモート ロケーションのユーザである Chris が 456-4060 をダイヤルし、Kelly に電話をかけるとします。Chris が Cisco Unity にログオンして Kelly にメッセージを送信する場合、メッセージの宛先を指定するには、Kelly を呼び出すときにダイヤルする番号と同じ番号ではなく、プレフィックス(456)なしの内線番号(4060)だけをダイヤルすることを覚えておく必要があります。しかし、Kelly に代行内線番号 4564060 を割り当てる方法もあります。この代行内線番号がセットアップされている場合、Chris は Kelly 宛てにメッセージを送信するときに、4060 と 4564060 のどちらを入力してもかまいません。

図2-2 重複のない内線番号

 

各ロケーションの番号計画に重複がない場合、代行内線番号のセットアップは、単純にユーザの便宜を図るためのオプションです。しかし、代行内線番号をセットアップしない場合は、別のロケーションに関連付けられているユーザにメッセージを送信するときに電話番号全体ではなく内線番号を使用するようにユーザに指示する必要があります。

代行内線番号には、回線を複数のユーザ電話に表示する処理など、デジタル ネットワークでの用途以外の目的があることに注意してください。ユーザは、最大 9 つの代行内線番号を持つことができます。詳細については、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「ユーザまたはユーザ テンプレート設定によって制御される機能の設定」の章の「ユーザ代行内線番号設定の指定」の項を参照してください。このマニュアルは、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です。

番号計画が重複している場合

図2-3 で、Unity 3 上のユーザの内線番号がダイヤル ドメイン A 内の内線番号と重複するとします。Unity 3 に関連付けられているユーザが電話を使用してダイヤル ドメイン A 内のユーザ宛てにメッセージを送信できるようにするには(また、その逆も可能にするには)、以下の選択肢があります。

宛先の Cisco Unity サーバのプライマリ ロケーションのダイヤル ID とユーザの内線番号で構成される番号を入力するようにユーザに指示する。

各ユーザ アカウントに代行内線番号をセットアップする。各ユーザに対し、そのユーザの電話番号全体と同じ番号を代行内線番号として入力します。この操作を行うと、ユーザが Cisco Unity にログオンしてメッセージを送信する場合、メッセージの宛先を指定するときに入力する番号は呼び出し時に使用する番号と同じになります。

[検索にはロケーションを含みます。]設定を有効にする。この設定が有効な場合、ユーザは 2 つのステップでメッセージの宛先を指定できます。まず、(ロケーション名またはダイヤル ID を入力して)ロケーションを選択し、次に受信者名を入力します。

ユーザがメッセージの宛先を指定するとき、Cisco Unity は、まずローカル Cisco Unity サーバ上で一致する内線番号を検索します。一致する内線番号が見つかった場合、Cisco Unity は検索を終了し、別のロケーションで一致する内線番号は検索しません。そのため、ローカル ユーザの内線番号と別の Cisco Unity サーバ上のユーザの内線番号が同じ場合、Cisco Unity はローカル Cisco Unity サーバ上のユーザだけを検索します。ただし、上記のオプションのいずれかがセットアップされている場合は、ローカル サーバ上のユーザは他の Cisco Unity サーバ上のユーザをメッセージの宛先に指定できます。

図2-3 番号計画の重複

 

Cisco Unity システム管理のスコープ

パブリック同報リストを除き、Cisco Unity サーバ上に作成されたユーザおよびその他の Cisco Unity オブジェクト(コール ハンドラなど)はすべて、サーバのプライマリ ロケーションに関連付けられます。この関連付けがあるため、別のサーバ上に作成されたユーザ アカウントおよびその他のオブジェクトにアクセスするには、そのオブジェクトが作成されたサーバの Cisco Unity システム管理を実行する必要があります。他のサーバのプライマリ ロケーションについての情報、および他のサーバ上で作成された配信ロケーションについての情報は表示できますが、修正や削除はできないことに注意してください。

次の各項で、他のサーバ上の Cisco Unity システム管理へのアクセスについて説明します。

「ローカル Cisco Unity システム管理からの他の Cisco Unity システム管理の参照」

「別の Cisco Unity サーバ上で作成されたユーザ アカウントの検索」

「Global Subscriber Manager を使用した他の Cisco Unity システム管理の参照」

ローカル Cisco Unity システム管理からの他の Cisco Unity システム管理の参照

ローカル サーバ上の Cisco Unity システム管理には、他のサーバの Cisco Unity システム管理へのリンクが用意されています。他の Cisco Unity サーバ上に作成されたオブジェクトのデータにアクセスするには、オブジェクトが作成されたサーバの名前が必要です。

ネットワークを構成している Cisco Unity サーバ上の別の Cisco Unity システム管理を参照する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理インターフェイス左側のナビゲーション バーの下の方にある [Unity サーバ] をクリックします。[サーバの選択]ページが表示されます。

ステップ 2 リストで、アクセスするサーバをクリックします。

ステップ 3 プロンプトが表示されたら Cisco Unity システム管理にアクセスするための適切な資格を入力します。

Cisco Unity システム管理の別のインスタンスが、別のブラウザ ウィンドウに表示されます。これは、選択したサーバの Cisco Unity システム管理です。


 

別の Cisco Unity サーバ上で作成されたユーザ アカウントの検索

ローカル Cisco Unity システム管理内では、他の Cisco Unity サーバ上のユーザを検索できます。ユーザ アカウントを選択して設定を編集する場合は、適切な Cisco Unity システム管理が起動されます。ローカル Cisco Unity サーバ上の Cisco Unity システム管理を使用してネットワーク内の他の Cisco Unity サーバ上のユーザ アカウントを検索するには、次の手順に従います。

ローカル Cisco Unity サーバ以外の Cisco Unity サーバ上に作成されたユーザ アカウントを検索する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の [ユーザ]>[ユーザ] ページに移動します。

ステップ 2 [検索] アイコンをクリックします。

ステップ 3 エイリアス、内線番号、名、姓のどれで検索するかを指定します。

ステップ 4 該当するエイリアス、内線番号、または名前を入力します。 * を入力して、すべてのユーザのリストを表示することもできます。また、1 つ以上の文字または値の後ろに * を入力して、検索範囲を狭くすることもできます。

ステップ 5 [すべて検索(Cisco Unity サーバ)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 [検索] をクリックします。

ステップ 7 一致リストで、レコードを表示するユーザの名前をクリックします。

ステップ 8 プロンプトが表示されたら Cisco Unity システム管理にアクセスするための適切な資格を入力します。

Cisco Unity システム管理の別のインスタンスが、別のブラウザ ウィンドウに表示されます。これは、ユーザ アカウントが作成された Cisco Unity サーバの Cisco Unity システム管理 Web サイトです。新しいブラウザ ウィンドウにユーザ プロファイル ページが表示されます。


 

Global Subscriber Manager を使用した他の Cisco Unity システム管理の参照

また、Tools Depot から Global Subscriber Manager(GSM)を使用して別のサーバ上の Cisco Unity システム管理を起動できます。GSM は Cisco Unity ネットワーク全体での切断状況を、ダイヤル ドメイン単位およびサーバ単位で表示します。GSM では、個々のユーザをすばやく検索して、そのユーザの Cisco Unity システム管理を起動できます。これは、ユーザがどのサーバ上に存在しているかとは無関係です。任意の必要なスコープを選択でき、そのレベルのユーザをすべて表示できます。検索は、ダイヤル ドメイン単位またはサーバ単位で実行できます。また、Cisco Unity ネットワーク全体からもグローバルに実行できます。

GSM を使用する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のウィンドウの、 [Global Subscriber Manager] をダブルクリックします。

ステップ 3 編集するユーザ アカウントをダブルクリックします。ブラウザ ウィンドウに該当する Cisco Unity システム管理が表示されます。詳細については、GSM のヘルプ ファイルを参照してください。


 

他の Cisco Unity サーバへの管理者権限の付与

別のサーバの Cisco Unity システム管理にアクセスするには、ローカル Cisco Unity サーバの管理者に、適切なサービス クラス権限が必要です。これを設定する最も簡単な方法は、GrantUnityAccess ユーティリティを実行することです。手順については、『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』の「Cisco Unity システム管理のアカウントの管理」の章の「別の Cisco Unity サーバに対する管理者権限の付与」の項を参照してください(『 Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド 』は、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です)。

同報リスト

パブリック同報リストは、特定の Cisco Unity サーバに関連付けられていません。録音済みボイス名と内線番号の一方または両方がリストにあれば、そのリストが作成されたロケーションに関係なく、そのリストをメッセージの宛先に指定できます(サービス クラスで許可されている場合)。

新規リスト

パブリック同報リストを新規作成するときは、次の条件に注意してください。

リストの内線番号は、そのディレクトリ全体の中で一意であることが必要です。そのため、他のロケーションで使用されている内線番号を調べてから、内線番号を新規リストに割り当てる必要があります。

Cisco Unity システム管理では、Cisco Unity サーバのデフォルト ロケーションの宛先オプション設定で許可されていれば、複数のロケーションからメンバーをリストに追加できます。詳細については、「プライマリ ロケーションの宛先オプションの設定」を参照してください。

Cisco Unity システム管理では、メンバーが関連付けられているロケーションに関係なく、リストのメンバーをすべて表示できます。

定義済みパブリック同報リスト

Cisco Unity には、定義済みパブリック同報リストとして、すべてのユーザ、宛先不明メッセージ、およびシステム イベント メッセージが用意されています(システム イベント メッセージ リストは Cisco Unity のインストール時に作成されなくなりましたが、Cisco Unity 4.0(4) より前のバージョンからアップグレードした場合は、アップグレード処理時にシステム イベント メッセージ リストが削除されないため、このリストが存在する場合があります)。組織の各 Cisco Unity サーバには、これらのリストそれぞれの異なるバージョンがあります。これらのリストを Cisco Unity システム管理で表示すると、Cisco Unity サーバ名がリスト名に付加されます。

デフォルトでは、各 Cisco Unity サーバ上にある定義済みのすべてのユーザのパブリック同報リストには、同じ録音済みボイス名(「すべてのユーザ」)と内線番号が入っています。デジタル ネットワークをセットアップするときに、それぞれの「すべてのユーザ」リストの録音済みボイス名と内線番号を修正してください。そのようにしないと、ユーザはメッセージの宛先にすべてのユーザの同報リストを指定したときに紛らわしい選択リストを聞くことになり、内線番号が一意でないために、Cisco Unity サーバ上の Windows イベント ビューアのログにエラーが記録されます。


ヒント 同報リストは、ネストできます。つまり、同報リストには他のリストを含めることができます。必要に応じて、各 Cisco Unity サーバのすべてのユーザのリストを含む、すべてのユーザの同報リストのマスターを 1 つ作成できます。


デフォルトでは、それぞれの宛先不明メッセージおよびシステム イベント メッセージ同報リストには、同じ録音済みボイス名が入っていますが、それらのボイス名に内線番号は割り当てられません。なぜなら、ユーザは通常、それらのリストをメッセージの宛先として指定しないからです。

プライベート同報リスト

デフォルト ロケーションの宛先オプション設定で許可されている場合は、プライベート同報リストを作成するときに、ユーザは他のロケーションからメンバーを追加できます。メンバーをプライベート同報リストに追加するとき、およびメッセージの宛先を指定するときに Cisco Unity が実行する検索は、ロケーションの宛先オプションによって制御できます。詳細については、「プライマリ ロケーションの宛先オプションの設定」を参照してください。

次に示すとおり、メンバーがプライベート同報リストから不用意に削除される場合にはユーザに通知することを考慮してください。

配信ロケーションを削除すると、ブラインド アドレスはすべてのプライベート同報リストから削除されます。

外部ユーザ(つまり、AMIS、Bridge、または VPIM ユーザ)が通常のユーザになると、外部ユーザはすべてのプライベート同報リストから削除されます。

システム ブロードキャスト メッセージ

システム ブロードキャスト メッセージは、組織内(または組織内の特定のロケーション)の全員に送信される録音された通知です。システム ブロードキャスト メッセージは、ユーザが電話で Cisco Unity にログオンすると、新規および保存済みメッセージ数を聞くよりも先に、すぐに再生されます。Cisco Unity では、ユーザはまず、各システム ブロードキャスト メッセージをすべて聞く必要があります。その後、新規メッセージや保存済みメッセージを聞いたり、セットアップ オプションを変更できるようになります。システム ブロードキャスト メッセージを早送りしたり、とばしたりすることはできません。

システム ブロードキャスト メッセージでは、ユーザの電話のメッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)は点灯せず、ユーザが席で受話器を取ったときに新しいメッセージをユーザに通知する特有のダイヤル トーンもありません。また、システム ブロードキャスト メッセージでは、ポケットベルや別の電話などの代替デバイスに対するメッセージ通知も発生しません。

デジタル ネットワークを使用することにより、同じユーザ ディレクトリにアクセスする 1 つ以上の Cisco Unity サーバ上のすべてのユーザに対して、システム ブロードキャスト メッセージをネットワークで送信できます。別々のディレクトリにアクセスする複数の Cisco Unity サーバまたは Cisco Unity Express サーバが存在する組織では、ネットワークが VPIM ネットワーク オプションで接続されているのであれば、システム ブロードキャスト メッセージを組織内のすべてのユーザ(またはデジタル ネットワークを構成するサーバの特定のセットに関連付けられたすべてのユーザ)に送信できます。

デジタル ネットワークを構成しているサーバへのシステム ブロードキャスト メッセージの宛先指定

複数のサーバ上のユーザにシステム ブロードキャスト メッセージを送信する権限を付与されているユーザは、目的とする受信者のセットおよび Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者で選択したオプションに応じて、デジタル ネットワークを使用して、ローカル サーバ上のすべてのユーザ、デジタル ネットワークを構成する 1 つ以上のサーバ上のすべてのユーザ、またはドメイン内のすべてのサーバ上のすべてのユーザを宛先にしてメッセージを送信することができます。

たとえば、3 つの Cisco Unity サーバが同じディレクトリを共有しているとします。これらのサーバにはそれぞれ、ChicagoUnity(ダイヤル ID 344)、NewYorkUnity(ダイヤル ID 444)、および AtlantaUnity(ダイヤル ID 544)という名前が付いています。複数のサーバ上のユーザにシステム ブロードキャスト メッセージを送信する権限を付与されている ChicagoUnity 上のユーザは、表 2-1 のオプションを使用して、Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者からメッセージの宛先を指定できます。その結果、ローカル サーバ上のすべてのユーザまたはディレクトリ内の複数のサーバ上のすべてのユーザを宛先に、システム ブロードキャストが送信されます。

 

表2-1 Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者を使用した、ディレクトリ内のサーバを宛先にしたメッセージ送信

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者で選択したオプション
入力した内線番号
システム ブロードキャストの受信者

サーバのユーザに送信する

使用不可

ChicagoUnity 上のすべてのユーザ

全てのロケーションのユーザに送信する

使用不可

ディレクトリ内のすべての Cisco Unity サーバ(ChicagoUnity、NewYorkUnity、および AtlantaUnity)上のすべてのユーザ

1 つ以上のロケーション、またはパブリック同報リストに送信する

444

NewYorkUnity(ダイヤル ID 444)上のすべてのユーザ

1 つ以上のロケーション、またはパブリック同報リストに送信する

444、544

NewYorkUnity(ダイヤル ID 444)上および AtlantaUnity(ダイヤル ID 544)上のすべてのユーザ

上記の例に示すように、ディレクトリ内の個々の Cisco Unity サーバは、ロケーション ダイヤル ID を使用して追加できます。パブリック同報リストは、VPIM ロケーションにシステム ブロードキャスト メッセージを送信する場合にのみ使用されます。VPIM を使用したシステム ブロードキャスト メッセージの送信の詳細については、「システム ブロードキャスト メッセージの複数サーバへの宛先指定」を参照してください。

システム ブロードキャスト メッセージが複数のロケーションに送信される場合は、メッセージのコピーが各サーバに送信され、その後そのサーバに存在するユーザに配信されます。このため、システム ブロードキャスト メッセージを送信するユーザは、各メッセージをローカルで更新する必要があります。この例の ChicagoUnity ユーザがメッセージを送信した後で、そのメッセージの何らかのプロパティを更新する必要が生じた場合、そのユーザは、各サーバの Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者にログオンして更新を行う権限を持っている必要があります。

Cisco Unity でのネットワーク構成のシステム ブロードキャスト メッセージ処理方法

Cisco Unity をインストールすると、USbms_<サーバ名> という表示名を持つ特別なメールボックスとともに、CsBMessageConnector という新しい Windows サービスが作成されます。USbms メールボックスは、Cisco Unity のデフォルトのディレクトリ コンテナに作成され、アドレス帳には表示されないようになっています。CsBMessageConnector サービスは、USBms メールボックスに置かれたメッセージを処理します。フェールオーバーを使用するシステムでは、CsBMessageConnector サービスはプライマリとセカンダリの両方のサーバ上で実行されます。どちらのサービスも同じ USbms メールボックスにアクセスしますが、その時点でアクティブなサーバのサービスのみがメッセージを処理します。

システム ブロードキャスト メッセージが複数の Cisco Unity サーバを宛先にして送信される場合は、各サーバの USbms メールボックスにメッセージのコピーが置かれます。メッセージは各サーバの CsBMessageConnector サービスによって処理され、メッセージに設定された開始日と終了日に基づいて、サーバ上のすべての Cisco Unity ユーザから利用できるようになります。

動作についての情報

この項では、デジタル ネットワークに関する動作について説明します。

Cisco Unity サーバへのユーザのマッピング

各 Cisco Unity サーバは、別個のユーザ グループを処理します。大規模な組織では、同じ物理ロケーションで複数の Cisco Unity サーバを使用することがあります。その場合は、それぞれの Cisco Unity サーバ上にどのユーザ アカウントを作成するか(各ユーザの「ホーム」Cisco Unity サーバ)を決め、そのマッピングの記録を保管しておく必要があります。この記録は次のために必要です。

ユーザへの電話は、そのユーザのホームである Cisco Unity サーバに転送される必要があります。

ユーザの電話に、Cisco Unity にアクセスするための番号をダイヤルする「メッセージ」ボタンまたは短縮ダイヤル ボタンがある場合、それらのボタンは、そのユーザのホームである Cisco Unity サーバを呼び出すように設定されている必要があります。

メッセージをチェックするには、ユーザは自分が関連付けられている Cisco Unity サーバにダイヤルする必要があります。そのため、Cisco Unity を呼び出すときに、正しい番号をダイヤルするようにユーザに指示する必要があります。Cisco Unity サーバが Cisco Unified Communications Manager(CM)(旧名称 Cisco Unified CallManager)と統合されている場合は、クロスサーバ ログオンの設定が必要な場合があります。詳細については、 「クロスサーバ ログオン、クロスサーバでの転送、およびクロスサーバ Live Reply」 の章を参照してください。

マッピングの記録を作成するには、各 Cisco Unity サーバ上でユーザ レポートを実行します。このレポートの情報には、ユーザ名とプライマリ ロケーションが含まれています。詳細については、『 Cisco Unity メンテナンス ガイド 』の「レポート」の章の「ユーザ レポート」の項を参照してください(『 Cisco Unity メンテナンス ガイド 』は、
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_maintenance_guides_list.html から入手可能です)。