Cisco Unity システム管理ガイド
Cisco Unity 8.x でのメッセージ通知の設定
Cisco Unity 8.x でのメッセージ通知の設定
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x でのメッセージ通知の設定

8.x でのメッセージ通知の概要

8.x でのテキスト メッセージ通知の設定

SMTP メッセージ通知

SMS(SMPP)メッセージ通知

SMS(SMPP)メッセージ通知を設定するためのタスク リスト

メッセージ通知

8.x での SMPP プロバイダーの設定

8.x でのチェーン メッセージ通知の設定

8.x でのカスケード メッセージ通知の設定

Cisco Unity 8.x でのメッセージ通知の概要

メッセージ通知設定を使用すると、新規メッセージについて、Cisco Unity からユーザに通知する方法とタイミングを制御できます。Cisco Unity では、電話またはポケットベルにコールするか、または電子メールを送信して、新規メッセージについてユーザに通知できます。また、Cisco Unity では、SMTP を使用して、文字対応デバイスおよび文字対応の携帯電話に、テキスト メッセージ形式でメッセージ通知を送信したり、SMPP を使用して、無線デバイスに SMS メッセージ形式でメッセージ通知を送信したりできます。

[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [メッセージの到着通知(Message Notification)] ページで設定するすべてのメッセージ通知は、[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] >
[メッセージ(Messages)] ページで設定した Message Waiting Indication(MWI; メッセージ受信インジケータ)を補うものであることに注意してください。

Cisco Unity が新規メッセージの通知をデバイス(携帯電話など)に送信し、デバイスが応答しなかったために折返しが Cisco Unity に転送された場合、デフォルトでは、Cisco Unity は転送されたメッセージ通知コールを拒否します。このため、ユーザ メールボックスが、転送されたメッセージ通知アナウンスで一杯になることはありません。Cisco Unity が転送されたメッセージ通知コールを拒否するため、ユーザ宛ての新規メッセージが作成されず、新規メッセージ通知コールがトリガーされません。

ユーザへのメッセージ通知を設定するには、通知デバイス(電話機、ポケットベル、文字対応デバイス、または SMS(SMPP)デバイス)を選択し、デバイスに応じて電話番号または電子メール アドレスを入力します (SMTP 通知または SMS(SMPP)通知を設定するには、まず状況に応じて SMTP ゲートウェイを設定したり、SMPP プロバイダー情報を入力したりする必要があります。詳細については、「Cisco Unity 8.x でのテキスト メッセージ通知の設定」を参照してください)。各通知デバイスの設定では、通知を最初のデバイスと後続のデバイスに送信するタイミングと方法を制御できます。一般的に、これらの設定はユーザ テンプレートではなく、特定のユーザの [メッセージの到着通知(Message Notification)] ページで調整します。ただし、新規ユーザの部門全体を対象に「チェーン」または「カスケード」のメッセージ通知を設定する場合などには、ユーザ テンプレートに通知設定を入力することもできます。設定手順については、「Cisco Unity 8.x でのチェーン メッセージ通知の設定」および「Cisco Unity 8.x でのカスケード メッセージ通知の設定」を参照してください。

Cisco Unity Assistant を使用できる場合には、ユーザ自身がメッセージ通知を設定できます。また、ユーザは Cisco Unity の電話メニューを使用して、5 種類の通知デバイス(ポケットベル、自宅の電話、職場の電話、予備の電話、および SMS デバイス)の電話番号およびステータスを入力することもできます。

Cisco Unity 8.x でのテキスト メッセージ通知の設定

Cisco Unity では、文字対応デバイス、文字対応の携帯電話、および電子メール アドレスに、テキスト メッセージ形式でメッセージ通知を送信できます。メッセージ通知設定で選択した基準に一致するメッセージが到着すると、Cisco Unity メッセージ システムによって、管理者またはユーザが入力したテキスト メッセージ(「テクニカル サポートへの緊急メッセージ」など)が送信されます。

Cisco Unity で使用可能なテキスト メッセージ通知には、3 つのタイプがあります。各タイプの概要、ユーザへのテキスト メッセージ通知を有効にするために必要となる作業、および Cisco Unity Assistant でユーザ自身がテキスト メッセージ通知を設定できる機能をオプションとして提供するために必要となる作業については、次の項を参照してください。

「SMTP メッセージ通知」

「SMS(SMPP)メッセージ通知」

「Cisco Unity Inboxメッセージ通知」

SMTP メッセージ通知

Cisco Unity で SMTP を使用すると、ユーザがボイス、電子メール、またはファクスの新規メッセージを受信したときに、SMTP がサポートされている文字対応デバイスにテキスト メッセージ通知を送信できます。Cisco Unity では、SMTP を使用して、テキスト メッセージ通知を電子メール アドレスに送信することもできます。このことは、特に、ユーザが無線またはモバイル サービス プロバイダーから SMTP アドレスを割り当てられている文字対応の携帯電話または他のデバイスを使用しているときに便利です。

ユーザが Cisco Unity から SMTP メッセージ通知を受信できるようにするには、サイトに SMTP ゲートウェイを配置する必要があります。ゲートウェイを配置すると、[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [メッセージの到着通知(Message Notification)] ページで [文字対応デバイス 1(Text Pager 1)] オプションまたは [文字対応デバイス 2(Text Pager 2)] オプションを使用して、Cisco Unity から SMTP でテキスト メッセージ通知を送信できます。また、ユーザが Cisco Unity Assistant の [通知デバイス(Notification Devices)] ページで同じデバイスを有効にすることもできます。

SMTP ゲートウェイが配置されていないサイトでテキスト メッセージ通知を配信しようとすると、通知は失敗し、NonDelivery Receipt(NDR; 通知確認なし)が Cisco Unity メッセージ システムに送信されます。NDR はその後、デフォルトでは [Unaddressed-宛先不明メッセージ(Unaddressed Messages)] 同報リストに転送されます (詳細については、「Cisco Unity による特定の受信者を持たないメッセージの処理方法」を参照してください)。

ほとんどのユーザの携帯電話または他のデバイスで使用しているサービス プロバイダーが、単に着信 SMTP メッセージ通知を SMS メッセージに変換している場合は、SMS(SMPP)メッセージ通知を使用することを検討してください。SMS メッセージングを使用する利点については、「SMS(SMPP)メッセージ通知」を参照してください。


ヒント Cisco Unity からの通知に発信者情報を含めるように指定した場合、ユーザが電話で Cisco Unity にログオンしてメッセージを再生するときに、発信者情報が再び再生されることをユーザが望まない場合があります。カスタム キー マップ ユーティリティを使用すると、ユーザがメッセージ ヘッダーからメッセージ本文に容易にスキップできるように、キー(たとえば、# キー)をマッピングできます (Cisco Unity Administratorの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [メッセージの聞き取り(Conversation)] ページで、カスタム キーパッド マッピング カンバセーションにユーザを割り当てます。このユーティリティの使用方法の詳細については、カスタム キー マップ ユーティリティのヘルプを参照してください)。また、ユーザが Cisco Unity Assistant を使用して、Cisco Unity がメッセージを再生する前に、発信者情報を再生しないことを指定できます。


SMS(SMPP)メッセージ通知

無線通信事業者、モバイル メッセージ サービス プロバイダー、または同様の事業会社からサービスおよび情報が提供されている場合、Cisco Unity ではユーザがボイス、電子メール、またはファクスの新規メッセージを受信したときに、Short Message Peer-To-Peer(SMPP)プロトコルを使用して、Short Message Service(SMS; ショート メッセージ サービス)形式で GSM 携帯電話および他の SMS 互換デバイスにメッセージ通知を送信できます。SMS は「ストア アンド フォワード サービス」であり、メッセージは受信者が使用しているデバイスには直接送信されません。その代わり、Cisco Unity のような(External Short Message Entity(ESME)と呼ばれる)アプリケーションがメッセージを SMS Center(SMSC; SMS センター)に送信します。その後、SMSC がメッセージをデバイスに転送します。

SMTP メッセージ通知に対する優位性

SMS を使用する利点は、SMTP を使用する場合よりもはるかに速く、メッセージ通知がユーザ デバイスによって受信されることです。Cisco Unity が SMSC にメッセージを送信したり、SMSC がメッセージを転送したりする時点で、ユーザ デバイスが GSM ネットワーク上に存在している必要はありません。デバイスが使用可能になるまで、GSM ネットワークが SMS メッセージを保持します。デバイスが使用可能になった時点で、キューに保持されていたメッセージがわずか数秒でデバイスに送信されます。また、通知メッセージが送信されるたびに以前のメッセージと置き換えられるように、Cisco Unity を設定することもできます。この機能は、一部のモバイル サービス プロバイダーではサポートされていない場合があります。

SMS メッセージの長さの制限

SMS メッセージはショート テキスト メッセージです。SMS メッセージで許容されるメッセージ長は、サービス プロバイダー、メッセージ テキストの作成に使用される文字セット、およびメッセージ テキストに使用される特定の文字に応じて異なります。一般的に、SMS メッセージで許容される長さは次の表のとおりです。

 

文字セット
メッセージ長の制限

7 ビット

英数字 160 文字

8 ビット

英数字 140 文字

16 ビット

英数字 70 文字

Cisco Unity では上記 3 つの文字セットがすべてサポートされているため、Cisco Unity Administratorおよび Cisco Unity Assistant では、ユーザは最大 160 文字のメッセージ テキストを入力できます。ただし、Cisco Unity で使用する文字セットによっては、160 文字未満のメッセージが切り捨てられる場合があります。メッセージ テキストとメッセージ数(メッセージ数を含めるようにしている場合)を合わせた長さが、総メッセージ長となります。

コストの考慮事項

SMS(SMPP)メッセージ通知を設定する場合、通常は、サービス プロバイダーが、送信する個々の SMS メッセージまたは SMS メッセージのグループに課金するという点を考慮してください。したがって、Cisco Unity がユーザ デバイスに送信する SMS(SMPP)メッセージ通知の数が多いほど、組織が負担するコストが高くなります。このため、この機能を使用できるユーザ グループを制限するか(このことを行うには、[システム(System)] > [SMPP プロバイダ(SMPP Provider)] ページで作成する SMPP プロバイダーにオーナーを割り当てます)、または受信するメッセージ通知の数をメッセージ タイプまたは緊急性で制限するようにユーザに依頼することを推奨します。たとえば、Cisco Unity Assistant では、新規ボイス メッセージが到着したとき、または新規ボイス メッセージまたは緊急の電子メール メッセージが到着したときにだけ Cisco Unity によってメッセージ通知が送信されるように指定できます。

SMS(SMPP)メッセージ通知を設定するためのタスク リスト

SMS 互換デバイスを保有するユーザへの SMS(SMPP)メッセージ通知を有効にするには、次のタスクを実行します。

1. SMS メッセージングを提供するモバイル メッセージ サービス プロバイダーのアカウントを設定します。Cisco Unity は、SMPP バージョン 3.3 または SMPP バージョン 3.4 プロトコルをサポートするサービス プロバイダーに対応しています。

2. 契約先のサービス プロバイダーと提携している SMSC で Cisco Unity が SMPP サーバと通信するために必要な情報を収集し、[システム(System)] > [SMPP プロバイダ(SMPP Provider)] ページでその情報を入力します。

たとえば、SMSC と通信するメッセージ サーバを設定するときには、SMPP サーバ名、TCP ポート、アカウント名、パスワードなど、サービス プロバイダー提供のドキュメントに記載されている情報が必要になります。詳細および手順については、「Cisco Unity 8.x での SMPP プロバイダーの設定」を参照してください。

3. Cisco Unity サーバをファイアウォールの背後に設置するときは、TCP ポートを設定します。SMPP サーバは、TCP ポートを使用して、Cisco Unity に接続し、Cisco Unity と SMPP サーバ間の発着信を可能にします。

4. 管理者自身または別のユーザ向けに SMS(SMPP)メッセージ通知を設定し、想定どおりにデバイスが SMS(SMPP)通知を受信するかどうかを確認します。通知が機能しない場合は、[システム(System)] > [SMPP プロバイダ(SMPP Provider)] ページで、サービス プロバイダー提供のドキュメントに記載されたとおりに設定値を入力したことを確認してください。不明な点については、必要に応じてサービス プロバイダーにお問い合せください。

5. 適切なユーザ アカウントに対して SMS(SMPP)メッセージ通知を有効にします。ユーザ自身が Cisco Unity Assistant で設定することもできます。

ロギング情報およびトラブルシューティング情報については、『 Troubleshooting Guide for Cisco Unity 』の「Troubleshooting Message Notification in Cisco Unity 8.x」の章を参照してください。このガイドは、 http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps2237/prod_troubleshooting_guides_list.html から入手可能です。

Cisco Unity Inboxメッセージ通知

新規ボイス メッセージがユーザの Cisco Unity Inbox に到着したときに、電子メールでユーザの受信トレイに通知することもできます。Cisco Unity Inbox 通知では、[システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] ページで Cisco PCA の URL も入力できます。ここに入力した URL は、ユーザに送信される電子メール メッセージの本文にリンクとして自動的に含められます。

外出先にいて電子メールで連絡可能なボイス メッセージ ユーザ向けに Cisco Unity Inbox 通知を設定するとします。ユーザが在席中に新規メッセージが到着した場合は、机上の電話機の MWI によってそのことが通知されます。Cisco Unity Inbox 通知は、外出先で作業するときに便利です。定期的に Cisco Unity にコールして、新規メッセージが届いているかどうかを確認する必要がありません。

ユーザが Cisco Unity Inbox メッセージ通知を受信できるようにするには、サイトに SMTP ゲートウェイを配置する必要があります。ゲートウェイを配置すると、[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [メッセージの到着通知(Message Notification)] ページで Cisco Unity Inbox の [テキスト(Text)] オプションを使用して、ユーザへの Cisco Unity Inbox メッセージ通知を有効にできます。また、ユーザが Cisco Unity Assistant の [通知デバイス(Notification Devices)] ページで有効にすることもできます。

SMTP ゲートウェイが配置されていないサイトでテキスト メッセージ通知を配信しようとすると、通知は失敗し、NonDelivery Receipt(NDR; 通知確認なし)が Cisco Unity メッセージ システムに送信されます。NDR はその後、デフォルトでは [Unaddressed-宛先不明メッセージ(Unaddressed Messages)] 同報リストに転送されます (詳細については、「Cisco Unity による特定の受信者を持たないメッセージの処理方法」を参照してください)。

Cisco Unity 8.x での SMPP プロバイダーの設定

ユーザへの SMS(SMPP)メッセージ通知を実行できるようにするには、Cisco Unity が SMS Center(SMSC; SMS センター)と通信できるように設定する必要があります。この SMSC は、組織が SMS メッセージング サービス提供の契約を交わしている、モバイル メッセージ サービス プロバイダーの提携先です。

アカウントを取得すると、Cisco Unity のような(External Short Message Entity(ESME)と呼ばれる)アプリケーションの設定に必要な情報が、サービス プロバイダーから送付されます。その情報に基づいて、SMPP プロトコルを使用して SMSC の SMPP サーバにテキスト メッセージを送信するように設定します。情報は、[システム(System)] > [SMPP プロバイダ(SMPP Provider)] ページで入力します。

SMPP プロバイダーを作成および変更するには、この項で示す手順を使用します。SMPP プロバイダーは必要な数だけ作成できます。このように追加したプロバイダーは、特に指定しないかぎり、すべてのユーザが SMS(SMPP)メッセージ通知に使用できます。ただし、Cisco Unity がユーザ デバイスに送信する SMS(SMPP)メッセージ通知の数が増加すると、組織が負担するコストが高くなります(アカウントに応じて異なりますが、通常は、サービス プロバイダーは、個々の SMS メッセージまたは SMS メッセージのグループに課金します)。このため、作成した SMPP プロバイダーにオーナーを割り当て、この機能を使用できるユーザ グループを制限することを推奨します。


) Cisco Unity サーバをファイアウォールの背後に設置するときは、TCP ポートを設定します。SMPP サーバは、TCP ポートを使用して、Cisco Unity に接続し、Cisco Unity と SMPP サーバ間の発着信を可能にします。


SMS(SMPP)メッセージ通知の仕組みの概要については、「SMS(SMPP)メッセージ通知」を参照してください。ユーザ自身が Cisco Unity Assistant で SMS(SMPP)メッセージ通知を設定することもできます。

SMPP プロバイダーを作成するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorの [システム(System)] > [SMPP プロバイダー(SMPP Provider)] ページで、[追加(Add)] アイコンをクリックします。

ステップ 2 [SMPP プロバイダー追加(Add SMPP Provider)] ダイアログボックスの [プロバイダー名(Provider Name)] フィールドに、Cisco Unity アプリケーションでそのサービス プロバイダーを表す名前を入力します。

ここに入力する名前は、Cisco Unity Administratorと Cisco Unity Assistant で、ユーザの SMS(SMPP)メッセージ通知ページに表示されるプロバイダー SMPP リスト、およびユーザ テンプレートに記載されます。

ステップ 3 次のいずれかを実行します。

すべてのユーザがこのプロバイダーを使用できるようにするには、ステップ 4 にスキップします。

特定のユーザだけがプロバイダーを使用できるようにするには、[割り当て(Assign)] ボタンをクリックします。次に、リストから目的のユーザを選択します (いったんプロバイダーを保存すると、オーナーが Cisco Unity Administratorに表示されなくなります。このため、プロバイダーを特定のユーザに割り当てるときには、プロバイダーにはユーザに応じた名前を付けることを検討してください)。

ステップ 4 ページの残りのフィールドには、必要に応じて情報を入力します。サービス プロバイダーが使用している SMSC によっては、一部のフィールドには入力する必要がない場合があります。いずれのフィールドが必要であるかを判断するには、サービス プロバイダー提供のドキュメントで、SMSC と通信するためのメッセージ サーバの設定に関する箇所を参照してください。


ヒント Cisco Unity Administratorのフィールドのヘルプでも、ページのフィールドに関する追加情報を参照できます。


ステップ 5 多言語システムの場合、ユーザが使用する言語ごとに SMPP プロバイダーを追加することを検討してください。この場合、各プロバイダーにはそれぞれ対応する名前を付けて設定します (言語の設定には、[データ コード(Data Coding)] フィールドを使用します)。

ステップ 6 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

SMPP プロバイダーを変更するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[システム(System)] > [SMPP プロバイダ(SMPP Provider)] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 変更する SMPP プロバイダーをダブルクリックします (プロバイダー所有権は変更できないことに注意してください)。

ステップ 4 必要に応じて設定を変更し、[保存(Save)] をクリックします。


 

サービス プロバイダーが使用している SMSC によっては、[システム(System)] > [SMPP プロバイダ設定(SMPP Provider Settings)] ページの一部のフィールドには入力する必要がない場合があります。いずれのフィールドが必要であるかを判断するには、サービス プロバイダー提供のドキュメントで、SMSC と通信するためのメッセージ サーバの設定に関する箇所を参照してください。SMPP プロトコルに関する技術的な詳細については、Cisco Unity で使用する SMPP バージョンの SMPP プロトコル仕様書を確認してください。この仕様書はインターネットで入手できます。

Cisco Unity 8.x でのチェーン メッセージ通知の設定

最初に選択されたデバイスに通知を送信できなかった場合には、一連の通知デバイスを「チェーン接続」するようにメッセージ通知を設定できます。どのような状態が、通知デバイスへの通知の失敗と定義されるかは、デバイスが応答しないか通話中であった場合の再試行に関するオプションに基づきます。

Cisco Unity Administratorでは、メッセージ通知のチェーン接続にポケットベル デバイスを使用できません。これは、ポケットベル デバイスへの通知は失敗しないためです。

チェーン メッセージ通知を設定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [メッセージの到着通知(Message Notification)] ページに移動します。

ステップ 2 [デバイス(Device)] リストから通知デバイスをクリックし、そのデバイスの設定を入力します。

ステップ 3 [通知失敗時の通知先(If Notification Fails, Send Notification To)] フィールドで別のデバイスをクリックします。

ステップ 4 ページの上部にある [デバイス(Device)] リストで、ステップ 3 で指定したものと同じデバイスをクリックし、通常どおりデバイスの設定を入力します。ただし、次のことが通常とは異なります。

[通知メッセージの対象(Notify Subscriber Of)] テーブルで、通知を生成するメッセージのすべてのタイプと緊急性をオフにします。このテーブルでいずれかのメッセージ タイプがオンになっていると、前のデバイスでの通知の失敗を待つことなく、このデバイスへのメッセージ通知がすぐに始まります。このため、通知はチェーン接続されず、すべての通知が一度にトリガーされます。

[最初の通知を送信するまでの時間設定(分)-何分後に通知するか(Send initial notification after how many minutes?)] フィールドをデフォルトの 0 のままにします。

ステップ 5 メッセージ通知をチェーン接続する、後続の任意のデバイスについて、ステップ 3 から ステップ 4 までを繰り返します。


 

Cisco Unity 8.x でのカスケード メッセージ通知の設定

カスケード メッセージ通知を使用すると、受信者が段階的に増加する形式で、一連の通知を送信できます。Cisco Unity は管理者が選択した各デバイスに順に通知を送信し、受信者が通知を保存または削除した時点で送信を停止します。

たとえば、テクニカル サポート担当者向けのカスケード メッセージ通知を作成する場合は、最初のメッセージ通知がすぐに現場のテクニカル サポート担当者のポケットベルに送信されるように設定します。15 分後に最初の通知が保存または削除されなかった場合は、次の通知を部門マネージャのポケットベルに送信できます。30 分後に 2 つ目の通知が保存または削除されない場合には、問題解決グループの従業員をコールするように 3 つ目の通知を設定できます。

カスケード メッセージ通知を設定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [メッセージの到着通知(Message Notification)] ページに移動します。

ステップ 2 [通知デバイス(Notification Devices)] ページで、通知デバイスを選択し、カスケード通知の受信者リストの従業員に通知が送信されるように適切な設定値を入力します。たとえば、最初の受信者として、現場のテクニカル サポート担当者のポケットベルの電話番号を入力します。

ステップ 3 [最初の通知を送信するまでの時間設定(分)-何分後に通知するか(Send initial notification after how many minutes?)] フィールドに、デバイスへの送信を待機する時間を分単位で入力します。

各デバイス間の通知間隔を 15 分おきというように定期的な間隔で指定します。最初のデバイスには、最初の受信者がすぐに通知を受信するように、待機時間として 0 を指定することを検討してください。2 番目の受信者のデバイスには、15 分を指定します。次の受信者のデバイスには 30 分というように、順に指定します。

ステップ 4 [通知失敗時の通知先(If Notification Fails, Send Notification To)] フィールドで [なし(None)] を選択します。

ステップ 5 [保存(Save)] をクリックします。

ステップ 6 カスケード通知の受信者リストの次の従業員に別のデバイスを設定するには、ステップ 2 からステップ 5 までを繰り返します。