Cisco Unity システム管理ガイド
8.x Cisco Unity Administrator へのアクセ スおよび使用
8.x Cisco Unity Administratorへのアクセスおよび使用
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2010/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

8.x Cisco Unity Administratorへのアクセスおよび使用

8.x ソフトウェアの終了および開始

8.x ソフトウェアの終了

8.x サーバのシャットダウンまたは再起動

8.x ソフトウェアの開始

バージョン 8.x での へのアクセスおよび使用

バージョン 8.x での へのアクセスおよび終了

へのログオン

の終了

バージョン 8.x でのローカルの から別の への参照

バージョン 8.x での のユーザ インターフェイス

のデータ

ナビゲーション

コマンド アイコン

Media Master の概要

ヘルプの使用

データの保存

レコードの検索

レコードの追加

8.x Cisco Unity Administratorへのアクセスおよび使用

この章の次の各項を参照してください。

「Cisco Unity 8.x ソフトウェアの終了および開始」

「バージョン 8.x での Cisco Unity Administratorへのアクセスおよび使用」

Cisco Unity 8.x ソフトウェアの終了および開始

次の項では、Cisco Unity ソフトウェアの終了、Cisco Unity サーバのシャットダウンと再起動、および Cisco Unity ソフトウェアの開始に関して、それぞれの手順について説明します。


) Cisco Unity サーバおよび Cisco Unity Status Monitor へのログオンに使用するアカウントの詳細については、「Cisco Unity 8.x の管理に使用できるアカウントの概要」を参照してください。


「Cisco Unity 8.x ソフトウェアの終了」

「Cisco Unity 8.x サーバのシャットダウンまたは再起動」

「Cisco Unity 8.x ソフトウェアの開始」

Cisco Unity 8.x ソフトウェアの終了

この項では、Cisco Unity ソフトウェアの終了方法に関して、Cisco Unity サーバから終了する場合と別のコンピュータから終了する場合の 2 つの手順について説明します。


注意 Cisco Unity ソフトウェアの終了に Kill av*.* は使用しないでください。Kill av*.* はすべての Cisco Unity サービスを停止するわけではなく、Cisco Unity バージョン 2.x からのアップグレードにおいて問題が発生する可能性があります。

Cisco Unity ソフトウェアを終了する方法として、[サービス(Services)] ウィンドウまたは [コンポーネント サービス(Component Services)] ウィンドウを使用して AvCsMgr を停止することは避けてください。AvCsMgr を停止しても、すべての Cisco Unity サービスが停止するわけではなく、予期せぬ結果が発生する可能性があります。

Cisco Unity サーバから Cisco Unity ソフトウェアを終了するには


ステップ 1 システムで自動応答機能が使用されている場合は、すべての通話をオペレータに転送します。

ステップ 2 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity 管理アカウントまたは適切な Windows ドメイン アカウントを使用して、Windows にログオンします。

ステップ 3 タスクバーのステータス領域にある [Cisco Unity] アイコンを右クリックします

([Cisco Unity] アイコンがタスクバーに表示されていない場合は、CommServer ディレクトリを参照して、 AvCsTrayStatus.exe をダブルクリックします)。

ステップ 4 [Cisco Unity の停止(Stop Cisco Unity)] をクリックします。

ステップ 5 [OK] をクリックして、Cisco Unity ソフトウェアを終了することを確認します。すべての通話が終了すると Cisco Unity は実行を停止し、[Cisco Unity] アイコンに「X」が表示されます。

ステップ 6 Ctrl キーを押した状態で Alt キーおよび Delete キーを押してから、Windows をロックするかまたは Windows からログオフして、不正なユーザがアクセスできないようにします。


 

別のコンピュータから Cisco Unity ソフトウェアを終了するには


ステップ 1 システムで自動応答機能が使用されている場合は、すべての通話をオペレータに転送します。

ステップ 2 Cisco Unity Status Monitor で統合 Windows 認証を使用していない場合は、ステップ 3 に進みます。

Cisco Unity Status Monitor で統合 Windows 認証を使用している場合は、次のサブステップに従って Status Monitor にアクセスします。

a. Cisco Unity 管理アカウントまたは適切な Windows ドメイン アカウントを使用して、Windows にログオンします。

b. Internet Explorer を起動して、 http://<Cisco Unity サーバ名>/status に移動します。

c. Internet Explorer でユーザ名およびパスワードの入力を要求された場合は、管理アカウントまたは Windows ドメイン アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力します。

d. ステップ 5 に進みます。

ステップ 3 Cisco Unity Status Monitor で匿名認証を使用している場合は、次のサブステップに従って Status Monitor にアクセスします。

a. ローカルのログオン権限を持っている任意のドメイン アカウントを使用して、Windows にログオンします。

b. Internet Explorer を起動して、 http://<Cisco Unity サーバ名>/status に移動します。

ステップ 4 Cisco Unity の [ログオン(Log On)] ページで、Cisco Unity 管理アカウントまたは Windows ドメイン アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力して、[ログオン(Log On)] をクリックします。

ステップ 5 Cisco Unity Status Monitor の [Cisco Unity のシャットダウン(Shutting Down Cisco Unity)] で、次のいずれかの方法を選択します。

Cisco Unity は、すべての通話が終了したあと、実行を停止します。

Cisco Unity は、ボイス メッセージを伴う進行中の通話を中断し、すべての通話を切断してから、実行を停止します。

ステップ 6 [終了(Shut Down)] をクリックします。


 

Cisco Unity 8.x サーバのシャットダウンまたは再起動


) Cisco Unity サーバを再起動すると、すべてのユーザのメールボックスに対する MAPI ログオンが完了するまで、メッセージ通知およびメッセージ受信インジケータが遅延する場合があります。ユーザ データベースのサイズによっては、MAPI ログオンの完了に数時間かかる可能性があります。


Cisco Unity システムにフェールオーバーが設定されている場合は、Cisco Unity サーバのシャットダウンまたは再起動を行う前に、次の考慮事項に注意してください。

両方のサーバが実行中でアクティブ サーバをシャットダウンした場合、非アクティブ サーバがアクティブになります。

どちらのサーバも実行中ではない場合、最初に開始されたサーバがアクティブ サーバになります。

セカンダリ サーバがアクティブで自動フェールバック用に設定されており、かつプライマリ サーバも実行している場合、セカンダリ サーバはフェールバック スケジュールに従ってフェールバックを試行します。

Cisco Unity サーバをシャットダウンまたは再起動するには


ステップ 1 Cisco Unity ソフトウェアが実行している場合は、「Cisco Unity 8.x ソフトウェアの終了」のいずれかの手順を使用して、このソフトウェアを終了します。

ステップ 2 Windows の [スタート(Start)] メニューから [シャットダウン(Shut Down)] をクリックします。

ステップ 3 [シャットダウン(Shut Down)] または [再起動(Restart)] をクリックします。再起動中に、Cisco Unity ソフトウェアが自動的に開始されます。

Cisco Unity が正常に開始すると、3 つのトーンが再生され、タスクバーのステータス領域にある [Cisco Unity] アイコンにチェック マークが表示されます。

Cisco Unity が正常に開始しなかった場合、2 つのトーンが再生され、タスクバーのステータス領域にある [Cisco Unity] アイコンに「X」が表示されます。


 

Cisco Unity 8.x ソフトウェアの開始

この項では、Cisco Unity ソフトウェアの開始方法に関して、Cisco Unity サーバから開始する場合と別のコンピュータから開始する場合の 2 つの手順について説明します。

Cisco Unity は、サーバの電源を入れたとき、またはサーバを再起動したときに自動的に開始するように設定されている Windows サービスです。Cisco Unity ソフトウェアを終了してからサーバを再起動していない場合にかぎり、この項のいずれかの手順を実行してください。

Cisco Unity ソフトウェアを開始する前に、設定に応じてパートナーの Exchange サーバまたは Cisco Unity サーバのいずれかで、Exchange を実行している必要があります。

Cisco Unity を実行している間に何らかの理由で Exchange が停止した場合、Cisco Unity はメッセージを録音し続けます。

Cisco Unity サーバから Cisco Unity ソフトウェアを開始するには


ステップ 1 Cisco Unity サーバで、Cisco Unity 管理アカウントまたは適切な Windows ドメイン アカウントを使用して、Windows にログオンします。

ステップ 2 タスクバーのステータス領域にある [Cisco Unity] アイコンを右クリックします

([Cisco Unity] アイコンがタスクバーに表示されていない場合は、CommServer ディレクトリを参照して、 AvCsTrayStatus.exe をダブルクリックします)。

ステップ 3 [Cisco Unity の開始(Start Cisco Unity)] をクリックします。

Cisco Unity が正常に開始すると、3 つのトーンが再生され、[Cisco Unity] アイコンにチェック マークが表示されます。

Cisco Unity が正常に開始しなかった場合、2 つのトーンが再生され、[Cisco Unity] アイコンに「X」が表示されます。

ステップ 4 Ctrl キーを押した状態で Alt キーおよび Delete キーを押してから、Windows をロックするかまたは Windows からログオフして、不正なユーザがアクセスできないようにします。

ステップ 5 システムで自動応答が使用されており、Cisco Unity ソフトウェアを終了する前に通話をオペレータに転送しておいた場合は、通話を Cisco Unity に再転送します。


 

別のコンピュータから Cisco Unity ソフトウェアを開始するには


ステップ 1 Cisco Unity Status Monitor で統合 Windows 認証を使用していない場合は、ステップ 2 に進みます。

Cisco Unity Status Monitor で統合 Windows 認証を使用している場合は、次のサブステップに従って Status Monitor にアクセスします。

a. Cisco Unity 管理アカウントまたは適切な Windows ドメイン アカウントを使用して、Windows にログオンします。

b. Internet Explorer を起動して、 http://<Cisco Unity サーバ名>/status に移動します。

c. Internet Explorer でユーザ名およびパスワードの入力を要求された場合は、Cisco Unity 管理アカウントまたは Windows ドメイン アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力します。

d. ステップ 4 に進みます。

ステップ 2 Cisco Unity Status Monitor で匿名認証を使用している場合は、次のサブステップに従って Status Monitor にアクセスします。

a. ローカルのログオン権限を持っている任意のドメイン アカウントを使用して、Windows にログオンします。

b. Internet Explorer を起動して、 http://<Cisco Unity サーバ名>/status に移動します。

ステップ 3 Cisco Unity の [ログオン(Log On)] ページで、Cisco Unity 管理アカウントまたは Windows ドメイン アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力して、[ログオン(Log On)] をクリックします。

ステップ 4 Cisco Unity Status Monitor で、ページ上部にある [システム ステータス(System Status)] アイコン(最初のアイコン)をクリックします。

ステップ 5 [開始(Start)] をクリックします。

ステップ 6 システムで自動応答が使用されており、Cisco Unity ソフトウェアを終了する前に通話をオペレータに転送しておいた場合は、通話を Cisco Unity に再転送します。


 

バージョン 8.x での Cisco Unity Administratorへのアクセスおよび使用

Cisco Unity Administratorは大多数の管理タスクを実行するために使用する Web サイトです。管理タスクとして、システム スケジュールの決定、個々のユーザ(またはユーザ テンプレートを使用したユーザ グループ)設定の指定、および通話管理計画の実現を挙げることができます。

次の項を参照してください。

「バージョン 8.x での Cisco Unity Administratorへのアクセスおよび終了」

「バージョン 8.x でのローカルの Cisco Unity Administratorから別の Cisco Unity Administratorへの参照」

「バージョン 8.x での Cisco Unity Administratorのユーザ インターフェイス」

「ヘルプの使用」

「データの保存」

「レコードの検索」

「レコードの追加」

バージョン 8.x での Cisco Unity Administratorへのアクセスおよび終了

次の項を参照してください。

「Cisco Unity Administratorへのログオン」

「Cisco Unity Administratorの終了」

Cisco Unity Administratorへのログオン

Cisco Unity Administratorへのログオン方法は使用している認証タイプによって異なりますが、ログオンに使用するアカウントは同じです。Cisco Unity をインストールしたときに選択した管理アカウントか、または適切な Active Directory アカウントを使用できます。Cisco Unity Administratorへのアクセスに使用できるアカウントの詳細については、「Cisco Unity 8.x の管理に使用できるアカウントの概要」を参照してください。


) Cisco Unity の管理を目的とした Cisco Unity ユーザ アカウントを作成するまでは、Cisco Unity をインストールしたときに選択した管理アカウントに関連付けられている Active Directory 資格情報を使用して Cisco Unity Administratorにログオンする必要があります。


Cisco Unity Administratorにログオンするには、この項の該当する手順を使用します。Cisco Unity では、最高で 50 の管理者しか同時に Cisco Unity Administratorにアクセスできないことに注意してください。

統合 Windows 認証を使用しているときに Cisco Unity Administratorにログオンするには


ステップ 1 Cisco Unity をインストールしたときに選択した管理アカウントまたは適切な Active Directory アカウントを使用して、Cisco Unity サーバ(またはリモート コンピュータ)の Windows にログオンします。

ステップ 2 Cisco Unity サーバの Cisco Unity Administratorにログオンしている場合は、タスクバーのステータス領域にある [Cisco Unity] アイコンを右クリックして、[システム管理開始(Launch System Admin)] をクリックします。

Cisco Unity サーバ以外のコンピュータの Cisco Unity Administratorにログオンしている場合は、Internet Explorer を起動して、 http://<Cisco Unity サーバ名>/web/sa に移動します。

ステップ 3 Internet Explorer で入力を要求された場合は、Cisco Unity をインストールしたときに選択した管理アカウントまたは適切な Active Directory アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力します。


 

匿名認証を使用しているときに Cisco Unity Administratorにログオンするには


ステップ 1 ローカルのログオン権限を持っている任意の Active Directory アカウントを使用して、Cisco Unity サーバ(またはリモート コンピュータ)の Windows にログオンします。

ステップ 2 Cisco Unity サーバの Cisco Unity Administratorにログオンしている場合は、タスクバーのステータス領域にある [Cisco Unity] アイコンを右クリックして、[システム管理開始(Launch System Admin)] をクリックします。

Cisco Unity サーバ以外のコンピュータの Cisco Unity Administratorにログオンしている場合は、Internet Explorer を起動して、 http://<Cisco Unity サーバ名>/web/sa に移動します。

ステップ 3 Cisco Unity の [ログオン(Log On)] ページで、Cisco Unity をインストールしたときに選択した管理アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力するか、または適切な Active Directory アカウントのユーザ名、パスワード、およびドメインを入力して、[ログオン(Log On)] をクリックします。

Cisco Unity Administratorの [認証(Authentication)] ページの設定を使用すると、[ログオン(Log On)] で次のオプションを使用可能にするかどうかを指定できます。

[ユーザ名の保存(Remember User Name)]

[パスワードの保存(Remember Password)]

[ドメインの保存(Remember Domain)]

Cisco Unity でユーザ名、パスワード、またはドメインを保存するように指定すると、次にログオンするときにこれらを入力する必要がなくなります。代わりに、[ログオン(Log On)] ページのフィールドに自動的に値が入力されます。


 

Cisco Unity Administratorの終了

Cisco Unity Administratorを終了するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorページの左下領域にある [ログオフ(Log Off)] ボタンをクリックします。

ステップ 2 Internet Explorer を終了します。


 

バージョン 8.x でのローカルの Cisco Unity Administratorから別の Cisco Unity Administratorへの参照

それぞれの Cisco Unity Administratorには、ネットワークで接続された別の Cisco Unity サーバ上の Cisco Unity Administrator Web サイトへのリンクが用意されています。このリンクをクリックすると、ユーザ アカウントおよび他の Cisco Unity オブジェクトが作成されている別の Cisco Unity サーバの Cisco Unity Administratorを参照するだけで、この Cisco Unity サーバのアカウントおよびオブジェクトにアクセスできます。

ユーザ アカウントを検索するときに、このアカウントがネットワーク内のどの Cisco Unity サーバに作成されているかがわからない場合は、ローカルの Cisco Unity サーバの Cisco Unity Administratorにある任意のユーザ ページで [検索(Find)] アイコンを使用することによって、目的のアカウントを検索できます。

Cisco Unity Administratorで統合 Windows 認証方式を使用している場合、ローカルの Cisco Unity サーバから別の Cisco Unity Administrator Web サイトを参照するときに、Active Directory アカウント資格情報を再入力する必要はありません。このことは、リモートの Cisco Unity サーバに対して適切な Class of Service(COS; サービス クラス)権限を持つ Cisco Unity ユーザ アカウントに関連付けられた Active Directory アカウントの資格情報を使用して、ローカル サーバの Cisco Unity Administratorにログオンする場合にかぎり、適用されることに注意してください。

ただし、Cisco Unity Administratorで匿名認証方式を使用している場合は、ローカル サーバの Cisco Unity Administratorにログオンする際に使用したアカウントに関係なく、認証資格情報を入力するように要求されます。この場合は、単にアクセスする Cisco Unity Administrator Web サイトの適切な資格情報を入力します。

ネットワークで接続された Cisco Unity サーバ上の別の Cisco Unity Administratorを参照するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorインターフェイスの左側にあるナビゲーション バーで、下部付近にある [Unity サーバ(Unity Servers)] をクリックします。[サーバ選択機能(Server Chooser)] ページが表示されます。

ステップ 2 リストから、アクセスするサーバをクリックします。

ステップ 3 入力を要求された場合は、適切な資格情報を入力して、目的の Cisco Unity Administratorへのアクセスを取得します。

別のブラウザ ウィンドウに、Cisco Unity Administratorの別のインスタンスが表示されます。このインスタンスは、選択した Cisco Unity サーバの Cisco Unity Administrator Web サイトです。


 

ローカルの Cisco Unity サーバの Cisco Unity Administratorを使用してネットワーク内の他の Cisco Unity サーバのユーザ アカウントを検索するには、次の手順を実行します。

ローカルの Cisco Unity サーバ以外の Cisco Unity サーバで作成されたユーザ アカウントを検索するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 エイリアス、内線番号、姓、または名で検索するかどうかを指定します。

ステップ 4 適切なエイリアス、内線番号、または氏名を入力します。 * を入力すると、すべてのユーザのリストが表示されます。また、* の後ろに 1 つ以上の文字や値を入力すると、検索を絞り込むことができます。

ステップ 5 [すべての Cisco Unity サーバの検索(Search All Cisco Unity Servers)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 7 一致リストから、ユーザの名前をクリックしてそのレコードを表示します。

ステップ 8 入力を要求された場合は、適切な資格情報を入力して、目的の Cisco Unity Administratorへのアクセスを取得します。

別のブラウザ ウィンドウに、Cisco Unity Administratorの別のインスタンスが表示されます。このインスタンスは、ユーザ アカウントが作成された Cisco Unity サーバの Cisco Unity Administrator Web サイトです。ユーザのプロファイル ページが新しいブラウザ ウィンドウに表示されます。


 

バージョン 8.x での Cisco Unity Administratorのユーザ インターフェイス

Cisco Unity Administratorのインターフェイスは 3 つの領域に分けられます。

 

ナビゲーション バー

インターフェイスの左側に配置されており、データ ページのカテゴリへのリンクが含まれています。

ページ

Cisco Unity データの入力と表示が行われる領域です。ページ名がページ上部に強調表示されます。

タイトル バー

ページに表示されているレコードまたは設定グループの名前が表示されます。タイトル バーには、レコードの保存や検索などの操作を開始するコマンド アイコンが用意されています。

詳細については、次の各項を参照してください。

「Cisco Unity のデータ」

「ナビゲーション」

「コマンド アイコン」

「Media Master の概要」

Cisco Unity のデータ

Cisco Unity Administratorのメイン ナビゲーション バーには、ユーザおよび他の Cisco Unity エンティティを示す 5 つのデータ グループへのリンクが用意されています。

Cisco Unity Administratorから使用できるデータ グループは次のとおりです。

ユーザ

これらのページを使用して、個々のユーザ レコードに関連するデータを入力します。このグループにはユーザ テンプレート ページも含まれ、このページにはユーザ グループに適用される設定が格納されます。設定には、スケジュール、パスワード、アカウント許可、呼処理、および転送の各オプションと同報リストが含まれます。

通話管理

これらのページを使用して、通話に対する Cisco Unity の応答、ルーティング、転送、および記録の方法を設定します。設定には、コール ルーティング、事前に録音された発信者のインタビュー、通話記録、および特定のダイヤル文字列の許可または拒否が含まれます。

レポート

これらのページを使用して、ユーザベースおよびシステムベースのデータのレポートを生成します。レポートは、ユーザのメッセージ アクティビティ、同報リスト、電話機へのログオン、ディスク ストレージ、管理アクセス、ポート使用など、システム内に格納されている任意のデータについて生成できます。

ネットワーク

これらのページを使用して、他の Cisco Unity ロケーションに関する情報を追加および表示したり、AMIS、VPIM、または Cisco Unity Bridge の設定を指定したりします。ネットワーク データ ページは、デジタル ネットワーク、AMIS、VPIM、または Cisco Unity Bridge がインストールされている場合にかぎり使用できることに注意してください。

システム

これらのページを使用して、ビジネス スケジュール、年次休暇、録音設定、言語など、さまざまなシステム機能をカスタマイズおよび表示します。

ナビゲーション

Cisco Unity Administratorには 2 つのナビゲーション レベルがあります。

第 1 レベルでは、ナビゲーション バーにデータ カテゴリが表示され、これらのカテゴリ内の各ページ グループへのリンクが表示されます。

第 2 レベルでは、ナビゲーション バーに選択したグループ内の各グループへのリンクが表示されます。ページが表示されているときに [検索(Find)] アイコンをクリックすると、そのページ タイプの個々のレコードにアクセスできます。詳細については、「レコードの検索」を参照してください。

ページ間を移動する場合は、常に Internet Explorer の移動ボタンではなく、Cisco Unity のナビゲーション バーを使用してください。そのようにしないと、誤ったデータが表示される可能性があります。

コマンド アイコン

コマンド アイコンは、各 Cisco Unity Administratorページの右上領域にあるタイトル バーに表示されます。

 

[保存(Save)] アイコン

入力したデータを保存します。レコードを変更した場合にかぎり使用できます。

[検索(Find)] アイコン

[検索(Find)] ウィンドウを開きます。このウィンドウで、表示されているカテゴリの既存レコードを検索します。

[追加(Add)] アイコン

[追加(Add)] ウィンドウを開きます。このウィンドウで、表示されているカテゴリに新規レコードを作成するための情報を入力します。

[削除(Delete)] アイコン

表示されているレコードを削除します。

[実行(Run)] アイコン

レポートを生成します。[レポート(Reports)] ページにかぎり使用できます。

[オンライン ドキュメント(Online Documentation)] アイコン

詳細説明および概念ヘルプを参照でき、索引および用語集が含まれています。

[フィールド ヘルプ(Field Help)] アイコン

ヘルプを使用できるフィールドおよびボタンの隣に疑問符を表示します。

Media Master の概要

Media Master は、録音可能な Cisco Unity Administratorの各ページに表示されます。図 1-1 を参照してください。Media Master を含む Cisco Unity Administrator ページに初めてアクセスすると、Media Master をインストールするように要求されます。Media Master は、Cisco Unity サーバへのローカルな管理アクセス権限がある場合には、自動的にインストールされます。これ以降、Media Master を含む Web ページにアクセスすると、Media Master はローカルにインストールされたコピーから作成されます。

図 1-1 Media Master

 

Media Master および録音や再生を行う他の Cisco Unity ツールの使用方法については、 「Cisco Unity 8.x におけるグリーティングと名前の録音」 の章を参照してください。

ヘルプの使用

Cisco Unity Administratorには 2 つのタイプの状況依存ヘルプがあります。

 

オンライン ドキュメント

Cisco Unity Administratorの現在のページのヘルプおよび関連トピックへのリンクを表示します。

フィールド ヘルプ

Cisco Unity Administratorの個々のフィールドの説明を表示します。

また、管理者からよく寄せられる質問も参照できます。

オンライン ドキュメントを表示するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorの右上隅にある [オンライン ドキュメント(Online Documentation)] アイコンをクリックします。Cisco Unity によって、『 Cisco Unity システム管理ガイド 』の該当ページが別のウィンドウに表示されます。

ステップ 2 追加トピックを参照するには、表示されたトピックに含まれているリンクまたは目次に一覧表示されているリンクをクリックします。


 

フィールド ヘルプを表示するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorの右上隅にある [フィールド ヘルプ(Field Help)] アイコンをクリックします。Cisco Unity によって、ヘルプを使用できる各フィールドの隣に疑問符が表示されます。

ステップ 2 フィールドでヘルプを表示するには、そのフィールドの隣の疑問符をクリックします。

ステップ 3 フィールド ヘルプを無効にするには、Cisco Unity Administratorの右上隅にある [フィールド ヘルプ(Field Help)] アイコンをクリックします。


 

Cisco Unity Administratorのよく寄せられる質問を表示するには


ステップ 1 ナビゲーション バーの下部にある [Cisco Unity よく寄せられる質問(Cisco Unity Administrator FAQs)] リンクをクリックします。Cisco Unity によって、別のウィンドウによく寄せられる質問が表示されます。

または、Cisco Unity デスクトップから [Cisco Unity よく寄せられる質問(Cisco Unity Administrator FAQs)] ショートカットをクリックします。

ステップ 2 使用可能なリンクをクリックして、質問および回答を参照します。


 

データの保存

新たに入力したデータを保存するには、[保存(Save)] アイコンをクリックします。Cisco Unity では、別のレコードまたは Cisco Unity Administratorの別の部分に移動する前に、新規データを保存する必要があります。表示されているレコードに未保存のデータが含まれている場合、次のような方法で注意が促されます。

[保存(Save)] アイコンが有効になります。

タイトル バーのレコード名の隣にアスタリスクが表示されます。

保存しないで変更したレコードから離れようとすると、Cisco Unity によってレコードを保存するように要求されます。

レコードの検索

レコードは、個々のユーザ、Class of Service(COS; サービス クラス)、または他の Cisco Unity エンティティの設定やデータ コレクションの集まりです。たとえば、ユーザ レコードにはユーザ アカウント データが含まれます。

ユーザ レコードを検索するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、[ユーザ(Subscribers)] > [ユーザ(Subscribers)] ページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 エイリアス、内線番号、姓、または名で検索するかどうかを指定します。

ステップ 4 適切なエイリアス、内線番号、または氏名を入力します。 * を入力すると、すべてのユーザのリストが表示されます。また、* の後ろに 1 つ以上の文字や値を入力すると、検索を絞り込むことができます。

ステップ 5 ローカルの Cisco Unity サーバ以外の Cisco Unity サーバで作成したユーザ アカウントを検索するには、[すべての Cisco Unity サーバの検索(Search All Cisco Unity Servers)] チェックボックスをオンにします。

ステップ 6 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 7 一致リストから、ユーザの名前をクリックしてそのレコードを表示します。


 

他のレコード タイプを検索するには


ステップ 1 Cisco Unity Administratorで、該当するレコード タイプの任意のページに移動します。

ステップ 2 [検索(Find)] アイコンをクリックします。

ステップ 3 適切な名前を入力します。 * を入力すると、すべてのレコードのリストが表示されます。また、* の後ろに 1 つ以上の文字を入力すると、検索を絞り込むことができます。

ステップ 4 [検索(Find)] をクリックします。

ステップ 5 表示されたリストで、適切なレコードをダブルクリックします。


 

レコードの追加

新規レコードの情報は、常に [追加(Add)] ウィンドウで入力してください。


注意 既存ページで新規レコードの情報を入力すると、新規レコードが作成されるのではなく、表示されているレコードが変更されます。

次の手順を使用して、新しい Class of Service(COS; サービス クラス)、同報リスト、コール ハンドラなどのレコードを追加します。新規ユーザを追加する方法については、 「Cisco Unity 8.x におけるユーザ アカウントの管理」 の章を参照してください。

レコードを追加するには


ステップ 1 任意の COS、同報リスト、またはコール ハンドラのページから [追加(Add)] アイコンをクリックします。

ステップ 2 表示されたウィンドウで、レコードの名前などの基本識別情報を入力します。

ステップ 3 このレコードを新規で作成するか、既存レコードに基づいて作成するかを指定します。既存レコードに基づいて作成する場合は、リスト上のそのレコードの名前をクリックします。

ステップ 4 [追加(Add)] をクリックします。