Cisco Unity システム管理ガイド
Cisco Unity 8.x での同報リストの管理
Cisco Unity 8.x での同報リストの管理
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x での同報リストの管理

8.x でのパブリック同報リストの概要

定義済みのパブリック同報リスト

8.x でのパブリック同報リストの作成および変更

8.x でのユーザ プライベート同報リスト設定の指定

8.x でのユーザ パブリック同報リスト設定の指定

Cisco Unity 8.x でのパブリック同報リストの概要

パブリック同報リストは、ボイス メッセージを複数のユーザに送信するために使用します。パブリック同報リストには、通常、部門内の従業員やチームのメンバーなど、定期的に同じ情報を必要とするユーザを割り当てます。各ユーザ アカウントに関連付けられるサービス クラスによって、ユーザが Cisco Unity でメッセージをパブリック同報リストに送信できるかどうかが規定されます。

定義済みのパブリック同報リスト

Cisco Unity には、次の定義済みのパブリック同報リストが含まれています。これらのリストは変更を加えることはできますが、削除はできません。

 

すべてのユーザ(All Subscriber)

デフォルトでは、[すべてのユーザ(All Subscriber)] リストは {Default Subscriber} テンプレートに含まれています。ユーザ アカウントを作成すると、そのアカウントはこのリストに自動的に追加されます。

Unaddressed-宛先不明メッセージ(Unaddressed Messages)

[Unaddressed-宛先不明メッセージ(Unaddressed Messages)] リストに割り当てられているユーザは、オペレータが応対できない場合、オペレータ コール ハンドラに残っているメッセージを受信します。また、Cisco Unity メッセージ システムは(身元不明発信者が、メールボックスが一杯になっているユーザにメッセージを残す場合などがあるため)ボイス メッセージの NonDelivery Receipt(NDR; 通知確認なし)を受信します。NDR は、[Unaddressed-宛先不明メッセージ(Unaddressed Messages)] リストに転送されます。

Cisco Unity をインストールすると、サンプル管理者アカウントが [Unaddressed-宛先不明メッセージ(Unaddressed Messages)] および [System-システム イベント メッセージ(System Event Messages)] の同報リストの唯一のメンバーとして設定されます。この 2 つの同報リストに送信されるメッセージを確認するために適切なユーザまたは別の同報リストを割り当てていないかぎり、サンプル管理者アカウントは削除しないでください。また、割り当てたユーザまたは同報リストをあとで削除しても、Cisco Unity では代わりのユーザやリストを割り当てることを要求しません。

さらに、[Unaddressed-宛先不明メッセージ(Unaddressed Messages)] リストを確認するために割り当てられているユーザのメールボックスが一杯になると、メッセージが失われます。詳細については、「Cisco Unity による一杯になったメールボックスの処理方法」を参照してください。

各ユーザ テンプレートにパブリック同報リストを指定して、テンプレートに基づく新規ユーザがリストに追加されるようにできます。また、個々のユーザを直接パブリック同報リストに追加することもできます。ユーザ アカウントを削除すると、Cisco Unity はユーザがメンバーであるパブリック同報リストからユーザを自動的に削除します。

Cisco Unity 8.x でのパブリック同報リストの作成および変更

定義済みのリストを変更し、新規のリストを作成できます。また、Exchange からパブリック同報リストをインポートできます。Cisco Unity ユーザとユーザではない人の両方が、インポートした同報リストのメンバーとなります。ただし、ユーザではない人は Cisco Unity Administrator に表示されません。

Exchange から非ユニバーサル グループをインポートしないかぎり、インポートしたリストが宛先となっているメッセージは(Cisco Unity ユーザではない人も含め)リストの全メンバーに送信されます。非ユニバーサル グループをインポートすると、パブリック同報リストの全メンバーが想定どおりにメッセージを受信するとはかぎりません。この Exchange の制限の詳細については、Microsoft 社の Web サイトを参照してください。


) Cisco Unity ディレクトリ サービスは、クエリをローカル DC および GC に定期的に送信して、Cisco Unity サーバ上の各パブリック同報リストの各メンバーを確認し、リストのメンバシップが変更されたかどうかを確認します。(ユーザ数が数百から数千の)大規模な同報リストの確認には小規模なリストの確認と比較して非常に長い時間がかかり、ネストされたリストは一切確認されません。大規模なパブリック同報リストを 1 つ以上設定すると、このようなクエリがパフォーマンスに大きな影響を及ぼす場合があります。この影響を回避するには、Active Directory ツールを使用して大規模なリストを作成および管理し、そのリストを(このようにしない場合は空の)親リストのメンバーとしてネストし、親リストだけを Cisco Unity にインポートします。


パブリック同報リストを作成または変更し、リストに対してユーザを追加または削除するには、次の手順を使用します。

パブリック同報リストを作成するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[ユーザ(Subscribers)] > [パブリック同報リスト(Public Distribution Lists)] ページに移動します。

ステップ 2 [追加(Add)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [パブリック同報リストを追加(Add a Public Distribution List)] ダイアログボックスで、[名前(Name)] フィールドに該当する情報を入力します。

ステップ 4 次のいずれかを実行します。

[新しい同報リスト(New Distribution List)] を選択します。

[既存の同報リストに基づく(Based on Existing Distribution List)] を選択し、[基準(Based On)] フィールドで目的の同報リストを選択します。

[インポート(Import)] を選択し、[選択(Select)] をクリックします。[インポートするパブリック同報リストの検索と選択(Find and Select Public Distribution List to Import)] ダイアログボックスで、[ドメイン(Domain)] リストから適切なドメインをクリックし、[検索基準(Find By)] フィールドに検索基準を指定し、[検索(Find)] をクリックします。適切なパブリック同報リストをダブルクリックします。

ステップ 5 [追加(Add)] ボタンをクリックします。

ステップ 6 新規同報リストの設定値を入力し、[保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

パブリック同報リストを変更するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[ユーザ(Subscribers)] > [パブリック同報リスト(Public Distribution Lists)] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [同報リストの検索と表示(Find and View Distribution List)] ダイアログボックスの [検索基準(Find By)] フィールドで、検索条件として [名前(Name)] または [ダイヤル ID(Dial ID)] を選択し、変更する同報リストの名前またはダイヤル ID を入力します。また、すべての同報リストを表す * を入力できる以外に、名前またはダイヤル ID の 1 つ以上の文字のあとに * を入力して検索対象を絞り込むこともできます。


) ワイルド カード検索で使用できるアスタリスクは 1 つだけであり、検索文字列の最後に指定する必要があります。たとえば、検索文字列 co* は許可されますが、検索文字列 *co および *co* は許可されません。


ステップ 4 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 5 変更する同報リストをダブルクリックします。

ステップ 6 必要に応じて設定を変更し、[保存(Save)] をクリックします。


 

パブリック同報リストに対してユーザを追加または削除するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[ユーザ(Subscribers)] > [パブリック同報リスト(Public Distribution Lists)] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 変更するリストの名前をダブルクリックします。

ステップ 4 [ユーザ(Subscribers)] > [パブリック同報リスト(Public Distribution Lists)] > [メンバー(Members)] ページに移動します。

ステップ 5 必要に応じて [追加(Add)] または [削除(Remove)] をクリックします。[追加(Add)] をクリックした場合は、右側のリストから [選択されたユーザ(Selected Subscribers)] または [パブリック同報リスト(Public Distribution Lists)] を選択します。

ステップ 6 追加または削除するユーザまたは同報リストの名前を入力します。また、すべてのユーザまたはリストを表す * を入力できる以外に、1 つ以上の文字のあとに * を入力して検索対象を絞り込むこともできます。


) ワイルド カード検索で使用できるアスタリスクは 1 つだけであり、検索文字列の最後に指定する必要があります。たとえば、検索文字列 co* は許可されますが、検索文字列 *co および *co* は許可されません。


ステップ 7 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 8 追加または削除するユーザまたは同報リストの名前を選択します。複数の名前を選択するには、Ctrl キーまたは Shift キーを押した状態で選択します。

ステップ 9 必要に応じて [リストに追加(Add to List)] または [削除(Remove)] をクリックします。


 

Cisco Unity 8.x でのユーザ プライベート同報リスト設定の指定

プライベート同報リストは、パブリック同報リストと同じく、ボイス メッセージを一度に複数のユーザに送信するために使用します。Cisco Unity Administratorでユーザのプライベート同報リストを設定できます。ただし、ボイス メッセージをリストに送信できるのはそのユーザだけです。

ユーザは、Cisco Unity Assistant または電話を使用して、各自のプライベート同報リストを管理できます。

[ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] > [機能(Features)] ページで、ユーザが Cisco Unity カンバセーションまたは Cisco Unity Assistant を使用してリストを管理する際に、ユーザが使用できるリストの最大数とユーザが各リストに追加できるメンバーの最大数を指定します ([ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [プライベート同報リスト(Private Lists)] ページを使用して、メンバーをリストに追加するときには、プライベート同報リストに追加できるメンバーの数に制限はありません)。

クライアントの Outlook に格納される Exchange の個人用配布リストと異なり、Cisco Unity のプライベート同報リストは他のユーザ設定とともにサーバに格納されます。このため、プライベート同報リスト宛てにメッセージを送信する場合、ユーザは電話または Cisco Unity Inbox だけを使用できます。ViewMail からは送信できません。

Cisco Unity カンバセーションと Cisco Unity Assistant のいずれも、[ユーザが利用できるリスト(Lists available to the subscriber)] の設定値を使用して、ユーザのリストが最大数に達したことを判断しますが、各アプリケーションでユーザが所有するリストの数を別途計算することを検討してください。

ユーザが電話からメンバーを追加して新規リストを作成しようとすると、Cisco Unity カンバセーションはメンバーが存在するプライベート同報リストの数を数え、その総数をこの設定値と比較して、ユーザのリストが制限に達したかどうかを判断します。メンバーが存在しないリスト(空のリスト)は、録音済みの名前やテキスト名があっても、ユーザが所有するリストの総数に含まれません。

ユーザが Cisco Unity Assistant を使用して新規リストを作成しようとすると、Cisco Unity Assistant は録音済みのボイス名、テキスト名、またはメンバーが存在するリストの数を数え、その総数をこの設定値と比較して、ユーザのリストが制限に達したかどうかを判断します。メンバーが存在しないリストは、録音済みの名前やテキスト名が存在するかぎり、総数に含まれます。

つまり、ユーザが属するサービス クラスでリスト数が 15 個まで許可されているとき、ユーザが保有するプライベート同報リストで、メンバーが存在するものが 12 個、録音済みの名前はあるもののメンバーが存在しないものが 2 個である場合、Cisco Unity Assistant よりも電話を使用するほうが、リストの制限に達するまでに多くのリストを作成できます。

ユーザが Cisco Unity カンバセーションを使用した場合、2 つの空のリストにメンバーを追加し、新規リストを 1 つ作成するか、または新規リストを 3 つ作成すると、リストの制限に達します。新規リストを 3 つ作成したために制限に達した場合は、リストを 2 つ削除するまで 2 つの空のリストにメンバーを追加できません。

ユーザが Cisco Unity Assistant を使用した場合、新規リストを 1 つ作成すると、リストの制限に達します。リストの制限に達しても、ユーザは 2 つの空のリストにメンバーを追加できます。


) 従来のボイス メッセージ システムから Cisco Unity に移行する場合、組織はユーザを段階的に Cisco Unity に移行することを選択できます。移行フェーズでは、少なくとも移行プロセスが完了するまで、Cisco Unity Assistant でプライベート同報リストにユーザを追加しないことと、このことを行う Cisco Unity 電話メニューを使用しないことをユーザに徹底してください。詳細については、「ユーザが Cisco Unity Assistant で個別のユーザをプライベート リストに追加することの防止」を参照してください。


Cisco Unity 8.x でのユーザ パブリック同報リスト設定の指定

ユーザ テンプレート パブリック同報リスト設定を使用すると、いずれのパブリック同報リストにユーザを割り当てるかを指定できます。たとえば、ワークグループごとに異なるテンプレートを作成し、各ワークグループ用にパブリック同報リストを作成できます。

Cisco Unity は、[すべてのユーザ(All Subscriber)] というパブリック同報リストを自動的に作成します。[すべてのユーザ(All Subscriber)] リストは、すべてのユーザ テンプレートに関連付けることを推奨します。

パブリック同報リストをテンプレートに関連付ける場合は、ユーザ テンプレートを設定する前にパブリック同報リストを作成してください。ユーザ アカウントを作成したあと、[パブリック同報リスト(Public Distribution Lists)] > [プロファイル(Profile)] ページでリストに対してユーザを追加または削除できます。