Cisco Unified Communications Manager SCCP インテグレーションガイド Cisco Unity Release 5.0
非連動電話システムの内線番号用の MWI
非連動電話システムの内線番号用の MWI
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

非連動電話システムの内線番号用の MWI

非連動電話システムの内線番号用 MWI の設定

非連動電話システムの内線番号用の MWI

Cisco Unity は、Cisco Unity と連動しておらず、2 台の電話システム連動の一方ではない電話システム(以下、非連動電話システムといいます)で、MWI をアクティブにすることができます。MWI アクティベーション要求は、RS-232 シリアル ケーブル経由で送信されます。

この方式では、次の設定を行う必要があります。

Cisco Unified Communications Manager と非連動電話システム間のゲートウェイを介したトランク接続

Cisco Unified CM の対応するファントム内線番号に対して応答なしの場合に転送する、非連動電話システムの一意のユーザ内線番号

Cisco Unity がシリアル ケーブルからアクセスして代行 MWI のオン/オフを切り替えることができるようにする Switch.ini ファイル(電話システムのコンフィギュレーション ファイル)

代行 MWI アクティベーション要求を送信するための、Cisco Unity のシリアル ポートと非連動電話システムのシリアル ポート間の RS-232 シリアル ケーブル

Cisco Unity シリアル コンフィギュレーション ファイル(非連動電話システムで使用するシリアル設定が、Cisco Unity で使用されるデフォルトのシリアル設定と異なる場合)

図B-1 に、Cisco Unified CM 連動と非連動電話システム間のシリアル ケーブルを経由する接続を示します。

図B-1 シリアル ケーブルを経由して Cisco Unified CM 連動から非連動電話システムに代行 MWI を送信するための接続

 

非連動電話システムから着信したユーザへの通話は、ゲートウェイを介して Cisco Unified CM に転送されます。

非連動電話システムの内線番号用 MWI の設定

非連動電話システムの内線番号用 MWI を設定するには、次の該当する手順を実行します。

非連動電話システムで MWI を設定する


ステップ 1 非連動電話システムと Cisco Unified CM 間のゲートウェイを介したトランク接続を設定します。

ステップ 2 Cisco Unity システム管理で、非連動電話システムの対応する内線番号からのユーザ情報を活用して、ファントム内線番号に関してユーザを次のとおり設定します。

ユーザの[ユーザ] >[プロファイル]ページの[内線番号]フィールドに、非連動電話システムの対応する内線番号を入力します。

ユーザの[ユーザ] >[着信転送]ページで、着信呼び出しを電話に転送する設定欄の [いいえ] をクリックします。

ユーザの[ユーザ] >[メッセージ]ページで、 [MWI 使用] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

ユーザの[ユーザ] >[メッセージ]ページにある[MWI 内線]の下で、「X」を削除して ZX と入力します。

ステップ 3 Cisco Unity システム管理で、 [保存] アイコンをクリックします。


 

Switch.ini ファイルを修正する


ステップ 1 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム] >[Unity] >[Manage Integrations] をクリックします。UTIM が表示されます。

ステップ 2 [UTIM]ウィンドウの左ペインで[CUCM/CCM]をクリックし、 [プロパティ] ノードをクリックします。[UTIM]ウィンドウの右ペインに[プロパティ]タブが表示されます。

ステップ 3 [コンフィギュレーション ファイル]フィールドに表示される Switch.ini ファイルの名前をメモします。

ステップ 4 UTIM を終了します。

ステップ 5 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム] >[アクセサリ] >[メモ帳] をクリックします。[メモ帳]ウィンドウが表示されます。

ステップ 6 [ファイル]メニューで、 [開く] をクリックします。

ステップ 7 [開く]ウィンドウで、 CommServer\IntLib ディレクトリを参照し、ステップ 3 でメモした Switch.ini ファイルの名前をダブルクリックします。

ステップ 8 ファイルの最後に新しいセクションを追加し、次の行を書き込みます。設定の詳細については、 表B-1 を参照してください。

[Alternate MWI]
Active=Yes
Digit=Z
MWIType=Serial
SerialConfiguration=<if applicable, the type of serial
configuration for the connection>
 

 

表B-1 Switch.ini ファイルでの代行 MWI の設定

設定

Active

Yes と入力して代行 MWI を有効にするか、 No と入力して代行 MWI を無効にします。

Digit

[ユーザ] >[ユーザ] >[メッセージ]ページの[MWI 内線]フィールドの LampOn 数値と LampOff 数値を表す Z を入力します。

MWIType

Serial と入力します。

SerialConfiguration

MWIType フィールドの値が Serial の場合は、シリアル設定のタイプを入力します。

SMDI (ほとんどのシリアル接続の場合)

MCI (NEC NEAX 電話システムの場合のみ)

Inte (Intecom E14 Millennium 電話システムの場合のみ)

Eric (Ericsson MD-110 電話システムの場合のみ)

ステップ 9 ファイルを保存してメモ帳を終了します。


 

非連動電話システムで使用されるシリアル設定が Cisco Unity で使用されるデフォルトのシリアル設定と異なる場合は、次の手順を実行します。

Cisco Unity シリアル コンフィギュレーション ファイルを修正する


ステップ 1 Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム] >[アクセサリ] >[メモ帳] をクリックします。[メモ帳]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [ファイル]メニューで、 [開く] をクリックします。

ステップ 3 [開く]ウィンドウで、 CommServer\IntLib ディレクトリを参照し、代行 MWI をアクティブにするために使用するシリアル設定の対応するファイルをダブルクリックします。

Avsmdi.avd

Avmci.avd

Avinte.avd

Averic.avd

ステップ 4 [Configuration]ディバイダの下で、非連動電話システムで必要な設定に適合するように設定値を修正します。この情報については、電話システムとそのマニュアルを参照してください。

ステップ 5 ファイルを保存してメモ帳を終了します。