Cisco Unity Administrator インターフェイス リファレンスガイド
Cisco Unity 8.x ユーザ設定
Cisco Unity 8.x ユーザ設定
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x ユーザ設定

[ユーザ(Subscriber)] の [プロファイル(Profile)] ページ

[ユーザ(Subscriber)] の [アカウント(Account)] ページ

[ユーザ(Subscriber)] の [電話パスワード(Phone Password)] ページ

[ユーザ(Subscriber)] の [プライベート同報リスト(Private Lists)] ページ

[ユーザ(Subscriber)] の [ガイダンス(Conversation)] ページ

[ユーザ(Subscriber)] の [着信転送(Transfer)] ページ

[ユーザ(Subscriber)] の [グリーティング(Greetings)] ページ

[ユーザ(Subscriber)] の [発信者の入力(Caller Input)] ページ

[ユーザ(Subscriber)] の [メッセージ(Messages)] ページ

[ユーザ(Subscriber)] の [メッセージの到着通知(Message Notification)] ページ

[ユーザ(Subscriber)] の [代行内線番号(Alternate Extensions)] ページ

[ユーザ(Subscriber)] の [代行名(Alternate Name)] ページ

[ユーザ(Subscriber)] の [機能(Features)] ページ

Cisco Unity 8.x ユーザ設定

[ユーザ(Subscriber)] の [プロファイル(Profile)] ページ

 

表 4-1 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [プロファイル(Profile)] ページ

フィールド
説明

[姓/名(First Name/Last Name)]

ユーザの姓と名が表示されます。ユーザの名前を変更するには、ここに新しい名前を入力し、[保存(Save)] アイコンをクリックします。

ここに入力された名前は、宛先検索サービスに使用されます。ユーザは、録音した名前を電話ディレクトリに登録しておく必要もあります。

[表示名(Display Name)]

Exchange および Cisco Unity Administrator システム管理での表示と同じようにユーザ名が表示されます。

Cisco Unity Bridge とのネットワーク通信が設定されている場合、Cisco Unity ユーザの表示名は、NameNet を通じて伝搬される Octel テキスト名に対応します。ただし、表示名の最初の 20 文字だけが Bridge に送信されます。

ほとんどの場合、最初の 40 文字だけが表示されます。

[サービス クラス(Class of Service)]

ユーザを割り当てるサービス クラスを選択します。サービス クラスは、Cisco Unity を使用する際の許可と制限を定義します。選択したサービス クラスの詳細を表示するには、[表示(View)] リンクをクリックします。このリンクをクリックすると、[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [プロファイル(Profile)] ページから [ユーザ(Subscribers)] >
[サービス クラス(Class of Service)] > [プロファイル(Profile)] ページに移動することに注意してください。

[内線(Extension)]

発信者がユーザへの連絡時にダイヤルする番号を入力します。所属する組織の内線番号計画に従って、数字だけを入力します。この番号は、ローカル Cisco Unity サーバ上およびダイヤル ドメイン内(存在する場合)のすべての内線番号間で一意である必要があります。ただし、ユーザの内線番号には、ユーザのファックス ID と同じ番号を使用できます。MWI やパーソナル グリーティングへの着信転送など、多くの電話システム統合機能では、Cisco Unity の番号計画が電話システムの番号計画と一致している必要があることに注意してください。

最大 40 文字の 0 ~ 9 までの数字の組み合せを入力します。

Active Directory では、内線番号の値は、ユーザの [プロパティ(Properties)] ダイアログボックスの [全般(General)] タブの [電話番号(Telephone)] フィールドの値です。Exchange メールボックスを所有するユーザをインポートする場合は、この値が Active Directory から Cisco Unity にコピーされます。内線番号の値は Cisco Unity データベース内で一意のままである必要があります。したがって、その後 Cisco Unity でこの値を変更しても、このフィールドのデータは Active Directory に複製されず、その逆も行われません。

[ファックス ID(Fax ID)]

ユーザへのファックス送信時に発信者がダイヤルする番号を入力します。この番号は、ユーザの内線番号と同じ場合があります。

Active Directory では、ファックス ID の値は、ユーザの [プロパティ(Properties)] ダイアログボックスの [電話(Telephones)] タブの [FAX] フィールドの値です。Exchange メールボックスを所有するユーザをインポートする場合は、この値が Active Directory から Cisco Unity にコピーされます。その後 Cisco Unity でこの値を変更すると、このフィールドのデータは Active Directory に複製され、その逆も行われます。

[ファックス転送番号(Fax Delivery Number)]

Cisco Unity がファックス メッセージをファクシミリへ配信する場合に使用する番号を入力します。ユーザが FaxMail へのアクセスを許可するサービス クラスに属する場合だけ、[ファックス番号(Fax Delivery Number)] フィールドが表示されます。

[名前の録音(Recorded Voice)]

ユーザの名前の録音。ここでユーザの名前を録音できます。また、ユーザは、自己登録カンバセーション、設定オプション、または Cisco Unity Assistant を使用して、名前を録音できます。

ユーザ名を録音するには、Media Master コントロール バーを使用します。録音済みの WAV ファイルを録音として使用するには、Media Master コントロール バーのオプション メニューにある [ファイルからのコピー(Paste From File)] オプションを使用します。

[有効なスケジュール(Active Schedule)]

標準および時間外のユーザ グリーティングを再生する日時を指定するスケジュール、およびグリーティング後に Cisco Unity の実行する動作を選択します。選択したスケジュールの詳細を表示するには、[表示(View)] リンクをクリックします。このリンクをクリックすると、[プロファイル(Profile)] ページから [システム(System)] > [スケジュール(Schedules)] ページに移動することに注意してください。

[タイム ゾーン(Time Zone)]

ユーザに対して適切なタイム ゾーンを選択します。デフォルトのタイム ゾーン設定は [デフォルト(Default)] であり、Cisco Unity サーバ上に設定されているタイム ゾーンになります。Cisco Unity サーバと異なるタイム ゾーンに位置しているユーザに対してだけ、この設定を変更します。ユーザのタイム ゾーン設定は、次のために使用されます。

メッセージの受信時刻:ユーザが電話でメッセージを聞くと、Cisco Unity は、指定されている現地時間を使用して、メッセージの受信時刻をユーザに知らせます。

メッセージの到着通知スケジュール:ユーザのメッセージの到着通知ページおよび Cisco Unity Assistant に表示されるスケジュールには、ユーザに対して指定されている現地時間が使用されます。

ユーザに対してタイム ゾーン設定を変更した場合でも、Cisco Unity サーバのタイム ゾーン設定が、発信者に対する標準グリーティングおよび時間外グリーティングを再生する時刻の決定に使用されることに注意してください。

[スイッチ(Switch)]

ユーザの使用する電話システムを選択します。この設定が正しくない場合、Cisco Unity では次の操作を実行できません。

ユーザからまたはユーザへ呼び出しを転送すること。

メッセージ ウェイティング インジケータ(MWI)をオンまたはオフにすること。

Media Master の録音および再生デバイスとして電話機が選択されている場合、ユーザの内線番号にダイヤルすること。

[システム(System)] > [ポート(Ports)] ページでは、呼び出しに応答し、MWI および Media Master の録音/再生を電話からダイヤル操作できるように、選択した電話システムに適切な数のポートを設定する必要があります。

[メッセージの再生速度(Message Playback Speed)]

ユーザが電話でメッセージを再生するときに、ユーザ メッセージの本文およびファックス メッセージの録音された音声コメントが Cisco Unity によって再生される速度を選択します。ユーザは、Cisco Unity Assistant で再生速度を調整できます。

メッセージ再生用に指定した速度は、テキスト/スピーチ(TTS)メッセージ、受信確認、またはメッセージ ヘッダー/メッセージ フッターの速度には影響しません。TTS メッセージは、常に標準速度で再生されます。一方、Cisco Unity での受信確認、メッセージ ヘッダー、およびメッセージ フッターの再生速度は、Cisco Unity カンバセーション用に指定されたプロンプトの速度によって決まります。

ユーザは、Media Master コントロール バーを使用して、コンピュータのスピーカを調節することにより、メッセージの再生速度を調整できます。

デフォルトは [標準(Normal)] です。

[ガイダンスの再生速度(Conversation Speed)]

Cisco Unity がユーザに対してプロンプト(録音ボイス名、受信確認、メッセージ ヘッダー/フッター、およびユーザ グリーティングを含む)を再生する速度を選択します。

デフォルトは [標準(Normal)] です。

[ディレクトリ ハンドラのアクセス制限(Limit Directory Handler Access)]

ユーザが電話でメッセージの宛先を別のユーザに指定する場合、およびユーザが電話で他のユーザを自分のプライベート同報リストに追加する場合に、ユーザに影響する制限を設定するかどうかを選択します。ここでの選択により、選択できるユーザがディレクトリ ハンドラに登録されているユーザに限定されるかどうかが決まります。

[限度制限なし(Not Limited)] :ユーザは、ディレクトリ ハンドラに登録されているユーザに制限されません。

[アクセス制限(Limit Access To)] :ユーザは、指定のディレクトリ ハンドラに登録されているユーザに制限されます。[アクセス制限(Limit Access To)] を選択する場合は、[選択(Select)] をクリックし、[ディレクトリ ハンドラの選択(Directory Handler Selection)] ダイアログボックスでディレクトリ ハンドラを指定して、[選択(Select)] をクリックします。

[次回ログイン時に自己登録でユーザを設定(Set Subscriber for Self-Enrollment at Next Login)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザは、次回のログオン時に、名前と標準グリーティングを録音し、パスワードを設定し、宛先検索サービスに登録するかどうかを選択するように要求されます。

ユーザが登録処理を完了すると、このチェックボックスは自動的にオフになります。この設定は、通常、新しいユーザに使用します。

[電話ディレクトリに登録(List in Phone Directory)]

このチェックボックスをオンにして、発信者がユーザに連絡する場合に利用できる宛先検索サービスにユーザを登録します。ユーザはこのチェックボックスをオンにするだけでなく、録音した名前を電話ディレクトリに登録しておく必要もあります。

サービス クラスで許可されている場合、ユーザは、電話または Cisco Unity Assistant を使用して、この設定を変更できます。

[電子メール サーバのアドレス帳でのユーザ表示(Show Subscriber in Email Server Address Book)]

このチェックボックスがオフの場合、Outlook アドレス帳にユーザを一覧表示することはできません。Outlook アドレス帳でユーザが表示されなくなっても、Exchange はユーザ宛の電子メール メッセージを送信します。ただし、その他のユーザが Outlook アドレス帳を使用してユーザにメッセージを宛先指定することができなくなるため、メッセージ数が減る場合があります。

[電話セキュリティ レベル(Phone Security Level)]

表示専用です。 ユーザが属しているサービス クラス(COS)が、通常電話セキュリティ、または拡張電話セキュリティを使用するかどうかを指定します。通常セキュリティは、Cisco Unity へのログオン時に、ユーザがパスワードを使用することを指定します。拡張セキュリティは、ユーザ アカウントが RSA 2 ファクタ ユーザ認証を使用することを指定します。COS の電話セキュリティ レベルは、[ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] > [プロファイル(Profile)] ページで選択します。

[拡張セキュリティ ユーザ エイリアス(Enhanced Security User Alias)]

拡張電話セキュリティを使用している場合、ユーザ RSA エイリアスを入力します。このフィールドが空白のままである場合、Cisco Unity は、ユーザの Exchange エイリアスを RSA エイリアスとして使用します。Cisco Unity がユーザに使用する RSA エイリアスは、ACE/Server 上の対応するユーザ アカウント内にある RSA エイリアスと一致している必要があります。ここで RSA エイリアスを変更する場合、ACE/Server 上でも Database Administrator プログラムを使用して、このエイリアスを変更する必要があります。

[Exchange エイリアス(Exchange Alias)]

表示専用です。 Exchange 上のユーザ エイリアスです。ユーザ エイリアスを変更するには、[Active Directory ユーザとコンピュータ(Active Directory Users and Computers)] で変更する必要があります。変更内容は、Cisco Unity がその SQL Server データベースを Active Directory と同期化した後、Cisco Unity Administratorで表示可能になります。この同期化は 15 分ごとに実行されます。その後、Cisco Unity Administratorで変更内容を表示するには、ブラウザをリフレッシュします。

[Exchange サーバ(Exchange Server)]

表示専用です。 ユーザへのメッセージが保管されるホーム サーバです。

[SMTP アドレス(SMTP Address)]

(インターネット ユーザのみ)

インターネット ユーザへのメッセージの送信先となる電子メール(SMTP)アドレスを指定します。アドレスを次の形式で入力します。

alias@domain.com
(たとえば、aabade@cisco.com)

インターネット ユーザには、メールボックスはありません(インターネット ユーザは、Exchange/Active Directory のメール可能な接続先に相当します)。ユーザ宛のメッセージは、メールボックスではなく電子メール アドレスに送信されます。

[AMIS リモート メールボックス番号(AMIS Remote Mailbox Number)]

(AMIS ユーザのみ)

メールボックス番号を入力します。リモート ボイス メッセージ システムでは、この番号を使用して、ユーザに AMIS メッセージが送信されます。

[AMIS ロケーション(AMIS Location)]

(AMIS ユーザのみ)

AMIS ユーザが関連付けられている AMIS ロケーションを選択します。指定する AMIS ロケーションは、この AMIS ユーザが使用するボイス メッセージ システムに対応します。AMIS ロケーションの送信電話番号は、このユーザ宛ての発信メッセージに使用されます。複数の Cisco Unity サーバを使用したインストールでは、この Cisco Unity サーバ上に作成されたロケーションだけがリストに表示されます。

[Bridge リモート メールボックス番号(Bridge Remote Mailbox Number)]

(Bridge ユーザのみ)

メールボックス番号を入力します。リモート ボイス メッセージ システムでは、この番号を使用して、この Bridge ユーザにメッセージが送信されます。

[Bridge ロケーション(Bridge Location)]

(Bridge ユーザのみ)

Bridge ユーザが関連付けられている Bridge ロケーションを選択します。指定する Bridge ロケーションは、この Bridge ユーザが使用する Octel システムに対応します。複数の Cisco Unity ブリッジヘッド サーバを使用したインストールでは、この Cisco Unity サーバ上に作成された Bridge 配信ロケーションだけがリストに表示されます。

[VPIM リモート メールボックス番号(VPIM Remote Mailbox Number)]

(VPIM ユーザのみ)

メールボックス番号を入力します。リモート ボイス メッセージ システムでは、この番号を使用して、この VPIM ユーザにメッセージが送信されます。

[VPIM ロケーション(VPIM Location)]

(VPIM ユーザのみ)

VPIM ユーザが関連付けられている VPIM ロケーションを選択します。指定する VPIM ロケーションは、この VPIM ユーザが使用するボイス メッセージ システムに対応します。複数の Cisco Unity サーバを使用したインストールでは、この Cisco Unity サーバ上に作成された VPIM 配信ロケーションだけがリストに表示されます。

[Unity ノード シリアル番号(Unity Node Serial Number)]

(Bridge ネットワーク オプションが設定されている場合のみ)

新しいシリアル番号をリストから選択、または入力します。これは、Octel アナログ ネットワーク内で、Cisco Unity ユーザが関連付けられるノードのシリアル番号です。0 ~ 9 までの数字の組み合せを入力します。スペースは入れないでください。一般的に、シリアル番号は 4 ~ 5 文字です(ただし、Cisco Unity Administratorでは最大で 64 文字まで可能です)。

Unity ノード シリアル番号が表示されるのは、Active Directory スキーマが Bridge ネットワーク オプション用に拡張され、Cisco Unity Administratorの [コンフィギュレーション(Configuration)] > [設定(Settings)] ページにある [ Cisco Unity Bridge ネットワークで必要なフィールドを表示する(Display Fields Required for Cisco Unity Bridge Networking)] チェックボックスがオンになっている場合だけです。

Unity ノード シリアル番号と旧メールボックス ID は、Cisco Unity Bridge 経由で Octel システム上のユーザとメッセージを送受信する Cisco Unity ユーザすべてに必要です。これらの番号がないと、Cisco Unity ユーザは Octel ユーザとの間でメッセージを送受信することができません。

[Unity ノード シリアル番号(Unity Node Serial Number)] フィールドをデフォルト設定の [なし(None)] 以外に設定する場合は、旧メールボックス ID の値を入力する必要があります。

各 Unity ノード シリアル番号に対して、旧メールボックス ID の値はグローバル ディレクトリ内で一意である必要があります。Unity ノード シリアル番号と旧メールボックス ID の組み合せにより、Octel アナログ ネットワーク内のユーザが一意に識別されます。[保存(Save)] アイコンをクリックしたときに、Unity ノード シリアル番号と旧メールボックス ID がすでに使用されていることを Cisco Unity Administratorが検知すると、エラー メッセージが表示され、ユーザ アカウントは作成されません。

[旧メールボックス ID(Legacy Mailbox ID)]

(Octel システムとの間でメッセージを送受信するように Bridge ネットワーク オプションが設定されている場合のみ)

ユーザのメールボックス番号を入力します。ユーザが Octel システムから Cisco Unity に移行した場合は、Octel システム上でユーザに割り当てられていたメールボックス番号を使用します。0 ~ 9 までの数字の組み合せを入力します。スペースは入れないでください。一般的に、メールボックス番号は 3 ~ 10 文字です(ただし、Cisco Unity Administratorは最大で 64 文字まで可能です)。旧メールボックス ID とユーザの内線番号は、同じ番号にする必要がないことに注意してください。

Octel から最近移行した Cisco Unity ユーザの場合は、Octel システム上でユーザに割り当てられていたメールボックス番号を入力します。この設定により、残りの Octel ユーザは、ユーザの移行前の番号と同じものを使用して、メッセージを宛先指定できるようになります。

既存の Cisco Unity ユーザ(Cisco Unity の以前のバージョンおよび Bridge を使用して Octel から移行したユーザを含む)の場合は、Cisco Unity ユーザにメッセージを宛先指定するときに Octel ユーザがダイヤルする番号(ロケーション ダイヤル ID およびプレフィックスを除く)を入力します。

旧メールボックス ID が表示されるのは、Active Directory スキーマが Bridge ネットワーク オプション用に拡張され、Cisco Unity Administratorの [コンフィギュレーション(Configuration)] > [設定(Settings)] ページにある [Cisco Unity Bridge ネットワークで必要なフィールドを表示する(Display Fields Required for Cisco Unity Bridge Networking)] チェックボックスがオンになっている場合だけです。

Unity ノード シリアル番号と旧メールボックス ID は、Cisco Unity Bridge 経由で Octel システム上のユーザとメッセージを送受信する Cisco Unity ユーザすべてに必要です。これらの番号がないと、Cisco Unity ユーザは Octel ユーザとの間でメッセージを送受信することができません。

[Unity ノード シリアル番号(Unity Node Serial Number)] フィールドをデフォルト設定の [なし(None)] 以外に設定する場合は、旧メールボックス ID の値を入力する必要があります。

各 Unity ノード シリアル番号に対して、旧メールボックス ID の値はグローバル ディレクトリ内で一意である必要があります。Unity ノード シリアル番号と旧メールボックス ID の組み合せにより、Octel アナログ ネットワーク内のユーザが一意に識別されます。[保存(Save)] アイコンをクリックしたときに、Unity ノード シリアル番号と旧メールボックス ID がすでに使用されていることを Cisco Unity Administratorが検知すると、エラー メッセージが表示され、ユーザ アカウントは作成されません。

[ユーザ(Subscriber)] の [アカウント(Account)] ページ

 

表 4-2 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [アカウント(Account)] ページ

フィールド
説明

[Cisco Unity TUI アクセスのステータス(Cisco Unity TUI Access Status)]

ユーザ アカウントをロックする場合、このチェックボックスをオンにします。ロックを解除する場合、このチェックボックスをオフにします。アカウントがロックされている場合、ユーザは電話で Cisco Unity にアクセスすることはできませんが、Cisco Unity Administrator、ステータス モニタ、Cisco Personal Communications Assistant(PCA)、ViewMail を使用することはできます。

[Cisco Unity GUI アクセスのステータス(Cisco Unity GUI Access Status)]

ユーザ アカウントをロックする場合、このチェックボックスをオンにします。ロックを解除する場合、このチェックボックスをオフにします。ユーザ アカウントがロックされている場合、ユーザは Cisco Unity Administrator、ステータス モニタ、または Cisco Personal Communications Assistant(PCA)を使用して Cisco Unity にアクセスすることはできませんが、電話または ViewMail を使用してアクセスできます。

[作成済みアカウント(Account Created)]

表示専用です。 ユーザ アカウントが作成された日付と時刻が表示されます。

[最後の TUI アクセス(Last TUI Access)]

表示専用です。 ユーザが電話で最後にアカウントにアクセスした日時が表示されます。

[課金 ID(Billing ID)]

会計情報、部門名、プロジェクト コードなど、組織固有の情報を入力します。この情報は、ユーザ レポートに含めることができます。

[所有コール ハンドラ(Call Handlers Owned)]

表示専用です。 ユーザが所有するコール ハンドラが表示されます。コール ハンドラを表示するには、ハンドラ名のリンクをクリックします。コール ハンドラのリンクをクリックすると、このページから [通話管理(Call Management)] > [コール ハンドラ(Call Handlers)] > [プロファイル(Profile)] ページに移動することに注意してください。

[Winodws NT アカウントのステータス(Windows NT Account Status)]

表示専用です。 ユーザの Active Directory のステータスが表示されます。Active Directory アカウントが無効な場合、ユーザは Cisco Unity Administrator、ステータス モニタ、または Cisco Personal Communications Assistant(PCA)にアクセスすることも、ViewMail for Outlook で Media Master の録音および再生デバイスとして電話機を使用することもできません。

Active Directory アカウントは、Cisco Unity Administratorから有効にすることはできません。

[ユーザ(Subscriber)] の [電話パスワード(Phone Password)] ページ

 

表 4-3 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [電話パスワード(Phone Password)] ページ

フィールド
説明

[電話パスワードの入力要求(Prompt for Phone Password)]

([ユーザ テンプレート (Subscriber Template)] ページには表示されません)

ユーザが Cisco Unity にログオンするときに Cisco Unity が電話パスワードの入力を要求するかどうかを指定します。

[常に(Always)] :Cisco Unity は、ユーザがメールボックスにアクセスするのを許可する前に、電話パスワードの入力を要求します。

[ユーザが不明な内線から発信する場合のみ(Only When User Calls From Unknown Extension)] :ユーザがユーザ アカウントに関連付けられていない番号から Cisco Unity を呼び出した場合、Cisco Unity は、ユーザがメールボックスにアクセスするのを許可する前に、電話パスワードの入力を要求します。このチェックボックスがオンになっていても、ユーザがプライマリ内線番号または代行用デバイスから発信した場合は、パスワードを入力する必要がありません。

(注) セキュリティ上の理由から、組織内の共有作業スペース、パーティションで区切られたスペース、またはその他の公共エリア(ロビー、受付など)で作業するユーザに対しては、パスワードを入力せずに電話から Cisco Unity にアクセスすることを許可しない方がよい場合があります。この設定は、Phone View や Message Monitor などの電話ベースのクライアントにも影響します。ユーザがこれらのクライアントを使用している場合は、ユーザがパスワードを入力せずに Cisco Unity にアクセスできないようにすることをお勧めします。

[ユーザによるパスワード変更を無効にする(User Cannot Change Password)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザは電話パスワードの変更ができなくなります。この設定の使用は、複数の人間からアクセスを受ける可能性のあるアカウントに対して最適です。このチェックボックスをオンにする場合は、[パスワードを無期限にする(Password Never Expires)] チェックボックスもオンにします。

このチェックボックスをオフのままにすると、ユーザは Cisco Unity 電話通話または Cisco Unity Assistant を使用して電話パスワードを設定することができます。

[次回のログイン時にパスワードを変更させる(User Must Change Password at Next Login)]

一時的な電話パスワードを設定しておき、ユーザが次回電話で Cisco Unity にログオンするときに新しいパスワードの設定を求める場合は、このチェックボックスをオンにします。

ユーザ アカウントを不正アクセスや電話不正利用から保護するため、桁数が多く(8 桁以上)、見破られにくいパスワードを指定することをユーザに推奨するか、[ユーザ(Subscribers)] > [アカウントの原則(Account Policy)] > [電話パスワードの制限(Phone Password Restrictions)] ページの設定を使用して、このようなパスワードを指定するようにユーザに要求します。

[パスワードを無期限にする(Password Never Expires)]

低セキュリティ ユーザまたは複数の人間からアクセスを受ける可能性のあるアカウントに対しては、このチェックボックスをオンにします。

[ユーザ(Subscribers)] > [アカウントの原則(Account Policy)] > [電話パスワードの制限(Phone Password Restrictions)] ページで指定されている間隔で、ユーザに電話パスワードの変更を要求する場合は、このチェックボックスをオフにします。

[パスワード(Password)]

0 ~ 9 の数字を使用してパスワードを入力します。Cisco Unity を不正アクセスや電話不正利用から保護するため、桁数が多く(8 桁以上)、見破られにくいパスワードを入力します (パスワードの複雑性条件は、[ユーザ(Subscribers)] > [アカウントの原則(Account Policy)] > [電話パスワードの制限(Phone Password Restrictions)] ページで設定します)。

Cisco Unity でユーザに新しいパスワードの設定を要求するには、[次回のログイン時にパスワードを変更させる(User Must Change Password at Next Login)] チェックボックスもオンにします。

[パスワードの確認(Confirm Password)]

新しいパスワードを再度入力して、入力を確認します。

[最後に変更した日時(Date of Last Change)]

表示専用です。 パスワードが最後に変更された日付が表示されます。

[ユーザ(Subscriber)] の [プライベート同報リスト(Private Lists)] ページ

 

表 4-4 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [プライベート同報リスト(Private Lists)] ページ

フィールド
説明

[プライベート同報リストの選択(Private Lists)]

ページの残りの設定が適用されるリストを選択します。

選択したリストに対してこのページの設定を修正できます。新規リストを作成するには、空のリストをクリックして設定を追加するか、今後使用しないリストをクリックして設定を変更します。

[リスト名(Name of List)]

選択したリストの名前が表示されます。名前は Cisco Unity Inbox アドレス帳に表示されます。

[名前の録音(Recorded Name)]

リストの名前の録音。電話によるメッセージのプライベート同報リストへの宛先指定は、番号モードでのみ行われます。このため、Cisco Unity では、名前の録音を再生して、ユーザがメッセージを正しいリストに宛先指定したことを確認できるようにします。

リスト名を録音するには、Media Master コントロール バーを使用します。事前に録音された WAV ファイルを使用するには、オプション メニューの [ファイルからのコピー(Paste From File)] オプションを使用します。

[<リスト名> の現在のメンバー(Current Members of <List>)]

プライベート同報リストの現在のメンバーが表示されます。リストにメンバーを追加または削除するには、[メンバーの変更(Change Members)] をクリックします。ユーザおよびパブリック同報リストをプライベート同報リストのメンバーにすることができます。他のプライベート同報リストをプライベート同報リストのメンバーにすることはできません。

システム管理者がこのページを使用してプライベート同報リストにメンバーを追加する場合、追加できるメンバー数に制限はありません。ユーザが Cisco Unity カンバセーションまたは Cisco Unity Assistant を使用してリストにメンバーを追加する場合、リストに追加できるメンバーの最大数はユーザのサービス クラスによって決まります。ユーザが追加できるメンバーの最大数を変更するには、該当する [ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] > [機能(Features)] ページで [メンバーの最大数(リスト当たり)(Maximum Members Per List)] の設定を参照してください。

[ユーザ(Subscriber)] の [ガイダンス(Conversation)] ページ

 

表 4-5 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [ガイダンス(Conversation)] ページ

フィールド
説明

[メニュー スタイル(Menu Style)]

次のオプションのいずれかを選択します。

[標準ガイダンス(Full Menus)] :ユーザには、案内のすべてが再生されます。新しいユーザのための選択肢です。

[簡易ガイダンス(Brief Menus)] :ユーザには、フル メニューの省略版が再生されます。経験のあるユーザのための選択肢です。

デフォルトは [簡易ガイダンス(Brief Menus)] です。

[使用言語(Language)]

ユーザ カンバセーションがユーザに案内を再生する言語を選択します。

使用言語の設定は、Text to Speech(TTS; テキスト/スピーチ)に使用する言語も制御します (TTS を使用するには、組織が TTS ライセンスを購入し、適切な TTS 言語をインストールする必要があります。TTS はサービス クラスによって制御されます)。

TTY 言語を使用すると、TTY ユーザが Cisco Unity プロンプトを読み取ること、および TTY デバイスを使用してメッセージを録音することができます。TTY 機能がサポートされるのは、システム全体で G.711 をメッセージの録音および保管用のコーデックとして選択している場合だけです。

[時間形式(Time Format)]

ユーザが電話でメッセージを聞くときに使用されるメッセージのタイムスタンプの時間形式を選択します。

[システム デフォルト(System Default)] : [システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] > [設定(Settings)] ページの [24 時間制 (メッセージの聞き取りとスケジュールに使用)(Use 24-Hour Time Format for Conversation and Schedules)] フィールドに指定されている時間形式で、ユーザにメッセージのタイムスタンプが聞こえます。

[12 時間制(12-Hour Clock)] :1:00 PM に残されたメッセージのタイプスタンプが、ユーザに午後 1:00(1:00 p.m.)と聞こえます。

[24 時間制(24-Hour Clock)] :1:00 PM に残されたメッセージのタイムスタンプが、ユーザに 13:00 と聞こえます。

ユーザは、Cisco Unity Assistant で独自の時間形式を設定できます。

[通話スタイル(Conversation Style)]

ユーザが電話でメッセージを再生するときに使用される通話スタイルを選択します。各カンバセーションでは、メッセージ取得メニューのキーパッド マッピングが異なります。中には、独自のキーパッド マッピングを指定できるものもあります。その他のメニュー(身元不明発信者および Cisco Unity ユーザが Cisco Unity 設定を変更する場合に使用するメニュー)は、どのカンバセーションも同じです。

次のオプションから選択します。

[Alternate Keypad Mapping N]、[Alternate Keypad Mapping S]、または [Alternate Keypad Mapping X] :『 Cisco Unity User Guide 』の「Cisco Unity Phone Menus and Shortcuts」の章で説明されているキーパッド マッピングを使用するメニューがユーザに再生されます。

[カスタム キーパッド マッピング(Custom Keypad Mapping)] :Custom Keypad Map ユーティリティで指定したキーパッド マッピングを使用するメニューがユーザに再生されます。その他のカスタム キーパッド マッピングのスタイルを追加で使用すると、複数のカスタム通話スタイルを作成できます (このユーティリティは Tools Depot から利用できます)。

[カスタム キーパッド マッピング 2(Custom Keypad Mapping 2)] :Custom Keypad Map ユーティリティで指定したキーパッド マッピングを使用するメニューがユーザに再生されます。

[カスタム キーパッド マッピング 3(Custom Keypad Mapping 3)] :Custom Keypad Map ユーティリティで指定したキーパッド マッピングを使用するメニューがユーザに再生されます。

[オプション カンバセーション 1(Optional Conversation 1)] :『Cisco Unity Phone Menus for Optional Conversation 1』で説明しているメニューがユーザに再生されます。

[標準カンバセーション(Standard Conversation)] :『Cisco Unity Phone Menus for the Standard Conversation』で説明しているメニューがユーザに再生されます。

[ホスピタリティ カンバセーション(Hospitality Conversation)] :『Hotel Guest Voice Messaging Guide』で説明しているメニューがユーザに再生されます。ホスピタリティ カンバセーションは、Cisco Unity Hospitality and Property Management System(PMS; プロパティ マネジメント システム)連動機能を使用する場合に利用できます。

カンバセーションごとに、標準ガイダンスまたは簡易ガイダンスのいずれかのスタイルを使用できます。

[メッセージ送信メニューのスタイル(Send Message Style)]

ユーザがメッセージの宛先指定および録音をした後に、メッセージを送信、返信、および転送する場合に再生される電話メニューのスタイルを選択します。

[標準(Standard)] :段階的なメニュー構造です。

[ストリームライン(Streamlined)] :圧縮されたメニュー構造です。ユーザは、より少ないキー操作で、メッセージの緊急指定、受信確認の要求などの処理を実行できます。ユーザがメッセージの宛先を指定する場合は、[ストリームライン送信(Streamlined Send)] メニューにもリストの簡単なナビゲーションが提供されます。

デフォルトは [ストリームライン送信(Streamlined Send)] メニューです。

[音声認識機能へのアクセス(Allow Access to Voice-Recognition Features)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザは Cisco Unity Assistant または電話を使用して、電話入力スタイルを有効にしたり無効にしたりできます。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[使用する電話入力スタイル(音声の宛先指定を含む)(Use Press-or-Say Phone Input Style (Includes Voice Addressing))]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザはメニュー オプションに対応するキーを押したり、番号を音声入力したりできます。

このチェックボックスがオンの場合、ユーザはメッセージを宛先指定するとき、名前をプライベート同報リストに追加するとき、およびメッセージ ロケータ機能を使用するときに、電話のキーパッドを使用して宛先を入力する代わりに、受信者の名前を音声で入力できます。

名前認識の精度を高めるために、個々のユーザの名前に対応する代行名を使用できます。代行名は、Cisco Unity Administratorにある各ユーザの [代行名(Alternate Name)] ページで入力します。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[通話スタイル:Cisco Unity Assistant で提供(Conversation Styles Offered in Cisco Unity Assistant)]

Cisco Unity Assistant でユーザに提供される通話スタイルを指定します。たとえば、ユーザによる選択を [標準(Standard)]、[オプション 1(Optional 1)]、および [Alternate Keypad Mapping N] のカンバセーションだけに限定できます。

Cisco Unity Assistant で提供される通話スタイルを選択しない場合、ユーザには、Cisco Unity Administratorでユーザに割り当てた通話スタイルだけが表示されます。

[電話メニューの応答(Responding to Phone Menus)]

ユーザごとに、次の項目を指定できます。

メニューの再生後に Cisco Unity がユーザの最初のキー入力を待つ時間。この設定は「最初の桁のタイムアウト」とも呼ばれます。有効なエントリの範囲は 500 ~ 10,000 ミリ秒です。デフォルトは 5,000 ミリ秒です。

ユーザがユーザ名または内線番号を入力して、メッセージの宛先指定、パスワードの更新、着信転送番号やメッセージ到着通知番号の変更などを行う場合に、ユーザがキーを押した後に Cisco Unity が次のキー入力まで待つ時間。この設定は「桁間タイムアウト」とも呼ばれます。有効なエントリの範囲は 1,000 ~ 10,000 ミリ秒です。デフォルトは 3,000 ミリ秒です。

ユーザが特定の電話メニューにある複数の使用可能なキーの組み合せのうち、1 桁目のキーを押した後に Cisco Unity が次のキー入力まで待つ時間 (たとえば、標準カンバセーションの [メッセージ後(After Message)] メニューの場合、ユーザは 4 を押すとメッセージ応答でき、42 を押すとすべてに応答でき、44 を押すとユーザに発信できます)。このことは、## を使用して宛先指定モードを切り替える場合にも適用されます。この設定は「電話メニュー桁間タイムアウト」とも呼ばれます。有効なエントリの範囲は 250 ~ 10,000 ミリ秒です。デフォルトは 1,500 ミリ秒です。

ユーザが応答しない場合に Cisco Unity がメニューを繰り返す回数。有効なエントリの範囲は 0 ~ 250 です。デフォルトは 3 です。

(注) ユーザに対して Cisco Unity がメニューを繰り返す回数を大幅に増やす場合は注意が必要です。ユーザが Cisco Unity への通話を保留にし、その保留を解除するのを忘れた場合、またはユーザが電話を切ったときに通話が想定どおりに切断されない場合には、電話メニューが繰り返され、Cisco Unity がボイス ポートを長時間占有する可能性があります。

上記の指定値により、すべてのユーザ カンバセーションのメニューが制御されます(ユーザ ID およびパスワードを確認するために再生されるものを除く)。セキュリティ上の理由から、ユーザの ID およびパスワードを確認するために再生されるカンバセーションのタイムアウトは変更できません。

これらのフィールドを空白のままにすると、[システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] > [設定(Settings)] ページに指定されている設定によって、Cisco Unity がユーザを待つ時間および Cisco Unity がメニューを繰り返す回数が決まります。

[聞き取り終了後、ユーザの送信先(When Exiting the Conversation, Send Subscriber To)]

カンバセーションの終了時に Cisco Unity がユーザを転送する宛先を選択します。

[ブロードキャスト メッセージ管理者(Broadcast Message Administrator)] :着信はブロードキャスト メッセージを送信するためのカンバセーションへ送信されます。

[CVM メールボックスのリセット(CVM Mailbox Reset)] :着信はメールボックスのリセット カンバセーションへ送信されます(Community Voice Mail パッケージを使用する場合にだけ有効)。

[コール ハンドラ(Call Handler)] :着信は選択したコール ハンドラへ送信されます。

[発信者のシステム転送(Caller System Transfer)] :着信は、発信者が指定した番号に転送できるカンバセーションへ送信されます。たとえば、発信者は Cisco Unity ユーザに関連付けられていないロビーまたは会議室の電話機にダイヤルする場合があります。Cisco Unity は、CS_Default_System_Transfer 規制テーブルで許可されている場合に限り、転送を実行します。

[ディレクトリ ハンドラ(Directory Handler)] :着信は宛先検索サービスへ送信されます。

[グリーティング管理者(Greetings Administrator)] :着信は、電話でコール ハンドラ グリーティングを変更するためのカンバセーションへ送信されます。

[切断(Hang Up)] :電話の接続を切ります。注意して使用します。予期しない電話の切断は、発信者に不快感を与えます。

[ホテルのチェック アウト メッセージ(Hotel Checked Out)] :着信は、アーカイブ保存されたメッセージを確認する操作手順をゲストに案内するカンバセーションへ送信されます (Cisco Unity ホスピタリティとプロパティ マネジメント システム(PMS)連動機能を使用する場合にのみ有効)。

[インタビュー ハンドラ(Interview Handler)] :着信は選択したインタビュー ハンドラへ送信されます。

[サインイン(Sign-In)] :ユーザ ログオン通話に電話を転送します。

[ユーザ(Subscribers)] :着信は選択したユーザへ送信されます。

[ユーザのシステム転送(Subscriber System Transfer)] :着信は、ユーザが指定した番号に転送できるカンバセーションへ送信されます。ユーザはログオンを要求され、次にロビーや会議室の電話機などの Cisco Unity ユーザに関連付けられていない番号、および組織外部の電話番号を入力できます。Cisco Unity は、ユーザの規制テーブルで許可されている場合に限り、転送を実行します。

[メッセージの宛先を指定してから録音(Address Message, Then Record It)]

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unity は、最初にメッセージの宛先を指定し、次にメッセージを録音するようユーザに要求します。

このチェックボックスをオフにすると、Cisco Unity は、最初にメッセージを録音し、次にメッセージの宛先を指定するようユーザに要求します。

デフォルトでは、チェックボックスはオンになっています。

[次の方法で受信者を指定(Identify Addressee By)]

メッセージを他のユーザ宛に出すようカンバセーションがユーザに要求する方法を選択します。メッセージは、ユーザの内線番号を入力するか、ユーザの名前か姓をキー入力することにより、電話で他のユーザ宛に指定できます。名前を入力して宛先指定を行う場合は、文字キーパッドを使用する必要があります。

ユーザが電話入力スタイルを使用している場合は、受信者の名前を告げることにより、メッセージの宛先を指定できます。音声認識は、ほとんどの場合、ユーザが姓、名の順で名前を告げると、より効果的に機能します。そのため、ユーザが電話入力スタイルを使用しているときに名前の認識で問題が発生する場合は、このオプションを使用することをお勧めします。

ここで選択するオプションに関係なく、ユーザが電話でメッセージの宛先を指定する場合は、## または 00 を押すことにより、名前による宛先指定と内線番号による宛先指定を切り替えることができます。ただし、[システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] > [設定(Settings)] ページで [入力した名前検索の使用(Enable Spelled Name Search)] チェックボックスがオフになっている場合は、ユーザがユーザの内線番号を入力したときに限り、電話でメッセージの宛先を指定できます。

[受信者を名前で確認する(Confirm Addressee By Name)]

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unity により、ユーザは電話でメッセージを送信、転送、または返信するときに名前で受信者を確認するように要求されます。Cisco Unity は、ユーザが受信者を追加するたびに、「<ユーザ名> を追加しました(<subscriber name> added)」というプロンプトを再生します(ユーザの内線番号を入力してメッセージの宛先を指定した場合も同様です)。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[名前の入力時に受信者名の候補を表示する(Perform Name Suggest on Spelled Names)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザの名前候補機能が有効になります。オンにすると、ユーザが名前を入力してメッセージのアドレスを指定した場合にのみ、この機能が適用されます。この機能は外部の発信者には適用されません。また、ユーザが内線または音声認識を使ってメッセージのアドレスを指定した場合も、この機能は適用されません。

オンにした場合、名前候補機能は文字が入力されるたびに検索を実行し(少なくとも 2 文字が入力されていることが必要です)、次のいずれかのプロンプトを表示します。

単一の完全一致が見つかった場合、その名前を表示します。

2 ~ 6 つの一致が見つかった場合、Cisco Unity が見つかった数を表示します。

(注) 表示されたプロンプトがいずれでもない場合、必要に応じて追加の文字を入力できます。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[継続して宛先の後に名前を追加する(Continue Adding Names After Each Addressee)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザは電話でメッセージの宛先を指定したり(「メッセージを送るには 2 を押してください(Press 2 to send)」)、メッセージを転送したりする場合に、各受信者の後に継続して名前を追加できます。

このチェックボックスをオンにすることで、ユーザが複数の受信者にメッセージを送信および転送するときの宛先指定プロセスを大幅に効率化できます。

このチェックボックスをオフにすると、ユーザによる受信者の追加は 1 人ずつとなります。受信者を追加すると、次に行う操作をキー入力によって示すよう要求されます(「他の受信者を追加するには 1、メッセージオプションは 3、メッセージを録音するには # を押してください。(To add another recipient, press 1. For message options, press 3. To record, press #.)」)。

[ユーザが電話を切ったり着信が切断されたときにメッセージを送信する(Send Message When Subscriber Hangs Up or Call Is Disconnected)]

ユーザがメッセージを送信、返信、または転送している途中で電話が切断された場合の Cisco Unity の動作を制御します。電話は意図的に切断されることもあれば、不意に切断されることもあります。たとえば、ユーザが電話を切る場合や、携帯電話のバッテリが切れた場合、携帯電話が圏外になった場合などです。

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unity は、次の状況で電話が切断された場合にメッセージを送信します。

ユーザがメッセージを返信または送信している途中(メッセージに少なくとも 1 人の受信者が割り当てられ、録音時間が 1 秒(1,000 ミリ秒)を超えている場合)。つまり、ユーザが録音やメッセージの宛先指定を完了していない場合でも、Cisco Unity はメッセージを送信します。

ユーザがメッセージを転送している途中(メッセージに少なくも 1 人の受信者が割り当てられている場合)。つまり、ユーザが音声コメントの録音やメッセージの宛先指定を完了していない場合でも、Cisco Unity はメッセージを送信します。

この設定は、外部の発信者が残したメッセージには適用されません。

このチェックボックスがオフの場合は、ユーザが # キーを押してメッセージの送信準備が整っていることを確認しない限り、Cisco Unity はメッセージを送信しません。そのため、ユーザが # キーを押す前に電話が切断されると、Cisco Unity はメッセージを送信せずに削除します。

メッセージの宛先指定中および録音中に、ユーザが切断される電話に対して Dropped Call Recovery を有効にした場合は、電話を切ったときに送信されるメッセージは、Dropped Call Recovery の期限が切れるまで送信されないことに注意してください。

デフォルトでは、チェックボックスはオンになっています。

[メッセージ確認時の受信確認(When Subscriber Checks Messages)]

メッセージ受信確認のタイプを選択します。選択したタイプによって、メッセージ件数として数えられ、ユーザが電話でメッセージを確認するときに再生されるメッセージが決まります。

[すべての受信確認を含む(Include All Receipts)] :Cisco Unity は、不達確認(NDR)および読み取り確認を、ユーザに再生されるメッセージのリストに含めます。

[すべての受信確認を除く(Exclude All Receipts)] :Cisco Unity は、すべての受信確認をユーザに再生されるメッセージのリストから除外します。

[確認した受信確認のみ省く(Exclude Only Read Receipts)] :Cisco Unity は、不達確認(NDR)だけをユーザに再生されるメッセージのリストに含めます。

デフォルトは [すべての受信確認を含む(Include All Receipts)] です。

この設定は、ユーザが Cisco Unity Inbox を使用してメッセージを確認するときに Cisco Unity が受信確認を含めるかどうかには影響しません。

[メッセージの先送り方法(Fast-Forward Messages By)]

ユーザがメッセージを聞いている途中で先送りしたときに、Cisco Unity が前方へスキップする時間を指定します。

Cisco Unity は、速度調整なしの増分法に基づいてメッセージを前方にスキップします。前方へのスキップでは、メッセージの再生速度の設定(50% 遅い、100%(標準)、または 150% 速い)に関係なく、いずれも場合もメッセージの同じポイントまで前方にスキップされます。

デフォルトは 5 秒です。

[メッセージの巻き戻し方法(Rewind Messages By)]

ユーザがメッセージを聞いている途中で巻き戻したときに、Cisco Unity が後方へスキップする時間を指定します。

Cisco Unity は、速度調整なしの増分法に基づいてメッセージを後方にスキップします。後方へのスキップでは、メッセージの再生速度の設定(50% 遅い、100%(標準)、または 150% 速い)に関係なく、いずれも場合もメッセージの同じポイントまで後方にスキップされます。

デフォルトは 5 秒です。

[新規および保存済みメッセージの削除を確認する(Confirm Deletions of New and Saved Messages)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザが電話で新規および保存済みのメッセージを削除する場合、Cisco Unity はメッセージの削除を選択したことについて確認をします。ユーザが削除済みメッセージにアクセスできないようになっている場合は、このチェックボックスをオンにすることを検討してください。

[切断時にメッセージを保存済みとしてマークする(Mark a Message as Saved Upon Hang-Up or Disconnection)]

ユーザがメッセージ本文にアクセスした後、メッセージの管理方法を指定する前に電話を切断した場合に、Cisco Unity がメッセージを保存済み(読み取り済み)としてマークするように設定するには、このチェックボックスをオンにします。

このチェックボックスをオフにすると、ユーザが電話でメッセージ本文を聞いた場合、Cisco Unity は、メッセージをそのままの状態で(新規メッセージまたは保存済みメッセージとして)保持します。ただし、ユーザが電話を切断する前に他のメッセージの管理方法を指定した場合を除きます (Cisco Unity では、ユーザがメッセージを返信または転送したり、別のユーザに発信したり、オペレータや別の内線番号に転送したりした後などにも、ユーザが他のメッセージ管理方法を指定しない限り、メッセージはそのままの状態で保持されます)。

(注) Dropped Call Recovery 機能を有効にすると、メッセージは、通話回復のために指定された期間内は新規としてマークされます。ユーザが回復期間中にコールバックせず、その他のメッセージ管理方法を指定した場合、Cisco Unity は、メッセージを保存済みとしてマークします。

[ユーザからのメッセージ用の送信者内線番号案内(Announce Sender’s Extension for Messages from Subscribers)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザ間メッセージの送信者を確認したときに、Cisco Unity によってメッセージを残したユーザのプライマリ内線番号が再生されます(録音されている場合は、送信者のボイス名も再生されます)。

このチェックボックスをオフにすると、送信者のボイス名のみが再生されます。

[身元不明発信者からのメッセージ用の ANI 案内(Announce ANI for Messages from Unidentified Callers)]

このチェックボックスをオンにすると、身元不明発信者が残したメッセージを確認するときに、Cisco Unity によって Automatic Number Identification(ANI; 自動番号確認)文字列が通知されます(電話システムがこの機能を提供している場合)。

[ユーザの録音名(Subscriber Recorded Name)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザが電話で Cisco Unity にアクセスしたとき、Cisco Unity でユーザの名前の録音を再生します。

このチェックボックスをオフにすると、Cisco Unity はメッセージ カウントに直接入ります。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[オプション グリーティング通知(Alternate Greeting Notification)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザがオプション グリーティングをオンにしたときに、Cisco Unity がユーザに通知します。Cisco Unity は、ユーザが電話で Cisco Unity にログオンした直後に通知を再生し、その後オプション グリーティングをオンのままにする、オフにする、または再生することを選択できるメニューを再生します。

このチェックボックスでは、ユーザが電話で Cisco Unity にアクセスしたときに、オプション グリーティングが有効であることをユーザに通知するかどうかだけを制御します。このチェックボックスがオフの場合でも、Cisco PCA でオプション グリーティングが有効である場合は、ユーザは常に通知されます。

[フォローミー転送の通知(Follow-Me Transfer Notification)]

このチェックボックスをオンにすると、ここに転送規則(ここに転送(Follow-me here)、自宅に転送(Follow-me home)、または携帯に転送(Follow-me mobile))が有効になっている場合にユーザが通知されます。この通知はユーザが Cisco Unity にログオンした直後に行われ、メニューが再生されます。このメニューを使用して、ユーザは転送規則をオンにするか、オフにするかを選択できます。

[新しいメッセージを自動的に再生する(New Messages Automatically)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザがログオンした後、Cisco Unity はメイン メニューではなく、新しいメッセージを再生します。

このチェックボックスをオンにすると、ユーザはキーを押さなくても新しいメッセージを再生できます。オンにしない場合は、再生されるカンバセーションの内容と動作は同じです。

ユーザに新しいメッセージの着信がないときにこのチェックボックスがオンになっている場合は、通常どおりのメイン メニューが再生されます。

デフォルトでは、チェックボックスはオンになっています。

[開封済み総メッセージ数(Message Count Totals)]

このチェックボックスをオンにすると、新規のマークが付いたメッセージの合計件数を、Cisco Unity が通知します。この数は、必要に応じて、適切なボイス、電子メール、ファックス、および配達証明メッセージも含まれます。

[ボイスメール数(Voice Message Count)]

このチェックボックスをオンにすると、新規のマークが付いたボイスメールの件数を、Cisco Unity が通知します。

[電子メール メッセージ数(Email Message Count)]

このチェックボックスをオンにすると、新規のマークが付いた電子メール メッセージの件数を、Cisco Unity が通知します。

[ファックス数(Fax Count)]

このチェックボックスをオンにすると、新規のマークが付いたファックス メッセージの件数を、Cisco Unity が通知します。

[開封済みメッセージ数(Saved Message Count)]

このチェックボックスをオンにすると、開封済みメッセージの合計件数を、Cisco Unity が通知します。この数には、ボイス、電子メール、ファックス、および配達証明メッセージも含まれます。

[メッセージ タイプ メニュー(Message Type Menu)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザが電話で Cisco Unity にログオンする場合、Cisco Unity は次のメニューを再生します。

[ボイス メッセージの再生は 1 を押してください(Press 1 to hear voice messages)]

[電子メールの再生は 2 を押してください(Press 2 to hear emails)]

[ファックスの再生は 3 を押してください(Press 3 to hear faxes)]

[受信確認の再生は 4 を押してください(Press 4 to hear receipts)]

[メッセージ タイプ メニュー(Message Type Menu)] で電子メールおよびファックスのオプションを利用できますが、ユーザがテキスト/スピーチ(TTS)機能と FaxMail 機能が有効なサービス クラスに割り当てられている場合だけ、Cisco Unity が電子メールおよびファックスを再生することに注意してください。ファックス メッセージでは、メッセージのプロパティ(たとえば、送信者や日時)だけが再生されることに注意してください。

ユーザが Cisco Unity Assistant を使用して、[メッセージ タイプ メニュー(Message Type Menu)] を有効にすることもできます。

[メッセージ タイプによる並べ替え(Sort by Message Type)]

メッセージ タイプを選択し、[上へ移動(Move Up)] ボタンまたは [下へ移動(Move Down)] ボタンをクリックして、メッセージ タイプのリストの並べ替えを行います。Cisco Unity は、ここで指定した順序でメッセージを再生します。

Cisco Unity が電子メールおよびファックスを再生するのは、ユーザがテキスト/スピーチ(TTS)機能と FaxMail 機能が有効なサービス クラスに割り当てられている場合だけです。ファックス メッセージでは、メッセージのプロパティ(たとえば、送信者や日時)だけが再生されることに注意してください。

ユーザが Cisco Unity Assistant を使用して、新しいメッセージおよび開封済みメッセージを Cisco Unity が再生する順序を指定することもできます。

[時間の順序(Then By)]

[最も新しいメッセージ(Newest First)] または [最も古いメッセージ(Oldest First)] をクリックして、新しいメッセージおよび開封済みメッセージの順序を指定します。

確認メッセージの場合を除き、緊急メッセージは、必ず、各メッセージ タイプの一般メッセージの前に再生されることに注意してください。確認メッセージは送信時刻順に並べ替えられます。

[削除済みメッセージの再生順序(Deleted Messages Play Order)]

[最も新しいメッセージ(Newest First)] または [最も古いメッセージ(Oldest First)] をクリックして、削除したメッセージの順序を指定します。

確認メッセージの場合を除き、緊急メッセージは、必ず、各メッセージ タイプの一般メッセージの前に再生されることに注意してください。確認メッセージは送信時刻順に並べ替えられます。

このフィールドは、[ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] > [メッセージ(Messages)] ページの [削除したメッセージを [削除済みアイテム フォルダ] にコピーする(Deleted Messages Are Copied to the Deleted Items Folder)] チェックボックスがオンの場合にだけ使用できます。適切なサービス クラス(COS)権限を持つユーザは、Cisco Unity Assistant を使用して、削除したメッセージを Cisco Unity が再生する順序を指定することもできます。

[送信者情報(Sender’s Information)]

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unity はメッセージを再生する前に、メッセージの送信者に関する情報を再生します。Cisco Unity が再生する情報は、Cisco Unity の設定方法によって異なります。

デフォルトでは、[送信者情報(Sender’s Information)] チェックボックスがオンの場合、Cisco Unity は次の情報を再生します。

識別されているユーザが残したメッセージの場合、Cisco Unity はメッセージを再生する前に、ユーザの名前の録音を再生します。ユーザに名前の録音が割り当てられていない場合、Cisco Unity はユーザに関連付けられたプライマリ内線番号を再生します。

身元不明の発信者が残したメッセージの場合、Cisco Unity はメッセージを再生する前に、電話番号(ANI または発信者 ID)情報を再生しません。

[メッセージ番号(Message Number)]

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unity がメッセージのシーケンス番号を通知します(「1 番目のメッセージ...(Message one...)」)。

[開封済み総メッセージ数(Message Count Totals)] チェックボックスと一緒に使用すると、未開封メッセージの件数の追跡に役立ちます。

[各メッセージの再生前にアナウンス:メッセージ送信時間(Before Playing Each Message, Play: Time the Message Was Sent)]

このチェックボックスをオンにすると、メッセージの再生前に、Cisco Unity が、そのメッセージの送信日時を通知します。

[各メッセージの再生前にアナウンス:メッセージ時間(Before Playing Each Message, Play: Message Duration)]

このチェックボックスをオンにすると、メッセージ ヘッダーの一部としてメッセージ時間が通知されます。転送されるメッセージには、音声コメントと元のボイス メッセージの長さも含まれます。

(注) メッセージを再生する前に自動的にメッセージ時間を再生するかどうかは、Cisco Unity Assistant Web ツールの [メッセージ再生設定(Message Playback Preferences)] ページでも設定できます。この機能が有効であるかどうかにかかわらず、メッセージの再生中または再生後にメッセージ プロパティを再生して、メッセージ時間を聞くことができます。

[各メッセージの再生後にアナウンス:メッセージ送信時間(After Playing Each Message, Play: Time the Message Was Sent)]

このチェックボックスをオンにすると、メッセージの再生後に、その送信日時を Cisco Unity が通知します。

[メッセージの再生中に切断された着信に対応する DCR を利用する(Enable DCR for Calls Dropped During Message Playback)]

このチェックボックスをオンにすると、メッセージの再生中に切断された電話に対して Dropped Call Recovery(DCR)が有効になります。ユーザがメッセージを聞いている途中で誤って電話を切断してしまった場合、Dropped Call Recovery を使用すると、ユーザは指定の時間内に Cisco Unity にコール バックして、メッセージの聞き取りを再開できます。

DCR は、ユーザが新規または開封済みのメッセージを聞いている途中で電話が切断された場合に適用されます。ユーザが削除済みのメッセージや受信確認を聞いている場合、またはダイナミック メッセージ ロケータ オプションを使用してメッセージを聞いている場合には、DCR は適用されません。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[メッセージの再生中に切断された着信に対応する DCR を利用する(Enable DCR for Calls Dropped During Message Playback)] をオンにした場合、回復期間の有効なエントリの範囲は 1 ~ 1440 分です。デフォルトは 5 です。

また、ユーザに対して [切断時にメッセージを保存済みとしてマークする(Mark a Message as Saved Upon Hang-up or Disconnection)] オプションも有効になっている場合、およびユーザが新規メッセージを聞いている途中で電話が切断された場合は、DRC の回復時間の期限が切れるまで、メッセージは新規としてマークされたまま残ります。

[メッセージの宛先や録音先中に着信が切断された場合に DCR を利用する(Enable DCR for Calls Dropped While Addressing or Recording Messages)]

このチェックボックスをオンにすると、メッセージを宛先指定または録音している途中で切断された電話に対して Dropped Call Recovery(DCR)が有効になります。ユーザがメッセージの送信中に誤って電話を切断してしまった場合、Dropped Call Recovery を使用すると、ユーザは指定期間内であれば Cisco Unity にコール バックして、メッセージを見直したり、取り消したり、そのまま送信したりできます。

DCR は、ユーザが新規メッセージを送信またはメッセージを返信/転送している途中で電話が切断された場合に適用されます。メッセージに少なくとも 1 人の受信者または録音が設定されている状態で切断が発生した場合、メッセージは指定の期間保持され、その期間が経過すると送信されます。

ユーザが DCR の回復期間中にコール バックせず、そのメッセージに少なくとも 1 人の受信者および録音が設定されている場合、メッセージは [ユーザが電話を切ったり着信が切断されたときにメッセージを送信する(Send Message When Subscriber Hangs Up or Call Is Disconnected)] オプションが有効になっている場合にだけ送信されます。[ユーザが電話を切ったり着信が切断されたときにメッセージを送信する(Send Message When Subscriber Hangs Up or Call Is Disconnected)] オプションが無効の場合、メッセージは破棄されます。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

オンにした場合、回復期間の有効なエントリの範囲は 1 ~ 1440 分で、デフォルトは 3 分です。

(注) メッセージを宛先指定または録音している途中で切断された電話に対して Dropped Call Recovery(DCR)を有効にしておくと、メッセージを送信しているときに遅延を感じることがあります。ユーザが # キーを押してメッセージを送信せず、電話を切断してメッセージの録音を終了した場合、回復期間が経過するまでメッセージは送信されません。このため、回復期間を 3 分に設定することをお勧めします。

[ユーザ(Subscriber)] の [着信転送(Transfer)] ページ

 

表 4-6 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [着信転送(Transfer)] ページ

フィールド
説明

[転送ルールの選択(Transfer Rule Applies To)]

このページの残りのフィールド設定が、ここで選択した転送ルール(標準、時間外、またはオプション)に適用されます。

このスケジュールを選択して、標準と時間外の転送ルールおよびグリーティングが [プロファイル(Profile)] ページでユーザに対して有効である時間を決めます。使用可能な場合のオプション転送ルールは、標準および時間外の転送ルールを無効にし、オプション転送ルールが常に有効になります。

[ステータス(Status)]

次の設定のいずれかを選択します。

[着信転送を使用する(Enabled)] :転送ルールがアクティブであり、このルールの設定で定義されたとおりに Cisco Unity が発信者を転送します。

[着信転送を使用しない(Disabled)] :転送ルールがアクティブではなく、Cisco Unity がこのルールのすべての設定を無視します。

[転送ルールの選択(Transfer Rule Applies To)] フィールドが [標準(Standard)] に設定されている場合、この設定は自動的に使用可能に設定され、変更できなくなります。

[ユーザの電話に転送する(Transfer Incoming Calls to Subscriber’s Phone)]

次のオプションのいずれかを選択します。

[転送せずグリーティングを再生する(No (Send Directly))] :ユーザに割り当てられている内線番号では、間接通話に対する呼び出し音が鳴りません。Cisco Unity が、ユーザ グリーティングを再生します。

[内線番号に転送する(Yes, Ring Subscriber’s Extension)] :Cisco Unity は、ユーザに割り当てられている内線番号(隣接のフィールドに表示されている番号)に間接通話を転送します。[相手先応答の検出(Supervise Transfer)] を選択する場合は、[呼び出し音の回数(Rings to Wait For)] フィールドと一緒に使用します。[呼び出し音の回数(Rings to Wait For)] フィールドでは、Cisco Unity がユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングを再生するまでに、内線番号の呼び出し音が鳴る回数を設定します。

[右欄の番号に転送する(Yes, Ring Subscriber at This Number)] :Cisco Unity は、隣接のフィールドに入力されている番号に間接通話を転送します。SIP 電話システムが Cisco Unity と連動していて、転送タイプが [リリース(Release to Switch)] の場合は、隣接のフィールドにカンマを入力してポーズを挿入する操作は無効であることに注意してください。[相手先応答の検出(Supervise Transfer)] を選択する場合は、[呼び出し音の回数(Rings to Wait For)] フィールドと一緒に使用します。[呼び出し音の回数(Rings to Wait For)] フィールドでは、Cisco Unity がユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングを再生するまでに、内線番号の呼び出し音が鳴る回数を設定します。

(注) ユーザのサービス クラスに関連付けられた規制テーブルではなく、管理者のサービス クラスに関連付けられた規制テーブルでは、ユーザの特定の電話番号を入力することが禁止されている場合があります。

転送オプションは、間接通話にだけ適用されます。外部の発信者または他のユーザがユーザの内線番号を直接ダイヤルした場合は適用されません。

[転送中に発信者に通知しますか(While Transferring, Notify Caller)]

Cisco Unity が通話を転送する際、発信者に通知するかどうかを指定します。

発信者に通知しないようにする場合は(プロンプトの再生を好まない発信者もいるため)、[転送中のプロンプトを再生しない(Do Not Play the "Wait While I Transfer Your Call" Prompt)] チェックボックスをオンにします。

発信者に通知し、保留するように求める設定にする場合は、[転送中のプロンプトを再生しない(Do Not Play the "Wait While I Transfer Your Call" Prompt)] チェックボックスをオフにします。

デフォルトでは、チェックボックスはオンになっています。

[転送のタイプ(Transfer Type)]

Cisco Unity の通話転送方法を選択します。

[リリース(Release to Switch)] :Cisco Unity は、発信者を保留し、内線番号をダイヤルした後、通話を電話システムに渡します。電話が通話中または応答がない場合は(Cisco Unity ではなく)電話システムが、通話をユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングに転送します。この転送タイプによって、Cisco Unity では、かかってきた電話をより迅速に処理できます。着信転送がユーザの内線番号で有効な場合に限り、[リリース(Release to Switch)] を使用します。

[相手先応答の検出(Supervise Transfer)] :Cisco Unity は、転送を処理する受付係として機能します。電話が通話中または応答がない場合は(電話システムではなく)Cisco Unity が、通話をユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングに転送します。[相手先応答の検出(Supervise Transfer)] を使用するのは、電話システムにおける転送前の呼び出し音の回数(または転送前の待機時間)の設定が、Cisco Unity が管理する呼び出し音の回数(または待機時間)の設定を上回る場合だけです。

[転送のタイプ(Transfer Type)] オプションは、[電話の転送先(Transfer Incoming Calls)] が [転送せずグリーティングを再生する(No (Send Directly))] に設定されている場合は使用できません。

転送オプションは、間接通話にだけ適用されます。外部の発信者または他のユーザがユーザの内線番号を直接ダイヤルした場合は適用されません。

この設定は、電話/音声メッセージ システムに対する影響を理解している場合に限って、注意して使用します。

[呼び出し音の回数(Rings to Wait For)]

Cisco Unity が、ユーザ グリーティングまたはハンドラ グリーティングを再生するまでに、内線番号の呼び出し音が鳴る回数を選択します。

ユーザが応答できるように、この値は 3 以上に設定します。5 以上の設定は、通話が他の内線番号に転送される可能性のある場合には特に避けます。転送先で発信者がさらに呼び出し音を待つ必要がある場合があります。この値は、通話転送用の電話システムの設定よりも、呼び出し音を少なくとも 2 回少なくする必要があります。

[電話の転送先(Transfer Incoming Calls)] が [転送せずグリーティングを再生する(No (Send Directly))] オプションに設定されている場合、または [リリース(Release to Switch)] が選択されている場合は、このオプションは使用できません。

転送オプションは、間接通話にだけ適用されます。外部の発信者または他のユーザがユーザの内線番号を直接ダイヤルした場合は適用されません。

[転送先が話し中の場合(If the Call Is Busy)]

ユーザの電話が通話中の場合に Cisco Unity が通話を処理する方法を選択します。通話を保留にするとポートが占有されるため、保留オプションの使用を控える場合があります。

[発信者を保留にする(Always Hold)] :Cisco Unity では、内線番号が通話中であることを示すプロンプトを再生します。発信者は保留にされます。

[グリーティングを再生する(No Holding)] :Cisco Unity は、発信者にメッセージを残すように要求するとともに、発信者が別の内線番号にダイヤルすることを許可します。

[保留してよいかどうかを発信者に問い合わせる(Ask Caller)] :Cisco Unity は、発信者がオプションとして、保留すること、メッセージを残すこと、または別の内線番号にダイヤルすることを許可します。

[リリース(Release to Switch)] が選択されている場合、または [電話の転送先(Transfer Incoming Calls)] が [転送せずグリーティングを再生する(No (Send Directly))] オプションに設定されている場合、これらのオプションは使用できません。

転送オプションは、間接通話にだけ適用されます。外部の発信者または他のユーザがユーザの内線番号を直接ダイヤルした場合は適用されません。

[通知する(Announce)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザが電話に応答したときに、Cisco Unity が「電話転送(transferring cal)」と告げます。

[リリース(Release to Switch)] が選択されている場合、または [電話の転送先(Transfer Incoming Calls)] が [転送せずグリーティングを再生する(No (Send Directly))] オプションに設定されている場合、このオプションは使用できません。

転送オプションは、間接通話にだけ適用されます。外部の発信者または他のユーザがユーザの内線番号を直接ダイヤルした場合は適用されません。

[誰にかかってきたかを知らせる(「~さんへの電話です」)(Introduce (Call for Name))]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザが電話に応答したとき「<ユーザの録音名> の方にお電話がはいっています(call for <subscriber recorded name>)」または「<内線番号> の方にお電話がはいっています(call for <dialed extension number>)」というように、Cisco Unity が通知します。1 台の電話を共有している場合、または 1 人のユーザが複数のダイヤル内線番号からの電話を受ける場合にこの設定を使用します。

[リリース(Release to Switch)] が選択されている場合、または [電話の転送先(Transfer Incoming Calls)] が [転送せずグリーティングを再生する(No (Send Directly))] オプションに設定されている場合、このオプションは使用できません。

転送オプションは、間接通話にだけ適用されます。外部の発信者または他のユーザがユーザの内線番号を直接ダイヤルした場合は適用されません。

[電話に出るかどうかを選択できる(Confirm (Call Can Be Accepted or Refused))]

このチェックボックスをオンにすると、電話を受け付けるか、拒否するかをユーザに対して Cisco Unity が要求します。通話を受け付けると、ユーザの電話に転送されます。通話を拒否すると、Cisco Unity は、適切なユーザ グリーティングを再生します。ユーザに通話のスクリーニングを許可する場合、[スクリーニングする(発信者に自分の名前を録音してもらう)(Ask Caller’s Name)] 設定と一緒に、この設定を使用します。

[リリース(Release to Switch)] が選択されている場合、または [電話の転送先(Transfer Incoming Calls)] が [転送せずグリーティングを再生する(No (Send Directly))] オプションに設定されている場合、このオプションは使用できません。

転送オプションは、間接通話にだけ適用されます。外部の発信者または他のユーザがユーザの内線番号を直接ダイヤルした場合は適用されません。

[スクリーニングする(発信者に自分の名前を録音してもらう)(Ask Caller’s Name)]

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unity は、発信者に名前を告げるように要求します。電話に応答すると、ユーザに「...さんからの電話です(Call from...)」と再生した後で、Cisco Unity が電話を転送します。この設定を [電話に出るかどうかを選択できる(Confirm (Call Can Be Accepted or Refused))] 設定と一緒に使用すると、ユーザが電話をスクリーニングできるようになります。

[リリース(Release to Switch)] が選択されている場合、または [電話の転送先(Transfer Incoming Calls)] が [転送せずグリーティングを再生する(No (Send Directly))] オプションに設定されている場合、このオプションは使用できません。

転送オプションは、間接通話にだけ適用されます。外部の発信者または他のユーザがユーザの内線番号を直接ダイヤルした場合は適用されません。

[ユーザ(Subscriber)] の [グリーティング(Greetings)] ページ

 

表 4-7 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [グリーティング(Greetings)] ページ

フィールド
説明

[グリーティング(Greeting)]

設定するグリーティングを選択します。この設定では、どのグリーティングがアクティブであるかは反映されません。

[ステータス(Status)]

選択したグリーティングが有効であるかどうかと、有効である時間を示します。

コール ハンドラ グリーティングが有効な場合、無効にされるまで有効。

ユーザ グリーティングが有効な場合、指定された日付と時間になり、次にグリーティングが自動的に無効になるまで、Cisco Unity は適切な状況でそのグリーティングを再生。

グリーティングを録音しても、グリーティングは自動的には有効になりません。ここで、有効にする必要があります。

[ソース(Source)]

[グリーティング(Greeting)] フィールドで選択したグリーティングの内容を示します。

[システム(System)] :事前に録音されたシステムのデフォルト グリーティングを使用する場合に選択します。Cisco Unity は、事前に録音されたグリーティングと、ユーザの名前の録音を再生します(たとえば、「<ユーザ名> はただいま電話に対応できません(Sorry, <subscriber name> is not available)」)。ユーザに名前の録音が割り当てられていない場合は、代わりに、ユーザの内線番号を再生します。グリーティングが有効でも録音されていない場合、Cisco Unity は事前に録音されたシステム グリーティングを再生します。

[録音メッセージ(Recording)] :ユーザ(またはコール ハンドラ)の個人録音メッセージを使用する場合に選択します。グリーティングをここで録音および再生するには、Media Master コントロール バーを使用します。録音済みの WAV ファイルを録音として使用するには、Media Master コントロール バーのオプション メニューにある [ファイルからのコピー(Paste From File)] オプションを使用します。

(注) グリーティングを録音しても、グリーティングは有効になりません。

[なし(Blank)] :録音メッセージがない場合に選択します。グリーティングの内容が空白のままの場合、Cisco Unity は、ただちにグリーティング再生後操作を実行します。

デフォルトは、コール ハンドラの場合は [録音メッセージ(Recording)]、ユーザ グリーティングの場合は [システム(System)] です。

[発信者オプション(Caller Options)]

(オプション グリーティングのみ)

Cisco Unity がオプション グリーティングを有効にしているユーザへの通話を処理する方法を示します。次のチェックボックスのいずれか、またはすべてをオンにできます。

[ユーザの電話を呼び出すことなくグリーティングに発信者を転送する(Transfer Callers to Greeting Without Ringing the Subscriber Phone)]

[発信者がユーザのグリーティングをスキップしないようにする(Prevent Callers From Skipping the Subscriber Greeting)]

[発信者がメッセージを残せないようにする(Prevent Callers From Leaving Messages)]

[ユーザの電話を呼び出すことなくグリーティングに発信者を転送する(Transfer Callers to Greeting Without Ringing the Subscriber Phone)] 設定は、通話が自動受付またはディレクトリ ハンドラからユーザの内線番号へ転送された場合にだけ動作します。この設定は、外部の発信者または他のユーザがユーザの内線番号を直接ダイヤルした場合には適用されません。

また、発信者の操作は、他の Cisco Unity ユーザが Cisco Unity カンバセーション(「メッセージを送るには 2 を押してください(Press 2 to send a message)」)、または他の Cisco Unity クライアント アプリケーションを使用してメッセージを送信、返信、および転送する場合には適用されません。

[許可:発信者の入力(Allow Caller Input)]

このチェックボックスをオンにすると、グリーティングの発信者入力が使用可能になります。[発信者の入力(Caller Input)] ページでは、発信者が押すプッシュホンのキーに応答して、Cisco Unity が行う操作を定義します。[発信者の入力(Caller Input)] リンクをクリックすると、[発信者の入力(Caller Input)] ページが表示されます。

デフォルトでは、チェックボックスはオンになっています。

[グリーティング再生後(After Greeting)]

グリーティングの再生後、Cisco Unity が実行する操作を示します。

[メッセージの録音を開始(Take Message)] :Cisco Unity は、発信者からのメッセージを録音します。[メッセージの録音を開始(Take Message)] リンクをクリックすると、[メッセージ(Messages)] ページが表示されます。

[サービス終了案内へ移動(Send Caller To)] :Cisco Unity は、選択されている宛先に電話を転送します。

[ブロードキャスト メッセージ管理者(Broadcast Message Administrator)] :着信はブロードキャスト メッセージを送信するためのカンバセーションへ送信されます。

[CVM メールボックスのリセット(CVM Mailbox Reset)] :着信は Community Voice Mail サイトのメールボックスのリセットに使用するカンバセーションへ送信されます。

[コール ハンドラ(Call Handler)] :着信は選択したコール ハンドラへ送信されます。

[発信者のシステム転送(Caller System Transfer)] :着信は、発信者が指定した番号に転送できるカンバセーションへ送信されます。たとえば、発信者は Cisco Unity ユーザに関連付けられていないロビーまたは会議室の電話機にダイヤルする場合があります。Cisco Unity は、CS_Default_System_Transfer 規制テーブルで許可されている場合に限り、転送を実行します。

[ディレクトリ ハンドラ(Directory Handler)] :着信は宛先検索サービスへ送信されます。

[グリーティング管理者(Greetings Administrator)] :着信は、電話でコール ハンドラ グリーティングを変更するためのカンバセーションへ送信されます。

[切断(Hang Up)] :電話の接続を切ります。注意して使用します。予期しない電話の切断は、発信者に不快感を与えます。

[ホテルのチェック アウト メッセージ(Hotel Checked Out)] :Cisco Unity のホスピタリティとプロパティ マネジメント連動がインストールされている場合、このオプションにより、着信は、チェックアウト後のホテル ゲストがアーカイブ保存されたメッセージにアクセスするためのカンバセーションへ送信されます。

[インタビュー ハンドラ(Interview Handler)] :着信は選択したインタビュー ハンドラへ送信されます。

[サインイン(Sign-In)] :着信はユーザ ログオン ガイダンスへ転送され、そこでユーザの ID とパスワードを入力するように要求されます。

[ユーザ(Subscribers)] :着信は選択したユーザへ送信されます。

[ユーザのシステム転送(Subscriber System Transfer)] :着信は、ユーザが指定した番号に転送できるカンバセーションへ送信されます。ユーザはログオンを要求され、次にロビーや会議室の電話機などの Cisco Unity ユーザに関連付けられていない番号、および組織外部の電話番号を入力できます。Cisco Unity は、ユーザの規制テーブルで許可されている場合に限り、転送を実行します。

デフォルトは [メッセージの録音を開始(Take Message)] です。

[「発信音の後にメッセージを録音してください」のプロンプトを再生しない(Do Not Play the "Record Your Message at the Tone" Prompt)]

メッセージを録音するタイミングを Cisco Unity が発信者に通知するかどうかを指定します。

メッセージを録音するタイミングを Cisco Unity が発信者に通知しないようにする場合は、[「発信音の後にメッセージを録音してください」のプロンプトを再生しない(Do Not Play the "Record Your Message at the Tone" Prompt)] チェックボックスをオンにします。ユーザの中には、自分のグリーティングの中で発信者にメッセージを録音するタイミングを指示している人もいるため、その場合は発信者が指示を 2 回聞くことになります。このような理由から、このチェックボックスはオンにすることをお勧めします。

発信音の後にメッセージを録音するよう Cisco Unity が発信者に指示する設定にする場合は、[「発信音の後にメッセージを録音してください」のプロンプトを再生しない(Do Not Play the "Record Your Message at the Tone" Prompt)] チェックボックスをオフにします。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[繰り返し再生-繰り返しまでの待ち時間(秒)(Reprompt the User After This Many Seconds of Silence)]

無音にできる時間を秒単位で指定するには、このチェックボックスをオンにした後、右側のフィールドに値を入力します。Cisco Unity は、この秒数の間に発信者から何の入力も受け取らない場合、発信者に入力を再度求めます。

デフォルトは 2 秒で、チェックボックスはオフになっています。

[リトライ回数(Number of Times to Reprompt)]

発信者に再度入力を求める回数を指定します。ここで指定された回数の後、Cisco Unity は、グリーティング後操作を実行します。

デフォルトは 1 回です。

[ユーザ(Subscriber)] の [発信者の入力(Caller Input)] ページ

 

表 4-8 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [発信者の入力(Caller Input)] ページ

フィールド
説明

[グリーティング再生中に内線番号の入力を行える(Allow Callers to Dial an Extension During Greeting)]

このチェックボックスをオンにすると、グリーティングが再生されている間に、発信者が内線番号を入力できます。[キーロック(キーが押されたら~)(Lock This Key)] チェックボックスと一緒に使用すると、発信者が入力できる内線番号が限定されます。

Cisco Unity がユーザ グリーティング中に発信者入力を認識するためには、適切な [グリーティング(Greetings)] ページで、[許可:発信者の入力(Allow Caller Input)] チェックボックスをオンにしておく必要があります。

デフォルトでは、チェックボックスはオンになっています。

[ダイヤル桁間タイマー(ミリ秒)(Milliseconds to Wait for Additional Digits)]

発信者がロックされていないキーを 1 つ押した後、Cisco Unity が次の入力を待機する時間を指定します。この時間内に入力がない場合、Cisco Unity は、その 1 つのキーに割り当てられている操作を実行します。

値 1500(1.5 秒)を推奨します。

このオプションは、[グリーティング再生中に内線番号の入力を行える(Allow Callers to Dial an Extension During Greeting)] チェックボックスがオフの場合は使用できません。

デフォルトは 1,500 ミリ秒です。

[数字を先頭に追加する(Prepend Digits)]

発信者がユーザのグリーティングを聞いているときにダイヤルする内線番号の先頭に追加する数字を入力します。

コール ハンドラやユーザ メールボックスの先頭および末尾に数字を追加すると、短縮された内線番号をシミュレーションできます。このようにして定義した数字は、発信者がコール ハンドラまたはユーザ メールボックスのグリーティングを聞いているときにダイヤルする内線番号の先頭または末尾に追加されます。

Cisco Unity は、まず、先頭または末尾に数字が追加されている内線番号に通話を転送します。先頭または末尾に数字が追加されている内線番号が無効な場合は、ダイヤルされた内線番号に通話を転送します。たとえば、Sales という名前のコール ハンドラがあり、先頭に 123、末尾に 456 が追加されているとします。発信者が Sales コール ハンドラのグリーティングを聞いているときに 1000 をダイヤルすると、通話はまず、内線番号 1231000456 に転送されます。先頭/末尾に数字が追加された内線番号が無効の場合、通話は内線番号 1000 に転送されます。

発信者が同じ番号(たとえば、1000)を使用してサポート担当者へ連絡できるコール ハンドラを複数設定することもできますが、先頭および末尾に数字を追加することにより、特定のコール ハンドラ(たとえば、テクニカル サポート コール ハンドラ、Sales コール ハンドラ)の該当するサポート担当者へ通話を転送できます。

[数字を末尾に追加する(Postpend Digits)]

発信者がユーザのグリーティングを聞いているときにダイヤルする内線番号の末尾に追加する数字を入力します。

コール ハンドラやユーザ メールボックスの先頭および末尾に数字を追加すると、短縮された内線番号をシミュレーションできます。このようにして定義した数字は、発信者がコール ハンドラまたはユーザ メールボックスのグリーティングを聞いているときにダイヤルする内線番号の先頭または末尾に追加されます。

Cisco Unity は、まず、先頭または末尾に数字が追加されている内線番号に通話を転送します。先頭または末尾に数字が追加されている内線番号が無効な場合は、ダイヤルされた内線番号に通話を転送します。たとえば、Sales という名前のコール ハンドラがあり、先頭に 123、末尾に 456 が追加されているとします。発信者が Sales コール ハンドラのグリーティングを聞いているときに 1000 をダイヤルすると、通話はまず、内線番号 1231000456 に転送されます。先頭/末尾に数字が追加された内線番号が無効の場合、通話は内線番号 1000 に転送されます。

発信者が同じ番号(たとえば、1000)を使用してサポート担当者へ連絡できるコール ハンドラを複数設定することもできますが、先頭および末尾に数字を追加することにより、特定のコール ハンドラ(たとえば、テクニカル サポート コール ハンドラ、Sales コール ハンドラ)の該当するサポート担当者へ通話を転送できます。

[キーロック(キーが押されたらダイヤル桁間タイマーに関係なくすぐにアクションを開始)(Lock This Key to the Action)]

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unity は、発信者がキーを押した後の入力を無視するようになります。Cisco Unity は、キーに割り当てられている操作を実行します。効率的な発信者入力メニューを作成するには、システムの内線番号の先頭番号であるキーを除いて、すべてのキーをロックします。内線番号への電話は、内線番号の先頭番号であるキーをロックして遮断することもできます。

すべてのキーに対する操作をロックするには、[グリーティング再生中に内線番号の入力を行える(Allow Callers to Dial an Extension During Greeting)] チェックボックスをオフにします。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[アクション(Action)]

発信者が、対応するキーを押した後、Cisco Unity が実行する操作を指定します。

[キーを無視(Ignore Key)] :操作は何も行われません。Cisco Unity はグリーティング全体を再生してから、グリーティング後操作を実行します。

[グリーティングをスキップ(Skip Greeting)] :Cisco Unity はグリーティングを省略してから、グリーティング後操作を実行します。デフォルトでは、[グリーティングをスキップ(Skip Greeting)] には # が割り当てられており、グリーティングを省略する標準方法が発信者に用意されています。

[メッセージの録音を開始(Take Message)] :Cisco Unity は、発信者からのメッセージを録音します。グリーティングでは、メッセージを録音するということを伝える必要があります。[メッセージの録音を開始(Take Message)] リンクをクリックして、関連の [メッセージ(Messages)] ページを表示します。

[サービス終了案内へ移動(Say Good-Bye)]:Cisco Unity は、短い終了案内を再生した後、電話を切ります。[ありがとうございました(Goodbye)] コール ハンドラを表示するには、[サービス終了案内へ移動(Say Good-Bye)] リンクをクリックします。

[他のサービスへ移行:移行先(Send Caller To)] :Cisco Unity は、選択されている宛先に電話を転送します。

[緊急連絡先番号(Alternate Contact Number)] : [ダイヤルする番号(Number to Dial)] フィールドで指定した番号に電話を転送します。

[ブロードキャスト メッセージ管理者(Broadcast Message Administrator)] :着信はブロードキャスト メッセージを送信するためのカンバセーションへ送信されます。

[CVM メールボックスのリセット(CVM Mailbox Reset)] :着信は Community Voice Mail サイトのメールボックスのリセットに使用するカンバセーションへ送信されます。

[コール ハンドラ(Call Handler)] :着信は選択したコール ハンドラへ送信されます。

[発信者のシステム転送(Caller System Transfer)] :着信は、発信者が指定した番号に転送できるカンバセーションへ送信されます。たとえば、発信者は Cisco Unity ユーザに関連付けられていないロビーまたは会議室の電話機にダイヤルする場合があります。Cisco Unity は、CS_Default_System_Transfer 規制テーブルで許可されている場合に限り、転送を実行します。

[ディレクトリ ハンドラ(Directory Handler)] :着信は宛先検索サービスへ送信されます。

[簡易サインイン(Easy Sign-In)] :着信はユーザ ログオン ガイダンスへ転送され、そこでユーザのパスワードを入力するように要求されます。

[グリーティング管理者(Greetings Administrator)] :着信は、電話でコール ハンドラ グリーティングを変更するためのカンバセーションへ送信されます。

[切断(Hang Up)] :電話の接続を切ります。注意して使用します。予期しない電話の切断は、発信者に不快感を与えます。

[ホテルのチェック アウト メッセージ(Hotel Checked Out)] :Cisco Unity のホスピタリティとプロパティ マネジメント連動がインストールされている場合、このオプションにより、着信は、チェックアウト後のホテル ゲストがアーカイブ保存されたメッセージにアクセスするためのカンバセーションへ送信されます。

[インタビュー ハンドラ(Interview Handler)] :着信は選択したインタビュー ハンドラへ送信されます。

[サインイン(Sign-In)] :着信はユーザ ログオン ガイダンスへ転送され、そこでユーザの ID とパスワードを入力するように要求されます。

[ユーザ(Subscribers)] :着信は選択したユーザへ送信されます。

[ユーザのシステム転送(Subscriber System Transfer)] :着信は、ユーザが指定した番号に転送できるカンバセーションへ送信されます。ユーザはログオンを要求され、次にロビーや会議室の電話機などの Cisco Unity ユーザに関連付けられていない番号、および組織外部の電話番号を入力できます。Cisco Unity は、ユーザの規制テーブルで許可されている場合に限り、転送を実行します。

[ユーザ(Subscriber)] の [メッセージ(Messages)] ページ

 

表 4-9 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscriber)] > [メッセージ(Messages)] ページ

フィールド
説明

[メッセージの最大録音時間(秒)(Maximum Message Length in Seconds)]

身元不明の(外部の)発信者が残すことができるメッセージ録音の長さを設定します。

ユーザは、身元不明発信者からのメッセージの長さを制限することが必要になる場合があります。カスタマー サービスなどのように、かなり長いメッセージを認める必要のある部門もあります。

警告音が有効な場合、メッセージの最大録音時間に達する前に発信者に警告音が聞こえます。

他のユーザが残すことができるメッセージ録音の長さは、該当する [ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] > [メッセージ(Messages)] ページで設定します。

[メッセージの録音後(After Message Action)]

身元不明発信者がメッセージを残した後、Cisco Unity が実行する操作を指定します。

[サービス終了案内へ移動(Say Good-Bye)]:Cisco Unity は、短い終了案内を再生した後、電話を切ります。[ありがとうございました(Goodbye)] コール ハンドラを表示するには、[サービス終了案内へ移動(Say Good-Bye)] リンクをクリックします。

[他のサービスへ移行:移行先(Send Caller To)] :Cisco Unity は、選択されている宛先に電話を転送します。

[ブロードキャスト メッセージ管理者(Broadcast Message Administrator)] :着信はブロードキャスト メッセージを送信するためのカンバセーションへ送信されます。

[CVM メールボックスのリセット(CVM Mailbox Reset)] :着信は Community Voice Mail サイトのメールボックスのリセットに使用するカンバセーションへ送信されます。

[コール ハンドラ(Call Handler)] :着信は選択したコール ハンドラへ送信されます。

[発信者のシステム転送(Caller System Transfer)] :着信は、発信者が指定した番号に転送できるカンバセーションへ送信されます。たとえば、発信者は Cisco Unity ユーザに関連付けられていないロビーまたは会議室の電話機にダイヤルする場合があります。Cisco Unity は、CS_Default_System_Transfer 規制テーブルで許可されている場合に限り、転送を実行します。

[ディレクトリ ハンドラ(Directory Handler)] :着信は宛先検索サービスへ送信されます。

[グリーティング管理者(Greetings Administrator)] :着信は、電話でコール ハンドラ グリーティングを変更するためのカンバセーションへ送信されます。

[切断(Hang Up)] :電話の接続を切ります。注意して使用します。予期しない電話の切断は、発信者に不快感を与えます。

[ホテルのチェック アウト メッセージ(Hotel Checked Out)] :Cisco Unity のホスピタリティとプロパティ マネジメント連動がインストールされている場合、このオプションにより、着信は、チェックアウト後のホテル ゲストがアーカイブ保存されたメッセージにアクセスするためのカンバセーションへ送信されます。

[インタビュー ハンドラ(Interview Handler)] :着信は選択したインタビュー ハンドラへ送信されます。

[サインイン(Sign-In)] :着信はユーザ ログオン ガイダンスへ転送され、そこでユーザの ID とパスワードを入力するように要求されます。

[ユーザ(Subscribers)] :着信は選択したユーザへ送信されます。

[ユーザのシステム転送(Subscriber System Transfer)] :着信は、ユーザが指定した番号に転送できるカンバセーションへ送信されます。ユーザはログオンを要求され、次にロビーや会議室の電話機などの Cisco Unity ユーザに関連付けられていない番号、および組織外部の電話番号を入力できます。Cisco Unity は、ユーザの規制テーブルで許可されている場合に限り、転送を実行します。

デフォルトは [サービス終了案内へ移動(Say Good-Bye)] です。

[発信者はメッセージを編集できる(Callers Can Edit Messages)]

このチェックボックスをオンにすると、発信者に対して、そのメッセージの聞き取り、追加、再録音、または削除をするように求めることができるようになります。

メッセージを編集するための追加設定ができるようになりますが、ボイスメール ポートの使用時間が長くなります。

[メッセージの緊急設定(Mark Messages as Urgent)]

Cisco Unity が許可するアクションを指定します。

[常に緊急にする(Always)] :身元不明発信者が残すメッセージにはすべて、緊急とマークします。これは、販売またはテクニカル サポートのコール ハンドラには有効な場合があります。

[常に緊急にしない(Never)] :身元不明発信者が残すメッセージに、緊急のマークはしません。

[発信者が選択できる(Ask Caller for Their Preference)] :Cisco Unity が、身元不明発信者に対して、そのメッセージを緊急とマークするかどうかを確認します。

Cisco Unity は、他のメッセージの前に新しい緊急メッセージを再生することに注意してください。

デフォルトは [発信者が選択できる(Ask Caller for Their Preference)] です。

[メッセージのプライベート設定(Mark Messages as Private)]

Cisco Unity が許可するアクションを指定します。

[常にプライベートにする(Always)] :身元不明発信者が残すメッセージにはすべて、プライベートとマークします。

[常にプライベートにしない(Never)] :身元不明発信者が残すメッセージに、プライベートのマークはしません。

[発信者が選択できる(Ask Caller for Their Preference)] :Cisco Unity が、身元不明発信者に対して、そのメッセージをプライベートとマークするかどうかを確認します。

プライベートとしてマークされたメッセージは、電話、Cisco Unity ViewMail for Microsoft Outlook、Cisco Unity Inbox Web ツールでは転送できません。

デフォルトは [発信者が選択できる(Ask Caller for Their Preference)] です。

[発信者の使用言語(Language That Callers Hear)]

発信者に対してシステム プロンプトを再生する言語を選択します。言語設定は、「発信音の後にメッセージをお話しください(You may record your message at the tone)」などのシステムの案内に影響します。

[デフォルト(Inherited)] を選択すると、Cisco Unity は、通話を処理するハンドラまたは経路指定規則で設定されている言語に従って、通話ごとにシステム案内に使用する言語を決定します。通話を処理する各規則およびハンドラに対して、言語が [デフォルト(Inherited)] に設定されている場合、システム プロンプトはデフォルトの電話言語で再生されます。

デフォルトの電話言語、およびこのフィールドに表示される言語の一覧は、[システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] > [電話言語(Phone Languages)] ページで設定されています。

[MWI 使用(Use MWI for Message Notification)]

このチェックボックスをオンにすると、Cisco Unity が、電話上で Message Waiting Indicator(MWI; メッセージ受信インジケータ)を使用して、新しい音声メッセージの到着をユーザに警告するようになります。MWI は、新しい電子メール、ファックス、または受信確認メッセージを示すためには使用されません。

[MWI 内線(MWI Extensions)]

[MWI 使用(Use MWI for Message Notification)] フィールドが使用可能な場合、Cisco Unity は、[MWI 内線(MWI Extensions)] テーブルの [内線番号(Extension)] カラムにリストされている内線番号(複数可)を使用して MWI をアクティブにします。

デフォルトでは、テーブル内の 1 つの行の [内線番号(Extension)] カラムに、ユーザに割り当てられているプライマリ内線番号を示す「X」が含まれています。この行を変更するか、テーブルにさらに行を追加して、Cisco Unity で別の内線番号または電話番号の MWI をアクティブにすることができます。MWI がテーブル内のすべての行に対して使用可能になっています。ある内線番号に対して MWI を使用不可にするには、テーブルからその行を削除します。

ユーザを最大で 9 個の代行 MWI に割り当てることができます。各代行 MWI 内線は一意(適用可能ならばダイヤル ドメイン レベルまで)で、長さが 30 桁を超えない必要があります。

[内線番号(Extension)] カラムに文字を入力する場合、次のことを考慮してください。

0 ~ 9 の数字を入力します。

数字の間には、スペース、ダッシュ、括弧を入れることはできません。

1 秒のポーズを挿入するには、,(カンマ)を入力します。


) Cisco Unity と、SIP を使用する電話システムが連動している場合、ポーズを挿入するためにダイヤル文字列に指定したカンマは SIP 電話システムまたはゲートウェイによって処理されます。場合によっては、カンマは無視されることがあります。必要に応じてポーズを挿入するように電話システムやゲートウェイを設定することで、この問題を回避できます。


電話機の # キーと * キーに対応させるには、# と * を入力します。

入力する内線番号が、プライマリ内線番号と関連する電話機とは異なるランプ コードを必要とする電話機の MWI を点灯するものである場合、使用している電話システムが複数のランプ コードをサポートするようにプログラミングされていることを確認します。

MWI はテーブル内のすべての行に対して使用可能です。

[MWI 内線(MWI Extensions)] の [スイッチ(Switch)] カラムを使用して、内線番号を処理する電話システムを選択できます。

[MWI 内線(MWI Extensions)] の [送信数(Send Counts)] カラムを使用して、新規メッセージ、開封済みメッセージ、新規緊急メッセージ、開封済みの緊急メッセージの件数をリアルタイムに送信するように設定できます。


) メッセージ件数の機能を使用するには、SCCP と Cisco Unified Communications Manager 8.0 以降との連動、または SIP トランクと Cisco Unified CM 7.1 以降との連動が必要です。Cisco IP Phone には、メッセージ件数情報を表示する機能を設定しておくことが必要です。


[MWI 内線(MWI Extensions)] テーブルの [インジケータ ランプ(Indicator Lamps)] カラムには、表のその行に示されている MWI 内線番号のインジケータ ランプのステータスが表示されます。ステータスは、MWI オン、MWI オフ、MWI 要求の保留中、MWI 要求の保留:オン、MWI 要求の保留:オフ、MWI 要求が失敗しました、のうちのいずれかです。

[ユーザ(Subscriber)] の [メッセージの到着通知(Message Notification)] ページ

 

表 4-10 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [メッセージの到着通知(Message Notification)] ページ

フィールド
説明

[通知先(Device)]

メッセージの到着通知に使用するデバイスを選択します。テキスト メッセージ通知の場合は、次のことを考慮してください。

SMS(SMPP)テキスト メッセージ通知を設定するには、[SMS (SMPP)] をクリックします。[システム(System)] > [SMPP] ページで使用する SMPP プロバイダーを入力します。また、ファイアウォールを使用するサイトの場合は、SMPP サーバが使用するポートを開き、Cisco Unity が SMPP サーバと通信できるようにします。

新しいボイス メッセージが Cisco Unity Inbox に到着したときに、ボイス メッセージのユーザが各自の電子メール クライアントの受信ボックスで電子メールによる通知を受信できるようにテキスト メッセージ通知を設定するには、[Cisco Unity Inbox 用テキスト(Text for Cisco Unity Inbox)] をクリックします。このオプションを使用するには、サイトに SMTP ゲートウェイが必要です。

Cisco Personal Communications Assistant(PCA)の URL を [システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] ページに入力して、ユーザに送信される電子メール メッセージの本文にこの URL がリンクとして自動的に含まれるようにします (ユーザは、Cisco PCA を使用して、Cisco Unity Inbox にアクセスします)。

SMTP テキスト メッセージ通知を設定するには、[文字対応デバイス 1(Text Pager 1)] または [文字対応デバイス 2(Text Pager 2)] をクリックします。このオプションを使用するには、サイトに SMTP ゲートウェイが必要です。

[電話番号(Phone Number)]

(文字対応デバイス通知、SMS(SMPP)通知、または Cisco Unity Inbox 通知では使用不可)

選択したデバイスのトランク アクセス コードを含む電話番号を入力します。電話番号には、数字の 0 ~ 9 および次のダイヤル文字を使用します。

# と *。電話機の # キーと * キーに対応します。

,(カンマ)。1 秒のポーズを挿入します。


) Cisco Unity と、SIP を使用する電話システムが連動している場合、ポーズを挿入するためにダイヤル文字列に指定したカンマは SIP 電話システムまたはゲートウェイによって処理されます。場合によっては、カンマは無視されることがあります。必要に応じてポーズを挿入するように電話システムやゲートウェイを設定することで、この問題を回避できます。


ユーザは電話でこの番号を変更できます。

ユーザのサービス クラスに関連付けられた規制テーブルではなく、管理者のサービス クラスに関連付けられた規制テーブルでは、ユーザの特定の電話番号を入力することが禁止される場合があります。

[追加ダイヤル番号(Extra Digits)]

(文字対応デバイス通知、SMS(SMPP)通知、または Cisco Unity Inbox 通知では使用不可)

Cisco Unity がダイヤルする電話番号の後に、追加ダイヤル番号があれば入力します。追加ダイヤル番号の効果は、選択したデバイスに依存します。文字対応デバイスの場合、追加ダイヤル番号は文字対応デバイスのディスプレイに表示されます。

[追加ダイヤル オプション(Dialing Options)]

(文字対応デバイス通知、SMS(SMPP)通知、または Cisco Unity Inbox 通知では使用不可)

ダイヤル オプションを選択します。

[接続の検出を行う(Try to Detect Connection)] :Cisco Unity は、接続を検出するまで待機してから [追加ダイヤル番号(Extra Digits)] 内の番号にダイヤルします。

[追加ダイヤルまでの待ち時間(秒)(Seconds to Wait)] :Cisco Unity は、指定された秒数待機してから、[追加ダイヤル番号(Extra Digits)] 内の番号にダイヤルします。自動着信プログレス検出機能が信頼できない場合(たとえば、雑音の多い電話回線や異常な呼び出し音パターンなど)に、このオプションを使用します。

[宛先(To)]

(文字対応デバイス通知、SMS(SMPP)通知、または Cisco Unity Inbox 通知のみ)

テキスト互換の携帯電話用または文字対応デバイス用のメッセージ通知の設定と、SMS(SMPP)デバイス用のメッセージ通知の設定では異なります。

SMTP テキスト メッセージ通知の場合、ユーザの文字対応デバイス、テキスト互換携帯電話、または別の電子メール アカウント(自宅の電子メール アドレスなど)の電子メール アドレスを入力します。

SMS(SMPP)テキスト メッセージ通知の場合、SMS 互換デバイスの電話番号を入力します。入力する形式と番号は、SMPP プロバイダーによって異なります。プロバイダーによっては、国際電話の国コードが必要な場合もあります。このコードは、プラス記号(+)で始まり、国コード、市外局番、市内局番またはトランク コード、およびデバイスの番号が続きます(たとえば +12065551234 となります)。0 または国際電話用の局番を先頭にしないでください。また、スペース、ダッシュ、括弧や他の句読点は入力しないでください。

このフィールドには、128 文字まで入力できます。

[送信元(From)]

(文字対応デバイス通知、SMS(SMPP)通知、または Cisco Unity Inbox 通知のみ)

テキスト互換の携帯電話またはポケットベルの場合は、このフィールドに、ユーザがメッセージを確認するために呼び出す電話番号、または英数字テキストを入力します。[送信元(From)] の電話番号は、文字対応デバイス通知または Cisco Unity Inbox 通知の最後の行に表示されます。ユーザは、多くのテキスト互換携帯電話で [応答(Return Call)] ボタンを押して、その電話番号にダイヤルできます。携帯電話では、この機能を使用するために、自動コールバック機能をサポートしている必要があります。

SMS(SMPP)デバイスの場合、このフィールドに入力する情報は SMPP プロバイダーによって異なります。

SMPP プロバイダーが、メッセージを送信しているサーバの「発信元アドレス」を必要とする場合は、Cisco Unity サーバの IP アドレスを入力します。

SMPP プロバイダーが「発信元アドレス」を必要としない場合は、ユーザがメッセージを確認するために呼び出す番号を入力します。入力する形式と番号は、SMPP プロバイダーによって異なります。プロバイダーによっては、国際電話の国コードが必要な場合もあります。このコードは、プラス記号(+)で始まり、国コード、市外局番、市内局番またはトランク コード、およびデバイスの番号が続きます(たとえば +12065551234 となります)。0 または国際電話用の局番を先頭にしないでください。また、スペース、ダッシュ、括弧や他の句読点は入力しないでください。

(注) 一部の SMPP プロバイダーでは、[送信元(From)] フィールドに入力した番号がプロバイダー固有の電話番号に置き換えられます。折り返しの電話番号を含めるための代わりの方法としては、ユーザがメッセージを確認するために呼び出す番号を [送信(Send)] フィールドに入力する方法もあります。

このフィールドには、40 文字まで入力できます。

[送信(Send)]

(文字対応デバイス通知のみ)

文字対応デバイス通知でユーザが受信するテキスト メッセージを入力します。たとえば、テクニカル サポート部門に電話してきたユーザに対して「テクニカル サポートに緊急メッセージあり(Urgent message for Technical Support)」を入力することができます。メッセージ通知設定に選択されている条件に一致するメッセージが到着すると、毎回、Cisco Unity メッセージ システムが、そのテキスト メッセージを送信します。

(注) 折り返しの電話番号を含めるには、ユーザがメッセージを確認するために呼び出す番号をメッセージ テキスト内に入力してみます。たとえば、tel:2065551234 という形式で番号を入力します。

このフィールドには、160 文字まで入力できます。SMS デバイスの場合、Cisco Unity で使用するために設定した文字セットによっては、160 文字より短いメッセージが切り捨てられる場合もあります。

[ボイスメール、電子メール、ファックスの件数を含む(Include Voice Mail, Email, and Fax Message Counts)]

(文字対応デバイス通知、SMS(SMPP)通知、または Cisco Unity Inbox 通知のみ)

文字対応デバイス通知または Cisco Unity Inbox 通知に、ボイスメール、電子メール、およびファックス メッセージのそれぞれの件数を含める場合は、このチェックボックスをオンにします。

ユーザがこの通知を受信すると、メッセージの件数が、各メッセージ タイプの行に表示されます。次に例を示します。

ボイスメール数:9
緊急メッセージ数:2
電子メール数:15
緊急電子メール数:2

電子メール数には、不達確認または会議要求は含まれません。

[発信者情報を含む(Include Caller Information)]

(文字対応デバイス通知、SMS(SMPP)通知、または Cisco Unity Inbox 通知のみ)

文字対応デバイス通知または Cisco Unity Inbox 通知に、ボイスメール、電子メール、およびファックス メッセージのそれぞれの発信者情報を含める場合は、このチェックボックスをオンにします。

Cisco Unity によって提供される情報は、メッセージの発信者によって異なります。提供される情報(メッセージ発信者別)は次のとおりです。

Cisco Unityユーザ:Cisco Unity は、ユーザに関連付けられた表示名を提供します。

身元不明発信者:Cisco Unity は、発信者の電話番号(わかる場合)を提供します。発信者の電話番号がわからない場合は、「発信者情報不明(Caller information unknown)」と示されます。Cisco Unity が身元不明発信者の電話番号(ANI または発信者 ID)を提供できるようにするには、電話システムがこのような情報を Cisco Unity に送信できるように設定されている必要があります。Cisco Unity は、発信者に関する ANI 情報を受信すると、有効な番号だけを使用し、電話システムから送信されたその他の文字をすべて無視します。

ファックス サーバ:Cisco Unity は、ファックス サーバの表示名を提供します。

ユーザが通知を受信すると、メッセージの件数に続いて発信者情報が表示されます。メッセージには、新しいものから順に番号が割り当てられています。たとえば、[テキスト(Text)] フィールドと [送信元(From)] フィールドの値、メッセージの件数、および発信者情報が含まれている文字対応デバイス通知は、次のような表示になります。

テクニカル サポートに緊急メッセージあり。(Urgent message for Technical Support.)
緊急メッセージ数:1
ボイスメール数:2
電子メール数:2
1.Linda Bader
2.205-555-1205
3.Linda Bader
4.発信者情報不明(Caller information unknown)
<Cisco Unity の呼び出し番号(number to call Cisco Unity)>

表示される情報が切り捨てられるかどうかは、通知デバイスのメッセージの最大録音時間によって異なります。Cisco Unity は、メッセージを切り捨てません。

[SMPP プロバイダ(SMPP Provider)]

(SMS(SMPP)通知のみ)

適切な SMPP プロバイダーを選択します。[システム(System)] > [SMPP] ページのこのリストにプロバイダーを追加できます。

[ステータス(Status)]

このデバイスに対するメッセージ通知がオンまたはオフのどちらであるかを示します。ユーザは電話でこの設定を変更できます。

[通知する(Enabled)] :Cisco Unity は、新しいメッセージが到着するとデバイスを呼び出します。

[通知しない(Disabled)] :Cisco Unity は、デバイスを呼び出しません。デバイスを使用不可にしても、その設定は削除されないことに注意してください。

[通知メッセージの対象(Notify Subscriber Of)]

Cisco Unityがデバイスを呼び出す機会となるメッセージ タイプとメッセージの緊急度を選択します。メッセージ タイプを選択しないと、Cisco Unity はデバイスを呼び出しません。

メッセージ通知デバイスのチェーンを設定するとき、このフィールドには、最初のデバイスのメッセージ タイプだけを選択します。最初のデバイス以外のデバイスに対して、何らかのメッセージ タイプを選択すると、そのデバイスに対するメッセージ通知が、ただちに始まり、前のデバイスの通知障害を待機することがなくなります。したがって、通知はチェーンされず、すべて一度にトリガーされます。

[通知スケジュール(Notification Schedule)]

グリッドでブロックをクリックし、通知しない(通知なし)と通知する(通知可)を切り替えます。新しいメッセージがある場合、Cisco Unity は、アクティブな時間内に通知の通話を行います。非アクティブ時間内に新しいメッセージが到着した場合、Cisco Unity は、次回スケジュールされているアクティブ時間の開始時にメッセージ通知を送信します。実際に、次回スケジュールされているアクティブ時間の開始時に、新着としてマークされたメッセージがあれば(すでにユーザが特定のメッセージについての通知を受け取っていたとしても)、そのメッセージについての到着通知メッセージを送信します。

ある 1 日についてアクティブ時間と非アクティブ時間を設定した後、[スケジュール コピー(1 日当たり)(Copy Day’s Schedule)] を使用して、その設定内容を別の日にコピーすることができます。

[スケジュール コピー(1 日当たり)(Copy Day’s Schedule)]

2 日以上に渡って同じブロックをクリックする必要をなくすには、[スケジュール コピー(1 日当たり)(Copy Day’s Schedule)] および [>>] を使用します。コピーする日を選択し、そのスケジュール設定のコピー先となる日を選択します。

[通知オプション(Notification Options:)]

[最初の通知を送信するまでの時間設定(分)-何分後に通知するか(Send Initial Notification After How Many Minutes)]

メッセージの受信時からメッセージの到着通知がトリガーされるまでの遅延を指定します(メッセージが [通知メッセージの対象(Notify Subscriber Of)] セクションで選択された基準に一致する場合)。通知は、15 分など一定の間隔でさまざまなデバイスに送信して、カスケード メッセージ通知効果を達成できます。

遅延時間によって通知の時間がずれ、デバイス スケジュールで通知しない時間になった場合、通知は実行されません。

遅延フィールドの範囲は 0 ~ 120 分です。デフォルトは 0 分です。

[通知オプション(Notification Options:)]

[新しいメッセージが到着するたびに通知する(Restart Notification)]

または [メッセージ到着後時間が経過してもそのメッセージが開封されない場合に通知を繰り返す-間隔設定(分)(Repeat Notification)]

ユーザのニーズに応じて、メッセージ通知のタイミングを指定するために使用します。次のオプションのいずれかを選択します。

[新しいメッセージが到着するたびに通知する(Restart Notification Each Time a New Message Arrives)] :このオプションを選択した場合、Cisco Unity は、選択された基準に一致するメッセージが到着するたびに、ただちに通知プロセスを開始します。Cisco Unity は、新しいメッセージが残っていても、デバイスが応答すれば通知は成功したと判断します (たとえば、留守番電話が応答してメッセージを録音し、電子メール受信ボックス内のメッセージは未読のままであった場合でも、通知は成功と判断されます)。

[新しいメッセージが到着するたびに通知する(Restart Notification Each Time a New Message Arrives)] オプションを有効にし、[最初の通知を送信するまでの時間設定(分)(Send Initial Notification)] フィールドに 0 をセットした場合は、Cisco Unity がメッセージ通知をすぐにトリガーすることに注意してください。ただし、[最初の通知を送信するまでの時間設定(分)(Send Initial Notification)] フィールドに遅延時間を入力した場合、Cisco Unity は、ただちにダイヤルしないで、指定した分数だけ通知を遅延します。遅延時間の間に到着したメッセージにより、通知が別々にトリガーされることはありません。

[メッセージ到着後時間が経過してもそのメッセージが開封されない場合に通知を繰り返す-間隔設定(分)(Repeat Notification If There Are Still New Messages After This Many Minutes)] :このオプションを選択し、期間を指定すると、Cisco Unity は、最初のメッセージの直後に通知を行い、その後、指定した間隔に基づいて通知スケジュールを開始します。たとえば、11:47 AM に繰り返し通知間隔を 5 分に設定すると、Cisco Unity は、ユーザへの新しいメッセージの通知を 11:50 AM、11:55: AM、12:00 PM、12:05 PM、12:10 PM、12:15 PM、12:20 PM、12:25 PM などに行います。この通知スケジュールは、ユーザに 1 つ以上の新しいメッセージがある間有効です。

再ダイヤル頻度の範囲は、1 ~ 100 分です。

[通知先が応答しない場合(If Device Does Not Answer)]

(文字対応デバイス通知、SMS(SMPP)通知、または Cisco Unity Inbox 通知では使用不可)

次の設定を指定します。

[呼び出し音の回数(Rings to Wait For)] :最低 3 回の呼び出し音に設定します。より大きい数を選択すると、ユーザが電話に応答するまでの時間を長くすることができます。

[リトライ回数(Try Again How Many Times)] :少しの間電話から離れるユーザに連絡するには、より大きい値を選択します。呼び出し音で他の人を煩わせるのを避ける場合は、少なめに設定します。

[リトライ間隔(分)(How Many Minutes to Wait Between Tries)] :長時間電話から離れるユーザに連絡するには、より大きい値を選択します。

[通知先が話し中の場合(If Device Is Busy)]

(文字対応デバイス通知、SMS(SMPP)通知、または Cisco Unity Inbox 通知では使用不可)

次の設定を指定します。

[リトライ回数(Try Again How Many Times)] :電話を頻繁に使用するユーザに連絡するには、多めに設定します。

[リトライ間隔(分)(How Many Minutes to Wait Between Tries)] :通話時間が長いユーザに連絡するには、長めに設定します。

[通知失敗時の通知先(If Notification Fails, Send Notification To)]

(文字対応デバイス通知、SMS(SMPP)通知、または Cisco Unity Inbox 通知では使用不可)

最初のデバイスが応答しない場合や通話中の場合、およびリトライ回数が最大回数に達した場合に、通知の送信先となる追加のデバイスのオプションを選択します。Cisco Unity は、次のデバイスが使用可能になっていて、そのスケジュールが現在である場合に限り、次のデバイスを呼び出します。

Cisco Unity は、デバイスが応答すれば、たとえば留守番電話が応答した場合にも、メッセージ通知は成功したと判断します。Cisco Unity は、選択した無応答リトライと話中信号リトライがすべて最大回数に到達した場合に限り、メッセージ通知が失敗したと判断します。

[スイッチ(Switch)]

新しいメッセージの到着をユーザに通知するときに、Cisco Unity がダイヤル アウトする電話システムを選択します。各通知デバイス(文字対応デバイスおよび SMS デバイスを除く)は、特定の電話システムに関連付けることができます。

[システム(System)] > [ポート(Ports)] ページで選択した電話システムには、到着通知のダイヤル アウトのために少なくとも 1 つのポートを設定しておく必要があります。

[ユーザ(Subscriber)] の [代行内線番号(Alternate Extensions)] ページ

 

表 4-11 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [代行内線番号(Alternate Extensions)] ページ

フィールド
説明

[管理者が定義した代行内線番号(Administrator-Defined Alternate Extensions)]

[代行内線番号(Alternate Extensions)] テーブルに文字を入力する場合、次のことを考慮してください。

長さが 30 文字までの内線番号を入力できます。SIP 連動では、最大 30 文字のアルファベットを使用できます。

各内線番号は一意である必要があります(適用可能な場合はダイヤル ドメイン レベルまで)。

0 ~ 9 の数字を入力します。スペース、ダッシュ、括弧を使用することはできません。

SIP 連動では、SIP URL の有効なエイリアスを入力することもできます。たとえば、URL が SIP:aabade@cisco.com の場合は、aabade を入力します。スペースは使用できません。

便宜上、行には番号が付けられます。代行内線番号は任意の順序で入力でき、空白行も可能です。

代行内線番号の MWI をアクティブにするには、[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [メッセージ(Messages)] ページ上の [MWI 内線(MWI Extensions)] テーブルに適切な番号を入力します。

ここで入力した代行内線番号を表示するサービス クラス(COS)権限をユーザに付与する、または独自の代行内線番号を指定することをユーザに許可するには、[ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] > [プロファイル(Profile)] ページを参照してください。

[ユーザ定義の代行内線番号(Subscriber-Defined Alternate Extensions)]

トラブルシューティングのために、Cisco Unity Assistant を使用してユーザが定義した代行内線番号を表示できます。Cisco Unity Administratorと同様、Cisco Unity Assistant でも、ユーザが入力する各内線番号は一意であり、長さが 30 文字以内である必要があります(SIP 連動では、最大 30 文字のアルファベットを使用できます)。

Cisco Unity Administratorに指定した代行内線番号を、ユーザが Cisco Unity Assistant を使用して表示できるかどうかを制御します。[ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] > [プロファイル(Profile)] ページを参照してください。

[ユーザ(Subscriber)] の [代行名(Alternate Name)] ページ

 

表 4-12 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [代行名(Alternate Name)] ページ

フィールド
説明

[追加(Add)]

代行として使用するユーザの姓と名を入力します。

代行名は、ユーザの姓または名を異なる形で表したものです。Cisco Unity は、ユーザが音声認識を使用してメッセージを他のユーザに宛先指定する場合にこのような代行名を考慮します。たとえば、ユーザがメッセージを「Mary Jameson」(Mary Brown の旧姓)に宛先指定した場合、Cisco Unity はこの情報を参照して、正しいユーザにメッセージを宛先指定できます。

代行名を使用して、共通の略称(William の代わりに Bill を使用するなど)や旧姓を追加できます。発音が難しい名前の場合は、代行名を使用して、発音から推測されるスペルを追加することもできます。たとえば、「Goulet」という名前の代行名として「Goolay」を追加できます。

[ユーザ(Subscriber)] の [機能(Features)] ページ

 

表 4-13 [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [機能(Features)] ページ

フィールド
説明

[ユーザは、このサーバ上のユーザにブロードキャスト メッセージを送信できる(Subscriber Can Send Broadcast Messages to Subscribers on This Server)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザはローカル Cisco Unity サーバ上のすべてのユーザにブロードキャスト メッセージを送信できます。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[ユーザは、複数のサーバ上のユーザにブロードキャスト メッセージを送信できる(Subscribers Can Send Broadcast Messages to Subscribers on Multiple Servers)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザは、Cisco Unity グローバル ディレクトリ内のすべてのロケーションに、またはシステム ブロードキャスト メッセージ用に設定されている特定のロケーションおよびパブリック同報リスト(あるいはそのいずれか)に、システム ブロードキャスト メッセージを送信できます (このチェックボックスをオンにすることにより、ユーザはローカル Cisco Unity サーバ上のすべてのユーザにブロードキャスト メッセージを送信することもできます)。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[ユーザは、サーバに保管されたブロードキャスト メッセージを更新できる(Subscriber Can Update Broadcast Messages Stored on This Server)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザはローカル Cisco Unity サーバに格納されているブロードキャスト メッセージを編集できます。このチェックボックスをオンにすることにより、ユーザはローカル Cisco Unity サーバ上のすべてのユーザにブロードキャスト メッセージを送信することもできます。

システム ブロードキャスト メッセージを複数のロケーションに送信すると、メッセージのコピーが各サーバに送信され、次にそのサーバをホームとするユーザに配信されることに注意してください。したがって、ユーザは各メッセージに対する更新をローカルで行う必要があります。これを行うには、ユーザが各サーバ上でメッセージを更新できる必要があり、ユーザは各 Cisco Unity サーバの Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者にログオンして、メッセージを更新する必要があります。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[ユーザは、メッセージ ロケータを使用できる(Subscriber Can Use Message Locator)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザは電話でメッセージを確認する場合に Cisco Unity ユーザおよび外部発信者からのボイス メッセージを見つけることができます。

このチェックボックスがオンの場合、ユーザは Cisco Unity のメインメニューから「メッセージを検索するときは 5 を押してください(Press 5 to find messages)」と要求されます ([Alternate Keypad Mapping X] と[Alternate Keypad Mapping S] の場合は、8 を押すように要求されます)。

ユーザは、メッセージ ロケータ機能を使用して、新しいメッセージおよび開封済みメッセージを検索し、特定のユーザ、内線番号、または電話番号(ANI または発信者 ID 情報)からのメッセージを見つけることができます。

(注) ユーザが特定のユーザからのメッセージを検索する場合、メッセージ ロケータ機能では、そのユーザの現在の表示名を使用して検索を実行します。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[ユーザは Phone View Visual Message Locator を使用できる(Subscriber Can Use Phone View Visual Message Locator)]

このチェックボックスをオンにすると、ユーザは Cisco IP Phone の LCD 画面でメッセージ ロケータ検索の結果を表示できます。

このチェックボックスがオンの場合、ユーザはメッセージ ロケータ機能を使用して、すべての新しいメッセージまたはすべてのメッセージを検索できるだけでなく、特定のユーザまたは外部発信者からのメッセージ、あるいはすべての外部発信者からのメッセージを検索できます。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[検索に受信確認を含める(Include Receipts in Searches)]

このチェックボックスをオンにすると、メッセージ ロケータ検索に新規および開封済みの受信確認を含めることができます。

このチェックボックスがオンになっているときにユーザが特定のユーザからのメッセージを検索すると、不達確認(NDR)、配達証明(読み取りと送信)、およびオプション グリーティング通知が、検索結果だけでなくボイス メッセージにも含められます。ユーザが電話または Cisco Unity Inbox でメッセージを確認するときに受信確認にアクセスできるかどうかに関係なく、受信確認は検索結果に含められることに注意してください (Tools Depot にある Advanced Settings Tool を使用すると、ユーザがどのアプリケーションからも受信確認にアクセスできないように設定できます)。

このオプションは、[ユーザはメッセージ ロケータを使用できる(Subscribers Can Use Message Locator)] チェックボックスがオフになっている場合は使用できません。

デフォルトでは、チェックボックスはオフになっています。

[メッセージ セキュリティ: メッセージ送信の場合(Message Security: When Sending a Message)]

ユーザが他のユーザにメッセージを送信する場合に暗号化するメッセージのタイプを選択します。

[メッセージを暗号化しない(Do Not Encrypt Messages)] :メッセージは暗号化されません。

[プライベート メッセージのみ暗号化する(Encrypt Only Private Messages)] :プライベートとしてフラグ設定されたメッセージだけが暗号化されます。

[メッセージをすべて暗号化する(Encrypt All Messages)] :すべてのメッセージが暗号化されます。

デフォルトは [メッセージを暗号化しない(Do Not Encrypt Messages)] です。