Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド(Microsoft Exchange版) Release 4.0(5)
ユーザ ワークステーションでの Cisco Unity アプリケーションの設定
ユーザ ワークステーションでの Cisco Unity アプリケーションの設定
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

ユーザ ワークステーションでの Cisco Unity アプリケーションの設定

概要:ユーザ ワークステーションでの Cisco Unity アプリケーションの設定

ユーザの電話機の設定およびカンバセーションのカスタマイズを行うためのタスク リスト

Cisco Unity 電話パスワードの保護と変更

ViewMail for Microsoft Outlook の設定

ViewMail for Microsoft Outlook を設定するためのタスク リスト

パフォーマンスを最適化するための ViewMail のカスタマイズ

Cisco Personal Communications Assistant の設定

Cisco Personal Communications Assistant を設定するためのタスク リスト

Cisco PCA を使用するためのユーザ ブラウザの設定

SSL 接続を使用したときのセキュリティ警告の管理

低帯域幅環境に向けた Cisco Unity Inbox のカスタマイズ

Cisco PCA アドレス帳のデフォルト検索範囲の変更

ユーザが Cisco Unity Assistant でプライベート リストに個々のユーザを追加することの防止

Cisco PCA パスワードの保護と変更

Cisco PCA のログオン、パスワード、およびロックアウトの原則の定義

Media Master の設定

Media Master を設定するためのタスク リスト

ユーザが電話機を録音再生デバイスとして使用する場合の手順

ユーザがコンピュータのマイクロフォンとスピーカを録音再生デバイスとして使用する場合の手順

録音再生デバイスの設定をユーザが指定する方法

FaxMail の設定

到着通知テキスト メッセージ設定

到着通知 SMTP メッセージ

到着通知 SMS(SMPP)メッセージ

到着通知 SMS(SMPP)メッセージを設定するためのタスク リスト

到着通知 Cisco Unity Inbox メッセージ

ユーザ ワークステーションでの Cisco Unity アプリケーションの設定

概要:ユーザ ワークステーションでの Cisco Unity アプリケーションの設定

Cisco Unity のユーザは、プッシュホンまたは Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook を使用して、ボイス メッセージ、ファックス メッセージ、電子メール メッセージを送信および管理できます。Cisco Unity Inbox を使用して、ボイス メッセージを送信および管理することもできます。また、Cisco Unity Assistant を使用すると、Cisco Unity と電話で対話する方法を制御する Cisco Unity 電話設定を個人用にカスタマイズできます。

この章では、ユーザがワークステーションで Cisco Unity アプリケーションにアクセスし、使用できるように、アプリケーションを設定およびカスタマイズするために必要な準備を確認します。詳細については、次の項を参照してください。

「ユーザの電話機の設定およびカンバセーションのカスタマイズを行うためのタスク リスト」:Cisco Unity にユーザが電話でアクセスできるようにするために必要な作業の一覧を示します。

「Cisco Unity 電話パスワードの保護と変更」:Cisco Unity 電話パスワードの割り当て、保護、変更の方法の概要を示します。

「ViewMail for Microsoft Outlook の設定」:ユニファイド メッセージのユーザ用に電子メール クライアントを設定する作業の一覧を示します。

「Cisco Personal Communications Assistant の設定」:ユーザが Cisco Personal Communications Assistant を使用して Cisco Unity Assistant と Cisco Unity Inbox にアクセスするために必要な作業について説明します。

「Cisco PCA パスワードの保護と変更」:ユーザ パスワードを変更および保護する方法について説明します。

「Cisco PCA のログオン、パスワード、およびロックアウトの原則の定義」:Cisco PCA のログオン、パスワード、およびロックアウトに関して規定できるアカウントの原則オプションについて説明します。

「Media Master の設定」:ユーザが Media Master を使用して電話で、またはコンピュータのマイクロフォンとスピーカを使用して録音を作成および再生する方法、およびそのために優先デバイスを使用できるようにする作業について説明します。

「FaxMail の設定」:ユーザが FaxMail を使用できるようにするために必要な作業について説明します。

「到着通知テキスト メッセージ設定」:Cisco Unity で利用可能な到着通知テキスト メッセージの概要を示し、ユーザが到着通知テキスト メッセージを使用できるようにしたり、Cisco Unity Assistant でユーザ自身で設定したりできるオプションとして提供する前に必要な作業について説明します。

Cisco Unity クライアント アプリケーションを使用するようにユーザを設定したら、 「Cisco Unity を使用するユーザ、オペレータ、およびサポート デスク担当者の準備」 の章で説明している作業を確認して、ユーザとオペレータに対して Cisco Unity の操作方法を説明します。

ユーザ ワークステーション上のソフトウェアのバージョンと Cisco Unity のバージョンのサポートされる組み合せについては、『 互換性マトリクス:Cisco Unity とユーザ ワークステーション上のソフトウェア 』を参照してください。

ユーザの電話機の設定およびカンバセーションのカスタマイズを行うためのタスク リスト

必要に応じて、ユーザが電話で Cisco Unity にアクセスできるように、次のタスクを実行します。

1. 通話中または応答なしの通話を Cisco Unity が処理する方法を設定する :各ユーザの電話機に対して Cisco Unity への着信転送を使用可能にして、ユーザの内線番号に電話しても通話中の場合や応答のない場合に Cisco Unity に転送されて処理されるようにします。Cisco Unity は Cisco Unity システム管理で指定された各ユーザの着信転送設定を使用して、たとえば発信者を保留状態にするか、またはユーザ グリーティングに直接送信するかなどを決定します。

2. ユーザの電話機の「メッセージ」ボタンを指定する :ユーザの電話機を使用可能にして、ユーザが電話の「メッセージ」ボタンや短縮ダイヤル ボタンで社内の Cisco Unity 内線電話番号にダイヤルできるようにします。これによって、電話機から Cisco Unity の電話番号をダイヤルする必要がなくなるので、ユーザは素早く簡単に、Cisco Unity を呼び出して電話からメッセージのチェックまたは個人用設定の変更ができるようになります。

3. プロンプト用の電話言語および TTS 言語を指定する :電話言語は Cisco Unity がユーザおよび発信者に再生するシステム プロンプトの言語です。TTS 言語は、Cisco Unity が電話を通じて再生する電子メール メッセージの言語です。電話言語と TTS 言語の指定方法については、 「言語」 の章を参照してください。

4. TTY プロンプトをインストールする :アメリカ英語(ENX)だけで使用可能な TTY プロンプト セットをインストールして、サポートされているその他すべての電話言語と同じように使用できます。TTY プロンプト セットをインストールすると、TTY を使用するユーザと外部の発信者は、Cisco Unity を呼び出し、発信者が聞き取り時に使用できる機能と同じものを使用できます。

ただし、次の例外に注意してください。

TTY トーンは、Cisco Unity カンバセーションでの操作には使用できません。

一部の TTY 電話には、DTMF トーンを送信する機能がありません。この場合、TTY ユーザは、システム ナビゲーション用に電話のキーパッドを使用することが必要になる場合があります。

TTY プロンプト セットのインストールについては、「TTY の概要」を参照してください。

5. カンバセーションのデフォルトを変更し、カンバセーション固有の機能を使用可能にする :社内の状況に応じて、以前のボイス メッセージ システムからユーザがより簡単に移行できるように、Cisco Unity カンバセーションのデフォルト設定を変更できます。たとえば、より使い慣れたキーパッド マッピングを提供するメニューがユーザに再生されるように、デフォルトのカンバセーションのスタイルを変更することや、メッセージの送信時に Cisco Unity がユーザに録音、宛先指定の順に要求するよう指定することができます。

また、「簡易」サイン イン、システム転送、テキスト/スピーチ、および Live Reply などの機能を使用可能にすることもできます。カスタマイズおよび機能の完全なリストや実装方法の詳細については、「Cisco Unity のカンバセーションをカスタマイズする方法」を参照してください。

Cisco Unity 電話パスワードの保護と変更

個々のユーザの電話パスワードは、Cisco Unity システム管理の[ユーザ] >[ユーザ] >[電話パスワード]ページで、いつでも変更できます。一方、Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用すると、複数のユーザの電話パスワードを同時に変更できます。詳細については、Cisco Unity Bulk Import のヘルプを参照してください。

ベスト プラクティスとして、各ユーザに、8 桁以上で見破られにくい一意のパスワードを割り当てる必要があります。ユーザによるパスワード設定を可能にする場合は、ユーザにこの方法を推奨するか、Cisco Unity システム管理の[ユーザ] >[アカウントの原則] >[電話パスワードの制限]ページを使用してユーザにこの方法を要求します。

ユーザが各自の電話パスワードを設定できるようにユーザ アカウントが設定されている場合、ユーザは Cisco Unity の電話通話または Cisco Unity Assistant を使用して電話パスワードを設定できます。Cisco Unity カンバセーションでも、Cisco Unity Assistant でも、電話パスワードをリセットするときに古い電話パスワードの入力は要求されません。

AMIS、Bridge、インターネット、および VPIM のユーザは、電話では Cisco Unity にログオンできないこと、および Cisco Unity Assistant や Cisco Unity Inbox を使用できないことに注意してください。

 

関連ドキュメント

電話パスワードの最小長を指定する方法について、また、Cisco Unity での、見破られやすいパスワードかどうかのチェック、空白の電話パスワードと無期限のパスワードの使用の禁止、以前使用されたパスワードの記録の保持など、電話アクセスをセキュリティで保護するその他の手段については、「電話パスワードの制限の設定」を参照してください。

セキュリティを強化する場合、Cisco Unity ユーザ アカウントは、2 ファクタ ユーザ認証として知られる安全なログオン方法を使用するようにセットアップできます。詳細については、『 Cisco Unity Security Guide 』の「Authentication for Cisco Unity Applications」の章の「Determining Whether to Offer Enhanced Phone Security」を参照してください。このドキュメントは、
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity40/usg/ex/index.htm から入手可能です。

ユーザが各自のパスワードを変更できるようにユーザ アカウントを設定する方法については、「ユーザの電話パスワードの設定」を参照してください。

初期電話パスワードをユーザに通知する方法に関する推奨事項については、「ユーザのオリエンテーション」を参照してください。

ViewMail for Microsoft Outlook の設定

Cisco Unity のユーザは、ViewMail を使用して、Outlook の受信トレイにあるボイス メッセージ、ファックス メッセージ、電子メール メッセージを送信および管理できます。ユーザは ViewMail を使用して、他のユーザ、Cisco Unity を使用していないユーザ、およびパブリック同報リスト宛にボイス メッセージを送信できます。また、ユーザは、図6-1 に示す Media Master コントロール バーを使用して、ボイス メッセージを録音および再生できます(ユーザが電話機を Media Master の録音デバイスまたは再生デバイスとして使用するときに、Cisco Unity は資格の入力を要求することがあります。たとえば、ユーザのワークステーションが Cisco Unity とは別のドメインに属している場合などです)。

図6-1 ViewMail for Microsoft Outlook

 

ViewMail for Microsoft Outlook を設定するためのタスク リスト

ViewMail はライセンスが必要な機能ではなく、使用するユーザに対して特別なサービス クラス(COS)特権やパスワードを付与する必要もありません。ただし、ViewMail を各ユーザ ワークステーションにインストールする必要があります。ユーザ向けに ViewMail を設定するには、次のタスクを実行します。

1. Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook リリース ノート Release 4.0(5) 』を参照してください。 このドキュメントには、 ViewMail をインストールするための必要条件と手順が記載されています。

2. オプション: メッセージを再生前にダウンロードし、送信済みメッセージのメッセージ ヘッダーだけを保存するように、ViewMail を設定します。「パフォーマンスを最適化するための ViewMail のカスタマイズ」を参照してください。

パフォーマンスを最適化するための ViewMail のカスタマイズ

ユーザが低帯域幅環境(たとえば、低速モデムや支社で使用)でコンピュータのスピーカを使用して録音を再生する場合、ユーザはパフォーマンスとクオリティの向上のために、メッセージを再生前にダウンロードする必要があります。デフォルトでは、メッセージは再生中に Cisco Unity サーバからストリーミングされます。

送信したボイス メッセージのメッセージ ヘッダーだけを保存し、録音メッセージを保存しないように ViewMail をカスタマイズすることにより、ユーザのワークステーション上での送信済みメッセージの保管に必要なディスク領域を削減することもできます。

次の手順を使用して、ユーザのワークステーションのオプションのいずれかをセットアップします。ユーザは ViewMail のヘルプまたは『 Cisco Unity ユーザ ガイド 』を参照して、オプションを自分でセットアップすることもできます。

メッセージを再生前にダウンロードする


ステップ 1 Outlook の[ツール]メニューの[ ViewMail オプション] をクリックします。

ステップ 2 [再生] タブをクリックします。

ステップ 3 [オーディオをダウンロードして再生する] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [OK] をクリックして変更を保存します。


 

メッセージ ヘッダーだけを保存する


ステップ 1 Outlook の[ツール]メニューの[ ViewMail オプション] をクリックします。

ステップ 2 [全般] タブをクリックします。

ステップ 3 [「送信済みアイテム」フォルダ内にメッセージヘッダのみを保存] チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [OK] をクリックして変更を保存します。


 

Cisco Personal Communications Assistant の設定

ユーザは Cisco Personal Communications Assistant(PCA)を使用して、Cisco Unity Assistant と Cisco Unity Inbox にアクセスします。Cisco Unity Assistant は、録音済みのグリーティングやメッセージの送信オプションなどの個人用設定を、ユーザが自分のワークステーションでカスタマイズできるようにする Web サイトです。Cisco Unity Inbox の Web サイトを利用すると、ボイス メッセージを聞き、作成、返信、転送、および削除することができます。ファックス オプション付きの場合は、ファックス メッセージの管理もできます。Cisco Unity Inbox はライセンスの必要な機能であるため、ライセンスを購入した場合だけアクセスできます。

Cisco PCA はライセンスが必要な機能ではなく、アクセスするユーザが特別な COS 権限を持つ必要もありません。どの Cisco Unity ユーザも、 http://<Cisco Unity サーバ>/ciscopca から Cisco PCA にアクセスできます。URL は大文字と小文字が区別されることに注意してください。ただし、Cisco Unity Assistant または Cisco Unity Inbox のどちらか一方、あるいは両方に対する適切な COS 権限が必要になります。

バージョン 3.1 以前では、Cisco Unity Assistant は ActiveAssistant(AA)と呼ばれ、Cisco Unity Inbox は Visual Messaging Interface(VMI)と呼ばれていました。次の ActiveAssistant URL を使用しているユーザは、自動的に Cisco PCA Web サイトにリダイレクトされます。

http://<Cisco Unity サーバ>/web/aa

http://<Cisco Unity サーバ>/ActiveAssistant

同様に、 http://<Cisco Unity サーバ名>/web/vmi を使用しているユーザも自動的に Cisco PCA Web サイトにリダイレクトされます。

Cisco Personal Communications Assistant を設定するためのタスク リスト

Cisco PCA は、Cisco Unity のインストール中に Cisco Unity サーバにインストールされます。ユーザが PCA にアクセスできるようにするために、ユーザのワークステーションにファイルを追加インストールする必要はありませんが、次の作業を行う必要があります。

1. Cisco Unity がインストールされているディレクトリ(デフォルト ディレクトリは CommServer)と、その下のサブディレクトリすべてがウィルス スキャンから除外されていることを確認します(通常、この操作は Cisco Unity のインストール中に行います)。ディレクトリをスキャンから除外する方法については、ウィルス スキャン ソフトウェアのヘルプを参照してください。

2. 必要に応じて、ユーザに Cisco Unity Assistant または Cisco Unity Inbox のどちらか一方、あるいは両方に対する適切な COS 権限を付与します。「サービス クラスの機能設定」を参照してください。

3. 各ユーザ ワークステーションで、Cisco PCA ページが正しく、適切な言語で表示されるように、ブラウザを設定します。「Cisco PCA を使用するためのユーザ ブラウザの設定」を参照してください。

4. オプション: メッセージを再生前にダウンロードするように Cisco Unity Inbox をカスタマイズします。「低帯域幅環境に向けた Cisco Unity Inbox のカスタマイズ」を参照してください。

5. オプション: Cisco Unity Inbox から配達証明を除外します(配達証明は、送信と読み取りの確認です)。この機能の設定の詳細については、Advanced Settings ツールのヘルプを参照してください([Unity Settings]リストで、[Unity Inbox--Exclude Return Receipts from the Inbox]をクリックします)。Advanced Settings ツールは、Tools Depot から利用できます。

6. オプション: 必要に応じて、Cisco PCA アドレス帳のデフォルトの検索範囲を変更します。この変更により、ユーザは、社内のどの Cisco Unity ユーザがローカル ディレクトリに登録され、どのユーザがグローバル ディレクトリに登録されたかを追跡する必要がなくなります。「Cisco PCA アドレス帳のデフォルト検索範囲の変更」を参照してください。

7. オプション: 社内で旧ボイス メッセージ システムから Cisco Unity に段階的に移行する場合は、当面の間、ユーザが Cisco Unity Assistant で個々のユーザをプライベート リストに追加できないようにすることを検討できます。「ユーザが Cisco Unity Assistant でプライベート リストに個々のユーザを追加することの防止」を参照してください。

8. オプション: セキュリティ対策として、ボイス メッセージの機密性に関係なく、ボイス メッセージをユーザがハードディスクに保存できないように設定できます。これを行うには、Cisco Unity Inbox の Media Master コントロール バーのオプション メニューにある[ファイルにコピー]オプションを使用不可にします。詳細については、Advanced Settings ツールのヘルプを参照してください([Unity Settings]リストで、[Unity Inbox--Disable Copy to File Option in Media Master]をクリックします)。Advanced Settings ツールは、Tools Depot から利用できます。

Cisco PCA を使用するためのユーザ ブラウザの設定

ユーザが Cisco PCA にアクセスできるようにするには、ユーザのブラウザを次のように設定します。

Active Scripting を使用可能にする

ActiveX コントロールをダウンロードして実行する

Java スクリプトを使用可能にする

すべてのクッキーを受け入れる

保存しているページの新しいバージョンを自動的に確認する

Medium-High プライバシーを使用可能にする

Cisco Personal Communications Assistant(PCA)で使用する GUI 言語を変更するには、ブラウザで言語を選択します。ブラウザで選択する言語は、Cisco PCA が提供する言語のいずれかである必要があります。サポートされる言語のリストについては、『 Cisco Unity システム要件およびサポートされるハードウェアとソフトウェア 』を参照してください。

Web ページのブックマーク

ユーザのブラウザ設定で、一時的なインターネット ページを自動的にキャッシュするように設定されている場合、ユーザは Cisco Unity Assistant または Cisco Unity Inbox の Web ページにアクセスするブックマークまたはお気に入りを作成できます。ただし、そのページは読み取り専用になります。ユーザに対し、ブックマーク先を Cisco Unity Assistant と Cisco Unity Inbox の個々のページではなく、Cisco PCA のホーム ページにするよう説明してください。ユーザは何らかの次善策としてブラウザ設定を変更することを避ける必要があります。一時的なインターネット ファイルの最新バージョンを自動的に確認するようにブラウザが設定されていないと、Media Master コントロールが正しく表示されません。

SSL 接続を使用したときのセキュリティ警告の管理

SSL を使用するように Cisco Unity を設定する場合は、ユーザがブラウザでいずれかの Web サイトを参照するたびに、Cisco PCA Web サイトでは自動的に SSL 接続が使用されることを考慮に入れてください。ただし、ユーザ ワークステーション上の信頼されたルート ストアにデジタル証明書を追加するまで、ブラウザはユーザに対し、サイトが本物であるかどうかを確認できず、したがってサイトのコンテンツが信頼できないことを警告するメッセージを表示します。

ブラウザにセキュリティ警告が表示されないようにするには、証明書をグループ ポリシーに追加して、ドメイン内の全ユーザの信頼されたルート ストアに証明書を配布します。または、ユーザに次の「Cisco Unity 証明書をユーザ ワークステーション上の信頼されたルート ストアに追加する」の手順を通知し、証明書を各自のコンピュータ上の信頼されたルート ストアに追加する方法を知らせます。SSL の詳細については、『 Cisco Unity Security Guide 』の「Using SSL to Secure Client/Server Connections」の章を参照してください。このドキュメントは、
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity40/usg/ex/index.htm から入手可能です。

ドメイン内の全ユーザの信頼されたルート ストアに証明書を配布した場合でも、社内の状況によっては、ユーザに対して「Cisco Unity 証明書をユーザ ワークステーション上の信頼されたルート ストアに追加する」の手順を通知しておくことを推奨します。これは、信頼されているドメインに属していないワークステーション、たとえば自宅のコンピュータからユーザが Cisco PCA にアクセスすると、ブラウザに毎回セキュリティ警告が表示されるためです。

Cisco Unity 証明書をユーザ ワークステーション上の信頼されたルート ストアに追加する


ステップ 1 各ユーザ ワークステーション上で、Internet Explorer を起動します。

ステップ 2 http://<証明機関サーバ>/certsrv に移動します。

ステップ 3 Microsoft 証明書サービスのページで、[タスクの選択]の[ CA 証明書または証明書失効リストの取得] をクリックします。

ステップ 4 [次へ] をクリックします。

ステップ 5 [この CA 証明書のパスのインストール] リンクをクリックします。

ステップ 6 メッセージが表示されたら、 [はい] をクリックして証明書をルート ストアに追加します。


 

低帯域幅環境に向けた Cisco Unity Inbox のカスタマイズ

ユーザが低帯域幅環境(たとえば、低速モデムや支社で使用)でコンピュータのスピーカを使用して録音を再生する場合、ユーザはパフォーマンスとクオリティの向上のために、メッセージを再生前にダウンロードする必要があります。

メッセージを再生中に Cisco Unity サーバからストリーミングするのでなく、ダウンロードするように Cisco Unity Inbox をカスタマイズするには、次の手順に従って各ユーザ ワークステーションのレジストリ設定を変更します(適用可能な場合)。ベスト プラクティスとして、ユーザによる設定変更を許可することはお勧めできません。

メッセージを再生前にダウンロードするように Cisco Unity Inbox をカスタマイズする


ステップ 1 ユーザ ワークステーションの Windows[スタート]メニューで、 [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

ステップ 2 Regedit を起動します。


注意 間違ったレジストリ キーを変更、または不正な値を入力すると、サーバが正しく動作しなくなることがあります。レジストリを編集する前に、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っておく必要があります(レジストリ エディタ ヘルプの「レジストリを復元する」トピックを参照してください)。レジストリ キー設定の変更に関する質問がある場合は、Cisco TAC に連絡してください。

ステップ 3 現在のレジストリのバックアップがない場合は、 [レジストリ] >[レジストリ ファイルの書き出し] をクリックし、レジストリ設定をファイルに保存します。

ステップ 4 次のレジストリ キーを展開します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Cisco Systems\Cisco Unity\Media Master\Profiles

ステップ 5 該当するユーザ プロファイルで、 Audio Playback Devices\Phone キーを展開します。

ステップ 6 Buffer Count という DWORD 値が存在しなければ、作成します。

a. [編集]メニューの[ 新規]>[DWORD 値] をクリックし、 Buffer Count という名前を付けて、 Enter キーを押します。

b. [DWORD 値の編集]ウィンドウで、新規の DWORD に Buffer Count という名前を付け、 [10 進] をクリックします。

ステップ 7 新規の DWORD である Buffer Count をダブルクリックします。

ステップ 8 [値のデータ]フィールドに、 3 を入力します。

ステップ 9 [OK] をクリックします。

ステップ 10 Buffer Size という DWORD 値が存在しなければ、作成します。

a. [編集]メニューの[ 新規]>[DWORD 値] をクリックし、 Buffer Size という名前を付けて、 Enter キーを押します。

b. [DWORD 値の編集]ウィンドウで、新規の DWORD に Buffer Size という名前を付け、 [10 進] をクリックします。

ステップ 11 新規の DWORD である Buffer Size をダブルクリックします。

ステップ 12 [値のデータ]フィールドに、 300000 を入力します。

ステップ 13 [OK] をクリックします。

ステップ 14 レジストリ エディタを閉じます。

変更を有効にするためにワークステーションを再起動する必要はありません。


 

Cisco PCA アドレス帳のデフォルト検索範囲の変更

デフォルトでは、Cisco PCA アドレス帳の検索範囲は、ローカル ディレクトリに設定されています。ただし、社内のユーザの利便性を考慮して、デフォルトの検索範囲をグローバル ディレクトリに変更することができます。このように変更すると、ユーザは検索範囲を自分で変更しなくても、別のロケーションのユーザを検索できるようになります。また、ユーザは、どの Cisco Unity ユーザがローカル ディレクトリに登録され、どのユーザがグローバル ディレクトリに登録されたかを追跡する必要がなくなります。

Cisco PCA アドレス帳のデフォルト検索範囲を変更すると、次のユーザ インターフェイスのデフォルト検索範囲が変更されます。

Cisco Unity Inbox の[名前検索]ダイアログボックスと[名前確認]ダイアログボックス(ユーザがメッセージ送信時に宛先指定を解決するために使用)

Cisco Unity Assistant の[名前検索]ダイアログボックス(ユーザがプライベート リストにメンバーを追加するために使用)

Cisco PCA アドレス帳の検索範囲を変更するには、次の手順を使用します。

ここで指定するデフォルトの検索範囲に関係なく、ユーザは今までどおり、Cisco Unity Inbox と Cisco Unity Assistant で Cisco PCA アドレス帳を使用するときにローカル ディレクトリとグローバル ディレクトリを切り替えることができます。

Cisco PCA アドレス帳のデフォルトの検索範囲をグローバル ディレクトリに設定するには、次の手順を使用します。この変更は、Cisco Unity サーバに関連付けられたすべてのユーザに影響します。

Cisco PCA アドレス帳のデフォルトの検索範囲をグローバル ディレクトリに設定する


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左ペインで、[Administrative Tools]の[ Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Settings]ペインで、 [Unity Inbox and Assistant--Set Default Address Book Search Scope] をクリックします。

ステップ 4 [New Value]リストで、 1 をクリックし、 [Set] をクリックします。この設定の場合、アドレス帳ではダイヤル ドメイン内のユーザが検索されます。

ステップ 5 メッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 6 [Exit] をクリックします。

変更を有効にするために Cisco Unity を再起動する必要はありません。


 

 

ユーザが Cisco Unity Assistant でプライベート リストに個々のユーザを追加することの防止

旧ボイス メッセージ システムから Cisco Unity に移行する場合、社内ではユーザを Cisco Unity に段階的に移行することを選択する場合があります。結果として、Cisco Unity は一般ユーザと「外部」ユーザ(Bridge、AMIS、または VPIM 連絡先のうち該当するもの)を同時にサポートする可能性があります。一般ユーザは、外部ユーザにメッセージを送信できるだけでなく、移行中に外部ユーザをプライベート同報リストに追加することもできます。

ただし、外部ユーザを一般 Cisco Unity ユーザに変換すると、外部ユーザはすべてのプライベート リストから自動的に削除されますが、プライベート リストの所有者にはそのことが通知されません。結果として、ユーザは、目的の受信者の一部がメッセージを受信しなくなったことに気づかずに、継続してプライベート リストにメッセージを送信する場合があります。

利便性と実用性を考慮すると、Cisco Unity システム管理者は、外部ユーザが一般ユーザに変換された場合はそのことをユーザに通知し、必要であれば、新しく移行されたユーザを既存のプライベート リストに追加し直すようにユーザに通知する必要があります。また、移行段階では、ユーザが Cisco Unity Assistant でプライベート リストにユーザを追加できないようにすること、および少なくとも移行が完了するまでは Cisco Unity 電話メニューを使用してユーザを追加しないようにユーザに依頼することも可能です。

 

Cisco Unity サーバに関連付けられたすべてのユーザが Cisco Unity Assistant でプライベート リストに個々のユーザを追加できないようにするには、次の手順を使用します。この手順では、ユーザが Cisco Unity 電話メニューを使用してプライベート リストに一般ユーザと外部ユーザを追加すること、およびメッセージを一般ユーザと外部ユーザに宛先指定することは防止できません。

ユーザが Cisco Unity Assistant でプライベート リストに個々のユーザを追加できないようにする


ステップ 1 Cisco Unity サーバのデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左ペインで、[Administrative Tools]の[ Advanced Settings Tool] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity Settings]ペインで、 [Unity Assistant--Do Not Allow Subscribers to Add Subscribers to Private Lists] をクリックします。

ステップ 4 [New Value]リストで、 1 をクリックし、 [Set] をクリックします。この設定の場合、ユーザが Cisco Unity Assistant でリストにメンバーを追加するときに、[名前検索]ダイアログボックスに[ユーザ]タブが表示されません。引き続き、[同報リスト]タブでリストに同報リストを追加することはできます。

ステップ 5 メッセージが表示されたら、 [OK] をクリックします。

ステップ 6 [Exit] をクリックします。

変更を有効にするために Cisco Unity を再起動する必要はありません。


 

 

Cisco PCA パスワードの保護と変更

ユーザは Windows ドメイン アカウントのユーザ名とパスワードを使用して、Cisco PCA にログオンします(Cisco PCA のパスワードは、Cisco Unity 電話パスワードと無関係で、同期化もされません)。

ユーザ アカウントを作成した後で、Windows Active Directory ユーザーとコンピュータを使用して、ユーザ パスワードを変更できます。各ユーザには、一意な Windows パスワードを割り当てる必要があります。桁数が多く(8 桁以上)、見破られにくいパスワードを指定することをお勧めします。ユーザが Windows パスワードを変更する場合は、必ずユーザにこの方法を推奨します。または、ユーザにこの方法を要求するように Windows のドメイン アカウント ポリシーを設定します。ユーザが Cisco Unity 電話通話および Cisco Unity Assistant を使用して Cisco PCA パスワードを変更することや、管理者が Cisco Unity システム管理で Cisco PCA パスワードを変更することはできません。ユーザが Cisco PCA パスワードを変更できるのは、Windows 上だけです。Ctrl キーと Alt キーを押した状態で Delete キーを押し、[パスワードの変更]をクリックします(Cisco Unity サーバが、ユーザが Windows パスワードを使用して通常アクセスするドメインと異なるドメインにある場合は、Cisco Unity サーバのドメイン名を指定する必要があります)。


) ユーザは、電話パスワードと Cisco PCA パスワードが同じだと考えていることがあります。その結果、ユーザは、最初の登録時に Cisco Unity から電話パスワードの変更を求められたとき、両方のパスワードを変更していると考えます。そのため、Windows で Cisco PCA パスワードを保護するように要求しても、その指示を多くのユーザが無視することがあります。


ユーザが Cisco PCA にアクセスするために使用する初期パスワードは、ユーザ アカウントを作成した方法によって異なります。

関連ドキュメント

Cisco PCA にアクセスするためのパスワードの詳細については、「ユーザに対する一意で安全な Windows パスワードの確実な割り当て」を参照してください。

Cisco PCA における認証のしくみ、および社内に影響を及ぼす可能性のあるセキュリティ上のあらゆる問題点を把握するには、『 Cisco Unity Security Guide 』の「Authentication for Cisco Unity Applications」の章を参照してください。このドキュメントは、
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_unity/unity40/usg/ex/index.htm から入手可能です。

Cisco PCA のログオン、パスワード、およびロックアウトの原則の定義

Cisco Unity システム管理の[認証]ページで指定するアカウントの原則によって、ユーザが Cisco PCA にログオンしようとしたときに、不正なパスワードを繰り返し入力した場合の Cisco Unity の対応(ユーザが空白パスワードを使用できるかどうかにかかわらず)、つまり、ユーザ アカウントが Cisco PCA にアクセスできなくなるまでのログオン失敗回数、およびユーザをロックアウトする時間が決まります。

また、[認証]ページの設定を使用して、Cisco PCA の[ログオン]ページで次のオプションをユーザに提供するかどうかを指定できます。

[ユーザ名の保存]

[パスワードの保存]

[ドメインの保存]

Cisco Unity にユーザ名、パスワード、またはドメインを記憶させるように指定した場合、次に Cisco PCA にログオンするときに、ユーザがこれらを入力する必要はありません。代わりに、フィールドがログオン ページに自動的に入力されます。ユーザが Cisco Unity に資格を保存するかどうかを指定できるようにすることによって、サポート デスクから情報を求められる回数を減らすことができます。ただし、セキュリティ上の理由から、ログオン ページでこのオプションをユーザに提供しないようにすることもできます。提供しない場合は、[認証]ページの[次回も同じデータでログオン:__日]チェックボックスをオフにして、Cisco PCA の[ログオン]ページにこれらのオプションが表示されないようにし、Cisco PCA にログオンするたびに、ユーザ名、パスワード、ドメインを入力するように要求します。

ユーザが Cisco PCA を使用して Cisco Unity にアクセスするときに Cisco Unity によって適用される、ログオン、パスワード、およびロックアウトに関する原則をカスタマイズするには、「認証設定」を参照してください。

Media Master の設定

Media Master コントロール バーは、電話を使用することによって、またはコンピュータのマイクロフォンとスピーカを使用し、Media Master コントロールをクリックすることによって、ユーザが録音を作成および再生できる Cisco Unity Assistant および Cisco Unity Inbox の各ページに表示されます。

図6-2 Media Master コントロール バー

 

Media Master を含む Cisco Unity Assistant または Cisco Unity Inbox ページをユーザが初めて開いたとき(または Media Master を含む Web ページにアクセスした時点でそれよりも新しいバージョンが使用可能な場合)、ユーザは Media Master をインストールするよう要求されます。ここでインストールしなかった場合、ユーザは Media Master を含む Web ページを開くたびに、インストールするよう要求されます。インストールを選択すると、Media Master が自動的にインストールされます。ただし、ユーザがワークステーションに対するローカル管理者権限を保持していることが条件となります。後で Media Master を含む Web ページを開いたときは、ローカルにインストールされたコピーから作成されます。

Media Master の動作や、ユーザ ワークステーションで使用するための設定方法の詳細については、次の項を参照してください。

「Media Master を設定するためのタスク リスト」

「ユーザが電話機を録音再生デバイスとして使用する場合の手順」

「ユーザがコンピュータのマイクロフォンとスピーカを録音再生デバイスとして使用する場合の手順」

「録音再生デバイスの設定をユーザが指定する方法」

Media Master を設定するためのタスク リスト

Media Master を備える Cisco Unity アプリケーションをユーザが使用できるようにするには、次のタスクを実行します。

1. ユーザが電話機を録音再生デバイスとして使用できるようにする場合は、この用途のために少なくとも 1 つのボイスメール ポートを Cisco Unity に指定します。詳細については、「ボイスメール ポート設定」を参照してください。一方、電話機を録音再生デバイスとして使用しないユーザに対しては、サウンド カード、スピーカ、およびマイクロフォンを支給する必要があります。

ユーザに使用させる録音再生デバイスを指定する場合は、Cisco Unity システム管理で Media Master に使用するデバイスを選択する場合と同じ考慮事項が適用されます。考慮事項のリストについては、「使用する録音デバイスと再生デバイスの決定」を参照してください。

2. Media Master コントロール バーは DCOM(Distributed Component Object Model)を利用しているため、DCOM 通信を遮断するファイアウォールを越えて使用することはできません。ユーザがリモート アクセスできるように設定するときは、このことに留意してください。

3. ActiveX コントロールをダウンロードして実行するようにユーザのブラウザを設定するか、
ユーザに設定するように通知します。また、Media Master が正しくインストールされるよう、ユーザがワークステーションに対するローカル管理者権限を保持していることを確認します。ActiveX コントロールをダウンロードして実行するようにブラウザを設定していない場合、または Media Master が正しくインストールされていない場合は、図6-2 の代わりに赤い X が表示されます。

4. 低帯域幅環境(たとえば、低速モデムや支社で使用)でコンピュータのスピーカを使用して録音を再生するユーザ向けに、メッセージを再生前にダウンロードするように Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook および Cisco Unity Inbox を設定します。この設定により、最適なパフォーマンスとクオリティが得られます。必要に応じて、「パフォーマンスを最適化するための ViewMail のカスタマイズ」および 「低帯域幅環境に向けた Cisco Unity Inbox のカスタマイズ」を参照してください。

5. Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook を使用するユーザ向けに、ワークステーションのパーソナル ファイアウォールを無効にするか、該当するソフトウェアを削除します。個々のワークステーションにパーソナル ファイアウォールを提供するセキュリティ ソフトウェアを使用すると、ユーザが電話機を再生デバイスとして使用した場合に、ViewMail の機能が停止します。または、コンピュータのスピーカで ViewMail のメッセージを再生できるように、ユーザ ワークステーションを設定します。

ユーザが電話機を録音再生デバイスとして使用する場合の手順

ユーザが Cisco Unity システム管理、Cisco Unity Assistant、Cisco Unity Inbox、または ViewMail で電話機を録音再生デバイスとして使用する場合は、次のような手順になります。

a. ユーザが、Cisco Unity アプリケーションで、ボイス録音を作成または再生するために適切なオプションをクリックします。

b. ユーザのワークステーションが Cisco Unity サーバのドメインとは異なるドメインに属している場合、Cisco Unity はユーザに対して資格の入力を求めます。ユーザが資格の入力を求められるのは、Outlook セッション 1 つにつき 1 回だけです。

c. Cisco Unity アプリケーションが、Media Master に指定された内線番号に電話するように Cisco Unity サーバに要求し、Cisco Unity が内線番号に電話します。

デフォルトでは、Cisco Unity は電話するときに、ユーザの電話機の呼び出し音が 4 回鳴るまで待ってから、「指定された電話番号が応答しません。」というメッセージを表示します。このような場合に Cisco Unity が待つ呼び出し音の最大回数は調整可能です。Advanced Settings ツールのヘルプを参照してください([Unity Settings]リストで、[Administration--Set Maximum Number of Rings to Wait For TRAP Calls]をクリックします)。Advanced Settings ツールは、Tools Depot から利用できます。

d. 録音メッセージを作成するときは、ユーザが電話に応答して、メッセージ、名前、およびグリーティングを録音します。Cisco Unity サーバに保存および保管される録音メッセージの形式は、Cisco Unity サーバに指定された録音および保管用のコーデックで決まります。ユーザが電話を切ると、Cisco Unity アプリケーションは録音の終了を Cisco Unity サーバに通知します。

録音メッセージを再生するときは、ユーザが電話に応答し、アプリケーションが Cisco Unity に対してメッセージの再生を要求します。Cisco Unity は、電話を通じて録音メッセージをストリーミングします。

ユーザがコンピュータのマイクロフォンとスピーカを録音再生デバイスとして使用する場合の手順

ユーザが Cisco Unity Assistant、Cisco Unity Inbox、または ViewMail でコンピュータのマイクロフォンとスピーカを録音再生デバイスとして使用する場合は、次のような手順になります。

a. ユーザが、Cisco Unity アプリケーションで、ボイス録音を作成または再生するために適切なオプションをクリックします。

b. 録音メッセージを作成するときは、ユーザがマイクロフォンに向かって話し始めます。ユーザが、録音を終了するために適切なオプションをクリックすると、Cisco Unity アプリケーションは録音の終了を Cisco Unity サーバに通知します。録音メッセージは G711 コーデック形式で保存および保管されます。この形式は、Cisco Unity サーバに指定された録音および保管用のコーデックと異なっていても適用されます。このことは、ユーザが Media Master コントロール バーの[貼り付け]オプションを使用して、コンピュータ上に保管されている WAV ファイルを録音メッセージに挿入する場合にも当てはまります。つまり、ファイルは変換され(適用可能な場合)、G711 形式で Cisco Unity サーバに保存されます。

録音メッセージを再生するときは、Cisco Unity がクライアント アプリケーションに録音メッセージをストリーミングします。ストリーミングは、ネットワーク トラフィックとは無関係にオンデマンドで発生します。クライアント アプリケーションは、ユーザ ワークステーションのメモリに数秒間分のメッセージがバッファリングされた後、すぐにスピーカでメッセージを再生し始めます。

録音再生デバイスの設定をユーザが指定する方法

ユーザは、Media Master のオプション メニューで、録音再生デバイスの設定を各自で指定できます。ユーザに対して、『 Cisco Unity ユーザ ガイド 』の「概要: 録音設定と再生設定の変更」の章を参照するよう通知してください。

Media Master の録音と再生の設定は、ユーザごと、およびワークステーションごとに保存されます。具体的には次のようになります。

Cisco PCA または ViewMail にログオンするユーザは、Media Master のオプション メニューで録音デバイスと再生デバイスを変更できます。ユーザが選択する録音デバイスと再生デバイスは、設定変更に使用したワークステーションからユーザがアクセスできる、すべての Cisco Unity アプリケーションに適用されます。

複数のユーザが同じワークステーションを共有する場合は、ワークステーションを使用するすべてのユーザが、録音デバイスと再生デバイスの選択を各自で指定する必要があります。

ユーザが、あるワークステーションから録音デバイスと再生デバイスの選択を変更し、別のワークステーション(自宅のコンピュータなど)でも Cisco Unity Assistant、Cisco Unity Inbox、または ViewMail にアクセスする場合は、その別のワークステーションに対しても録音デバイスと再生デバイスの選択を指定する必要があります。

FaxMail の設定

ファックス サーバを Cisco Unity と連動すると、ユーザが自分のファックス メッセージを管理できるようになります。FaxMail の設定の詳細については、必要に応じて、 「Cisco Unity とファックス サーバの連動」 の章を参照してください。

ユーザがファックス メッセージを電話または Cisco Unity Inbox で管理できるようにするには、FaxMail が有効なサービス クラス(COS)にユーザを割り当てます。すべてのユニファイド メッセージ ユーザが COS に関係なく、電子メール受信ボックス内のファックス メッセージを管理できます。

ユーザが Cisco Unity アプリケーションを使用してファックス メッセージを管理する方法については、「ユーザのファックス メッセージの管理方法」を参照してください。

到着通知テキスト メッセージ設定

Cisco Unity では、テキスト用ポケットベル、テキスト互換携帯電話、および電子メール アドレスに対するテキスト メッセージの形式で、到着通知メッセージを送信できます。到着通知メッセージ設定で選択された基準と一致するメッセージが到着すると、Cisco Unity メッセージ システムでは、「テクニカル サポートへの緊急メッセージ」などのユーザが入力したテキスト メッセージを送信します。

Cisco Unity で利用できる到着通知テキスト メッセージには、3 種類あります。それぞれの種類の概要について、およびユーザが到着通知テキスト メッセージを使用できるようにしたり、Cisco Unity Assistant でユーザ自身で設定できるオプションとして提供したりする前に必要な作業については、次の項を参照してください。

「到着通知 SMTP メッセージ」

「到着通知 SMS(SMPP)メッセージ」

「到着通知 Cisco Unity Inbox メッセージ」

到着通知 SMTP メッセージ

ユーザが新規ボイスメール、電子メール、ファックス メッセージを受信したときに、Cisco Unity は SMTP を使用して、SMTP をサポートするテキスト用ポケットベルに到着通知テキスト メッセージを送信できます。また、Cisco Unity は SMTP を使用して、電子メール アドレスに到着通知テキスト メッセージを送信することもできます。この機能は、ユーザがテキスト互換携帯電話や、無線またはモバイル サービス プロバイダーから SMTP アドレスが割り当てられているその他のデバイスを使用している場合に、特に便利です。

ユーザが Cisco Unity から到着通知 SMTP メッセージを受信するには、サイトに SMTP ゲートウェイが必要です。ゲートウェイが設定されている場合は、[ユーザ] >[ユーザ] >[メッセージの到着通知]ページにある[テキスト用ポケットベル 1]または[テキスト用ポケットベル 2]オプションを使用して、Cisco Unity が SMTP を使用して到着通知テキスト メッセージを送信できるようにします。または、ユーザが Cisco Unity Assistant の[通知デバイス]ページで同じデバイスを有効にできます。

SMTP ゲートウェイを持たないサイトで到着通知テキスト メッセージを配信しようとすると、その通知の試みは失敗します。その場合、不達確認(NDR)が Cisco Unity メッセージ システムに送信され、その後デフォルトで宛先不明メッセージ同報リストに転送されます。詳細については、「特定の受信者を持たないメッセージの Cisco Unity での処理」を参照してください。


注意 日本の通信キャリアは SMS(SMPP)に対応していないため、SMS(SMPP)通知機能を使用することはできません。「テキスト用ポケットベル」オプションを利用してください。

ユーザへの到着通知 SMTP メッセージを有効にするには、必要に応じて 「ユーザ テンプレート メッセージの到着通知の設定」または 「ユーザ メッセージの到着通知の設定」を参照してください。携帯電話またはその他のデバイスでほとんどのユーザが使用しているサービス プロバイダーが、着信した到着通知 SMTP メッセージを単純に SMS メッセージに変換している場合は、到着通知 SMS(SMPP)メッセージの使用を検討してください。次の「到着通知 SMS(SMPP)メッセージ」で、SMS メッセージを使用する利点について説明します。

到着通知 SMS(SMPP)メッセージ

無線キャリア、モバイル メッセージ サービス プロバイダーなどの企業から提供されるサービスと情報を使用して、ユーザが新規ボイスメール、電子メール、ファックス メッセージを受信したときに、Cisco Unity は SMPP(Short Message Peer-To-Peer)プロトコルを使用して、GSM 携帯電話およびその他の SMS 互換デバイスにショート メッセージ サービス(SMS)形式で到着通知メッセージを送信できます。SMS は「保管して転送するサービス」です。つまり、メッセージの受信者が使用するデバイスに、メッセージが直接送信されるわけではありません。まず、External Short Message Entity(ESME)と呼ばれる Cisco Unity のようなアプリケーションが、SMS Center(SMSC)にメッセージを送信します。次に、SMSC がメッセージをデバイスに転送します。

到着通知 SMTP メッセージと比較した利点

SMS を使用する利点は、SMTP を使用する場合よりも早く、ユーザのデバイスが到着通知メッセージを受信する点です。Cisco Unity が SMSC にメッセージを送信するとき、または SMSC が転送するときに、ユーザのデバイスが GSM ネットワークに接続されている必要はありません。デバイスが利用可能になるまで、GSM ネットワークが SMS メッセージを保持します。デバイスが利用可能になると、キューイングされたメッセージが数秒でデバイスに送信されます。さらに、新しい到着通知メッセージで以前の到着通知を置き換えるように、Cisco Unity を設定できます。この機能は、モバイル サービス プロバイダーによってはサポートされていないことがあります。

SMS メッセージの長さの制限

SMS メッセージは、短いテキスト メッセージです。SMS メッセージの最大メッセージ長は、サービス プロバイダー、メッセージ テキストを構成する文字セット、メッセージ テキストに使用されている文字によって異なります。一般的に、使用可能な SMS メッセージの長さは、次の表で判断できます。

 

文字セット
メッセージの長さの制限

7 ビット

160 文字の英数字

8 ビット

140 文字の英数字

16 ビット

70 文字の英数字

Cisco Unity は、これら 3 つの文字セットをすべてサポートするため、Cisco Unity システム管理および Cisco Unity Assistant では、160 文字までのメッセージ テキストを入力できます。ただし、Cisco Unity で使用するように設定した文字セットによっては、160 文字より短いメッセージが切り詰められることがあります。メッセージのテキストとメッセージ カウント(ユーザがメッセージ カウントを含めるように選択した場合)が、メッセージの合計長になります。

コストに関する検討事項

到着通知 SMS(SMPP)メッセージを設定するときは、サービス プロバイダーが通常、各 SMS メッセージまたは送信されたメッセージのグループに対して課金することを考慮します。つまり、Cisco Unity がユーザのデバイスに送信する到着通知 SMS(SMPP)メッセージが多いほど、組織にかかるコストが高くなります。そのため、この機能の使用を特定のユーザ グループに制限するか(これを実行するには、[システム] >[SMPP プロバイダ]ページで作成した SMPP プロバイダーに所有者を割り当てます)、メッセージ タイプまたは緊急度によって到着通知メッセージの数を制限するようにユーザに依頼することがあります。たとえば、ユーザは新規のボイス メッセージが到着したときにのみ、または新規のボイス メッセージまたは緊急の電子メール メッセージが到着したときにのみ Cisco Unity が到着通知メッセージを送信するように Cisco Unity Assistant を指定できます。

到着通知 SMS(SMPP)メッセージを設定するためのタスク リスト

SMS 互換デバイスを使用するユーザに対して到着通知 SMS(SMPP)メッセージを有効にするには、次のタスクを実行します。

1. SMS メッセージを提供するモバイル メッセージ サービス プロバイダーのアカウントを設定します。Cisco Unity は、SMPP バージョン 3.3 または SMPP バージョン 3.4 プロトコルをサポートする任意のサービス プロバイダーで動作します。

2. 契約したサービス プロバイダーと提携している SMSC の SMPP サーバと Cisco Unity が通信するために必要な情報を収集し、[システム] >[SMPP プロバイダ]ページに入力します。

たとえば、SMPP サーバ名、TCP ポート、アカウント名とパスワードなど、SMSC と通信するメッセージ サーバを設定するときにサービス プロバイダーから提供された文書で示される情報が必要です。その他の詳細と手順については、「SMPP プロバイダー設定」を参照してください。

3. Cisco Unity サーバがファイアウォールの背後に設定されている場合は、SMPP サーバが Cisco Unity に接続する場合に使用する TCP ポートを、Cisco Unity と SMPP サーバ間の通信(着信および発信)が可能になるように設定します。

4. 管理者または希望するユーザ用に到着通知 SMS(SMPP)メッセージを設定し、想定したとおりにデバイスが到着通知 SMS(SMPP)メッセージを受信するかどうかを確認します。通知が機能しない場合は、[システム] >[SMPP プロバイダ]ページに、サービス プロバイダーから提供された文書で示されたとおりに設定を入力したことを確認します。必要に応じて、サービス プロバイダーに問い合せてください。

ユーザに対して到着通知 SMS(SMPP)メッセージを使用可能にする準備が整ったら、必要に応じて、「ユーザ テンプレート メッセージの到着通知の設定」または 「ユーザ メッセージの到着通知の設定」を参照します。ユーザが自分で、Cisco Unity Assistant を使用して設定することもできます。

Cisco Unity Bulk Import ウィザードでも Bulk Edit ユーティリティ(Tools Depot から利用可能)でも到着通知 SMS(SMPP)メッセージは使用可能にできませんが、Bulk Edit ユーティリティを使用して、任意の時点で一度に複数のユーザについて SMS(SMPP)通知を使用不可にすることはできます。ログとトラブルシューティングについては、『 Cisco Unity トラブルシューティング ガイド 』の「メッセージの到着通知」の章の「SMS の到着通知がまったく動作しない」を参照してください。

到着通知 Cisco Unity Inbox メッセージ

Cisco Unity Inbox に新規ボイス メッセージが到着したときに、ユーザが各自の電子メールの受信ボックスで電子メールの通知を受信するように、到着通知テキスト メッセージを設定することもできます。Cisco Unity Inbox の通知を使用する場合は、Cisco PCA の URL を[システム] > [コンフィギュレーション]ページに入力して、ユーザに送信される電子メール メッセージの本文に、この URL がリンクとして自動的に含まれるようにすることもできます。詳細については、「コンフィギュレーション設定」を参照してください。

電子メールにアクセスでき、リモートで作業をしているボイス メッセージのユーザについては、Cisco Unity Inbox の通知の設定を検討してください。このようなユーザは、電話機の MWI によって、オフィスにいるときに新規メッセージが到着したことを判断します。リモートで作業をしている場合、Cisco Unity Inbox の通知を使用すると、新規メッセージをチェックするために定期的に Cisco Unity を呼び出す必要がなくなるので便利です。

ユーザが到着通知 Cisco Unity Inbox メッセージを受信するには、サイトに SMTP ゲートウェイが必要です。ゲートウェイが設定されている場合は、[ユーザ] >[ユーザ] >[メッセージの到着通知]ページにある[11_Cisco Unity Inbox のテキスト]オプションを使用して、ユーザに対して到着通知 Cisco Unity Inbox メッセージを使用可能にできます。または、ユーザが Cisco Unity Assistant の[通知デバイス]ページでこの機能を使用可能にできます。

SMTP ゲートウェイを持たないサイトで到着通知テキスト メッセージを配信しようとすると、その通知の試みは失敗します。その場合、不達確認(NDR)が Cisco Unity メッセージ システムに送信され、その後デフォルトで宛先不明メッセージ同報リストに転送されます。詳細については、「特定の受信者を持たないメッセージの Cisco Unity での処理」を参照してください。