Cisco Unity システム管理ガイド
Cisco Unity 8.x でのディレクトリ ハンドラ の管理
Cisco Unity 8.x でのディレクトリ ハンドラの管理
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco Unity 8.x でのディレクトリ ハンドラの管理

8.x でのディレクトリ ハンドラ設定の概要

8.x でのディレクトリ ハンドラの作成および変更

8.x でのディレクトリ ハンドラとユーザ データベースとの同期化

8.x でのディレクトリ ハンドラ検索の制限

Cisco Unity 8.x でのディレクトリ ハンドラ設定の概要

ディレクトリ ハンドラによって、Cisco Unity で発信者がユーザへのアクセスに使用できる宛先検索サービスが提供されます。発信者がユーザ名または名前の一部で検索を行うと、ディレクトリ ハンドラにより内線番号が検索され、通話が適切なユーザにルーティングされます。ユーザに録音された名前がない場合、ユーザにはディレクトリ ハンドラを使用してアクセスできません。

各ディレクトリ ハンドラには、名前の検索方法、1 つ以上の一致が見つかった場合の処理、および発信者入力が検出されなかった場合の処理を指定する設定が含まれています。

複数ディレクトリ ハンドラ機能により、何百または何千人ものユーザが、すばやく効率的かつ安全にシステムのディレクトリ検索を行うことができます。複数ディレクトリ ハンドラは、Cisco Unity による集中的なコール処理を行う、本社および支社の展開におけるコール ルーティングに対しても使用できます。管理者は、ユーザが発信者検索を管理するのに必要な数だけ、ディレクトリ ハンドラを作成できます。

Cisco Unity 8.x でのディレクトリ ハンドラの作成および変更

デフォルトの事前定義済みディレクトリ ハンドラか、またはその他の既存のディレクトリ ハンドラをテンプレートとして使用して、追加のディレクトリ ハンドラを作成できます。ロケーション、サービス クラス、パブリック同報リスト メンバシップなどの使用可能なフィルタを使用して、通話をユーザにルーティングするために必要な数だけ、ディレクトリ ハンドラを作成します。

また、ディレクトリ ハンドラは変更または削除できます。ただし、デフォルト ディレクトリ ハンドラについては、変更はできますが削除はできません。

複数のディレクトリ ハンドラ内にユーザをリストできます。

ディレクトリ ハンドラにはグリーティングはないため、発信者をディレクトリ ハンドラにルーティングする場合はコール ハンドラまたは単一キー ダイヤリングを使用し、各ディレクトリ ハンドラの発信者オプションを説明する場合はコール ハンドラ グリーティングを使用します。

ディレクトリ ハンドラを作成するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、任意の [通話管理(Call Management)] > [ディレクトリ ハンドラ(Directory Handlers)] ページに移動します。

ステップ 2 [追加(Add)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [ディレクトリ ハンドラの追加(Add a Directory Handler)] ダイアログボックスの [名前(Name)] フィールドに、必要な情報を入力します。

ステップ 4 [新規ハンドラ(New Handler)] または [既存のハンドラに基づく(Based on existing Handler)] を選択します。[既存のハンドラに基づく(Based on existing Handler)] を選択した場合は、[基準(Based on)] フィールドで該当するディレクトリ ハンドラを選択します。

既存のディレクトリ ハンドラに基づいて新規のディレクトリ ハンドラを作成すると、内線番号と録音された名前以外のすべての設定がコピーされます。[新規ハンドラ(New Handler)] を選択した場合、新規ディレクトリ ハンドラはデフォルト ディレクトリ ハンドラに基づいて作成されます。

ステップ 5 [追加(Add)] ボタンをクリックします。

ステップ 6 必要に応じて新規ディレクトリ ハンドラの設定を指定し、[保存(Save)] アイコンをクリックします。

新規ディレクトリ ハンドラを同期化およびアクセスする場合に遅延が発生することがありますので注意してください。詳細については、「Cisco Unity 8.x でのディレクトリ ハンドラとユーザ データベースとの同期化」を参照してください。


 

ディレクトリ ハンドラを変更するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、任意の [通話管理(Call Management)] > [ディレクトリ ハンドラ(Directory Handlers)] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 変更するディレクトリ ハンドラをダブルクリックします。

ステップ 4 必要に応じて設定を変更し、[保存(Save)] をクリックします。

新規ディレクトリ ハンドラを同期化およびアクセスする場合に遅延が発生することがありますので注意してください。詳細については、「Cisco Unity 8.x でのディレクトリ ハンドラとユーザ データベースとの同期化」を参照してください。


 

ディレクトリ ハンドラを削除するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、任意の [通話管理(Call Management)] > [ディレクトリ ハンドラ(Directory Handlers)] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 削除するディレクトリ ハンドラをダブルクリックします。

ステップ 4 [削除(Delete)] アイコンをクリックします。

ステップ 5 Cisco Unity サーバ デスクトップで、[Cisco Unity Tools Depot] アイコンをダブルクリックします。

ステップ 6 左側のペインの [診断ツール(Diagnostic Tools)] で、[DbWalker] をダブルクリックします。

ステップ 7 [自動修復(Automatic Repairs)] タブで、必要に応じて次のチェックボックスをオンにして、修復を開始します。

[身元不明のコール ハンドラを削除する(Remove Orphaned Call Handlers)]

[空のプライベート同報リストを削除する(Delete Empty Private Distribution Lists)]

[壊れているユーザ キーを無視するように設定する(Set Broken User Keys to Ignore)]

[欠落しているグリーティングまたはボイス名 WAV ファイルへの参照を削除する(Remove References to Missing Greeting or Voice Name WAV Files)]


ヒント また、いずれのチェックボックスもオンにしないで Cisco Unity Directory Walker(DbWalker)ユーティリティを実行すると、他のオブジェクト(コール ハンドラなど)から削除されたディレクトリ ハンドラへのリンクがあるかどうかを判断したり、その他のデータベース問題を特定したりできます。DbWalker 出力から判断した内容に基づいて、2 回目は必要な自動修復を選択した状態でこのユーティリティを実行します。


ステップ 8 [ロギング(Logging)] ペインで、出力ログ ファイルの場所を入力します。

ステップ 9 [データベースの検査(Walk Database)] をクリックします。

ステップ 10 [OK] をクリックしてから再び [OK] をクリックすると、出力ログが表示され、特定されたエラーおよび行われた自動修復処理(ある場合)が示されます。

ステップ 11 [終了(Exit)] をクリックします。


 

Cisco Unity 8.x でのディレクトリ ハンドラとユーザ データベースとの同期化

Cisco Unity システム設定の複雑さに応じて、新規ディレクトリ ハンドラの同期化が完了するまでに数分から数時間かかることがあります。同期化の速度に影響を与える要因は、次のとおりです。

システム設定(複数ドメイン環境、組織単位構造、同期化タイマー設定、パブリック同報リストの複雑さなど)

Cisco Unity デジタル ネットワーク設定

ユーザおよびパブリック同報リストの数

ディレクトリ ハンドラのスコープがパブリック同報リストによって決まる場合、メンバシップは Active Directory から Cisco Unity SQL Server データベースに同期化されます。ディレクトリ ハンドラのスコープの決定に使用される同報リストを変更する場合、同期化が必要になります。Cisco Unity ディレクトリ サービス(AvDSAD および AvDSGlobalCatalog)が、ディレクトリをポーリングして SQL Server データベースに適用される変更がないか問い合せると、この同期化が行われます。この処理は、通常、Cisco Unity Administrator でディレクトリ ハンドラのスコープが変更されたあと 15 ~ 20 分以内に実行されます。

外部の発信者が Cisco Unity に接続し、最近作成または変更されてまだ同期化が完了していないディレクトリ ハンドラにナビゲートした場合、Cisco Unity カンバセーションでディレクトリ メンバーの完全なリストが提供されなかったり、一部のディレクトリ メンバーの検索ができなかったりすることがあります。このことは、Cisco Unity Administratorで変更が行われた直後にシステム管理者が Cisco Unity に接続してディレクトリ ハンドラの追加または変更を確認した場合に発生することがあります。

即時の同期化を開始するには、次の手順を実行します。

Cisco Unity データベースを手動で同期化し、ユーザをディレクトリ ハンドラに配置できるかどうかを確認するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[システム(System)] > [コンフィギュレーション(Configuration)] > [設定(Settings)] ページに移動します。

ステップ 2 [Cisco Unity ディレクトリ オブジェクトの複製(Replicate Cisco Unity Directory Objects)] セクションで、[変更済みオブジェクト(Changed Objects)] をクリックします。

[設定(Settings)] ページが更新され、データベースの変更内容がバックグラウンドで同期化されます。

ステップ 3 数分待ってから Cisco Unity に接続し、ユーザをディレクトリ ハンドラ内に配置できるか確認します。

ステップ 4 それでもユーザを配置できない場合は、ユーザに録音された名前があることを確認します。ユーザに録音された名前がない場合、ユーザにはディレクトリ ハンドラを使用してアクセスできません。


 

Cisco Unity 8.x でのディレクトリ ハンドラ検索の制限

検索オプション設定では、ディレクトリ ハンドラが名か姓のどちらを最初に使用してユーザを検索するかを指定します。また、これらの設定によって、ディレクトリ ハンドラ検索をローカルの Cisco Unity サーバ、パブリック同報リスト、またはサービス クラスに制限できます。また、組織がダイヤル ドメイン内でネットワーク Cisco Unity サーバへのデジタル ネットワークを使用している場合は、検索を他のロケーションにある Cisco Unity サーバにまで拡張することもできます。


) ダイヤル ドメインの詳細については、『Networking Guide for Cisco Unity Release 8.x』の「Digital Networking in Cisco Unity 8.x」の「Dialing Domains」を参照してください(このガイドは、http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/unity/8x/networking/guide/8xcunetx.html から入手できます)。


デジタル ネットワークが設定されていても、次のいずれかの条件に当てはまる場合は、ディレクトリ ハンドラ検索をローカル サーバに制限することを考慮してください。

組織内に同名のユーザが多数存在する場合。この場合、複数のロケーションに対してディレクトリ ハンドラ検索を有効化すると、発信者に提供される一致名のリストが大きすぎて役立たない可能性があります。

ネットワーク設定された他のロケーションに関連付けられているユーザの個々の着信転送設定を保持することが重要な場合。複数のロケーションに対してディレクトリ ハンドラ検索を有効化すると、ローカル サーバに関連付けられていないユーザにディレクトリ ハンドラから転送された通話は、Cisco Unity ではなく電話システムによって自動処理されます。このことは、これらのユーザが、各自の Cisco Unity サーバ上で管理転送用に設定されている場合も同様です。このため、これらの通話に対して通話のスクリーニング、通話保留、および通知の機能を使用できなくなります。