Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド(Lotus Domino版)Release 4.0(5)
インタビュー ハンドラの設定
インタビュー ハンドラの設定
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

インタビュー ハンドラの設定

インタビュー ハンドラの設定

概要:インタビュー ハンドラの設定

インタビュー ハンドラは、録音された一連の質問を再生することにより、発信者からの情報を収集し、発信者の応答を録音します。たとえば、インタビュー ハンドラを使用した受注処理、および製品サポート ラインに関する情報収集を行うことができます。

通話がインタビュー ハンドラに転送されると、インタビュー ハンドラは、最初の録音済みの質問を再生し、次に録音通知音を再生してから、答えを録音します。Cisco Unity は、応答の長さが指定した最大録音時間に達したとき、または発信者が話し終わったときに録音を停止します。その後、Cisco Unity は 2 番目の質問を再生し、以降同様に動作します。すべての答えが録音されると、指定された送信先にボイス メッセージとして送信されます。送信されるボイス メッセージは 1 つですが、その中で個々の答えは発信音で区切られます。

デフォルトでは、この受信者はサンプル管理者になっています。このようなメッセージを別の受信者へ転送する場合は、1 人のユーザ(たとえばオペレータ)または同報リストを受信者として選択します。インタビュー コール ハンドラに送信されたメッセージを確認する適切なユーザまたはパブリック同報リストが割り当てられている場合を除いて、サンプル管理者アカウントは削除しないでください。サンプル管理者アカウントを削除した場合の影響については、 「デフォルト アカウントとメッセージの処理」 の章を参照してください。

Example Interview ハンドラについて

Cisco Unity にはあらかじめ定義された Example Interview というインタビュー ハンドラが添付されています。このハンドラは修正は可能ですが、削除はできません。オープニング グリーティングの間どの電話キーも押されなかった場合、またはオープニング グリーティングを再生するコール ハンドラの[グリーティング]ページで、このインタビュー ハンドラをグリーティング再生後の操作として選択した場合、発信者をこのインタビュー ハンドラに転送できます。

Example Interview ハンドラは次の質問をします。

アクセスしようとしている人または部署

名前

電話番号

連絡に最も都合の良い時間

他に何か残したい情報があるか

インタビュー ハンドラの詳細については、この章の次の各項を参照してください。

「インタビュー ハンドラの作成と修正」

「インタビュー ハンドラのプロファイルの設定」

「インタビュー ハンドラの質問の設定」

インタビュー ハンドラの作成と修正

Example Interview ハンドラの修正や、新規ハンドラの作成もできます。

新規インタビュー ハンドラを作成する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の[ 通話管理] >[インタビュー ハンドラ] ページに移動します。

ステップ 2 [追加] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [インタビュー ハンドラの追加]ダイアログボックスの[名前]フィールドに適切な情報を入力します。

ステップ 4 [新規インタビュー ハンドラ] または[ 既存のインタビュー ハンドラに基づく] を選択します。[既存のインタビュー ハンドラに基づく]を選択した場合は、[基準]フィールドの適切なインタビュー ハンドラを選択します。

ステップ 5 [追加] ボタンをクリックします。

ステップ 6 新しいインタビュー ハンドラの設定を入力し、 [保存] アイコンをクリックします。


 

インタビュー ハンドラを修正する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の[ 通話管理] >[インタビュー ハンドラ] ページに移動します。

ステップ 2 [検索] アイコンをクリックします。

ステップ 3 修正するインタビュー ハンドラをダブルクリックします。

ステップ 4 適切な設定に変更した後、 [保存] アイコンをクリックします。


 

インタビュー ハンドラのプロファイルの設定

インタビュー ハンドラの[プロファイル]設定によって、インタビューの応答の送信先、送信者がインタビュー ハンドラにアクセスする際にダイヤルする内線番号(ある場合)、および発信者がシステム メッセージを聞く際の言語を指定できます。

次の表に、プロファイルの設定についての詳細を示します。

 

表20-1 [通話管理] > [インタビュー ハンドラ] > [プロファイル]ページ

フィールド
説明

名前

インタビュー ハンドラの名前が表示されます。インタビュー ハンドラの名前を変更するには、新しい名前をこのフィールドに入力し、[保存]アイコンをクリックします。

所有者

インタビュー ハンドラの所有者を表示します。所有者は、インタビュー ハンドラの変更を要求する権限を持つユーザまたはパブリック同報リストです。所有者はメッセージ受信者である必要はありません。

所有者を変更するには、[所有者のタイプ]を選択し、[変更]をクリックします。

作成日

表示だけです。 インタビュー ハンドラが作成された日付と時刻を表示します。

名前の録音

インタビュー ハンドラの名前を録音したものです。

インタビュー ハンドラ名を録音するには、Media Master コントロール バーを使用します。録音済みの WAV ファイルを録音として使用するには、Media Master コントロール バーのオプション メニューにある[ファイルからのコピー]オプションを使用します。Media Master は、DCOM 通信を遮断するファイアウォールを越えて使用できないことに注意してください。

内線

発信者がインタビュー ハンドラにアクセスする場合にダイヤルする内線番号があれば、入力します。インタビュー ハンドラのアクセスが短縮ダイヤルに限定されている場合は、このフィールドに内線番号は入力しません。

デフォルトは空白です。

使用言語

Cisco Unity がハンドラのシステム プロンプトを再生する言語を選択します。[デフォルト]を選択すると、通話を処理するハンドラまたは着信サービスに基づいて、Cisco Unity が通話ごとにシステム プロンプトの再生に使用する言語を判断します。通話を処理する各規則およびハンドラに対して、言語が[デフォルト]に設定されている場合、システム プロンプトはデフォルトの電話言語で再生されます。

デフォルトの電話言語、およびこのフィールドに表示される言語の一覧は、[システム] >[コンフィギュレーション] >[電話言語]ページで設定されています。

デフォルトは[デフォルト]です。

発信者への対応オプション

ユーザまたはパブリック同報リストは、このインタビュー ハンドラに残されたメッセージを受信します。リストから[ユーザ]または[同報リスト]を選択し、[変更]をクリックします。

デフォルトは[ユーザ]です。

メッセージの緊急設定

インタビュー メッセージの緊急指定を選択します。[発信者が選択できる]を選択すると、Cisco Unity は発信者にインタビュー メッセージを緊急に指定するかどうかを尋ねます。

デフォルトは[常に緊急にしない]です。

メッセージの録音後

インタビュー メッセージを残した後に身元不明発信者が送信される宛先を示します。

[コール ハンドラ]:着信は指定したコール ハンドラへ送信されます。

[ディレクトリ ハンドラ]:着信は指定したディレクトリ ハンドラに送信されます。

[グリーティング管理者]:着信は、電話でコール ハンドラ グリーティングを変更するためのカンバセーションへ送信されます。

[切断]:電話の接続を切ります。注意して使用します。予期しない電話の切断は、発信者に不快感を与えます。

[インタビュー ハンドラ]:着信は指定したインタビュー ハンドラへ送信されます。

[サインイン]:ユーザ ログオン通話に電話を転送します。

[ユーザ]:着信は指定したユーザへ送信されます。

[ユーザのシステム転送]:着信は、ユーザが指定した番号に転送できるカンバセーションへ送信されます。ユーザはログオンを要求され、次にロビーや会議室の電話機などの Cisco Unity ユーザに関連付けられていない番号、および組織外部の電話番号を入力できます。Cisco Unity は、ユーザの規制テーブルで許可されている場合に限り、転送を実行します。

[発信者のシステム転送]:着信は、発信者が指定した番号に転送できるカンバセーションへ送信されます。たとえば、発信者は Cisco Unity ユーザに関連付けられていないロビーまたは会議室の電話機にダイヤルする場合があります。Cisco Unity は、CS_Default_System_Transfer 規制テーブルで許可されている場合に限り、転送を実行します。

デフォルトは[コール ハンドラ]です。

インタビュー ハンドラの質問の設定

インタビュー ハンドラに対する質問は、[通話管理] >[インタビュー ハンドラ] >[質問]ページで録音できます。また、発信者の応答に対する最大録音時間を指定することもできます(連動によっては、発信者によるメッセージの録音中、最大許容メッセージ長に達する前に警告音を再生するように、Cisco Unity を設定できます。詳細については、「録音終了の警告音の有効化」を参照してください)。

次の表に、インタビュー ハンドラの質問の設定についての詳細を示します。

 

表20-2 [通話管理] > [インタビュー ハンドラ] > [質問]ページ

フィールド
説明

質問内容の選択

質問番号を選択します。ページの残りの設定は、このフィールドで選択された質問番号に適用されます。

デフォルトは、デフォルトの質問 1 ~ 5 です。

質問内容

選択された質問が短い場合、すべてのテキストを入力します。長い場合は、質問を要約して入力します。

メッセージの最大録音時間(秒)

録音時間(秒)を入力します。選択された質問に対する応答時間として発信者に与えられる時間です。

警告音が有効な場合、メッセージの最大録音時間に達する前に警告音が鳴ります。

デフォルトは 30 秒です。

質問内容の録音

インタビューする質問を録音します。

質問を録音するには、Media Master コントロール バーを使用します。録音済みの WAV ファイルを録音として使用するには、Media Master コントロール バーのオプション メニューにある[ファイルからのコピー]オプションを使用します。Media Master は、DCOM 通信を遮断するファイアウォールを越えて使用できないことに注意してください。