Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド (Lotus Domino版) Release 4.0(3)
Cisco Unity とファックス サーバの連 動
Cisco Unity とファックス サーバの連動
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Unity とファックス サーバの連動

概要:ファックス サーバの連動

ファックス サーバの連動

ファックス サーバの管理

電子メール クライアントを使用したファックスの送受信

タスク リスト:ファックス サーバの連動方法

Cisco Unity とファックス サーバの連動

概要:ファックス サーバの連動

ファックス サーバを Cisco Unity と連動すると、ユーザは次に示すようにファックス メッセージを管理できます。

Cisco Unity に電話からログオンし、音声による新規のファックス メッセージを他のメッセージと共に聞く。ファックス メッセージの聞き取り中は、メッセージ サマリーと音声によるコメントが流れます。ただし、ファックス メッセージの内容は聞くことができません。

他のユーザにファックス メッセージを転送できる。また、他のユーザからのファックス メッセージに対しては、ボイス メッセージで返信できますが、次の制限事項があります。


注意 音声コメントの録音、または転送されたファックス メッセージの本文に添付ファイルを付加すると、Lotus Domino サーバはメッセージ タイプを電子メールにリセットします。この動作により、Cisco Unity は転送されたメッセージをファックスとして認識できなくなります。したがって、メッセージはファックス メッセージの件数には表示されません。ファックス メッセージの通知は機能せず、ファックス用電話カンバセーションがファクシミリへメッセージを転送するオプションもありません。ユーザは、Lotus Notes クライアントを使用する場合のみ、添付ファイルまたは音声コメント付きの転送されたファックス メッセージを見ることができます。

他のメッセージ タイプと共に、新規ファックス メッセージの通知を電話またはポケットベルで受信する。

ファックス メッセージをファクシミリに送信する。ファックス メッセージに添付ファイルがある場合、Cisco Unity はセットアップ時に指定された拡張子が付いたファイルだけを許可します。その他のタイプの添付ファイルは削除され、ファイル名が Cisco Unity のファックス メッセージの最後に一覧表示されます。

他のメッセージの場合と同様に、ファックス メッセージの設定には Cisco Unity 電話通話または Cisco Unity Assistant を使用します。ファックスに電話でアクセスするユーザの場合、FaxMail 機能が選択されているサービス クラス(COS)に属している必要があります。また、電子メール メッセージをファクシミリに送信するユーザは、TTS 機能が選択されている COS に属している必要があります。

詳細については、この章の次の各項を参照してください。

「ファックス サーバの連動」:Cisco Unity とファックス サーバ間の通信方法、受信および発信ファックス メッセージのファックス サーバによる転送方法、電子メール クライアントから送信されたファックス メッセージの表示および宛て先指定の方法について説明します。

「タスク リスト:ファックス サーバの連動方法」:ファックス サーバを Cisco Unity に連動するためのセットアップ手順の概要を説明します。

ファックス サーバの連動

Cisco Unity は、Lotus Domino または Notes ゲートウェイのインストールが可能なファックス サーバに対応しており、ファックス サーバのファックス ポートに接続する専用のファックス回線を備えています。Cisco Unity で使用でき、公式にサポートされているファックス サーバのリストについては、『 Cisco Unity システム要件およびサポートされるハードウェアとソフトウェア 』を参照してください。

Cisco Unity は、Lotus Domino と通信してファックス メッセージにアクセスし、メッセージを送信します。ファックス サーバと直接対話はしません。Lotus Domino および、ファックス ゲートウェイ(ファックス サーバによって使用される場合)は、Cisco Unity とファックス サーバ間通信の手段を提供します。ファックス ゲートウェイは、利用される場合、Lotus Domino に登録され、メッセージの宛先の先頭が FAX であるすべてのメッセージを処理します。ファックス ゲートウェイは、Lotus Domino から発信されたファックス メッセージをファックス サーバに転送し、ファックス サーバが認識できる形式にメッセージを変換します。ファックス ゲートウェイは、着信メッセージも同様に転送、変換します。

Cisco Unity は、ユーザのメールボックス内のファックスを発信元または送信先ドメイン名によって認識します。Lotus Domino をサポートするすべてのファックス サーバは、すべてのファックスが転送される特殊なドメイン名(たとえば Name@Company@FaxDomain)を使用します。セットアップ時に、Cisco Unity で認識させるドメイン名を確認します。

Cisco Unity に電話からログオンしたユーザがファックスまたは電子メールのメッセージをファクシミリに送信する場合は、セットアップ時に設定したドメイン アドレス(たとえば
Name@FaxDomain)を使用して、Cisco Unity から Lotus Domino にファックス メッセージが送信されます。メッセージは、次にファックス ゲートウェイ(存在する場合)からファックス サーバに転送されます。ファックス サーバは、ファックス ポートを介してファックスを送信します。

ファクシミリに送信されたファックスまたは電子メールに添付ファイルがある場合、Cisco Unity は、セットアップ時に選択されたファイル拡張子のリストに一致する添付ファイルだけを送信します。ほとんどのファックス製品は .dcx、.tif、および .txt ファイルに対応していますが、それ以外にも必要に応じて、ファックス ゲートウェイとファックス サーバに対応したファイル拡張子を追加できます。添付ファイルをファクシミリに送信できない場合は、そのファイル名がメッセージの下部に出力されます。

ファックス サーバの管理

着信ファックス メッセージをユーザのメールボックスに送信することと、着信および発信ファックス メッセージを管理し、ログを記録することは、Cisco Unity ではなくファックス サーバの役割です。レポートやカバー ページの作成、低コスト送信などの追加機能は、Cisco Unity ではなくファックス サーバによって管理されます。Cisco Unity システム管理で、ファックス サーバまたはそのサービスが管理されることはありません。

電子メール クライアントを使用したファックスの送受信

コンピュータからファックス メッセージの内容を表示する方法は、ファックス サーバ プログラムにより異なります。たとえば、あるプログラムでは、ファックス メッセージと通常の電子メール メッセージをアイコン表示で区別できます。また、ファックス メッセージの内容を表示するビューアも装備されています。一方、別のプログラムでは、ファックス メッセージは TIF ビューアで開くことのできる添付 .tif ファイルとして、電子メール メッセージの中に表示される場合もあります。

コンピュータから送信されたファックス メッセージの宛て先指定の方法も、ファックス プログラムに依存します。たとえば、ファックス プログラムのなかには、正しいアドレス形式が使用されるよう、受信者名とファックス番号を入力する形式をとっているものもあります。

Cisco Unity と、IBM Lotus Domino Unified Communications Services (DUCS) for Cisco Unity が組み込まれた Lotus Notes には、コンピュータでファックス メッセージを送受信する方法について、特に関連する機能はありません。

タスク リスト:ファックス サーバの連動方法

ファックス サーバがすでにインストールおよび設定されている場合は、次に示すタスクのうち該当しないものは省略してください。

1. ファックス サーバの製造元のドキュメントを使用して、ファックス サーバをインストールします。

ファックス サーバ ソフトウェア、ファックス カード(使用する場合)、専用ファックス回線は、Cisco Unity サーバではなく、ファックス サーバにインストールする必要があります。

2. 着信ファックス転送を設定します。「着信ファックス転送を設定する」を参照してください。

3. Cisco Unity システム管理で、規制テーブルの設定を入力します。

必要に応じて、Default Fax 規制テーブルを修正するか、または新しい規制テーブルを作成します。詳細については、「規制テーブルの作成と変更」を参照してください。

4. Cisco Unity システム管理で、サービス クラス機能の設定を入力します。

ファックス メッセージにアクセスするユーザ用に[FaxMail]を設定します。電子メール メッセージをファクシミリに送信するユーザ用に、[FaxMail]と[電子メール(テキスト/スピーチ)]を設定します。また、ユーザがファックス送信に使用できる電話番号を制御するための規制テーブルも指定します。Cisco Unity ユーザ アカウントの設定方法に応じて、これらの機能を 1 つまたは両方備えた新しいサービス クラス(COS)を作成したあと、その COS にユーザを適宜再割り当てすることもできます。詳細については、「サービス クラスの機能設定」を参照してください。

5. ユーザへのファックス着信転送をテストします。

ファックスをファクシミリからファックス サーバに送信して、ファックス メッセージが受信者のメールボックスに転送されることを確認します。

着信ファックス転送を設定する


ステップ 1 Cisco Unity のデスクトップで、 [Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 [Tools Depot]ウィンドウの左ペインにある[Administrative Tools]で、 [Third Party Fax
Administration]
をダブルクリックします。

ステップ 3 ファックス ドメインを入力し、ファイル拡張子を確認します。必要に応じて、ファックス ゲートウェイがサポートするその他のファイル拡張子を追加します。

ステップ 4 [適用]をクリックします。

ステップ 5 Cisco Unity サーバを再起動して、変更を有効にします。