Cisco Unity のネットワーク機能 IBM Lotus Domino版 Release 5.x
索引
Index
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Index

A

AMIS ネットワーク

Cisco Unified Communications Manager を使用した  5-3

Domino 権限、確認  5-4

Interop Gateway

外部ドメイン名の変更  5-41

設定  5-6

~について  5-29

メール ファイル、移動  5-44

Live Reply  5-35

UAmis アカウント

作成  5-9

~について  5-28

メール ファイル、移動  5-45

概要  5-26

規制テーブル、カスタマイズ  5-11

受信の検索スコープ  5-47

スケジュール

設定  5-12

~について  5-27

設計上の注意  5-39

前提条件  5-2

代行内線番号、サポート  5-47

タスク リスト  5-3

トラブルシューティング  5-46

内線アドレス  5-36

認識されたユーザのメッセージ

AMIS ユーザを含めるための拡張  5-24

~について  5-34

有効化  5-24

ネットワークを構成する Cisco Unity サーバ、事項  5-38

配信ロケーション

作成  5-13

変更  5-16

発信オプション、設定  5-10

プライマリ ロケーション、カスタマイズ  5-12

ブラインド アドレス  5-31

ボイス ポート、発信呼び出し用の指定  5-10

ポート使用状況  5-27

メッセージ トラフィック、監視  5-40

メッセージの宛先オプション  5-30

メンテナンス  5-40

ロケーション  5-30

AMIS ユーザ

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した作成  5-19

Cisco Unity システム管理を使用した作成  5-22

Live Reply  5-35

移行  5-37

クロスサーバ転送、有効化  5-25

削除  5-35

作成  5-16

作成に関する事項  5-17

内線アドレス  5-36

~について  5-32

認識されたユーザのメッセージ

AMIS ユーザを含めるための拡張  5-23

~について  5-34

プライベート同報リストへの追加、防止  5-36

B

Bridge ネットワーク  6-1

C

Cisco Unity Bridge ネットワーク  6-1

Cisco Unity システム管理

スコープ  2-22

ユーザ アカウントの検索  2-23

G

Global Subscriber Manager、使用  2-24

I

Interop Gateway

概要  1-5

~と AMIS ネットワーク  5-29

~と VPIM ネットワーク  7-29

L

Live Reply

~と AMIS ユーザ  5-35

~と VPIM ユーザ  7-34

有効化  2-14

M

MAC アドレス、取得  2-5

V

VPIM ネットワーク

Interop Gateway

Domino 権限、確認  7-7

外部ドメイン名、選択  7-30

外部ドメイン名、変更  7-40

設定  7-9

~について  7-29

メール ファイル、移動  7-43

Live Reply  7-34

アドレス形式  7-28

オーディオ形式

考慮事項  7-38

変換設定  8-3

概要  7-26

受信の検索スコープ  7-46

設計の決定  7-4

前提条件  7-2

タスク リスト  7-3

着信メッセージの送信  7-46

電話プレフィックス  7-38

ドメイン名

決定  7-4

要件  7-5

内線アドレス  7-35

名前解決  7-5

認識されたユーザのメッセージ

VPIM ユーザを含めるための拡張  7-24

~について  7-34

有効化  7-24

ネットワークを構成する Cisco Unity サーバ、注意事項  7-37

配信ロケーション、作成  7-13

プライマリ ロケーション、カスタマイズ  7-12

ブラインド アドレス  7-31

メッセージの宛先オプション  7-30

メッセージの送受信

Cisco Unity Express との  8-6

異なるディレクトリの Cisco Unity サーバ間  8-2

メッセージ部分  7-27

メンテナンス  7-40

リモート ボイス メッセージ システムとの接続、確認  7-6

ロケーション  7-29

VPIM ユーザ

Cisco Unity Bulk Import ウィザードでの作成  7-19

Cisco Unity システム管理での作成  7-22

移行  7-37

削除  7-35

作成  7-16

作成時の考慮事項  7-17

着信転送の設定  7-45

~について  7-32

認識されたユーザ メッセージ、VPIM ユーザを含めるための拡張  7-23

プライベート同報リストへの追加、禁止  7-36

インターネット ユーザ

Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用した作成  4-5

Cisco Unity システム管理を使用した作成  4-8

アカウント、作成  4-3

概念  4-10

概要  4-1

クロスサーバ転送、有効化  4-9

削除  4-11

作成に関する事項  4-3

前提条件  4-2

監視付きアドレス帳

管理  2-7

削除  2-8

追加  2-8

変更  2-8

クロスサーバ Live Reply

概要  3-15

タスク リスト  3-16

手順  3-16

クロスサーバ ログオン

概要  3-6

タスク リスト  3-7

手順  3-7

クロスサーバ機能

概要  3-2

データ アーキテクチャ  3-3

電話システムの注意事項  3-3

トラブルシューティング  3-18

ポート使用状況  3-3

クロスサーバ転送

インターネット ユーザ、~に対する有効化  4-9

概要  3-10

タスク リスト  3-10

手順  3-11

検索スコープ

Cisco PCA、デフォルトの変更  2-13

宛先、設定  2-10

一致する名前を検索する Cisco Unity の動作  9-4

一致する番号を検索する Cisco Unity の動作  9-5

自動受付、設定  2-11

ディレクトリ ハンドラ、設定  2-10

ダイヤル ID

最小桁数、変更  9-3

番号計画のガイドライン  9-2

ダイヤル ドメイン

宛先オプション  2-19

宛先の検索スコープ  2-19

定義済み  2-17

認識されたユーザのメッセージ  2-19

番号計画の重複  2-20

リリース転送  2-18

デジタル ネットワーク

概要  2-1

セットアップのためのタスク リスト  2-4

前提条件  2-4

テストのセットアップ  2-15

同報リスト

新規リスト  2-24

すべてのユーザの修正  2-12

定義済み  2-25

プライベート  2-25

内線アドレス

AMIS  5-36

VPIM  7-35

認識されたユーザのメッセージ

セットアップ  2-11

~と AMIS ユーザ  5-34

~と VPIM ユーザ  7-34

有効化  2-12

ネットワーク

オプションの概要  1-2

概要  1-1

ネットワーク構成でない電話システム用の宛先オプション  2-20

番号計画のガイドライン  9-2

プライマリ ロケーション設定

宛先オプションの設定  9-4

概要  9-1

カスタマイズ  2-9

ダイヤル ID の最小桁数、変更  9-3

ダイヤル ID、割り当て  9-2

番号計画のガイドライン  9-2

プロファイル設定  9-2

ユーザの宛先オプション  9-4

メッセージの宛先オプション、概要  1-3

ライセンス

概要  2-2

入手  2-6

プール、情報の表示  2-6

プール、有効化  2-5

ロケーション

概要  1-4

定義済み  2-17