Cisco Unity フェールオーバー コンフィギュレーション アドミニストレーション ガイド Microsoft Exchange版 Release 5.x
ネットワーク コンポーネント停止中の Cisco Unity フェールオーバーの動作
ネットワーク コンポーネント停止中の Cisco Unity フェールオーバーの動作
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ネットワーク コンポーネント停止中の Cisco Unity フェールオーバーの動作

はじめに

Windows および Exchange のネットワークの停止シナリオ

プライマリ サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

セカンダリ サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバがネットワークから同時に切断され、その後まずプライマリ サーバが再接続される

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバがネットワークから同時に切断され、その後まずセカンダリ サーバが再接続される

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバがネットワークから同時に切断され、その後両方のサーバが同時に再接続される

Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバがネットワークから切断され、その後プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバが再起動される

Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持たない Exchange サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

パブリッシャ Cisco Unified CM サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

サブスクライバ Cisco Unified CM サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

Cisco Unified CM クラスタがネットワークから切断され、その後再接続される

Cisco Unity が接続されているドメイン コントローラがネットワークから切断され、その後再接続される

Cisco Unity が接続されていない追加のドメイン コントローラがネットワークから切断され、その後再接続される

Cisco Unity が接続されているグローバル カタログ サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

Cisco Unity が接続されていないグローバル カタログ サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

プライマリ サーバがクラッシュする

セカンダリ サーバがクラッシュする

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバが同時にクラッシュする

プライマリ サーバがネットワークから切断され、その後 Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバがネットワークから切断される

Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバがネットワークから切断され、その後プライマリ サーバがネットワークから切断される

Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバとプライマリ サーバが同時にクラッシュし、その後再接続される

ネットワーク コンポーネント停止中の Cisco Unity フェールオーバーの動作

この付録では、次の項について説明します。

「はじめに」

「Windows および Exchange のネットワークの停止シナリオ」

はじめに

この付録の 2 番目の項では、Cisco Unity がネットワークで使用するコンポーネントが切断された場合(部分的または完全なネットワーク停止などが原因で)のプライマリ サーバとセカンダリ サーバの動作について説明します。

ここでは、コンポーネントまたはネットワークの停止について発生する可能性のあるシナリオを扱っています。各シナリオでは、停止が発生する前に次の状態であったことを前提としています。

Cisco Unity がプライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上で動作している。

プライマリ サーバはアクティブで、セカンダリ サーバは非アクティブである。

Cisco Unity は Cisco Unified Communications Manager SCCP 電話システムに接続している。

Cisco Unity がシャットダウンされない限り、特定のサービスの機能が停止による影響を受けても、すべての Cisco Unity サービスが動作を続けます。

Windows および Exchange のネットワークの停止シナリオ

この項では、次のシナリオについて説明します。

「プライマリ サーバがネットワークから切断され、その後再接続される」

「セカンダリ サーバがネットワークから切断され、その後再接続される」

「プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバがネットワークから同時に切断され、その後まずプライマリ サーバが再接続される」

「プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバがネットワークから同時に切断され、その後まずセカンダリ サーバが再接続される」

「プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバがネットワークから同時に切断され、その後両方のサーバが同時に再接続される」

「Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバがネットワークから切断され、その後再接続される」

「Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバがネットワークから切断され、その後プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバが再起動される」

「Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持たない Exchange サーバがネットワークから切断され、その後再接続される」

「パブリッシャ Cisco Unified CM サーバがネットワークから切断され、その後再接続される」

「サブスクライバ Cisco Unified CM サーバがネットワークから切断され、その後再接続される」

「Cisco Unified CM クラスタがネットワークから切断され、その後再接続される」

「Cisco Unity が接続されているドメイン コントローラがネットワークから切断され、その後再接続される」

「Cisco Unity が接続されていない追加のドメイン コントローラがネットワークから切断され、その後再接続される」

「Cisco Unity が接続されているグローバル カタログ サーバがネットワークから切断され、その後再接続される」

「Cisco Unity が接続されていないグローバル カタログ サーバがネットワークから切断され、その後再接続される」

「プライマリ サーバがクラッシュする」

「セカンダリ サーバがクラッシュする」

「プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバが同時にクラッシュする」

「プライマリ サーバがネットワークから切断され、その後 Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバがネットワークから切断される」

「Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバがネットワークから切断され、その後プライマリ サーバがネットワークから切断される」

「Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバとプライマリ サーバが同時にクラッシュし、その後再接続される」

プライマリ サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

テストにおいては、プライマリ サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

セカンダリ サーバがすべての通話に応答します。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバから登録解除されます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを受信しなくなります。

プライマリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。セカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、セカンダリ サーバがアクティブであることを示します。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音は、セカンダリ サーバ上では利用できません。

プライマリ サーバとセカンダリ サーバの間の UnityDb データベースの複製が停止します。

セカンダリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバがアクティブになり、セカンダリ サーバが非アクティブになります。

プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバがすべての通話に応答します。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、セカンダリ サーバからプライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

ネットワークの停止中にセカンダリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、プライマリ サーバに複製されます。

セカンダリ サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

テストにおいては、セカンダリ サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

セカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバから登録解除されます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを受信しなくなります。

プライマリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。セカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、セカンダリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバとセカンダリ サーバの間の UnityDb データベースの複製が停止します。

メッセージ ストアが Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされている場合は、次の切断動作が追加されます。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

メッセージ ストアがセカンダリ サーバにインストールされている場合、次の切断動作が追加されます。

Cisco Unity にログオンしたすべてのユーザに、Unity Message Repository(UMR)通話が聞こえます。

外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

同じ Cisco Unity サーバをホーム サーバとするユーザは、内線番号をダイヤルするか Cisco Unity にログオンすることによって、相互にメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

ユーザは、Cisco Unity サーバを呼び出して、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されている新しいメッセージを聞くことができます。ネットワークの停止前に Exchange サーバに保管されたメッセージは、聞くことができません。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化を処理します。

MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知は処理されません。

再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバはアクティブなままで、セカンダリ サーバが非アクティブになります。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

セカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

セカンダリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、プライマリ サーバからセカンダリ サーバに複製されます。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

ネットワークの停止中にプライマリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

メッセージ ストアが Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされている場合は、次の再接続動作が追加されます。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバが、引き続き、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

メッセージ ストアがセカンダリ サーバにインストールされている場合、次の再接続動作が追加されます。

Cisco Unity にログオンしたユーザには UMR 通話は聞こえませんが、適切な通話が聞こえます。

プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているメッセージが、適切なユーザ インボックスに送信されます。

プライマリ サーバが、Exchange サーバに保管されているメッセージを聞かなかったユーザに MWI を設定します。

外部の発信者およびユーザは、ユーザへのメッセージを残すことができます。メッセージは、Exchange サーバに保管されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバがネットワークから同時に切断され、その後まずプライマリ サーバが再接続される

テストにおいては、プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのネットワーク インターフェイス カードを同時に無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

ボイス メッセージ機能がなくなります。プライマリ サーバもセカンダリ サーバも通話に応答しません。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできません。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができません。

メッセージを残そうとする発信者には、ユーザの個人用グリーティングではなく、小刻みなビジートーンが聞こえます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバから登録解除されます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを受信しなくなります。

プライマリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。セカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、セカンダリ サーバがアクティブであることを示します。

ユーザは、他のユーザを直接呼び出して、相互に話すことができます。

プライマリ サーバとセカンダリ サーバの間の UnityDb データベースの複製が停止します。

どちらのサーバも、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を開始しません。

再接続動作(プライマリ サーバのみが再接続された場合)

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。セカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、セカンダリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバがすべての通話に応答します。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音は、セカンダリ サーバがオフラインであるためセカンダリ サーバに複製されません。

ネットワークの停止前に実行された UnityDb データベースへの変更で、セカンダリ サーバに複製されなかった変更は、セカンダリ サーバがオフラインであるため複製されません。

メッセージ ストアが Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされている場合は、次の再接続動作が追加されます。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

メッセージ ストアがセカンダリ サーバにインストールされている場合、次の再接続動作が追加されます。

Cisco Unity にログオンしたすべてのユーザに、Unity Message Repository(UMR)通話が聞こえます。

外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

同じ Cisco Unity サーバをホーム サーバとするユーザは、内線番号をダイヤルするか Cisco Unity にログオンすることによって、相互にメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

ユーザは、Cisco Unity サーバを呼び出して、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されている新しいメッセージを聞くことができます。ネットワークの停止前に Exchange サーバに保管されたメッセージは、聞くことができません。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化を処理します。

MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知は処理されません。

再接続動作(セカンダリ サーバも再接続された場合)

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブでセカンダリ サーバが非アクティブであることを示します。

セカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

セカンダリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、プライマリ サーバからセカンダリ サーバに複製されます。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

セカンダリ サーバがオフラインである間にプライマリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

メッセージ ストアが Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされている場合は、次の再接続動作が追加されます。

プライマリ サーバが、引き続き、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

メッセージ ストアがセカンダリ サーバにインストールされている場合、次の再接続動作が追加されます。

Cisco Unity にログオンしたユーザには UMR 通話は聞こえませんが、適切な通話が聞こえます。

プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているメッセージが、適切なユーザ インボックスに送信されます。

プライマリ サーバが、Exchange サーバに保管されているメッセージを聞かなかったユーザに MWI を設定します。

外部の発信者およびユーザは、ユーザへのメッセージを残すことができます。メッセージは、Exchange サーバに保管されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバがネットワークから同時に切断され、その後まずセカンダリ サーバが再接続される

テストにおいては、プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのネットワーク インターフェイス カードを同時に無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

ボイス メッセージ機能がなくなります。プライマリ サーバもセカンダリ サーバも通話に応答しません。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできません。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができません。

メッセージを残そうとする発信者には、ユーザの個人用グリーティングではなく、小刻みなビジートーンが聞こえます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバから登録解除されます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを受信しなくなります。

プライマリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。セカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、セカンダリ サーバがアクティブであることを示します。

ユーザは、他のユーザを直接呼び出して、相互に話すことができます。

プライマリ サーバとセカンダリ サーバの間の UnityDb データベースの複製が停止します。

どちらのサーバも、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を開始しません。

再接続動作(セカンダリ サーバのみが再接続された場合)

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。セカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、セカンダリ サーバがアクティブであることを示します。

セカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

セカンダリ サーバがすべての通話に応答します。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音は、プライマリ サーバがオフラインであるためセカンダリ サーバに複製されません。

ネットワークの停止中にセカンダリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音は、プライマリ サーバがオフラインであるためプライマリ サーバに複製されません。

ネットワークの停止前に実行された UnityDb データベースへの変更で、セカンダリ サーバに複製されなかった変更は、プライマリ サーバがオフラインであるため複製されません。

セカンダリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

再接続動作(プライマリ サーバも再接続された場合)

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバがアクティブになり、セカンダリ サーバが非アクティブになります。

プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバがすべての通話に応答します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブでセカンダリ サーバが非アクティブであることを示します。

プライマリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、セカンダリ サーバからプライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバがオフラインである間にセカンダリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、プライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバがネットワークから同時に切断され、その後両方のサーバが同時に再接続される

テストにおいては、プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのネットワーク インターフェイス カードを同時に無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

ボイス メッセージ機能がなくなります。プライマリ サーバもセカンダリ サーバも通話に応答しません。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできません。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができません。

メッセージを残そうとする発信者には、ユーザの個人用グリーティングではなく、小刻みなビジートーンが聞こえます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバから登録解除されます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを受信しなくなります。

プライマリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。セカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、セカンダリ サーバがアクティブであることを示します。

ユーザは、他のユーザを直接呼び出して、相互に話すことができます。

プライマリ サーバとセカンダリ サーバの間の UnityDb データベースの複製が停止します。

どちらのサーバも、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を開始しません。

再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバはアクティブなままで、セカンダリ サーバが非アクティブになります。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバがすべての通話に応答します。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

テストにおいては、Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされた Exchange サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

次のように切断動作が行われます。

Cisco Unity にログオンしたすべてのユーザに、Unity Message Repository(UMR)通話が聞こえます。

外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

同じ Cisco Unity サーバをホーム サーバとするユーザは、内線番号をダイヤルするか Cisco Unity にログオンすることによって、相互にメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

ユーザは、Cisco Unity サーバを呼び出して、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されている新しいメッセージを聞くことができます。ネットワークの停止前に Exchange サーバに保管されたメッセージは、聞くことができません。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化を処理します。

MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知は処理されません。

再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

Cisco Unity にログオンしたユーザには UMR 通話は聞こえませんが、適切な通話が聞こえます。

プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているメッセージが、適切なユーザ インボックスに送信されます。

プライマリ サーバが、Exchange サーバに保管されているメッセージを聞かなかったユーザに MWI を設定します。

外部の発信者およびユーザは、ユーザへのメッセージを残すことができます。メッセージは、Exchange サーバに保管されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバがネットワークから切断され、その後プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバが再起動される

テストにおいては、Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされた Exchange サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にし、その後プライマリ サーバとセカンダリ サーバを停止してから再起動することによって、このシナリオがシミュレートされています。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバの再起動動作

次のように再接続動作が行われます。

どちらのサーバの Cisco Unity サービス(AvCsMgr.exe)も起動しません。

ボイス メッセージ機能がなくなります。プライマリ サーバもセカンダリ サーバも通話に応答しません。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできません。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができません。

Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持たない Exchange サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

テストにおいては、Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされた Exchange サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

次のように切断動作が行われます。

切断されていない別の Exchange サーバにメッセージが保管されているユーザは、影響を受けません。

切断されている Exchange サーバにメッセージが保管されているユーザは、Cisco Unity にログオンするときに Unity Message Repository(UMR)通話が聞こえます。

ユーザによって残された、Exchange サーバ上のユーザへのメッセージは、ブリッジヘッド Exchange サーバ上の MTA キューに保管されます。このメッセージは、アクティブ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されません。

外部の発信者によって残された、Exchange サーバ上のユーザへのメッセージは、アクティブなサーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。ユーザは、ネットワークの停止が解決されるまで、メッセージを聞くことができません。

Exchange サーバにメッセージが保管されているユーザには、MWI が設定されません。

再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

ブリッジヘッド Exchange サーバ上の MTA キュー、およびアクティブ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているすべてのメッセージが、ユーザ インボックスに送信されます。

プライマリ サーバが、Exchange サーバに保管されているメッセージを聞かなかったユーザに MWI を設定します。

パブリッシャ Cisco Unified CM サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

テストにおいては、パブリッシャ(プライマリ) Cisco Unified CM サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

プライマリ Cisco Unity サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ Cisco Unity サーバは引き続き非アクティブです。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、パブリッシャ(プライマリ) Cisco Unified CM サーバから登録解除され、サブスクライバ(セカンダリ) Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ Cisco Unity サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ Cisco Unity サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ Cisco Unity サーバは引き続き非アクティブです。

パブリッシャ(プライマリ) Cisco Unified CM サーバへの自動登録が有効な場合は、プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートがサブスクライバ(セカンダリ) Cisco Unified CM サーバから登録解除され、パブリッシャ(プライマリ) Cisco Unified CM サーバに登録されます。

パブリッシャ(プライマリ) Cisco Unified CM サーバへの自動登録が有効でない場合は、プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートがサブスクライバ(セカンダリ) Cisco Unified CM サーバに登録されたままとなります。

プライマリ Cisco Unity サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

サブスクライバ Cisco Unified CM サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

テストにおいては、サブスクライバ(セカンダリ) Cisco Unified CM サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

プライマリ Cisco Unity サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ Cisco Unity サーバは引き続き非アクティブです。

プライマリおよびセカンダリ Cisco Unity サーバのすべてのボイスメール ポートが、パブリッシャ(プライマリ) Cisco Unified CM サーバに登録されたままです。

プライマリ Cisco Unity サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ Cisco Unity サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ Cisco Unity サーバは引き続き非アクティブです。

プライマリおよびセカンダリ Cisco Unity サーバのすべてのボイスメール ポートが、パブリッシャ(プライマリ) Cisco Unified CM サーバに登録されたままです。

プライマリ Cisco Unity サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

Cisco Unified CM クラスタがネットワークから切断され、その後再接続される

テストにおいては、クラスタ内のすべての Cisco Unified CM サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

プライマリ Cisco Unity サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ Cisco Unity サーバは引き続き非アクティブです。

プライマリおよびセカンダリ Cisco Unity サーバのすべてのボイスメール ポートが、パブリッシャ(プライマリ) Cisco Unified CM サーバから登録解除されます。これらのポートは、別の Cisco Unified CM サーバには登録されません。

Cisco Unity が通話に応答しません。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできません。通話が Cisco Unity に転送されないため、外部の発信者はユーザへのメッセージを残すことができません。

Cisco Unity を呼び出すユーザには、小刻みなビジートーンが聞こえます。

別の Cisco Unified CM クラスタに接続されている Cisco Unity 上のユーザは、切断されているクラスタのユーザへのメッセージを残すことができます。

再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ Cisco Unity サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ Cisco Unity サーバは引き続き非アクティブです。

プライマリおよびセカンダリ Cisco Unity サーバのすべてのボイスメール ポートが、パブリッシャ(プライマリ) Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ Cisco Unity サーバが、すべての通話に応答します。

Cisco Unity が接続されているドメイン コントローラがネットワークから切断され、その後再接続される

テストにおいては、Cisco Unity が接続されているドメイン コントローラのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。ドメイン コントローラは Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

プライマリ サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ サーバは引き続き非アクティブです。

ディレクトリ同期化は行われません。

同じドメイン内の他のドメイン コントローラ上で行われた Cisco Unity オブジェクトへの変更は、UnityDb データベースに書き込まれません。

グローバル カタログ サーバで検出された変更は、UnityDb データベースに書き込まれます。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ サーバは引き続き非アクティブです。

ネットワークの停止中に同じドメイン内の他のドメイン コントローラ上で行われた変更が、UnityDb データベースに書き込まれます。

Cisco Unity が接続されていない追加のドメイン コントローラがネットワークから切断され、その後再接続される

テストにおいては、Cisco Unity が接続されていないドメイン コントローラのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。ドメイン コントローラは Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

プライマリ サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ サーバは引き続き非アクティブです。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ サーバは引き続き非アクティブです。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

Cisco Unity が接続されているグローバル カタログ サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

テストにおいては、Cisco Unity が接続されているグローバル カタログ サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。グローバル カタログ サーバは、Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

プライマリ サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ サーバは引き続き非アクティブです。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

ユーザは、メッセージを残すことができません。メッセージを残そうとするユーザには、何も聞こえません。

外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。ネットワークの停止が解決され、新しいメッセージがユーザ インボックスに送信されるまで、ユーザはそのメッセージを聞くことができません。

ユーザは、他のユーザを直接呼び出して、相互に話すことができます。

グローバル カタログ モニタは、変更を検出しません。他の Cisco Unity サーバ上の Cisco Unity オジェクトへの変更は、ローカル UnityDb データベースに書き込まれません。

他の Cisco Unity サーバ上のユーザは、ローカル サーバ上のユーザへのメッセージを残すことができます。

ユーザは、保管済みのメッセージを聞くことができます。外部の発信者からの新しいメッセージは、ネットワークの停止が解決されるまで聞くことができません。

再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ サーバは引き続き非アクティブです。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

他の Cisco Unity サーバ上の Cisco Unity オブジェクトへの変更が、ローカル UnityDb データベースに書き込まれます。

ブリッジヘッド Exchange サーバ上の MTA キュー、およびアクティブ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているすべてのメッセージが、ユーザの Outlook 受信トレイに送信されます。

ユーザは、Cisco Unity システム管理にも Cisco Personal Communications Assistant(PCA)にもアクセスできません。アカウントがユーザと関連付けられていないというエラーが表示されます。Internet Information Services(IIS)を再起動すると、Cisco Unity システム管理および Cisco PCA にアクセスできます(ユーザは、Cisco PCA を使用して、Cisco Unity Assistant および Cisco Unity Inbox にアクセスします)。

Cisco Unity が接続されていないグローバル カタログ サーバがネットワークから切断され、その後再接続される

テストにおいては、Cisco Unity が接続されていないグローバル カタログ サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。グローバル カタログ サーバは、Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

プライマリ サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ サーバは引き続き非アクティブです。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ サーバは引き続き非アクティブです。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

プライマリ サーバがクラッシュする

テストにおいては、プライマリ サーバの電源を切ることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

セカンダリ サーバがすべての通話に応答します。ネットワークの遅延によっては、この動作が開始するのに数分かかることがあります。

セカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、セカンダリ サーバがアクティブであることを示します。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音は、セカンダリ サーバ上では利用できません。

セカンダリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

フェールバック前の再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバは非アクティブで、セカンダリ サーバはアクティブなままです。

セカンダリ サーバがすべての通話に応答します。

プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバから登録解除されたままです。

フェールバック後の再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

フェールバックが手動で開始されるか、またはスケジュール フェールバックが行われると、プライマリ サーバがアクティブになり、セカンダリ サーバが非アクティブになります。

プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバがすべての通話に応答します。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、セカンダリ サーバからプライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

サーバの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバの停止中にセカンダリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、プライマリ サーバに複製されます。

セカンダリ サーバがクラッシュする

テストにおいては、セカンダリ サーバの電源を切ることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

プライマリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバとセカンダリ サーバの間の UnityDb データベースの複製が停止します。

メッセージ ストアが Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされている場合は、次の切断動作が追加されます。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

メッセージ ストアがセカンダリ サーバにインストールされている場合、次の切断動作が追加されます。

Cisco Unity にログオンしたすべてのユーザに、Unity Message Repository(UMR)通話が聞こえます。

外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

同じ Cisco Unity サーバをホーム サーバとするユーザは、内線番号をダイヤルするか Cisco Unity にログオンすることによって、相互にメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

ユーザは、Cisco Unity サーバを呼び出して、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されている新しいメッセージを聞くことができます。ネットワークの停止前に Exchange サーバに保管されたメッセージは、聞くことができません。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化を処理します。

MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知は処理されません。

再接続動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバはアクティブなままで、セカンダリ サーバが非アクティブになります。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

セカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

セカンダリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、プライマリ サーバからセカンダリ サーバに複製されます。

サーバの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

セカンダリ サーバの停止中にプライマリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

メッセージ ストアが Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされている場合は、次の再接続動作が追加されます。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバが、引き続き、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

メッセージ ストアがセカンダリ サーバにインストールされている場合、次の再接続動作が追加されます。

Cisco Unity にログオンしたユーザには UMR 通話は聞こえませんが、適切な通話が聞こえます。

プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているメッセージが、適切なユーザ インボックスに送信されます。

プライマリ サーバが、Exchange サーバに保管されているメッセージを聞かなかったユーザに MWI を設定します。

外部の発信者およびユーザは、ユーザへのメッセージを残すことができます。メッセージは、Exchange サーバに保管されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバが同時にクラッシュする

テストにおいては、プライマリ サーバとセカンダリ サーバの電源を同時に切ることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように切断動作が行われます。

ボイス メッセージ機能がなくなります。プライマリ サーバもセカンダリ サーバも通話に応答しません。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできません。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができません。

メッセージを残そうとする発信者には、ユーザの個人用グリーティングではなく、小刻みなビジートーンが聞こえます。

ユーザは、他のユーザを直接呼び出して、相互に話すことができます。

どちらのサーバも、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を開始しません。

再接続動作(プライマリ サーバのみが再接続された場合)

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバがすべての通話に応答します。

サーバの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音は、セカンダリ サーバがオフラインであるためセカンダリ サーバに複製されません。

サーバの停止前に実行された UnityDb データベースへの変更で、セカンダリ サーバに複製されなかった変更は、セカンダリ サーバがオフラインであるため複製されません。

メッセージ ストアが Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされている場合は、次の再接続動作が追加されます。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

メッセージ ストアがセカンダリ サーバにインストールされている場合、次の再接続動作が追加されます。

Cisco Unity にログオンしたすべてのユーザに、Unity Message Repository(UMR)通話が聞こえます。

外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

同じ Cisco Unity サーバをホーム サーバとするユーザは、内線番号をダイヤルするか Cisco Unity にログオンすることによって、相互にメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

ユーザは、Cisco Unity サーバを呼び出して、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されている新しいメッセージを聞くことができます。ネットワークの停止前に Exchange サーバに保管されたメッセージは、聞くことができません。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化を処理します。

MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知は処理されません。

再接続動作(セカンダリ サーバも再接続された場合)

メッセージ ストアの場所に関わらず、次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブでセカンダリ サーバが非アクティブであることを示します。

セカンダリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

セカンダリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、プライマリ サーバからセカンダリ サーバに複製されます。

サーバの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

セカンダリ サーバがオフラインである間にプライマリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

メッセージ ストアが Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされている場合は、次の再接続動作が追加されます。

プライマリ サーバが、引き続き、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

メッセージ ストアがセカンダリ サーバにインストールされている場合、次の再接続動作が追加されます。

Cisco Unity にログオンしたユーザには UMR 通話は聞こえませんが、適切な通話が聞こえます。

プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているメッセージが、適切なユーザ インボックスに送信されます。

プライマリ サーバが、Exchange サーバに保管されているメッセージを聞かなかったユーザに MWI を設定します。

外部の発信者およびユーザは、ユーザへのメッセージを残すことができます。メッセージは、Exchange サーバに保管されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

プライマリ サーバがネットワークから切断され、その後 Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバがネットワークから切断される

テストにおいては、プライマリ サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にし、次に Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされた Exchange サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作(プライマリ サーバのみが切断された場合)

次のように切断動作が行われます。

セカンダリ サーバがすべての通話に応答します。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバから登録解除されます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを受信しなくなります。

プライマリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。セカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、セカンダリ サーバがアクティブであることを示します。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音は、セカンダリ サーバ上では利用できません。

プライマリ サーバとセカンダリ サーバの間の UnityDb データベースの複製が停止します。

セカンダリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

切断動作(Exchange サーバも切断された場合)

次のように切断動作が行われます。

Cisco Unity にログオンしたすべてのユーザに、Unity Message Repository(UMR)通話が聞こえます。

外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

別の Cisco Unity サーバをホーム サーバとするユーザは、ホームとは異なる Cisco Unity サーバを呼び出すことによって、その Cisco Unity サーバ上にユーザへのメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

ユーザは、Cisco Unity サーバを呼び出して、セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されている新しいメッセージを聞くことができます。ネットワークの停止前に Exchange サーバに保管されたメッセージは、聞くことができません。

セカンダリ サーバが、ディレクトリ同期化を処理します。

MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知は処理されません。

Exchange サーバが再接続され、プライマリ サーバが切断されたままである場合の再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

Cisco Unity にログオンしたユーザには UMR 通話は聞こえませんが、適切な通話が聞こえます。

セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているメッセージが、適切なユーザ インボックスに送信されます。

セカンダリ サーバが、Exchange サーバに保管されているメッセージを聞かなかったユーザに MWI を設定します。

外部の発信者およびユーザは、ユーザへのメッセージを残すことができます。メッセージは、Exchange サーバに保管されます。

セカンダリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

Exchange サーバが再接続され、その後プライマリ サーバが再接続された後の再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバがアクティブになり、セカンダリ サーバが非アクティブになります。

プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバがすべての通話に応答します。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、セカンダリ サーバからプライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

ネットワークの停止中にセカンダリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、プライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが再接続され、Exchange サーバが切断されたままである場合の再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバがアクティブになり、セカンダリ サーバが非アクティブになります。

プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバがすべての通話に応答します。

Cisco Unity にログオンしたすべてのユーザに、UMR 通話が聞こえます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、セカンダリ サーバからプライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

ネットワークの停止中にセカンダリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、プライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが再接続され、その後 Exchange サーバが再接続された後の再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

Cisco Unity にログオンしたユーザには UMR 通話は聞こえませんが、適切な通話が聞こえます。

プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているメッセージが、適切なユーザ インボックスに送信されます。

プライマリ サーバが、Exchange サーバに保管されているメッセージを聞かなかったユーザに MWI を設定します。

外部の発信者およびユーザは、ユーザへのメッセージを残すことができます。メッセージは、Exchange サーバに保管されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバがネットワークから切断され、その後プライマリ サーバがネットワークから切断される

テストにおいては、Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされた Exchange サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にし、次にプライマリ サーバのネットワーク インターフェイス カードを無効にすることによって、このシナリオがシミュレートされています。

切断動作(Exchange サーバのみが切断された場合)

次のように切断動作が行われます。

プライマリ サーバは引き続きアクティブで、セカンダリ サーバは引き続き非アクティブです。

プライマリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

Cisco Unity にログオンしたすべてのユーザに、Unity Message Repository(UMR)通話が聞こえます。

外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

同じ Cisco Unity サーバをホーム サーバとするユーザは、内線番号をダイヤルするか Cisco Unity にログオンすることによって、相互にメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

ユーザは、Cisco Unity サーバを呼び出して、プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されている新しいメッセージを聞くことができます。ネットワークの停止前に Exchange サーバに保管されたメッセージは、聞くことができません。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化およびファイル複製を処理します。

MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知は処理されません。

切断動作(プライマリ サーバも切断された場合)

次のように切断動作が行われます。

セカンダリ サーバがすべての通話に応答します。

プライマリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。セカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、セカンダリ サーバがアクティブであることを示します。

Cisco Unity にログオンしたすべてのユーザに、UMR 通話が聞こえます。

外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

同じ Cisco Unity サーバをホーム サーバとするユーザは、内線番号をダイヤルするか Cisco Unity にログオンすることによって、相互にメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

ユーザは、Cisco Unity サーバを呼び出して、セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されている新しいメッセージを聞くことができます。ネットワークの停止前に Exchange サーバに保管されたメッセージは、聞くことができません。

MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知は処理されません。

プライマリ サーバが再接続され、Exchange サーバが切断されたままである場合の再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバがアクティブになり、セカンダリ サーバが非アクティブになります。

プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバがすべての通話に応答します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、セカンダリ サーバからプライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

ネットワークの停止中にセカンダリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、プライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが再接続され、その後 Exchange サーバが再接続された後の再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

Cisco Unity にログオンしたユーザには UMR 通話は聞こえませんが、適切な通話が聞こえます。

プライマリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているメッセージが、適切なユーザ インボックスに送信されます。

プライマリ サーバが、Exchange サーバに保管されているメッセージを聞かなかったユーザに MWI を設定します。

外部の発信者およびユーザは、ユーザへのメッセージを残すことができます。メッセージは、Exchange サーバに保管されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

Exchange サーバが再接続され、プライマリ サーバが切断されたままである場合の再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

Cisco Unity にログオンしたユーザには UMR 通話は聞こえませんが、適切な通話が聞こえます。

セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているメッセージが、適切なユーザ インボックスに送信されます。

セカンダリ サーバが、Exchange サーバに保管されているメッセージを聞かなかったユーザに MWI を設定します。

外部の発信者およびユーザは、ユーザへのメッセージを残すことができます。メッセージは、Exchange サーバに保管されます。

セカンダリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

Exchange サーバが再接続され、その後プライマリ サーバが再接続された後の再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバがアクティブになり、セカンダリ サーバが非アクティブになります。

プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが、Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバがすべての通話に応答します。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、セカンダリ サーバからプライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

ネットワークの停止中にセカンダリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、プライマリ サーバに複製されます。

Cisco Unity メッセージ システム メールボックスを持つ Exchange サーバとプライマリ サーバが同時にクラッシュし、その後再接続される

テストにおいては、Exchange サーバとプライマリ サーバの電源を同時に切ることによって、このシナリオがシミュレートされています。Exchange サーバは、Cisco Unity サーバ以外のコンピュータにインストールされています。

切断動作

次のように切断動作が行われます。

セカンダリ サーバがすべての通話に応答します。

Cisco Unity にログオンしたすべてのユーザに、Unity Message Repository(UMR)通話が聞こえます。

外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

別の Cisco Unity サーバをホーム サーバとするユーザは、ホームとは異なる Cisco Unity サーバを呼び出すことによって、その Cisco Unity サーバ上にユーザへのメッセージを残すことができます。新しいメッセージは、セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されます。

ユーザは、Cisco Unity サーバを呼び出して、セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されている新しいメッセージを聞くことができます。ネットワークの停止前に Exchange サーバに保管されたメッセージは、聞くことができません。

MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知は処理されません。

Exchange サーバが再接続され、プライマリ サーバが切断されたままである場合の再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

Cisco Unity にログオンしたユーザには UMR 通話は聞こえませんが、適切な通話が聞こえます。

セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているメッセージが、適切なユーザ インボックスに送信されます。

セカンダリ サーバが、Exchange サーバに保管されているメッセージを聞かなかったユーザに MWI を設定します。

外部の発信者およびユーザは、ユーザへのメッセージを残すことができます。メッセージは、Exchange サーバに保管されます。

セカンダリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

Exchange サーバが再接続され、その後プライマリ サーバが再接続された後の再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバは非アクティブで、セカンダリ サーバはアクティブなままです。

フェールバックが手動で開始されるか、またはスケジュール フェールバックが行われると、プライマリ サーバがアクティブになり、セカンダリ サーバが非アクティブになります。

プライマリ サーバがアクティブになると、プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバがアクティブになると、プライマリ サーバがすべての通話に応答します。それまでは、セカンダリ サーバがすべての通話に応答します。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

プライマリ サーバがアクティブになると、プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、セカンダリ サーバからプライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバがアクティブになると、プライマリ サーバがディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

ネットワークの停止中にセカンダリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、プライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが再接続され、Exchange サーバが切断されたままである場合の再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバの Cisco Unity サービス(AvCsMgr.exe)は起動しません。

セカンダリ サーバは、引き続きアクティブです。

セカンダリ サーバが、引き続きすべての通話に応答します。

プライマリ サーバが再接続され、その後 Exchange サーバが再接続されて、プライマリ サーバの Cisco Unity サービス(AvCsMgr.exe)が手動で起動された後の再接続動作

次のように再接続動作が行われます。

プライマリ サーバは非アクティブで、セカンダリ サーバはアクティブなままです。

フェールバックが手動で開始されるか、またはスケジュール フェールバックが行われると、プライマリ サーバがアクティブになり、セカンダリ サーバが非アクティブになります。

プライマリ サーバがアクティブになると、プライマリ サーバのすべてのボイスメール ポートが Cisco Unified CM サーバに登録されます。

プライマリ サーバがアクティブになると、プライマリ サーバがすべての通話に応答します。それまでは、セカンダリ サーバがすべての通話に応答します。

ユーザは、メッセージを残すことも聞くこともできます。外部の発信者は、ユーザへのメッセージを残すことができます。メッセージは、Exchange サーバに保管されます。

Cisco Unity にログオンしたユーザには UMR 通話は聞こえませんが、適切な通話が聞こえます。

セカンダリ サーバ上の UnityMTA フォルダに保管されているメッセージが、適切なユーザ インボックスに送信されます。

プライマリ サーバが、Exchange サーバに保管されているメッセージを聞かなかったユーザに MWI を設定します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバのノード マネージャ サービス(AvCsNodeMgr)が、相互にステータスを送受信します。

プライマリ サーバおよびセカンダリ サーバ上の Failover Monitor は、プライマリ サーバがアクティブであることを示します。

プライマリ サーバがオフラインである間に行われた UnityDb データベースへの変更が、セカンダリ サーバからプライマリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが、ディレクトリ同期化、MWI、イベントの通知、およびメッセージの到着通知を処理します。

ネットワークの停止前にプライマリ サーバ上で作成されたがセカンダリ サーバには複製されなかったメッセージ、グリーティング、および他の録音が、セカンダリ サーバに複製されます。

プライマリ サーバが非アクティブである間にセカンダリ サーバ上で作成されたメッセージ、グリーティング、および他の録音が、プライマリ サーバに複製されます。