Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド(Lotus Domino版) Release 4.0(2)
ユーザ設定
ユーザ設定
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ユーザ設定

概要:ユーザ設定

ユーザ プロファイルの設定

ユーザ アカウントの設定

ユーザの電話パスワードの設定

ユーザ プライベート同報リストの設定

ユーザ メッセージの聞き取りの設定

ユーザ着信転送の設定

ユーザ グリーティングの設定

ユーザ発信者の入力の設定

ユーザ メッセージの設定

ユーザ メッセージの到着通知の設定

メッセージの到着通知のチェーン

メッセージの到着通知のカスケード

テキスト メッセージの到着通知

ユーザ代行内線番号の設定

ユーザ設定

概要:ユーザ設定

ユーザ アカウントを作成する場合、そのアカウントには基となるユーザ テンプレートで定義された設定が含まれます。個々のユーザ ページを変更することによって、このデフォルト設定をカスタマイズできます。複数のユーザの設定を一度に変更する方法については、「ユーザ アカウントの作成後」を参照してください。

Cisco Unity システム管理のユーザ ページに入力した設定の一部は、ユーザが変更することもできることに注意してください。ユーザは、Cisco Unity Assistant にアクセスするか、またはユーザの電話通話を使用することによって、設定をカスタマイズできます。Cisco Unity Assistant は、バージョン 3.1 およびそれ以前のバージョンで ActiveAssistant(AA)と呼ばれていたものです。ユーザが自分で変更できる設定の総合的なリストについては、「ユーザ、オペレータ、およびサポート デスクのオリエンテーション」の章の「 ユーザが変更できる設定 」の表を参照してください。

個々のユーザ ページ内での変更方法の詳細については、次の各項を参照してください。

「ユーザ プロファイルの設定」

「ユーザ アカウントの設定」

「ユーザの電話パスワードの設定」

「ユーザ プライベート同報リストの設定」

「ユーザ メッセージの聞き取りの設定」

「ユーザ着信転送の設定」

「ユーザ グリーティングの設定」

「ユーザ発信者の入力の設定」

「ユーザ メッセージの設定」

「ユーザ メッセージの到着通知の設定」

「ユーザ代行内線番号の設定」

ユーザ プロファイルの設定

[プロファイル]設定では、Cisco Unity によるユーザの識別方法を定義します。これらの設定の中にはユーザ テンプレートで定義される設定もありますが、ほとんどは個々のユーザに対する Cisco Unity アカウントで定義されています。

次の表に、ユーザ プロファイル設定についての詳細を示します。

 

表 17-1 [ユーザ] > [ユーザ] > [プロファイル]ページ

フィールド
説明

姓/名

表示だけです。 ユーザの名と姓。 これらのフィールドは、Person ドキュメントから自動的に入力されます。

ここに入力された名前は、宛先検索サービスに使用されます。

名前表示

表示だけです。 Person ドキュメントおよび Cisco Unity システム管理での表示と同様にユーザ名を表示します。このフィールドは、Person ドキュメントから自動的に入力されます。

ほとんどの場合、最初の 40 文字だけが表示されます。

サービス クラス

ユーザを割り当てるサービス クラスを選択します。サービス クラスは、Cisco Unity を使用する際の許可と制限を定義します。選択したサービス クラスの詳細を表示するには、[表示]リンクをクリックします。このリンクをクリックすると、[ユーザ] > [ユーザ] > [プロファイル]ページから[ユーザ] > [サービス クラス] > [プロファイル]ページに移動することに注意してください。

内線

発信者がユーザへの連絡時にダイヤルする番号を入力します。所属する組織の内線番号計画に従って、数字だけを入力します。この番号は、ローカル Cisco Unity サーバ上およびダイヤル ドメイン内(存在する場合)のすべての内線番号間で一意である必要があります。ただし、ユーザの内線番号は、ユーザのファックス ID と同じ番号でもかまいません。MWI やパーソナル グリーティングへの着信転送など、多くの電話システム統合機能では、Cisco Unity の番号計画が電話システムの番号計画と一致している必要があることに注意してください。

最大 40 文字の 0 ~ 9 までの数字の組み合せを入力します。

ファックス ID

ユーザへのファックス送信時に発信者がダイヤルする番号を入力します。この番号は、ユーザの内線番号と同じ場合があります。

ユーザへのファックス送信時に発信者がダイヤルする番号を入力します。

ファックス番号

Cisco Unity がファックスをファックス マシーンへの配信に使用する番号を入力します。ユーザが FaxMail へのアクセスを許可するサービス クラスに属する場合だけ、[ファックス番号]フィールドが表示されます。

名前の録音

ユーザの名前を録音したものです。ここでユーザの名前を録音できます。また、ユーザは、初期登録カンバセーション、設定オプション、または Cisco Unity Assistant を使用して名前を録音できます。

ユーザ名を録音するには、Media Master コントロール バーを使用します。録音済みの WAV ファイルを録音として使用するには、Media Master コントロール バーのオプション メニューにある[ファイルからのコピー]オプションを使用します。Media Master は、ファイアウォールを越えては使用できないことに注意してください。

スケジュール使用

標準および時間外のユーザ グリーティングを再生する日時を指定するスケジュール、およびグリーティング後に Cisco Unity の実行する動作を選択します。選択したスケジュールの詳細を表示するには、[表示]リンクをクリックします。このリンクをクリックすると、[プロファイル]ページから[システム] >[スケジュール]ページに移動することに注意してください。

タイム ゾーン

ユーザに対して適切なタイム ゾーンを選択します。デフォルトのタイム ゾーン設定は[デフォルト]であり、Cisco Unity サーバ上に設定されているタイム ゾーンになります。Cisco Unity サーバと異なるタイム ゾーンに位置しているユーザに対してだけ、この設定を変更します。ユーザのタイム ゾーン設定は、次のために使用されます。

メッセージの受信時刻:ユーザが電話でメッセージを聞くと、Cisco Unity は、指定されている現地時間を使用して、メッセージの受信時刻をユーザに知らせます。

メッセージの到着通知スケジュール:ユーザの[メッセージの到着通知]ページおよび Cisco Unity Assistant に表示されているスケジュールは、ユーザに対して指定されている現地時間が使用されます。

ユーザに対してタイム ゾーン設定を変更した場合でも、Cisco Unity サーバのタイム ゾーン設定が、発信者に対する標準グリーティングおよび時間外グリーティングを再生する時刻の決定に使用されることに注意してください。

スイッチ

(デュアル電話システム連動のみ)

ユーザの使用する電話システムを選択します。この設定が不正な場合、Cisco Unity では次の操作を実行できません。

ユーザからまたはユーザへ呼び出しを転送すること。

メッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)をオンまたはオフにすること。

Media Master の録音および再生デバイスとして電話機が選択されている場合、ユーザの内線番号にダイヤルすること。

[システム] > [ポート]ページでは、呼び出しに応答し、電話機による Media Master の録音/再生および MWI に対してダイヤルするために、選択した電話システムが適切な数のポートを持っていることが必要です。

次回自己登録にユーザを設定

このボックスをオンにすると、ユーザは、次回のログオン時に、名前と標準グリーティングを録音し、パスワードを設定し、宛先検索サービスに登録するかどうかを選択するように要求されます。

一度ユーザが登録されると、このチェックボックスは自動的にオフになります。この設定は、通常、新しいユーザに使用します。

電話ディレクトリに登録

このボックスをオンにして、発信者がユーザに連絡する場合に利用できる宛先検索サービスにユーザを登録します。ユーザはこのチェックボックスをオンにするだけでなく、録音した名前を電話ディレクトリに登録しておく必要もあります。

サービス クラスで許可されている場合、ユーザは、電話または Cisco Unity Assistant を使用して、この設定を変更できます。

電話セキュリティ:レベル

表示だけ です。ユーザが所属しているサービス クラス(COS)が、通常電話セキュリティ、または拡張電話セキュリティを使用するかどうかを指定します。通常セキュリティは、Cisco Unity へのログオン時に、ユーザがパスワードを使用することを指定します。拡張セキュリティは、ユーザ アカウントが RSA 2 ファクター ユーザ認証を使用することを指定します。COS の電話セキュリティ レベルは、[ユーザ] > [サービス クラス] > [プロファイル]ページで選択します。

拡張セキュリティ
ユーザ エイリアス

拡張電話セキュリティを使用している場合、ユーザ RSA エイリアスを入力します。このフィールドが空白のままである場合、Cisco Unity は Domino 簡略名をユーザの RSA エイリアスとして使用します。Cisco Unity がユーザに使用する RSA エイリアスは、ACE/Server 上の対応するユーザ アカウント内にある RSA エイリアスと一致している必要があります。ここで RSA エイリアスを変更する場合、ACE/Server 上でも Database Administrator プログラムを使用して、このエイリアスを変更する必要があります。

簡略名

表示だけです。 ユーザの Domino Person ドキュメントに指定されている簡略名。

サーバ

表示だけです。 インポート中に選択したアドレス帳に関連付けられている Domino サーバ。

データベースのファイル名

表示だけです。 ユーザの Domino Person ドキュメントの[メール]タブに指定されているメール ファイル。

ユーザ名

表示だけです。 ユーザの Domino Person ドキュメントの[基本]タブに指定されている階層的な名前。

SMTP アドレス

(インターネット ユーザのみ)

インターネット ユーザに割り当てられた電子メール(SMTP)アドレスを入力します。次のように、インターネット ユーザへのメッセージ送信先となる電子メール(SMTP)アドレスを指定します。

SMTP:alias@domain.com (e.g. aabade@cisco.com)
 

インターネット ユーザの Domino Person ドキュメントには、メール システムとして Notes が指定されません。このアドレスは、ユーザの Person ドキュメントの[転送先アドレス]にあります。ユーザ宛のメッセージは、メールボックスではなく電子メール アドレスに送信されます。

ユーザ アカウントの設定

[アカウント]の設定を使用すると、個々のユーザのアカウントの状態(アカウントがロックされているかどうか)を確認できます。ユーザ アカウントの作成に使用したテンプレートの[ユーザ] >[ユーザ テンプレート] >[アカウント]で[Cisco Unity アカウントのステータス]チェックボックスがオンである場合、Cisco Unity はユーザ アカウントを自動的にロックします。

ユーザがログオン試行に失敗した回数が、アカウントの原則に指定されている制限に達した場合も、Cisco Unity はユーザ アカウントをロックします。

ユーザが電話を使用して Cisco Unity にアクセスする場合の、ログオン試行の失敗が許容される回数は、[ユーザ] >[アカウントの原則] >[アカウントのロックアウト]ページに設定されています。

ユーザが Cisco Personal Communications Assistant(PCA)を使用して Cisco Unity にアクセスする場合の、ログオン試行の失敗が許容される回数は、[システム] >[コンフィギュレーション] >[認証プロバイダー]ページに設定されています。

ユーザが Cisco Unity システム管理またはステータス モニタを使用して Cisco Unity にアクセスし、これらのアプリケーションが統合 Windows 認証方式(デフォルト)を使用する場合は、各 Windows ドメイン アカウントに指定されているアカウントの原則によって、そのユーザ アカウントでログオン試行に何回失敗すると Windows(したがって、Cisco Unity システム管理またはステータス モニタ)にアクセスできなくなるかが決まります。

一方、ユーザが Cisco Unity システム管理またはステータス モニタを使用して Cisco Unity にアクセスし、これらのアプリケーションが Anonymous 認証方式を使用する場合、ログオン試行の失敗が許容される回数は、[システム] >[コンフィギュレーション] >[認証プロバイダー]ページに設定されています。

[アカウント]の設定を使用すると、個々のユーザ アカウントをロックアウトし、ユーザが電話または Cisco Unity Web アプリケーションを使用して Cisco Unity にアクセスすることを禁止できます。また、組織に固有の課金 ID を指定することもできます。

[アカウント]の設定では、個々のユーザ アカウントのログオン、パスワード、およびロックアウトのポリシーを変更できないことに注意してください。すべての Cisco Unity ユーザのアカウントの原則をカスタマイズする方法については、「認証設定」を参照してください。ユーザが電話から Cisco Unity にアクセスするときに適用されるアカウントの原則のセットアップについては、「アカウントの原則の設定」の章を参照してください。

次の表に、ユーザ アカウント設定についての詳細を示します。

 

表 17-2 [ユーザ] > [ユーザ] > [アカウント]ページ

フィールド
説明

Cisco Unity アカウントのステータス

ユーザ アカウントをロックする場合、このチェックボックスをオンにします。ロックを解除する場合、このボックスをオフにします。アカウントがロックされている場合、ユーザは電話で Cisco Unity にアクセスできませんが、Cisco Unity システム管理、ステータス モニタ、Cisco Personal Communications Assistant(PCA)、および IBM Lotus Domino Unified Communications Services(DUCS)for Cisco Unity が組み込まれた Lotus Notes を使用することはできます。

Cisco Unity GUI アクセスのステータス

ユーザ アカウントをロックする場合、このチェックボックスをオンにします。ロックを解除する場合、このチェックボックスをオフにします。ユーザ アカウントがロックされている場合、ユーザは Cisco Unity システム管理、ステータス モニタ、または Cisco Personal Communications Assistant(PCA)を使用して Cisco Unity にアクセスすることはできませんが、電話、または IBM Lotus Domino Unified Communications Services(DUCS)for Cisco Unity が組み込まれた Lotus Notes を使用してアクセスできます。

このフィールドでは、Windows ドメイン アカウントのロックもロック解除も行われません。

作成日

表示だけ です。ユーザ アカウントが作成された日時を表示します。

電話から最後にアクセスした日時

表示だけ です。この設定は、ユーザが電話で最後にアカウントにアクセスした日時を表示します。

課金 ID

会計情報、部門名、プロジェクト コードなど、組織固有の情報を入力します。

所有コール ハンドラ

表示だけ です。ユーザが所有するコール ハンドラを表示します。コール ハンドラを表示するには、ハンドラ名のリンクをクリックします。このコール ハンドラのリンクをクリックすると、このページから[通話管理] >[コール ハンドラ] > [プロファイル]ページに移動することに注意してください。

ユーザの電話パスワードの設定

[電話パスワード]の設定では、ユーザ自身の電話パスワードの設定、および変更を可能にするかどうかを定義します。ユーザによるパスワードの使用を要求するアカウントの原則を設定する場合、ユーザ テンプレートにデフォルトのパスワードを設定し、その後新しいユーザが、次回電話によるログオン時にパスワードの変更が必要になるようにします。

多くの組織では、ユーザが各自で自分のパスワードを管理し、必要な場合に変更を行っています。ただし、次の場合には、システム管理者がパスワードを設定する必要があります。

ユーザがパスワードを忘れた場合は、システム管理者がパスワードを再設定します。

複数のユーザが同じアカウントへのアクセス権を持つ場合、システム管理者は、パスワードをユーザが変更できないように設定できます。

ユーザは、Cisco Unity の電話通話を使用して各自の電話パスワードを変更できます。ユーザ アカウントに関連付けられているサービス クラスによっては、Cisco Unity Assistant を使用して電話パスワードを変更できる場合もあります。

電話パスワードは、オペレーティング システムまたは Cisco Unity Web アプリケーション
(Cisco Unity システム管理や Cisco Personal Communications Assistant(PCA)など)にログオンする際にユーザが使用するパスワードとは別のものであることに注意してください。Cisco Unity システム管理または Cisco PCA へのユーザ アクセスを制御するパスワード設定については、「認証設定」を参照してください。

次の表に、ユーザ パスワード設定についての詳細を示します。

 

表 17-3 [ユーザ] > [ユーザ] > [電話パスワード]ページ

フィールド
説明

ユーザによるパスワード変更を無効にする

このチェックボックスをオンにすると、ユーザは電話パスワードの変更ができなくなります。この設定の使用は、複数の人間からアクセスを受ける可能性のあるアカウントに対して最適です。このチェックボックスをオンにする場合は、[パスワードを無期限にする]チェックボックスもオンにします。

次回のログイン時にパスワードを変更させる

一時的な電話パスワードを設定し、ユーザが次回ログオン時に新しいパスワードの設定を求める場合、このチェックボックスをオンにします。

パスワードを無期限にする

低セキュリティ ユーザまたは複数の人間からアクセスを受ける可能性のあるアカウントに対しては、このボックスをオンにします。

[ユーザ] > [アカウントの原則] > [電話パスワードの制限]ページで指定されている間隔で、ユーザに電話パスワードの変更を要求する場合は、このボックスをオフにします。

パスワード

0 ~ 9 の数字を使用してパスワードを入力します。パスワードの最小長は、[ユーザ] > [アカウントの原則] > [電話パスワードの制限]ページで設定されます。

Cisco Unity でユーザに新しいパスワードの設定を要求するには、[次回アクセス時にパスワードを変更してもらう]チェックボックスもオンにします。

パスワードの確認

新しいパスワードを再度入力して、入力を確認します。

最後に変更した日時

表示だけ です。パスワードが最後に変更された日付を表示します。

ユーザ プライベート同報リストの設定

プライベート同報リストは、パブリック同報リストと同様に、ボイスメールを複数のユーザに同時に送信する場合に使用します。Cisco Unity システム管理で、ユーザのプライベート同報リストを設定できます。ただし、ボイスメールをリスト宛に送信できるのは、そのユーザだけです。ユーザは、Cisco Unity Assistant または電話を使用してプライベート同報リストの設定を行うことができます。Cisco Unity Assistant は、バージョン 3.1 およびそれ以前のバージョンで ActiveAssistant(AA)と呼ばれていたものです。詳細については、『 Cisco Unity ユーザ ガイド 』の「プライベート同報リスト設定の変更」の章を参照してください。

Cisco Unity のプライベート同報リストは、他のユーザ設定とともにサーバに保存されることに注意してください。したがって、ユーザは IBM Lotus Domino Unified Communications Services(DUCS)for Cisco Unity が組み込まれた Lotus Notes からではなく、電話でだけ、メッセージをプライベート同報リストに宛先指定できます。

詳細については、『 Cisco Unity ユーザ ガイド 』の 「メッセージの送信および返信」 の章を参照してください。『 Cisco Unity ユーザ ガイド 』は Cisco.com
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_user_guide_list.html )から入手可能です。

デジタル ネットワークを使用している場合は、『 Cisco Unity のネットワーク機能 』の「デジタル ネットワーク」の章の「Cisco Unity システム管理スコープ」の項を参照してください。『 Cisco Unity のネットワーク機能 』は Cisco.com
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/products_installation_and_configuration_guide_books_list.html )から入手可能です。

次の表に、ユーザ プライベート同報リスト設定についての詳細を示します。

 

表 17-4 [ユーザ] > [ユーザ] > [プライベート同報リスト]ページ

フィールド
説明

プライベート同報リストの選択

ページの残りの設定が適用されるリストを選択します。

選択したリストに対してこのページの設定を修正できます。新規リストを作成するには、空のリストをクリックして設定を追加するか、今後使用しないリストをクリックして設定を変更します。

リスト名

選択したリストの名前を表示します。

名前の録音

リストの名前を録音したものです。電話によるメッセージのプライベート同報リストへの宛先指定は、番号モードでのみ行われます。このため、Cisco Unity では、名前の録音を再生して、ユーザがメッセージを正しいリストに宛先指定したかどうかを確認できるようにします。

リスト名を録音するには、Media Master コントロール バーを使用します。事前に録音された WAV ファイルを使用するには、オプション メニューの[ファイルからのコピー]オプションを使用します。Media Master は、ファイアウォールを越えては使用できないことに注意してください。

<リスト名>の現在のメンバー

リスト上のユーザを表示します。プライベート同報リストに追加できるユーザ数に制限はありません。他のプライベート同報リストを、プライベート同報リストのメンバーにすることはできません。ただし、パブリック同報リストはプライベート同報リストのメンバーにできます。リストにユーザを追加または削除するには、[メンバーの変更]をクリックします。

ユーザ メッセージの聞き取りの設定

カンバセーションの設定では、ユーザに対して何のメッセージをどのように再生するかを一部定義します。さらに、カンバセーションの設定では、各ユーザに電話でメッセージを再生する順序、メッセージ タイプ メニューを再生してユーザが聞きたいメッセージのタイプを選択できるようにするかどうかを指定します。

標準の[メッセージの聞き取り]設定は、事前に録音されたインストラクションとオプションのセットで、ユーザがメッセージを聞き、送信し、管理する場合、および Cisco Unity の設定変更に応じて、Cisco Unity が電話で再生します。Cisco Unity では、Standard Conversation メッセージ メニューの選択の代替方法も提供されます。Optional Conversation 1 をセットアップするには、「ユーザに対するオプション カンバセーション 1 のアクティブ化」を参照してください。

Cisco Unityメッセージは、ユーザ テンプレート、個々のユーザ ページ、または Cisco Unity Assistant での指定どおりに、送信時刻順に(最も新しいメッセージからまたは最も古いメッセージから)再生されます。デフォルトでは、新しいメッセージはタイプに関係なくすべて古いものから順に再生され、開封済みメッセージはタイプに関係なくすべて新しいものから順に再生されます。

確認メッセージの場合を除き、緊急メッセージは、必ず、各メッセージ タイプの一般メッセージの前に再生されます(確認メッセージは送信時刻順に並べ替えられます)。また、ファックス メッセージでは、メッセージのプロパティ(たとえば、送信者や日時)だけが再生されることに注意してください。

次の表に、[メッセージの聞き取り]の設定について詳しく説明します。

 

表 17-5 [ユーザ] > [ユーザ] > [メッセージの聞き取り]ページ

フィールド
説明

メニュー スタイル

次のオプションのいずれかを選択します。

[標準ガイダンス]:ユーザには、案内のすべてが再生されます。新しいユーザのための選択肢です。

[簡易ガイダンス]:ユーザには、フル メニューの省略版が再生されます。経験のあるユーザのための選択肢です。

音量

Cisco Unity の自動メッセージの告示音量を選択します。ユーザは、電話から音量レベルを一時的に調節することもできます。

使用言語

ユーザ カンバセーションにより、ユーザに再生する案内の言語を選択します。

この設定は、テキスト/スピーチ電子メールに使用する言語も制御します(テキスト/スピーチ電子メールを使用するには、組織がテキスト/スピーチ電子メール ライセンスを購入し、適切な TTS 言語をインストールしている必要があります。テキスト/スピーチ電子メールはサービス クラスによって制御されます)。

時間形式

ユーザが電話でメッセージを聞くときにメッセージのタイムスタンプに使用される時間形式を選択します。

[システム デフォルト]:[システム] >[コンフィギュレーション] >[設定]ページの[時刻案内 - 24時間制]フィールドに指定されている時間形式で、ユーザにメッセージのタイムスタンプが聞こえます。

[12 時間制]:1:00 PM に残されたメッセージのタイプスタンプが、ユーザに 1:00 午後と聞こえます。

[24 時間制]:1:00 PM に残されたメッセージのタイムスタンプが、ユーザに 13:00 と聞こえます。

ユーザは、Cisco Unity Assistant で独自の時間形式を設定できます。

聞き取り終了後、ユーザの送信先

カンバセーションの終了時に Cisco Unity がユーザを転送する宛先を選択します。

[コール ハンドラ]:着信は選択したコール ハンドラへ送信されます。

[ディレクトリ ハンドラ]:着信は宛先検索サービスへ送信されます。

[グリーティング管理者]:着信は、電話でコール ハンドラ グリーティングを変更するためのカンバセーションへ送信されます。

[切断]:電話の接続を切ります。注意して使用します。予期しない電話の切断は、発信者に不快感を与えます。

[インタビュー ハンドラ]:着信は選択したインタビュー ハンドラへ送信されます。

[サインイン]:ユーザ ログオン通話に電話を転送します。

[ユーザ]:選択されているユーザに電話を転送します。

ユーザ確認の方法

メッセージを他のユーザ宛に出す方法を選択します。メッセージは、ユーザの内線番号を入力、またはユーザの名前か姓をキー入力することで、電話から他のユーザ宛に指定できます。名前を入力して宛先指定を行う場合は、文字キーパッドを使用する必要があります。

ユーザ カンバセーションでは、# キーを 2 回押すことにより、名前による宛先指定と内線番号による宛先指定を切り替えることができます。[システム] >[コンフィギュレーション] >[設定]ページで[入力した名前検索の使用]チェックボックスがオフである場合は、ユーザの内線番号を入力した場合に限り、電話から他のユーザ宛にメッセージを指定できることに注意してください。

ユーザの録音名

このボックスをオンにすると、ユーザが電話で Cisco Unity にアクセスしたとき、Cisco Unity でユーザの名前の録音を再生します。

このチェックボックスをオフにすると、Cisco Unity はメッセージ カウントに直接入ります。

総メッセージ数

このボックスをオンにすると、未開封のメッセージの合計件数を、Cisco Unity が通知します。この数には、ボイス、電子メール、ファックス、および配達証明メッセージも含まれます。

ボイス メッセージ数

このチェックボックスをオンにすると、まだ聞いていない音声メッセージの件数を、Cisco Unity が通知します。

電子メール メッセージ数

このチェックボックスをオンにすると、未開封の電子メール メッセージの件数を、Cisco Unity が通知します。

ファックス数

このチェックボックスをオンにすると、未開封のファックス メッセージの件数を、Cisco Unity が通知します。

開封済みメッセージ数

このボックスをオンにすると、開封済みで削除されていないメッセージの合計件数を、Cisco Unity が通知します。この数には、ボイス、電子メール、ファックス、および配達証明メッセージも含まれます。

メッセージ タイプ
メニューの選択

このボックスをオンにすると、ユーザが電話で Cisco Unity にログオンする場合、Cisco Unity が次のメニューを再生します。

ボイスメールの再生は 1 を押してください。

電子メールの再生は 2 を押してください。

ファックスの再生は 3 を押してください。

受信確認の再生は 4 を押してください。

すべてのメッセージの再生は # を押してください。

メッセージ タイプ メニューで電子メールおよびファックスのオプションを利用できますが、ユーザがテキスト/スピーチ機能と FaxMail 機能が有効なサービス クラスに割り当てられている場合にだけ Cisco Unity が電子メールおよびファックスを再生することに注意してください。

ユーザが Cisco Unity Assistant を使用して、メッセージ タイプ メニューを有効にすることもできます。

メッセージ タイプによる並べ替え

メッセージ タイプを選択し、[上へ移動]ボタンまたは[下へ移動]ボタンをクリックして、メッセージ タイプのリストの並べ替えを行います。Cisco Unity は、ここで指定した順序でメッセージを再生します。

ユーザが Cisco Unity Assistant を使用して、新しいメッセージおよび開封済みメッセージの再生順序を指定することもできます。

時間の順序

[最も新しいメッセージから]または[最も古いメッセージから]をクリックして、新しいメッセージおよび開封済みメッセージの順序を指定します。

送信者名

このボックスをオンにすると、識別されているユーザからのメッセージの場合に、Cisco Unity が、その送信者の名前を通知します。

メッセージ数

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unity がメッセージのシーケンス番号を通知します(「1 番目のメッセージ...」)。

[総メッセージ数]チェックボックスと一緒に使用すると、未開封メッセージの件数の追跡に役立ちます。

メッセージ送信時間

このボックスをオンにすると、メッセージの再生前に、Cisco Unity が、その送信日時を通知します。

メッセージ送信時間

このボックスをオンにすると、メッセージの再生後に、Cisco Unityが、その送信日時を 通知します。

ユーザ着信転送の設定

[着信転送]設定では、身元不明発信者からの通話を電話、ユーザ、またはハンドラのグリーティングに転送するかどうかを指定します。また、Cisco Unity が着信転送を処理する方法も指定します。Cisco Unity が、着信を電話システムに渡すか、相手先の応答を検出するかを指定します。

Cisco Unity は相手先応答の検出が設定されている場合、通話保留および通話スクリーニングにより拡張通話を制御できます。

通話保留を有効にすると、電話が通話中の場合に、Cisco Unity は発信者に保留にするように求めます。Cisco Unity は、保留音を再生し、約 30 秒ごとに、先に待っている発信者の人数を知らせ、発信者が保留し続けるか、メッセージを残すか、他の内線番号に接続するかを選択できるようにします。保留できる発信者の数に制限はありません。

通話保留を選択しない場合、発信者は、通話中グリーティング、標準グリーティング、時間外グリーティング、またはオプション グリーティングなど、有効になっているユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングに転送されます。

通話スクリーニングに関しては、Cisco Unity で、ユーザに接続する前に発信者の名前を要求できます。この機能により、ユーザは発信者を確認することができます。複数のユーザが電話を共有している場合には、誰宛ての通話であるかを判別できます。その後、ユーザは、通話に応答するかどうかを決めることができます。

プライマリと代行の両方の内線番号は、同じ転送設定を利用しています。次の表に、ユーザ着信転送設定についての詳細を示します。

 

表 17-6 [ユーザ] > [ユーザ] > [着信転送]ページ

フィールド
説明

電話の転送先

次のオプションのいずれかを選択します。

[転送せずグリーティングを再生する]:ユーザに割り当てられている内線番号では、身元不明発信者に対する呼び出し音が鳴りません。Cisco Unity が、ユーザ グリーティングを再生します。

[内線番号に転送する]:Cisco Unity は、ユーザに割り当てられている内線番号(隣のボックスに表示されている)に通話を転送します。[相手先応答の検出]を選択する場合、[呼び出し音の回数]フィールドと一緒に使用します。[呼び出し音の回数]フィールドでは、Cisco Unity がユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングを再生するまでに、内線番号の呼び出し音が鳴る回数を設定します。

[右欄の番号に転送する]:Cisco Unity は、隣のボックスに入力されている番号に電話を転送します。[相手先応答の検出]を選択する場合、[呼び出し音の回数]フィールドと一緒に使用します。[呼び出し音の回数]フィールドでは、Cisco Unity がユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングを再生するまでに、内線番号の呼び出し音が鳴る回数を設定します。

ユーザの COS ではなく管理者のサービス クラスに関連付けられた制限テーブルで、ユーザの特定の電話番号の入力が禁止される場合があることに注意してください。

転送のタイプ

Cisco Unity の通話転送方法を選択します。この設定は、電話/音声メッセージ システムに対する影響を理解している場合に限って、注意して使用します。

[リリース]:Cisco Unity は、発信者を保留し、内線番号をダイヤルした後、通話を電話システムに渡します。電話が通話中または応答がない場合は(Cisco Unity ではなく)電話システムが、通話をユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングに転送します。この転送タイプによって、Cisco Unity では、かかってきた電話をより迅速に処理できます。着信転送が、電話システムで有効な場合に限り、[リリース]を使用します。

[相手先応答の検出]:Cisco Unity は、転送を処理する受付係として機能します。電話が通話中または応答がない場合は(電話システムではなく)Cisco Unity が、通話をユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングに転送します。転送監視は、電話システムが着信転送を行うかどうかに関係なく使用できます。

[転送のタイプ]オプションは、[電話の転送先]が[転送せずグリーティングを再生する]に設定されている場合は使用できません。

呼び出し音の回数

Cisco Unity が、ユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングを再生するまでに、内線番号の呼び出し音が鳴る回数を選択します。

ユーザが応答できるように、この値は 3 以上に設定します。4 以上の設定は、他の内線番号に転送される可能性のある場合には特に避けます。転送先で、発信者が、さらに 4 回の呼び出し音を待つ必要がある場合があります。この値は、通話転送用の電話システムの設定よりも、呼び出し音を少なくとも 2 回少なくする必要があります。

[電話の転送先]が[転送せずグリーティングを再生する]オプションに設定されている場合、および[リリース]が選択されている場合は、このオプションは使用できません。

転送先が話し中の場合

ユーザの電話が通話中のときの身元不明発信者の通話に対して、Cisco Unity が実行する操作を選択します。通話を保留にするとポートが拘束されるため、保留オプションの使用を控える場合があります。

[発信者を保留にする]:Cisco Unity では、内線番号が通話中であることを示すプロンプトを再生します。発信者は保留にされます。

[グリーティングを再生する]:Cisco Unity は、発信者にメッセージを残すように要求するとともに、発信者が別の内線番号にダイヤルすることを許可します。

[保留してよいかどうかを発信者に問い合わせる]:Cisco Unity は、発信者がオプションとして、保留すること、メッセージを残すこと、または別の内線番号にダイヤルすることを許可します。

[リリース]が選択されている場合、および[電話の転送先]が[転送せずグリーティングを再生する]オプションに設定されている場合は、これらのオプションは使用できません。

接続案内の後に接続する

このボックスをオンにすると、ユーザが電話に応答したときに、Cisco Unity が「電話転送」と告げ、通話が身元不明発信者からのものであることを通知します。

[リリース]が選択されている場合、および[電話の転送先]が[転送せずグリーティングを再生する]オプションに設定されている場合は、このオプションは使用できません。

誰にかかってきたかを知らせる(「~さんへの電話です」)

このボックスをオンにすると、ユーザが、電話に応答したときに、「<ユーザの録音済み名> の方にお電話がはいっています。」または「<かけられた外線番号> の方にお電話がはいっています。」というように、Cisco Unity が通知します。この設定は、身元不明発信者からの電話に対してだけ適用されます。1 台の電話を共有している場合、または 1 人のユーザが複数のダイヤル内線番号に対する電話を受ける場合にこの設定を使用します。

[リリース]が選択されている場合、および[電話の転送先]が[転送せずグリーティングを再生する]オプションに設定されている場合は、このオプションは使用できません。

電話に出るかどうかを選択できる

このボックスをオンにすると、身元不明発信者からの電話を受け付けるか、拒否するかをユーザに対して、Cisco Unity が要求します。通話を受け付けると、ユーザの電話に転送されます。通話を拒否すると、Cisco Unity は、適切なユーザ グリーティングを再生します。ユーザに通話のスクリーニングを許可する場合、[スクリーニングする(発信者に自分の名前を録音してもらう)]設定と一緒に、この設定を使用します。

[リリース]が選択されている場合、および[電話の転送先]が[転送せずグリーティングを再生する]オプションに設定されている場合は、このオプションは使用できません。

スクリーニングする(発信者に自分の名前を録音してもらう)

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unity は、身元不明発信者に名前を告げるように要求します。電話に応答すると、ユーザに「...さんからの電話です」と再生した後で、Cisco Unity が電話を転送します。この設定を[電話に出るかどうかを選択できる]設定と一緒に使用すると、ユーザが電話をスクリーニングできるようになります。

[リリース]が選択されている場合、および[電話の転送先]が[転送せずグリーティングを再生する]オプションに設定されている場合は、このオプションは使用できません。

ユーザ グリーティングの設定

各ユーザおよびコール ハンドラは、最大 5 件のグリーティングを持つことができます。[グリーティング]設定では、有効にするグリーティング、および各グリーティングの間および後に Cisco Unity が行う操作を指定します。グリーティングを有効にすると、Cisco Unity が、適切な状況でのグリーティングの使用が可能になります。

発信者がユーザまたはコール ハンドラに繋がったときに再生されるグリーティングは、次の項目に依存します。

有効なスケジュール。

グリーティングの内容。

通話が内線かどうか。

呼び出された内線番号が通話中かどうか。

ユーザおよびコール ハンドラに対する Cisco Unity グリーティングには、次のタイプがあります。

 

[標準]

別のグリーティングで無効にされない限り、常時再生されます。

[時間外]

アクティブ スケジュールに対して定義されている仕事をしていない(営業外)時間再生されます。実際には、時間外グリーティングは、標準グリーティングに優先して使用され、アクティブ スケジュールに定義されている営業時間に標準グリーティングを限定することになります。

[内線]

内線発信者だけに再生されます。同僚にだけ知らせる必要のある情報を指定できます(たとえば、「午後は研究室にいます」など)。内線グリーティングは、標準グリーティングおよび時間外グリーティングよりも優先して使用されます。すべての電話システム連動が、内線グリーティングに必要なサポートを提供しているとは限りません。内線グリーティングは必ず有効にし、Cisco Unity システム管理または Cisco Unity Assistant から録音する必要があります。ユーザは電話機から内線グリーティングにアクセスできません。

[通話中]

内線が通話中のときに再生します(たとえば、「オペレータはすべて別のお客様に対応しています」)。通話中グリーティングは、標準、時間外、および内線の各グリーティングに優先して使用されます。すべての電話システム統合が通話中グリーティングに対応しているとは限りません。通話中グリーティングは、Cisco Unity システム管理または Cisco Unity Assistant から録音し、有効にする必要があることに注意してください。ユーザは、電話から通話中グリーティングにアクセスできません。

[オプション]

休暇や休日などさまざまな特別状況で使用できます(たとえば、「~で休暇中です」)。オプション グリーティングは他のすべてのグリーティングに優先して使用されます。

Cisco Unity Assistant は、バージョン 3.1 およびそれ以前のバージョンで ActiveAssistant(AA)と呼ばれていたものです。

次の表に、ユーザ グリーティング設定についての詳細を示します。

 

表 17-7 [ユーザ] > [ユーザ] > [グリーティング]ページ

フィールド
説明

グリーティングの選択

設定するグリーティングを選択します。この設定では、どのグリーティングがアクティブであるかは反映されません。

ステータス

選択したグリーティングが有効であるかどうかを示します。グリーティングが有効であれば、Cisco Unity が適切な状況でそのグリーティングを再生します。グリーティングを録音しても、グリーティングは自動的には有効になりません。ここで、有効にする必要があります。

グリーティングの内容

[グリーティングの選択]フィールドで選択したグリーティングの内容を示します。

[システム]:事前に録音されたシステムのデフォルト グリーティングを使用する場合に選択します。

[録音メッセージ]:ユーザ(またはコール ハンドラ)の個人録音メッセージを使用する場合に選択します。グリーティングを録音および再生するには、Media Master コントロール バーを使用します。録音済みの WAV ファイルを録音として使用するには、Media Master コントロール バーのオプション メニューにある[ファイルからのコピー]オプションを使用します。Media Master は、ファイアウォールを越えては使用できないことに注意してください。

[なし]:録音メッセージがない場合に選択します。グリーティングの内容が空白のままの場合、Cisco Unity では、ただちにグリーティング再生後操作を実行します。

許可 発信者の入力

このチェックボックスをオンにすると、[発信者の入力]ページで指定した設定が使用可能になります。この設定には、発信者によるグリーティング中のキー操作の割り当てが含まれます(たとえば、「アシスタントとお話しになりたい場合には、3 を押してください」)。

[発信者の入力]リンクをクリックすると、[発信者の入力]ページが表示されます。このリンクをクリックすると、[グリーティング]ページから移動することに注意してください。

グリーティング再生後

グリーティングの再生後、Cisco Unity が実行する操作を示します。

[メッセージの録音を開始]:Cisco Unity は、発信者からのメッセージを録音します。[メッセージの録音を開始]リンクをクリックすると、[メッセージ]ページが表示されます。

[サービス終了案内へ移動]:Cisco Unity は、短い終了案内を再生した後、電話を切ります。[ありがとうございました。]コール ハンドラを表示するには、[サービス終了案内へ移動]リンクをクリックします。

[他のサービスへ移行]:Cisco Unity は、選択されている宛先に電話を転送します。

[コール ハンドラ]:着信は選択したコール ハンドラへ送信されます。

[ディレクトリ ハンドラ]:着信は宛先検索サービスへ送信されます。

[グリーティング管理者]:着信は、電話でコール ハンドラ グリーティングを変更するためのカンバセーションへ送信されます。

[切断]:電話の接続を切ります。注意して使用します。予期しない電話の切断は、発信者に不快感を与えます。

[インタビュー ハンドラ]:着信は選択したインタビュー ハンドラへ送信されます。

[サインイン]:ユーザ ログオン通話に電話を転送します。

[ユーザ]:選択されているユーザに電話を転送します。

繰り返し再生-繰り返しまでの待ち時間(秒)

無音にできる時間を秒単位で指定するには、このボックスをオンにした後、右側のフィールドに値を入力します。Cisco Unity が、この秒数の間に発信者から何の入力も受け取らない場合は、Cisco Unity は、発信者に入力を再度求めます。

リトライ回数

発信者に再度入力を求める回数を指定します。ここで指定された回数の後、Cisco Unity は、グリーティング後操作を実行します。

ユーザ発信者の入力の設定

発信者の入力設定では、発信者が押すプッシュホンのキーに応答して、Cisco Unity が行う操作を定義します。Cisco Unity が発信者入力を認識するためには、[グリーティング]ページで、[許可 発信者の入力]チェックボックスをオンにしておく必要があります。

発信者入力設定を使用できるのは、Cisco Unity システム管理だけです。ただし、キー操作案内のグリーティングは、ユーザまたは管理者のどちらでも録音できます(たとえば、「今、電話に出ることはできません。アシスタントにお話しになりたい場合は 3、メッセージを残したい場合は 4、営業担当者とお話しになりたい場合は 5 を押してください」)。

次の表に、ユーザ発信者の入力の設定についての詳細を示します。

 

表 17-8 [ユーザ] > [ユーザ] > [発信者の入力]ページ

フィールド
説明

グリーティング再生中に内線番号の入力を行える

このボックスをオンにすると、グリーティングが再生されている間に、発信者が内線番号を入力できます。[ロック(キーが押されたら~)]チェックボックスといっしょに使用すると、発信者が入力できる内線番号が限定されます。

このオプションは、[グリーティング]ページで[許可 発信者の入力]チェックボックスがオフになっている場合は使用できません。

ダイヤル桁間タイマー(ミリ秒)

発信者が、ロックされていない 1 つのキーを押した後、Cisco Unity が、次の入力を待機する時間を指定します。この時間内に入力がない場合、Cisco Unity は、その 1 つのキーに割り当てられている操作を実行します。

値 1500(1.5 秒)を推奨します。

このオプションは、[グリーティング再生中に内線番号の入力を行える]チェックボックスがオフの場合には使用できません。

ロック(キーが押されたらダイヤル桁間タイマーに関係なくすぐにアクションを開始)

このボックスをオンにすると、Cisco Unity は、発信者がキーを押した後の入力を無視するようになります。Cisco Unity は、キーに割り当てられている操作を実行します。効率的な発信者入力メニューを作成するには、システムの内線番号の先頭番号であるキーを除いて、すべてのキーをロックします。内線番号への電話は、内線番号の先頭番号であるキーをロックして遮断することもできます。

すべてのキーに対する操作をロックするには、[グリーティング再生中に内線番号の入力を行える]チェックボックスをオフにします。

アクション

発信者が、対応するキーを押した後、Cisco Unity が実行するアクションを指定します。Cisco Unity が発信者入力を認識するためには、[グリーティング]ページで、[許可 発信者の入力]チェックボックスをオンにしておく必要があります。

[何もしない]:操作は何も行われません。Cisco Unity はグリーティング全体を再生してから、グリーティング後操作を実行します。

[グリーティング再生を終了]:Cisco Unity はグリーティングを省略してから、グリーティング後操作を実行します。デフォルトでは、[グリーティング再生を終了]には # が割り当てられており、グリーティングを省略する標準方法が発信者に用意されています。

[メッセージの録音を開始]:Cisco Unity は、発信者からのメッセージを録音します。グリーティングでは、メッセージを録音するということを伝える必要があります。[メッセージの録音を開始]リンクをクリックして、関連の[メッセージ]ページを表示します。

[サービス終了案内へ移動]:Cisco Unity は、短い終了案内を再生した後、電話を切ります。[ありがとうございました。]コール ハンドラを表示するには、[サービス終了案内へ移動]リンクをクリックします。

[他のサービスへ移行]:Cisco Unity は、選択されている宛先に電話を転送します。

[コール ハンドラ]:着信は選択したコール ハンドラへ送信されます。

[ディレクトリ ハンドラ]:着信は宛先検索サービスへ送信されます。

[グリーティング管理者]:着信は、電話でコール ハンドラ グリーティングを変更するためのカンバセーションへ送信されます。

[切断]:電話の接続を切ります。注意して使用します。予期しない電話の切断は、発信者に不快感を与えます。

[インタビュー ハンドラ]:着信は選択したインタビュー ハンドラへ送信されます。

[サインイン]:ユーザ ログオン通話に電話を転送します。

[ユーザ]:選択されているユーザに電話を転送します。

ユーザ メッセージの設定

[メッセージ]の設定により、次の項目が定義されます。

身元不明発信者からのメッセージの最大録音時間。(連動によっては、発信者によるメッセージの録音中、最大許容メッセージ長に達する前に警告音を再生するように、Cisco Unity を設定できます。デフォルトでは、警告音は無効になっています。警告音を有効にする方法については、「録音終了の警告音の設定」を参照してください)。

メッセージを残すときに身元不明発信者が実行できること。

メッセージを外部発信者が残すときに再生される Cisco Unity の要求の言語。

ボイスメールの有無を MWI でユーザに通知するかどうか。

ユーザにボイスメールがあるときに MWI をアクティブにする 1 つまたは複数の内線番号。

MWI を使用可能にする

Cisco Unity では、電話機上の MWI を使用して、ユーザに新しいボイスメールがあることを通知します。新しい電子メール、ファックス、または配達証明メッセージの受信を通知するのに、MWI は使用されません。


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当する[ ユーザ] >[ユーザ] >[メッセージ] ページに移動します。

ステップ 2 [MWI 使用] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

ステップ 3 [MWI 内線]テーブルの下にある[ 追加] ボタンをクリックして、行をテーブルに追加します。デフォルトでは、テーブル内の 1 つの行に、ユーザに割り当てられているプライマリ内線番号を示す「X」が含まれています。必要に応じて、この行を修正することもできます。

ステップ 4 テーブルの[内線番号]フィールドに適切な内線番号を入力します。[MWI 内線]テーブルに文字を入力する場合、次のことを考慮してください。

0 ~ 9 の数字を入力します。

a ~ z の文字を入力します(SIP 連動のみ)。

スペース、ダッシュ、括弧を使用することはできません。

1 秒のポーズを挿入するには、,(コンマ)を入力します。

電話機の # キーと * キーに対応させるには、# と * を入力します。

入力する内線番号が、プライマリ内線番号と関連する電話機とは異なるランプ コードを必要とする電話機の MWI を点灯するものである場合、使用している電話システムが複数のランプ コードをサポートするようにプログラミングされていることを確認します。

MWI はテーブル内のすべての行に対して使用可能です。

ステップ 5 [保存] アイコンをクリックします。

ステップ 6 必要に応じて、ステップ 3 ~ ステップ 5 を繰り返します。

ステップ 7 ある内線番号に対して MWI を使用不可にするには、次の手順を実行します。


 

MWI を修正または使用不可にする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、該当する[ ユーザ] >[ユーザ] >[メッセージ] ページに移動します。

ステップ 2 次の操作のいずれかを実行します。

[MWI 内線]テーブルの内線番号を適宜変更し、内線番号を修正します。

内線番号を削除するため、[MWI 内線]テーブルで削除する行の横にあるボックスをオンにし、 [削除] ボタンをクリックします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。

ステップ 4 必要に応じて、ステップ 2 ~ ステップ 3 を繰り返します。


 

次の表に、ユーザ メッセージの設定についての詳細を示します。

 

表 17-9 [ユーザ] > [ユーザ] > [メッセージ]ページ

フィールド
説明

メッセージの最大録音時間(秒)

身元不明発信者が残すことができるメッセージ録音の長さを設定します。

受信者は、身元不明発信者からのメッセージの長さを制限することが必要になる場合があります。カスタマー サービスなどのように、かなり長いメッセージを認める必要のある部門もあります。

有効な場合は、最大メッセージ長に達する前に警告音が再生されます。

メッセージの録音後

身元不明発信者がメッセージを残した後、Cisco Unity が実行する操作を指定します。

[サービス終了案内へ移動]:Cisco Unity は、短い終了案内を再生した後、電話を切ります。[ありがとうございました。]コール ハンドラを表示するには、[サービス終了案内へ移動]リンクをクリックします。

[他のサービスへ移行]:Cisco Unity は、選択されている宛先に電話を転送します。

[コール ハンドラ]:着信は選択したコール ハンドラへ送信されます。

[ディレクトリ ハンドラ]:着信は宛先検索サービスへ送信されます。

[グリーティング管理者]:着信は、電話でコール ハンドラ グリーティングを変更するためのカンバセーションへ送信されます。

[切断]:電話の接続を切ります。注意して使用します。予期しない電話の切断は、発信者に不快感を与えます。

[インタビュー ハンドラ]:着信は選択したインタビュー ハンドラへ送信されます。

[サインイン]:ユーザ ログオン通話に電話を転送します。

[ユーザ]:選択されているユーザに電話を転送します。

発信者はメッセージを編集できる

このボックスをオンにすると、発信者に対して、そのメッセージを聞き、追加、再録音、または削除するように求めることができるようになります。

メッセージを編集するための追加設定ができるようになりますが、ポートの使用時間が長くなります。

メッセージの緊急設定

Cisco Unity が許可するアクションを指定します。

[常に緊急にする]:身元不明発信者が残すメッセージにはすべて、緊急とマークします。これは、販売またはテクニカル サポートのコール ハンドラには有効な場合があります。

[常に緊急にしない]:身元不明発信者が残すメッセージに、緊急のマークはしません。

[発信者が選択できる]:Cisco Unity が、身元不明発信者に対して、そのメッセージを緊急とマークするかどうかを確認します。

Cisco Unity は、他のメッセージの前に新しい緊急メッセージを再生することに注意してください。

発信者の使用言語

発信者に対してシステム プロンプトを再生する言語を選択します。言語設定は、「発信音の後にメッセージをお話しください。」などのシステムの案内に影響します。

[デフォルト]を選択すると、Cisco Unity は、通話を処理するハンドラまたは経路指定規則で設定されている言語に従って、通話ごとにシステム案内に使用する言語を決定します。通話を処理する各規則およびハンドラに対して、言語が[デフォルト]に設定されている場合、システム案内は、デフォルトの電話言語で再生されます。

デフォルトの電話言語、およびこのフィールドに表示される言語の一覧は、[システム] > [コンフィギュレーション] > [電話言語]ページで設定されています。

MWI 使用

このボックスをオンにすると、Cisco Unity が、電話上で MWI を使用して、新しい音声メッセージの到着をユーザに警告するようになります。MWI は、新しい電子メール、ファックス、または受信確認メッセージを示すためには使用されません。

MWI

表示だけ です。ユーザに現在オンまたはオフの MWI があるかどうかを示します。

MWI 内線

[MWI 使用]フィールドが使用可能な場合、Cisco Unity は、[MWI 内線]テーブルにリストされている内線番号(複数可)を使用して MWI をアクティブにします。

デフォルトでは、テーブル内の 1 つの行に、ユーザに割り当てられているプライマリ内線番号を示す「X」が含まれています。この行を変更するか、テーブルにさらに行を追加して、Cisco Unity で別の内線番号または電話番号の MWI をアクティブにすることができます。MWI がテーブル内のすべての行に対して使用可能になっています。ある内線番号に対して MWI を使用不可にするには、テーブルからその行を削除します。

ユーザを最大で 9 個の代行 MWI に割り当てることができます。各代行 MWI 内線は一意(適用可能ならばダイヤル ドメイン レベルまで)で、長さが 30 桁を超えない必要があります(SIP 連動では、最大 30 文字のアルファベットを使用できます)。

[MWI 内線]テーブルに文字を入力する場合、次のことを考慮してください。

0 ~ 9 の数字を入力します。

(SIP 連動のみ)a ~ z の文字を入力します。

数字の間には、スペース、ダッシュ、括弧を入れることはできません。

1 秒のポーズを挿入するには、,(コンマ)を入力します。

電話機の # キーと * キーに対応させるには、# と * を入力します。

入力する内線番号が、プライマリ内線番号と関連する電話機とは異なるランプ コードを必要とする電話機の MWI を点灯するものである場合、使用している電話システムが複数のランプ コードをサポートするようにプログラミングされていることを確認します。

MWI はテーブル内のすべての行に対して使用可能です。

ユーザ メッセージの到着通知の設定

Cisco Unity は、電話またはポケットベルを呼び出すか、電子メールを送信して、新しいメッセージの到着をユーザに通知できます。メッセージの到着通知の設定により、新しいメッセージの到着を、Cisco Unity がユーザに通知する方法および時刻を制御することが可能になります。Cisco Unity システム管理を使用して、ユーザ用の通知を設定できます。また、ユーザは、使用可能であれば Cisco Unity Assistant を使用して、ユーザ用の通知を設定できます。Cisco Unity Assistant は、バージョン 3.1 およびそれ以前のバージョンで ActiveAssistant(AA)と呼ばれていたものです。ユーザは、ユーザの電話会話を使用して、自宅の電話、職場の電話、予備の電話、およびポケットベルという 4 つの通知デバイスの電話番号およびステータスも入力できます。

メッセージ通知を設定するには、通知デバイス(電話、ポケットベル、またはテキスト用ポケットベル)を選択した後、場合により、電話番号または電子メール アドレスを入力します。各デバイスの設定により、最初のデバイス、および後続のデバイスに通知を送信する方法と時刻を制御できます。一般的に、メッセージ通知の設定は、ユーザ テンプレートではなく、特定のユーザのメッセージ通知ページ上で調節します。しかし、たとえば、部門全体の新しいユーザに対して、チェーン メッセージ通知またはカスケード メッセージ通知をセットアップする必要のある場合などは、ユーザ テンプレートに通知設定を入力する必要があります。詳細については、「メッセージの到着通知のチェーン」および 「メッセージの到着通知のカスケード」を参照してください。

さらに、Cisco Unity は、メッセージ通知をテキスト メッセージという形式で、テキスト用ポケットベル、テキスト互換携帯電話、および電子メール アドレスへ送信することができます。詳細については、「テキスト メッセージの到着通知」を参照してください。

表 17-10 に、ユーザ メッセージの到着通知の設定についての詳細を示します。[ユーザ] >[ユーザ] >[メッセージの到着通知]ページにセットアップするメッセージ通知はすべて、[ユーザ] > [ユーザ] >[メッセージ]ページにセットアップするメッセージ ウェイティング インジケータに追加されることに注意してください。ユーザ テンプレートのメッセージ通知をセットアップするには、「ユーザ テンプレート メッセージの到着通知の設定」を参照してください。

メッセージの到着通知のチェーン

メッセージの到着通知は、通知を最初に選択したデバイスに送信する試みが失敗した場合、一連の通知デバイスに「チェーン」するように設定できます。通知デバイスに対する失敗の定義は、応答しない、または通話中のデバイスに再試行するために選択したオプションに基づきます。

Cisco Unity システム管理では、メッセージの到着通知をチェーンするためのポケットベル デバイスの使用を禁止しています。このデバイスへの通知は失敗しないためです。

メッセージの到着通知をチェーンする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ユーザ] >[ユーザ] >[メッセージの到着通知] ページに移動します。

ステップ 2 [通知先]リストから通知デバイスをクリックし、適切に設定を入力します。

ステップ 3 [通知失敗時の通知先]フィールドで別のデバイスをクリックします。

ステップ 4 ページの上部にある[通知先]リストでステップ 3 で指定したものと同じデバイスをクリックし、次の例外を除き、通常どおり設定を入力します。

[通知メッセージの対象]テーブルでは、通知を生成するメッセージのすべてのタイプと緊急性をオフにします。このテーブルでメッセージ タイプのボックスがオンになっているものがあると、このデバイスへのメッセージの到着通知はただちに開始され、前のデバイスへの通知の失敗を待ちません。したがって、通知はチェーンされず、すべて一度にトリガーされます。

[最初の通知を送信するまでの時間設定(分)-何分後に通知するか]フィールドでは、 0 のデフォルト設定をそのままにします。

ステップ 5 メッセージの到着通知のためにチェーンしようとする、すべての後続のデバイスに対して、ステップ 3ステップ 4 を繰り返します。


 

メッセージの到着通知のカスケード

メッセージの到着通知をカスケードする場合、広範囲の受信者に対して一連の通知を設定できます。

たとえば、テクニカル サポート部門にメッセージの到着通知の階層を作成するには、最初のメッセージの到着通知がただちに第一線のテクニカル サポート担当者のポケットベルに送信されるように設定します。次の通知は、15 分後に部門のマネージャのポケットベルに送信するようにできます。3 番目の通知は、30 分後に問題解決グループの職員に送信するようにできます。

通知のカスケードは、メッセージが受信者によって保存または削除されるまで、選択したオプションに従って継続します。

メッセージの到着通知をカスケードする


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、 [ユーザ] >[ユーザ] >[メッセージの到着通知] ページに移動します。

ステップ 2 通知デバイスを選択し、適切に設定を入力します。

ステップ 3 [最初の通知を送信するまでの時間設定(分)-何分後に通知するか]フィールドで希望する遅延を指定します。通常、デバイス間の通知に 15 分ごとなどの定期的な間隔を空けます。たとえば、1 番目のデバイスの遅延として 0 を、2 番目のデバイスの遅延として 15 を、3 番目のデバイスの遅延として 30 を指定し、以降同様に指定します。

ステップ 4 [通知失敗時の通知先]フィールドで[ なし] を選択します。

ステップ 5 2 番目のデバイスおよび後続のデバイスに対して、ステップ 2ステップ 4 を繰り返します。


 

テキスト メッセージの到着通知

Cisco Unity では、テキスト用ポケットベル、テキスト互換携帯電話、および電子メール アドレスに対するテキスト メッセージの形式で、メッセージの到着通知を送信できます。メッセージの到着通知設定で選択された基準と一致するメッセージが到着すると、Cisco Unity メッセージ システムでは、「テクニカル サポートへの緊急メッセージ」などのユーザが入力したテキスト メッセージを送信します。

メッセージ通知をテキスト用ポケットベル、携帯電話、または電子メール アドレスに送信するには、サイトが SMTP ゲートウェイを備えている必要があることに注意してください。SMTP ゲートウェイを持たないサイトでテキスト メッセージの到着通知を配信しようとすると、その通知の試みは失敗します。その場合、不達確認が Cisco Unity メッセージ システムに送信され、その後デフォルトで宛先不明メッセージ同報リストに転送されます(詳細については、「メッセージの処理」および 「適切な受信者への宛先不明メッセージの転送」を参照してください)。

次の表に、ユーザ メッセージの到着通知設定についての詳細を示します。

 

表 17-10 [ユーザ] > [ユーザ] > [メッセージの到着通知]ページ

フィールド
説明

通知先

メッセージの到着通知に使用するデバイスを選択します。

電話番号

(テキスト用ポケットベル通知では使用不可)

選択したデバイスのトランク アクセス コードを含む電話番号を入力します。電話番号には、数字の 0 ~ 9 および次のダイヤル文字を使用します。

,(コンマ)。1 秒のポーズを挿入します。

# と *。電話機の # キーと * キーに対応します。

ユーザは、電話からこの番号を変更できます。

ユーザの COS ではなく管理者のサービス クラスに関連付けられた制限テーブルで、ユーザの特定の電話番号の入力が禁止される場合があることに注意してください。

追加ダイヤル番号

(テキスト用ポケットベル通知では使用不可)

Cisco Unity がダイヤルする電話番号の後に、追加ダイヤル番号があれば入力します。追加ダイヤル番号の効果は、選択したデバイスに依存します。ポケットベルの場合、追加ダイヤル番号は、ポケットベルのディスプレイに表示されます。

追加ダイヤル オプション

(テキスト用ポケットベル通知では使用不可)

ダイヤル オプションを選択します。

[接続の検出を行う]:Cisco Unity は、[追加ダイヤル番号]内の番号にダイヤルする接続を検出するまで待機します。

[追加ダイヤルまでの待ち時間(秒)]:Cisco Unity は、指定された秒数待機してから、[追加ダイヤル番号]内の番号にダイヤルします。自動コール進捗検出機能が信頼できない場合に、このオプションを使用します。劣ったコール進捗検出の例には、雑音の多い電話回線や異常な呼び出し音パターンがあります。

宛先(電子メール アドレス)

(テキスト用ポケットベル通知のみで使用可能)

ユーザテキスト用ポケットベル、テキスト互換携帯電話、または別の電子メール アカウント(自宅の電子メール アドレスなど)の電子メール アドレスを入力します。

このフィールドには、128 文字まで入力できます。

発信元(電話番号)

(テキスト用ポケットベル通知のみで使用可能)

ユーザがテキスト互換携帯電話を持ち、テキスト用ポケットベル通知に折り返し電話番号を含める場合に、このフィールドに電話番号を入力します。通常、このフィールドには、ユーザがメッセージをチェックするためにかけた電話番号が含まれます。

発信元(電話番号)は、テキスト用ポケットベル通知または Cisco Unity Inbox 通知の最後の行に表示されます。ユーザは、多くのテキスト互換携帯電話で[Return Call]ボタンを押して、その電話番号にダイヤルできます。携帯電話では、この機能を使用するために、自動コールバック機能をサポートしている必要があります。

このフィールドには、40 文字まで入力できます。

送信

(テキスト用ポケットベル通知のみ)

テキスト用ポケットベル通知でユーザが受信するテキスト メッセージを入力します。たとえば、テクニカル サポート部門に電話してきたユーザに対して「テクニカル サポートに緊急メッセージあり」を入力することができます。

メッセージ通知設定に選択されている条件に一致するメッセージが到着すると、毎回、Cisco Unity メッセージ システムが、そのテキスト メッセージを送信します。

このフィールドには、64 文字まで入力できます。

ボイスメール、電子メール、ファックスの件数を含む

(テキスト用ポケットベル通知のみで使用可能)

テキスト用ポケットベル通知に、ボイスメール、電子メール、およびファックス メッセージのそれぞれの件数を含める場合は、このチェックボックスをオンにします。

ユーザがこの通知を受信すると、メッセージの件数が、各メッセージ タイプの行に表示されます。たとえば次のものがあります。

9 Voice mail

2 urgent voice mail

17 urgent e-mail

電子メールの件数には、不達通知受信または会議要求は含まれません。

ステータス

このデバイスに対するメッセージ通知がオンまたはオフのどちらであるかを示します。ユーザは、この設定を電話から変更できます。

[通知する]:Cisco Unity は、新しいメッセージが到着するとデバイスを呼び出します。

[通知しない]:Cisco Unity は、デバイスを呼び出しません。デバイスを使用不可にしても、その設定は削除されません。

通知メッセージの対象

Cisco Unity がデバイスを呼び出す機会となるメッセージ タイプとメッセージの緊急度を選択します。メッセージ タイプを選択しないと、Cisco Unity はデバイスを呼び出しません。

メッセージ通知デバイスのチェーンを設定するとき、このフィールドには、最初のデバイスのメッセージ タイプだけを選択します。最初のデバイス以外のデバイスに対して、何らかのメッセージ タイプを選択すると、そのデバイスに対するメッセージ通知が、ただちに始まり、前のデバイスの通知障害を待機することがなくなります。したがって、通知はチェーンされず、すべて一度にトリガーされます。

通知スケジュール

グリッドでブロックをクリックし、通知しない(通知なし)と通知する(通知可)を切り換えます。ある一日に対して、アクティブ時間と非アクティブ時間を設定した後、[スケジュール コピー(1 日当たり)]を使用して、その設定内容を別の日にコピーすることができます。

スケジュール コピー(1 日当たり)

2 日以上に渡って同じブロックをクリックする必要をなくすには、[スケジュール コピー(1 日当たり)]および[>>]を使用します。コピーする日を選択し、そのスケジュール設定のコピー先となる日を選択します。

通知オプション:

最初の通知を送信するまでの時間設定(分)-何分後に通知するか

メッセージの受信時からメッセージの到着通知がトリガーされるまでの遅延を指定します(メッセージが[通知メッセージの対象]セクションで選択された基準に一致する場合)。通知は、15 分など一定の間隔でさまざまなデバイスに送信して、カスケード メッセージ通知効果を達成できます。

遅延時間によって通知の時間がずれ、デバイス スケジュールで通知しない時間になった場合、通知は実行されません。

遅延フィールドの範囲は 0 ~ 120 分です。デフォルトは 0 分です。

通知オプション:

新しいメッセージが到着するたびに通知する

メッセージ到着後時間が経過してもそのメッセージが開封されない場合に通知を繰り返す-間隔設定(分)

ユーザのニーズに応じて、メッセージ通知のタイミングを指定するために使用します。次のオプションのいずれかを選択します。

[新しいメッセージが到着するたびに通知する]:このオプションを選択した場合、Cisco Unity は、選択された基準に一致するメッセージが到着するたびに、ただちに通知プロセスを開始します。Cisco Unity は、新しいメッセージが残っていても、デバイスが応答すれば通知は成功したと判断します(たとえば、留守番電話が応答してメッセージを録音し、電子メール受信ボックス内のメッセージは未読のままであった場合でも、通知は成功と判断されます)。

[新しいメッセージが到着するたびに通知する]オプションを有効にし、[最初の通知を送信するまでの時間設定(分)]フィールドに 0 をセットした場合は、Cisco Unity が、メッセージ通知をすぐにトリガーすることに注意してください。ただし、[最初の通知を送信するまでの時間設定(分)]フィールドに遅延時間を入力した場合は、Cisco Unity は、ただちにダイヤルしないでその分数だけ通知を遅延します。遅延時間の間に到着したメッセージにより、通知が別々にトリガーされることはありません。

[メッセージ到着後時間が経過してもそのメッセージが開封されない場合に通知を繰り返す-間隔設定(分)]:このオプションを選択し、期間を指定すると、Cisco Unity では、最初のメッセージの直後に通知を試み、指定間隔に基づいて通知スケジュールを開始します。たとえば、11:47 a.m.に繰り返し通知間隔を 5 分に設定すると、Cisco Unity では、ユーザへの新しいメッセージの通知を 11:50 a.m.、11:55 a.m.、12:00 p.m.、12:05 p.m.、12:10 p.m.、12:15 p.m.、12:20 p.m.、12:25 p.m.、などに行います。この通知スケジュールは、ユーザが 1 つ以上の新しいメッセージを持っている間有効です。

再ダイヤル頻度の範囲は、1 ~ 100 分です。

通知先が応答しない場合

(テキスト用ポケットベル通知では使用不可)

次の設定を指定します。

[呼び出し音の回数]:最低 3 回の呼び出し音に設定します。より大きい数を選択すると、ユーザが電話に応答するまでの時間を長くすることができます。

[リトライ回数]:少しの間電話から離れるユーザに連絡するには、より大きい値を選択します。呼び出し音で他の人を煩わせるのを避ける場合は、少なめに設定します。

[リトライ間隔(分)]:長時間電話から離れるユーザに連絡するには、より大きい値を選択します。

通知先が話し中の場合

(テキスト用ポケットベル通知では使用不可)

次の設定を指定します。

[リトライ回数]:電話を頻繁に使用するユーザに連絡するには、多めに設定します。

[リトライ間隔(分)]:通話時間が長いユーザに連絡するには、長めに設定します。

通知失敗時の通知先

(テキスト用ポケットベル通知では使用不可)

最初のデバイスが応答しない場合や通話中の場合、およびリトライ回数が最大回数に達した場合に、通知の送信先となる追加のデバイスのオプションを選択します。Cisco Unity は、次のデバイスがイネーブルになっていて、そのスケジュールが現在である場合に限り、それを呼び出します。

Cisco Unity は、デバイスが応答すれば、たとえば留守番電話が応答した場合にも、通知は成功したと判断します。Cisco Unity は、選択された無応答リトライと話中信号リトライをすべて最大回数まで実行した場合に限り、メッセージ通知が失敗したと判断します。

スイッチ

(デュアル電話システム連動のみ)

新しいメッセージの到着をユーザに通知するときに、Cisco Unity がダイヤル アウトする電話システムを選択します。各通知デバイス(テキスト用ポケットベルを除く)は、特定の電話システムに関連付けることができます。

[システム] > [ポート]ページで選択した電話システムには、メッセージ通知のダイヤル アウトのために少なくとも 1 つのポートを設定しておく必要があります。

ユーザ代行内線番号の設定

ユーザを割り当てる「プライマリ」内線番号の他に、ユーザを最大で 9 個の代行内線番号に割り当てることができます(プライマリ内線番号は、ユーザ アカウントを作成する際に、各ユーザに割り当てる番号です。この番号は、[ユーザ] >[ユーザ] >[プロファイル]ページに表示されます)。単一の企業域ディレクトリにアクセスする複数の Cisco Unity サーバがある場合、代行内線番号を追加することがあります。この目的は、メッセージを別の Cisco Unity サーバに関連付けられているユーザに送信する場合、またそのユーザに直接電話をかける場合に、ユーザが同じ番号を使用できるようにするためです。

代行内線番号の割り当てが不要な場合でも、ユーザの利便性のため、代行内線番号を追加することがあります。たとえば、代行内線番号は次の目的で使用できます。

ユーザの電話機で複数行表示を処理します。

携帯電話、自宅の電話、または代行職場サイトの電話からの一般の着信サービスでメッセージ アクセスができます(電話番号がこうした他の電話システムから Cisco Unity に伝えられるものと仮定した場合)。さらに、このような電話を代行内線番号として使用し、Cisco Unity に転送するように設定すると、発信者は、ユーザのプライマリ内線番号にダイヤルするときと同様に、ユーザ グリーティングを聞き、ユーザにメッセージを残すことができます。

メッセージのさまざまなロケーションにいるユーザへの送信を簡素化します。代行内線番号を追加すると、別のロケーションのユーザにメッセージの宛先を指定するときにユーザが入力する番号が、通話時にユーザがダイヤルする番号と同じになります。

SIP 電話システムとの連動のために Cisco Unity でアルファベットの内線番号を使用可能にします。

代行内線番号では、プライマリ内線番号と同じ転送設定が利用されます。多くの場合、Cisco Unity では、代行内線番号の MWI をアクティブにできます。関係する電話機と電話システムによっては、代行内線番号の設定のために、なんらかの電話システムの追加プログラミングが必要になる場合があります。詳細については、「ユーザ メッセージの設定」を参照してください。

代行内線番号を追加する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の[ ユーザ] > [代行内線番号] ページに移動します。

ステップ 2 [追加] ボタンをクリックします。

ステップ 3 [代行内線番号]テーブルで、与えられたフィールドに最大 30 文字の内線番号を入力します。

追加する各代行内線番号は一意である必要があります。Cisco Unity は、別のユーザ(プライマリまたは代行内線番号のどちらも)、パブリック同報リスト、コール ハンドラ、ディレクトリ ハンドラ、またはインタビュー ハンドラにすでに割り当てられている内線番号を受け入れません。サイトに 1 つのグループにまとめられた複数の Cisco Unity サーバがある場合、この制限はダイヤル ドメイン全体で使用されている内線番号に適用されます。

[代行内線番号]テーブルに文字を入力する場合、次のことを考慮してください。

0 ~ 9 の数字を入力します。

a ~ z の文字を入力します(SIP 連動のみ)。

スペース、ダッシュ、括弧を使用することはできません。

ステップ 4 [保存] アイコンをクリックします。代行内線番号はテーブル内のすべての行に対して使用可能です。

ステップ 5 必要に応じて、ステップ 2 ~ ステップ 4 を繰り返します。

ステップ 6 ある代行内線番号を修正または削除するには、次の「代行内線番号(複数可)を修正または削除する」の手順を実行します。

ステップ 7 1 つ以上の代行内線番号に対して MWI を使用可能にするには、「MWI を使用可能にする」の手順を実行します。


 

代行内線番号(複数可)を修正または削除する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の[ ユーザ] > [代行内線番号] ページに移動します。

ステップ 2 次の操作のいずれかを実行します。

内線番号を修正するために、[代行内線番号]テーブルの内線番号を適宜変更します。

内線番号を削除するために、削除する内線番号の横にあるボックスをオンにし、 [削除] ボタンをクリックします。

テーブルにリストされているすべての内線番号を削除するために、 [すべて選択] ボタンをクリックし、 [削除] ボタンをクリックします。

ステップ 3 [保存] アイコンをクリックします。

ステップ 4 必要に応じて、ステップ 2 ~ ステップ 3 を繰り返します。


 

次の表に、ユーザ代行内線番号の設定についての詳細を示します。

 

表 17-11 [ユーザ] > [ユーザ] > [代行内線番号]ページ

フィールド
説明

代行内線番号

割り当てる各代行内線番号に対して、[追加]をクリックし、与えられるフィールドに内線番号を入力します。

ユーザを最大で 9 個の代行内線番号に割り当てることができます。各番号は一意(適用可能ならばダイヤル ドメイン レベルまで)で、長さが 30 文字を超えない必要があります。

[代行内線番号]テーブルに文字を入力する場合、次のことを考慮してください。

0 ~ 9 の数字を入力します。

(SIP 連動のみ)a ~ z の文字を入力します。

文字の間には、スペース、ダッシュ、括弧を入れることはできません。

デジタル ネットワークを設定する場合、ユーザ電話機での複数行表示を処理する場合、アルファベットの内線番号を処理する場合、またはユーザ電話機に加えて携帯電話、自宅の電話、または代行職場サイトの電話を使用して通話するユーザおよび発信者の便宜を図るために使用します。