Cisco Unified Communications Manager SCCP インテグレーションガイド Cisco Unity Release 5.0
Cisco Unity との Cisco Unified Communications Manager 6.0 SCCP 連動の設定
Cisco Unity との Cisco Unified Communications Manager 6.0 SCCP 連動の設定
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity との Cisco Unified Communications Manager 6.0 SCCP 連動の設定

SCCP を介した連動を作成するためのタスク リスト

要件

と連動させるための 電話システムのプログラミング

フェールオーバーなしの サーバまたは プライマリ サーバの場合

セカンダリ サーバの場合

との新しい連動の作成

追加の クラスタとの連動の作成

認証および暗号化の設定

Cisco Unity との Cisco Unified Communications Manager 6.0 SCCP 連動の設定

この章では、Cisco Unity との Cisco Unified Communications Manager 6.0 SCCP 連動の設定方法について説明します。この章は、次の項で構成されています。

「SCCP を介した連動を作成するためのタスク リスト」

「要件」

「Cisco Unity と連動させるための Cisco Unified CM 電話システムのプログラミング」

「Cisco Unified Communications Manager との新しい連動の作成」


) 分散電話システムでトランク全体に MWI リレーを設定する場合は、Cisco Unified CM のマニュアルを参照して、要件や手順を確認する必要があります。トランク全体に MWI リレーを設定する場合、Cisco Unity を設定する必要はありません。


SCCP を介した連動を作成するためのタスク リスト

Skinny Call Control Protocol(SCCP)を介して Cisco Unity を Cisco Unified CM と連動させるための次のタスクを実行する前に、該当する『Cisco Unity インストレーション ガイド』にあるタスクを実行して、Cisco Unity サーバが連動可能な状態にあることを確認します。該当する『Cisco Unity インストレーション ガイド』を使用して新しい Cisco Unity サーバをインストールする場合、次のタスクの一部はすでに完了していることがあります。

1. システムおよび装置の要件を再検討し、すべての電話システムおよび Cisco Unity サーバが要件を満たしていることを確認します。「要件」を参照してください。

2. Cisco Unity によるボイス メッセージ ポートの使用方法を計画します。 「Cisco Unity によるボイス メッセージ ポートの使用方法の計画」 の章を参照してください。

3. Cisco Unified CM をプログラムします。「Cisco Unity と連動させるための Cisco Unified CM 電話システムのプログラミング」を参照してください。

4. 連動を作成します。「Cisco Unified Communications Manager との新しい連動の作成」を参照してください。

5. 連動をテストします。 「連動のテスト」 の章を参照してください。

6. Cisco Unity フェールオーバー用セカンダリ サーバがある場合は、そのセカンダリ サーバを連動させます。 「Cisco Unity フェールオーバー用 セカンダリ サーバと Cisco Unified Communications Manager の連動」 の章を参照してください。

要件

Cisco Unified CM SCCP 連動では、次のコンポーネントの設定がサポートされています。

電話システム

Cisco Unified CM 6.0(x)。


) Cisco Unified Communications Manager Business Edition(CMBE) にインストールされた Cisco Unified CM は、Cisco Unity と連動できません。


Cisco Unified CM 内線番号に対応した次の電話機または電話機の組み合せ。

Cisco Unified CM 内線番号に対応した IP Phone のみ。

Cisco Unified CM サーバ上の Media Termination Point(MTP; メディア ターミネーション ポイント)を使用しない、Cisco Unified CM 内線番号に対応した IP Phone および SIP Phone の両方。

Cisco Unified CM サーバ上のメディア ターミネーション ポイント(MTP)を使用する、Cisco Unified CM 内線番号に対応した IP Phone および SIP Phone の両方。

該当する電話機をネットワークに接続する各場所の LAN 接続。

Cisco Unified CM クラスタが複数ある場合に、ユーザがトランク アクセス コードまたはプレフィックスをダイヤルすることなく、別の Cisco Unified CM クラスタの内線番号をダイヤルできる機能。

Cisco Unity サーバ

適切なバージョンの Cisco Unity。Cisco Unity の互換バージョンの詳細については、『 SCCP 互換性マトリクス:Cisco Unity、Cisco Unity-CM TSP、Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unified Communications Manager Express
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_device_support_tables_list.html )を参照してください。

インストールされ、連動可能な状態にある Cisco Unity。詳細については、該当する『Cisco Unity インストレーション ガイド』
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_installation_guides_list.html )を参照してください。

インストール済みの適切な Cisco Unity-CM TSP。TSP の互換バージョンの詳細については、『 SCCP 互換性マトリクス:Cisco Unity、Cisco Unity-CM TSP、Cisco Unified Communications Manager、Cisco Unified Communications Manager Express
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_device_support_tables_list.html )を参照してください。

適切な数のボイス メッセージ ポートを有効にするライセンス。

Cisco Unity と連動させるための Cisco Unified CM 電話システムのプログラミング

Cisco Unified CM ソフトウェアをインストールした後は、該当する項の手順を実行して、Cisco Unity と連動するように Cisco Unified CM をプログラムします。

フェールオーバーなしの Cisco Unity サーバ「フェールオーバーなしの Cisco Unity サーバまたは Cisco Unity プライマリ サーバの場合」にある手順を記載順に実行します。

Cisco Unity フェールオーバー プライマリ サーバ「フェールオーバーなしの Cisco Unity サーバまたは Cisco Unity プライマリ サーバの場合」にある手順を記載順に実行します。

Cisco Unity フェールオーバー セカンダリ サーバ「Cisco Unity セカンダリ サーバの場合」にある手順を記載順に実行します。

フェールオーバーなしの Cisco Unity サーバまたは Cisco Unity プライマリ サーバの場合

記載順に次の手順を実行します。

ボイスメール ポートを割り当てるパーティションおよびコーリング サーチ スペースを追加する


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [コールルーティング(Call Routing)] > [コントロールのクラス(Class of Control)] >[パーティション(Partition)] をクリックします。

ステップ 2 [パーティションの検索と一覧表示(Find and List Partitions)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 3 [パーティションの設定(Partition Configuration)]ページで、すべてのボイスメール ポート電話番号を割り当てるパーティションの適切な名前と説明を入力します。たとえば、「VMRestrictedPT」、「Partition for voice mail port directory numbers」と入力します。

ステップ 4 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 5 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 6 ハント パイロットを割り当てるパーティションの適切な名前と説明を入力します。このハント パイロットは、ボイスメール パイロット番号となります。たとえば、「VMPilotNumberPT」、「Partition for the voice mail pilot number」と入力します。

ステップ 7 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 8 [コールルーティング(Call Routing)] > [コントロールのクラス(Class of Control)] >[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)] をクリックします。

ステップ 9 [コーリングサーチスペースの検索と一覧表示(Find and List Calling Search Spaces)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 10 [コーリングサーチスペースの設定(Calling Search Space Configuration)]ページの[名前(Name)]フィールドに、ステップ 2ステップ 4 で作成したパーティションを割り当てるコーリング サーチ スペースの名前を入力します。たとえば、「VMRestrictedCSS」と入力します。

ステップ 11 オプションで、[説明(Description)]フィールドに、コーリング サーチ スペースの説明を入力します。たとえば、「Voice mail port directory numbers」と入力します。

ステップ 12 [使用可能なパーティション(Available Partitions)]フィールドで、ステップ 2ステップ 4 で作成したパーティションの名前をダブルクリックします。たとえば、「VMRestrictedPT」をダブルクリックします。

ステップ 13 [使用可能なパーティション(Available Partitions)]リストの下にある下向き矢印をクリックします。

パーティションの名前が[選択されたパーティション(Selected Partitions)]リストに表示されます。

ステップ 14 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 15 [コーリングサーチスペースの検索と一覧表示(Find and List Calling Search Spaces)]ページで、 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 16 ユーザの電話機で使用されるコーリング サーチ スペースの名前をクリックします。

ステップ 17 [コーリングサーチスペースの設定(Calling Search Space Configuration)]ページの[使用可能なパーティション(Available Partitions)]フィールドで、ステップ 5ステップ 7 で作成したパーティションの名前をダブルクリックします。たとえば、「VMPilotNumberPT」をダブルクリックします。


注意 ハント パイロット(ボイスメール パイロット番号となる)を含むパーティションが、ユーザの電話機で使用されるコーリング サーチ スペースに存在しない場合、その電話機は Cisco Unity サーバをダイヤルできません。

ステップ 18 [使用可能なパーティション(Available Partitions)]リストの下にある下向き矢印をクリックします。

パーティションの名前が[選択されたパーティション(Selected Partitions)]リストに表示されます。

ステップ 19 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 20 Cisco Unity にアクセスする必要がある残りすべてのコーリング サーチ スペースについて、ステップ 16ステップ 19 を繰り返します。


 


注意 アナンシエータをボイスメール ポートのデバイス プールと関連付けることはできません。関連付けた場合、特定の状況において、発信者がメッセージを録音している間にアナンシエータの録音またはトーンが再生される可能性があります。

ボイスメール ポートのデバイス プールを追加する


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [システム(System)] >[デバイスプール(Device Pool)] をクリックします。

ステップ 2 [デバイスプールの検索と一覧表示(Find and List Device Pools)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 3 [デバイスプール設定(Device Pool Configuration)]ページで、次に示すデバイス プールの設定を入力します。

 

表8-1 [デバイスプール設定(Device Pool Configuration)]ページの設定

フィールド
設定

デバイスプール名(Device Pool Name)

Cisco Unity Voice Mail Ports 、またはこのデバイス プールに関する別の説明を入力します。

Cisco Unified CallManager グループ(Cisco Unified CallManager Group)

このデバイス プールでボイスメール ポートに割り当てる Cisco Unified CallManager グループをクリックします。

日時グループ(Date/Time Group)

このデバイス プールでボイスメール ポートに割り当てる日時グループをクリックします。

リージョン(Region)

このデバイス プールでボイスメール ポートに割り当てる Cisco Unified CM リージョンをクリックします。

ソフトキーテンプレート(Softkey Template)

このデバイス プールでボイスメール ポートに割り当てるソフトキー テンプレートをクリックします。

SRST参照先(SRST Reference)

必要に応じて、このデバイス プールでボイスメール ポートに割り当てる Survivable Remote Site Telephony(SRST)参照先をクリックします。

ステップ 4 [保存(Save)] をクリックします。


 

次の手順では、Cisco Unity に接続するボイスメール ポートごとに、ボイスメール ポートを Cisco Unified CM に追加します。

ボイスメール ポートを Cisco Unified CM に追加する


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [ボイスメール(Voice Mail)] >[Ciscoボイスメールポートウィザード(Cisco Voice Mail Port Wizard)] をクリックします。

ステップ 2 [Ciscoボイスメールサーバ(Cisco Voice Mail Server)]ページに、ボイスメール サーバの名前が表示されます。ボイスメール サーバのデフォルト名をそのまま使用することをお勧めします。別の名前を使用する場合は、9 文字以下の名前にする必要があります。


注意 Cisco Unity にフェールオーバーを構成している場合、セカンダリ サーバで使用するボイスメール サーバ名およびボイスメール ポートは、プライマリ サーバで使用するボイスメール サーバ名およびボイスメール ポートと別にする必要があります。同じ設定にすると、セカンダリ サーバが正常に機能できなくなります。

ステップ 3 [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 4 [Ciscoボイスメールポート(Cisco Voice Mail Ports)]ページで、追加するボイスメール ポートの数をクリックし(Cisco Unity ライセンスによって有効になるボイスメール ポートの数を超えることはできません)、 [次へ(Next)] をクリックします。

Cisco Unity を Cisco Unified CM の複数のクラスタと連動させる場合、ここには、Cisco Unity と連動するすべてのクラスタのポート総数が、Cisco Unity ライセンスによって有効になるポート数を超えないよう、数字を入力する必要があります。

ステップ 5 [Ciscoボイスメールデバイス情報(Cisco Voice Mail Device Information)]ページで、次に示すボイスメール デバイスの設定を入力します。

 

表8-2 [Ciscoボイスメールデバイス情報(Cisco Voice Mail Device Information)]ページの設定

フィールド
設定

説明(Description)

Cisco Voice Mail Port 、またはボイスメール デバイスに関する別の説明を入力します。

デバイスプール(Device Pool)

ボイスメール ポート用に作成したデバイス プールの名前をクリックします。たとえば、[Cisco Unity Voice Mail Ports]をクリックします。

コーリングサーチスペース(Calling Search Space)

ユーザの電話機および必要なネットワーク デバイスへの通話を可能にするコーリング サーチ スペースの名前をクリックします。

コーリング サーチ スペースには、Cisco Unity が(着信転送、メッセージの到着通知、および MWI アクティベーションの実行時などに)アクセスする必要のあるデバイスすべてを含むパーティションを割り当てる必要があります。

AARコーリングサーチスペース(AAR Calling Search Space)

デフォルトの [なし(None)] をそのまま使用します。

ロケーション(Location)

デフォルトの [なし(None)] をそのまま使用します。

デバイスセキュリティモード(Device Security Mode)

ボイスメール ポートに使用するセキュリティ モードをクリックします。ボイスメール ポートの Cisco Unified CM 認証および暗号化を設定する方法の詳細については、付録 「Cisco Unity ボイス メッセージ ポートの Cisco Unified Communications Manager 認証および暗号化」 を参照してください。

ステップ 6 [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 7 [Ciscoボイスメール電話番号(Cisco Voice Mail Directory Numbers)]ページで、次に示すボイスメール電話番号の設定を入力します。

 

表8-3 [Ciscoボイスメール電話番号(Cisco Voice Mail Directory Numbers)]ページの設定

フィールド
設定

開始電話番号(Beginning Directory Number)

最初のボイスメール ポートの内線番号を入力します。

パーティション(Partition)

すべてのボイスメール ポート電話番号用に設定したパーティションの名前をクリックします。たとえば、「VMRestrictedPT」をクリックします。

コーリングサーチスペース(Calling Search Space)

すべてのボイスメール ポート電話番号を含むパーティションを割り当てるように設定したコーリング サーチ スペースの名前をクリックします(この設定については、「ボイスメール ポートを割り当てるパーティションおよびコーリング サーチ スペースを追加する」ステップ 9 を参照してください)。たとえば、「VMRestrictedCSS」をクリックします。

このコーリング サーチ スペースはユーザの電話機では使用されないため、ユーザはボイスメール ポートをダイヤルできません。ただし、ユーザはボイスメール パイロット番号をダイヤルできます。

AARグループ(AAR Group)

ボイスメール ポートの自動代替ルーティング(AAR)グループをクリックします。AAR グループは、帯域幅不足が原因でブロックされた通話を転送するために使用されるプレフィックス番号を提供します。 [なし(None)] をクリックした場合、ブロックされた通話の再転送は試行されません。

内線発信者ID表示(Internal Caller ID Display)

デフォルトの [ボイスメール(Voicemail)] をそのまま使用します(このテキストは、パイロット番号のダイヤル時に電話機に表示されます)。


注意 Cisco Unity にフェールオーバーを構成している場合は、このフィールドのデフォルト設定を変更しないでください。変更すると、連動が正常に機能しなくなります。

内線発信者ID表示(Internal Caller ID Display)
(ASCII 形式)

デフォルトの [ボイスメール(Voicemail)] をそのまま使用します(このテキストは、パイロット番号のダイヤル時に電話機に表示されます)。


注意 Cisco Unity にフェールオーバーを構成している場合は、このフィールドのデフォルト設定を変更しないでください。変更すると、連動が正常に機能しなくなります。

外線番号マスク(External Number Mask)

このフィールドは、空白のままにするか、外線(発信)通話の発信者 ID 情報をフォーマットするのに使用するマスクを指定します。マスクには、最大 50 文字を指定できます。発信者 ID 情報に表示する数字列を入力し、デバイスの電話番号の各桁に対応する X を入力します。

ステップ 8 [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 9 [これらの電話番号を回線グループに追加しますか?(Do You Want to Add These Directory Numbers to a Line Group)]ページで、 [いいえ。後から追加します。(No, I Will Add Them Later)] をクリックし、 [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 10 [Ciscoボイスメールポートを追加する準備ができました(Ready to Add Cisco Voice Mail Ports)]ページで、ボイスメール ポートの設定が正しいことを確認し、 [終了(Finish)] をクリックします。

設定に誤りがある場合は、 [戻る(Back)] をクリックし、正しい設定を入力します。


 

ボイスメール ポートを回線グループに追加する


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [コールルーティング(Call Routing)] > [ルート/ハント(Rout/Hunt)] >[回線グループ(Line Group)] をクリックします。

ステップ 2 [回線グループの検索と一覧表示(Find and List Line Groups)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

この回線グループには、通話に応答するボイスメール ポートの電話番号を割り当てます。発信専用(たとえば、MWI を設定する)ボイスメール ポートの電話番号は、この回線グループに割り当てないでください。

ステップ 3 [回線グループの設定(Line Group Configuration)]ページで、次の設定を入力します。

 

表8-4 応答ポートに関する[回線グループの設定(Line Group Configuration)]ページの設定

フィールド
設定

回線グループ名(Line Group Name)

Cisco Unity フェールオーバーなし: Cisco Unity Answering Ports 、または回線グループの別の固有名を入力します。

プライマリ フェールオーバー サーバ: Cisco Unity Primary Answering Ports 、または回線グループの別の固有名を入力します。

RNA復帰タイムアウト(RNA Reversion Timeout)

デフォルトの [10] をそのまま使用します。

分配アルゴリズム(Distribution Algorithm)

デフォルトの [優先度順(Top Down)] をそのまま使用します。

応答なし(No Answer)

Cisco Unity フェールオーバーなし:デフォルトの [次のメンバへ、その後ハントリスト内の次のグループへ(Try Next Member; Then, Try Next Group in Hunt List)] をそのまま使用します。

プライマリ フェールオーバー サーバ: [残りのメンバにハントせず、すぐに次のグループへ(Skip Remaining Members, and Go Directly to Next Group)] をクリックします。

話し中(Busy)

Cisco Unity フェールオーバーなし:デフォルトの [次のメンバへ、その後ハントリスト内の次のグループへ(Try Next Member; Then, Try Next Group in Hunt List)] をそのまま使用します。

プライマリ フェールオーバー サーバ: [次のメンバへ、ただし次のグループにはハントしない(Try Next Member, but Do Not Go to Next Group)] をクリックします。

使用不可(Not Available)

Cisco Unity フェールオーバーなし:デフォルトの [次のメンバへ、その後ハントリスト内の次のグループへ(Try Next Member; Then, Try Next Group in Hunt List)] をそのまま使用します。

プライマリ フェールオーバー サーバ: [残りのメンバにハントせず、すぐに次のグループへ(Skip Remaining Members, and Go Directly to Next Group)] をクリックします。

ステップ 4 [回線グループメンバ情報(Line Group Member Information)]の[パーティション(Partition)]リストで、すべてのボイスメール ポート電話番号用に設定したパーティションの名前をクリックします。たとえば、「VMRestrictedPT」をクリックします。

ステップ 5 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 6 [使用可能DN/ルートパーティション(Available DN/Route Partition)]リストで、通話に応答するボイスメール ポートの最初の電話番号をクリックし、 [回線グループに追加(Add to Line Group)] をクリックします。


注意 [選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)]リスト内の電話番号は、最も小さな番号を先頭にして、番号順に表示されている必要があります。この条件が満たされない場合、連動は正常に機能しません。

ステップ 7 通話に応答するボイスメール ポートの残りすべての電話番号について、ステップ 6 を繰り返します。


注意 発信専用(たとえば、MWI を設定する)ボイスメール ポートの電話番号は割り当てないでください。この条件が満たされない場合、連動は正常に機能しません。

ステップ 8 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 9 発信専用(通話に応答しない)ボイスメール ポートを使用する場合は、ステップ 10ステップ 16 を実行します。

使用しない場合は、残りの手順をスキップし、「回線グループをハント リストに追加する」に進みます。

ステップ 10 [新規追加(Add New)] をクリックします。

この回線グループには、発信専用ボイスメール ポートの電話番号を割り当てます。通話に応答するボイスメール ポートの電話番号は、この回線グループに割り当てないでください。

ステップ 11 [回線グループの設定(Line Group Configuration)]ページで、次の設定を入力します。

 

表8-5 発信ポートに関する[回線グループの設定(Line Group Configuration)]ページの設定

フィールド
設定

回線グループ名(Line Group Name)

Cisco Unity フェールオーバーなし: Cisco Unity Dial-Out Ports 、または別の固有名を入力します。

プライマリ フェールオーバー サーバ: Cisco Unity Primary Dial-Out Ports 、または別の固有名を入力します。

RNA復帰タイムアウト(RNA Reversion Timeout)

デフォルトの [10] をそのまま使用します。

分配アルゴリズム(Distribution Algorithm)

デフォルトの [優先度順(Top Down)] をそのまま使用します。

応答なし(No Answer)

[ハント中止(Stop Hunting)] をクリックします。

話し中(Busy)

[ハント中止(Stop Hunting)] をクリックします。

使用不可(Not Available)

[ハント中止(Stop Hunting)] をクリックします。

ステップ 12 [回線グループメンバ情報(Line Group Member Information)]の[パーティション(Partition)]リストで、すべてのボイスメール ポート電話番号用に設定したパーティションの名前をクリックします。たとえば、「VMRestrictedPT」をクリックします。

ステップ 13 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 14 [使用可能DN/ルートパーティション(Available DN/Route Partition)]リストで、発信専用ボイスメール ポートの最初の電話番号をクリックし、 [回線グループに追加(Add to Line Group)] をクリックします。


注意 [選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)]リスト内の電話番号は、最も小さな番号を先頭にして、番号順に表示されている必要があります。この条件が満たされない場合、連動は正常に機能しません。

ステップ 15 残りすべての発信専用ボイスメール ポートについて、ステップ 14 を繰り返します。


注意 通話に応答するボイスメール ポートの電話番号は割り当てないでください。この条件が満たされない場合、連動は正常に機能しません。

ステップ 16 [保存(Save)] をクリックします。


 

回線グループをハント リストに追加する


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [コールルーティング(Call Routing)] > [ルート/ハント(Route/Hunt)] >[ハントリスト(Hunt List)] をクリックします。

ステップ 2 [ハントリストの検索と一覧表示(Find and List Hunt Lists)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 3 [ハントリストの設定(Hunt List Configuration)]ページで、次に示すハント リストの設定を入力します。

 

表8-6 応答ポートに関する[ハントリストの設定(Hunt List Configuration)]ページの設定

フィールド
設定

ハントリスト名(Hunt List Name)

Cisco Unity Answering Ports 、またはハント リストの別の固有名を入力します。

説明(Description)

Cisco Unity ports that answer calls 、または別の説明を入力します。

Cisco Unified CallManager グループ(Cisco Unified CallManager Group)

[デフォルト(Default)] または使用する Cisco Unified CallManager グループの名前をクリックします。

このハントリストを有効にする(Enable This Hunt List)

このチェックボックスをオンにします。

ボイスメール用(For Voice Mail Usage)

このチェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 5 [ハントリストメンバ情報(Hunt List Member Information)]で、 [回線グループの追加(Add Line Group)] をクリックします。

ステップ 6 [ハントリスト詳細の設定(Hunt List Detail Configuration)]ページの[回線グループ(Line Group)]リストで、通話に応答するボイスメール ポートの電話番号用に作成した回線グループをクリックし、 [保存(Save)] をクリックします。


注意 ハント リストには、Cisco Unity が発信時に使用するボイスメール ポートを含む回線グループを割り当てないでください。この条件が満たされない場合、連動は正常に機能しません。

ステップ 7 回線グループが挿入されたことを示すメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 8 [ハントリストの設定(Hunt List Configuration)]ページで、 [リセット(Reset)] をクリックします。

ステップ 9 ハント リストをリセットするかどうか確認を求められたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 10 ハント リストがリセットされたことを示すメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。


 

ハント リストをハント パイロット番号に追加する


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [コールルーティング(Call Routing)] > [ルート/ハント(Route/Hunt)] >[ハントパイロット(Hunt Pilot)] をクリックします。

ステップ 2 [ハントパイロットの検索と一覧表示(Find and List Hunt Pilots)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 3 [ハントパイロットの設定(Hunt Pilot Configuration)]ページで、次に示すハント パイロットの設定を入力します。

 

表8-7 [ハントパイロットの設定(Hunt Pilot Configuration)]ページの設定

フィールド
設定

ハントパイロット(Hunt Pilot)

ボイスメール ポートのハント パイロット番号を入力します。ハント パイロット番号は、ボイスメール ポートの内線番号とは異なるものにする必要があります。

ハント パイロット番号は、ユーザがボイス メッセージを聞くときに入力する内線番号です。

パーティション(Partition)

ボイスメール パイロット番号用に設定したパーティションの名前をクリックします。たとえば、「VMPilotNumberPT」をクリックします。

説明(Description)

Cisco Unity Hunt Pilot 、または別の説明を入力します。

番号計画(Numbering Plan)

デフォルト設定をそのまま使用するか、またはシステムに設定した番号計画をクリックします。

ルートフィルタ(Route Filter)

[なし(None)] をクリックするか、またはシステムに設定したルート フィルタの名前をクリックします。

MLPP優先度(MLPP Precedence)

デフォルト設定をそのまま使用するか、または別の設定をクリックします。

ハントリスト(Hunt List)

通話に応答するボイスメール ポートのハント リストをクリックします。このリストは、「回線グループをハント リストに追加する」で設定したものです。

外部ダイヤルトーンの提供(Provide Outside Dial Tone)

チェックボックスをオフにします。

ステップ 4 [保存(Save)] をクリックします。


 

MWI の電話番号を指定する


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [ボイスメール(Voice Mail)] >[メッセージ受信ランプ(Message Waiting)] をクリックします。

ステップ 2 [メッセージ受信番号の検索と一覧表示(Find and List Message Waiting Numbers)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 3 [メッセージ受信の設定(Message Waiting Configuration)]ページで、次に示す MWI をオンにするための設定を入力します。

 

表8-8 MWI をオンにするための設定

フィールド
設定

メッセージ受信番号(Message Waiting Number)

MWI をオンにする一意の内線番号を入力します。

パーティション(Partition)

ボイスメール パイロット番号用に設定したパーティションの名前をクリックします。たとえば、「VMPilotNumberPT」をクリックします。

説明(Description)

DN to turn MWIs on 、または別の説明を入力します。

メッセージ受信インジケータ(Message Waiting Indicator)

[オン(On)] をクリックします。

コーリングサーチスペース(Calling Search Space)

ユーザの電話機で使用されるコーリング サーチ スペースをクリックします。

ステップ 4 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 5 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 6 次に示す MWI をオフにするための設定を入力します。

 

表8-9 MWI をオフにするための設定

フィールド
設定

メッセージ受信番号(Message Waiting Number)

MWI をオフにする一意の内線番号を入力します。

パーティション(Partition)

ボイスメール パイロット番号用に設定したパーティションの名前をクリックします。たとえば、「VMPilotNumberPT」をクリックします。

説明(Description)

DN to turn MWIs off 、または別の説明を入力します。

メッセージ受信インジケータ(Message Waiting Indicator)

[オフ(Off)] をクリックします。

コーリングサーチスペース(Calling Search Space)

ユーザの電話機で使用されるコーリング サーチ スペースをクリックします。

ステップ 7 [保存(Save)] をクリックします。


 

次の手順では、ボイスメール パイロット番号を追加します。この番号は、ユーザがボイス メッセージを聞くときにダイヤルする内線番号です。Cisco IP Phone では、メッセージ ボタンを押すと、ボイスメール パイロット番号が自動的にダイヤルされます。

ボイスメール ポートのボイスメール パイロット番号を追加する


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [ボイスメール(Voice Mail)] >[ボイスメールパイロット(Voice Mail Pilot)] をクリックします。

ステップ 2 [ボイスメールパイロットの検索と一覧表示(Find and List Voice Mail Pilots)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 3 [ボイスメールパイロットの設定(Voice Mail Pilot Configuration)]ページで、次に示すボイスメール パイロット番号の設定を入力します。

 

表8-10 [ボイスメールパイロットの設定(Voice Mail Pilot Configuration)]ページの設定

フィールド
設定

ボイスメールパイロット番号(Voice Mail Pilot Number)

ユーザがボイス メッセージを聞くときにダイヤルするボイスメール パイロット番号を入力します。この番号は、以前の手順でボイスメール ポートを追加するときに入力したハント パイロット番号と一致している必要があります。

コーリングサーチスペース(Calling Search Space)

ユーザの電話機を割り当てたパーティションとボイスメール パイロット番号用に設定したパーティションを含むコーリング サーチ スペースをクリックします。

説明(Description)

Cisco Unity Pilot 、または別の説明を入力します。

システムのデフォルトボイスメールパイロットに設定(Make This the Default Voice Mail Pilot for the System)

このチェックボックスをオンにします。チェックボックスをオンにすると、現在のデフォルト パイロット番号が、このボイスメール パイロット番号に置き換わります。

ステップ 4 [保存(Save)] をクリックします。


 

ボイスメール プロファイルを設定する


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [ボイスメール(Voice Mail)] >[ボイスメールプロファイル(Voice Mail Profile)] をクリックします。

ステップ 2 [ボイスメールプロファイルの検索と一覧表示(Find and List Voice Mail Profiles)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

ステップ 3 [ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)]ページで、次に示すボイスメール プロファイルの設定を入力します。

 

表8-11 [ボイスメールプロファイルの設定(Voice Mail Profile Configuration)]ページの設定

フィールド
設定

ボイスメールプロファイル名(Voice Mail Profile Name)

ボイスメール プロファイルを識別する名前を入力します。

説明(Description)

Cisco Unity Profile 、または別の説明を入力します。

ボイスメールパイロット(Voice Mail Pilot)

次のどちらかをクリックします。

[ボイスメールパイロットの設定(Voice Mail Pilot Configuration)]ページで定義した適切なボイスメール パイロット番号

デフォルトを使用(Use Default)

ボイスメールボックスマスク(Voice Mail Box Mask)

マルチテナント サービスが Cisco Unified CM で有効になっていない場合は、このフィールドを空白のままにします。

マルチテナント サービスが有効になっている場合、各テナントは、独自のボイスメール プロファイルを使用します。また、他のテナントと共有する各パーティションに、内線番号(電話番号)を識別するためのマスクを作成する必要があります。たとえば、あるテナントがマスク 972813XXXX を使用し、別のテナントがマスク 214333XXXX を使用することができます。また、各テナントは、MWI にも独自のトランスレーション パターンを使用します。

これをシステムのデフォルトボイスメールプロファイルに設定(Make This the Default Voice Mail Profile for the System)

このボイスメール プロファイルをデフォルトにするには、このチェックボックスをオンにします。

チェックボックスをオンにすると、現在のデフォルト ボイスメール プロファイルが、このボイスメール プロファイルに置き換わります。

ステップ 4 [保存(Save)] をクリックします。


 

ボイスメール サーバのサービス パラメータを設定する


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [サービス(Service)] >[サービスパラメータ(Service Parameters)] をクリックします。

ステップ 2 [サービスパラメータ設定(Service Parameters Configuration)]ページの[サーバ(Server)]フィールドで、Cisco Unified CM サーバの名前をクリックします。

ステップ 3 [サービス(Service)]リストで、 [Cisco CallManager] をクリックします。パラメータのリストが表示されます。

ステップ 4 [Clusterwide Parameters (Feature - General)]で、Multiple Tenant MWI Modes パラメータを見つけます。

ステップ 5 マルチプル テナント MWI 通知を使用する場合は、 [True] をクリックします。

このパラメータを[True]に設定した場合、Cisco Unified CM は、MWI のオンとオフを切り替えるときに、任意の設定済みトランスレーション パターンを使用して、ボイスメール内線番号を電話番号に変換します。

ステップ 6 いずれかの設定を変更した場合は、 [更新(Update)] をクリックします。次に、Cisco Unified CM サーバをシャットダウンしてから再起動します。


 

Cisco Unity システムにフェールオーバーを構成していない場合は、「Cisco Unified Communications Manager との新しい連動の作成」に進みます。システムでフェールオーバーを使用する場合は、「Cisco Unity セカンダリ サーバの場合」に進みます。

Cisco Unity セカンダリ サーバの場合

セカンダリ Cisco Unity サーバ用に Cisco Unified CM を設定する場合は、次の手順を記載順に実行します。

次の手順では、セカンダリ Cisco Unity サーバに接続するポートごとに、ボイスメール ポートを Cisco Unified CM に追加します。

ボイスメール ポートを Cisco Unified CM に追加する(セカンダリ Cisco Unity サーバ)


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [ボイスメール(Voice Mail)] >[Ciscoボイスメールポートウィザード(Cisco Voice Mail Port Wizard)] をクリックします。

ステップ 2 [Ciscoボイスメールサーバ(Cisco Voice Mail Server)]ページに、ボイスメール サーバの名前が表示されます。ボイスメール サーバの固有名を入力します。名前は、9 文字以下にする必要があります。


注意 セカンダリ サーバで使用するボイスメール サーバ名およびボイスメール ポートは、プライマリ サーバで使用するボイスメール サーバ名およびボイスメール ポートと別にする必要があります。同じ設定にすると、セカンダリ サーバが正常に機能できなくなります。

ステップ 3 [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 4 [Ciscoボイスメールポート(Cisco Voice Mail Ports)]ページで、追加するボイスメール ポートの数をクリックし(Cisco Unity ライセンスによって有効になるボイスメール ポートの数を超えることはできません)、 [次へ(Next)] をクリックします。

Cisco Unity を Cisco Unified CM の複数のクラスタと連動させる場合、ここには、Cisco Unity と連動するすべてのクラスタのポート総数が、Cisco Unity ライセンスによって有効になるポート数を超えないよう、数字を入力する必要があります。

ステップ 5 [Ciscoボイスメールデバイス情報(Cisco Voice Mail Device Information)]ページで、次に示すボイスメール デバイスの設定を入力します。

 

表8-12 [Ciscoボイスメールデバイス情報(Cisco Voice Mail Device Information)]ページの設定

フィールド
設定

説明(Description)

Cisco Voice Mail Secondary Port 、または別の説明を入力します。

デバイスプール(Device Pool)

ボイスメール ポート用に作成したデバイス プールの名前をクリックします。たとえば、[Cisco Unity Voice Mail Ports]をクリックします。

コーリングサーチスペース(Calling Search Space)

ユーザの電話機および必要なネットワーク デバイスへの通話を可能にするコーリング サーチ スペースの名前をクリックします。

コーリング サーチ スペースには、Cisco Unity が(着信転送、メッセージの到着通知、および MWI アクティベーションの実行時などに)アクセスする必要のあるデバイスすべてを含むパーティションを割り当てる必要があります。

AARコーリングサーチスペース(AAR Calling Search Space)

デフォルトの [なし(None)] をそのまま使用します。

ロケーション(Location)

デフォルトの [なし(None)] をそのまま使用します。

デバイスセキュリティモード(Device Security Mode)

ボイスメール ポートに使用するセキュリティ モードをクリックします。ボイスメール ポートの Cisco Unified CM 認証および暗号化を設定する方法の詳細については、付録 「Cisco Unity ボイス メッセージ ポートの Cisco Unified Communications Manager 認証および暗号化」 を参照してください。

ステップ 6 [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 7 [Ciscoボイスメール電話番号(Cisco Voice Mail Directory Numbers)]ページで、次に示すボイスメール電話番号の設定を入力します。

 

表8-13 [Ciscoボイスメール電話番号(Cisco Voice Mail Directory Numbers)]ページの設定

フィールド
設定

開始電話番号(Beginning Directory Number)

セカンダリ Cisco Unity サーバに接続する最初のボイスメール ポートの内線番号を入力します。

パーティション(Partition)

すべてのボイスメール ポート電話番号用に設定したパーティションの名前をクリックします。たとえば、「VMRestrictedPT」をクリックします。

コーリングサーチスペース(Calling Search Space)

すべてのボイスメール ポート電話番号を含むパーティションを割り当てるように設定したコーリング サーチ スペースの名前をクリックします(この設定については、「ボイスメール ポートを割り当てるパーティションおよびコーリング サーチ スペースを追加する」ステップ 9 を参照してください)。たとえば、「VMRestrictedCSS」をクリックします。

このコーリング サーチ スペースはユーザの電話機では使用されないため、ユーザはボイスメール ポートをダイヤルできません。ただし、ユーザはボイスメール パイロット番号をダイヤルできます。

AARグループ(AAR Group)

ボイスメール ポートの自動代替ルーティング(AAR)グループをクリックします。AAR グループは、帯域幅不足が原因でブロックされた通話を転送するために使用されるプレフィックス番号を提供します。 [なし(None)] をクリックした場合、ブロックされた通話の再転送は試行されません。

内線発信者ID表示(Internal Caller ID Display)

デフォルトの [ボイスメール(Voicemail)] をそのまま使用します。

このテキストは、パイロット番号のダイヤル時に電話機に表示されます。

内線発信者ID表示(Internal Caller ID Display)
(ASCII 形式)

デフォルトの [ボイスメール(Voicemail)] をそのまま使用します。

このテキストは、パイロット番号のダイヤル時に電話機に表示されます。

外線番号マスク(External Number Mask)

このフィールドは、空白のままにするか、外線(発信)通話の発信者 ID 情報をフォーマットするのに使用するマスクを指定します。マスクには、最大 50 文字を指定できます。発信者 ID 情報に表示する数字列を入力し、デバイスの電話番号の各桁に対応する X を入力します。

ステップ 8 [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 9 [これらの電話番号を回線グループに追加しますか?(Do You Want to Add These Directory Numbers to a Line Group)]ページで、 [いいえ。後から追加します。(No, I Will Add Them Later)] をクリックし、 [次へ(Next)] をクリックします。

ステップ 10 [Ciscoボイスメールポートを追加する準備ができました(Ready to Add Cisco Voice Mail Ports)]ページで、ボイスメール ポートの設定が正しいことを確認し、 [終了(Finish)] をクリックします。

設定に誤りがある場合は、 [戻る(Back)] をクリックし、正しい設定を入力します。


 

ボイスメール ポートを回線グループに追加する(セカンダリ Cisco Unity サーバ)


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [コールルーティング(Call Routing)] > [ルート/ハント(Route/Hunt)] >[回線グループ(Line Group)] をクリックします。

ステップ 2 [回線グループの検索と一覧表示(Find and List Line Groups)]ページで、 [新規追加(Add New)] をクリックします。

この回線グループには、通話に応答するボイスメール ポートの電話番号を割り当てます。発信専用(たとえば、MWI を設定する)ボイスメール ポートの電話番号は、この回線グループに割り当てないでください。

ステップ 3 [回線グループの設定(Line Group Configuration)]ページで、次の設定を入力します。

 

表8-14 応答ポートに関する[回線グループの設定(Line Group Configuration)]ページの設定

フィールド
設定

回線グループ名(Line Group Name)

Cisco Unity Answering Ports 、または回線グループの別の固有名を入力します。

RNA復帰タイムアウト(RNA Reversion Timeout)

デフォルトの [10] をそのまま使用します。

分配アルゴリズム(Distribution Algorithm)

デフォルトの [優先度順(Top Down)] をそのまま使用します。

応答なし(No Answer)

[次のメンバへ、ただし次のグループにはハントしない(Try Next Member, but Do Not Go to Next Group)] をクリックします。

話し中(Busy)

[次のメンバへ、ただし次のグループにはハントしない(Try Next Member, but Do Not Go to Next Group)] をクリックします。

使用不可(Not Available)

[次のメンバへ、ただし次のグループにはハントしない(Try Next Member, but Do Not Go to Next Group)] をクリックします。

ステップ 4 [回線グループメンバ情報(Line Group Member Information)]の[パーティション(Partition)]リストで、すべてのボイスメール ポート電話番号用に設定したパーティションの名前をクリックします。たとえば、「VMRestrictedPT」をクリックします。

ステップ 5 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 6 [使用可能DN/ルートパーティション(Available DN/Route Partition)]リストで、通話に応答するボイスメール ポートの最初の電話番号をクリックし、 [回線グループに追加(Add to Line Group)] をクリックします。


注意 [選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)]リスト内の電話番号は、最も小さな番号を先頭にして、番号順に表示されている必要があります。この条件が満たされない場合、連動は正常に機能しません。

ステップ 7 通話に応答するボイスメール ポートの残りすべての電話番号について、ステップ 6 を繰り返します。


注意 発信専用(たとえば、MWI を設定する)ボイスメール ポートの電話番号は割り当てないでください。この条件が満たされない場合、連動は正常に機能しません。

ステップ 8 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 9 発信専用(通話に応答しない)ボイスメール ポートを使用する場合は、ステップ 10ステップ 16 を実行します。

使用しない場合は、残りの手順をスキップし、「回線グループをハント リストに追加する(セカンダリ Cisco Unity サーバ)」に進みます。

ステップ 10 [新規追加(Add New)] をクリックします。

この回線グループには、発信専用ボイスメール ポートの電話番号を割り当てます。通話に応答するボイスメール ポートの電話番号は、この回線グループに割り当てないでください。

ステップ 11 [回線グループの設定(Line Group Configuration)]ページで、次の設定を入力します。

 

表8-15 発信ポートに関する[回線グループの設定(Line Group Configuration)]ページの設定

フィールド
設定

回線グループ名(Line Group Name)

Cisco Unity Secondary Dial-Out Ports 、または別の固有名を入力します。

RNA復帰タイムアウト(RNA Reversion Timeout)

デフォルトの [10] をそのまま使用します。

分配アルゴリズム(Distribution Algorithm)

デフォルトの [優先度順(Top Down)] をそのまま使用します。

応答なし(No Answer)

[ハント中止(Stop Hunting)] をクリックします。

話し中(Busy)

[ハント中止(Stop Hunting)] をクリックします。

使用不可(Not Available)

[ハント中止(Stop Hunting)] をクリックします。

ステップ 12 [回線グループメンバ情報(Line Group Member Information)]の[パーティション(Partition)]リストで、すべてのボイスメール ポート電話番号用に設定したパーティションの名前をクリックします。たとえば、「VMRestrictedPT」をクリックします。

ステップ 13 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 14 [使用可能DN/ルートパーティション(Available DN/Route Partition)]リストで、発信専用ボイスメール ポートの最初の電話番号をクリックし、 [回線グループに追加(Add to Line Group)] をクリックします。


注意 [選択されたDN/ルートパーティション(Selected DN/Route Partition)]リスト内の電話番号は、最も小さな番号を先頭にして、番号順に表示されている必要があります。この条件が満たされない場合、連動は正常に機能しません。

ステップ 15 残りすべての発信専用ボイスメール ポートについて、ステップ 14 を繰り返します。


注意 通話に応答するボイスメール ポートの電話番号は割り当てないでください。この条件が満たされない場合、連動は正常に機能しません。

ステップ 16 [保存(Save)] をクリックします。


 

回線グループをハント リストに追加する(セカンダリ Cisco Unity サーバ)


ステップ 1 Cisco Unified CM の管理ページで、 [コールルーティング(Call Routing)] > [ルート/ハント(Route/Hunt)] >[ハントリスト(Hunt List)] をクリックします。

ステップ 2 [ハントリストの検索と一覧表示(Find and List Hunt Lists)]ページでハント リストが表示されない場合は、 [検索(Find)] をクリックします。

表示された場合は、ステップ 3 に進みます。

ステップ 3 [ハントリスト名(Hunt List Name)]の下で、通話に応答するボイスメール ポート用に作成したハント リストをクリックします。たとえば、「Cisco Unity Answering Ports」をクリックします。

ステップ 4 [ハントリストの設定(Hunt List Configuration)]ページの[ハントリストメンバ情報(Hunt List Member Information)]の下で、 [回線グループの追加(Add Line Group)] をクリックします。

ステップ 5 [ハントリスト詳細の設定(Hunt List Detail Configuration)]ページの[回線グループ(Line Group)]リストで、通話に応答するセカンダリ サーバのボイスメール ポートの電話番号用に作成した回線グループをクリックします(たとえば、「Cisco Unity Secondary Answer Ports」をクリックします)。 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 6 回線グループが挿入されたことを示すメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 7 [ハントリストの設定(Hunt List Configuration)]ページで、 [リセット(Reset)] をクリックします。

ステップ 8 ハント リストをリセットするかどうか確認を求められたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 9 ハント リストがリセットされたことを示すメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。


 

Cisco Unified Communications Manager との新しい連動の作成

Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity が連動可能な状態にあることを確認したら、次の手順を実行して、連動を設定し、ポート設定を入力します。

次の点に注意してください。

複数クラスタ :Cisco Unified CM の複数のクラスタと連動していて、すでに最初のクラスタとの連動を作成した場合は、追加クラスタごとに Cisco Unity を連動させる必要があります。「UTIM クラスタを Cisco Unified Communications Manager 連動に追加する」 に移動します。

トランク全体での MWI リレー :分散電話システムでトランク全体に MWI リレーを設定する場合は、Cisco Unified CM のマニュアルを参照して、要件や手順を確認する必要があります。トランク全体に MWI リレーを設定する場合、Cisco Unity を設定する必要はありません。

連動を作成する


ステップ 1 UTIM がまだ開かれていない場合は、Cisco Unity サーバの Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム] >[Unity] >[Manage Integrations] をクリックします。UTIM が表示されます。

ステップ 2 [UTIM]ウィンドウの左ペインで、 [Cisco Unity サーバ] をクリックします。

ステップ 3 [UTIM]ウィンドウの[連動方式]メニューで、 [新規] をクリックします。テレフォニー連動セットアップ ウィザードが表示されます。

ステップ 4 [ようこそ]ページで、 [SCCP(CUCM/CCM と CUCME/CCME 専用)] をクリックし、 [次へ] をクリックします。

ステップ 5 [CUCM/CCM 連動とクラスタに名前を付けてください。]ページで [次へ] をクリックします。

 

表8-16 [CUCM/CCM 連動とクラスタに名前を付けてください。]ページの設定

フィールド
設定

連動名

この Cisco Unified CM 連動を識別するために使用する名前を入力します。デフォルト名をそのまま使用するか、別の名前を入力します。

クラスタ名

この Cisco Unified CM クラスタを識別するために使用する名前を入力します。デフォルト名をそのまま使用するか、別の名前を入力します。

ステップ 6 [CUCM/CCM IP アドレスとポートを入力してください。]ページで次の設定を入力し、 [次へ] をクリックします。

 

表8-17 [CUCM/CCM IP アドレスとポートを入力してください。]ページの設定

フィールド
設定

IP アドレス/名前

Cisco Unity と連動させるプライマリ Cisco Unified CM サーバの IP アドレス(またはホスト名)を入力します。Cisco Unified CM クラスタに接続する場合は、サブスクライバ Cisco Unified CM サーバの IP アドレス(または DNS 名)を入力するようお勧めします。

TCP ポート

Cisco Unity に接続する Cisco Unified CM サーバの TCP ポートを入力します。デフォルト設定を使用することをお勧めします。

[サーバへの Ping] をクリックして IP アドレスが正しいことを確認できます。

ステップ 7 [フェールオーバー用のセカンダリ サーバを入力してください。]ページの[IP アドレス/名前]フィールドに、クラスタに含まれる残りのサブスクライバ Cisco Unified CM サーバすべて、およびパブリッシャ Cisco Unified CM サーバの IP アドレス(または DNS 名)とポートを入力します。それぞれの値を入力した後に [追加] をクリックすると、すべてのセカンダリ サーバの IP アドレスがリストに表示されます。クラスタ内の Cisco Unified CM サーバが 1 つだけの場合は、このページを空白のままにします。

リストの先頭に表示されるサブスクライバ Cisco Unified CM サーバがフェールオーバー中の通話処理機能を引き継ぐ最初のサーバ、パブリッシャ Cisco Unified CM サーバが最後のサーバになるよう、サブスクライバ Cisco Unified CM サーバの IP アドレスを降順に表示する必要があります。

[サーバへの Ping] をクリックして IP アドレスが正しいことを確認できます。

ステップ 8 フェールオーバーが修正された後、Cisco Unity がプライマリ Cisco Unified CM サーバに自動的に再接続されるようにするには、 [フェールオーバーが修正された後、プライマリ CUCM/CCM サーバを再接続する] チェックボックスをオンにします。

ステップ 9 [次へ] をクリックします。

ステップ 10 [CUCM/CCM MWI 内線番号を入力してください。]ページで次の設定を入力し、 [次へ] をクリックします。

 

表8-18 [CUCM/CCM MWI 内線番号を入力してください。]ページの設定

フィールド
設定

MWI オンにする内線番号

Cisco Unified CM の管理ページで指定した、MWI をオンにするための内線番号を入力します。

MWI オフにする内線番号

Cisco Unified CM の管理ページで指定した、MWI をオフにするための内線番号を入力します。

ステップ 11 [ボイスメール ポートの数を設定してください。]ページで次の設定を入力し、 [次へ] をクリックします。

 

表8-19 [ボイスメール ポートの数を設定してください。]ページの設定

フィールド
設定

ポート数

Cisco Unity を Cisco Unified CM サーバに接続するボイス メッセージ ポートの数を入力します。Cisco Unity が 1 つの Cisco Unified CM サーバに接続されている場合は、この数を Cisco Unified CM で設定されたポート数より多くすることはできません。Cisco Unity が Cisco Unified CM の複数のクラスタに接続されている場合は、この数を Cisco Unified CM クラスタで設定されているポート数より多くすることはできず、Cisco Unity に接続されているすべてのクラスタの合計ポート数は Cisco Unity ライセンスにより使用可能なポート数より多くすることはできません。

CUCM/CCM デバイス名プレフィックス

Cisco Unified CM がボイス メッセージ ポートのデバイス名に追加するプレフィックスを入力します。このプレフィックスは、Cisco Unified CM で使用されるプレフィックスと一致している必要があります。


注意 Cisco Unity にフェールオーバーを構成している場合、セカンダリ サーバの[CUCM/CCM デバイス名プレフィックス]設定は、プライマリ サーバの[CUCM/CCM デバイス名プレフィックス]設定と別にする必要があります。同じ設定にすると、セカンダリ サーバが正常に機能できなくなります。

CUCM/CCM デバイス名プレフィックスが正しいことを確認するには、 [確認] をクリックします。


) Cisco Unified CM ポートに認証または暗号化が設定されている場合は、Cisco Unity のボイス メッセージ ポートにはまだ認証または暗号化が設定されていないため、確認に失敗します。


ステップ 12 他の連動がすでに存在している場合は、[トランク アクセス コードを入力してください。]ページが表示されます。Cisco Unity が連動する他の電話システムの内線番号にゲートウェイ経由で通話を転送するために使用する必要がある追加ダイヤル番号を入力します。 [次へ] をクリックします。

ステップ 13 [ユーザの再割り当て]ページでは、使用する電話システム連動が削除されていて、現在どの電話システム連動にも割り当てられていないユーザすべてがリストに表示されます。

リストにユーザが表示されない場合は、 [次へ] をクリックしてステップ 14 に進みます。

表示されている場合は、この電話システム連動に割り当てるユーザを選択し、 [次へ] をクリックします。次の選択コントロールを使用してユーザを選択できます。

 

表8-20 [ユーザの再割り当て]ページの選択コントロール

選択コントロール
動作

すべて選択

リスト内のユーザすべてのチェックボックスをオンにします。

すべて選択解除

リスト内のユーザすべてのチェックボックスをオフにします。

選択の切り替え

リストで強調表示されているユーザのチェックボックスのオンとオフを切り替えます。

強調表示されている一部のユーザのチェックボックスがオンで、それ以外のユーザのチェックボックスがオフの場合は、このボタンをクリックするとすべてのチェックボックスがオンになります。その後もう一度クリックすると、すべてのチェックボックスがオフになります。

ステップ 14 [コールハンドラの再割り当て]ページでは、使用する電話システム連動が削除されていて、現在どの電話システム連動にも割り当てられていないコール ハンドラすべてがリストに表示されます。

リストにコール ハンドラが表示されない場合は、 [次へ] をクリックしてステップ 15 に進みます。

表示されている場合は、この電話システム連動に割り当てるコール ハンドラを選択し、 [次へ] をクリックします。次の選択コントロールを使用してコール ハンドラを選択できます。

 

表8-21 [コールハンドラの再割り当て]ページの選択コントロール

選択コントロール
動作

すべて選択

リスト内のコール ハンドラすべてのチェックボックスをオンにします。

すべて選択解除

リスト内のコール ハンドラすべてのチェックボックスをオフにします。

選択の切り替え

リストで強調表示されているコール ハンドラのチェックボックスのオンとオフを切り替えます。

強調表示されている一部のコール ハンドラのチェックボックスがオンで、それ以外のコール ハンドラのチェックボックスがオフの場合は、このボタンをクリックするとすべてのチェックボックスがオンになります。その後もう一度クリックすると、すべてのチェックボックスがオフになります。

ステップ 15 終了ページで、入力した設定値を確認し、 [終了] をクリックします。

ステップ 16 Cisco Unity サービスを再起動するかどうか確認を求められたら、 [はい] をクリックします。Cisco Unity サービスが再起動します。

あるいは、UTIM で[ツール]メニューの [Unity の再起動] をクリックすることにより、Cisco Unity サービスを再起動できます。


 

連動するためのボイス メッセージ ポートの設定を入力する


ステップ 1 Cisco Unity サービスが再起動したら、[表示]メニューで [更新] をクリックします。

ステップ 2 [UTIM]ウィンドウの左ペインで、作成する電話システム連動を展開します。

ステップ 3 左ペインで、クラスタの名前をクリックします。

ステップ 4 右ペインで、 [ポート] タブをクリックします。

ステップ 5 表8-22 に示すボイス メッセージ ポートの設定値を入力します。

特定の Cisco Unified CM クラスタに割り当てられたボイス メッセージ ポートの場合、最高のパフォーマンスを得るには、最初のボイス メッセージ ポートを着信用に、最後のポートを発信用に使用します。この構成により、特定のポートに着信すると同時に Cisco Unity がそのポートを発信用にオフフックするという衝突の可能性を最小限に抑えることができます。この方法で各 Cisco Unified CM クラスタに割り当てられたポートを設定します。


注意 Cisco Unified CM をプログラムするときは、通話に応答できない Cisco Unity のボイス メッセージ ポート([返信呼び出し]に設定されていないボイス メッセージ ポート)に通話を送信しないでください。たとえば、ボイス メッセージ ポートを[MWI 発信]のみに設定した場合は、そのポートに通話を送信しないでください。

 

表8-22 ボイス メッセージ ポートの設定

フィールド
説明

内線番号

電話システムで割り当てられているように、ポートに対する内線番号を入力します。

グリーティングを使用する

このチェックボックスをオンにすると、ポートが有効になります。通常の操作ではポートを有効にします。

このチェックボックスをオフにすると、ポートが無効になります。ポートが無効になると、そのポートに対する通話は、呼び出し音を受けますが、応答されることはありません。一般的には、インストール担当者がテスト中に限りポートを無効にします。

返信呼び出し

通話に応答するようにポートを指定するには、このチェックボックスをオンにします。これらの通話は、身元不明発信者またはユーザからの着信です。

メッセージの到着通知

ポートをユーザに対するメッセージ通知用に指定するには、このチェックボックスをオンにします。[メッセージの到着通知]を最も使用率の低いポートに割り当てます。

MWI 発信

ポートを MWI のオン/オフ用に指定するには、このチェックボックスをオンにします。[MWI 発信]を最も使用率の低いポートに割り当てます。

AMIS 送信

AMIS ライセンス機能のみで使用可能

Cisco Unity ユーザから別のボイス メッセージ システムのユーザにボイス メッセージを送信するための AMIS 外線発信呼び出しで使用するポートとして指定するには、このチェックボックスをオンにします。Cisco Unity は、さまざまなボイス メッセージ システム間でボイス メッセージを転送するためのアナログ方式である Audio Messaging Interchange Specification(AMIS)プロトコルをサポートしています。

この設定は、AMIS 外線発信呼び出しにのみ影響します。すべてのポートが着信 AMIS 呼び出しで使用されます。

AMIS 外線発信メッセージの送信によってボイス ポートが長時間にわたって占有される可能性があるため、[ネットワーク]>[AMIS]>[スケジュール]ページでスケジュールを調整し、AMIS 外線発信呼び出しが、営業時間外、または Cisco Unity が多くの通話を処理していない時間帯に実行されるように設定できます。

TRAP 接続

Cisco Unity の Web アプリケーションおよび電子メール クライアントでの録音および再生デバイスとしてユーザが電話機を使用できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。[TRAP 接続]を最も使用率の低いポートに割り当てます。

ステップ 6 [保存] をクリックします。

ステップ 7 他にもクラスタがある場合は、残りのすべてのクラスタでステップ 3ステップ 6 を繰り返します。

ステップ 8 Cisco Unity が Cisco Unified CM の 1 つのクラスタとのみ連動する場合は、UTIM を終了し、次の項をスキップして、「Cisco Unified Communications Manager 認証および暗号化の設定」に進みます。

Cisco Unity が Cisco Unified CM の複数のクラスタと連動する場合は、「追加の Cisco Unified Communications Manager クラスタとの連動の作成」に進みます。


 

追加の Cisco Unified Communications Manager クラスタとの連動の作成

Cisco Unity が 1 つの Cisco Unified CM クラスタとのみ連動する場合は、この項をスキップして、「Cisco Unified Communications Manager 認証および暗号化の設定」に進みます。

複数のクラスタと連動する場合は、 表8-23 に記載されているオプションと考慮事項に従って、UTIM により、追加の Cisco Unified CM クラスタと Cisco Unity を連動させることができます。

 

表8-23 別の Cisco Unified Communications Manager クラスタと連動させる場合のオプションと考慮事項

オプション
考慮事項

新しい Cisco Unified CM クラスタごとに UTIM のクラスタを既存の Cisco Unified CM 連動に追加する。詳細については、「UTIM クラスタを Cisco Unified Communications Manager 連動に追加する」を参照してください。

追加するそれぞれの Cisco Unified CM クラスタに最低 1 つの専用 MWI ポートを割り当てる必要があります。

UTIM の最初のクラスタは、すべての通話を処理し、ユーザがホームにしている Cisco Unified CM クラスタにそれらの通話を転送します。

1 つの Cisco Unified CM 連動に対して UTIM で作成できるクラスタの数に制限はありません。

複数の UTIM クラスタを Cisco Unity サーバにある複数の Cisco Unified CM 連動で使用できます。

新しい Cisco Unified CM クラスタごとに新しい Cisco Unified CM 連動を作成する。詳細については、「Cisco Unified Communications Manager との新しい連動の作成」を参照してください。

それぞれの Cisco Unified CM 連動では、クラスタの MWI を処理します。Cisco Unified CM 連動に UTIM の複数のクラスタが存在する場合にのみ、Cisco Unified CM クラスタごとに専用の MWI ポートが必要になります。

Cisco Unity は、ユーザがホームにしている Cisco Unified CM クラスタに各 MWI 要求を直接送信します。

Cisco Unified CM 連動の数は、Cisco Unity サーバのライセンスがあるボイス メッセージ ポートの数によってのみ制限されます。詳細については、『 Multiple Phone System Integration Guide for Cisco Unity 5.0
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_installation_and_configuration_guides_list.html )を参照してください。

複数の Cisco Unified CM 連動を 1 つの Cisco Unity サーバにある複数の UTIM クラスタで使用できます。

UTIM クラスタを Cisco Unified Communications Manager 連動に追加する


ステップ 1 [UTIM]ウィンドウの左ペインで、[CUCM/CCM]をクリックします。

ステップ 2 [クラスタ]メニューで、 [新規] をクリックします。[サーバの追加]ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 3 次の設定値を入力します。

 

表8-24 [サーバの追加]ダイアログボックスの設定

フィールド
設定

IP アドレス/ホスト名

サブスクライバ Cisco Unified CM サーバの IP アドレス(または DNS 名)を入力します。

ポート

Cisco Unity に接続する Cisco Unified CM サーバの TCP ポートを入力します。デフォルト設定を使用することをお勧めします。

TLS ポート

保護されたコールシグナリング メッセージ用に Cisco Unified CM が使用する安全なポートを入力します。この設定は、[CUCM/CCM クラスタ セキュリティ モード]が [認証] または [暗号化] に設定されている場合にのみ使用されます。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

ステップ 5 クラスタの残りの設定値を入力するよう求められた場合は、 [OK] をクリックします。

ステップ 6 [サーバ] タブをクリックし、[表示名]フィールドに Cisco Unified CM Cluster 02 と入力するか、またはこの Cisco Unified CM クラスタを識別するために使用する別の名前を入力します。

ステップ 7 このクラスタに追加の Cisco Unified CM サーバがない場合は、ステップ 13 に進みます。

このクラスタに追加の Cisco Unified CM サーバがある場合は、 [追加] をクリックします。[サーバの追加]ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 8 次の設定値を入力します。

 

表8-25 [サーバの追加]ダイアログボックスの設定

フィールド
設定

IP アドレス/ホスト名

サブスクライバ Cisco Unified CM サーバの IP アドレス(または DNS 名)を入力します。

ポート

Cisco Unity に接続する Cisco Unified CM サーバの TCP ポートを入力します。デフォルト設定を使用することをお勧めします。

TLS ポート

保護されたコールシグナリング メッセージ用に Cisco Unified CM が使用する安全なポートを入力します。この設定は、[CUCM/CCM クラスタ セキュリティ モード]が [認証] または [暗号化] に設定されている場合にのみ使用されます。

ステップ 9 [OK] をクリックします。

ステップ 10 クラスタ内の残りすべての Cisco Unified CM サーバについて、ステップ 7ステップ 9 を繰り返します。

ステップ 11 次の設定値を入力します。

 

表8-26 [サーバ]タブの設定

フィールド
設定

CUCM/CCM デバイス名プレフィックス

Cisco Unified CM がボイス メッセージ ポートのデバイス名に追加するプレフィックスを入力します。このプレフィックスは、Cisco Unified CM クラスタで使用されるプレフィックスと一致している必要があります。


注意 Cisco Unity にフェールオーバーを構成している場合、セカンダリ サーバの[CUCM/CCM デバイス名プレフィックス]設定は、プライマリ サーバの[CUCM/CCM デバイス名プレフィックス]設定と別にする必要があります。同じ設定にすると、セカンダリ サーバが正常に機能できなくなります。

CUCM/CCM クラスタ セキュリティ モード

デフォルト設定の [保証なし] をそのまま使用します。

Cisco Unified CM 認証および暗号化を設定する場合は、この手順に従うことで、最適なタイミングで次の「Cisco Unified Communications Manager 認証および暗号化の設定」を参照できます。

フェールオーバーが修正された後、プライマリ CUCM/CCM サーバを再接続する

フェールオーバーが修正された後、Cisco Unity がクラスタのプライマリ Cisco Unified CM サーバに自動的に再接続されるようにする場合は、このチェックボックスをオンにします。

ステップ 12 [サーバの確認] をクリックして、Cisco Unified CM サーバの情報が正しいことを確認します。


) Cisco Unified CM ポートに認証または暗号化が設定されている場合は、Cisco Unity のボイス メッセージ ポートにはまだ認証または暗号化が設定されていないため、確認に失敗します。


ステップ 13 [MWI] タブをクリックし、次の設定値を入力します。

 

表8-27 [MWI]タブの設定

フィールド
設定

オンの内線番号

クラスタの Cisco Unified CM の管理ページで指定した、MWI をオンにするための内線番号を入力します。

オフの内線番号

クラスタの Cisco Unified CM の管理ページで指定した、MWI をオフにするための内線番号を入力します。

ステップ 14 [ポート] タブをクリックし、 [ポートの追加] をクリックします。

ステップ 15 [ポートの追加]ダイアログボックスで、Cisco Unified CM クラスタに接続する Cisco Unity のボイス メッセージ ポートの数を入力し、 [OK] をクリックします。

この数は、Cisco Unified CM クラスタに設定されているポート数より多くすることはできません。この数により、Cisco Unity サーバにインストールされているポートの総数が、Cisco Unity ライセンスによって有効にされるポート数を超えないようにします。

ステップ 16 表8-28 に示すボイス メッセージ ポートの設定値を入力します。


注意 Cisco Unified CM をプログラムするときは、通話に応答できない Cisco Unity のボイス メッセージ ポート([返信呼び出し]に設定されていないボイス メッセージ ポート)に通話を送信しないでください。たとえば、ボイス メッセージ ポートを[MWI 発信]のみに設定した場合は、そのポートに通話を送信しないでください。

 

表8-28 ボイス メッセージ ポートの設定

フィールド
説明

内線番号

電話システムで割り当てられているように、ポートに対する内線番号を入力します。

グリーティングを使用する

このチェックボックスをオンにすると、ポートが有効になります。通常の操作ではポートを有効にします。

このチェックボックスをオフにすると、ポートが無効になります。ポートが無効になると、そのポートに対する通話は、呼び出し音を受けますが、応答されることはありません。一般的には、インストール担当者がテスト中に限りポートを無効にします。

返信呼び出し

通話に応答するようにポートを指定するには、このチェックボックスをオンにします。これらの通話は、身元不明発信者またはユーザからの着信です。

メッセージの到着通知

ポートをユーザに対するメッセージ通知用に指定するには、このチェックボックスをオンにします。[メッセージの到着通知]を最も使用率の低いポートに割り当てます。

MWI 発信

ポートを MWI のオン/オフ用に指定するには、このチェックボックスをオンにします。[MWI 発信]を最も使用率の低いポートに割り当てます。

AMIS 送信

AMIS ライセンス機能のみで使用可能

Cisco Unity ユーザから別のボイス メッセージ システムのユーザにボイス メッセージを送信するための AMIS 外線発信呼び出しで使用するポートとして指定するには、このチェックボックスをオンにします。Cisco Unity は、さまざまなボイス メッセージ システム間でボイス メッセージを転送するためのアナログ方式である Audio Messaging Interchange Specification(AMIS)プロトコルをサポートしています。

この設定は、AMIS 外線発信呼び出しにのみ影響します。すべてのポートが着信 AMIS 呼び出しで使用されます。

AMIS 外線発信メッセージの送信によってボイス ポートが長時間にわたって占有される可能性があるため、[ネットワーク]>[AMIS]>[スケジュール]ページでスケジュールを調整し、AMIS 外線発信呼び出しが、営業時間外、または Cisco Unity が多くの通話を処理していない時間帯に実行されるように設定できます。

TRAP 接続

Cisco Unity の Web アプリケーションおよび電子メール クライアントでの録音および再生デバイスとしてユーザが電話機を使用できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。[TRAP 接続]を最も使用率の低いポートに割り当てます。

ステップ 17 [RTP] タブをクリックし、[自動割り当て]オプションが選択されていることを確認します。

ステップ 18 [UTIM]ウィンドウで、 [保存] をクリックします。

ステップ 19 Cisco Unity サービスを再起動するかどうか確認を求められたら、 [はい] をクリックします。Cisco Unity サービスが再起動します。

あるいは、UTIM で[ツール]メニューの [Unity の再起動] をクリックすることにより、Cisco Unity サービスを再起動できます。

ステップ 20 Cisco Unity サービスが再起動したら、[UTIM]ウィンドウの左ペインで[CUCM/CCM]をクリックします。

ステップ 21 残りのすべての Cisco Unified CM クラスタで、ステップ 1ステップ 20 を繰り返します。

ステップ 22 Cisco Unified CM 認証および暗号化を設定しない場合は、UTIM を終了し、残りの手順をスキップして、 「連動のテスト」 の章に進みます。

Cisco Unified CM 認証および暗号化を設定する場合は、「Cisco Unified Communications Manager 認証および暗号化の設定」に進みます。


 

Cisco Unified Communications Manager 認証および暗号化の設定

Cisco Unified CM 認証および暗号化を設定しない場合は、 「連動のテスト」 の章に進みます。

Cisco Unified CM 認証および暗号化を設定する場合は、次の手順を実行します。

Cisco Unified CM と Cisco Unity の認証および暗号化の詳細については、付録 「Cisco Unity ボイス メッセージ ポートの Cisco Unified Communications Manager 認証および暗号化」 を参照してください。


注意 Cisco Unified CM 認証をただちに動作させるには、Cisco Unity システム クロックを Cisco Unified CM システム クロックと同期化する必要があります。同期化されていない場合、Cisco Unified CM は、Cisco Unified CM システム クロックが Cisco Unity デバイス証明書のタイムスタンプを経過するまで、Cisco Unity ボイス メッセージ ポートを拒否します。

Cisco Unity ボイス メッセージ ポートの Cisco Unified Communications Manager 認証および暗号化を有効にする


ステップ 1 UTIM がまだ開かれていない場合は、Cisco Unity の Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム]>[Unity] >[Manage Integrations] をクリックします。UTIM が表示されます。

ステップ 2 左ペインで、 [Cisco Unity サーバ] をダブルクリックします。既存の連動が表示されます。

ステップ 3 [CUCM/CCM]をクリックします。

ステップ 4 右ペインで、その連動のクラスタをクリックします。

ステップ 5 [サーバ] タブをクリックします。

ステップ 6 [CUCM/CCM クラスタ セキュリティ モード]フィールドで、該当する設定をクリックします。


注意 Cisco Unity ボイス メッセージ ポートの[CUCM/CCM クラスタ セキュリティ モード]設定は、Cisco Unified CM ポートのセキュリティ モード設定と一致している必要があります。一致していない場合、Cisco Unified CM 認証および暗号化は失敗します。

 

表8-29 [CUCM/CCM クラスタ セキュリティ モード]の設定

設定
動作

保証なし

コールシグナリング メッセージがクリア(暗号化されていない)テキストとして送信され、認証された TLS ポートではなく非認証ポートを使用して Cisco Unified CM に接続されるため、コールシグナリング メッセージの完全性とプライバシーは保証されません。

また、メディア ストリームも暗号化されません。

認証

コールシグナリング メッセージは認証された TLS ポートを使用して Cisco Unified CM に接続されるため、完全性が保証されます。ただし、クリア(暗号化されていない)テキストで送信されるため、コールシグナリング メッセージのプライバシーは保証されません。

また、メディア ストリームも暗号化されません。

暗号化

コールシグナリング メッセージは認証された TLS ポートを使用して Cisco Unified CM に接続され、暗号化されるため、完全性とプライバシーが保証されます。

また、メディア ストリームも暗号化できます。

ステップ 7 [保証なし]設定をクリックした場合は、 [保存] をクリックし、この手順の残りのステップをスキップします。

[認証]または[暗号化]設定をクリックした場合は、[セキュリティ]タブと[Tftp サーバ追加]ダイアログボックスが表示されます。[Tftp サーバ追加]ダイアログボックスの[IP アドレス/ホスト名]フィールドに、Cisco Unified CM クラスタのプライマリ TFTP サーバの IP アドレス(または DNS 名)を入力し、 [OK] をクリックします。

ステップ 8 Cisco Unified CM 証明書をダウンロードするために Cisco Unity が使用する TFTP サーバが他にも存在する場合は、 [追加] をクリックします。[Tftp サーバ追加]ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 9 [IP アドレス/ホスト名]フィールドに、Cisco Unified CM クラスタのセカンダリ TFTP サーバの IP アドレス(または DNS 名)を入力し、 [OK] をクリックします。

ステップ 10 Cisco Unified CM クラスタ内の残りの TFTP サーバごとに、ステップ 8ステップ 9 を繰り返します。

ステップ 11 Cisco Unified CM 連動の残りのクラスタごとに、ステップ 4ステップ 10 を繰り返します。

[セキュリティ]タブで 表8-30 の説明にあるボタンを押して、Cisco Unity サーバから接続する TFTP サーバを追加、修正、削除、または確認できます。

 

表8-30 TFTP サーバの管理で使用するボタン

ボタン
操作

追加

別の TFTP サーバを追加するための[Tftp サーバ追加]ダイアログボックスを表示します。

修正

選択した TFTP サーバの設定を修正するための[Tftp サーバ修正]ダイアログボックスを表示します。

削除

選択した TFTP サーバを削除します。

ステップ 12 [保存] をクリックします。

Cisco Unity は、ボイス メッセージ ポート デバイスの証明書を作成し、Cisco Unity サーバのルート証明書をエクスポートし、[Cisco Unity ルート証明のエクスポート]ダイアログボックスを表示します。

ステップ 13 エクスポートされた Cisco Unity サーバのルート証明書のファイル名をメモし、 [OK] をクリックします。

ステップ 14 Cisco Unity サーバで、 CommServer\SkinnyCerts ディレクトリを参照します。

ステップ 15 ステップ 13 でエクスポートした Cisco Unity サーバのルート証明書ファイルを見つけます。

ステップ 16 ファイルを右クリックし、 [名前の変更] をクリックします。

ステップ 17 ファイル拡張子を .pem(.0 ではない)に変更します。たとえば、エクスポートされた Cisco Unity サーバのルート証明書のファイル名が「12345.0」から「12345.pem」になります。


注意 Cisco Unity を Cisco Unified CM 4.x サーバおよび Cisco Unified CM 5.x 以降のサーバと連動させる場合は、.pem ファイルを Cisco Unified CM 5.x 以降のサーバにコピーし、.0 ファイルを Cisco Unified CM 4.x サーバにコピーする必要があります。このようにコピーされていない場合、認証および暗号化は正常に機能しません。

ステップ 18 Cisco Unity サーバのルート証明書をすべてのクラスタ内のすべての Cisco Unified CM サーバにアップロードするために、次の手順を実行します。


注意 Cisco Unified CM 認証をただちに動作させるには、Cisco Unity システム クロックを Cisco Unified CM システム クロックと同期化する必要があります。同期化されていない場合、Cisco Unified CM は、Cisco Unified CM システム クロックが Cisco Unity デバイス証明書のタイムスタンプを経過するまで、Cisco Unity ボイス メッセージ ポートの登録を拒否します。

a. Cisco Unified オペレーティング システムの管理ページにログオンします。

b. Cisco Unified オペレーティング システムの管理ページで、[セキュリティ(Security)]メニューの[ 証明書の管理(Certificate Management)] をクリックします。

c. [証明書の一覧(Certificate List)]ページで、 [証明書のアップロード(Upload Certificate)] をクリックします。

d. [証明書のアップロード(Upload Certificate)]ページで、 [参照(Browse)] をクリックします。

e. Cisco Unity サーバの CommServer/SkinnyCerts ディレクトリを参照し、ステップ 13 で保存した Cisco Unity サーバのルート証明書ファイルをクリックします。

f. [OK] をクリックします。

g. [証明書のアップロード(Upload Certificate)]ページの[ルート証明書(Root Certificate)]フィールドに、 Cisco Unity Root Certificate と入力し、 [ファイルのアップロード(Upload File)] をクリックします。

h. [閉じる(Close)] をクリックします。

i. クラスタ内の残りすべての Cisco Unified CM サーバについて、ステップ 18a.ステップ 18h. を繰り返します。

j. ステップ 18a.ステップ 18i. を繰り返して、Cisco Unity のルート証明書を残りすべての Cisco Unified CM クラスタの Cisco Unified CM サーバすべてにコピーします。

k. Cisco Unity サーバで、UTIM の左ペインにある最初のクラスタをクリックします。

l. [サーバ] タブをクリックします。

m. [サーバの確認] をクリックして、Cisco Unified CM サーバへの接続を確認します。

テストに失敗すると、トラブルシューティングのステップを記録したセキュリティ ログの場所を示すダイアログボックスが表示されます。トラブルシューティングの後に、もう一度接続をテストしてください。

n. 残りのすべてのクラスタで、ステップ 18k.ステップ 18m. を繰り返します。

ステップ 19 [ツール]メニューで、 [Unity の再起動] をクリックし、Cisco Unity サービスを再起動します。

ステップ 20 UTIM を終了します。


 

Cisco Unity サーバのボイス メッセージ ポートの数が 72 以上になっており、Cisco Unity サーバで Windows Server 2003 が実行されているか、Exchange がメッセージ ストアになっている場合は、次の手順を実行します。

72 以上のボイス メッセージ ポートの詳細設定を調整する


ステップ 1 Cisco Unity サーバの Windows の[スタート]メニューで、 [プログラム] > [Cisco Unity] > [Cisco Unity Tools Depot] をクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot] ウィンドウの左ペインで、 [管理ツール] を展開し、 [Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 Cisco Unity サーバで Windows Server 2003 が実行されている場合は、次の手順を実行します。Exchange がメッセージ ストアになっている場合は、ステップ 4 に進みます。

a. [Cisco Unity Advanced Settings] ウィンドウの左ペインで、 [Messaging - 72 or More Voice Ports - Enable Low-Fragmentation Heap] をクリックします。

b. [New Value] ドロップダウン ボックスで、 [1] をクリックして [Set] をクリックします。

c. 値が設定されたことを示すメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 4 Exchange がメッセージ ストアになっている場合は、次の手順を実行します。メッセージ ストアになっていない場合は、ステップ 5 に進みます。

a. [Cisco Unity Advanced Settings] ウィンドウの左ペインで、 [Messaging - 72 or More Voice Ports - Number of MAPI Sessions Per Exchange Server] をクリックします。

b. [New Value] ドロップダウン ボックスで、該当する設定をクリックし、 [Set] をクリックします。

 

ボイス メッセージ ポートの数
設定

72 ~ 83

[2] をクリックします。

84 ~ 95

[3] をクリックします。

96 ~ 119

[4] をクリックします。

120 ~ 143

[5] をクリックします。

144

[6] をクリックします。

c. 値が設定されたことを示すメッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 5 [Tools Depot] ウィンドウを閉じます。

ステップ 6 Cisco Unity サーバを再起動します。