Cisco Unity 向け Cisco Unified Communications Manager SCCP インテグレーション ガイド リリース 8.x
Cisco Unity フェールオーバー用セカンダリ サーバと Cisco Unified Communications Manager 連動との連動
Cisco Unity フェールオーバー用セカンダリ サーバと Cisco Unified Communications Manager 連動との連動
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2010/02/01 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity フェールオーバー用セカンダリ サーバと Cisco Unified Communications Manager 連動との連動

要件

連動の説明

フェールオーバー用セカンダリ サーバの設定

Cisco Unity フェールオーバー用セカンダリ サーバと Cisco Unified Communications Manager 連動との連動

Cisco Unity フェールオーバー機能では、プライマリ サーバが非アクティブになった場合に、セカンダリ サーバでボイス メッセージ サービスを提供することが可能になります。フェールオーバー用のセカンダリ サーバのインストールに関する情報については、該当する『 Installation Guide for Cisco Unity 』( http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_installation_guides_list.html )を参照してください。

Cisco Unity フェールオーバーに関する情報については、該当する『 Failover Configuration and Administration Guide for Cisco Unity 』( http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_feature_guides_list.html )を参照してください。

この章では、セカンダリ Cisco Unity サーバを連動するための情報を提供します。次の項を参照してください。

「要件」

「連動の説明」

「フェールオーバー用セカンダリ サーバの設定」

要件

セカンダリ サーバを連動するには、次のコンポーネントが必要です。

各プライマリ サーバにつき 1 台のセカンダリ サーバ。該当する『 Installation Guide for Cisco Unity 』およびこのインテグレーション ガイドに記載されたとおりにインストールされ連動が可能な状態にあるもの。

フェールオーバーが可能なライセンス。

連動の説明

電話システムは、LAN または WAN を経由してプライマリ サーバおよびセカンダリ サーバと通信します。図 10-1 に必要な接続を示します。

図 10-1 Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity サーバとの間の接続

 

フェールオーバー用セカンダリ サーバの設定

設定に進む前に、セカンダリ サーバで使用するボイスメール サーバ名およびボイスメール ポートが、プライマリ サーバで使用するボイスメール サーバ名およびボイスメール ポートと別であることを確認します。同じ場合、フェールオーバーが正常に機能しなくなります。

セカンダリ サーバを連動するため、次の手順を実行します。

フェールオーバー用セカンダリ サーバを設定するには


ステップ 1 プライマリ サーバと同じ設定でセカンダリ サーバをインストールします。インストール手順については、該当する『 Installation Guide for Cisco Unity 』を参照してください。

ステップ 2 セカンダリ サーバの Windows の [スタート(Start)] メニューで、[プログラム(Programs)] > [Cisco Unity] > [連動の管理(Manage Integrations)] をクリックします。[UTIM] ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 [UTIM] ウィンドウの [連動方式(Integration)] メニューで [新規(New)] をクリックします。[テレフォニー連動セットアップ ウィザード(Telephony Integration Setup Wizard)] が表示されます。

ステップ 4 [CUCM/CCM デバイス名プレフィックス(CUCM/CCM Device Name Prefix)] 設定以外が、プライマリ サーバ上の連動設定と一致するように設定を入力します。


注意 セカンダリ サーバの [CUCM/CCM デバイス名プレフィックス(CUCM/CCM Device Name Prefix)] 設定は、プライマリ サーバの [CUCM/CCM デバイス名プレフィックス(CUCM/CCM Device Name Prefix)] 設定と別にする必要があります。同じにすると、セカンダリ サーバが正常に機能できなくなります。


) ウィザードによってプロンプトが表示された場合でも、未割り当ての加入者とコール ハンドラを新しい連動に再割り当てしないことをお勧めします。フェールオーバー複製により、自動的に正しい連動が割り当てられます。


ステップ 5 Cisco Unity サービスを再起動するためのプロンプトで、[はい(Yes)] をクリックします。


) Cisco Unity サービスを再起動する際は、Windows タスクバーの [Cisco Unity] アイコンの代わりに、UTIM プロンプトを使用します。タスクバー アイコンを使用しても、Cisco Unity のすべてのサービスが再起動するわけではありません。


ステップ 6 Cisco Unity の再起動後、Cisco Unity サーバの Windows の [スタート(Start)] メニューで、[プログラム(Programs)] > [Cisco Unity] > [連動の管理(Manage Integrations)] をクリックします。UTIM が表示されます。

ステップ 7 [UTIM] ウィンドウの左ペインで、ステップ 3 で作成した電話システム連動をクリックします。

ステップ 8 右ペインで [プロパティ(Properties)] をクリックします。

ステップ 9 [連動方式(Integration)] タブで、セカンダリ サーバの [連動 ID(Integration ID)] フィールドの設定をプライマリ サーバの [連動 ID(Integration ID)] フィールドの設定と比較します。

ステップ 10 プライマリ サーバ上とセカンダリ サーバ上の電話システムの連動 ID が同じ場合、ステップ 16 に進みます。

プライマリ サーバ上とセカンダリ サーバ上の電話システムの連動 ID が異なる場合、[連動 ID の修正(Modify Integration ID)] をクリックします。

ステップ 11 現在の連動 ID 設定と関連付けられた加入者は、新しい連動 ID 設定と自動的には関連付けられないとの注意が表示された場合、[OK] をクリックします。

ステップ 12 [連動 ID の修正(Modify Integration ID)] ダイアログボックスの [新しい連動 ID の入力(Enter New Integration ID)] フィールドで、プライマリ サーバ上の電話システムの連動 ID 設定を入力し、[OK] をクリックします。

ステップ 13 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 14 Cisco Unity サービスを再起動するためのプロンプトで、[はい(Yes)] をクリックします。

ステップ 15 左ペインで、ステップ 3 で作成した電話システム連動をクリックします。

ステップ 16 右ペインで [ポート(Ports)] タブをクリックします。

ステップ 17 プライマリ サーバ上のポート設定と一致するようにポート設定を入力します。

ステップ 18 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 19 UTIM を終了します。


 

ボイス メッセージ ポートの Cisco Unified CM 認証および暗号化を設定しない場合、次の手順を省略します。これでセカンダリ サーバの連動が完了しました。

セカンダリ サーバ上でボイス メッセージ ポートの Cisco Unified CM 認証および暗号化を設定する場合、次の手順に進みます。


注意 セカンダリ サーバの [CUCM/CCM クラスタ セキュリティ モード(CUCM/CCM Cluster Security Mode)] 設定は、プライマリ サーバの [CUCM/CCM クラスタ セキュリティ モード(CUCM/CCM Cluster Security Mode)] 設定と一致している必要があります。一致していない場合、Cisco Unified CM 認証および暗号化に失敗します。

セカンダリ サーバ上でボイス メッセージ ポートのための Cisco Unified Communications Manager 認証および暗号化を有効にするには


ステップ 1 UTIM をまだ開始していない場合、セカンダリ サーバの Windows の [スタート(Start)] メニューで、[プログラム(Programs)] > [Cisco Unity] > [連動の管理(Manage Integrations)] をクリックします。UTIM が表示されます。

ステップ 2 左ペインで [Unity サーバ(Cisco Unity Server)] をダブルクリックします。既存の連動が表示されます。

ステップ 3 Cisco Unified CM 連動をクリックします。

ステップ 4 右ペインで、連動のためのクラスタをクリックします。

ステップ 5 [サーバ(Servers)] タブをクリックします。

ステップ 6 [CUCM/CCM クラスタ セキュリティ モード(CUCM/CCM Cluster Security Mode)] フィールドで、該当する設定をクリックします。


注意 Cisco Unity ボイス メッセージ ポートの [CUCM/CCM クラスタ セキュリティ モード(CUCM/CCM Cluster Security Mode)] 設定は、Cisco Unified CM ポートのセキュリティ モード設定と一致している必要があります。一致していない場合、Cisco Unified CM 認証および暗号化に失敗します。

 

表 10-1 [CUCM/CCM クラスタ セキュリティ モード(CUCM/CCM Cluster Security Mode)]

設定
効果

保証なし(Non-secure)

コールシグナリング メッセージがクリア(暗号化されていない)テキストとして送信され、認証された TLS ポートではなく非認証ポートを使用して Cisco Unified CM に接続されるため、コールシグナリング メッセージの完全性とプライバシーは保証されません。

また、メディア ストリームも暗号化されません。

認証(Authenticated)

コールシグナリング メッセージは認証された TLS ポートを使用して Cisco Unified CM に接続されるため、完全性が保証されます。ただし、クリア(暗号化されていない)テキストで送信されるため、コールシグナリング メッセージのプライバシーは保証されません。

また、メディア ストリームも暗号化されません。

暗号化(Encrypted)

コールシグナリング メッセージは認証された TLS ポートを使用して Cisco Unified CM に接続され、暗号化されるため、完全性とプライバシーが保証されます。

また、メディア ストリームも暗号化できます。

ステップ 7 [保証なし(Non-secure)] 設定をクリックした場合、[保存(Save)] をクリックしてこの残りの手順を省略します。

[認証(Authenticated)] 設定または [暗号化(Encrypted)] 設定をクリックした場合、[セキュリティ(Security)] タブと [Tftp サーバ追加(Add TFTP Server)] ダイアログボックスが表示されます。[Tftp サーバ追加(Add TFTP Server)] ダイアログボックスの [IP アドレス/ホスト名(IP Address or Host Name)] フィールドで、Cisco Unified CM クラスタのためのプライマリ TFTP サーバの IP アドレス(または DNS 名)を入力し、[OK] をクリックします。

ステップ 8 Cisco Unity で Cisco Unified CM 証明書のダウンロードに使用する TFTP サーバがさらにある場合、[追加(Add)] をクリックします。[Tftp サーバ追加(Add TFTP Server)] ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 9 [IP アドレス/ホスト名(IP Address or Host Name)] フィールドで、Cisco Unified CM クラスタのためのセカンダリ TFTP サーバの IP アドレス(または DNS 名)を入力し、[OK] をクリックします。

ステップ 10 Cisco Unified CM クラスタ内の残りの各 TFTP サーバに対し、ステップ 8ステップ 9 を繰り返します。

ステップ 11 Cisco Unified CM 連動内の残りの各クラスタに対し、ステップ 4 からステップ 10 を繰り返します。

[セキュリティ(Security)] タブで、 表 10-2 に説明されているボタンを押して Cisco Unity サーバから接続する TFTP サーバを追加、変更、削除、または確認できます。

 

表 10-2 TFTP サーバを管理するためのボタン

ボタン
操作

追加(Add)

別の TFTP サーバを追加するための [Tftp サーバ追加(Add TFTP Server)] ダイアログボックスを表示します。

修正(Modify)

[Tftp サーバ修正(Modify TFTP Server)] ダイアログボックスを表示し、ここで選択した TFTP サーバの設定を変更できます。

削除(Delete)

選択した TFTP サーバを削除します。

ステップ 12 [保存(Save)] をクリックします。

Cisco Unity でボイス メッセージ ポート デバイス証明書の作成、Cisco Unity サーバ ルート証明書のエクスポート、[Cisco Unity ルート証明のエクスポート(Export Cisco Unity Root Certificate)] ダイアログボックスの表示が行われます。

ステップ 13 エクスポートされた Cisco Unity サーバ ルート証明書のファイル名をメモし、[OK] をクリックします。

ステップ 14 該当する手順を実行し、Cisco Unity サーバ ルート証明書をすべてのクラスタ内のすべての Cisco Unified CM サーバにコピーします。

フロッピーディスクを使用することをお勧めします。ステップ 15 に進みます。

セキュア ネットワークの場合、ネットワーク共有を使用します。手順を省略してステップ 16 に進みます。


注意 Cisco Unified CM 認証が即時に機能するためには、Cisco Unity のシステム クロックは Cisco Unified CM のシステム クロックと同期されている必要があります。同期されていない場合、Cisco Unified CM は Cisco Unified CM システム クロックが Cisco Unity デバイス証明書内のタイム スタンプを超えるまで Cisco Unity ボイス メッセージ ポートが登録されないようにします。

ステップ 15 フロッピーディスクを使用して Cisco Unity サーバ ルート証明書をコピーしている場合、次の手順を実行します。

a. 空のフロッピーディスクを Cisco Unity サーバのフロッピー ドライブに挿入します。

b. CommServer¥SkinnyCerts ディレクトリに移動します。

c. ステップ 13 でメモした Cisco Unity サーバ ルート証明書ファイルをフロッピーディスクにコピーします。

d. フロッピーディスクを Cisco Unity サーバから取り出します。

e. Cisco Unified CM サーバのフロッピー ドライブにフロッピーディスクを挿入します。

f. フロッピーディスク上の Cisco Unity サーバ ルート証明書ファイルをCisco Unified CM サーバの C:¥Program Files¥Cisco¥Certificates ディレクトリにコピーします。

g. Cisco Unified CM サーバ上の Cisco CallManager サービスを再起動します。

h. クラスタ内の残りすべての Cisco Unified CM サーバ上で、ステップ 15e. からステップ 15g. を繰り返します。

i. ステップ 15e. からステップ 15h. を繰り返し、残りすべての Cisco Unified CM クラスタ内のすべての Cisco Unified CM サーバに対し、Cisco Unity サーバ ルート証明書をコピーします。

j. セキュリティのため、フロッピーディスク上の Cisco Unity サーバ ルート証明書は削除します。

k. Cisco Unity サーバの UTIM で、左ペインの最初のクラスタをクリックします。

l. [サーバ(Servers)] タブをクリックします。

m. [サーバの確認(Verify Servers)] をクリックし、Cisco Unified CM サーバへの接続を確認します。

テストに成功しない場合、セキュリティ ログの場所を示すダイアログボックスが表示され、ここにトラブルシューティング手順が示されます。トラブルシューティング後、接続を再度テストします。

n. 残りのすべてのクラスタ上で、ステップ 15k. からステップ 15m. を繰り返します。

o. [ツール(Tools)] メニューの [Unity の再起動(Restart Cisco Unity)] をクリックし、Cisco Unity サービスを再起動します。

p. UTIM を終了します。

ステップ 16 セキュア ネットワーク共有を使用して Cisco Unity サーバ ルート証明書をコピーしている場合、次の手順を実行します。

a. Cisco Unity サーバ上で、 CommServer¥SkinnyCerts ディレクトリに移動します。

b. ステップ 13 でメモした Cisco Unity サーバ ルート証明書ファイルを選択し、Ctrl+C キーを押します。

c. Cisco Unified CM サーバへのネットワーク共有を開き、ログインします。

d. Cisco Unified CM サーバ上の C:¥Program Files¥Cisco¥Certificates ディレクトリに移動します。

e. Ctrl+V キーを押して Cisco Unity サーバ ルート証明書ファイルを貼り付けます。

f. Cisco Unified CM サーバ上の Cisco CallManager サービスを再起動します。

g. クラスタ内の残りすべての Cisco Unified CM サーバ上で、ステップ 16c. からステップ 16f. を繰り返します。

h. ステップ 16c. からステップ 16g. を繰り返し、残りすべての Cisco Unified CM クラスタ内のすべての Cisco Unified CM サーバに対し、Cisco Unity サーバ ルート証明書をコピーします。

i. セキュリティのため、ネットワーク共有への接続を切断します。

j. UTIM で、左ペインの最初のクラスタをクリックします。

k. [サーバ(Servers)] タブをクリックします。

l. [サーバの確認(Verify Servers)] をクリックし、Cisco Unified CM サーバへの接続を確認します。

テストに成功しない場合、セキュリティ ログの場所を示すダイアログボックスが表示され、ここにトラブルシューティング手順が示されます。トラブルシューティング後、接続を再度テストします。

m. 残りのすべてのクラスタ上で、ステップ 16j. からステップ 16l. を繰り返します。

n. [ツール(Tools)] メニューの [Unity の再起動(Restart Cisco Unity)] をクリックし、Cisco Unity サービスを再起動します。

o. UTIM を終了します。