Cisco Unity システム管理ガイド
Cisco Unity 8.x でのユーザまたはユーザ テ ンプレート設定によって制御されるカンバ セーション設定の管理
Cisco Unity 8.x でのユーザまたはユーザ テンプレート設定によって制御されるカンバセーション設定の管理
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x でのユーザまたはユーザ テンプレート設定によって制御されるカンバセーション設定の管理

8.x での電話メニューの応答タイムアウトの調整

パスワード入力なしで 8.x へアクセスすることをユーザに許可する

8.x で新規および保存済みメッセージの削除確認をユーザに要求する

8.x で宛先指定および録音の順序を変更する

8.x で発信者がユーザ グリーティングから緊急連絡先番号に転送できるようにする

8.x で通話切断によって割り込まれたメッセージを処理する

切断時にメッセージを送信するかどうかを指定する

ユーザが電話を切ったときまたは切断されたときに、メッセージに保存済みのマークを付けることを指定する

Dropped Call Recovery

Dropped Call Recovery を使用する場合の考慮事項

ユーザ グリーティングから 8.x にログオンする

8.x でメッセージ再生前に追加の発信者情報をユーザに提供する

8.x で ## または 00 を押して検索モードに切り替える

8.x でユーザに名前による受信者の確認を要求する

8.x でユーザに宛先指定の続行を要求する

8.x でメッセージの巻き戻しまたは早送りで前後にスキップする時間を指定する

バージョン 8.x で提供されているカンバセーション スタイルを指定する

ユーザのオプション グリーティングが有効化されている場合の 8.x の動作を指定する

8.x でユーザがメッセージを送信、返信、および転送するときに再生される電話メニューのスタイルを指定する

8.x で宛先指定オプションの指定時に受信者履歴を使用する

Cisco Unity 8.x でのユーザまたはユーザ テンプレート設定によって制御されるカンバセーション設定の管理

この章の次の各項を参照してください。

「Cisco Unity 8.x での電話メニューの応答タイムアウトの調整」

「パスワード入力なしで Cisco Unity 8.x へアクセスすることをユーザに許可する」

「Cisco Unity 8.x で新規および保存済みメッセージの削除確認をユーザに要求する」

「Cisco Unity 8.x で宛先指定および録音の順序を変更する」

「Cisco Unity 8.x で発信者がユーザ グリーティングから緊急連絡先番号に転送できるようにする」

「Cisco Unity 8.x で通話切断によって割り込まれたメッセージを処理する」

「ユーザ グリーティングから Cisco Unity 8.x にログオンする」

「Cisco Unity 8.x でメッセージ再生前に追加の発信者情報をユーザに提供する」

「Cisco Unity 8.x で ## または 00 を押して検索モードに切り替える」

「Cisco Unity 8.x でユーザに名前による受信者の確認を要求する」

「Cisco Unity 8.x でユーザに宛先指定の続行を要求する」

「Cisco Unity 8.x でメッセージの巻き戻しまたは早送りで前後にスキップする時間を指定する」

「バージョン 8.x Cisco Unity Assistant で提供されているカンバセーション スタイルを指定する」

「ユーザのオプション グリーティングが有効化されている場合の Cisco Unity 8.x の動作を指定する」

「Cisco Unity 8.x でユーザがメッセージを送信、返信、および転送するときに再生される電話メニューのスタイルを指定する」

「Cisco Unity 8.x で宛先指定オプションの指定時に受信者履歴を使用する」

Cisco Unity 8.x での電話メニューの応答タイムアウトの調整

ユーザごとに、電話メニューに応答する場合の次のタイムアウト設定を指定できます。

メニューの再生後にユーザがキーを押すのを Cisco Unity が待機する時間。

ユーザがユーザ名や内線番号の入力、メッセージの宛先指定、パスワードの更新、通話転送やメッセージ通知番号の変更などを行うためのキーを押したあとに追加のキーを押すのを Cisco Unity が待機する時間。

ユーザが特定の電話メニューで複数のキー組み合せ候補の最初のディジットを表すキーを押したあとに追加のキーを押すのを Cisco Unity が待機する時間 (たとえば、標準カンバセーションの [メッセージ聞き取り後(After Message)] メニューでは、ユーザは、メッセージに応答する場合は 4 を押し、全員に応答する場合は 42 を押し、ユーザに電話をかける場合は 44 を押すことができます)。これは、## を使用して宛先指定モードを切り替える場合にも適用されます。

ユーザの応答がない場合に Cisco Unity がメニューを繰り返す回数。

応答タイムアウト設定を調整するには、次のいずれかの手順を実行します。

「個々のユーザのメニュー応答のタイムアウト設定を調整するには」

「外部の発信者およびすべてのユーザのタイムアウト設定を変更するには」

一括編集ユーティリティを使用して、ユーザ グループに対してこれらの設定を変更することもできます。また、ユーザは、Cisco Unity Assistant の [詳細設定(Advanced Settings)] ページで、この設定を調整できます。

個々のユーザのメニュー応答のタイムアウト設定を調整するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

ステップ 2 次の各フィールドを必要に応じて変更します。

[メニューを再生後、ユーザが最初のキーを入力するまでの時間(ミリ秒)(After Playing a Menu, Wait <x> Milliseconds for Subscriber to Press the First Key)]

[名前や番号など追加キーを入力するまでの時間(ミリ秒)(Wait <x> Milliseconds for Additional Key Presses When Entering Names and Numbers.)]

[電話メニュー コマンドなど追加キーを入力するまでの時間(ミリ秒)(Wait <x> Milliseconds for Additional Key Presses When Entering Phone Menu Commands.)] メニュー コマンドの応答タイムアウト値は常に 750 ~ 2,000 ミリ秒の範囲にすることを推奨します。タイムアウト値がこれよりも長い場合、ユーザのフラストレーションの原因となるような遅延が発生することがあります。一方、これよりも短いと、ユーザが必要なディジットをすべて押す時間が不足する可能性があります。

[ユーザがメニューに反応しない場合、メニューを <x> 回繰り返す(If Subscriber Does Not Respond to a Menu, Repeat Menu <x> Times.)] Cisco Unity でユーザに対してメニューを繰り返す回数を大幅に増やす場合は、注意してください。ユーザが Cisco Unity との通話を保留にしたまま戻らなかった場合、またはユーザが電話を切ったにもかかわらず、通常どおりに通話が接続解除されない場合、Cisco Unity が電話メニューを繰り返すことによって長時間ボイス ポートが占有される場合があります。


) これらのフィールドを空白のままにした場合、Cisco Unity がユーザを待機する時間と、Cisco Unity がメニューを繰り返す回数は、[システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] > [設定(Settings)] ページで指定した設定値によって規定されます。


ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

外部の発信者およびすべてのユーザのタイムアウト設定を変更するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] > [設定(Settings)] ページに移動します。

ステップ 2 次の各フィールドを必要に応じて変更します。

[メニューを再生後、ユーザが最初のキーを入力するまでの時間(ミリ秒)(After Playing a Menu, Wait <x> Milliseconds for Subscriber to Press the First Key)]

[名前や番号など追加キーを入力するまでの時間(ミリ秒)(Wait <x> Milliseconds for Additional Key Presses When Entering Names and Numbers.)]

[電話メニュー コマンドなど追加キーを入力するまでの時間(ミリ秒)(Wait <x> Milliseconds for Additional Key Presses When Entering Phone Menu Commands.)] メニュー コマンドの応答タイムアウト値は常に 750 ~ 2,000 ミリ秒の範囲にすることを推奨します。タイムアウト値がこれよりも長い場合、ユーザのフラストレーションの原因となるような遅延が発生することがあります。一方、これよりも短いと、ユーザが必要なディジットをすべて押す時間が不足する可能性があります。

[ユーザがメニューに反応しない場合、メニューを <x> 回繰り返す(If Subscriber Does Not Respond to a Menu, Repeat Menu <x> Times.)] Cisco Unity でユーザに対してメニューを繰り返す回数を大幅に増やす場合は、注意してください。ユーザが Cisco Unity との通話を保留にしたまま戻らなかった場合、またはユーザが電話を切ったにもかかわらず、通常どおりに通話が接続解除されない場合、Cisco Unity が電話メニューを繰り返すことによって長時間ボイス ポートが占有される場合があります。


) 各自の [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] > [メッセージの聞き取り(Conversation)] ページですでにタイムアウト値を調整したユーザは、[システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] > [設定(Settings)] ページで行った変更の影響を受けません。


ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

パスワード入力なしで Cisco Unity 8.x へアクセスすることをユーザに許可する

デフォルトでは、ユーザがメッセージの確認や個人設定の変更を行うために Cisco Unity にログオンするとき、パスワードの入力を要求されます。携帯電話、自宅の電話、または組織内部の保護された職場の電話から Cisco Unity にアクセスするユーザの便宜を考え、ユーザが自身のプライマリ内線番号や別のデバイスからメールボックスにアクセスする目的で Cisco Unity に接続するときは Cisco Unity でパスワードの入力を要求されないように指定することを考慮してください (ユーザが不明な内線番号から Cisco Unity に接続した場合、Cisco Unity では通常どおり、ユーザにパスワードの入力が要求されます)。


) セキュリティの理由から、共有の作業スペース、パーティションで区切られたスペース、または組織内のその他の公共エリア(ロビーや応接エリア)で作業しているユーザが、最初にパスワードを入力しないで、電話で Cisco Unity にアクセスできるようにすることは、適切でない場合があります。また、[電話パスワードの入力要求(Prompt for phone password)] 設定も、Phone View や Message Monitor などの電話ベースのクライアントに影響を与えます。このため、ユーザがこれらのクライアントを使用している場合は、ユーザがパスワードを入力せずに電話で Cisco Unity にアクセスできるように設定することは推奨しません。


個々のユーザがプライマリ内線番号または別のデバイスから接続したときにはパスワードを入力せずに電話でメッセージにアクセスできるように設定する場合は、次の「ユーザがパスワードを入力せずに電話で Cisco Unity にアクセスできるようにするには」の手順を実行します。パスワードを入力せずに Cisco Unity にログオンできるユーザも、電話パスワードの有効期限が切れたあとは、パスワードの更新を要求されます。

ユーザのグループがパスワードを入力せずに電話で Cisco Unity にアクセスできるように設定するには、Tools Depot で使用可能な一括編集ツールを使用します。

ユーザがパスワードを入力せずに電話で Cisco Unity にアクセスできるようにするには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[電話パスワード(Phone Password)] ページを参照します。

ステップ 2 [電話パスワードの入力要求(Prompt for phone password)] セクションで、[ユーザが不明な内線から発信する場合のみ(Only when user calls from unknown extension)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity 8.x で新規および保存済みメッセージの削除確認をユーザに要求する

デフォルトでは、電話で新規および保存済みメッセージを削除するときに、Cisco Unity ではユーザに削除確認を要求しません。ユーザによっては、Cisco Unity でメッセージの削除前に選択内容の確認を要求されることを望む場合があります。特に、ユーザが削除済みのメッセージにアクセスできない場合は、メッセージの削除を確認すると有益です。

Cisco Unity でユーザに削除確認が要求されるように指定するには、個々のユーザに対して、またはユーザ テンプレート上で次の「新規および保存済みメッセージの削除確認が Cisco Unity によってユーザに要求されるように指定するには」の手順を実行します (ユーザのグループに対して変更を行う場合は、Tools Depot の一括編集ツールを使用できます)。

新規および保存済みメッセージの削除確認が Cisco Unity によってユーザに要求されるように指定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

ステップ 2 [新規および保存済みメッセージの削除を確認する(Confirm deletions of new and saved messages)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity 8.x で宛先指定および録音の順序を変更する

Cisco Unity のユーザ カンバセーションをカスタマイズすると、ユーザが他のユーザや同報リストにメッセージを送信または転送するときに Cisco Unity でユーザに宛先指定および録音が要求される順序を変更できます。デフォルトでは、ユーザがメッセージを送信または転送するとき、Cisco Unity ではユーザに対して最初にメッセージの宛先指定が要求され、続いてメッセージの録音または転送メッセージの音声コメントの録音が要求されます。

ユーザがメッセージに返信するときに Cisco Unity でユーザに宛先指定および録音が要求される順序は変更できません。Cisco Unity では、ユーザが新しい受信者を追加する前に、必ず、返信を録音することを要求します。

また、この設定は、一括編集ユーティリティを使用して変更することもできます。ユーザは Cisco Unity Assistant の [電話メニュー設定(Phone Menu Preferences)] ページで設定を有効化および調整できます。

宛先指定および録音の順序を変更するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

ステップ 2 目的の動作に応じて、[メッセージの宛先を指定してから録音(Address message, then record it)] チェックボックスをオンまたはオフにします。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity 8.x で発信者がユーザ グリーティングから緊急連絡先番号に転送できるようにする

発信者の便宜を考え、特定のユーザまたはユーザ グループに対してグリーティング中に発信者がキーを押して緊急連絡先番号に転送できるように、Cisco Unity を設定できます。緊急連絡先番号は、オペレータまたは別のユーザ(上司や同僚など)の内線番号か、ユーザまたは別の人が接続できるその他の番号です。

発信者が押すキーおよび転送先の番号を指定するには、Cisco Unity Administratorまたは一括編集ユーティリティを使用できます。複数のユーザに対して同じキーおよび緊急連絡先番号を指定することも、ユーザごとに異なるキーまたは緊急連絡先番号を指定することもできます。ユーザは、Cisco Unity カンバセーションまたは Cisco Unity Assistant を使用して、緊急連絡先番号を指定できます (発信者がユーザ グリーティングから転送するために入力できるキーが指定されているかどうかにかかわらず、緊急連絡先番号を指定するためのオプションは Cisco Unity Assistant に表示されることに注意してください)。緊急連絡先番号は、その番号を指定するユーザに関連付けられた転送用規制テーブルで許可されている番号に制限されます。

この機能を有効にした場合、転送に使用できるキーを指定して、緊急連絡先番号は未指定のままにしておくと、ユーザが自分で番号を指定できます。緊急連絡先番号が指定されるまでは、通話転送のために設定されているキーをユーザ グリーティング中に発信者が押しても、Cisco Unity ではそのキーは無視されます。発信者による転送を可能にするために指定したキーは Cisco Unity カンバセーションにも Cisco Unity Assistant にも示されないため、ユーザがグリーティング内に情報を指定できるように、ユーザにキーを通知してください。発信者を緊急連絡先番号に転送するとき、Cisco Unity では、デフォルトで通話が電話システムにリリースされます。あるいは、ユーザのアクティブな転送ルール設定(通話保留や通話のスクリーニングのオプションを含む)を使用するように Cisco Unity を設定することもできます。

発信者がユーザ グリーティングから緊急連絡先番号に転送できるようにするには、次の「発信者がユーザ グリーティングから緊急連絡先番号に転送できるようにするには」の手順を実行します。この機能は、個々のユーザまたはユーザ テンプレートに関連付けられた複数のユーザのグリーティングに対して設定できます。または、一括編集を使用して、この機能を複数のユーザのグリーティングに対して一度に設定することもできます。

発信者がユーザ グリーティングから緊急連絡先番号に転送できるようにするには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[発信者の入力(Caller Input)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[発信者の入力(Caller Input)] ページを参照します。

ステップ 2 [発信者の入力マップ(Caller input map)] またはキーパッドから、キーを選択します。

ステップ 3 [アクション(Action)] セクションで、[他のサービスへ移行:移行先(Send Caller To)] をクリックしてから、[緊急連絡先番号(Alternate Contact Number)] をクリックします。

ステップ 4 [ダイヤルする番号(Number to dial)] フィールドに、0 ~ 9 のディジットを使用して、最大 30 桁の緊急連絡先番号を指定します。また、次の文字も入力できます。

電話機の # および * キーに対応する # および *

1 秒間の一時停止を挿入するための , (カンマ)


) Cisco Unity が SIP を使用する電話システムと連動している場合、ダイヤル ストリング内の一時停止を追加するためのカンマの処理は SIP 電話システムまたはゲートウェイによって制御されるため、カンマが無視されることがあります。必要な場所に一時停止が追加されるよう電話システムまたはゲートウェイを設定することで、問題を回避できることがあります。


ディジットとディジットの間には、スペース、ダッシュ、またはカッコを使用しないでください。アクセス コードから開始して、必要に応じて外線通話(9 など)を行います。長距離番号の場合は、1 とエリア コードも含めます。

ステップ 5 キーをその処理にロックするかどうかを指定します。

ステップ 6 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

デフォルトでは、Cisco Unity では、発信者を緊急連絡先番号に転送する際にリリース転送が使用されます。あるいは、ユーザのアクティブな転送ルール設定(通話保留や通話のスクリーニングのオプションを含む)を使用するように Cisco Unity を設定することもできます。その場合も、Cisco Unity では、[緊急連絡先番号(Alternate Contact Number)] で指定されている転送用番号が使用されますが、転送設定(リリース転送、監視転送、通話保留など)はアクティブな転送ルールから継承されます。

緊急連絡先番号への転送にアクティブな転送ルールを使用するように Cisco Unity を設定するには


ステップ 1 Cisco Unity サーバ デスクトップで、[Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 2 左側のペインで、[管理ツール(Administrative Tools)] の下にある [詳細設定ツール(Advanced Settings Tool)] をダブルクリックします。

ステップ 3 [Unity 設定(Unity Settings)] ペインで、[カンバセーション:ACN は現在の転送ルールに従う(Conversation--ACN Follows Current Transfer Rule)] をクリックします。

ステップ 4 [項目の新しい値(New value)] フィールドで、1 を選択します (この値がゼロに設定されている場合、Cisco Unity では常にリリース転送が使用されます)。

ステップ 5 [設定(Set)] をクリックします。

ステップ 6 [終了(Exit)] をクリックします。


 

Cisco Unity 8.x で通話切断によって割り込まれたメッセージを処理する

Cisco Unity での通話切断の処理方法をカスタマイズできます。通話は、意図的かどうかを問わず、切断されることがあります。たとえば、ユーザが電話を切った場合や、携帯電話の電池または信号が切れた場合などです。

ユーザがメッセージの送信、返信、または転送を実行している間に切断された場合に、メッセージを送信するか破棄するかを指定できます。詳細については、「切断時にメッセージを送信するかどうかを指定する」を参照してください。

ユーザが新しいメッセージを再生している間に切断された場合に、メッセージを新規の状態のままにするか、保存済みとしてマークするかを指定できます。詳細については、「ユーザが電話を切ったときまたは切断されたときに、メッセージに保存済みのマークを付けることを指定する」を参照してください。

メッセージの再生中または送信中に切断された場合、Dropped Call Recovery を有効にできます。これにより、ユーザは、指定された時間内に Cisco Unity に再び接続し、その場所からアクティビティを再開できます。詳細については、「Dropped Call Recovery」を参照してください。

切断時にメッセージを送信するかどうかを指定する

ユーザがメッセージの送信、返信、または転送を実行しているとき、通話切断によって割り込まれたメッセージを Cisco Unity でどのように処理するかを変更できます。次の状況において通話が切断された場合は、デフォルトで、Cisco Unity によってメッセージが送信されます。

 

ユーザがメッセージへの返信またはメッセージの送信を行っている間

メッセージの受信者が少なくとも 1 人存在し、かつ録音時間が 1 秒(1,000 ミリ秒)を超えていることが前提となります。つまり、ユーザがメッセージの録音または宛先指定を完了していなくても、Cisco Unity ではメッセージが送信されます。

ユーザがメッセージを転送している間

メッセージの受信者が少なくとも 1 人存在することが前提となります。つまり、ユーザが音声コメントの録音またはメッセージの宛先指定を完了していなくても、Cisco Unity ではメッセージが送信されます。

設定のデフォルト値を調整することにより、ユーザが # を押してメッセージの送信準備ができていることを確認しないかぎりは Cisco Unity によってメッセージが送信されないように、Cisco Unity の動作を変更できます。この場合、ユーザが確認する機会がないうちに通話が切断された場合、Cisco Unity ではメッセージは送信されずに削除されます。

メッセージの宛先指定または録音中に切断された通話に対する Dropped Call Recovery がそのユーザに対して有効化されている場合、切断時に送信されるメッセージは、Dropped Call Recovery の期間が満了するまでは送信されません。

この設定は、一括編集ユーティリティを使用しても変更できます。ユーザは Cisco Unity Assistant の [電話メニュー設定(Phone Menu Preferences)] ページでメッセージの宛先指定順序を調整できます。


) この設定は、外部発信者が残したメッセージには適用されません。


切断時にメッセージを送信するかどうかを指定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

ステップ 2 目的の動作に応じて、[ユーザが電話を切ったり着信が切断されたときにメッセージを送信する(Send message when subscriber hangs up or call is disconnected)] チェックボックスをオンまたはオフにします。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

ユーザが電話を切ったときまたは切断されたときに、メッセージに保存済みのマークを付けることを指定する

デフォルトでは、ユーザが電話でメッセージを再生した場合、ユーザが電話を切る前または切断される前に別の指定を行わないかぎり、Cisco Unity ではメッセージの状態(新規メッセージまたは保存済みメッセージ)が保持されます。ただし、ユーザがメッセージにアクセスした時点で、すべてのメッセージに Cisco Unity によって保存済みのマークが付けられることを望むユーザもいます。

ユーザが、メッセージの再生中に切断された通話に対する Dropped Call Recovery を有効にしており、かつ、電話を切ったときまたは切断されたときに、メッセージに保存済みのマークが付けられるように設定されている場合、Dropped Call Recovery の復旧タイムアウト期間が満了するまで、メッセージは「新規」の状態のままとなります。

ユーザが電話を切ったとき、または切断されたときにメッセージに保存済みのマークが付けられるように指定するには、個々のユーザに対して、またはユーザ テンプレート上で、次の「ユーザが電話を切ったときまたは切断されたときにメッセージに保存済みのマークを付けることを指定するには」の手順を実行します (ユーザのグループに対して変更を行う場合は、Tools Depot の一括編集ツールを使用できます)。

機能を有効にしたあと、その変更について必ずユーザに通知してください。

ユーザが電話を切ったときまたは切断されたときにメッセージに保存済みのマークを付けることを指定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

ステップ 2 [切断時にメッセージを保存済みとしてマークする(Mark a message as saved upon hangup or disconnection)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

Dropped Call Recovery

ユーザがメッセージの再生中または送信中に誤って切断した場合、Dropped Call Recovery 機能によって、ユーザは指定した時間内に Cisco Unity に再び接続し、その場所からアクティビティを再開できます。デフォルトでは、Dropped Call Recovery は有効になっていません。

メッセージの再生中に、Dropped Call Recovery がユーザに対して有効化された場合、ユーザが新規または保存済みのメッセージを再生している間に通話が終了すると、この設定が適用されます。ユーザが削除済みのメッセージまたは受信確認を再生している間、またはユーザが動的な Message Locator オプションを使用してメッセージを再生している間は、この設定は適用されません。デフォルトでは、メッセージの再生中に切断された通話に対する復旧期間は 5 分間です。ユーザは、指定された時間中に再び接続した場合、引き続きメッセージを聞くことができます。ユーザに対して [切断時にメッセージを保存済みとしてマークする(Mark a message as saved upon hangup or disconnection)] オプションも有効になっており、そのユーザが新しいメッセージを再生している間に切断された場合、復旧期間が満了するまで、メッセージには新規のマークが付いたままになります。

ユーザがメッセージの宛先指定または録音中に切断された通話に対する Dropped Call Recovery が有効化されている場合、ユーザが新規メッセージの送信、メッセージへの返信、またはメッセージの転送を行っている間に通話が終了すると、この設定が適用されます。メッセージに少なくとも 1 つの受信者または録音がある場合に、切断が発生すると、メッセージは送信される前に指定された期間保留されます。デフォルトでは、メッセージの宛先指定または録音中に切断された通話に対する復旧時間は、3 分間です。ユーザはその時間中にメールボックスに再び接続した場合、メッセージを参照、キャンセル、またはそのままの状態で送信することを選択できます。ユーザがその時間中に再び接続しなかったが、メッセージに少なくとも 1 つの受信者および録音がある場合は、ユーザに [ユーザが電話を切ったり着信が切断されたときにメッセージを送信する(Send message when subscriber hangs up or call is disconnected)] オプションが有効化されていると、メッセージが送信されます。[ユーザが電話を切ったり着信が切断されたときにメッセージを送信する(Send message when subscriber hangs up or call is disconnected)] オプションが有効化されていない場合、メッセージは破棄されます。

Dropped Call Recovery は、一括編集ユーティリティを使用して有効にすることもできます。ユーザは、Cisco Unity Assistant の [詳細設定(Advanced Settings)] ページで Dropped Call Recovery 設定を有効化および調整できます。

Dropped Call Recovery を有効にするには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

ステップ 2 メッセージの再生中に切断された通話に対して Dropped Call Recovery を有効にするには、[メッセージの再生中に切断された着信に対応する DCR を利用する(Enable DCR for calls dropped during message playback)] チェックボックスをオンにし、必要に応じて、復旧期間を変更します。

ステップ 3 メッセージの宛先指定または録音中に切断された通話に対する Dropped Call Recovery を有効にするには、[メッセージの宛先指定中または録音中に着信が切断された場合に DCR を利用する(Enable DCR for calls dropped while addressing or recording messages)] チェックボックスをオンにし、必要に応じて、復旧期間を変更します。

ステップ 4 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

Dropped Call Recovery を使用する場合の考慮事項

Dropped Call Recovery 機能を使用する場合は、動作に関する次の注意点を考慮してください。

プロンプトが表示される前に、メニュー オプションを選択して「先行入力」することが多いユーザは、Dropped Call Recovery オプションをスキップできます。この場合、[キャンセル(Cancel)] オプションを選択した場合と同じ結果になります。この機能を使用する場合、ユーザは # キーを押して、Dropped Call Recovery のオプションに直接移動できます。復旧対象となる切断された通話がない場合は、メイン メニューが表示されます。

メッセージの宛先指定または録音中に切断された通話に対する Dropped Call Recovery が有効化されている場合、メッセージ送信が遅く感じられることがあります。ユーザが、# キーを押して明示的にメッセージを送信せずに、電話を切ることによってメッセージ録音を終了した場合、復旧タイムアウト期間が満了するまで、メッセージは送信されません。このため、復旧期間は 3 分間に設定することを推奨します。

メッセージの宛先指定または録音中に切断された通話に対する Dropped Call Recovery が有効化されている場合、Identified Subscriber Messaging(ISM)を使用して残されたメッセージには、設定が適用されません (ユーザがプライマリ内線番号または代行内線番号から他のユーザに発信し、発信先のユーザのグリーティングに転送された場合は、ISM が有効になります)。Dropped Call Recovery が適用されるのは、ユーザが最初にボイス メールボックスにログオンしてから、メッセージの宛先として他のユーザを宛先指定した場合だけです。

メッセージの再生中に切断された通話に対する Dropped Call Recovery が有効化されている場合、および電話を切ったときや切断されたときに保存済みのマークを付けるようにメッセージが設定されている場合、復旧タイムアウト期間が満了するまで、メッセージは「新規」のままとなります。これにより、メッセージ待機インジケータをオフにするのが遅く感じられる場合があります。

ユーザ グリーティングから Cisco Unity 8.x にログオンする

発信者の入力設定では、ユーザ グリーティングの再生中にユーザが Cisco Unity にログオンする方法を指定できます。発信者の入力設定を使用すると、ユーザが Cisco Unity にログオンするためにユーザ グリーティングに割り込むときに入力するキーと、Cisco Unity でユーザにログオンが要求されたあとに再生される音声を指定できます。


) 発信者の入力設定を指定するには、Cisco Unity Administratorのユーザ テンプレートまたは個々のユーザ ページで設定する方法、一括編集を使用する方法、および Cisco Unity Bulk Import ウィザードを使用する方法があります。発信者の入力設定が特定のグリーティングに適用されるのは、Cisco Unity Administratorでユーザ テンプレートまたは個々のユーザに該当する [グリーティング(Greetings)] ページで、[発信者の入力を許可する(Allow Caller Input)] チェックボックスがオンになっている場合だけです。


デフォルトでは、Cisco Unity サインイン カンバセーションがユーザに再生されるように Cisco Unity が設定されています。ユーザは、ユーザ グリーティング(自身のユーザ グリーティングまたは別のユーザのグリーティング)中に * を押すと、ID とパスワードを入力するように要求されます。あるいは、ユーザが自身のグリーティングから簡単な方法でログオンできるように、ユーザ簡易サインイン カンバセーションを指定することもできます。この場合、ユーザに要求されるのはパスワードだけです。

表 17-1 では、ユーザが自身のグリーティングまたは別のユーザのグリーティングから Cisco Unity にログオンする方法を指定するために使用可能なオプションを要約しています。

 

表 17-1 ユーザがユーザ グリーティングから Cisco Unity にログオンする方法を指定するために使用可能な [発信者の入力(Caller Input)] オプションの要約

Cisco Unity カンバセーション
説明
ユーザ用途
ベスト プラクティス

サインイン(Sign-In)

ユーザがユーザ グリーティング中に * を押すと、ID およびパスワードを入力するように要求されます。

デフォルトでは有効になっています。

「身元不明発信者」としてメッセージを残すことを回避するため、別のユーザがユーザ アカウントに関連付けられていない電話からユーザに発信した場合は、別のユーザ グリーティングから Cisco Unity にログオンできます (Cisco Unity ユーザは、身元不明発信者からのメッセージには返信できません)。

引き続き [サインイン(Sign-In)] カンバセーションを使用すると、ユーザは、確認されたユーザのメッセージングを最大限活用できます。

[サインイン(Sign-In)] カンバセーションへのアクセスに使用するキーの再割り当てを考慮している場合は、ユーザもガイダンスから * を押すことによって [サインイン(Sign-In)] カンバセーションにアクセスすることを考慮してください。

簡易サインイン(Easy Sign-In)

ユーザがユーザ グリーティング中にキーを押すと、パスワードを入力するように要求されます。

デフォルトでは無効になっています
([簡易サインイン(Easy Sign-In)] カンバセーションにマップされているキーはありません)。

ユーザは内線番号をダイヤルし、すばやくログオンできます。この場合、[サインイン(Sign-In)] カンバセーションではなく [簡易サインイン(Easy Sign-In)] カンバセーションを選択する理由は次のとおりです。

(Cisco Unity ID がユーザ内線番号と同じである場合、)ユーザは内線番号をダイヤルしたときに、すでに ID を入力しているため、ID を重複して入力することになります。

ユーザが移行前に使用していた別のボイス メッセージング システムでは、グリーティングからのログオン時に ID の入力は要求されなかったため、ユーザは余分な ID の入力手順を煩雑に感じます。

別のボイス メッセージング システムから移行したユーザは、グリーティングからのログオン時に別のキーを押すことに慣れています。

ユーザが電話で Cisco Unity にアクセスするためのパイロット番号を忘れた場合に、慣れた方法ですばやくユーザ グリーティングからログオンできるようにしておくと便利です。

(ユーザが別のユーザに電話をかけてログオンしようとすると、Cisco Unity では、電話をかけたユーザの内線番号に関連付けられたパスワードが要求されます)

別のボイス メッセージング システムを使い慣れているユーザの便宜を考え、ユーザ グリーティングからすばやくログオンできるように、[簡易サインイン(Easy Sign-In)] を指定します。

[簡易サインイン(Easy Sign-In)] カンバセーションには、マップされていないキー 1 ~ 9 を割り当てると便利です。*、0、または # キーの使用を検討している場合は、次の点を考慮してください。

引き続き [サインイン(Sign-In)] カンバセーションも使用できるように、* キーは再割り当てしないでください。

# は、グリーティングをスキップするためのキーとしてすでに設定されています。

0 は、発信者をオペレータ コール ハンドラに送信するためのキーとしてすでに設定されています。

Cisco Unity ユーザ マニュアルに、上記の *、0、および # キーに対応する動作が説明されています。

Cisco Unity 8.x でメッセージ再生前に追加の発信者情報をユーザに提供する

メッセージを残した各発信者に関する追加情報がメッセージ再生前にユーザに提供されるように、Cisco Unity ユーザ カンバセーションをカスタマイズできます。一括編集ユーティリティ(Tools Depot から利用できます)を使用することによって、 表 17-2 に示すように、個々のユーザまたは特定のユーザ グループに対して、メッセージを残した、一方または両方の発信者タイプに関する追加情報を提供できます。

 

表 17-2 Cisco Unity でメッセージ再生前に提供可能な発信者情報

メッセージを残した発信者のタイプ
メッセージ タイプ
デフォルトで Cisco Unity によって再生される音声
追加発信者情報が提供されるときに、Cisco Unity によって再生される音声

確認されたユーザ(コール ハンドラを含む)

ボイス、Fax、電子メール、受信確認

録音されたユーザ名。ユーザ(またはコール ハンドラ)に録音された名前がない場合、Cisco Unity では、ユーザまたはコール ハンドラに関連付けられたプライマリ内線番号が再生されます。

メッセージの再生前に、録音された名前(使用可能な場合)とプライマリ内線番号の両方が再生されます。

ユーザ(またはコール ハンドラ)に録音された名前がない場合、Cisco Unity では、メッセージの発信者を伝えずにメッセージだけが再生されます。

身元不明発信者

ボイス

メッセージの発信者や発信者の電話番号を最初に再生せずに、メッセージが再生されます。

メッセージの再生前に、発信者の電話番号(使用可能な場合)が再生されます。

メッセージ再生前に追加の発信者情報をCisco Unity ユーザに提供するように選択した場合は、次の要件を考慮してください。

Cisco Unity で各メッセージの再生前にユーザに送信者情報が再生されるのは、送信者情報を再生するようにユーザ アカウントが設定されている場合だけです。Cisco Unity 管理者またはユーザのいずれかが、メッセージ再生設定を指定できます (Cisco Unity 管理者は、Cisco Unity Administrator の [メッセージの聞き取り(Conversation)] ページでメッセージの再生前にユーザに送信者情報を再生するかどうかを指定します。ユーザは、Cisco Unity Assistant で各自のメッセージ再生設定を指定できます)。

また、Cisco Unity で身元不明発信者の電話番号(ANI または発信者 ID)情報が提供されるようにするには、このような情報を Cisco Unity に送信することが使用している電話システムでサポートされている必要があります (詳細については、ご使用の電話システムのマニュアルを参照してください)。Cisco Unity は、発信者に関する ANI 情報を受信すると、有効な番号だけを活用し、電話システムから送信されたその他の文字はすべて無視します。

一括編集を使用して既存のユーザ アカウントを変更する方法の詳細については、一括編集のヘルプを参照してください。メッセージの再生前にユーザに追加の発信者情報を提供するには、一括編集で [メッセージの聞き取り(Conversation)] タブにある次のいずれかまたは両方のフィールドを使用します。

 

ユーザからのメッセージ用の送信者内線番号案内(Announce sender's extension for messages from subscribers)

Cisco Unity で、メッセージを残したユーザ(およびコール ハンドラ)に関する追加の発信者情報をユーザに提供するかどうかを指定します。

宛先不明発信者からのメッセージ用の ANI 案内(Announce ANI for messages from unidentified callers)

Cisco Unity で、メッセージを残した身元不明発信者に関する追加の発信者情報をユーザに提供するかどうかを指定します。

Cisco Unity 8.x で ## または 00 を押して検索モードに切り替える

ユーザは、Cisco Unity を使用してメッセージの宛先指定、プライベート リストの編集、電話でのメッセージの確認を行う場合、名前のスペルまたは内線番号を入力してユーザを検索します。ユーザは、## または 00 を押すことによって検索モードに切り替えることができます。デフォルトでは、Cisco Unity はどちらのキー組み合せにも応答します。この処理が実行されるようにするための追加設定は必要ありません。

ただし、ユーザが 00 を押して検索モードに切り替えた場合は、Cisco Unity の応答が遅延することに注意してください。ユーザが 00 でなく ## を押すと、遅延を回避できます。あるいは、Cisco Unity がキーの入力を待機する時間を短縮すると、ユーザが 00 を押しても遅延が発生しなくなります。

Cisco Unity が追加のキー入力を待機する時間を短縮すると、ユーザが 00 を押して検索モードに切り替えたときの遅延はなくなりますが、同時に、ユーザがメッセージの宛先指定、パスワードの更新、通話転送やメッセージ通知番号の変更などを行うときに Cisco Unity が追加のキー入力を待機する時間も短縮されます。このため、Cisco Unity サーバに関連付けられているすべてのユーザに対してでなく、00 を使用することが多い個々のユーザに対してだけ、[名前や番号など追加キーを入力するまでの時間(ミリ秒)(Wait <x> Milliseconds for Additional Key Presses When Entering Names and Numbers.)] フィールドに指定されている値を小さくすることを推奨します。

[名前や番号など追加キーを入力するまでの時間(ミリ秒)(Wait <x> Milliseconds for Additional Key Presses When Entering Names and Numbers.)] フィールドは、Cisco Unity Administratorの個々のユーザの [メッセージの聞き取り(Conversation)] ページにあります。デフォルトでは、Cisco Unity は名前および番号の入力時に追加のキー入力を 3,000 ミリ秒待機します。

Cisco Unity 8.x でユーザに名前による受信者の確認を要求する

ユーザが電話でメッセージの送信、転送、または返信を行うとき、Cisco Unity ではデフォルトで、ユーザがユーザ内線番号を入力してメッセージの宛先指定をした場合でも、追加する各受信者の確認はユーザに要求されません。(ユーザが受信者を追加する方法に関係なく)Cisco Unity で各受信者が名前で確認されるようにする場合は、受信者が追加されるたびに Cisco Unity で「<ユーザ名> が追加されました」とアナウンスされるように指定できます。

Cisco Unity で名前による受信者確認がユーザに要求されるように指定するには、個々のユーザに対して、またはユーザ テンプレート上で次の「Cisco Unity で名前による受信者確認がユーザに要求されるように指定するには」の手順を実行します (ユーザのグループに対して変更を行う場合は、Tools Depot の一括編集ツールを使用できます)。

Cisco Unity で名前による受信者確認がユーザに要求されるように指定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

ステップ 2 [受信者を名前で確認する(Confirm addressee by name)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity 8.x でユーザに宛先指定の続行を要求する

ユーザが電話でメッセージの宛先を指定するとき(「2 を押して送信(Press 2 to send)」またはメッセージの転送時)、Cisco Unity ではデフォルトで、受信者 1 人の追加をユーザに許可したあと、次に必要な操作を指定するようにユーザに要求します(「別の受信者を追加する場合は、1 を押してください。(To add another recipient, press 1.) メッセージ オプションについては、3 を押してください。(For message options, press 3.) 録音する場合は、# を押してください。(To record, press #.)」)。 ユーザがメッセージを複数の受信者に送信および転送する場合、受信者ごとに 1 を押して宛先指定を続行するのは煩雑で時間がかかると感じることがあります。組織内のユーザの間でこのことが問題となった場合は、Cisco Unity で各受信者の完了後に引き続き名前を追加できるように指定できます。このようにすると、ユーザがメッセージを複数の受信者に送信および転送するときの宛先指定プロセスを合理化できます。日常的に複数の受信者にメッセージを送信する場合は、このような変更を加えると便利です。

ただし、変更する場合は、次の状況において、ユーザがメッセージの宛先として 1 人の受信者を指定すると、メッセージを送信するために追加のキーを押す必要があることを考慮してください。

ユーザは、複数の受信者ではなく 1 人の受信者にメッセージを転送するとき、追加キーを 1 つ押す必要があります。

ユーザに対して、宛先指定よりも前にメッセージを録音することを要求するようにCisco Unity が設定されている場合、ユーザは、1 人の受信者にメッセージを送信するとき、追加キーを 1 つ押す必要があります。

宛先指定を続行することをユーザに要求するようにCisco Unity を指定するには、個々のユーザに対して、またはユーザ テンプレート上で、次の「Cisco Unity で宛先指定を続行することがユーザに要求されるように指定するには」の手順を実行します (ユーザのグループに変更を加える場合は、Tools Depot の一括編集ツールを使用できます)。Cisco Unity カンバセーションには、ユーザが自分で変更を加える方法が備えられています。

連続的な(「合理化された」)宛先指定は、いずれのカンバセーションおよび送信メニュー スタイルを使用する場合でも使用可能です。


) 宛先指定の続行をユーザに要求するように Cisco Unity を指定しても、ユーザが他のユーザにメッセージを送信または転送するときに Cisco Unity で宛先指定および録音が要求される順序には影響はありません。


Cisco Unity で宛先指定を続行することがユーザに要求されるように指定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

ステップ 2 [継続して宛先の後に名前を追加する(Continue adding names after each addressee)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity 8.x でメッセージの巻き戻しまたは早送りで前後にスキップする時間を指定する

ユーザがメッセージの再生中にメッセージを巻き戻しまたは早送りすると、Cisco Unity ではデフォルトで、メッセージが 5 秒間分前後にスキップされます。

また、この設定は、一括編集ユーティリティを使用して変更することもできます。ユーザは Cisco Unity Assistant の [電話メニュー設定(Phone Menu Preferences)] ページで設定を有効化および調整できます。

メッセージの巻き戻しまたは早送りで前後にスキップする時間を変更するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

ステップ 2 [メッセージの先送り方法(Fast-forward messages by)] および [メッセージの巻き戻し方法(Rewind messages by)] フィールドの値を、目的の動作に応じて変更します。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

バージョン 8.x Cisco Unity Assistant で提供されているカンバセーション スタイルを指定する

Cisco Unity Assistant でユーザに提供されているカンバセーション スタイルを指定できます。たとえば、ユーザが [標準 カンバセーション(Standard Conversation)]、[オプション カンバセーション 1(Optional Conversation 1)]、[代行キーパッド マッピング - N(Alternate Keypad Mapping - N)] のいずれかを選択できるように指定できます。

Cisco Unity Assistant で提供されているカンバセーション スタイルを指定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

ステップ 2 [通話スタイル:Cisco Unity Assistant にて提供(Conversation Styles Offered in Cisco Unity Assistant)] セクションで、Cisco Unity Assistant でユーザに提供されているカンバセーション スタイルをチェックします。

Cisco Unity Assistant で提供されているカンバセーション スタイルを何も選択しない場合、ユーザには Cisco Unity Administrator で割り当てたカンバセーション スタイルだけが表示されます。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

ユーザのオプション グリーティングが有効化されている場合の Cisco Unity 8.x の動作を指定する

オプション グリーティングは他のすべてのグリーティングを上書きするため、ユーザは、休暇、休職、休日など、さまざまな特別な状況に対してオプション グリーティングを使用できます (たとえば、「~日まで不在です」など)。ユーザは、Cisco Unity 電話メニューまたは Cisco Unity Assistant を使用して、オプション グリーティングを録音したり、有効にする期間を指定したりできます。

オプション グリーティングが有効化されている間、Cisco Unity によって次のことが実行されるように設定できます。

ユーザのオプション グリーティングが有効化されている場合に、ユーザに通知するためのプロンプトを再生します。ユーザが電話で Cisco Unity にログオンした直後、Cisco Unity によってこのプロンプトが再生され、続いて、Cisco Unity によってメニューが再生されます。ユーザはこのメニューで、オプション グリーティングを有効のままにするか、無効にするか、または再生するかを選択できます (ユーザのオプション グリーティングが有効化されている場合、Cisco PCA では自動的にリマインダが表示され、そのユーザに対して有効にした発信者オプションが示されます)。オプション グリーティングが有効化されていることをユーザに知らせるプロンプトが再生されるように Cisco Unity をカスタマイズするには、「オプション グリーティング通知プロンプトを有効にするには」を実行します。

自動応答またはディレクトリ ハンドラから通話がユーザ内線番号に転送されるとき、ユーザの電話を呼び出すことなく、発信者をグリーティングに転送します (この場合も、外部の発信者または別のユーザがユーザ内線番号を直接ダイヤルすると、ユーザの電話は通常どおり呼び出されます)。特に、ユーザ間で 1 つの電話を共有している場合は、このオプションを使用すると便利です。Cisco Unity でユーザの電話を呼び出さずに発信者をオプション グリーティングに直接転送する場合、発信者がグリーティングをスキップすることを禁止する場合、発信者がメッセージを残すことを禁止する場合、またはこれらの処理を組み合せて指定する場合は、「オプション グリーティングの発信者オプションを指定するには」を実行します (ユーザ グループに対して発信者オプションを有効化する場合は、Tools Depot の一括編集ツールを使用できます)。

すべての発信者がグリーティングをスキップすることを禁止します。このようにすると、ユーザ内線番号にダイヤルしたあと、またはコール ハンドラからユーザ グリーティングに転送されたあとにグリーティングを聞いた発信者は、ユーザが不在であることを確実に認識できます。

発信者がメッセージを残せないようにします。発信者がメッセージを残すことを禁止しても、オプション グリーティングが有効化されているユーザに対して、他のユーザがメッセージを送信、返信、および転送することが可能ですが、ユーザが不在であり、メッセージを定期的に確認する予定がない場合は、ユーザのメールボックスに受信されるメッセージの数を減らすことができます。

オプション グリーティングが有効化されている他のユーザに対してメッセージを送信、返信、および転送するときにユーザに通知が送信されるように Cisco Unity サーバを設定するには、「Cisco Unity 8.x でのオプション グリーティング通知の有効化」を参照してください。

Outlook の「不在」ルールと競合するため、Unified Messaging システムに対するオプション グリーティング通知の有効化はサポートされていません。

オプション グリーティング通知プロンプトを有効にするには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

ステップ 2 [オプション グリーティング通知(Alternate Greeting Notification)] チェックボックスをオンにします。

このチェックボックスでは、電話で Cisco Unity にアクセスしたユーザにオプション グリーティングが有効化されていることを通知するかどうかだけを制御します。つまり、Cisco PCA でユーザのオプション グリーティングが有効化されている場合、このチェックボックスがオフになっていても、ユーザへの通知は常に行われます。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

オプション グリーティングの発信者オプションを指定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[グリーティング(Greetings)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[グリーティング(Greetings)] ページを参照します。

ステップ 2 次のチェックボックスのいずれかまたは全部をオンにして、オプション グリーティングが有効化されているユーザに対して、Cisco Unity で通話をどのように処理するかを指定します。

[ユーザの電話を呼び出すことなくグリーティングに発信者を転送する(Transfer callers to greeting without ringing subscriber's phone)]

[発信者がユーザのグリーティングをスキップしないようにする(Prevent callers from skipping the subscriber's greeting)]

[発信者がメッセージを残せないようにする(Prevent callers from leaving messages)]


) [ユーザの電話を呼び出すことなくグリーティングに発信者を転送する(Transfer callers to greeting without ringing subscriber's phone)] 設定が適用されるのは、自動応答またはディレクトリ ハンドラから通話がユーザ内線番号に転送されるときだけです。外部の発信者または別のユーザがユーザ内線番号を直接ダイヤルした場合、この設定は適用されません。


ステップ 3 [保存(Save) ] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity 8.x でユーザがメッセージを送信、返信、および転送するときに再生される電話メニューのスタイルを指定する

ユーザが電話でメッセージを送信、返信、および転送するときに再生されるメニューを指定できます。送信メニュー スタイルは、ユーザがメッセージの録音および宛先指定を終了したあとに再生される音声に影響を及ぼします。

デフォルトでは、[ストリームライン送信(Streamlined Send)] メニューが再生されます。[標準送信(Standard Send)] メニューで提供される層構造メニューと比較すると、[ストリームライン送信(Streamlined Send)] メニューでは、ユーザは少ないキーストロークで、メッセージの宛先指定と録音の終了後に、メッセージの緊急のマーク指定、受信確認の要求、およびその他の作業を実行できます。

次の表で、この 2 つの送信メニュー スタイルを比較します。

 

[標準送信(Standard Send)] メニュー
[ストリームライン送信(Streamlined Send)] メニュー
# - Send message
1 - Message options
1 - Change address
1 - Add name
2 - Hear all names
3 - Remove name
2 - Change recording
1 - Hear recording
2 - Save recording
3 - Re-record
4 - Add to recording
3 - Set special delivery
1 - Urgent
2 - Return receipt
3 - Private
4 - Future delivery
4 - Review message
5 - Copy (or remove) yourself
# - Send message
# - Send message
1 - Urgent
2 - Return receipt
3 - Private
4 - Future delivery*
5 - Review message
6 - Re-record
7 - Add to recording
91 - Add name
92 - Hear all names (and delete names)
93 - Copy (or remove) yourself

) ユーザは、[標準送信(Standard Send)] メニューから [ストリームラインの送信(Streamline Send)] メニューに切り替えた場合に、メッセージの送信前に特別な配信オプションを設定するために、引き続き古いショートカットを使用することがあります。たとえば、ユーザは、メッセージに緊急のマークを付けて送信するために、習慣に従って 131# を押すことがあります。[ストリームライン送信(Streamlined Send)] メニューで同じショートカットを使用すると、メッセージに緊急、プライベートのマークが順に付けられ、その後、送信前にはメッセージに再び通常のマークが付けられます。これにより、受信者は、送信者の意図とは異なり、緊急メッセージではなくプライベート メッセージを受信します。カンバセーションに対するすべての変更と同様、ユーザが操作を調整できるように、ユーザには必ず [標準送信(Standard send)] メニューから [ストリームライン送信(Streamlined Send)] メニューに変更したことを明確に伝えてください。


また、[ストリームライン送信(Streamlined Send)] メニューを使用すると、ユーザがメッセージの宛先を指定するときのリストのナビゲーションも、より簡単になります。

 

[標準送信(Standard Send)] メニューでのリスト ナビゲーション
[ストリームライン送信(Streamlined Send)] メニューでのリスト ナビゲーション

Cisco Unity では、ユーザが名前のリストから受信者を選択するとき、一度に 6 つの名前が再生されます。ユーザは、該当する名前が聞こえたときに、その名前に対応する番号(1 ~ 6)を押すことによって名前を選択します。ユーザが何も選択しない場合は、Cisco Unity によって次の 6 つの名前が再生されます。

Cisco Unity では、リストから名前を選択する場合に、「スキップ アンド スキャン」という方法を使用できます。Cisco Unity では、一致した名前の全リストを再生します。該当する名前が聞こえたら、ユーザは # を押して選択します (ユーザがリストの確認時に名前を削除するには、3 を押します)。また、リストの 1 つ前の名前にスキップする場合は 7、次の名前にスキップする場合は 9 を押します。リストの先頭にスキップする場合は 7-7、リストの最後にスキップする場合は 9-9 を押します。

このようにすると、ユーザはよりすばやく効率的にナビゲートして長いリストから名前を選択できるため、メッセージの宛先指定にかかる時間を短縮できます。


) 選択した送信メニュー スタイルが、ユーザがメッセージを他のユーザに送信または転送するときに Cisco Unity で宛先指定と録音が要求される順序に影響することはありません。また、Cisco Unity で宛先指定の続行がユーザに要求されるかどうかに影響することもありません。


次の「送信メニュー スタイルを指定するには」の手順を実行して、Cisco Unity Administrator でユーザ テンプレートまたは個々のユーザに対して該当する [メッセージの聞き取り(Conversation)] ページで送信メニュー スタイルを指定します。ユーザ グループに対して変更を行う場合は、Tools Depot で使用可能な一括編集ツールを使用します。あるいは、ユーザが、Cisco Unity Assistant の [詳細設定(Advanced Settings)] ページで、再生される送信メニュー スタイルを指定することもできます。

送信メニュー スタイルを指定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するページに移動します。

ユーザ アカウントの作成に使用するテンプレートを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ テンプレート(Subscriber Template)] ページに移動し、変更するテンプレートを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

既存のユーザ アカウントを変更するには、いずれかの [ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動し、該当するユーザを検索します。次に、[メッセージの聞き取り(Conversation)] ページを参照します。

ステップ 2 [メッセージ送信メニューのスタイル(Send Message Style)] リストから、ユーザに再生されるメニューのスタイルをクリックします。

ステップ 3 [保存(Save)] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity 8.x で宛先指定オプションの指定時に受信者履歴を使用する

ユーザが TUI を使用して、名前のスペルを入力することによってメッセージの宛先を指定する場合は、Most Recently Used(MRU; 最近使用したアドレス)リストと受信者名の候補の 2 つの宛先指定機能を使用すると、より少ないキー入力数で特定の宛先を指定できます。これらの宛先指定機能は、外部の発信者に対しては適用されません。また、ユーザが内線番号を使用する場合や、音声認識機能を使用して名前を音声入力する場合にも適用されません。

MRU リストでは、入力された基準に一致するすべての宛先が評価され、ユーザが直近で使用した宛先が上から順に表示されます。ユーザが名前の選択を確認するたびに、その名前が MRU リストに追加されます。ユーザ 1 人につき最大 300 個の名前を追加できます。最近(デフォルトでは 30 日間)使用されていない名前は、自動的に MRU リストから削除されます。

受信者名の候補では、ディジットが入力されるたびに検索が実行されます(少なくとも 2 桁が入力される必要があります)。次のいずれかの場合は、プロンプトが再生されます。

完全一致が 1 つ検出された場合。この場合は、名前がアナウンスされます。

2 ~ 6 個の一致が検出された場合。この場合、Cisco Unity では、検出された一致数が再生されます。

プロンプトはメニューではないため、ユーザは必要に応じて追加入力を続行できます。

MRU リストは常に有効になっており、無効にできません。

デフォルトでは、受信者名の候補は無効になっています。受信者名の候補を有効にするには、Cisco Unity Administratorでユーザ テンプレートまたは個々のユーザに対して該当する [メッセージの聞き取り(Conversation)] ページで [名前の入力時に受信者名の候補を表示する(Perform Name Suggest on spelled names)] チェックボックスをオンにするか、または一括編集ユーティリティを使用します。また、ユーザが電話で受信者名の候補を有効にしたり、無効にしたりできます。

受信者名の候補を使用すると、データベースのサイズや、その時点でアドレス指定を行っている発信者の数によっては、システムのパフォーマンスが低下することがありますので注意してください。負荷テスト状況において、32 を超えるポートにアクティブなメッセージ送信トラフィックがある場合、録音された名前が再生されるまでに遅延が起こることが観察されました。このため、ユーザごとにこの機能の使用を監視し、遅延が発生した場合に、この機能を無効にすることを推奨します。ほとんどの顧客状況においては、遅延やその他のパフォーマンス低下が発生しないことが想定されています。