Cisco Unity システム管理ガイド
Cisco Unity 8.x におけるサービス クラスの 管理
Cisco Unity 8.x におけるサービス クラスの管理
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x におけるサービス クラスの管理

8.x におけるサービス クラスの設定の概要

事前に定義されたサービス クラス

サービス クラスの機能

8.x におけるサービス クラスの作成、修正、割り当て、および削除

Cisco Unity 8.x におけるサービス クラスの管理

この章の次の各項を参照してください。

「Cisco Unity 8.x におけるサービス クラスの設定の概要」

「Cisco Unity 8.x におけるサービス クラスの作成、修正、割り当て、および削除」

Cisco Unity 8.x におけるサービス クラスの設定の概要

Class of Service(COS; サービス クラス)では、Cisco Unity を使用するための制限と許可を定義します。たとえば、COS によって、次のような処理が行われます。

Cisco Unity Administratorおよび機能(テキスト/スピーチ電子メールや Live Reply など)へのアクセス制御。

ユーザの Cisco Unity との対話方法の制御。たとえば、COS で、ユーザのメッセージおよびグリーティングの最大録音時間、ユーザを宛先検索サービスに登録するかどうか、ユーザがパブリック同報リストを使用してメッセージを送信できるかどうかを規定します。

ユーザがファクス送信、メッセージ通知、着信転送、および他の作業に使用できる電話番号を制御するための規制テーブルの指定。

COS はユーザ テンプレートごとに指定されるため、ユーザは、ユーザ アカウントの基となるテンプレートで指定されている COS に割り当てられます。

事前に定義されたサービス クラス

Cisco Unity では、次のサービス クラスが事前に定義されています。これらのサービス クラスは修正可能ですが削除はできません。

 

{Default Subscriber}

ユーザに適用できる設定を定義します。デフォルトでは、この COS は {Default Subscriber} テンプレートに関連付けられています。

{Default Administrator}

管理者に適用できる設定を定義します。デフォルトでは、この COS は {Default Administrator} テンプレートに関連付けられ、[ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] > [システム アクセス(System Access)] ページで指定した設定がすべて含まれています。

Hotel Guest

Cisco Unity ホスピタリティおよびプロパティ マネジメント システム連動がインストールされている場合、このサービス クラスには、Cisco Unity ホテル ゲスト ユーザに該当する設定が含まれています。デフォルトでは、この COS は Hotel Guest テンプレートに関連付けられています。

サービス クラスの機能

COS は、各ユーザ テンプレートで指定され、ユーザが Cisco Unity で実行できる機能を制御します。つまり、ユーザが着信転送設定を更新する場合にその変更を行えるかどうかは、ユーザ アカウントに関連付けられている COS によって決まります。これは、ユーザが電話機で Cisco Unity にログオンしている場合、および Cisco Unity Assistant を使用している場合も当てはまります。

一方、管理者が Cisco Unity Administratorを使用してユーザの設定を変更する場合、Cisco Unity では、ユーザの COS によって設定されている制限が考慮されません。代わりに、Cisco Unity では、変更を許可する前に、管理者の COS によって設定されている制限が考慮されます。したがって、管理者は、必要に応じて、特定のユーザの COS の制限を無効にできます。

Cisco Unity 8.x におけるサービス クラスの作成、修正、割り当て、および削除

次の手順を使用して、定義済みのサービス クラスの修正、および新規サービス クラスの作成を実行できます。COS の設定を変更すると、COS の新規メンバーだけでなく、既存のメンバーにも影響を及ぼします。個々のユーザの Cisco Unity アカウントで COS の設定は変更できませんが、いつでもユーザを別の COS に再割り当てできます。COS が、個別のライセンスが必要な機能にアクセスできる場合は、人数分のライセンスがあれば、ユーザのグループを COS に割り当てることができます。

次の手順を参照してください。

「新規サービス クラスを作成するには」

「サービス クラスを修正するには」

「サービス クラスへのユーザの割り当てまたは再割り当てを実行するには」

「サービス クラスを削除するには」

新規サービス クラスを作成するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、任意の [ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] ページに移動します。

ステップ 2 [追加(Add)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [サービス クラスの追加(Add a Class of Service)] ダイアログ ボックスの [名前(Name)] フィールドに必要な情報を入力します。

ステップ 4 [新規サービス クラス(New Class of Service)] または [既存のサービス クラスに基づく(Based on existing COS)] を選択します。[既存のサービス クラスに基づく(Based on existing COS)] を選択した場合は、[基準(Based On)] フィールドで適切なサービス クラスを選択します。

ステップ 5 [追加(Add)] ボタンをクリックします。

ステップ 6 新規サービス クラスの設定を入力し、[保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

サービス クラスを修正するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、任意の [ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 修正する COS をダブルクリックします。

ステップ 4 必要に応じて設定を変更し、[保存(Save)] をクリックします。


 

サービス クラスへのユーザの割り当てまたは再割り当てを実行するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、任意の [ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 現在ユーザが割り当てられているサービス クラスの名前をダブルクリックします。

ステップ 4 [ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動します。

ステップ 5 必要に応じて、[割り当て(Assign)] または [再割り当て(Reassign)] をクリックします。

ステップ 6 ユーザの名前を入力します。 * を入力すると、すべてのユーザをリストに登録できます。または、* のあとに 1 文字以上入力して検索範囲を絞り込むことができます。

ステップ 7 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 8 表示されたリストから割り当てまたは再割り当てを行うユーザの名前を選択します。複数の名前を選択するには、Ctrl キーまたは Shift キーを押した状態で選択します。

ステップ 9 必要に応じて、次のいずれかの操作を実行します。

[割り当て(Assign)] ボタンをクリックします。

目的のサービス クラスを選択し、[再割り当て(Reassign)] ボタンをクリックします。


 

サービス クラスを削除するには


) すでにユーザが割り当てられている COS を削除するには、まずそのユーザを別の COS に再割り当てする必要があります。「サービス クラスへのユーザの割り当てまたは再割り当てを実行するには」を参照してください。



ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、任意の [ユーザ(Subscribers)] > [サービス クラス(Class of Service)] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 削除する COS をダブルクリックします。

ステップ 4 [削除(Delete)] アイコンをクリックします。[削除(Delete)] を再度クリックして、削除を確認します。