Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド (Lotus Domino版) Release 4.0(3)
用語集
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

 


A
ANI
Automatic number identification のこと。発信者の電話番号を検出する機能です。
automatic number Identification
ANI」を参照してください。

C
Cisco Unity Assistant
録音済みのグリーティングとメッセージの送信オプションなどの個人的設定を、ユーザが自分のコンピュータでカスタマイズできるようにする Web インターフェイスです。Cisco Unity Assistant は、バージョン 3.1 およびそれ以前のバージョンで ActiveAssistant(AA)と呼ばれていたものです。
Cisco Unity カンバセーション
あらかじめ録音されている説明とオプションのセットで、Cisco Unity から電話を通してユーザと他の発信者に対して再生され、ユーザとの通話と識別されていない発信者との通話で構成されます。「身元不明発信者」および「身元不明発信者カンバセーション」も参照してください。
Cisco Unity サーバ
Cisco Unity のソフトウェアを実行するコンピュータです。
Cisco Unity システム管理
イントラネットを経由して遠隔から Cisco Unity へのアクセスを規制する Web 管理ツールです。Cisco Unity システム管理は、ユーザ アカウントの作成や修正、メッセージ オプションの構成、サービス クラスの割り当て、グリーティングの録音、レポートの実行に使用します。
COS
サービス クラス。各ユーザに割り当てられる許可と規制の集まりのことで、システムへのアクセスと使用を制御します。

D
DID
Direct inward dialing のこと。着信が最初にオペレータによって転送されずに、特定の内線番号へ直接転送される電話システムの機能です。
DNIS
ダイヤル番号識別サービス。北米では 800 番または 900 番の回線上のダイヤル番号を検出するサービスです。
DTMF
PB トーン。特定の音声帯域周波数の標準的な組み合せが使用される電話システムの信号方式で、プッシュホン ダイヤル方式とも呼ばれます。
DTMF 内線番号
内線番号に対応するプッシュホンの番号です。

I
ID
Cisco Unity でユーザを確認するときに使用される数字の識別子です。通常はユーザに割り当てられた内線番号がユーザ ID になります。

L
LDAP
Lightweight Directory Access Protocol のこと。情報ディレクトリにアクセスするために使用される形式で、TCP/IP をサポートしています。
Lightweight Directory Access Protocol
LDAP」を参照してください。

M
Media Master コントロール バー
Cisco Unity システム管理および Cisco Unity Assistant の複数のページに表示される VCR 型の録音/再生デバイスです。電話か、コンピュータのマイクロホンとスピーカを使用して、名前、メッセージ、およびグリーティングを録音および再生できます(IBM Lotus Domino Unified Communications Services (DUCS) for Cisco Unity が組み込まれた Lotus Notes では、ユーザは同等の VCR 型の録音/再生コントロールを使用します)。
MWI
メッセージ ウェイティング インジケータ。電話システムのデバイス(ランプ、特有のダイヤル トーンまたは LCD ディスプレイ)で、ユーザに新しいメッセージの到着を知らせます。

N
NDR
不達確認。NDR メッセージは、ボイス メッセージを目的の受信者に送信できない場合に送信者に通知します。

P
PBトーン
DTMF」を参照してください。
 

R
RTP
Real-Time Transport Protocol(RTP)は、インターネット プロトコル標準であり、プログラムがパケット交換ネットワークを介したマルチメディア データ(オーディオおよびビデオ)のリアルタイム送信を管理する方法を指定します。SIP と H.323 の両方で使用されます。

S
SMTP
Simple Mail Transfer Protocol のこと。サーバ間で電子メール メッセージを送信するために使用される形式です。

T
TRAP
電話での録音および再生。ユーザが、Media Master コントロール バーの録音/再生デバイスとして、コンピュータのマイクロフォンとスピーカを使用する代わりに、電話機を使用できるようにする機能。「Media Master コントロール バー」も参照してください。

U
UDP
User Datagram Protocol は、IP の最上位に構築される軽量なトランスポート層プロトコルです。UDP は、TCP の機能の一部を実装しないことによって、IP から追加のパフォーマンスを取得します。特に、UDP は個々のパケットをリトライすることなくドロップでき、UDP パケットは送信順序と異なる順序で受信できます。
UMR
外部発信者からのメッセージはすべて、ユーザ メールボックスでの保管用に転送される前に、Cisco Unity サーバの Unity Message Repository(UMR)に一時的に保管されます。この保管により、Cisco Unity サーバと Domino サーバ間のネットワーク接続がダウンした場合や、1 つ以上の Domino サーバがダウンした場合でも、Cisco Unity は機能を維持し続けることができます。
Domino またはネットワークがオフラインの場合でも、Cisco Unity は通話の応答、外部発信者によるユーザ内線番号の検索許可、およびボイス メッセージの録音が可能です。この間、ボイス メッセージを確認するユーザには、UMR ガイダンスが再生されます。ガイダンスでは、Domino サーバは使用不能であるが、ユーザはサーバがダウンしてから残されているボイス メッセージにアクセスできることが説明されます。Domino サーバまたはネットワークがオンラインに復帰した場合、メッセージの格納場所に保管されたボイス メッセージはユーザのメールボックスに転送されます。(ネットワーク接続またはメール サーバがダウンした場合、ユーザ間のメッセージは、外部発信者のメッセージとして処理され、適切なメールボックスに送信されるまで Cisco Unity サーバ上に保管されることもあります。)

V
virtual private network
公衆電話回線(場合によってはケーブル モデム)を利用する専用網のことです。プライバシーの維持には暗号とセキュア プロトコルが使用されます。VPN とも呼ばれます。

相手先応答の検出
Cisco Unity が受信先となって転送の処理が行われる着信の転送形式です。回線が通話中または応答がない場合は、(電話システムではなく) Cisco Unity によって着信が指定どおりに転送されます。
アカウントの原則
すべての Cisco Unity アカウントのパスワードとロックアウトを制御する設定です。
新しいメッセージ
ユーザがまだ再生していないメッセージです。
宛先検索サービス
ディレクトリ ハンドラによって提供される音声による登録リストで、これを使用すると発信者はユーザを検索しメッセージを残すことができます。

一般の着信
電話システムによって Cisco Unity へ転送される、ユーザからの内線通話と身元不明発信者からの外線通話です。
インターネット ユーザ
ローカル メッセージ ストアを持たずにインターネット メール サービス(SMTP ゲートウェイ)を利用してメッセージの送受信を行う Cisco Unity ユーザの種別です。
インタビュー ハンドラ
Cisco Unity の通話管理用ツールで、録音済みの一連の質問を再生し、これに対する発信者の回答を録音することで、発信者から情報を収集します。
インボックス
電子メール アプリケーションで着信メッセージが保管される場所です。

オーディオ テキスト
発信者が利用できるように組織であらかじめ録音された情報です。
オープニング グリーティング コール ハンドラ
自動受付として機能する既定のコール ハンドラで、発信者が組織へ電話をかけると最初に聞くグリーティングを再生し、指定された操作を実行します。
オプション グリーティング
オンまたはオフにできる代用の録音メッセージで、休暇や休日など、さまざまな特別な状況に対して使用されます。設定を有効にすると、その他すべてのグリーティングよりもオプション グリーティングが優先されます。
オペレータ コール ハンドラ
発信者が「0」を押した場合、または Cisco Unity カンバセーションで要求されたキーを押さなかった場合に着信を転送する既定のコール ハンドラです。

開封済みメッセージ
ユーザが再生して保存したメッセージです。
簡易メッセージ アクセス
ID を入力しないで Cisco Unity カンバセーションからメッセージを取り出せるようにする機能で、電話システム連動によっては、通話が発信された内線番号に基づいて Cisco Unity でユーザを識別できます。パスワードが必要になる場合もあります。
カンバセーション
Cisco Unity カンバセーション」を参照してください。

キーパッド
プッシュホン式のキーがある電話の一部分です。
キーパッド マップ
電話のキーパッドで Q から Z が割り当てられているテンキーです。
規制テーブル
Cisco Unity の通話管理用ツールです。規制テーブルは、ユーザと管理者が、着信の転送、メッセージの到着通知の送信、ファックスの送信に使用できる電話番号を許可または規制する、ダイヤル番号の一覧で構成されます。

グリーティング
発信者に対し、電話に出られない旨を伝えたり、操作のメニューを案内したり、メッセージの録音を求める録音メッセージです。ユーザ、システム管理者、または声のきれいな人がグリーティングを録音します。

コーデック
アナログからデジタルへの符号器または復号器で、コンバータとも呼ばれます。
コール ハンドラ
Cisco Unity の通話管理用ツールで、コール ハンドラの設定に従って電話の応答と処理を行います。「終了案内コール ハンドラ」、「オープニング グリーティング コール ハンドラ」、および「オペレータ コール ハンドラ」も参照してください。

サービス クラス
COS」を参照してください。
サマリー
メッセージ情報」を参照してください。

時間外
標準営業時間として認識されなかったスケジュール上の日時で、通常は営業時間外の時間のことです。
時間外グリーティング
営業時間外に再生される録音メッセージです。
システム キー
Cisco Unity 4.0 より前のバージョンで使用されていた、ポート番号数とシステム用に購入するしたオプションのパッケージでプログラムされるされたデバイスです。Cisco Unity はシステム キーを確認して、正しいオプションを有効にします。Cisco Unity 4.0 以降では、システム キーの代わりにライセンス ファイルが使用されます。
自動受付
人間のオペレータの代わりに使用されるコール ハンドラで、グリーティングを再生してプッシュホンに対応することで電話の応対と転送を行います。
終了案内コール ハンドラ
サービスの終了を告げる短いメッセージを再生した後で接続を切断する既定のコール ハンドラです。

ステータス モニタ
Cisco Unity サーバ上の Web ベースのアプリケーションで、システムの状態、ポート、レポート、およびディスク ドライブに関する情報を提供するページから構成されます。Cisco Unity の起動と終了にも使用されます。

代行内線番号
ユーザに追加で割り当てられる番号です。デジタル ネットワークを設定する場合や、ユーザの電話に複数の回線が引かれている場合や、ユーザの電話の他に携帯電話、自宅の電話、別の職場の電話から通信するユーザや発信者の便宜のために使用します。「内線番号/内線」および「プライマリ内線番号」も参照してください。
ダイヤル内線番号
発信者がダイヤルする内線番号です。
ダイヤル番号
発信者がダイヤルする電話番号です。
ダイヤル番号識別サービス
DNIS」を参照してください。
タッチトーン キー
電話のキーパッド上に文字、番号、記号などが印された 12 個のボタンで、発信者は Cisco Unity カンバセーションでボタンを押して、内線番号のダイヤル、名前の入力、オプションの選択を行います。

着信サービス
Cisco Unity の通話管理用ツールです。着信サービスは着信の転送方法を定義する規則の集まりで構成され、Cisco Unity で着信の通話情報とテーブル内の規則が照合され、最初に一致した規則に従って転送されます。発信元種別(内線または外線)、転送元内線番号、発信者の電話番号、着信先のトランクまたはポート、ダイヤルした電話番号、スケジュールが規則の基準になります。
着信転送
身元不明発信者を、ユーザやハンドラの電話またはグリーティングへ転送する Cisco Unity の機能です。また、着信転送の設定では、Cisco Unity による転送方法を指定します。Cisco Unity は着信転送を電話システムに渡すか、転送を監視するかのどちらかを行います。「リリース」、「相手先応答の検出」、および「身元不明発信者」も参照してください。

通話スクリーニング
発信者の名前を録音し、電話に応答するかどうかを選択できるユーザに対してこれを再生する Cisco Unity の機能です。
通話中グリーティング
ユーザの内線番号が通話中のときに再生される録音メッセージです。

ディレクトリ ハンドラ
Cisco Unity の通話管理用ツールで、宛先検索サービスを提供し、発信者がユーザの名前や内線番号を検索する方法や、それらが一致したときに Cisco Unity で実行される処理を定義する設定が含まれています。
デジタル ネットワーク
ユーザが Cisco Unity サーバ間のボイス メッセージの送受信をできるようにする Cisco Unity の機能です。
転送呼
内線番号から Cisco Unity へ転送される、ユーザからの内線通話と身元不明発信者からの外線通話です。

同報リスト
パブリック同報リスト」を参照してください。
登録
ユーザ登録」を参照してください。
登録状態
宛先検索サービス上のユーザの状態で、Listed(登録)または Not Listed(非登録)を選択できます。

内線グリーティング
標準グリーティングやオプション グリーティングの代わりに、あるユーザが別のユーザに限定して再生するよう設定できる録音メッセージです。
内線番号/内線
Cisco Unity アカウントが作成されると各ユーザに割り当てられる DTMF ID で、通常この ID はユーザの電話へ発信する内線の電話番号です。プライマリ内線番号とも呼ばれます。「代行内線番号」および「プライマリ内線番号」も参照してください。
ナビゲーション バー
データ ページの分類へのリンクが表示される、Cisco Unity システム管理と Cisco Unity Assistant の領域です。
名前の録音
ユーザの名前を録音することで、ボイス名とも呼ばれます。

発信者の入力
Cisco Unity カンバセーションで、発信者が内線番号のダイヤル、名前の入力、オプションの選択を行うために電話のボタンを押して入力する情報です。
発信者番号
電話の発信元の電話番号です。
発信元内線番号
電話の発信元の内線番号です。
パブリック同報リスト
ボイス メッセージを複数のユーザへ一度に送信する場合に使用するメッセージ受信者(ユーザまたはパブリック同報リスト)のリストです。誰でもパブリック同報リストへメッセージを送信できますが、作成と管理は管理者が行います。
ハンドラ
通話の管理に Cisco Unity で使用されるツール群です。「コール ハンドラ」、「着信サービス」、「ディレクトリ ハンドラ」、「インタビュー ハンドラ」、および「規制テーブル」も参照してください。

標準営業時間
スケジュール上で営業時間に指定されている日時です。
標準グリーティング
有効なスケジュールに対して指定した標準営業時間内に再生される録音メッセージです。

プライベート同報リスト
ボイス メッセージを複数のユーザへ一度に送信する場合に使用するメッセージ受信者(ユーザまたはパブリック同報リスト)のリストです。リストのメンバーの追加と削除ができるのはリストを所有する個人ユーザに限られており、リストはその個人しか使用できません。
プライマリ内線番号
Cisco Unity アカウントが作成されると各ユーザに割り当てられる DTMF ID で、通常この ID はユーザの電話へ発信する内線の電話番号です。「代行内線番号」および「内線番号/内線」も参照してください。
古いメッセージ
ユーザがすでに再生したメッセージです。保存済みメッセージと削除済みメッセージは古いメッセージに含まれます。
プロンプト
Cisco Unity カンバセーション中の録音済みの説明、指示、質問のことです。

身元不明発信者
組織の外部から発信するときに Cisco Unity ID を入力しなかった外線の発信者やユーザ、または、認証されたユーザのメッセージに対応していない電話システムで組織の内部から発信するときに ID を入力しなかったユーザのことです。「身元不明発信者カンバセーション」を参照してください。
身元不明発信者カンバセーション
あらかじめ録音されている説明とオプションの設定で、Cisco Unity から電話を通して身元不明発信者に対して再生されます。これを使用すると身元不明発信者はユーザへの接続、オプションの選択、組織に関する情報の入手、メッセージの録音ができるようになります。「カンバセーション」を参照してください。

メッセージ情報
送信者、特別な発信状況、送信日時、コピーの受信者などのメッセージに関する情報です。メッセージ サマリーをメッセージの再生の前か後に聞くか、あるいはまったく聞かないように選択することもできます。
メッセージの到着通知
新しいメッセージが到着するとユーザに通知する Cisco Unity の機能です。
メンバー
あるサービス クラスに割り当てられているユーザ、または別のパブリック同報リストやプライベート リストに登録されているユーザ/パブリック同報リストのことです。

ユーザ
Cisco Unity に登録された利用者のことです。
ユーザ カンバセーション
あらかじめ録音されている説明とオプションの設定で、Cisco Unity から電話を通してユーザに対して再生されます。これを使用するとユーザはメッセージの送信と聞き取り、設定の変更ができるようになります。
ユーザ テンプレート
ユーザのグループに共通する設定の集まりで、テンプレートに基づいてユーザ アカウントを作成するときに利用されます。設定の内容は、スケジュール、パスワード、アカウント許可、着信転送オプション、同報リストです。
ユーザ登録
ユーザ アカウントを使用するための準備プロセスで、名前とグリーティングの録音、パスワードの設定、ユーザをディレクトリに登録するかどうかの選択を行います。
ユニファイド メッセージ システム
すべての形式のメッセージを同じインボックスで管理できるメッセージ システムです。
 

ライセンス ファイル
Cisco Unity 4.0 以降で、ポート番号数とシステム用に購入したオプションのパッケージに関する情報を含むファイルです。Cisco Unity はライセンス ファイルを確認して、正しいオプションを有効にします。Cisco Unity 4.0 以降では、システム キーの代わりにライセンス ファイルが使用されます。
 

リリース
Cisco Unity によって発信者が保留状態になり、内線番号がダイヤルされて着信が電話システムへ開放される着信の転送形式です。回線が通話中または応答がない場合は、(Cisco Unity ではなく)電話システムによって、着信が指定どおりに転送されます。
 

レコード
個々のユーザ、サービス クラス、またはその他の Cisco Unity のエンティティに関するデータの設定またはコレクションのグループです。
 

ロケーション
Cisco Unity とほかのボイス メッセージ システム(Cisco Unity システムの場合もあれば、異なる場合もあります)とのメッセージ交換に必要な、宛先指定情報を含む Cisco Unity オブジェクトです。各 Cisco Unity サーバは、プライマリ ロケーションという 1 つのロケーションに関連付けられます。これはインストール中に作成されたものであり、削除できません。