Cisco Unity システム管理ガイド
Cisco Unity 8.x でのシステム全体の設定の 管理
Cisco Unity 8.x でのシステム全体の設定の管理
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x でのシステム全体の設定の管理

8.x での認証設定

8.x でのボイス メッセージ ポート設定

8.x での内線番号のリマッピング

内線番号をリマッピングするための の設定

構文と例

8.x での 保留音の使用

8.x でのボイス メッセージの件名のカスタマイズ

Cisco Unity 8.x での認証設定

認証設定によって、ユーザが Cisco Personal Communications Assistant(PCA)を使用して Cisco Unity にアクセスしたときに適用されるログオンおよびロックアウト ポリシーが規定されます。Cisco Unity Administratorおよびステータス モニタで匿名認証方式が使用されている場合は、ユーザが Cisco Unity Administratorまたはステータス モニタを使用して Cisco Unity にアクセスすると、[システム(System)] > [認証(Authentication)] ページで指定したポリシーも適用されます。

認証設定に対する変更は、すべての Cisco Unity ユーザに影響を与えます。個々のユーザ アカウントの認証設定は変更できません。ただし、個々のユーザ アカウントをロックアウトして、ユーザが Cisco PCA、Cisco Unity Administrator、またはステータス モニタを使用して Cisco Unity にアクセスできないようにできます。

関連資料

認証が Cisco Unity Web アプリケーションでどのように機能するかを理解するには、『 Security Guide for Cisco Unity 』の「Authentication for Cisco Unity 8.x Applications」の章を参照してください。

ユーザが Cisco PCA にログオンすると、ユーザのクレデンシャルがネットワーク経由で Cisco Unity にクリア テキストで送信されることを考慮してください。Cisco Unity Administratorおよびステータス モニタで匿名認証方式が使用されている場合にも、同じことが当てはまります。セキュリティ強化のため、Secure Sockets Layer(SSL)プロトコルを使用するように Cisco Unity を設定することを推奨します。『 Security Guide for Cisco Unity 』 の「Using SSL to Secure Client/Server Connections in Cisco Unity 8.x」の章を参照してください。

Security Guide for Cisco Unity 』は、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/security/guide/8xcusecx.html から入手可能です。

認証設定は、ユーザが電話で Cisco Unity にアクセスしたときに適用されるものとは異なるログオンおよびロックアウト ポリシーであることに注意してください。ユーザが電話で Cisco Unity にアクセスしたときに適用されるアカウント ポリシーの設定の詳細については、 「Cisco Unity 8.x のアカウントの原則の設定の管理」 の章を参照してください。

Cisco Unity 8.x でのボイス メッセージ ポート設定

Cisco Unity サーバ上の各ボイス メッセージ ポートは、次の機能の 1 つ以上を実行するように設定できます。

Cisco Unity にダイヤルインしている身元不明発信者およびユーザからの着信コールに応答します。

ユーザにボイス、FAX、電子メールの各メッセージを通知するためにダイヤルアウトします。

システム管理者およびユーザが Cisco Unity アプリケーションでの録音/再生デバイスとして電話を使用できるようにするためにダイヤルアウトします (電話機は Media Master に録音/再生デバイスとして用意されています。Media Master は Cisco Unity Administrator、Cisco Unity Assistant、Cisco Unity Inbox、および ViewMail のページに表示されます)。

このようなダイヤルアウト コールの発信時に Cisco Unity が待機する呼び出し音の最大数を調整できます。詳細設定ツールのヘルプを参照してください([Unity 設定(Unity Settings)] リストで、[管理:トラップ コールを待機するための最大呼び出し音数の設定(Administration--Set Maximum Number of Rings to Wait for TRAP Calls)] をクリックします)。詳細設定ツールは Tools Depot から利用できます。

Message Waiting Indicator(MWI; メッセージ受信インジケータ)をオンおよびオフにするためにダイヤルアウトします。

発信 AMIS メッセージを配信するためにダイヤルアウトします(システムによってはこの機能が搭載されていない場合があります)。

(Cisco Unified Communications Manager 4.1 以降と Cisco Unity 4.0(5) 以降の SCCP 統合だけ) Cisco Unity ボイス メッセージ ポートの認証を有効にします。

(Cisco Unified Communications Manager 4.1 以降と Cisco Unity 4.0(5) 以降の SCCP 統合だけ) メディア ストリームの暗号化を有効にします。

応答およびダイヤルアウト用に設定するボイス メッセージ ポートの数は、次のような多くの要因によって異なります。

使用可能なボイス メッセージ ポートの総数。

メッセージ通知を使用するユーザの数、および各ユーザが通知を受信する頻度。

PIMG/TIMG ユニットで連動する回線交換電話システムの場合は、連動がシリアルかどうか (シリアル連動では、ボイス メッセージ ポートではなく、RS-232 シリアル ケーブルを使用します)。

組織の主要な通信手段が電子メールかボイスメールか。

ほとんどのボイス メッセージ ポートはコールに応答するだけとし、残りのポートはダイヤルアウトするか、または MWI 機能を実行するだけにすることがベスト プラクティスであり、このようにすることを推奨します。このような設定にすると、着信コールがポートに届くのと Cisco Unity がそのポートをオフフックしてダイヤルアウトするのが同時になるというコリジョンが発生しません。

一般的なインストールでは、インストーラは Cisco Unity 用にボイス メッセージ ポートを設定しますが、[ポート(Ports)] ページで変更できます。ただし、ポート設定を変更する前に、ボイス メッセージ ポートの使用状況を監視してください。Tools Depot から利用できる Port Usage Analyzer を参照してください。


) Cisco Unity フェールオーバー システムが稼動している場合、プライマリ サーバとセカンダリ サーバの間でボイス メッセージ ポート設定がレプリケートされません。両方のサーバでボイス メッセージ ポート設定を変更する必要があります。


Cisco Unity 8.x での内線番号のリマッピング

内線番号リマッピング機能を使用すると、Cisco Unity が処理するコールの発信側番号および転送番号を任意の内線番号に変換できます。この機能は、たとえば、電話システムがユーザの電話機の複数の内線番号を単一の受信トレイにマッピングできない場合に便利です。

リマッピング機能では、次に示すコールの内線番号の一方または両方を変更できます。

発信側番号(コールの発信元の番号)。たとえば、Cisco Unity は発信者 ID が実際にコールを発信した番号とは異なる内線番号になるように、コールの発信側番号を変更します。

転送番号(コールの着信先の番号)。たとえば、単一の電話機でどの内線番号にもコールが応答しない場合は、単一のユーザの受信トレイに転送できます。また、ユーザに割り当てられていない電話機でコールが応答しない場合は、スーパーバイザの受信トレイに転送できます。

内線番号をリマッピングするための Cisco Unity の設定

この項では、リマッピング機能を有効にする手順について説明します。次の 2 つのディレクトリのいずれか一方または両方に複数のファイルを作成できます。

Calling ディレクトリでは、1 つ以上の .exm ファイルが発信者 ID 番号をリマッピングします。

Forwarding ディレクトリでは、1 つ以上の .exm ファイルが、Cisco Unity から転送元のコールとともに提供される番号をリマッピングします。

ディレクトリ内の .exm ファイルにリマッピング手順を作成した場合、Cisco Unity はディレクトリ名の由来となる内線番号のタイプだけをリマッピングします。たとえば、Cisco Unity から転送元のコールとともに提供される内線番号だけをリマッピングする場合は、Forwarding ディレクトリ内の .exm ファイルに手順を入力します。この場合、Calling ディレクトリに .exm ファイルは必要ありません。

各ディレクトリに .exm ファイルを複数作成できます。ファイル名はそれぞれ別にしますが、拡張子は同じ .exm にします。これは、リマッピング情報を編成するときに役立ちます。たとえば、ディレクトリ内に Ports_1-12.exm と Ports_13-24.exm の 2 つのファイルを作成できます。Cisco Unity は、これらのディレクトリ内で拡張子が .exm であるファイルをすべて読み込みます。

内線番号をリマッピングするには


ステップ 1 Cisco Unity サーバで、 CommServer¥IntLib¥ExtensionMapping ディレクトリを参照します。このディレクトリには、Sample.txt ファイル、および Calling と Forwarding の 2 つのディレクトリがあります。

ステップ 2 発信側番号をリマッピングするには、 Calling ディレクトリに移動します。

ステップ 3 テキスト エディタ アプリケーションで、新規に .exm ファイルを作成するか、または既存の .exm ファイルを開きます。

たとえば、CommServer¥IntLib¥ExtensionMapping ディレクトリの Sample.txt ファイルを開きます。


注意 テキスト エディタで .exm ファイルを開くとき、[ファイルを開くプログラムの選択(Open With)] ダイアログボックスの [この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う(Always Use This Program to Open)] チェックボックスをオンにして、ファイルをテキスト エディタに関連付けないでください。このようにしない場合、.exm ファイルが .txt ファイルとして保存され、リマッピング機能によってこのファイルが無視されます。

ステップ 4 [Range] と入力し、 Return キーを押して、コールのリマッピング用にどのボイス メッセージ ポートを監視するかを示すためのセクションを作成します。

.exm ファイルには、[Range] セクションを 1 つだけ記述できます。

ステップ 5 ports= と入力し、そのあとにボイス メッセージ ポートの番号をカンマで区切って続けます。範囲を指定するには、ハイフン(-)をスペースなしで使用します。すべてのボイス メッセージ ポートを監視するには、この行に ports=* と入力します。次に、 Return キーを押します。

たとえば、次のように入力します。

ports=1,2,5-34

ステップ 6 リマッピング ルール用のセクションを作成するには、 Return キーを押し、[Number Mappings] と入力し、 Return キーを押します。

.exm ファイルには、[Number Mappings] セクションを 1 つだけ記述できます。

ステップ 7 この行にリマッピング ルールを 1 つ入力し、 Return キーを押します。

リマッピング ルールの例については、次の「構文と例」の項を参照してください。リマッピング ルールのフォーマットは次のとおりです。

<元の番号>, <新しい番号>

数字と数字の間にはスペースを含めません。ただし、番号はカンマとスペース 1 文字で区切る必要があります。番号の先頭にワイルドカード文字は使用できません。

ステップ 8 残りのすべてのルールについて、ステップ 7 を繰り返します。

ステップ 9 .exm ファイルを保存して閉じます。

ステップ 10 転送番号をリマッピングするには、 CommServer¥IntLib¥ExtensionMapping¥Forwarding ディレクトリを参照します。

ステップ 11 ステップ 3ステップ 9 を繰り返して、転送番号をリマッピングします。

ステップ 12 内線番号リマッピング機能を有効にするには、Cisco Unity ソフトウェアを再起動します。


 

構文と例

表 11-1 に、.exm ファイルで使用できるワイルドカード文字を示します。

 

表 11-1 ワイルドカード文字

ワイルドカード
結果

*

0 個以上の数字に一致します。

?

1 個の数字に一致します。? は、1 個の数字のプレースホルダとして使用します。

表 11-2 に、.exm ファイルに記述するルールの構文と結果の例を示します。

 

表 11-2 構文例

ルール
元の番号
新しい番号

2189, 1189

3189, 1189

4189, 1189

2189

3189

4189

1189

1189

1189

2???, 1???

2189

2291

1189

1291

3???, 1???

3189

3291

1189

1291

8???, 61???

8000

8765

61000

61765

123*, 44*

12300

12385

4400

4485

Cisco Unity は、.exm ファイルに記述された順にルールを実行します。たとえば、.exm ファイルに次のルールが記述されているとします。

1234, 1189
3189, 1189
4189, 1189
123?, 8891

内線番号 1234 は 1189 にリマッピングされますが、内線番号 1233 と 1235 は 8891 にリマッピングされます。1234 をマッピングするルールが先に記述されているためです。

.exm ファイルは、次のように記述します。

[Range]
ports=1,2,5-34

[Number Mappings]
2189, 1189
3189, 1189
4189, 1189
8???, 9???

Cisco Unity 8.x での Cisco Unity 保留音の使用

保留音が有効になっている場合、保留中に発信者に何が再生されるかは電話システムによって異なります。

 

Cisco Unified Communications Manager

通話保留キュー内の最初に保留になった発信者には、一連の保留音が約 5 秒ごとに再生されます。キュー内の内線番号が同じ後続の発信者には、Cisco Unity システム プロンプトが生成する保留音が再生されます。

Cisco SIP Proxy Server

通話保留キュー内の保留中のどの発信者にも、保留音が再生されません。

回線交換電話システム

保留音を再生するように電話システムが設定されている場合、通話保留キュー内の最初に保留になった発信者には、電話システムが生成した保留音が再生されます。それ以外の場合、最初の発信者には一連の保留音が約 5 秒ごとに再生されます。保留音を再生するように電話システムが設定されている場合でも、キュー内の内線番号が同じ後続の発信者には Cisco Unity システム プロンプトが生成する保留音が再生されます。

保留キュー内の 2 人目以降の発信者を待機する時間は、デフォルトでは約 30 秒です。この時間は、保留音システム プロンプト WAV ファイルの再生時間に基づきます。Cisco Unity は、PHHoldMusic009.wav ファイルから順に各保留音ファイルを再生します。発信者が 1 を押して保留状態を続けた場合、Cisco Unity は最初のファイル PHHoldMusic000.wav にループバックします。引き続き発信者が保留状態であれば、次の連番のファイルを再生します。

通話保留キュー内の 2 人目以降の発信者の保留キュー待機時間を長くするには、CommServer¥Localize¥Prompts¥<言語>¥<コーデック>¥AvPHGreet ディレクトリにある PHHoldMusic000.wav から PHHoldMusic009.wav までの 10 個のプロンプトを再録音します。各プロンプトに同じ音源を使用することも、プロンプトごとに異なる音楽を選択することもできます。自動呼配送などのコール センター製品をインストールしていない場合は、一部のプロンプトで音楽の先頭または最後にカスタム メッセージを録音できます。たとえば、「お電話いただき、まことにありがとうございます。お待たせして大変申し訳ありません。担当者がまもなく応対いたします。」というメッセージです。あるいは、自社製品を紹介する簡単なメッセージを録音します。各 WAV ファイルの再生時間は、45 ~ 120 秒のほぼ同じ長さとします。10 個すべてのプロンプトを録音し、テストしてください。10 個の PHHoldMusic WAV ファイルの 1 つでも欠けると、発信者にはフェールセーフ カンバセーションが再生され、保留状態を継続できません。

特定の WAV ファイルの再生中、保留キュー内の後続の発信者は先に進むことができません。Cisco Unity は、各 WAV ファイルを最後まで再生したあとで、コールに対処します。このため、各プロンプトの再生時間は現場のニーズを満たす最小時間にすることを推奨します (ただし、最初に保留になった発信者は、内線番号が使用可能になった時点で例外なくその内線番号に転送されます)。


注意 カスタマイズしたシステム プロンプト WAV ファイルは、Cisco Unity をアップグレードすると失われます。また、Cisco Unity Disaster Recovery Tool を使用して作成したバックアップでシステムを復元するときにも失われます。アップグレード後またはシステム復元後、必要に応じて標準の保留音プロンプトと置き換えることができるように、カスタマイズした保留音プロンプト ファイルのコピーを保管してください。

ユーザが使用する録音/再生デバイスを設定するには、「Cisco Unity 8.x での Media Master の設定」を参照してください。コールの転送、メッセージの通知、プライベート同報リストの設定など、ユーザが電話または Cisco Unity Assistant を使用して変更できる設定のリストについては、「Cisco Unity 8.x でのユーザ研修の概要」を参照してください。

Cisco Unity 8.x でのボイス メッセージの件名のカスタマイズ

Cisco Unity Administratorを使用して、管理者は外部発信者のメッセージ、ユーザ メッセージ、インタビュー ハンドラ メッセージ、およびライブ レコード メッセージという 4 つのタイプのメッセージについて、ボイス メッセージの件名のフォーマットを設定できます。件名には、発信者 ID と名前、着信者 ID と名前、送信者 ID と名前、および緊急、プライベート、安全のメッセージ フラグを含めることができます。ボイス メッセージの件名は、ユーザが電話でメッセージを聞くときには通知されませんが、ユーザが ViewMail for Outlook や Cisco Unity Inbox Web ツールなどの GUI クライアントを使用してメッセージにアクセスすると表示されます。

ボイス メッセージの件名をカスタマイズするには、Cisco Unity Administratorで [システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] > [メッセージの件名(Message Subjects)] ページに移動します。ボイス メッセージの件名に含める文言と情報の両方を設定できます。

件名フォーマットを定義するには、次の考慮事項に留意してください。

パラメータの前後に % を指定する必要があります。

ユーザが電話でメッセージを聞くとき、ボイス メッセージの件名は再生されません。

Cisco Unity では、AMIS、ブリッジ、VPIM の各メッセージ、および、ViewMail for Outlook や Cisco Unity Inbox などのデスクトップ クライアントから送信されたメッセージには、カスタマイズした件名を適用しません。

発信者 ID、発信者名、着信者 ID、および着信者名の値は電話システムから設定されるため、各値は Cisco Unity に提示するように電話システムを設定している場合にだけ使用できます。このことは、外部発信者からのメッセージには特に重要となります。これは、多くの電話システムで、外部発信者名が表示されない設定になっているためです。

置換できるパラメータを使用して、他の置換できるパラメータを定義できます。たとえば、%CALLERID% パラメータのデフォルト定義は %SENDERID% です。つまり、発信者 ID が使用できない場合、Cisco Unity は送信者の SENDERID(内線番号または DTMF アクセス ID)を使用しようとします。内線番号が使用できない場合、Cisco Unity は %SENDERID% の定義を使用します。この定義は、デフォルトでは使用できません。

システムにインストールされている言語ごとに別個の件名フォーマットは定義できません。件名フォーマットは、システム デフォルトの言語となります。

ボイス メッセージをデータベースに保存するときに、件名フォーマットがボイス メッセージに適用されます。ユーザ メールボックスにすでにあるメッセージは、あとで件名フォーマット定義を変更しても、変更されません。新しい件名定義は、変更の保存後に録音されるボイス メッセージにだけ反映されます。

表 11-3 に、カスタマイズした件名に追加できる置換可能なパラメータを示します。

 

表 11-3 カスタマイズした件名に使用できるオプションの置換可能なパラメータ

パラメータ
説明

%CALLERID%

電話コールの発信者 ID。発信者 ID が使用できない場合はシステム管理者定義のデフォルト。このデータは、テレフォニー統合から設定されます。

%CALLERNAME%

電話コールの発信者名。発信者名が使用できない場合はシステム管理者定義のデフォルト。このデータは、テレフォニー統合から設定されます。

%CALLEDID%

電話コールの着信者 ID。着信者 ID が使用できない場合はシステム管理者定義のデフォルト。このデータは、テレフォニー統合から設定されます。

%CALLEDNAME%

電話コールの着信者名。着信者名が使用できない場合はシステム管理者定義のデフォルト。このデータは、テレフォニー統合から設定されます。

%SENDERID%

送信者の内線番号。内線番号が使用できない場合はシステム管理者定義のデフォルト。コール ハンドラまたはインタビュー ハンドラによって録音されたメッセージの場合は、ハンドラの DTMF アクセス ID。

%SENDERNAME%

送信者の名前。名前が使用できない場合はシステム管理者定義のデフォルト。コール ハンドラまたはインタビュー ハンドラによって録音されたメッセージの場合は、ハンドラの表示名。

%U%

メッセージが緊急である場合は、緊急メッセージを説明するシステム管理者定義の値で置き換えられます。それ以外の場合は省略されます。

%P%

メッセージがプライベートである場合は、プライベート メッセージを説明するシステム管理者定義の値で置き換えられます。それ以外の場合は省略されます。

%S

メッセージが安全である場合は、安全メッセージを説明するシステム管理者定義の値で置き換えられます。それ以外の場合は省略されます。

件名フォーマットを設定するには、次の手順を実行します。

件名フォーマットを設定するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] > [メッセージの件名(Message Subjects)] ページに移動します。

ステップ 2 [カスタマイズ可能な件名(Customizable Subject Lines)] ページで、[件名のフォーマット(Subject Line Formats:)] フィールドに必要なテキストおよびパラメータを入力します。使用可能なパラメータについては、 表 11-3 を参照してください。

ステップ 3 [置換できるパラメータ(Replaceable Parameters)] フィールドに必要なテキストを入力します。

ステップ 4 [保存(Save)] をクリックします。

入力する情報は、新規ボイス メッセージの件名に影響を与えます。件名フォーマットは、ユーザ メールボックスにすでにあるメッセージには適用されません。