Cisco Unity システム管理ガイド
索引
Index
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Index

A

AMIS スケジュール、決定 13-3

B

BlackBerry、Mobile Message Access の設定 28-15

C

Cisco Personal Communications Assistant(PCA)

設定 28-5

デフォルトの検索範囲 28-8

パスワード、保護および変更 28-10

ユーザのブラウザの設定 28-7

ログオン、パスワード、およびロックアウト ポリシー、定義 28-11

Cisco Unity Administrator

アクセス 1-5

アクセスに使用するアカウント 2-1

システム管理者のアカウントの作成 2-2

ネットワークで接続されたサーバへのログオン 1-7

ユーザ アカウントの作成に使用 21-31

ユーザ インターフェイス 1-8

ログオン 1-5

Cisco Unity Assistant

カンバセーション スタイルの指定 17-16

プライベート同報リストへのユーザの追加、防止 28-9

Cisco Unity Bulk Import Wizard

インポート エラーの修正 21-30

使用方法 21-28

Cisco Unity Inbox、低帯域幅用にカスタマイズ 28-7

Cisco Unity のグリーティング管理者

概要 26-1

使用方法 26-3

設定 26-2

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者

使用方法 24-7

設定 24-4

CSV ファイル

ユーザ アカウント作成時の省略可能なカラム ヘッダー 21-15

ユーザ アカウント作成時の必須カラム ヘッダー 21-13

D

Dropped Call Recovery

概要 17-9

考慮事項 17-10

F

FaxMail、設定 28-15

G

GrantUnityAccess ユーティリティ 2-3

GUI 言語

設定 10-7

変更 10-7

I

Integrated Mailbox Configuration ツール、ユーザ アカウントの作成に使用 21-33

L

Live Reply

ダイヤル ドメイン オプション 13-2

有効化 16-1

M

Media Master、設定 28-11

Mobile Message Access、BlackBerry の設定 28-15

MWI、有効化 22-8

P

Phone View

概要 12-1

設定 12-1

S

SMPP プロバイダー、設定 23-5

T

TTY

Angel、使用方法 10-9

概要 10-7

コンフォート ノイズの無効化 10-8

設定のタスク リスト 10-8

U

Unity メッセージ システム アカウント 8-2

V

ViewMail for Microsoft Outlook

カスタマイズ 28-5

設定 28-4

Visual Message Locator、有効化 12-5

アカウント設定

原則 9-1

ユーザ 22-1

ロックアウト 9-2

アカウント、デフォルト 8-1

アクティブな転送ルール 17-7

宛先指定オプション 17-21

宛先不明メッセージ同報リスト、メッセージ処理 8-6

インタビュー ハンドラ

概要 6-1

作成 6-2

定義済み 6-1

ウィザード、Cisco Unity Bulk Import 21-11

応答タイムアウト、調整 17-1

オプション グリーティング

通知 15-14

動作の指定 17-17

オプション転送ルール 22-4

オペレータ コール ハンドラ、メッセージ処理 8-6

音声認識

アクセスの有効化 18-1

音声の宛先指定 18-3

オンにする 18-1

概要 18-1

考慮事項 18-6

代行名の管理 18-3

名前の文法ファイルの更新 18-5

オンライン ヘルプ 1-10

ガイダンス コール ハンドラ、メッセージ処理 8-6

カスタマイズ

新規メッセージの保存 15-2

全員に返信の動作 15-11

メッセージの宛先指定を確認する方法 15-3

ユーザがメッセージを削除する方法 15-7

ユーザがメッセージをスキップする方法 15-4

録音終了の警告トーン 15-10

カスタマイズ、ボイス メッセージの件名の 11-6

カスタム キーパッド マッピング ユーティリティ 14-15

カンバセーション

Cisco Unity Assistant で提供されているカンバセーション スタイルの指定 17-16

Cisco Unity によるメッセージの保存方法の変更 15-2

Dropped Call Recovery 17-9

アクティブな転送ルール 17-7

宛先指定および録音の順序の変更 17-5

応答タイムアウトの調整 17-1

オプション グリーティング通知、有効化 15-14

オプション グリーティングの動作 17-17

カスタマイズ オプション 14-1

カスタム キーパッド マッピング ユーティリティによるカスタマイズ 14-15

緊急連絡先番号への転送の有効化 17-5

検索モード、## または 00 を押して切り替え 17-14

システム転送、設定 15-12

切断時にメッセージを保存済みとしてマーク 17-9

切断時のメッセージの送信 17-8

全員に返信の動作の変更 15-11

通話切断によって割り込まれたメッセージ 17-7

電話メニュー スタイルの指定 17-19

パスワードを入力せずに電話で Cisco Unity にアクセスすることを許可 17-3

メッセージの宛先指定を確認する方法の変更 15-3

メッセージの削除の確認 17-4

メッセージの前後にスキップ 17-16

ユーザが変更できる設定 14-12

ユーザがメッセージを削除する方法の変更 15-7

ユーザがメッセージをスキップする方法の変更 15-4

ユーザに宛先指定の続行を要求する 17-15

ユーザに受信者の確認を要求する 17-14

ユーザのログオン方法の指定 17-11

ユーザへの発信者情報の提供 17-12

ライブ レコード 15-12

規制テーブル

概要 7-1

作成 7-3

設定例 7-2

定義済み 7-1

起動手順 1-1

休日、作成 3-7

緊急連絡先番号、転送の有効化 17-5

グリーティング

Cisco Unity のグリーティング管理者、概要 26-1

ユーザ設定、指定 22-5

グリーティング後の録音、有効化 16-3

クロスサーバ ログオン 13-2

言語

概要 10-1

テキスト/スピーチ 10-2

必要なライセンス 10-1

検索範囲、ディレクトリ ハンドラ検索の制限 5-4

検索モード、## または 00 を押して切り替え 17-14

研修

オペレータ 29-6

サポート デスク 29-7

ユーザ 29-1

件名、設定 11-6

更新、名前の文法ファイルの 18-5

コール ハンドラ

概要 4-1

グリーティング設定 4-4

作成 4-2

定義済み 4-1

転送設定 4-3

コール ルーティング ルール

概要 3-3

作成 3-5

設定例 3-3

コンフォート ノイズ、無効化 10-8

サービス クラス

概要 19-1

削除 19-3

作成 19-2

定義済み 19-1

変更 19-3

サービス終了案内コール ハンドラ、メッセージ処理 8-6

最近使用したアドレス(MRU)リスト 17-21

削除

メッセージ、確認 17-4

ユーザ アカウント 21-35

作成

Cisco Unity の管理者を使用したユーザ アカウント 21-31

インタビュー ハンドラ 6-2

規制テーブル 7-3

休日 3-7

コール ハンドラ 4-2

コール ルーティング ルール 3-5

サービス クラス 19-2

システム管理者アカウント 2-2

スケジュール 3-6

ディレクトリ ハンドラ 5-1

ユーザ アカウント、Cisco Unity Bulk Import Wizard を使用 21-11

ユーザ アカウント、Integrated Mailbox Configuration ツールを使用 21-33

ユーザ アカウント、概要 21-1

ユーザ アカウント、考慮する必要がある問題 21-2

サンプル インタビュー、メッセージ処理 8-6

サンプル管理者アカウント 8-1

時間外転送ルール 22-4

システム転送 15-12

システム プロンプト、カスタマイズ 15-1

シャットダウン手順 1-1

受信者名の候補 17-21

受信者履歴 17-21

数字を先頭に追加する 15-16

数字を末尾に追加する 15-16

スケジュール、作成 3-6

設定、ボイス メッセージの件名の 11-6

代行内線番号

機能する仕組み 22-11

使用例 22-10

設定 22-12

ユーザ設定、指定 22-10

ラーニング、概要 22-11

ラーニング、設定の変更 22-13

代行名 18-3

ダイヤル ドメイン 13-2

短縮ダイヤル 3-2

短縮内線番号、シミュレート 15-16

着信転送、ユーザ設定の指定 22-3

通話管理

計画 3-2

コール ルーティング ルール 3-3

短縮ダイヤルによる着信のルーティング 3-2

通話待機保留時間、設定 15-7

ディレクトリ ハンドラ

概要 5-1

検索範囲、制限 5-4

作成 5-1

ユーザ データベースとの同期化 5-3

テキスト/スピーチ

アジア言語の指定 10-3

言語 10-2

デフォルトのアカウント

Unity メッセージ システム 8-2

概要 8-1

サンプル管理者 8-1

転送ルール

標準、オプション、および時間外 22-4

フォローミー 22-4

電話言語

設定 10-5

変更 10-5

電話入力スタイル 18-1

電話パスワードの制限設定 9-1

電話メニュー

応答タイムアウトの調整 17-1

スタイルの指定 17-19

同報リスト

概要 25-1

作成 25-2

定義済み 25-1

プライベート リスト 25-4

内線番号

リマッピング 11-3

リマッピングの設定 11-3

認証設定 11-1

ネットワーキング

オプション 13-1

概要 13-1

パスワード

Cisco Personal Communications Assistant(PCA)、変更 28-10

電話パスワードの保護および変更 28-3

ユーザがパスワードを入力せずに Cisco Unity にアクセスすることを許可 17-3

ユーザ、指定 22-2

発信者の入力、ユーザ設定の指定 22-7

標準転送ルール 22-4

フォローミー転送ルール 22-4

プライベート同報リスト

ユーザ設定、指定 25-4

ユーザの追加を防止 28-9

プライベート メッセージ 8-7

ブロードキャスト メッセージ

Cisco Unity ブロードキャスト メッセージ管理者、設定 24-4

概要 24-1

設定 24-2

送信 24-7

ユーザによるブロードキャスト メッセージの送信の有効化 24-5

ボイス メッセージの件名、設定 11-6

保留音 11-5

メールボックス

一杯になったメールボックスのチェックの有効化 8-5

ストレージ制限 8-4

メッセージ

Cisco Unity によってメッセージが開封済みまたは新規とマークされる場合 8-3

Cisco Unity による一杯になったメールボックスの処理方法 8-4

Cisco Unity によるテキストを含むメッセージの処理方法 8-7

Cisco Unity による特定の受信者を持たないメッセージの処理方法 8-6

Cisco Unity によるプライベート メッセージの処理方法 8-7

通知設定の概要 23-1

ユーザ設定、指定 22-7

ユーザの宛先の制限 22-15

メッセージ通知

Cisco Unity Inbox 23-5

SMPP プロバイダーの設定 23-5

SMS(SMPP) 23-3

SMS(SMPP)、設定のタスク リスト 23-4

SMTP 23-2

カスケード、設定 23-7

設定 23-2

チェーン、設定 23-7

有効化

オプション グリーティング通知 15-14

グリーティング後の録音 16-3

録音終了の警告トーン 15-9

ユーザ

Integrated Mailbox Configuration ツールを使用したアカウントの作成 21-33

MWI 設定、指定 22-8

アカウント設定 22-1

アカウントの削除 21-35

アカウントの作成、Cisco Unity Bulk Import Wizard を使用 21-11

アカウントの作成、Cisco Unity の管理者を使用 21-31

アカウントの作成、概要 21-1

アカウントの作成、考慮する必要がある問題 21-2

アカウントの変更 21-35

管理者アカウントの作成 2-2

グリーティング設定 22-5

研修 29-1

代行内線番号設定、指定 22-10

着信転送設定 22-3

データベースとディレクトリ ハンドラとの同期化 5-3

電話機、設定 28-2

電話パスワードの変更 28-3

パスワード設定 22-2

発信者の入力設定、指定 22-7

ブロードキャスト メッセージ、ユーザによる送信の有効化 24-5

メッセージ設定、指定 22-7

メッセージ通知、設定 23-1

メッセージの宛先指定用のアカウントのパーティション化 22-15

ユーザを Outlook アドレス帳で非表示にする 21-34

ワークステーション、設定 28-1

ユーザ テンプレート

概要 20-1

作成 20-2

定義済み 20-1

ユーティリティ

GrantUnityAccess 2-3

カスタム キーパッド マッピング 14-15

ライブ レコード 15-12

リマッピング、内線番号の 11-3

リモート メッセージ モニタ、有効化 12-7

録音

Media Master、使用方法 27-2

概要 27-1

使用するデバイスの決定 27-3

デバイスの選択 27-3

録音終了の警告トーン

カスタマイズ 15-10

有効化 15-9

ワークステーション、ユーザの設定 28-1