Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド(Lotus Domino版)Release 4.0(5)
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

はじめに

の機能

はじめに

Cisco Unity の機能

Cisco Unity は Windows 2000 ベースの通信ソリューションで、ボイスメールとユニファイド メッセージを提供し、さらにその 2 つの機能を日常使用するデスクトップ アプリケーションと連動します。Cisco Unity は IBM Lotus Domino と連携して、音声、ファックス、電子メールなど、あらゆるメッセージの送信および保管を行うため、Lotus Notes、プッシュホン、またはブラウザを使用して、自分のメッセージすべてにアクセスすることができます。

Cisco Unity は、Architecture for Voice, Video and Integrated Data(AVVID)に基づくシスコ製品群のユニファイド メッセージ コンポーネントであり、Cisco AVVID の通話処理コンポーネント Cisco CallManager と連動できます。Cisco Unity は VoIP 環境用に設計されていますが、従来のいくつかの回線交換電話システムとも連動できます。VoIP への移行が可能な場合に Cisco Unity を使用すると、回線交換電話システムと Cisco CallManager の両方とのデュアル電話システム連動を設定することで VoIP に移行できます。

Cisco Unity には次の機能があります(システムによっては含まれていない機能がある場合があります)。

インテリジェント ボイスメール

Cisco Unity のボイス メッセージ機能を利用すると、自分のメッセージを聞いたり、ボイス メッセージを別のユーザに送信したり、個人用グリーティングなどの設定をカスタマイズしたりできます。Cisco Unity では、自動受付をセットアップできます。自動受付は、かかってきた電話に応答したり転送する電子受付として機能したりします。

Cisco Unity システム管理

Web 管理者の許可があれば、イントラネットを経由して遠隔から Cisco Unity サーバにアクセスできます。Cisco Unity システム管理は、ユーザ アカウントの作成または修正、メッセージ オプションの構成、サービス クラスの割り当て、グリーティングの録音、およびレポートの実行に使用します。

Cisco Personal Communications Assistant

Cisco Personal Communications Assistant(PCA)は、ユーザが Cisco Unity Assistant へのアクセスに使用する Web サイトです。

Cisco Unity Assistant

Cisco Unity Assistant は、録音済みのグリーティングとメッセージの送信オプションなどの個人用設定を、ユーザが自分のワークステーションでカスタマイズできるようにする Web サイトです。Cisco Unity Assistant は、バージョン 3.1 およびそれ以前のバージョンで ActiveAssistant(AA)と呼ばれていたものです。

IBM Lotus Domino Unified Communications (DUC) for Cisco

IBM Lotus Domino Unified Communications (DUC) for Cisco を使用すると、ユーザは、IBM Lotus Notes の受信トレイにあるボイス メッセージを VCR 型のコントロールを使用して聞き取りおよび録音できます。

複数言語

複数言語がインストールされている場合は、ユーザと発信者に対して Cisco Unity で再生されるシステム プロンプトの言語を変更できます。また、Cisco Unity システム管理ページとヘルプ ファイルの言語を複数選択することもできます。

テキスト/スピーチ

テキスト/スピーチ機能を使用すると、電子メールを電話で聞くことができます。Cisco Unity では、電子メールのテキスト部分が音声出力され、発信者名(発信者がユーザの場合)およびメールが送信された日付と時間などの追加情報が提供されます。

サードパーティのファックス

Cisco Unity は、ファックス ポートにファックス専用回線が接続されているファックス サーバで使用できます。サードパーティのファックス サーバを Cisco Unity とともに使用すると、ファックス サーバ ソフトウェアがファックス サーバを管理します。

Cisco Unity で使用でき、公式にサポートされているファックス サーバのリストは、『 Cisco Unity システム要件およびサポートされるハードウェアとソフトウェア 』で確認できます。

デジタル ネットワーク

デジタル ネットワーク機能を使用すると、同じユーザ ディレクトリにアクセスする複数の Cisco Unity サーバ間のメッセージを送受信できます。

AMIS のサポート

Cisco Unity は、さまざまなボイス メッセージ システム間でボイス メッセージを転送するためのアナログ メカニズムを提供する、Audio Messaging Interchange Specification analog(AMIS-a)プロトコルをサポートしています。

Cisco Unity が AMIS ボイス メッセージを交換できるボイス メッセージ システムのリストは、『 Cisco Unity システム要件およびサポートされるハードウェアとソフトウェア 』で確認できます。

VPIM ユーザ

Cisco Unity は、インターネットまたは TCP/IP ネットワークを通じて、さまざまなボイス メッセージ システムで音声、テキストおよびファックス メッセージを交換できる Voice Profile for Internet Messaging(VPIM)プロトコルをサポートしています。VPIM は、SMTP および Multi-Purpose Internet Mail Extension(MIME)プロトコルに基づいています。

Cisco Unity Bridge

Cisco Unity Bridge は Cisco Unity と Octel アナログ ネットワーク上の Octel システム間で、ネットワーク接続ゲートウェイとしての役割を果たします。Cisco Unity Bridge を使用すると、ユーザは Octel ユーザとの間でメッセージの送受信が可能になります。

拡張フェールオーバー

フェールオーバーは Cisco Unity サーバに障害が起きた場合、または保守の実行が必要な場合でも、簡単な冗長性を提供してボイス メッセージ機能を継続させることができる機能です。フェールオーバーを設定するには、Cisco Unity を 2 つのサーバ(プライマリ サーバとセカンダリ サーバ)にインストールし、構成します。プライマリ サーバに障害が発生、またはプライマリ サーバ上の Cisco Unity サービスが停止した場合は、セカンダリ サーバの Cisco Unity サーバが自動的に起動し、Cisco Unity の標準オペレーションを実行します。