Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド Microsoft Exchange版 Release 5.x
規制テーブルの管理
規制テーブルの管理
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

規制テーブルの管理

規制テーブルの概要

設定済みの規制テーブル

規制テーブルの機能

規制テーブルの作成と変更

規制テーブルの管理

この章は、次の項で構成されています。

「規制テーブルの概要」

「規制テーブルの作成と変更」

規制テーブルの概要

規制テーブルを使用すると、ユーザおよび管理者が次の目的に使用できる電話番号を制御できます。

通話の転送:ユーザが通話の転送で入力できる番号と、身元不明発信者が発信者のシステム転送を使用するときに入力できる番号の両方を含みます(発信者のシステム転送の詳細については、「システム転送の設定」を参照してください)。

電話が Media Master で指定された録音/再生デバイスである場合の、Cisco Unity アプリケーションからの電話による録音と再生(Media Master は Cisco Unity システム管理、Cisco Unity Assistant、Cisco Unity Inbox および ViewMail で使用できます)。

ファクシミリへのファックス送信

メッセージ到着通知の送信

AMIS メッセージの送信

たとえば、ユーザが電話を内部の内線番号だけに転送するよう指定したり、ファックスがローカルの電話番号だけに送信されるように指定できます。規制テーブルは、ユーザまたは管理者の Cisco Unity へのアクセス方法に関係なく適用されます。ユーザと管理者が Cisco Unity にログオンしていないときにダイヤルできる電話番号には影響しません。

各サービスクラスでは、メンバーに対して電話転送用、メッセージの到着通知用、およびファックス送信用の規制テーブルが指定されています。規制テーブルは、3 つの用途に対してすべて同一の場合や、それぞれ異なる場合があります。ただし、AMIS 規制テーブルはサービス クラスに関連付けられていないことに注意してください。AMIS メッセージの送信を制御するシステム全体の規制テーブルは 1 つだけです。

設定済みの規制テーブル

Cisco Unity には、次の規制テーブルがあらかじめ設定されています。これらの規制テーブルは変更(名前の変更を含む)できますが、削除はできません。各規制テーブルでは、長距離電話番号へのアクセスがデフォルトで規制されています。

 

\Default Outdial\

メッセージの到着通知用の番号を規制します。Media Master で、録音および再生デバイスとして電話機が選択されている場合は、Cisco Unity がダイヤルするユーザの内線番号も規制されます(Media Master は Cisco Unity システム管理、Cisco Unity Assistant、Cisco Unity Inbox および ViewMail で使用できます)。

\Default Transfer\

電話転送用の番号を規制します。

\Default Fax\

ファックス転送用の番号を規制します。

\Default AMIS\

ただちに処理できる AMIS 送信番号、および AMIS スケジュールがアクティブになるまで待機する必要がある送信番号を決定します。

CS_Default_System_Transfer

身元不明発信者が指定した番号へ転送できる発信者のシステム転送で使用される番号を規制します。たとえば、発信者は Cisco Unity ユーザに関連付けられていないロビーまたは会議室の電話にダイヤルする場合があります。デフォルトでは、このテーブルにより、Cisco Unity は任意の番号にダイヤルできません。

規制テーブルの機能

ユーザが Cisco Unity Assistant または Cisco Unity カンバセーションを使用してメッセージの到着通知、ファックス送信、着信転送用の電話番号を変更しようとする場合、またはユーザが発信者のシステム転送を使用して指定した番号へ転送する場合、Cisco Unity は、適切な規制テーブルを適用して、入力された電話番号が許可されているかどうか確認します。同じ確認は、管理者が Cisco Unity システム管理を使用してメッセージの到着通知、ファックス送信、着信転送用の電話番号を変更しようとするときにも行われます。いずれの場合も、規制テーブルは、番号を変更しようとしているユーザまたは管理者に関連付けられているテーブルが使用されます。

たとえば、ユーザがメッセージの到着通知デバイスを設定するために Cisco Unity Assistant を使用して電話番号を入力すると、Cisco Unity は、そのユーザのサービス クラスに関連付けられている規制テーブルを適用し、電話番号が許可されていない場合にはエラー メッセージを表示します。ただし、管理者が Cisco Unity システム管理を使用してユーザ用のメッセージの到着通知番号を変更する場合、Cisco Unity は、ユーザのサービス クラスではなく、管理者のサービス クラスに関連付けられている規制テーブルを適用します。したがって、管理者は、必要に応じて、特定のユーザのサービス クラスの制限を無効にできます。

規制テーブルの各行は、パターン番号で構成されます。各パターン番号は、ダイヤル パターンと、そのダイヤル パターンに一致する番号の使用が許可されるかどうかを示す設定で構成されます。規制テーブルは、ユーザまたは管理者が規制テーブルによって制御される番号の変更を試みる場合に適用されます。Cisco Unity が転送または送信の完了を試みる場合には適用されません。ただし、AMIS 規制テーブルは、メッセージが AMIS ユーザまたは AMIS ロケーションに送信されるたびに適用されます。ユーザが発信者のシステム転送を使用するとき、電話不正利用および不正使用から Cisco Unity を保護するには、Cisco Unity にログオンして転送先の番号を入力し、Cisco Unity が CS_Default_System_Transfer 規制テーブルで許可されている場合に限り、転送を実行するようにする必要があります。

規制テーブルが番号(メッセージ到着通知用のポケットベル番号など)に適用される場合、Cisco Unity では、その番号と規制テーブル内の最初のパターン番号のダイヤル パターンが比較されます。入力された番号がダイヤル パターンと一致しない場合は、次にその番号と 2 つ目のダイヤル パターンが Cisco Unity によって比較され、以降、一致するまで同様に繰り返されます。Cisco Unity によって一致が確認されると、パターン番号の指定に従い、この番号の使用が許可または禁止されます。

規制テーブルは、通常、次を許可または禁止するために使用されます。

内線番号など特定の番号

特定の長さより大きい、または小さい番号

長距離アクセス コード付きの外部アクセス コードなど、特定の数字または数字のパターンが含まれる番号

たとえば、 表7-1 の規制テーブルは、ほとんどの長距離電話番号を禁止しますが、「91」で始まる内線番号は許可します。この場合、ユーザが転送番号として「9123」を入力すると、Cisco Unity は、まず入力された番号をパターン番号 0 のダイヤル パターン(「91」で始まり最低 7 桁の数字が続くすべての番号を禁止する)と比較します。入力された番号がダイヤル パターンと一致しないため、Cisco Unity は次に、この番号をパターン番号 1 のダイヤル パターン(「9011」で始まり、最低 7 桁の数字が続くすべての番号を禁止する)と比較します。最後に、Cisco Unity は、入力された番号と最後のパターン番号を比較します。最後のパターン番号には、あらゆる長さのすべての数字と一致するワイルドカード文字が含まれています。このパターン番号の[規制]フィールドが[しない]に設定されているため、Cisco Unity ではこの番号の使用が許可されます。

 

表7-1 例 1

パターン番号
ダイヤル パターン
規制

0

91???????*

する

1

9011???????*

する

2

*

しない

表7-2 の規制テーブルは、長距離電話番号と 4 桁より短い内線番号を禁止します。この例では、「9」が電話システムの外部アクセス コード、「1」が長距離アクセス コードです。パターン番号 0 は「91」で始まる番号をすべて禁止しますが、一方で、4 桁より短い番号はパターン番号 2 によって禁止されます。したがって、この規制テーブルで許可されるのは、長さが 4 桁以上で、長距離電話ではない番号だけです。

 

表7-2 例 2

パターン番号
ダイヤル パターン
規制

0

91*

する

1

????*

しない

2

*

する

規制テーブルの作成と変更

設定済みの規制テーブルは変更可能です。また、最大 100 の新規規制テーブルを作成できます。1 つのテーブルに対し、最大 100 のパターン番号を追加できます。新規パターン番号は自動的に規制テーブルのパターン番号 0 に挿入されます。Cisco Unity は、電話番号を規制テーブルのダイヤル パターンと比較するときに、パターン番号 0 から始めて順に比較するため、パターン番号の順序が非常に重要になります。ある番号が 2 つ以上のダイヤル パターンと一致した場合、その番号は最初に一致したダイヤル パターンに従って処理されます。

特定の番号を入力するか、次の特殊文字をワイルドカードとして使用すると、ダイヤル パターンを指定できます。

 

*

0 以上の数字と一致。

?

1 つの数字にだけ一致。? を単一の数字のプレースホルダーとして使用します。

#

電話の # キーと一致。

すべての規制テーブルには、最後のパターン番号のダイヤル パターンとして * がデフォルトで設定されています。このダイヤル パターンの設定は変更できません。この設定によって、入力された番号が規制テーブルのどのダイヤル パターンとも一致しない状況が回避されます。ただし、このパターン番号の[この番号でダイヤルを許可]フィールドを変更し、ある番号を許可または禁止することは可能です。

新規規制テーブルを作成する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の [通話管理]>[規制テーブル] ページに移動します。

ステップ 2 [追加] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [規制テーブルの追加]ダイアログボックスで、[名前]フィールドに情報を適宜入力します。

ステップ 4 [新規規制テーブル] または [既存の規制テーブルに基づく] を選択します。[既存の規制テーブルに基づく]を選択する場合は、[基準]フィールドで適切な規制テーブルを選択してください。

ステップ 5 [追加] ボタンをクリックします。

ステップ 6 新しい規制テーブルの設定を入力し、 [保存] アイコンをクリックします。


 

規制テーブルを変更する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の [通話管理]>[規制テーブル] ページに移動します。

ステップ 2 [検索] アイコンをクリックします。

ステップ 3 変更する規制テーブルをダブルクリックします。

ステップ 4 次のいずれかを実行します。

パターン番号を追加するには、 [追加] をクリックし、新しいパターン番号の設定を適宜入力します。

パターン番号を削除するには、[規制テーブル]ページの下部で規制テーブルのパターン番号をクリックし、 [削除] をクリックします。

パターン番号を変更するには、[規制テーブル]ページの下部で規制テーブルのパターン番号をクリックし、設定を適宜変更します。

ステップ 5 [保存] アイコンをクリックします。