Cisco Unity システム管理ガイド
Cisco Unity 8.x における Cisco Unity のグ リーティング管理者の設定
Cisco Unity 8.x における Cisco Unity のグリーティング管理者の設定
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x における Cisco Unity のグリーティング管理者の設定

8.x のグリーティング管理者の概要

8.x のグリーティング管理者の設定

8.x のグリーティング管理者を使用したコール ハンドラ グリーティングの管理

8.x Cisco Unity のグリーティング管理者の概要

Cisco Unity のグリーティング管理者を使用すると、システム管理者またはシステム管理者が割り当てたコール ハンドラの所有者は、任意の電話機からコール ハンドラ グリーティングを管理できます。たとえば、悪天候によりオフィスを突然閉めることになった場合、自宅から Cisco Unity を呼び出して、オプションのオープニング グリーティングに変更するか、またはオフィスが閉まっていることを知らせるコール ハンドラ グリーティングを再録音することができます。

コール ハンドラの所有者は、任意のユーザまたはパブリック同報リストです。パブリック同報リストがコール ハンドラを所有している場合に Cisco Unity のグリーティング管理者を使用すると、パブリック同報リストの各メンバーは、Cisco Unity の電話通話を使用してコール ハンドラ グリーティングを管理できます (コール ハンドラの所有者はメッセージ受信者である必要はありません)。

Cisco Unity のグリーティング管理者を使用すると、Cisco Unity Administratorにアクセスすることなく次のタスクを実行できます。

コール ハンドラのグリーティングを再録音する。

コール ハンドラのオプション グリーティングを有効または無効にする。

コール ハンドラに対して現在アクティブになっているグリーティングを判別する。

8.x Cisco Unity のグリーティング管理者の設定

Cisco Unity のグリーティング管理者を設定するには、次のタスクを実行します。

1. システム管理者または別のユーザが Cisco Unity のグリーティング管理者を呼び出せるように電話番号を設定します(この手順については、電話システムのドキュメントを参照してください)。次に、設定した電話番号の着信を Cisco Unity のグリーティング管理者に転送するルーティング ルールを追加します。「Cisco Unity のグリーティング管理者に着信を転送するためのルーティング ルールを追加するには」を実行します。

2. コール ハンドラに一意の内線番号を割り当てます。「コール ハンドラに一意の内線番号を割り当てるには」を実行します。Cisco Unity のグリーティング管理者を使用して、アクセスするコール ハンドラごとに、この手順を繰り返します。

3. 必要に応じて、Cisco Unity のグリーティング管理者の使用方法をコール ハンドラの所有者に説明します。「8.x Cisco Unity のグリーティング管理者を使用したコール ハンドラ グリーティングの管理」を参照してください。

または、カスタム キー マップ ユーティリティを使用して、メイン メニューでユーザに表示されるオプションに Cisco Unity のグリーティング管理者を追加することもできます。次に、カスタム キーパッド マッピング カンバセーションを使用するようにユーザを設定します。「カスタム キーパッド マッピング ユーティリティによる Cisco Unity 8.x のカンバセーションのカスタマイズ」を参照してください。


) Cisco Unity のグリーティング管理者を使用するユーザは、RSA SecurID システムを使用できません。RSA SecurID の詳細については、『Security Guide for Cisco Unity』の「Authentication for Cisco Unity 8.x Applications」の章を参照してください。このガイドは、http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/security/guide/8xcusecx.html から入手できます。


Cisco Unity のグリーティング管理者に着信を転送するためのルーティング ルールを追加するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[通話管理(Call Management)] > [着信サービス(Call Routing)] > [転送呼(Forwarded Calls)] ページに移動します。

ステップ 2 [追加(Add)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [着信サービスの追加 - 一般の着信(Add a Call Routing Rule - Direct)] ダイアログボックスで、新しいルーティング ルールの名前を入力し、[追加(Add)] をクリックします。

ステップ 4 [ステータス(Status)] フィールドで、[使用する(Enabled)] が選択されていることを確認します。

ステップ 5 [発信番号(Dialed Number)] フィールドに、システム管理者が電話機でコール ハンドラ グリーティングを変更する場合にダイヤルするように設定した電話番号を入力します。

ステップ 6 [移行先(Send Call To)] フィールドで、[グリーティング管理者(Greetings Administrator)] をクリックします。

ステップ 7 必要に応じて、ルーティング ルールに関する他のフィールドを変更します。

ステップ 8 ページの一番下にあるルーティング テーブルで、新しいルーティング ルールとその他のルーティング ルールとの位置関係が適切であることを確認します。

ステップ 9 ルーティング ルールの順序を変更するには、[優先順位の変更(Change Rule Order)] をクリックします (ルーティング ルールの順序については、「コール ルーティング ルールの動作」を参照してください)。

ステップ 10 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

コール ハンドラに一意の内線番号を割り当てるには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[通話管理(Call Management)] > [コール ハンドラ(Call Handlers)] > [プロファイル(Profile)] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックし、[選択して表示(Select and View)] ダイアログボックスで [検索(Find)] をクリックします。コール ハンドラのリストが表示されます。

ステップ 3 Cisco Unity のグリーティング管理者を使用して、アクセスするコール ハンドラをクリックし、[表示(View)] をクリックします。

ステップ 4 [内線番号(Extension)] フィールドに、コール ハンドラに割り当てる一意の内線番号を入力します。

ステップ 5 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

8.x Cisco Unity のグリーティング管理者を使用したコール ハンドラ グリーティングの管理

Cisco Unity のグリーティング管理者を使用すると、システム管理者またはシステム管理者が割り当てたコール ハンドラの所有者は、任意の電話機からコール ハンドラ グリーティングを管理できます。コール ハンドラの所有者は、任意のユーザまたはパブリック同報リストです。

Cisco Unity のグリーティング管理者を使用すると、Cisco Unity Administratorの Media Master にアクセスすることなく次のタスクを実行できます。

コール ハンドラのグリーティングを再録音する。

コール ハンドラのオプション グリーティングを有効または無効にする。

コール ハンドラに対して現在アクティブになっているグリーティングを判別する。

たとえば、悪天候によりオフィスを突然閉めることになった場合、自宅から Cisco Unity を呼び出して、オプションのオープニング グリーティングに変更するか、またはオフィスが閉まっていることを知らせるコール ハンドラ グリーティングを再録音することができます。

コール ハンドラに対して Cisco Unity のグリーティング管理者を設定すると、そのコール ハンドラの所有者は、電話機を使用してオプションと標準のコール ハンドラ グリーティングを切り替えたり、コール ハンドラ グリーティングを録音したりできます。パブリック同報リストがコール ハンドラを所有している場合に Cisco Unity のグリーティング管理者を使用すると、パブリック同報リストの各メンバーは、Cisco Unity の電話通話を使用してコール ハンドラ グリーティングを管理できます。

コール ハンドラの所有者が Cisco Unity のグリーティング管理者にアクセスする場合は、次の情報が必要になります。

Cisco Unity のグリーティング管理者にアクセスするためにダイヤルする電話番号

コール ハンドラの所有者の ID

コール ハンドラの所有者のパスワード

コール ハンドラの内線番号

Cisco Unity への不正アクセスを防ぐには、コール ハンドラの所有者が、上記の情報の機密性保持の必要性を認識する必要があります。

Cisco Unity のグリーティング管理者を使用してコール ハンドラのグリーティングを管理するには


ステップ 1 電話機で、Cisco Unity のグリーティング管理者にアクセスするための電話番号をダイヤルします。

ステップ 2 プロンプトで、コール ハンドラの所有者の ID を入力し、 # を押します。

ステップ 3 プロンプトで、コール ハンドラの所有者のパスワードを入力し、 # を押します。

ステップ 4 プロンプトで、コール ハンドラの内線番号を入力します。

ステップ 5 Cisco Unity カンバセーションに従って、オプションと標準のコール ハンドラ グリーティングを切り替えるか、またはコール ハンドラ グリーティングを録音します。

 

グリーティングの切り替え

1 を押します。

グリーティングの録音

2 を押します。