Cisco Unity システム アドミニストレーション ガイド Microsoft Exchange版 Release 5.x
同報リストの管理
同報リストの管理
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

同報リストの管理

パブリック同報リストの概要

あらかじめ定義されたパブリック同報リスト

パブリック同報リストの作成と修正

ユーザ プライベート同報リストの設定の指定

ユーザ パブリック同報リストの設定の指定

パブリック同報リストの概要

パブリック同報リストはボイス メッセージを複数のユーザに送信するために使用します。パブリック同報リストに属すユーザは、通常、定期的に同じ情報を必要とするユーザ(たとえばある部署の従業員やチーム メンバー)です。各ユーザ アカウントに関連付けられているサービス クラスによって、ユーザが Cisco Unity でパブリック同報リストを使用してメッセージを送信できるかどうかが指定されます。

あらかじめ定義されたパブリック同報リスト

Cisco Unity には、次に示すあらかじめ定義されたパブリック同報リストが含まれています。このリストは修正は可能ですが、削除はできません。

 

[すべてのユーザ]

デフォルトで、[すべてのユーザ]リストは Default Subscriber テンプレートに含まれます。ユーザ アカウントは、作成されると自動的にリストに追加されます。

[宛先不明メッセージ]

[宛先不明メッセージ]リストに割り当てられたユーザは、オペレータが使用不可能になったとき、[Operator]コール ハンドラに残されたメッセージを受信します。さらに、Cisco Unity メッセージ システムがボイス メッセージの不達確認(NDR)を受信すると(たとえば、メールボックスが一杯であるユーザに身元不明発信者がメッセージを残す場合)、これは[宛先不明メッセージ]リストに転送されます。

Cisco Unity がインストールされると、「宛先不明メッセージ」同報リストと「システム イベント メッセージ」同報リストの唯一のメンバーとしてサンプル管理者アカウントが設定されます。適切なユーザまたは別の同報リストを割り当てて、これら 2 つの同報リストにメッセージが送信されたことを確認するまで、[サンプル管理者]アカウントを削除しないでください。また、割り当てられているユーザまたは同報リストを後で削除する場合、Cisco Unity は代わりのユーザまたは同報リストの割り当てを要求しないことに注意してください。

[宛先不明メッセージ]リストを確認するように割り当てられているユーザのメールボックスが一杯である場合、メッセージが失われることに注意してください。詳細については、「一杯になったメールボックスに対する Cisco Unity の処理」を参照してください。

各ユーザ テンプレートでは、パブリック同報リストが指定できます。そのテンプレートに基づいて新しいユーザがパブリック同報リストに追加されます。また、個々のユーザを直接パブリック同報リストに追加することもできます。ユーザ アカウントを削除する場合、Cisco Unity によってそのユーザがメンバーとなっているパブリック同報リストから、ユーザが自動的に削除されます。

パブリック同報リストの作成と修正

あらかじめ定義されたリストの修正や、新規リストの作成ができます。その他にも、パブリック同報リストを Exchange からインポートできます。インポートした同報リストのメンバーには、Cisco Unity のユーザと非ユーザの両方が含まれますが、非ユーザは Cisco Unity システム管理には表示されません。

インポートしたリストを宛先に指定したメッセージは、Exchange から非ユニバーサル グループをインポートしていない限り、Cisco Unity のユーザでないメンバーも含めて、そのリストのすべてのメンバーに送信されます。非ユニバーサル グループをインポートする場合は、パブリック同報リストのすべてのメンバーが予想どおりにメッセージを受信できない可能性があります。Exchange の制限事項の詳細については、Microsoft の Web サイトを参照してください。

パブリック同報リストの作成または修正、リストへのユーザの追加またはリストからのユーザの削除を行うには、次の手順を実行します。

パブリック同報リストを作成する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の [ユーザ]>[パブリック同報リスト] ページに移動します。

ステップ 2 [追加] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [同報リストの追加]ダイアログボックスの[名前]フィールドに適切な情報を入力します。

ステップ 4 次のいずれかを実行します。

[新しい同報リスト] を選択します。

[基準]フィールドで [既存同報リストに基づく] を選択し、該当する同報リストを選択します。

[インポート] を選択し、さらに [選択] をクリックします。[インポートするパブリック同報リストの検索と選択]ダイアログボックスの[ドメイン]リストから該当するドメインをクリックし、[検索基準]フィールドを選択して、 [検索] をクリックします。該当するパブリック同報リストをダブルクリックします。

ステップ 5 [追加] ボタンをクリックします。

ステップ 6 新しい同報リストの設定を入力し、 [保存] アイコンをクリックします。


 

パブリック同報リストを修正する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の [ユーザ]>[パブリック同報リスト] ページに移動します。

ステップ 2 [検索] アイコンをクリックします。

ステップ 3 [同報リストの検索と表示]ダイアログボックスの[検索基準]フィールドで、[名前]または[ダイヤル ID]検索基準を選択し、修正する同報リストの名前またはダイヤル ID を入力します。また、 * を入力して、すべての同報リストの一覧を表示したり、名前またはダイヤル ID の 1 つまたは複数の文字の後に * を入力して検索範囲を絞り込んだりすることもできます。


) ワイルド カード検索を行う場合、使用できるアスタリスクは 1 つだけです。また、アスタリスクは検索文字列の最後だけに使用できます。たとえば、検索文字列 co* は使用できますが、*co や *co* は使用できません。


ステップ 4 [検索] をクリックします。

ステップ 5 修正する同報リストをダブルクリックします。

ステップ 6 適切な設定に変更した後、 [保存] アイコンをクリックします。


 

パブリック同報リストからユーザを追加または削除する


ステップ 1 Cisco Unity システム管理で、任意の [ユーザ]>[パブリック同報リスト] ページに移動します。

ステップ 2 [検索] アイコンをクリックします。

ステップ 3 修正するリストの名前をダブルクリックします。

ステップ 4 [ユーザ]>[パブリック同報リスト]>[メンバー] ページに移動します。

ステップ 5 必要に応じて、 [追加する] または [削除する] をクリックします。 [追加する] をクリックした場合は、右側のリストから [選択されたユーザ] または [パブリック同報リスト] のいずれかを選択します。

ステップ 6 追加または削除するユーザ名または同報リスト名を入力します。全ユーザまたはリストをリストに登録するために * を入力します。1 つまたは複数の文字の後に * を入力して検索範囲を絞り込むこともできます。


) ワイルド カード検索を行う場合、使用できるアスタリスクは 1 つだけです。また、アスタリスクは検索文字列の最後だけに使用できます。たとえば、検索文字列 co* は使用できますが、*co や *co* は使用できません。


ステップ 7 [検索] をクリックします。

ステップ 8 追加または削除するユーザ、または同報リストの名前を選択します。複数の名前を選択するには、Ctrl キーまたは Shift キーを押した状態で選択します。

ステップ 9 [リストに追加] または [削除] をクリックします。


 

ユーザ プライベート同報リストの設定の指定

プライベート同報リストは、パブリック同報リストと同様に、ボイス メッセージを複数のユーザに同時に送信する場合に使用します。Cisco Unity システム管理で、ユーザのプライベート同報リストを設定できます。ただし、ボイス メッセージをリスト宛に送信できるのは、そのユーザだけです。

ユーザは、Cisco Unity Assistant または電話を使用してプライベート同報リストを管理できます。

[ユーザ]>[サービス クラス]>[機能]ページで、ユーザが使用できるリストの最大数、およびユーザが Cisco Unity カンバセーションまたは Cisco Unity Assistant を使用してリストを管理する場合に各リストに追加できるメンバーの最大数を指定します(システム管理者が[ユーザ]>[ユーザ]>[プライベート同報リスト]ページを使用してリストにメンバーを追加する場合は、プライベート同報リストに追加できるメンバー数に制限はありません)。

Cisco Unity のプライベート同報リストは、クライアント上の Outlook に保存される Exchange の個人用配布リストと異なり、他のユーザ設定とともにサーバに保存されることに注意してください。したがって、ユーザは ViewMail からではなく、電話または Cisco Unity Inbox を使用してだけ、メッセージをプライベート同報リストに宛先指定できます。


) 旧ボイス メッセージ システムから Cisco Unity に移行する場合、社内ではユーザを Cisco Unity に段階的に移行することを選択する場合があります。移行段階では、ユーザが Cisco Unity Assistant でプライベート同報リストにユーザを追加できないようにすること、および少なくとも移行が完了するまでは Cisco Unity 電話メニューを使用してユーザを追加しないようにユーザに依頼することも可能です。詳細については、「ユーザが Cisco Unity Assistant でプライベート同報リストに個々のユーザを追加することの防止」を参照してください。


ユーザ パブリック同報リストの設定の指定

[ユーザ テンプレート]でパブリック同報リストの設定を使用すると、ユーザを割り当てるパブリック同報リストを指定できます。たとえば、異なるワーク グループに対して別々のテンプレートを作成して、各ワーク グループに 1 つのパブリック同報リストを作成できます。

Cisco Unity は、[すべてのユーザ]という名前のパブリック同報リストを自動的に作成します。各ユーザ テンプレートに[すべてのユーザ]リストを関連付ける場合があります。

パブリック同報リストをテンプレートに関連付ける場合は、パブリック同報リストを作成してからユーザ テンプレートを設定してください。ユーザ アカウントの作成後、[パブリック同報リスト]>[プロファイル]ページのリストからユーザの追加または削除が可能になります。